記事ID138934のサムネイル画像

【コスプレから医療用まで】ウィッグのおすすめ人気ランキング10選

ウィッグは、日常の生活の中やコスプレをする時、医療用としてなど様々なシーンで利用されています。でも、おすすめのウィッグをいざ購入しようと思ってもどの様に選べば良いのか分からないこともあるでしょう。そこで今回は、おすすめのウィッグの選び方について探っていきます。

まるで本物!人毛そっくりのウィッグが流行中

昨日までとは違う自分を演出できる

女性なら、イメチェンをしたいと思う時もあるかもしれません。ロングヘアの方でも、ショートヘアの気分も感じてみたいけれど、髪を切ってしまうもったいなかったり勇気が出ないというケースもあるでしょう。

 

そんな時には、例えばショートヘアのフルウィッグを使用してみると、長い髪をまとめればウィッグを被るだけでショートヘアになることができます。それは、ショートヘアの方がロングヘアをしてみたい場合にも同様です。

 

ウィッグは、昨日までとは異なる自分になる手助けができます。

目的に合わせて豊富なタイプを使える

ウィッグを使いたい場合に、その用途も人により様々でしょう。ファッションで使いたい方もいるでしょうし、コスプレをするためにキャラクターのウィッグを用意する方もいるものです。

 

この様に、ウィッグは目的に合わせて様々な種類から選ぶことができる点が特徴です。形状や長さ、カラーなどバリエーションがありますので、あなたの用途にもマッチしたウィッグが見つかるかもしれません。

 

種類も豊富なウィッグの中から、あなたにぴったりの1つを見つけてください。

ウィッグの選び方

ウィッグには種類がたくさんありますので、選ぶのにも迷ってしまうかもしれません。なので、購入前にウィッグの選び方を把握しておくことが大事です。

種類で選ぶ

まずはウィッグの種類を知ることが必要です。この種類を知り、自分にはどれが必要なのかを考えてみることも大事になります。

フルウィッグを選ぶ

頭部を全体的にカバーするタイプのウィッグであり、一般的にウィッグもしくはかつらというとこのタイプを思い浮かべる方も多いです。現在のヘアスタイルからガラリとイメージを変えることもできるでしょう。

 

例えば、学生の方などは校則で黒髪でいなければいけなくても、フルウィッグを使うと休日は好きなカラーのヘアスタイルを楽しむことも可能になります。さらに、黒髪必須のバイトの場合は、バイトの最中だけ黒髪のウィッグを被るというケースもあるほどです。

 

この様に、フルウィッグは色々な使い方ができます。

ハーフウィッグを選ぶ

ハーフウィッグでは、頭部の半分をカバーできます。こちらのハーフウィッグでもショートヘアの方がロングヘアを楽しむことができるでしょう。ショートヘアの方であればエクステが馴染みにくいため、多くのケースでハーフウィッグが使われます。

 

ハーフウィッグは境目が気になることがあるので、ヘアアクセサリーを付けてみたり、ヘアアレンジを加えることも必要になるかもしれません。とは言え、フルウィッグに比べて頭部の締め付け感が減ることから、頭痛を抑えることもできます。

 

頭痛は生活にも影響しかねませんし、それがないのは助かるでしょう。

前髪ウィッグを選ぶ

前髪ウィッグは前髪を作るためのウィッグであり、ファッションとして使われるケースが多いです。前髪を切りたくても切れない方や、前髪にクセのある方、もしくは切りすぎてしまったという方におすすめとなります。

 

また、その日に合わせて違う前髪にして楽しみたいという方にも適しているでしょう。それに帽子を被る時のポイントにする方法もあります。この様に、前髪だけのウィッグも注目となるのです。

 

前髪は、ヘアスタイルの中でも重要であり、前髪1つでも印象は変わるものです。

素材で選ぶ

ウィッグは素材が1種類だけではありません。素材は種類があるので好きなタイプを選ぶことができます。さて、どういった素材があるのでしょうか。

人毛を選ぶ

人毛ウィッグは本物の人の毛を使っていることから、見た感じや質感が大変に自然であるところが魅力です。ヘアスタイルもまるで自分の髪のように好きに変えることもできます。部分ウィッグなら特に自分の髪との兼ね合いも大事になるでしょう。

 

そのため見た目や質感の自然さは大きなメリットとなるのです。ただ、日光にずっと当たっていると色褪せてしまうことや、スタイリングが崩れやすいという点はあります。洗う際には、シャンプーをしてトリートメントを溶かした水に何度か潜らせるだけでケアができます。

 

自分の髪と変わらない感覚で使用できるのが人毛ウィッグです。

人工毛を選ぶ

合成繊維の人工毛ウィッグは、元の状態を記憶しておく力があり、耐久性にも優れています。それに燃えにくいといった特徴を持っているのです。スタイリングやしやすくなっていますが、シャンプー等の手入れの仕方は人毛のウィッグとは異なる点を覚えておきましょう。

 

例えばフォンテーヌではアクリル系やポリエステル、ポリアミドといった色々な種類の素材を商品の特徴にマッチするようにオリジナルのブレンドをしているのもポイントとなっています。

 

それにコスパも優れていて、色褪せもせず価格が安くなっているのです。

ミックスヘアを選ぶ

ミックスヘアは人毛と合成繊維を合わせたものです。人工毛に比べて自然で馴染みやすさがあり、人毛よりもスタイリングがしやすくなっています。また、ミックスの割合も大事になっていて、人毛が多ければ人毛ウィッグに近い特徴となります。

 

合成繊維の割合が多ければ、人工毛ウィッグの特徴に近くなるでしょう。よって、ミックスヘアを検討しているなら、人毛と人工毛の割合に着目するのも重要ポイントです。それに品質は製品によってマチマチであることも考えられます。

 

高品質な人毛と人工毛を使っているウィッグなら、自然な見た目を実現できる可能性があります。

機能性で選ぶ

ウィッグを選ぶなら、機能性も重視する必要があります。様々に機能があるのでどういったものを選ぶのがベストなのかを見ていきましょう。

つむじが自然なものを選ぶ

つむじは、ウィッグを被る際に見えてしまう理由になりかねません。なるべく人工皮膚を使っていて、毛の流れも自然なウィッグを選ぶようにしましょう。ウィッグの質が悪ければ、つむじ部分の髪が余計に詰まってしまうことや、反対にスカスカに空いてしまうこともあります。

 

ワイド型は自然なつむじであり、自由に分け目を変えやすい特徴があります。またI型は割と自然となっていて、マシンメイドの製品に主として多く使われているのです。ただ分け目は変えにくいかもしれません。

 

O型はスキンがないため、アップやハーフアップといったヘアアレンジにおすすめです。ウィッグらしさのある独特なつむじなので、不自然さはあるでしょう。

ファイバーのテカリがないものを選ぶ

年配の方に向けたウィッグは人毛でできているものもあります。しかし、ファッションアイテムとしてのウィッグの場合は、ファイバー(人工繊維)でできているのです。このファイバーの質が良くなければ、ウィッグならではのテカリが出てくることがあります。

 

それに、静電気が起きやすくなるケースがあるでしょう。そして毛がすぐに絡まってしまうなどの弊害があるため、長持ちしないかもしれません。なので、ファイバーの質も見極めて選ぶ必要があります。

 

ファイバーがテカっていないかを見てから購入しましょう。

サイズ調節できて通気性の良いものを選ぶ

頭部の大きさは人によって違うものです。そのためサイズの調節ができるものが望ましいでしょう。フルウィッグを買うなら、アジャスターが付いているものを選ぶのが賢明です。頭の大きさとウィッグが合っていなければ、ずれてしまうことや不自然に見えてしまいます。

 

それに伸縮性のあるものを選ばなければ、長時間被っていると頭が痛くなってしまいかねません。なので、アジャスターが付いていてきちんとフィットするものを選ぶのが大事になります。

 

また、長時間被ると蒸れてきてしまうこともあるので、通気性もチェックポイントです。

カラーで選ぶ

ウィッグを選ぶならカラーにも着目する必要があります。普段使いするなら特に、自分に合うカラーを選ぶのがポイントになるのです。では、どの様に選べば良いのでしょうか。

ハーフウィッグは自分の髪色に合うものを選ぶ

ハーフウィッグや部分ウィッグは、自分の髪を活かしつつ着けるのがポイントです。よって自分の髪色やスタイルにマッチしたものを選ぶのが重要となります。違和感のない仕上がりにするなら、髪の根本の色ではなく毛先の色を基準にするのがカギでしょう。

 

それにヘアダイや白髪染めをしているなら、染めたすぐ後と時間が経った後は髪の色が変わってくるので、ウィッグも髪色の変化を考えたうえで選ぶ必要があります。染めてすぐの色よりもワントーン明るめの色を選ぶのもポイントです。

 

それなら色の違いも感じさせませんし、自然と自分の髪と馴染むと考えられます。カラーチャートを参照するのも方法かもしれません。

フルウィッグは肌色に合うものを選ぶ

フルウィッグなら自分の髪色に関係せずカラーを決めることができます。フルウィッグの場合は肌色に合わせたものを選ぶと自然に馴染ませられるでしょう。肌が色白であれば、黒系やグレー系もしくはマット系といった暗めがおすすめです。

 

それは肌の白さや透明感が引き立つからとなります。続いてピンク系の肌の方が似合うのは同系色の赤味がかった色です。赤系ブラウンやパープル系の色は、肌を綺麗に見せてくれるでしょう。反対に黄味がかった色だと肌色をくすませてしまいます。

 

オークル系の肌色の場合は、肌と同系の黄味がかった色が合うでしょう。おすすめなのはオレンジ系のブラウンやゴールド系です。

フルウィッグの人気ランキング5選

まずはフルウィッグを5つ見ていきましょう。ヘアスタイルを全体的に変えたいという方にも適しているかもしれません。では、どういったものがあるのでしょうか。

第5位

Linea-Storia(リネアストリア)

ショート ボブ ゆるふわ DAISY×DAISY

価格:4,280円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サロン仕上げのような『ひし形シルエット』

ふんわりとした強めになっているミックスカールが、大変にキュートです。セットが難しいので地毛ではなかなかできないスタイルかもしれません。より可愛くするなら、セット時にふわふわくしゅくしゅにしましょう

 

また、つむじを前寄りに着用すれば前下がり風になるので、その日の気分次第でどの位置に着用するかによってスタイルの変化を楽しむ方法もあります。まるでサロンでセットをしたような、『ひし形シルエット』によって、重ための毛先でも抜け感が実現できるのです。

 

トップに高さと耳まわりに動きを持たせられますし、顔まわりやハチのボリュームは抑えられるので、小顔効果も狙えます。さらにサイドアジャスターが付いているので、サイズ調節も可能です。

サイズ前髪:約15センチ/サイド:約28センチ/後ろ:約34センチ重量約108グラム
原産国中国素材耐熱性 ポリエステルファイバー
ハニーブラウン、ピンクブラウンプリン、ミルキーモカブラウンプリン毛のタイプ人工毛
第4位

Linea-Storia(リネアストリア)

Girlandボブ

価格:4,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トップをくしゅっとするのがセットのポイント

Girlandのボブスタイルは、ふんわりとしたルーズな緩いカールが人気でおすすめです。このボブスタイルは、普段からGirlandを使っている利用者の要望により生まれました。ふんわりくしゅくしゅにセットをすると、より可愛らしさを演出できるでしょう。

 

それに、たっぷりとしたレイヤーになっているため、セットも自由自在となっていると考えられます。レイヤーの多さでセットはしやすいですが、毛先が重めになっていることからボリュームも出やすいです。

 

よっていつでもサロンでセットしたようなスタイルを容易に作ることができます。ポイントは、トップをくしゅっとすることです。

サイズ全長:約36センチ/サイド:約24センチ/前髪:約15センチ重量約117グラム
原産国中国素材 耐熱性 ポリエステルファイバー
チョコブラウン、ディープライトアッシュブラウン、ハニーブラウン、ミックスマロン毛のタイプ人工毛
第3位

LINEASTORIA(リネアストリア)

クレッセントミディ

価格:4,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

内巻きカールで雰囲気を自然に

誰でも可愛くなれるという、憧れのナチュラルミディスタイルを実現できるのが、『クレッセントミディ』です。毛先が内巻きカールになっていて、自然な可愛さが演出できますし、顔まわりのレイヤーは小顔してくれます

 

動きが出る内巻きカールにより、雰囲気も自然になるでしょう。より可愛さもアップすること請け合いです。またつむじが自然なのもポイントになります。採用されている『I型スキン』が頭皮に近いカラーになっているのです。

 

前髪も絶妙であり、前髪の柔らかな曲線が雰囲気を可愛らしくしてくれるでしょう。ボリュームが重すぎない点もポイントかもしれません。

サイズ前髪(生え際から):約9センチ/前髪(スキンから):約14センチ/サイド:30センチ/後ろ:48センチ重量約140グラム
原産国中国(日本製のファイバー毛使用)素材 人工毛(耐熱性ポリエステルファイバー使用)
ダークブラウン、チョコブラウン、ピンクブラウンプリン、ミルキーモカブラウンプリン、ミルクブラウン毛のタイプ人工毛
第2位

LINEASTORIA(リネアストリア)

クールバランスショート

価格:2,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ウィッグビギナーにもおすすめ

クールさを演出できる、前髪が長めのショートスタイルです。レイヤーが多くて軽量なので、スタイリングをしてボリュームを出せばもっと自然になるでしょう。シンプルなショートスタイルですので、スタイリングやメンテナンスもしやすいのもポイントです。

 

よって、ウィッグビギナーの方にもおすすめとなっています。それに、カジュアルからスウィート、ギャル、ロックテイストなど色々なファッションコーディネートにもマッチすると考えられます。

 

また襟足が長めのため、抜け感もあります。前髪は、額に張り付かない加工になっているのも嬉しいです。

 

サイズ前髪 約23センチ・全長 31センチ重量約92グラム
原産国中国素材耐熱性 ポリエステルファイバー
ナチュラルブラック、ダークブラウン、チョコブラウン(S、Lはこちらのみ)シャイニーマロンブラウン、シャイニーマロンブラウン、ハニーブラウン、パーフェクトブラック、ピンクブラウン、ピンクブラウン、ミックスマロン、ミックスマロン毛のタイプ人工毛
第1位

Linea-Storia(リネアストリア)

HEART BEATロングウェイブ

価格:2,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

前髪が3パターン

こちらは、前髪を『女性らしい魅力のぱっつん』と『異性モテ最高の横流しバング』、『ふんわりとして可愛いシースルーバング』の3つから選べるのがポイントです。それにカラーバリエーションも10パターン用意されているのも嬉しいでしょう。

 

シルエットがふんわりと軽くて、透ける印象の前髪は清楚であり色気も感じさせるので大人気となっています。ぱっつん前髪は目の上辺りでカットされているため、目力もアップするかもしれません。

 

それに、横流しバングならチラリと見える額が女性らしく見せてくれるのです。

サイズ(ナチュラルバング) 約9センチ/前髪(スキンから) 約12センチ/サイド 約45センチ/全長 約58センチ重量約215グラム
原産国中国素材180℃耐熱ファイバー
アーモンド×シアヘーゼル、シナモンベージュプリン、ミルクビター、アーモンド×シナモンベージュ、シアヘーゼルプリン、ダークモカ、オリーブプリン、ショコラ、グレージュプリン毛のタイプ人工毛

医療用ウィッグ5選

病気などの関係で、ウィッグが必要となる方もいます。そういった方におすすめのウィッグにはどういったものがあるのか、見ていきましょう。

第5位

Brightlele(ブライトララ)

ミディアム ウイッグ エクステ p-ly448-HB

価格:8,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファッション用にもおすすめ

ぱっつん前髪とナチュラルセミロングになっている、女の子らしさのあるスタイルのウィッグです。医療用ウィッグではあるものの、リーズナブルになっているのが特徴でしょう。それに、ファッション用に楽しむのにもおすすめです。

 

ハンドメイド製法で丁寧に作られていることから、見た目の自然さがポイントになります。着用時の違和感もあまりないという意見も聞かれるほどなのです。180度耐熱となっていますので、ヘアアイロンやコテを使い自分でアレンジすることも可能となります。

 

超軽量で通気性も良好な点もポイントです。

サイズ約48センチ 前髪:17センチ重量約135グラム
原産国不明素材日本製最高級ファイバー繊維。約180度耐熱性
毛のタイプ人工毛ハニーブラウン・マロンブラウン・オリーブ
第4位

Premium Feel

(私元気) 医療用 ウィッグ ふんわりシルエットが可愛いクラシックショート ボブ フルウィッグ かつら(M, 2 自然な黒)

価格:10,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘアアイロンやコテが使える

こちらは、シルエットがふわっとして自然なボリュームがあるのが特徴です。この点が、女性らしさのある雰囲気を出してくれるでしょう。人工皮脂が使われたつむじ部分は、ナチュラルになっていて、仕上がりが上から見たとしても違和感はありません。

 

耐熱タイプになっていて、ヘアアイロンやコテを使い微調整をすることも可能になっています。価格がリーズナブルになっているものの、自然なカラーになっているので使いやすさもあると考えられます。

 

また、一般的なファッションウィッグよりも小さめに作られている点もポイントです。

サイズM 頭周囲 53.5センチ-57センチ 重量不明
原産国不明素材高品質繊維180℃まで
自然な黒・自然な茶色毛のタイプ人工毛
第3位

AQUADOLL(アクアドール)

ミディアムボブウィッグ フルウィッグ

価格:22,464円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

蒸れにくいのが嬉しい

こちらは、シンプルなストレートミディアムウィッグであり合わせやすくなっています。毛先がワンカールになっていて、大人可愛い雰囲気を演出することができるでしょう。それに軽いだけでなく通気性が良好です。

 

そのため、蒸れにくいため暑い季節や湿度の高い時期にもぴったりとなります。要するに、長時間装着するとしても快適さが保てるということです。また、つむじも大変に自然になっています。

 

重めのベースカットになっているので、女性らしさも醸し出すことができるかもしれません。

サイズフリーサイズ重量約136グラム
原産国不明素材180度耐熱ファイバー
ショコラブラック・カフェオレ・ハニーブラウン・ロイヤルブラウン毛のタイプ人工毛
第2位

Linea-Storia(リネアストリア)

天使のレイヤーCカール

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

総手植えで100%人毛

高品質の医療用ウィッグになっていて、総手植えなうえに100%人毛でできています。自然に着けることができますし、違和感を覚えることもないでしょう。人毛になっているため、見た目だけに留まらず手触りも自然となっているのも魅力です。

 

またドライヤーやヘアアイロンを使ってアレンジをすることも可能となっています。シンプルなミディアムストレートスタイルですし、ナチュラルなカラーが揃っているので、誰でもマッチするウィッグかもしれません。

 

それに、可愛らしい外ハネカールもポイントです。

サイズ全長:約40センチ/サイド:左約39センチ 右約35センチ/前髪:約19センチ重量約108グラム
原産国中国素材耐熱性 ポリエステルファイバー
ナチュラルブラック・ダークブラウン・チョコブラウン毛のタイプ人毛100%
第1位

Linea-Storia(リネアストリア)

天使の大人フェミニンカール人毛MIX

価格:42,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人毛と人工毛のMIX

こちらは、人毛と人工毛のミックスになっていて、比率は人毛が30%で人工毛が70%です。見た目に違和感がないのにお手入れも楽ちんというのがポイントになっています。人毛タイプはお手入れが大変だけど自然に見えるウィッグが良いという方におすすめです。

 

ふんわりと自然にカールしたスタイルについても、地毛っぽさが出ているのが魅力でしょう。エアリーなスタイルで、付け心地が軽いにも関わらずボリューミーであり、デザイン性についても納得できるかもしれません。

 

それに、年齢を関係なく着けられる点も魅力となっています。

サイズ全長:約50センチ/サイド:約44センチ/前髪:約20センチ重量約135グラム
原産国中国素材人毛+人工毛(耐熱性ポリエステルファイバー使用)
ナチュラルブラック・ダークブラウン・チョコブラウン毛のタイプ人毛ミックス(人毛30%・人工毛70%)

メンズ用ウィッグ5選

女性だけでなく、男性もウィッグを被りたい時もあるかもしれません。ここで、男性用のウィッグを5つ紹介していきます。どういった製品があるのでしょうか。

第5位

ジグ(JiG)

ラパンドアール オム

価格:6,117円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天市場で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人工毛だけど感触が人毛に近い

こちらは、人工毛だけれど感触が人毛に近い点が特徴です。日常的に使うとしたら若干前髪が長めに作られてはいますが、カットが可能なため気に入るようにおしゃれにアレンジできるでしょう。

 

人工毛となっていますが、180度まで耐えられるのも魅力です。そのため、ドライヤーやヘアアイロンも使うことができます。アジャスターが付いていますし、サイズの調整も可能なのも見逃せません。

 

トップの立ち上がりや動きが重視されたスタイルとなっています。

サイズフリーサイズ重量不明
原産国不明素材毛髪100%PET
ビターシナモンブレンド毛のタイプ人工毛
第4位

Hawkko

Hawkkoウィッグ かつら メンズ ショート 黒 ウィッグ 男装 原宿 イケメン ハンサム 男性用 学生 通勤 自然 小顔 耐熱 人気 ウィッグ メンズ ファッション ふわふわ イメチェン 男女兼用 (ブラック)

価格:2,880円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

定番スタイルができる

皆に似合う、定番ショートヘアなのが特徴です。なので、ちょっとだけイメチェンをしたい時にもおすすめとなります。元から毛量が多くても、きちんとカバーしてくれる構造になっているため、どなたでも安心して着用可能です。

 

ウィッグは毛が多く抜けることから、使い始めはシャンプーをするのが大事になります。そうすると、ウィッグも自然なツヤに落ち着きますし、自然に着用できるようになるでしょう。

 

セットも崩れにくくなっていますので、使いやすい点も魅力です。

サイズA前髪:約16センチ、B後髪:約30センチ重量不明
原産国不明素材耐熱ファイバー
亜麻・アッシュグレー・ブラック毛のタイプ人工毛
第3位

PRISILA (プリシラ)

MA-104 耐熱メンズオールウィッグ・エアリーウルフ

価格:8,580円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エアリーなルーズショート

こちらは、トップの立ち上がりやエアリーなルーズショートが魅力です。またプリシラのオールウィッグの、メンズシリーズとなります。内側にアジャスターが付いているので、頭周りの大きさを調節できるのも便利です。

 

日本製耐熱ファイバーを使っているためサラサラとしていて、まるで人毛のようにヘアアイロンやコテでアレンジをすることも可能になっています。地毛を収納するのに便利な、ウィッグネットも1つ付いているのも助かります。

 

それにポーチ型ケースも付いてきますので、保管する際にも便利でしょう。

サイズ前21センチ、後31センチ重量不明
原産国不明素材耐熱ファイバー(~180℃)
GAゴールドメッシュ毛のタイプ人工毛
第2位

Limakara

ショート メンズ

価格:2,880円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2つのヘアバンド付き

爽やかさのあるショートウィッグであり、どんなファッションスタイルにもマッチするでしょう。普段使いからコスプレ、おしゃれ時など様々なシーンで使うことができます。それに伸縮性のある素材で作られていて、アジャスターも付いています。

 

なので、頭の大きさや形により柔軟にフィットさせることもできるのです。また、被れば着け心地の軽さも実感できると考えられます。通気性にも優れていて、夏でも快適なのが嬉しいでしょう。

 

さらに2つもヘアバンドが付いてくるので、ヘアアレンジのアイテムとして活用できます。

サイズつむじから前髪:15センチ、つむじから後髪:30センチ重量不明
原産国不明素材高級耐熱ファイバー
ナチュラルブラック、ダークブラウン、ライトブラウン、アッシュグレー毛のタイプ人工毛
第1位

INMAN(インマン)

(インマン) INMAN フルウィッグ ウィッグ かつら ショート 5色 短髪 金髪 ストレート ファッション ゆるふわ 自然 原宿 耐熱 ネット付き 男女兼用 (ダークブラウン)

価格:2,588円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テカらずズレにくい

こちらは、人工毛ですが自然なツヤが特徴となっています。ウィッグでは不自然にテカることが気になったりすることがあるものの、こちらの製品だと気になることがないでしょう。立体的なつむじになっていますし、大変に自然なつくりになっているのです。

 

それにウィッグの内部に固定ピンが付属されていることから、ズレにくくなっています。そのため、長時間外出する際にも安心です。コームも付いてくるので、綺麗にスタイリングすることも可能となります。

 

フック式のアジャスター付きになっているのも、便利でしょう。

サイズ前髪:約18センチ 後髪:約30センチ重量不明
原産国不明素材日本製の高級耐熱ファイバー
自然黒、萌黄、図鼠色、ゴールド、パブール毛のタイプ人工毛

ウィッグのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5095604の画像

    Linea-Storia(リネアストリア)

  • 2
    アイテムID:5095592の画像

    LINEASTORIA(リネアストリア)

  • 3
    アイテムID:5095570の画像

    LINEASTORIA(リネアストリア)

  • 4
    アイテムID:5094675の画像

    Linea-Storia(リネアストリア)

  • 5
    アイテムID:5094442の画像

    Linea-Storia(リネアストリア)

  • 商品名
  • HEART BEATロングウェイブ
  • クールバランスショート
  • クレッセントミディ
  • Girlandボブ
  • ショート ボブ ゆるふわ DAISY×DAISY
  • 特徴
  • 前髪が3パターン
  • ウィッグビギナーにもおすすめ
  • 内巻きカールで雰囲気を自然に
  • トップをくしゅっとするのがセットのポイント
  • サロン仕上げのような『ひし形シルエット』
  • 価格
  • 2900円(税込)
  • 2900円(税込)
  • 4280円(税込)
  • 4280円(税込)
  • 4280円(税込)
  • サイズ
  • (ナチュラルバング) 約9センチ/前髪(スキンから) 約12センチ/サイド 約45センチ/全長 約58センチ
  • 前髪 約23センチ・全長 31センチ
  • 前髪(生え際から):約9センチ/前髪(スキンから):約14センチ/サイド:30センチ/後ろ:48センチ
  • 全長:約36センチ/サイド:約24センチ/前髪:約15センチ
  • 前髪:約15センチ/サイド:約28センチ/後ろ:約34センチ
  • 重量
  • 約215グラム
  • 約92グラム
  • 約140グラム
  • 約117グラム
  • 約108グラム
  • 原産国
  • 中国
  • 中国
  • 中国(日本製のファイバー毛使用)
  • 中国
  • 中国
  • 素材
  • 180℃耐熱ファイバー
  • 耐熱性 ポリエステルファイバー
  • 人工毛(耐熱性ポリエステルファイバー使用)
  • 耐熱性 ポリエステルファイバー
  • 耐熱性 ポリエステルファイバー
  • アーモンド×シアヘーゼル、シナモンベージュプリン、ミルクビター、アーモンド×シナモンベージュ、シアヘーゼルプリン、ダークモカ、オリーブプリン、ショコラ、グレージュプリン
  • ナチュラルブラック、ダークブラウン、チョコブラウン(S、Lはこちらのみ)シャイニーマロンブラウン、シャイニーマロンブラウン、ハニーブラウン、パーフェクトブラック、ピンクブラウン、ピンクブラウン、ミックスマロン、ミックスマロン
  • ダークブラウン、チョコブラウン、ピンクブラウンプリン、ミルキーモカブラウンプリン、ミルクブラウン
  • チョコブラウン、ディープライトアッシュブラウン、ハニーブラウン、ミックスマロン
  • ハニーブラウン、ピンクブラウンプリン、ミルキーモカブラウンプリン
  • 毛のタイプ
  • 人工毛
  • 人工毛
  • 人工毛
  • 人工毛
  • 人工毛

初心者でも分かるウィッグのつけ方

初めてウィッグを着けるなら、どの様に着ければ良いのか分からないこともあるかもしれません。そこで、購入後の使い方について知っておきましょう。

ネットを正しく被る

ウィッグを被る際には、ネットも正しく被ることが大事です。まずネットの中に両手を入れて手の甲で広げましょう。それから広げたネットをそのまま頭から被って首まで通します。後ろの髪についてはネットの外側に出しておくのがポイントです。

 

前髪もアップになるようにネットを持ち上げて、生え際とネットの縁を合わせるようにして整えましょう。下りている髪をネットの中に入れていきますが、髪の量が多い場合は均等になるように入れるのがカギとなります。

 

髪が全体的にネットで覆われるように、余ったネットの端をピンで留めます。

ウィッグには軽くクシを通しておく

ウィッグを被るなら、前後にブラッシングをすることも大事です。なるべく市販のものではなく、静電気を防げるウィッグ専用のブラシを使うのがおすすめとなっています。カールのあるウィッグであれば、コームの先で解すようにブラッシングをするのがポイントです。

 

ブラッシングをする際には、オイルスプレーも一緒に使うと摩擦の軽減ができて綺麗な仕上がりとなるでしょう。また、ウィッグをシャンプーする前にもブラッシングが重要です。毛の縺れやホコリを落とすことができます。

まとめ

ウィッグを選ぶ際には、フルウィッグなのか部分ウィッグなのか、それとも前髪ウィッグが欲しいのかによって選ぶ方法があります。それに、人毛なのか人工毛なのか、またはどちらとも使っているミックスヘアにするのかで選ぶこともできるでしょう。ファイバーのテカリや通気性なども重視して購入するのも大事です。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ