記事ID138954のサムネイル画像

【2019年最新版】ロータリーカッターの人気おすすめランキング10選

ロータリーカッターは、ハサミだとなかなか切れない素材をカットするのに向いています。布やフェルト、革などもカットがしやすいのでおすすめです。今回は、オルファやクローバーなどのロータリーカッターのおすすめを紹介します。使うコツや研ぎ方についても見ていきましょう。

革やフェルト、布などもズレることなく切れるロータリーカッター

布やフェルトをカットする時、線がずれてしまい最初からやり直すはめになったことがあるという人はたくさんいると思います。そんな時に使ってみたいのが、ロータリーカッター。ロータリーカッターは、上から抑えつけるようにカットしていくのでラインがずれないようになってます。

 

そんなロータリーカッターは、一つ持っておくだけでもとても便利です。いつもの作業がより楽になるので、DIYが大好きだという人は買ってみると良いかもしれません。今回な、数多いロータリーカッターの中からおすすめを紹介していきます。

ロータリーカッターの選び方

おすすめを見ていく前に、まずはロータリーカッターの選び方について詳しく見ていきましょう。初めてロータリーカッターを買うという人はどのようにして選べば良いのか迷ってしまうと思います。

刃のサイズで選ぶ

ロータリーカッターを買う時、まず確認してみたいのが刃のサイズです。何をどのように切りたいのかによって、おすすめの刃のサイズが変わってきますよ。

45mm・60mm

45mmは、ロータリーカッターの中でも最も定番な大きさになっています。そこまでこだわりがないという人は、45mmのロータリーカッターを買ってみると良いかもしれません。小さすぎず大きすぎないので、使いやすいと感じる人が多いそうです。

 

60mmは、最も大きいサイズになっているので買う際には注意が必要です。大きいと、ぱっとカットができますが小回りが効かないので少し不便に感じてしまう事があります。そうならないためにも、何をカットしたいのか事前に決める事がとても大切です。

 

 

18mm・28mm

28mmや18mmは、比較的小さいサイズの刃になっているのでぴったりにカットしてみたいという人はこの刃のサイズを心がけてみると良いかもしれません。特に18mmはとても小さいので、時間はかかりますが小回りもききます

 

多きサイズの刃と小さいサイズの刃の両方を揃えておくと便利かもしれません。その時によって使ってみたいサイズも異なるので、ぜひ参考にしてみてください。使い分けができるだけでも、いつものDIYがだいぶ楽になります。

刃の種類で選ぶ

それでは次に、刃の種類について見ていきましょう。ロータリーカッターは主に、4つのブレードがあるのでそれぞれの特徴を紹介していきますね。

円形刃

円形刃は最も定番な刃の形になっているので、一つは持っておきましょう。真っすぐ切る事ができるので、フェルトや布などを切る時にも便利です。そのまますっと切ってみたい時には、円形刃のロータリーカッターを使ってみてくださいね。

 

裁縫から書類の裁断などにも便利です。また、カーブなどにも対応しているというのが魅力的なポイントかもしれません。基本的にはこのタイプの刃を使うという事を、頭の中に入れておきましょう。

ミシン目タイプ

もう一つ人気あるのが、ミシン目タイプのロータリーカッターです。名前の通り、ミシン目タイプはミシンのような目が入れられるようなロータリーカッターになっています。例えば、チケットのギザギザなんかはこのタイプのロータリーカッターで入れられますよ。

 

とは言え、DIYではそこまで使われないかもしれません。必要になった時に買ってみると良いタイプの刃なので、念のため覚えておきましょう。

ウェーブ刃・ピンキング刃

ウェーブ刃やピンキング刃も、そこまで使われないタイプの刃になっているので初心者は買う必要があまりないかもしれません。ウェーブ刃は、まるで波の用なデザインになっていてピンキングはその波が細かくなっているデザインです。

 

特殊なデザインなどの使えるような刃なので、上級や裁縫にこだわっているという人は買ってみましょう。中には、ウェーブ刃やピンキング刃がセットになったり別に売られているものもあるので、気になるという人はそちらをチェックしてみてください。

刃の出し方で選ぶ

それでは次に、刃の出し方について見ていきましょう。刃の出し方は主に、二つの方法があります。一つ目はスライド式で、二つ目がセーフティ式です。両方の特徴についてチェックしていきましょう。

スライド式

最も多いのが、スライド式です。スライド式は名前の通り、スライドをさせて刃を使うタイプになっているのでものすごく便利だと評判になっています。商品によってスライド方法は異なりますが、どれも手軽に使えますよ。

 

収納する時にはカバーで保護できるので、安全です。また、刃を出すときには手が刃の近くにないので使う時にも怪我せずにカットができます。

 

ただし、使い終わった後には再度スライドさせてしまうのを忘れないようにしてください。出しっぱなしにすると、小さなお子さんやペットが触って怪我の原因になるかもしれません。

セーフティ式

もう一つご紹介したいのが、セーフティ式です。セーフティ式のロータリーカッターは、グリップを握る事で刃が出るので初心者の人や子供でも安心して使えます。より安全を重視したいという人は、セーフティ式のロータリーカッターを買ってみてください。

 

カバーの取り外しなどもする必要がなく、グリップを握るだけで簡単に使えます。また、グリップから手を離すと自然と刃が中に戻るので出し忘れ対策もできますよ。

特徴で選ぶ

選ぶ際に注目したいポイントは、まだまだあります。次に、注意してみておきたい特徴について紹介するのでぜひチェックしてみてください。

ロック機能

ロータリーカッターを買う時には、ロック機能の搭載について確認してみると良いかもしれません。ロック機能が付いてあるものだと、使い終わってロックが掛けられるので安心です。

 

ロックがかかっている間は固定されているので、小さなお子さんが間違えていじってしまっても大丈夫です。また、収納している時に何かしらの原因で買ってに刃が出てしまうなんてこともありません。

左右兼用

左利きの人は、どのロータリーカッターを使えば良いのか迷ってしまう事があると思います。中には、左右兼用タイプのロータリーカッターもあるので、左利きの人や家族に左利きの人がいるという人はぜひ買ってみてください。

 

左利きなのに、右利き用のロータリーカッターを使うと上手く切れなかったり事故の原因にも繋がってしまいます。そうならないためにも、ぜひこのポイントは心がけておいてくださいね。

スラッシュキルト用のガイド付き

スラッシュキルトが切ってみたいという人は、スラッシュキルト用のガイド付きのロータリーカッターを買ってみると良いかもしれません。このタイプのロータリーカッターであれば、便利にスラッシュキルトも切れますよ。

 

カッターガードが前の方に伸びているので、すくい上げるように綺麗に切れるという魅力があります。

メーカーで選ぶ

それでは次に、メーカーについて詳しく紹介します。どのロータリーカッターを買えば良いのかどうしても分からないという人は、メーカーによって選ぶようにしてみましょう。今回おすすめしたいメーカーが、オルファとクロバーです。

オルファ

ロータリーカッターと言えば、オルファを想像する人も多いと思います。実際にオルファはおすすめのメーカーになっていて、高く評価されているので覚えておくと良いかもしれません。カッターナイフを取り使っているメーカーで、ロータリーカッターの種類も豊富に揃えているのです。

 

品質が高く、使い勝手が抜群なロータリーカッターがたくさなります。自分にぴったりなロータリーカッターがきっと見つかるので、まずはオルファの商品の中から探してみると良いかもしれません。

クロバー

もう一つおすすめしたいメーカーが、クロバーです。クロバーは編み物、手芸、ソーイング、パッチワーク、そして刺しゅうなどのアイテムを取り扱っている人気の高いメーカーです。日本だけではなく、世界中から注目を集めているので人気があります。

 

今回のランキングでも、クロバーのロータリーカッターを紹介していきます。このメーカーが気になるという人は、間違いなく必見ですよ。

安いものを選ぶ

最後に見ていきたいのが、コスパの良さです。初めてロータリーカッターを買うという人は、なるべくコスパの良いものを買ってみると良いかもしれません。最近だと、ダイソーなどの100均などでもロータリーカッターが買えるようになっているので試してみましょう。

 

頻繁に使うようになったら、少しずつこだわってみると良いかもしれません。

ロータリーカッターの人気ランキング10選

第10位

オルファ

ロータリーコンパスカッター

価格:939円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丸い形が切り抜けるコンパスタイプ

オルファのロータリーコンパスカッターは、名前の通りコンパスタイプのロータリーカッターになっています。コンパスのような形をしているからこそ、丸い形も簡単に切る抜ける便利なロータリーカッターなのです。グッドデザイン賞も取得しているほど、デザイン性が抜群です。

 

直径4~22cmまでの円の切り抜きができるようになっています。さまざまな大きさの円が作れるというのは魅力的なポイントですよね。絶対に一つは持っておきたい、使い勝手が便利なロータリーカッターですよ。

刃のサイズ18mm刃の種類円形刃
刃の出し方特徴コンパスタイプ
第9位

オルファ

円形刃カッター マルカッター・45C 29B

価格:680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者でも扱いやすい

なるべく安全なロータリーカッターが買ってみたいという人は、オルファの円形刃カッター マルカッター・45C 29Bを使ってみると良いかもしれません。こちらのロータリーカッターは、刃の露出が少ないので安全性に優れています。

 

グリップは手にもしっかりフィットするので、子供でも簡単に扱えると言われていますよ。カーペットや布、革などさまざまな素材がカットできるのでオールマイティーです。気軽に使えるようにデザインされているというのも、嬉しいポイントかもしれません。

刃のサイズ45mm刃の種類円形刃
刃の出し方特徴
第8位

クロバー

スラッシュカッター

価格:1,360円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スラッシュキルトが綺麗に切れる

クロバーのスラッシュカッターは、スラッシュキルトを綺麗に切ってみたいという人におすすめのロータリーカッターになっています。安定性が高く、スピーディーに切れると口コミでも注目を浴びているのです。

 

ストレート用、またカーブ用の両ガイドがセットできるようになっています。使い勝手が抜群で、自由自在にキルトを切る事ができます。また、切れ味が良いというのも魅力的です。

刃のサイズ刃の種類円形刃
刃の出し方特徴スラッシュキルト用のガイド付き
第7位

オルファ

セーフティロータリカッター L型 156B

価格:939円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自由自在にカットができる

オルファの セーフティロータリカッター L型 156Bは、安心しながら自由自在に切れるおすすめのロータリーカッターです。スライド式ではなくセーフティ式になっているので、子供がいる家庭などにはぴったりかもしれません。

 

刃のサイズはちょうど良い45mmで、もちろん定番の円形刃です。グリップを握るだけで、簡単にカットができますよ。布や紙だけではなく、薄いゴムシートにフィルムなども簡単に切れます。

 

また、ウェーブ刃やピンキング刃などにも交換ができるのでその時によって使い分けができます。全体的に評価が高いので、一つ持っておくと間違いなく安心です。

刃のサイズ45mm刃の種類円形刃
刃の出し方セーフティ式特徴ロック機能
第6位

BONROB

ロータリーカッター L型 替え円形刃(6枚入り)

価格:1,788円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いろんな種類の刃が付いてくる

BONROBのロータリーカッター L型 替え円形刃(6枚入り)は、さまざまな刃をセットとして一気に買ってみたいという人ひおすすめのロータリーカッターになっています。定番の円形刃が4つ、ウェーブ刃が2つ、そしてミシン目タイプが1つ付いてきます。

 

左利きの人でも使えるようにデザインされているので安心です。様々なシーンで大活躍してくれるロータリーカッターになる事でしょう。グリップの部分にもロックが付いているので、安全性も高いです。

 

初めての人でも比較的扱いやすいように作られているので、みなさんもぜひチェックしてみてくださいね。

刃のサイズ45mm刃の種類円形刃、ミシン目タイプ、ウェーブ刃
刃の出し方セーフティ式特徴ロック機能、左右兼用
第5位

オルファ

ミシン目ロータリー28 235B

価格:611円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

切り取り線が付けられる

それでは次に、オルファのミシン目ロータリー28 235Bを見ていきましょう。こちらのロータリーカッターは小回りが効くミシン目タイプのロータリーカッターになっているので、手軽にミシン目が作りたいという人には間違いなくおすすめです。

 

ペーパークラフトなどにもぴったりなので、一つ持っておくと間違いなく便利です。また、左右兼用になっているので左利きの人でも手軽に使えるようになっています。

 

カバーもワンタッチで付けられるのでものすごく便利です。使い勝手がとても良いので、ぜひ買ってみてくださいね。

刃のサイズ28mm刃の種類ミシン目タイプ
刃の出し方スライド式特徴左右兼用
第4位

丸刃カッター45ミリ 5045J

価格:1,001円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厚さで切り替えができる

あの人気メーカー貝印からもおすすめしたいロータリーカッターがあります。それは、貝印の丸刃カッター45ミリ 5045Jです。厚さの切り替えができるタイプのロータリーカッターのためものすごく便利だと噂になっています。

 

デザインも落ち着いていて、素敵ですよね。注目を集めているロータリーカッターの一つなので、ぜひ候補に入れておいてくださいね。

刃のサイズ45mm刃の種類円形刃
刃の出し方スライド式特徴
第3位

エヌティー

ローリングカッター 曲線切り RO-2P

価格:518円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安くてシンプルで使いやすい

なるべく安いロータリーカッターが買ってみたいという人は、エヌティーの ローリングカッター 曲線切り RO-2Pをぜひ買ってみてください。安くシンプルにデザインされているので、初めての人にもおすすめです。

 

使っていない時にはコンパクトに収納ができ、場所も取りません。持ち運びになどにも便利なサイズ感なのでものすごく便利です。

刃のサイズ28mm刃の種類円形刃
刃の出し方スライド式特徴
第2位

クロバー

ロータリーカッター45mm

価格:1,075円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

定番の人気ロータリーカッター

もう一つクロバーからおすすめしたいロータリーカッターがあります。それは、クロバーのロータリーカッター45mmです。定番で人気のロータリーカッターになっています。手へのフィット力が高く、機能性も抜群です。

 

正確にスピーディーにカットができると噂になっていますよ。また、どんな持ち方をしても綺麗にカットができるというのも魅力の一つです。もちろん、左利きの人にも対応しているので安心して使えます。

 

回転の軽さが調整できるので、切るアイテムによって合わせてみてくださいね。

刃のサイズ45mm刃の種類円形刃
刃の出し方スライド式特徴左右兼用
第1位

オルファ

ロータリーカッターS型 36B

価格:1,850円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小回りが効いて使いやすい

オルファのロータリーカッターS型 36Bは、人気の高いオルファのロータリーカッターです。サイズがSサイズになっているので、小さめのロータリーカッターが買ってみたいという人はぜひ参考にしてみてください。とは言え、28mmなので小さすぎません。

 

普通のカッターだと切りにくいものも簡単に切れるので、ぜひ一つ持っておいてみてください。詳細までしっかりカットをする事ができ、手軽に使えるイチ押しのロータリーカッターになっています。

刃のサイズ28mm刃の種類円形刃
刃の出し方スライド式特徴左右兼用

ロータリーカッターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5091161の画像

    オルファ

  • 2
    アイテムID:5091101の画像

    クロバー

  • 3
    アイテムID:5091144の画像

    エヌティー

  • 4
    アイテムID:5091138の画像

  • 5
    アイテムID:5091132の画像

    オルファ

  • 6
    アイテムID:5091127の画像

    BONROB

  • 7
    アイテムID:5091124の画像

    オルファ

  • 8
    アイテムID:5091117の画像

    クロバー

  • 9
    アイテムID:5091109の画像

    オルファ

  • 10
    アイテムID:5091108の画像

    オルファ

  • 商品名
  • ロータリーカッターS型 36B
  • ロータリーカッター45mm
  • ローリングカッター 曲線切り RO-2P
  • 丸刃カッター45ミリ 5045J
  • ミシン目ロータリー28 235B
  • ロータリーカッター L型 替え円形刃(6枚入り)
  • セーフティロータリカッター L型 156B
  • スラッシュカッター
  • 円形刃カッター マルカッター・45C 29B
  • ロータリーコンパスカッター
  • 特徴
  • 小回りが効いて使いやすい
  • 定番の人気ロータリーカッター
  • 安くてシンプルで使いやすい
  • 厚さで切り替えができる
  • 切り取り線が付けられる
  • いろんな種類の刃が付いてくる
  • 自由自在にカットができる
  • スラッシュキルトが綺麗に切れる
  • 初心者でも扱いやすい
  • 丸い形が切り抜けるコンパスタイプ
  • 価格
  • 1850円(税込)
  • 1075円(税込)
  • 518円(税込)
  • 1001円(税込)
  • 611円(税込)
  • 1788円(税込)
  • 939円(税込)
  • 1360円(税込)
  • 680円(税込)
  • 939円(税込)
  • 刃のサイズ
  • 28mm
  • 45mm
  • 28mm
  • 45mm
  • 28mm
  • 45mm
  • 45mm
  • 45mm
  • 18mm
  • 刃の種類
  • 円形刃
  • 円形刃
  • 円形刃
  • 円形刃
  • ミシン目タイプ
  • 円形刃、ミシン目タイプ、ウェーブ刃
  • 円形刃
  • 円形刃
  • 円形刃
  • 円形刃
  • 刃の出し方
  • スライド式
  • スライド式
  • スライド式
  • スライド式
  • スライド式
  • セーフティ式
  • セーフティ式
  • 特徴
  • 左右兼用
  • 左右兼用
  • 左右兼用
  • ロック機能、左右兼用
  • ロック機能
  • スラッシュキルト用のガイド付き
  • コンパスタイプ

ロータリーカッターを使う時のコツ

ロータリーカッターを使う時、必ずカッティングマットを事前に用意しておきましょう。カットをする時は、定規を当てながらゆっくり切るようにします。体重をかけるようにカットすると、綺麗にカットができますよ。

 

また、研ぎ方について気になるという人もいると思いますが刃の切れ味が悪くなったら新しいものと交換するのがおすすめです。研いでいる間に刃が壊れたり、余計ボロボロになる事もあるので新しい刃を買った方が節約もでき簡単ですよ。

まとめ

本格的なDIYや裁縫が楽しみたいという人は、ぜひロータリーカッターを買ってみてくださいね。今回ご紹介したロータリーカッターは、人気が高いおすすめばかりです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ