【多機能で使いやすい】ベビーベッドのおすすめ人気ランキング10選

ベビーベッドは子育てするにはあると便利。添い寝や折りたたみができるなど、多機能な商品も多いです。ikeaやニトリなどのメーカーの取り扱いもあり、長く使えるものも中にはあります。おすすめの選び方と人気商品10選をランキング形式で10選紹介します。

ベビーベッドは赤ちゃんの健康的な発育に効果的!

家にベビーベッドが1台あると、赤ちゃんも快適に過ごすことができます。赤ちゃん専用の空間は、お昼寝はもちろん遊ぶスペースとしても最適。赤ちゃんの身体に負担の少ないマットレスや布団を使用すれば、健康的な赤ちゃんの育成にもつながります。

 

ベビーベッドは赤ちゃんだけでなく、パパやママにもプラスになります。赤ちゃんをベビーベッドに寝かせたり、オムツ替えをする時も高さがあるので腰への負担も少ないです。

 

 

 

衛生的にも不慮の事故にも対応できる

兄弟がいたり、ペットを飼っていたりすると一緒の空間に赤ちゃんを寝かせておくのは不安という人もいるでしょう。ベビーベッドをいつも清潔にしておけば、赤ちゃんも衛生的な空間で過ごすことができます。

 

ベビーベッドは高さがあり、柵で囲まれているので赤ちゃんを予想外の事故から守ってくれます。短時間でもベビーベッドに赤ちゃんを寝かせておけば、赤ちゃんもママやパパも安心です。

義務付けられている2つのマークを確認しよう

ベビーベッドを選ぶ時は、安全性をチェックするためにもマークを確認しましょう。ベビーベッドには、2つのマークを付けることが日本では義務付けられています

 

1つ目は、SGマークといって製品安全性協会から認定された証のマーク。2つ目は、PSCマークで適合検査を受け安全だと認定されたマーク。どちらかが無い場合は、安全性が低いので購入は避けた方がいいでしょう。

ベビーベッドの選び方

では、ベビーベッドはどのように選べばいいのでしょうか。ここからは、ベビーベッドの選び方を紹介します。

メーカーで選ぶ

ベビーベッドは育児グッズや家具など、様々なメーカーが販売しています。メーカーごとに、特長も違うので選ぶ1つのポイントにすることをおすすめします。

ikea

ikeaは、リーズナブルな値段の家具をメインで販売しているメーカーです。日本国内にも店舗を展開していて、若い世代を中心に高い人気があります。

 

ikeaのベビーベッドは、シンプルなデザインで部屋のインテリアにも合わせやすいのが魅力。組み立て式ですが、ikeaの厳しい基準をクリアした上で販売しています。値段が安く、安全性が高いベビーベッドを求めるママやパパにおすすめです。

newox

newoxはネットタイプのベビーベッドを取り扱うメーカーです。赤ちゃんのお昼寝はもちろん、オムツ替えができるスペースも確保した広さがあります。

 

添い寝向けのベビーベッドも販売していて、デザインもおしゃれなものが多いです。できるだけ長くベビーベッドを使いたいというママやパパにはおすすめのメーカーです。

 

 

西松屋

西松屋は育児用品をメインに販売していて、日本全国に店舗があります。ベビーベッドは値段が安く、レンタルするよりもお得な場合も商品によってはあります。スタンダードなデザインが多いです。

 

商品の中には、床板がすのこではないものもあるので注意しましょう。その場合は、除湿できるシートを敷くなど工夫して使えば、特に使いにくさを感じることはないでしょう。

サイズで選ぶ

ベビーベッドは、サイズを軸にして選ぶのもおすすめ。使いやすさと部屋の広さの2つのポイントを押さえて慎重に選びましょう。

レギュラーサイズ

レギュラーサイズは、120×70cm。子供向けの学習机くらいの大きさと考えれば、分かりやすいですね。レギュラーサイズのベビーベッドに赤ちゃんを寝かせても、赤ちゃんが小さいうちはまだゆとりがあります

 

高さ調節ができる商品も多いです。子供の成長に合わせて敷板の高さを変更できれば、ねんね期を過ぎても何かと安心ですよ。多方面から開閉できる柵を取り入れた商品もあるので、オムツ替えや寝かしやすさも考えながらチェックするといいでしょう。

ミニサイズ

ミニサイズは、90×60cm。見た目も小さく、狭い部屋に設置するベビーベッドにはおすすめのサイズです。サイズが小さい分、寝返りをすると頭をぶつけてしまうことも。そのため、2歳まで使いたいと思って購入しても途中で使えなくなる可能性も高いです。

 

生まれたばかりの頃は問題ないですが、徐々に赤ちゃんが成長してくると抱えにくさを感じるでしょう。ベビーベッドでオムツ替えをしたい、と考えているママやパパには不向きなサイズです。

タイプで選ぶ

ベビーベッドには、木製タイプとネットタイプがあります。どちらも一長一短あるので、それぞれの特長をしっかり把握して選ぶようにしたいものです。

木製タイプ

木製タイプのベビーベッドは一般的。ベビーベッドと聞いて思い浮かべるのは、木製タイプの人がほとんどでしょう。赤ちゃんの肌に優しい木材で作られているため、古くから根強い人気があります

 

様々なメーカーで、木製タイプのベビーベッドは取り扱われているのも特長です。頑丈な構造で、デザイン重視で選びたい人には不向き。ベッド下のスペースに収納機能を持たせる商品もあり、オムツやタオルなどを入れておけば赤ちゃんのお世話もスムーズにできますよ。

ネットタイプ

ネットタイプは、一目見ただけではベビーベッドに見えないくらいおしゃれなデザインが多いです。素材もメッシュを採用している商品もあり、赤ちゃんが快適に過ごせる空間づくりがされています

 

可愛らしいデザインのおもちゃが付属しているベビーベッドも多いです。子供の成長に合わせて、プレイヤード部分を外してベビーサークルとして活用できる商品も少なくありません。商品によっては、オムツ替えがしやすいようにオムツテーブルが付いているものもあります。

機能性で選ぶ

ベビーベッドを機能性で選ぶのも一つの手。赤ちゃんの成長に合わせて、形を変えながら付けるものもありますよ。

折りたたみができるかどうか

赤ちゃんが成長してベビーベッドを使わなくなった時に便利なのが、折りたたみできるベビーベッドです。小さなサイズを選んだとしても、ベビーベッドの存在感は大きいです。

 

折りたたみできれば、移動先での赤ちゃんのスペースもすぐに確保できます。例えば、友達の家に遊びに行った時や帰省した時に赤ちゃんを寝かせる場所に悩まなくて済みますね。持ち運びできるケースが付いているものもあるのでチェックしてみるといいでしょう。

キャスター付きで移動しやすく

キャスターが付いている移動式のベビーベッドは、移動しやすくお部屋のレイアウトも簡単に変えることができます。赤ちゃんが過ごす部屋の模様替えをしたいという時も便利。

 

ホコリが溜まりやすいベビーベッド下のスペースも、キャスター付きだとすぐに動かすことができて衛生的にも安心ですよ。

 

 

ベッド以外に活用できるか

子どもの成長に合わせて、ベビーベッド以外に活用できる機能性がある商品を選ぶママやパパも最近は増えてきます。ネットタイプに多い、ベビーサークルとして活用できる商品は中でも人気。

 

はいはいやつかまり立ちをする時期の赤ちゃんは何かと目が離せないので、ベビーサークルとして使える機能性は安全面でも安心です。

ベビーベッドのおすすめランキング10選

10位

西松屋チェーン

ミニ立ちベッド ウィンウィン

ハイタイプで腰の負担を楽に!

ミニサイズのベビーベッドですが、ハイタイプなのでママやパパへの腰にも優しいです。収納扉がベッド下に付いているので、オムツやおしりふきの収納に便利。オムツ替えをする時も、違う場所にオムツを取に行く必要もありません。

 

レギュラーサイズに比べると、サイズが小さくお部屋への圧迫感は少ないです。キャスター付きなので、家の中での移動も楽ですよ。

サイズ 60×90cm 安全マーク -
段階調節 3段階調節 機能 キャスター付き/収納扉
9位

ヤトミ

happiness ベビーベッド すやり

スタンダードなベビーベッド!

レギュラーサイズのベビーベッドです。スライド式の扉なので、開け閉めがしやすいのもポイント。赤ちゃんを寝かしつけたり、オムツ替えをする時もスムーズです。キャスター付きなので移動もしやすく、床板下部分の掃除もしっかりできます。

 

床板の高さは3段階で調節できるので、赤ちゃんの成長に合わせて使用することができます。収納扉も付いているので、赤ちゃんのお世話をするグッズを入れておくといいでしょう。

サイズ 78.3×125.5×92.6cm 安全マーク PSC/SG
段階調節 3段階 機能 キャスター付き/収納扉
8位

IKEA (イケア)

SUNDVIK ベビーベッド

おしゃれなデザインが魅力

シンプルなインテリアに合わせやすいベビーベッドです。レギュラーサイズなので、長く使いたいママやパパにもおすすめ。赤ちゃんの成長に合わせて、高さを2段階に調節できます。ikeaの厳しいテストをクリアしているので、安全性も高いです。

 

組み立て式ではありますが、側面部分は取り外しが可能なので使いやすいです。他の家具もホワイト系に統一すれば、お部屋もよりおしゃれになりますよ。ikeaファンの方は、同シリーズで家具を統一するのもおすすめです。

サイズ 125cm×67×86cm 安全マーク -
段階調節 2段階 機能 -
7位

カトージ

ミニ立ちベッド プチブルー

部屋のドアもラクラク通る!

ミニサイズのこちらのベビーベッドは、見た目も可愛く赤ちゃんのお部屋にピッタリ。幅は約70cmなので、ドアもラクラク通ります。ベビーベッドの位置を変える時も、ドアを通らないからと解体する必要もありません。

 

床板には通気性の良い有孔ボードを採用しています。3段階調節ができるので、赤ちゃんの成長に合わせて調節できますよ。ハイタイプなのでママやパパの腰への負担も軽くなりますよ。

サイズ 68x94.5x110cm 安全マーク PSC/SG
段階調節 3段階 機能 キャスター付き/収納扉
6位

Graco

パック アンド プレイ

簡単に折りたためるベビーベッド

折りたたみできるベビーベッドが欲しいけど、手間がかかりそうと思っている人もいるでしょう。こちらの商品は、ボタン1つで簡単に折りたたみ可能です。可愛いおもちゃも付いているので、初めてネットタイプのベビーベッドを使う赤ちゃんにもおすすめ。

 

4面全てメッシュになっているので通気性も良いです。バシネットを取り外せば、ベビーサークルとして使えるので便利ですよ。デザインも海外製でおしゃれなので、お部屋のインテリアにこだわりたい人にもおすすめです。

サイズ 100.3x71.8x73.7cm 安全マーク -
段階調節 - 機能 折りたたみ
5位

カトージ

プレイヤード NewYorkBaby

可愛いおもちゃ付きで赤ちゃんも大喜び!

シンプルなデザインで、折りたたみできるベビーベッドです。可愛いおもちゃ付きなので、赤ちゃんも喜びます。メッシュ素材を採用しているので、赤ちゃんの様子を離れた場所から観察しやすいです。

 

バシネットを外せば、ベビーサークルとして活用できます。兄弟やペットがいて、安全な場所を確保しにくい時にもおすすめです。おもちゃが付いたトイバーは取り外しできるので、使い勝手もいいですよ。

サイズ 103×81×75.5cm 安全マーク PSC/SG
段階調節 - 機能 キャスター付き/折りたたみ
4位

Newox

ベッドサイドベッド

添い寝用におすすめ!

ベッドで寝ているママやパパにおすすめのベビーベッドです。おしゃれなデザインで、高さは6段階調節できるのでベッドの高さにも合わせやすいです。もともと、添い寝向けに作られているため片側が開きベッドにより近づけることも可能。

 

座面は取り外しができるので、衛生面でも安心です。床板は赤ちゃんの脊椎を考えてフラットになっています。側面は、通気性の良いメッシュ素材を採用しています。汗をかきやすい赤ちゃんも快適に眠ることができますよ。

安全マーク - サイズ 91×68×78cm
段階調節 6段階 機能 片方が開く
3位

カトージ

ミニベッド ホワイト

折りたたみ×木製タイプ!

折りたたみできる木製タイプのベビーベッドです。ミニサイズなので、省スペースで寝がえりする頃までしか使わない場合におすすめです。折りたたみできるので、来客時など部屋のスペースを広くしたい時にも便利。

 

消音キャスターも付いているので、移動時の音も気になりません。折りたたんだ時の厚さはたったの14.5cm。隙間収納できるので、収納スペースに悩む必要も無く使い勝手も抜群です。清潔感のあるホワイトカラーのベビーベッドは、部屋の雰囲気も明るくしてくれますよ。

 

 

サイズ 97×66×94㎝ 安全マーク PSC/SG
段階調節 3段階 機能 折りたたみ/キャスター付き/収納扉
2位

アップリカ

ミニベビーベッド ココネルエアー

小さめ×折りたたみ可能!

折りたたみができる小さめのベビーベッドです。床板の高さは2段階調節できるので、赤ちゃんの成長に合わせて変更可能。床板を外せば、ベビーサークルとして使うことができます。安心して遊ばせる場所を確保したい時に助かりますね。

 

コンパクトに折りたたみができるので、旅行や帰省時にも役立ちます。メッシュ素材を使っているので通気性も良く赤ちゃんも快適に過ごすことができます。ミニサイズに近い大きさなので、部屋に置いてもそれ程スペースを取りません。

安全マーク PSC/SG サイズ 104.1×73.7×95cm
段階調節 2段階 機能 折りたたみ
1位

多機能なプレイヤードで長く使える!

ネットタイプのベビーベッドで多機能タイプを探している人におすすめです。組み立ても簡単で、折りたたみ可能。外出先でもすぐに使えるので、赤ちゃんも安心です。キャスター付きで移動もしやすいです。

 

オムツ替えテーブルも付いているので、ママやパパも楽にオムツを替えることができますよ。マットレスを外せば、両端に入り口が付いたプレイヤードとして使えます。お座りができるようになれば、赤ちゃんが遊ぶスペースとして使えるので便利です。

サイズ 99 × 68 × 74cm 安全マーク -
段階調節 - 機能 折りたたみ/キャスター付き/キャリーバッグ付き

ベビーベッドの比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 サイズ 安全マーク 段階調節 機能
1
アイテムID:5094875の画像
プレイヤード

Amazon

詳細を見る

多機能なプレイヤードで長く使える!

99 × 68 × 74cm - - 折りたたみ/キャスター付き/キャリーバッグ付き
2
アイテムID:5095149の画像
ミニベビーベッド ココネルエアー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

小さめ×折りたたみ可能!

104.1×73.7×95cm PSC/SG 2段階 折りたたみ
3
アイテムID:5095022の画像
ミニベッド ホワイト

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

折りたたみ×木製タイプ!

97×66×94㎝ PSC/SG 3段階 折りたたみ/キャスター付き/収納扉
4
アイテムID:5095140の画像
ベッドサイドベッド

Amazon

詳細を見る

添い寝用におすすめ!

91×68×78cm - 6段階 片方が開く
5
アイテムID:5095155の画像
プレイヤード NewYorkBaby

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

可愛いおもちゃ付きで赤ちゃんも大喜び!

103×81×75.5cm PSC/SG - キャスター付き/折りたたみ
6
アイテムID:5095166の画像
パック アンド プレイ

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

簡単に折りたためるベビーベッド

100.3x71.8x73.7cm - - 折りたたみ
7
アイテムID:5095162の画像
ミニ立ちベッド プチブルー

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

部屋のドアもラクラク通る!

68x94.5x110cm PSC/SG 3段階 キャスター付き/収納扉
8
アイテムID:5094848の画像
SUNDVIK ベビーベッド

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

おしゃれなデザインが魅力

125cm×67×86cm - 2段階 -
9
アイテムID:5095099の画像
happiness ベビーベッド すやり

Amazon

詳細を見る

スタンダードなベビーベッド!

78.3×125.5×92.6cm PSC/SG 3段階 キャスター付き/収納扉
10
アイテムID:5094995の画像
ミニ立ちベッド ウィンウィン

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

ハイタイプで腰の負担を楽に!

60×90cm - 3段階調節 キャスター付き/収納扉

ベビーベッドはいつまで必要?

ベビーベッドを購入しようか迷っているママやパパも多いでしょう。何歳まで使えるか、レンタルすると安いかなど、紹介していきます。

平均的には2歳までと言われている

ベビーベッドは、平均的には2歳まで使えると言われています。とは言っても、ミニサイズを購入した場合はもっと早い段階で使わなくなるケースも珍しくありません。ママやパパの考えにもよりますが、赤ちゃんが寝がえりを始める5か月くらいから使用頻度が減ることが多いです。

 

段階調節ができたり、ハイタイプのベビーベッドであれば2歳までママやパパの工夫次第で使うことは可能です。ただ、お部屋のスペースに余裕がそれほど無いという場合は様子を見ながらベビーベッドの使い方を考えた方がいいでしょう。

ベビーベッドは2歳まで使うことを想定して作られているベビーグッズです。ベビーカーは、体重が15kgつまり3歳から4歳まで使える育児アイテムです。外出時の移動を楽にするためにも、この機会にこちらの関連記事をチェックしておくのがおすすめですよ。

買うよりもレンタルがお得な場合も

一定期間しか使う必要が無いと初めから分かっているものは購入したくない。最近のママやパパはこのような考えの人も少なくありません。ベビーベッドは安価なものであれば、レンタルした方がお得なこともあります。

 

レンタル品は、丁寧なメンテナンスがされているので購入前に試したいという場合にもおすすめ。1か月単位でレンタルできるので、気になるママやパパはチェックしてみましょう。長期間レンタルすると、割引を受けることができる場合もありますよ。

ベビーベッドとセットでベビーラックの購入を検討するママやパパも少なくありません。ベビーベッド同様、ベビーラックもレンタルした方がお得な場合もあります。こちらの関連記事もチェックして、ベビーラックの人気商品をチェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、ベビーベッドについて選び方とおすすめの商品10選を紹介しました。安全性はもちろん、納得できる機能性を持ち合わせたベビーベッドを選ぶことが大切です。購入前にベビーベッドの使用感を試したいというママやパパは、レンタルを検討してみるのもおすすめですよ。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

新生児オムツのおすすめ人気ランキング10選【肌に優しいオムツを厳選】

新生児オムツのおすすめ人気ランキング10選【肌に優しいオムツを厳選】

ベビー用品
【魅せるテレビ周りに】人気のテレビボードおすすめランキング10選

【魅せるテレビ周りに】人気のテレビボードおすすめランキング10選

家具
【赤ちゃんの好奇心を引き出す】布絵本のおすすめランキング10選

【赤ちゃんの好奇心を引き出す】布絵本のおすすめランキング10選

おもちゃ・雑貨
【みんなで食事ができる】赤ちゃん椅子のおすすめ人気ランキング10選

【みんなで食事ができる】赤ちゃん椅子のおすすめ人気ランキング10選

ベビー用品
【2021】ジュニアシートのおすすめ人気ランキング10選【安全】

【2021】ジュニアシートのおすすめ人気ランキング10選【安全】

ベビー用品
【赤ちゃんを育てる】ベビージムのおすすめ人気ランキング10選

【赤ちゃんを育てる】ベビージムのおすすめ人気ランキング10選

ベビー用品