記事ID138946のサムネイル画像

【2019年】コンプレッサー式除湿機のおすすめ人気商品ランキング10選

コンプレッサー式除湿機は省電力なのが魅力の除湿機ですが、冬の性能や静かさ、コンパクトさなど気になることは多いかと思います。今回はコンプレッサー式除湿機のメリットとデメリットを説明するとともに、おすすめの人気商品をランキング形式で紹介したいと思います。

電気代以外にもコンプレッサー式除湿機の魅力はたくさん。

じめじめとする雨の日や湿度の高い夏場のカビ対策として活用したいのが除湿機ですが、除湿機の方式としてはコンプレッサー式ゼオライト(デシカント)式の2種類をはじめ、ハイブリッド式半導体(ベルチェ)式を採用する製品があります。

 

これらの中でもコンプレッサー式除湿器は、消費電力が少なく電気代の節約が期待できるのが魅力です。また、高温であるほど除湿効果を発揮しやすい方式なので、梅雨の時期の衣類乾燥や夏場のカビ対策として使用するのにも最適と言えます。

 

家電メーカーの製品を中心に様々なコンプレッサー式除湿機が販売されていますが、除湿機能だけでなく、衣類乾燥に活躍する機能など多機能を備えた製品も数多く販売されています。ご自身がお使いになる用途を想定した上で最適な1台を選んでください。

コンプレッサー式除湿機の選び方

コンプレッサー式除湿機は、各メーカーから多種多様な製品が販売されているのでどれを選べば良いのか迷うところではないでしょうか。商品を選ぶ際に確認しておきたい性能や機能などの違いについて、それぞれ簡単に説明していきたいと思います。

性能や仕組みで選ぶ

省電力性能が魅力的なコンプレッサー式除湿機ですが、性能面においてはメリットだけでなくデメリットもあります。コンプレッサー式除湿機を選ぶ際には、気温が低くなる冬場の性能や、構造上の運転音の大きさなどが気になるという人も多いようです。

省電力性能

ゼオライト式除湿器(デシカント式除湿機)と比較してコンプレッサー式除湿機をおすすめする上でのメリットとしては、コンプレッサー式除湿機は省電力性能が高く電気代の節約に期待ができることが挙げられます。

 

コンプレッサー式除湿器は、室内の空気を冷やして湿気の元となる水分を取り除くという除湿方式を採用しています。ゼオライト式除湿機と異なり、吸湿するためにヒーターが必要ないのでコンプレッサー式除湿機は消費電力が少くなる傾向があります。

 

ゼオライト式除湿機の消費電力はコンプレッサー式除湿機の2~3倍と大きくなり、また、室内の温度も上げてしまうため夏場の除湿には不向きであると言えます。気温が高い季節の湿気が気になって除湿機を探しているという人には、コンプレッサー式除湿機がおすすめです。

冬の性能

コンプレッサー式除湿機を選ぶことのもう一つのメリットとしては、夏場において気温が高くなるほど除湿能力も高くなることが挙げられますが、一方で、秋や冬の低温時には除湿能力が落ちてしまうというデメリットがあります。

 

もしも冬の室内における結露対策などに除湿機を探しているのであれば、コンプレッサー式除湿機であってもヒーターを備えたモデルならば冬の除湿力にも期待ができて一年を通して使用できます。冬の性能を重視したいというのであれば、確認しておきたいポイントです。

 

また、コンプレッサー式とゼオライト式を組み合わせたハイブリッド式を選ぶのも良いかもしれません。気温に応じてコンプレッサー式とゼオライト式の除湿方式を使い分けるという方式ですが、デメリットとしては、本体が大きくなり価格も高めになることが挙げられます。

静かさ/コンパクトさ

除湿機に静かさを求める場合、コンプレッサー式除湿器はゼオライト式に劣ることは否めません。冷媒を除湿機内部のコンプレッサーで圧縮するコンプレッサー式除湿機は、動作音がやや大きくなるのがデメリットです。

 

また、コンプレッサー式除湿器は、ゼオライト式除湿器やベルチェ式除湿機と比較して本体サイズが大きく重くなるという傾向もあります。狭い部屋などで使用するスペースが限られている人の場合、使いづらくなることもデメリットと言えます。

 

とはいえ、コンプレッサー式除湿機にも騒音が気になる夜間用のモードを備えたモデルや、低音コンプレッサーを備えたモデルもあります。また、設置面の大きさがA4サイズ程度というコンパクトさに配慮したモデルもありますので、ご自身に最適な1台を探してみてください。

 

機能や目的で選ぶ

コンプレッサー式除湿機は、除湿機能以外にも多様な機能を備えた製品も販売されています。最近では衣類の乾燥機能を重視して製品を選ぶという人も多いようです。また、使用する部屋の大きさなども考えた上で最適なものを選ぶように注意しましょう。

衣類の乾燥機能

除湿機を選ぶときに部屋干しの衣類乾燥機能を重視したいという人は多いのではないでしょうか。雨の日の部屋干しはもちろんですが、花粉やPM2.5一人暮らしの女性の防犯目的などの理由で洗濯物を部屋干ししたいという人は増えつつあります。

 

洗濯物を部屋干しする人が増えたため、コンプレッサー式除湿機も衣類乾燥や部屋干しのための機能を重視した商品開発に各メーカーは力を入れており、「衣類乾燥除湿機」といった呼称で販売されることもあるようです。

 

対応する機能としては大量の衣類をムラなく乾燥させるものから特定部分をスポット乾燥させるものまで様々です。また、衣類を収納するクローゼットや押し入れの湿気対策や防カビ対策としても利用できる除湿機能を備えたモデルも注目されているようです。

空気清浄機能

花粉やPM2.5が気になって部屋干し衣類を乾燥させる除湿機を探しているという人には、空気をきれいにしながら湿度を下げることができる、除湿機能と空気清浄機能を兼ね備えているコンプレッサー式除湿機もおすすめです。

 

空気清浄機と除湿機が一体となったモデルであれば、2つの機能が1台で済むので設置場所に悩むことがありません。空気中の花粉やPM2.5を撒き散らすことなくフィルターが吸着してくれるので、きれいな空気で洗濯物を乾かすことができます。

 

また、衣類の生乾き臭や汗の臭い、部屋のタバコ臭やペットの臭いを脱臭してくれるフィルターを備えたコンプレッサー式除湿機もあります。興味のある人は購入される前にスペックを確認してみてはいかがでしょうか。

 

 

部屋の大きさで選ぶ(除湿能力)

除湿能力もコンプレッサー式除湿機を選ぶ際には確認しておきたいポイントです。除湿能力は1日あたりに除去できる水の量で表しますが、除湿機ごとに適応する部屋の面積が異なり、コンパクトなモデルほど除湿量も小さくなる傾向があります。

 

除湿可能面積の目安としては、除湿量が4L~6Lの製品は13~16畳の部屋向け。6L~8Lの製品であれば16~20畳用が相応となりますが、洗濯物を部屋干しすると室内の湿度が上がります。部屋干しする洗濯物が多い人には、ワンランク上の性能を備えた製品がおすすめです。

 

また、住宅が木造か鉄筋造かによっても除湿能力の対応面積は異なってきます。鉄筋造の住宅と比べた場合、木造住宅では除湿能力の対応面積がおよそ半分になってしまうので注意が必要です。予算と使用する環境のことを考えて、ご自身に最適な製品を選びましょう。

メーカーで選ぶ

コンプレッサー式除湿機は、パワフルで大能力の製品から衣類乾燥に特化したものまで様々な製品が販売されています。ここでは主に国内メーカー製の製品を中心として、各メーカーごとの製品の特徴について説明したいと思います。

シャープ(SHARP)

8タイプのコンプレッサー式の除湿機をラインアップしているのがシャープ(SHARP)です。内訳としては「衣類乾燥」除湿機として7タイプをラインアップするほか、「冷風・衣類乾燥」除湿機として1タイプをラインアップしています。

 

すべてのモデルでシャープ独自の空気浄化技術プラズマクラスターを搭載しているのが特徴で、洗濯物の部屋干しにおける衣類の乾きの質と力で定評があるようです。個別モデルの機能としては、生乾き臭を抑える「スポット消臭」などの機能を搭載しています。

 

スタンダードタイプからパワフルタイプまで様々なモデルをラインアップしていますが、コンパクトモデルは設置面積がA4サイズに収まるサイズなので、クローゼットや押し入れの中に置いて使用することも可能です。

三菱電機(MITSUBISHI)

三菱(MITSUBISHI)は、4タイプのコンプレッサー式除湿機をラインアップしています。内訳としては、広い部屋でもパワフルにまるごと除湿してくれるハイパワータイプを2タイプ用意するほか、洗濯物の部屋干しに効果的な部屋干しタイプを2タイプ用意します。

 

すべてのモデルにおいて排水ホースの接続が可能連続排水に対応するほか、ハイパワータイプでは冬の活躍が期待できる『冬モード』を搭載しているので、季節や地域を問わずパワフルな除湿能力を発揮してくれます。

 

また、部屋干しタイプのモデルには、室内の生乾きの衣類を見逃さずに検知して集中乾燥させることができる『3Dムーブアイ』を搭載します。衣類乾燥に活躍してくれる賢い機能を備えた除湿機をお求めであれば、三菱製のコンプレッサー式除湿機がおすすめです。

そのほかのメーカー(コロナ・アイリスオーヤマなど)

ほかにコンプレッサー式除湿機をラインアップする国内メーカーとしてはコロナが挙げられます。部屋干しタイプと大能力タイプを揃えており、部屋干しタイプでは運転音を抑えて衣類を乾かせるモデルもあるので、衣類乾燥に便利な機能を求める人におすすめです。

 

また、アイリスオーヤマコンプレッサー式とゼオライト式の両方の除湿機を豊富にラインアップしています。除湿機能に特化したシンプルなモデルが多く揃っているので、手頃な価格で買えるコンプレッサー式除湿機を探している人には魅力的ではないでしょうか。

 

そのほかのメーカーでは、パナソニックゼオライト式除湿機が中心となりコンプレッサー式除湿機をラインアップしていませんが、季節に応じて1台でコンプレッサー式とゼオライト式を使い分けるハイブリッド式除湿機をライナップしています。

コンプレッサー式除湿機の人気ランキング10選

第10位

DeLonghi(デロンギ)

タシューゴ アリアドライ マルチ DEX16FJ

価格:30,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトな省スペース設計と高い除湿性能を両立

イタリアの電気機器製造メーカーであるデロンギ製のコンプレッサー式衣類乾燥除湿機です。手軽に使える節電モデルで約A4サイズというコンパクト設計となっており、場所を選ぶことなく省スペースで設置することができます。

 

コンパクトさの一方で高い除湿能力を実現しているのもおすすめのポイント。木造で8畳~9畳、コンクリート造で16畳~18畳の除湿に対応しており、リビングや洗面所などで快適な湿度を保って結露やカビの発生を抑制してくれます。

 

そのほかの機能としては、衣類乾燥モードも搭載するので部屋干しの洗濯物のスピードアップ乾燥にも効果的です。また、銀イオン抗菌フィルターと抗アレルゲンフィルターのWフィルター搭載により菌や花粉、ダニのふん・死がいを抑制してくれます。

 

サイズ335×225×505mm質量10kg
除湿能力6.6L(50Hz)除湿可能面積の目安木造:~8畳/~9畳(50Hz/60Hz)・コンクリート:~16畳/~18畳木造:~8畳/~9畳(50Hz/60Hz)
運転音(最大)39dB消費電力(除湿時最大)165W(50Hz)/185W(60Hz)
排水タンク容量2.2L(ホース接続可能)運転モード除湿、衣類乾燥、空気清浄
第9位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

空気清浄機付き除湿機 DCE-120

価格:25,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気清浄機能と除湿機能の1台2役に活躍

空気清浄機能が付いて1台2役に活躍できるアイリスオーヤマのコンプレッサー式除湿機です。適応畳数は除湿機能なら23畳、空気清浄機能ならば17畳に対応します。空気をきれいにすると同時に除湿できるので、花粉の多い季節に洗濯物を部屋干しする際におすすめです。

 

フィルターにはHEPAフィルターを採用することにより花粉やPM2.5、黄砂などのアレルゲン物質も99.97%以上除去することを可能とするほか、活性炭フィルターがたばこやペットなどの気になる臭いもしっかりと吸着して脱臭してくれます。

 

除湿能力は1日当たり12L。排水タンク容量は約4Lの大容量です。そのほかの機能としては、湿度35%~80%の間で設定湿度に達すると自動停止する湿度センサーを搭載するほか、空気がおいしく感じるイオン発生装置などの機能も搭載しています。

サイズ343×300×617mm質量14kg
除湿能力12L除湿可能面積の目安木造和室:15畳(25m2)/プレハブ洋室:23畳(38m2)/鉄筋コンクリート:30畳(50m2)
運転音(最大)db(50Hz)/dB(60Hz)消費電力(除湿時最大)空気清浄+除湿(自動):295W(50Hz)/315W(60Hz)
排水タンク容量4L運転モード除湿、衣類乾燥、空気清浄
第8位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

衣類乾燥除湿機 IJC-H65

価格:17,299円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お求めやすい価格と省電力設計が魅力的

リーズナブルな価格で省電力性能にも期待ができるアイリスオーヤマのコンプレッサー式除湿機です。 1時間当たりの電気代は衣類乾燥モード運転時で約5円を実現。除湿能力も強力で、約2kgの洗濯物の場合110分でしっかりと乾かすことが可能です。

 

また、90°の角度で上下に自動するオートルーバー機能付きなので、強力な乾燥風を広角に飛ばすことが可能で、衣類をムラなく乾燥してくれます。もちろんフラップは手動でも動かせるので、狙ったところにピンポイントで風を送ることも可能です。

 

除湿能力は広さ6畳相当の部屋であれば1日あたり約6.5L排水タンク容量は2.5Lとなっておりホースを接続すればタンク容量を気にせず連続排水も可能なので、衣類乾燥のほかにも梅雨時や夏の季節のカビ対策を目的とした使用にもおすすめです。

サイズ319×204×535mm質量9.7kg
除湿能力5.5L(50HZ)/6.5L(60Hz)除湿可能面積の目安木造:7畳 プレハブ:11畳 鉄筋:14畳(50Hz)/木造:8畳 プレハブ:12畳 鉄筋:16畳(60Hz)
運転音(最大)消費電力(除湿時最大)162W(50Hz)/184W(60Hz)
排水タンク容量2.5L(ホース接続可能)運転モード除湿、衣類乾燥
第7位

シャープ(SHARP)

除湿機 CV-J71W

価格:24,943円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

A4サイズのコンパクトさで場所を選ばず乾燥除湿が可能

コンパクトさと部屋干し衣類の乾燥力に期待したいならば、おすすめのコンプレッサー式除湿機がシャープのCV-J71Wです。狭い場所でもスッキリと置ける約A4サイズのコンパクト設計ながら衣類乾燥除湿機としての充実機能を備えています。

 

主な機能としてはシャープ独自の空気浄化技術プラズマクラスターにより、部屋干しの生乾き臭や衣類についた汗臭を押さえる「スポット消臭」機能を備えるほか、部屋や衣類のタバコ付着臭の分解・除去や、部屋の付着カビ菌の増殖抑制などに効果を発揮します。

 

除湿量は1日当たり7L部屋の除湿はもちろん洗面所での衣類乾燥に最適ですし、除湿やカビ対策、消臭にも最適です。また、ガイド付ルーバーは広範囲の送風が可能で、床まで届く下向き送風は浴室脱衣所のカーペットなどの除湿にも効果的なものとなっています。

サイズ304×203×480mm質量約9.0kg
除湿能力6.3(50HZ)/7.1 L(60Hz)除湿可能面積の目安8~16畳(50Hz)/9~18畳(60Hz)
運転音(最大)40db(50Hz)/40dB(60Hz)消費電力(除湿時最大)165W(50Hz)/180W(60Hz)
排水タンク容量約2.5L(ホース接続可能)運転モード除湿、衣類乾燥、空気清浄
第6位

パナソニック(Panasonic)

衣類乾燥除湿機 F-YHMX120-N

価格:39,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

気温に応じて運転方式を切り替えるハイブリッド方式

湿度が高くじめじめする季節の湿気対策として以外にも、冬場の結露対策も重視して除湿機を使用したいといのであれば、コンプレッサー式除湿機とデシカント式除湿機のいいとこどりのハイブリッド式除湿機もおすすめです。

 

パナソニックのF-YHMX120-Nは、じめじめする梅雨の季節や夏場にはコンプレッサー式、気温が低くなる秋や冬にはデシカント式自動で切り替えるという優れもので、 1年中を通して部屋をしっかりと除湿してくれます。

 

もちろん衣類もカラッと乾燥させてくれるハイパワーです。梅雨の季節で約43分、冬でも約59分と季節を選ばず素早く乾かしてくれます。また、衣類の除菌や部屋干し臭の抑制に期待できるナノイー運転に対応するほか、クローゼットモードを搭載するのも魅力的です。

サイズ370×580×225mm質量13.9kg
除湿能力11.5L(50HZ)/12.5L(60Hz)除湿可能面積の目安木造:11畳 プレハブ:17畳 鉄筋:23畳(50Hz)/木造:13畳 プレハブ:19畳 鉄筋:25畳(60Hz)
運転音(最大)db(50Hz)/dB(60Hz)消費電力(除湿時最大)685W(50Hz)/715W(60Hz)
排水タンク容量約3.2L運転モード除湿、衣類乾燥、空気清浄
第5位

コロナ(Corona)

衣類乾燥除湿機 ホワイト CD-P63A(W)

価格:14,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

省電力設計で電気代節約に期待大

除湿量6.3L木造なら7畳、鉄筋なら14畳まで対応するコロナ製のコンプレッサー式除湿機です。省電力性能に優れているのがコンプレッサー式除湿機の魅力ですが、このモデルでは1時間あたりの電気代は標準モード時で約5円、節約モード時で約3円を実現しています。

 

除湿力もパワフルで、約2kgの洗濯物も約130分でしっかりと乾燥してくれます。また、風向きを上方向から水平方向まで調節できるプチルーバーにより、特定部分の衣類乾燥やスポット除湿など様々な場面で便利な活躍が期待できます。

 

排水タンク容量は3.5Lで、約13時間から15時間の長時間連続運転が可能です。運転停止後に除湿機内部を乾燥、カビの発生を抑制する内部乾燥モードが付くのも便利なのではないでしょうか。ウイルス抑制、除菌、脱臭に効果を発揮するフィルターは10年間交換不要です。

サイズ220×330×515mm質量7.9kg
除湿能力5.6(50Hz)/6.3L(60Hz)除湿可能面積の目安プレハブ:おもに11畳 木造7~鉄筋14畳(50Hz)/プレハブ:おもに12畳 木造8~鉄筋16畳(60Hz)
運転音(最大)消費電力(除湿時最大)175W(50Hz)/185W(60Hz)
排水タンク容量3.5L運転モード除湿、衣類乾燥、空気清浄、内部乾燥モードなど
第4位

三菱

除湿乾燥機 MJ-P180PX

価格:41,600円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1年中を通して使えるパワフルな除湿能力

除湿能力と賢い機能で選ぶなら三菱のMJ-P180PXがおすすめです。除湿可能面積の目安は木造で19畳、コンクリート造で39畳まで対応しており、7畳の部屋であれば約19分のスピード除湿を可能としています。 

 

部屋干し衣類もハイパワーで乾燥可能です。さらに夜間の使用に備えて47dBの低騒音での運転が可能でタンクが満水になったら送風運転に切り替わる便利な夜干しモードも搭載しています。また、冬場の低気温に対応するパワフルな「冬モード」も搭載します。

 

排水タンクは約4.7Lの大容量ですが、市販のホースを繫げれば水捨て不要の連続除湿も可能です。衣類乾燥を重視するのであればムーブアイを搭載したモデルがおすすめですが、1年中を通してパワフルな除湿能力を発揮してくれるコンプレッサー式除湿機です。

 

サイズ372×281×594mm質量14.9kg
除湿能力15.5L(50HZ)/18L(60Hz)除湿可能面積の目安木造/19~23畳まで、鉄筋/39~45畳まで
運転音(最大)46db(除湿強モード)消費電力(除湿時最大)330W(50Hz)/390W(60Hz)
排水タンク容量約4.7L運転モード除湿、衣類乾燥、冬モードなど
第3位

コロナ(Corona)

冷風・衣類乾燥除湿機 スカイブルー CDM-10A2(AS)

価格:26,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クーラーとしても使える冷風機能も搭載

衣類乾燥、パワフル冷風、除湿1台3役に使えるコロナ製のコンプレッサー式除湿機です。除湿能力は10L木造ならば11畳、鉄筋ならば23畳まで対応衣類乾燥もパワフルルーバーを上向きにすれば部屋干しの洗濯物を約100分でスピード乾燥させることが可能です。

 

また、除湿されたカラッとした空気を冷却して届ける冷風機能は、「パワフル」「標準」「弱」の3段階で風量調節が可能。室外に排熱する別売部品のダクトパネルを取り付ければ「どこでもクーラー」としても活躍してくれます。 

 

コンプレッサーは低騒音のツインロータリーコンプレッサーを搭載しており、除湿時で42dB、冷風モード時で38dbの低騒音を実現しました。排水タンク容量は水捨て回数が少ない5.8L大容量タンクとなっており、約10時間の連続運転が可能となっています。

サイズ250×385×600mm質量13.5kg
除湿能力9L(50Hz)/10L(60Hz)除湿可能面積の目安
運転音(最大)42db(50Hz)/42dB(60Hz)消費電力(除湿時最大)205W(50Hz)/215W(60Hz)
排水タンク容量5.8L運転モード衣類乾燥、除湿、冷風、内部乾燥モードなど
第2位

三菱

衣類乾燥除湿機 MJ-120MX-W

価格:35,430円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

賢い機能満載で季節を選ばず使用可能

衣類の乾燥が目的賢い機能を備えたコンプレッサー式除湿機を選ぶのであれば、おすすめなのが三菱のMJ-120MX-Wです。同社のエアコンと同じく『ムーブアイ』という機能を搭載しているのが特徴で、部屋の中の濡れた衣類を見分けてムラなく乾かしてくれます。

 

雨の日で部屋干しの洗濯物が多いときには部屋全体に空気を送って除湿してくれるのはもちろんですが、少量の衣類の部屋干しであっても短時間で素早く乾かすことができる『ズバッと乾燥』モードも搭載しています。

 

また、部屋のカビの発生を抑えたいときや、冬の季節の結露が気になるというときに最適な『部屋サラリ』モードも搭載しています。この多機能性ならば、コンプレッサー式除湿機でありながら季節を選ぶことなく一年中を通して活躍してくれるのではないでしょうか。

サイズ360×210×534mm質量約13.5kg
除湿能力11L(50Hz)/12L(60Hz)除湿可能面積の目安戸建木造和室:14畳 戸建プレハブ洋室:21畳 集合住宅洋室:28畳(50Hz)/戸建木造和室:15畳 戸建プレハブ洋室:23畳 集合住宅洋室:30畳(60Hz)
運転音(最大)47db(除湿強)消費電力(除湿時最大) 325W(50Hz)/385W(60Hz)
排水タンク容量3L(ホース接続可能)運転モード衣類乾燥、除湿、浴室カビガード、部屋サラリモードなど
第1位

シャープ(SHARP)

除湿機 CV-J180W

価格:41,310円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

部屋や衣類の除湿や消臭に活躍する高機能を搭載

パワフルさと多機能性でコンプレッサー式除湿機を選ぶのならおすすめなのがシャープのCV-J180です。シャープ独自の空気浄化技術プラズマクラスター搭載で、部屋や衣類を爽やかに除湿・乾燥してくれるだけでなく、生乾き臭や汗の臭い、タバコ臭も脱臭してくれます。

 

2つのスイングで広範囲&立体的に送風してくれるので乾燥能力も十分。上段下段に分けて効率的に乾かせるので、2段干しした大量の衣類も一気に乾かしてくれるパワフルさです。また、高い除湿能力との組み合わせにより、部屋のカビも未然に防ぎます。

 

本体に持ち運び用の取っ手がないのが残念ですが、キャスターが付いているのでちょっとした移動なら問題はなさそうです。また、連続排水穴にホースを繋げれば連続排水も可能に。外出中や就寝中の衣類乾燥に便利な長時間運転にも対応することができます。

サイズ359×248×665mm質量16.5kg
除湿能力16L(50Hz)/18L(60Hz)除湿可能面積の目安木造住宅~コンクリート住宅:20~40畳(50HZ)/木造住宅~コンクリート住宅:23~45畳(60Hz)
運転音(最大)除湿強:41db(50Hz)/43dB(60Hz)消費電力(除湿時最大)325W(50Hz)/370W(60Hz)
排水タンク容量約4.5L(ホース接続可能)運転モード除湿、衣類乾燥、空気清浄、カビバリア運転など

コンプレッサー式除湿機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5090682の画像

    シャープ(SHARP)

  • 2
    アイテムID:5090684の画像

    三菱

  • 3
    アイテムID:5090710の画像

    コロナ(Corona)

  • 4
    アイテムID:5090942の画像

    三菱

  • 5
    アイテムID:5090769の画像

    コロナ(Corona)

  • 6
    アイテムID:5090985の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 7
    アイテムID:5091308の画像

    シャープ(SHARP)

  • 8
    アイテムID:5090827の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 9
    アイテムID:5091136の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 10
    アイテムID:5091220の画像

    DeLonghi(デロンギ)

  • 商品名
  • 除湿機 CV-J180W
  • 衣類乾燥除湿機 MJ-120MX-W
  • 冷風・衣類乾燥除湿機 スカイブルー CDM-10A2(AS)
  • 除湿乾燥機 MJ-P180PX
  • 衣類乾燥除湿機 ホワイト CD-P63A(W)
  • 衣類乾燥除湿機 F-YHMX120-N
  • 除湿機 CV-J71W
  • 衣類乾燥除湿機 IJC-H65
  • 空気清浄機付き除湿機 DCE-120
  • タシューゴ アリアドライ マルチ DEX16FJ
  • 特徴
  • 部屋や衣類の除湿や消臭に活躍する高機能を搭載
  • 賢い機能満載で季節を選ばず使用可能
  • クーラーとしても使える冷風機能も搭載
  • 1年中を通して使えるパワフルな除湿能力
  • 省電力設計で電気代節約に期待大
  • 気温に応じて運転方式を切り替えるハイブリッド方式
  • A4サイズのコンパクトさで場所を選ばず乾燥除湿が可能
  • お求めやすい価格と省電力設計が魅力的
  • 空気清浄機能と除湿機能の1台2役に活躍
  • コンパクトな省スペース設計と高い除湿性能を両立
  • 価格
  • 41310円(税込)
  • 35430円(税込)
  • 26800円(税込)
  • 41600円(税込)
  • 14800円(税込)
  • 39800円(税込)
  • 24943円(税込)
  • 17299円(税込)
  • 25800円(税込)
  • 30800円(税込)
  • サイズ
  • 359×248×665mm
  • 360×210×534mm
  • 250×385×600mm
  • 372×281×594mm
  • 220×330×515mm
  • 370×580×225mm
  • 304×203×480mm
  • 319×204×535mm
  • 343×300×617mm
  • 335×225×505mm
  • 質量
  • 16.5kg
  • 約13.5kg
  • 13.5kg
  • 14.9kg
  • 7.9kg
  • 13.9kg
  • 約9.0kg
  • 9.7kg
  • 14kg
  • 10kg
  • 除湿能力
  • 16L(50Hz)/18L(60Hz)
  • 11L(50Hz)/12L(60Hz)
  • 9L(50Hz)/10L(60Hz)
  • 15.5L(50HZ)/18L(60Hz)
  • 5.6(50Hz)/6.3L(60Hz)
  • 11.5L(50HZ)/12.5L(60Hz)
  • 6.3(50HZ)/7.1 L(60Hz)
  • 5.5L(50HZ)/6.5L(60Hz)
  • 12L
  • 6.6L(50Hz)
  • 除湿可能面積の目安
  • 木造住宅~コンクリート住宅:20~40畳(50HZ)/木造住宅~コンクリート住宅:23~45畳(60Hz)
  • 戸建木造和室:14畳 戸建プレハブ洋室:21畳 集合住宅洋室:28畳(50Hz)/戸建木造和室:15畳 戸建プレハブ洋室:23畳 集合住宅洋室:30畳(60Hz)
  • 木造/19~23畳まで、鉄筋/39~45畳まで
  • プレハブ:おもに11畳 木造7~鉄筋14畳(50Hz)/プレハブ:おもに12畳 木造8~鉄筋16畳(60Hz)
  • 木造:11畳 プレハブ:17畳 鉄筋:23畳(50Hz)/木造:13畳 プレハブ:19畳 鉄筋:25畳(60Hz)
  • 8~16畳(50Hz)/9~18畳(60Hz)
  • 木造:7畳 プレハブ:11畳 鉄筋:14畳(50Hz)/木造:8畳 プレハブ:12畳 鉄筋:16畳(60Hz)
  • 木造和室:15畳(25m2)/プレハブ洋室:23畳(38m2)/鉄筋コンクリート:30畳(50m2)
  • 木造:~8畳/~9畳(50Hz/60Hz)・コンクリート:~16畳/~18畳木造:~8畳/~9畳(50Hz/60Hz)
  • 運転音(最大)
  • 除湿強:41db(50Hz)/43dB(60Hz)
  • 47db(除湿強)
  • 42db(50Hz)/42dB(60Hz)
  • 46db(除湿強モード)
  • db(50Hz)/dB(60Hz)
  • 40db(50Hz)/40dB(60Hz)
  • db(50Hz)/dB(60Hz)
  • 39dB
  • 消費電力(除湿時最大)
  • 325W(50Hz)/370W(60Hz)
  • 325W(50Hz)/385W(60Hz)
  • 205W(50Hz)/215W(60Hz)
  • 330W(50Hz)/390W(60Hz)
  • 175W(50Hz)/185W(60Hz)
  • 685W(50Hz)/715W(60Hz)
  • 165W(50Hz)/180W(60Hz)
  • 162W(50Hz)/184W(60Hz)
  • 空気清浄+除湿(自動):295W(50Hz)/315W(60Hz)
  • 165W(50Hz)/185W(60Hz)
  • 排水タンク容量
  • 約4.5L(ホース接続可能)
  • 3L(ホース接続可能)
  • 5.8L
  • 約4.7L
  • 3.5L
  • 約3.2L
  • 約2.5L(ホース接続可能)
  • 2.5L(ホース接続可能)
  • 4L
  • 2.2L(ホース接続可能)
  • 運転モード
  • 除湿、衣類乾燥、空気清浄、カビバリア運転など
  • 衣類乾燥、除湿、浴室カビガード、部屋サラリモードなど
  • 衣類乾燥、除湿、冷風、内部乾燥モードなど
  • 除湿、衣類乾燥、冬モードなど
  • 除湿、衣類乾燥、空気清浄、内部乾燥モードなど
  • 除湿、衣類乾燥、空気清浄
  • 除湿、衣類乾燥、空気清浄
  • 除湿、衣類乾燥
  • 除湿、衣類乾燥、空気清浄
  • 除湿、衣類乾燥、空気清浄

排水タンク容量と排水ホースについて

コンプレッサー式除湿機を実際に使い始めると気になるのが排水タンクの容量ではないでしょうか。排水タンクの容量が小さいモデルだと水を捨てる回数が多くなるため、就寝中や外出中などに長時間にわたって衣類を乾燥させたいという人には不便です。

 

サイズが小さいモデル排水タンク容量も小さくなる傾向がありますが、機種によっては排水ホースを取り付けることで連続排水に対応するものもあります。排水先を確保できればタンク容量に関わらず連続運転することが可能になるので、確認されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はコンプレッサー式除湿機を選ぶ際のポイントを説明するとともに、おすすめの人気商品をランキング形式で紹介しました。コンプレッサー式除湿機は様々な機能を備えた商品が販売されていますが、あなたにとって最適な1台をを選ぶ参考になればと思います。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ