記事ID138926のサムネイル画像

【2019年最新版】ソニーのヘッドホンの人気おすすめ商品ランキング10選

世界的にも有名なメーカーであるソニーのヘッドホンです。数多くのヘッドホンを排出するソニーですが、今回はそんな数ある中からおすすめのものを紹介していきます。昨日や付け心地など様々な点から紹介していきますので、自分が選ぶ際の参考にしてください。

ソニーヘッドホンの特徴

様々な電子機器を世に送り出しているソニーは音にこだわったヘッドホンを多く輩出しています。その音質の高さからプロの現場でもよくみられるほどです。ソニーは高性能、高品質を追求し、音に一切妥協を許しません

 

プロでも、アマチュアそして初心者でも扱いやすいヘッドホンを置く揃えています。値段も幅広く設定されており、初心者でも手が出しやすい一万円以下のものから上級者向けの5万円以上のものなどがあります。

 

プロアマ問わず高い信頼を寄せられるソニーのヘッドホンは間違いがないということができるでしょう。

ソニーヘッドホンの選び方

ソニーヘッドホンの選び方を紹介していきます。

価格で選ぶ

ソニーのヘッドホンは高音質のものが多く、価格もばらつきが出てきます。その中で相場を決めるとしたら、およそ一万円前後が相場と言えるでしょう。一万円ほどのヘッドホンであれば、スタンダード以上の性能を備えたヘッドホンを手に入れることができます。

 

安く手に入れようとするのであれば、搭載機能を削っていくしかありません。特にノイズキャンセリング機能がついているヘッドホンは比較的に高くなってしまう傾向にあります。自分に必要な機能なのかを吟味した上で選ぶといいでよう。

接続方法で選ぶ

ソニーのヘッドホンには2つの接続方法があります。ワイヤレス接続と有線接続です。それぞれの特徴を紹介します。

有線接続

有線接続のヘッドホンの特徴としては、音の遅延が少なくなるので映画や動画など音と同時に映像を楽しむ場合にストレスなくそして違和感なく視聴することができます。また接続方法もケーブルでつなげるだけなので非常に簡単です。

 

デメリットとしてはケーブルが邪魔になってしまうことが上げられます。視聴途中にケーブルがちらつき視聴に集中できなかったり、移動の際に耳をぐっと引っ張られるようなことがあったりと遅延でストレスがなくても、物理的なストレスを感じることがあります。

 

扱いやすさでは劣るものの音の質や安定性が有線接続のヘッドホンの特徴になります。

ワイヤレス接続

ワイヤレス接続のヘッドホンは上記した有線接続のデメリットを見事にカバーしています。つまり物理的ストレスを取り去ってくれているのです。ケーブルがないので、視聴に集中することもできますし、携帯しやすく外での使用でも全く支障がありません。

 

デメリットには接続に安定性がなく、遅延が気になってしまうという点が挙げられます。しかし、これは有線に比べてという意味で、現在は低遅延で高音質なワイヤレス接続のヘッドホンが登場しています。課題だった安定性を手にしたワイヤレス接続ヘッドホンです。

 

そのため現在ではワイヤレスが主流となっており、ワイヤレス接続ヘッドホンを中心に多くのヘッドホンが展開されている傾向が強いです。

ハウジングの形状で選ぶ

音の傾向や利用シーンはハウジングの形状によって決まると言っても過言ではありません。今回は密閉型と開放型の2つのハウジングの形状を紹介します。

密閉型

密閉型のヘッドホンはハウジングが密閉されているのが特徴です。そのため音が外に漏れにくく、さらに外の音が内側に入ってくることがありません。音に集中することができるのでより一層音楽を楽しむことができるでしょう。

 

しかし、音がこもりやすく、耳に負担をかけてしまう点がデメリットと言えます。また通気性がないため耳付近が蒸れてしまい嫌な不快感を感じてしまう人もいるでしょう。そのデメリットが気にならない人や遮音性が高いヘッドホンが欲しい人におすすめの型となります。

 

公共機関などでの移動の際に使いたいという人などはこの型のヘッドホンがおすすめです。

開放型

開放型のヘッドホンはハウジングに通気性のいいメッシュになっていたりと空気の出入りができるようになっており、快適な付け心地が特徴です。開放的なハウジングも形状は音のクリアさと抜け感を感じさせてくれます。

 

長時間の使用でも蒸れずに聴き疲れなどもなく快適に過ごせます。一方で音漏れや外部の音などに影響を受けやすいデメリットがあります。屋外での使用や公共機関などでの使用には向いていません

 

その分音質の面では密閉型よりも高い性能を持っており、自宅用としては非常に優れていると言ってもいいでしょう。

装着タイプで選ぶ

ソニーのヘッドホンの装着方法には2つの方法があります。オンイヤーとオーバーイヤーです。2つの特徴を踏まえて紹介していきます。

オーバーイヤー

オーバーイヤー型のヘッドホンは最もポピュラーな装着方法といえるでしょう。耳全体を覆ってくれるので安定した装着感を感じることができるでしょう。安定感は長時間の着用も実現してくれます。

 

しかし、構造上どうしても大きくなってしまうので、コンパクト化が課題となっています。そのため長時間の着用に向いているとは言え、その重さから首や肩のコリを感じてしまうことも多々あります。

オンイヤー

オンイヤーは耳に乗せて装着するタイプのヘッドホンです。オーバーイヤー型に比べてコンパクトで軽量なのが特徴です。耳を覆うことがないので耳への圧迫感やコンパクトゆえに重さを感じない親切設計になっています。

 

しかし、支点となっているのは耳で、耳でヘッドホンを固定しているので耳への直接的な負担になってしまい長時間の使用では耳への痛みを感じてしまうことがあります。どちらにもメリットデメリットが存在しますので、取捨選択になります。自分にあった装着方法を選びましょう。

最新のものを選ぶ

毎年のように最新のヘッドホンを輩出するソニー。毎回進化してくるヘッドホン。最新のものを選ぶことも賢い選択と言えるでしょう。

WH-1000XM3

業界最高性能のノイズキャンセリング機能を搭載しているソニーの最新ヘッドホンです。高音質のノイズキャンセリングプロセッサーQN1が業界最高水準を可能にしてくれています。ワイヤレスでは実現不可能と言われているハイレゾをがコンセプトになっている高音質のヘッドホンです。

MDR-1AM2

低、中、高音をそれぞれ進化させた高音質の最新ヘッドホンです。この商品のテーマとしてコンパクトがあり、機能性とコンパクトさが共存できるような設計に取り組みました。そのためイアーパッドに工夫をこらしコンパクト化を実現させました。

 

機能性とコンパクトさを兼ね備えた唯一無二のソニーのヘッドホンとなっています。

機能で選ぶ

高性能なヘッドホンほど多くの機能を持っているという特徴があります。

Bluetooth対応

ワイアレス接続をするのであればBluetooth対応機能は必須の機能です。Bluetoothによってワイヤレス接続を可能にします。そのためワイヤレスのヘッドホンが欲しいと思っている人はBluetooth対応のヘッドホンを選びましょう

 

とは言え、ワイヤレス接続のヘッドホンには必ずと言っていいほどBluetooth対応機能は搭載されているのであまり気にするところではありませんが、なければヘッドホン自体がワイヤレスで使えなくなってしまうので、非常に重要な機能であることは間違いありません。

ノイズキャンセリング機能

周りのノイズをカットしてくれる機能がノイズキャンセリングです。特に屋外などでの使用に必須と言っていい機能でしょう。電車の動く音や車の音や人の話し声など音に集中できない場面は外出時はたくさんあります。そんなノイズをしっかりキャンセルしてくれる機能です。

 

自宅でも換気扇や冷暖房の音や家族の話し声などもシャットアウトできるので、室内の使用でもしっかりと機能を発揮してくれます。音楽へと夢中にさせてくれる機能です。ただし、交通量が多いところでの使用では車の接近音やクラクションなどもカットしてしまいます。

 

事故の原因ともなるので使う場所やタイミングはしっかり選びましょう。音質にこだわっていきたい人におすすめの機能です。冒頭でも言いましたが、この機能を搭載しているモデルは比較的に高価なものになります。

ハイレゾ

より高音質の音を提供してくれるハイレゾ音質にこだわるのであれば欠かせない機能と言えるでしょう。美しいサウンドを響かせてくれます。ハイレゾ対応のヘッドホンを選ぶだけで高音質な音を楽しむことができます。

 

またハイレゾ音源をそのままハイレゾで楽しむことは当然ですが、ハイレゾ以下の音源もハイレゾレベルまで引き上げてくれるモデルも登場しています

外音取り込み機能

ノイズキャンセリング機能と相性がいい機能です。ヘッドホンをつけたままでも外からの音を取り込んでくれる機能になっています。ノイズキャンセリングでカットされた危険を示す音もこれでしっかりと聴くことができますし、同時に音もノイズに邪魔されないまま聴くます

 

外音取り込みのレベルもスマホアプリで設定することもできるので、自分レベルに調整することもできます。

ソニーヘッドホンの人気おすすめランキング10選

第10位

ソニー(SONY)

ヘッドホン 密閉型

価格:40,597円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格相応の高スペックヘッドホン

液晶ポリマーフィルムの振動板によって質の高い音を実現し、超広帯域HDドライバーが低、中、高音に対応して広域の音にも問題ありません。また外部からの音も気にすることがなくなる遮音性の高いノイズアイソレーションイヤーパッドを使用しています。

 

また不必要な音漏れを防ぐハウジングガスケットを備えており、周りの人に気を配りながら音楽を聴く必要がなくなります。さらにハウジングには軽量マグネシウム合金が用いられ、余計な振動を抑えてくれるので、常に聴きやすい音を流してくれます。

 

大入力にも対応できる高耐久入力の4000mWを備え、さらに急な用途に合わせて着脱式のケーブルを2本付属しています。

接続有線ハウジング形状密閉型
装着方法オーバーイヤー機能ケーブル着脱
第9位

Sony

ネックヘッドフォン

価格:2,590円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お出かけ用に最適

ネックスタイルのヘッドホンです。有線で安定した音を実現します。付け心地も違和感なく、メガネなどとあわえても違和感なくつけることができます。ネックヘッドホンというだけあって首にかけて装着することも可能です。

 

そのため、せっかくセットしたヘアスタイルなどを崩すことなく使うことができるのでお出かけ用としても最適な作りになっています。そして最もおすすめの点は価格が非常に安いということです。2000円台でこの性能と扱いやすさには驚きです。

 

しかし、装着時の安定性に掛ける部分があります。歩きや自転車など水平的な動きには対応できますが、走るなど激しめに上下する運動には耐えられないようです。

接続有線ハウジング形状
装着方法オンイヤー機能
第8位

ソニー(SONY)

ステレオヘッドホン オープン型

価格:2,691円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

増設用のヘッドホン

複数人でワイヤレスで音楽を楽しむためにつけられた増設用の赤外線伝送コードレスヘッドホンです。このヘッドホンはトランスミッター部がないと動作することができません。TVやPCやゲーム機の視聴に関しては問題なく行うことができます。

 

充電時間は7時間で電池持続は28時間と1日以上を使うことができます。また軽量化がなされており、肩や首にも負担が少なく、長時間の使用でも疲れにくくなっています。赤外線接続によって遅延が非常に少なくなっています。

接続ワイヤレスハウジング形状開放型
装着方法オンイヤー機能赤外線ワイヤレス
第7位

ソニー(SONY)

密閉型ワイヤレスヘッドホン

価格:35,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイレゾで美しい音楽を

ハイレゾ音源に対応した高音質を実現するワイヤレスヘッドホンです。最大入力が100mWで、ノイズキャンセリング機能は搭載されていません。しかし、Bluetoothに対応しているのでスマホなどの電子デバイスとの相性が非常に高いです。

 

密閉型のハウジング形状は密度の濃い音を聴かせてくれますし、ハイレゾも相まって最高の音を実現してくれます。ノイズキャンセリングの無さによって室外ではノイズに音に雑味が混じってしまいますが、比較的静かな室内では最大限音楽を楽しむことができるでしょう。

 

さらに連続使用時間は30時間を超えており、丸々1日は余裕で使い続けることができます。

接続ワイヤレスハウジング形状密閉型
装着方法オーバーイヤー機能ハイレゾ
第6位

Sony

密閉型ヘッドホン ハイレゾ音源対応

価格:19,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタンダードな性能

広帯域40mmHDドライバーユニットを採用することにより低域再現性を高めました。さらに可聴帯域を大きく上回る100kHzの高域再生可能なHD振動板形状を採用しています。軽量のCCAWボイスコイルを用いることで高域で反応の強いレスポンスを実現します。

 

エルゴノミック立体縫製のイヤーパッドを採用し、耳障りがよく、耳に優しい設計に仕上がっています。ノイズキャンセリング機能などは搭載しておらず、外部からのノイズには弱いですが、室内での使用には向いています。

 

高音低音どちらにもしっかりと対応した高音質のヘッドホンです。スタンダードな性能を持ったバランスのとれたヘッドホンに仕上がっています

接続有線ハウジング形状密閉型
装着方法オーバーイヤー機能ハイレゾ
第5位

ソニー(SONY)

オープン型ヘッドホン

価格:5,540円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折りたためるコンパクトなヘッドホン

折りたたみ式のヘッドホンです。折りたたむことができるので持ち運びにも便利です。外出先でもパッと取り出してすぐに聴くことができるます。しかし、有線なのでコードが絡まらないように綺麗に収納する必要があります。

 

また軽量でつけていても重量感を感じることはありません。気になる音質は低音はしっかりと響きますが、中、高音は多少遠く感じます音の解像度はよく、全体的に鮮明に音を聴くことができます。

 

開放型なので耳周りに開放感があり、長時間の装着でも不快感が出てきません。しっかりと耳元からの音の広がりを感じることができるでよう。

接続有線ハウジング形状開放型
装着方法オンイヤー機能折りたたみ可能
第4位

ソニー

スタジオヘッドホン

価格:8,719円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

素直で癖のないヘッドホン

素直な音を聴くことができる癖のない素直なヘッドホンです。再現性が非常に高く、音源の違いを感じ取れるほど真っ直ぐな音を再現してくれます。またコンパクトさも大きな魅力です。折りたためるので、簡単に収納することもできます。

 

値段も一万円台ですが気にならないほどのパフォーマンスを発揮してくれます。非常にコスパの高いヘッドホンと言ってもいいでしょう。シアディーゼし、イヤーパッドの耐久力は低く、外部からの衝撃や摩擦に弱いので磨耗が激しく感じることでしょう。

 

丁寧に使ってあげることで長い間高い性能のままこの商品と付き合っていくことができます。リズニング用に最適なヘッドホンです。

接続有線ハウジング形状密閉型
装着方法オーバーイヤー機能
第3位

ソニー(SONY)

コードレスステレオヘッドホン

価格:4,422円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

置くだけ充電で簡単充電

トランスミッターをヘッドホン端子や音声出力端子のあるテレビや他の機器に接続するだけで使うことができるワイヤレスヘッドホンです。ケーブルにイラつくこともなく、クリアな音を楽しむことができます。

 

直径40mmドライバーユニットを搭載しており、吏員情感たっぷりの音を再現してくれます。また付属のトランスミッターにヘッドホンを置くだけで簡単に充電をすることができます。フル充電であれば28時間と1日以上使い続けることができます。

 

ヘッドバンドの長さをわざわざ調整する必要がなく、フリーアジャスト機構を採用しているので長時間のリスニングでも快適な装着感を味わうことができます。

接続ワイヤレスハウジング形状開放型
装着方法オンイヤー機能赤外線接続
第2位

Sony

ハイレゾ対応スタジオ用モニターヘッドホン

価格:34,020円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロ仕様の高性能ヘッドホン

演奏空間を再現する音像独自開発のドライバーユニットを採用し、可聴帯域を超えるハイレゾの音域を正確に再現します。音から楽器の位置や音の響きなどを正確に感じ取ることができる立体把握能力に優れた高性能ヘッドホンです。

 

プロでも扱うことができるほどの機能性シリコンリングを採用して進化した耐久性を兼ね備えた上に、外部からのノイズも徹底的に軽減してくれます。人間工学に基づいたイヤーパッドは長時間使用でも聴き疲れや耳への痛みを減らします。

 

日本の職人がプロ仕様で1つ1つの作業を丁寧に行って作られているので、性能、耐久力に関して安心の高性能ヘッドホンになっています。

接続有線ハウジング形状密閉型
装着方法オーバーイヤー機能ノイズキャンセリング機能
第1位

ソニー(SONY)

密閉型スタジオモニターヘッドホン

価格:15,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一度は聴いてほしい本物の音

レコーディングスタジオなどで使用されるほどのクオリティと耐久性を持っているヘッドホンです。歪みの少ない原音により近いクリアな音質を実現してくれます。音の広がりからエコーの広がり具合などを忠実に再現してくれます。

 

非常に高い解像度は音の輪郭を明確に表現し、広い周波数レンジによって音の聴きやすさも兼ね備えています。一万円後半とヘッドホンにしては高く感じるかもしれませんが、この性能でこの価格は非常にお得です。

 

コスパという観点から見ても非常に高いものを持っています。一度プロ仕様の質の高い音を体験してみてはいかがでしょうか。

接続有線ハウジング形状密閉型
装着方法オーバーイヤー機能

ソニーヘッドホンの人気おすすめ商品の比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5090315の画像

    ソニー(SONY)

  • 2
    アイテムID:5090309の画像

    Sony

  • 3
    アイテムID:5090308の画像

    ソニー(SONY)

  • 4
    アイテムID:5090304の画像

    ソニー

  • 5
    アイテムID:5090303の画像

    ソニー(SONY)

  • 6
    アイテムID:5090300の画像

    Sony

  • 7
    アイテムID:5090298の画像

    ソニー(SONY)

  • 8
    アイテムID:5090295の画像

    ソニー(SONY)

  • 9
    アイテムID:5090287の画像

    Sony

  • 10
    アイテムID:5090286の画像

    ソニー(SONY)

  • 商品名
  • 密閉型スタジオモニターヘッドホン
  • ハイレゾ対応スタジオ用モニターヘッドホン
  • コードレスステレオヘッドホン
  • スタジオヘッドホン
  • オープン型ヘッドホン
  • 密閉型ヘッドホン ハイレゾ音源対応
  • 密閉型ワイヤレスヘッドホン
  • ステレオヘッドホン オープン型
  • ネックヘッドフォン
  • ヘッドホン 密閉型
  • 特徴
  • 一度は聴いてほしい本物の音
  • プロ仕様の高性能ヘッドホン
  • 置くだけ充電で簡単充電
  • 素直で癖のないヘッドホン
  • 折りたためるコンパクトなヘッドホン
  • スタンダードな性能
  • ハイレゾで美しい音楽を
  • 増設用のヘッドホン
  • お出かけ用に最適
  • 価格相応の高スペックヘッドホン
  • 価格
  • 15500円(税込)
  • 34020円(税込)
  • 4422円(税込)
  • 8719円(税込)
  • 5540円(税込)
  • 19750円(税込)
  • 35480円(税込)
  • 2691円(税込)
  • 2590円(税込)
  • 40597円(税込)
  • 接続
  • 有線
  • 有線
  • ワイヤレス
  • 有線
  • 有線
  • 有線
  • ワイヤレス
  • ワイヤレス
  • 有線
  • 有線
  • ハウジング形状
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 開放型
  • 密閉型
  • 開放型
  • 密閉型
  • 密閉型
  • 開放型
  • 密閉型
  • 装着方法
  • オーバーイヤー
  • オーバーイヤー
  • オンイヤー
  • オーバーイヤー
  • オンイヤー
  • オーバーイヤー
  • オーバーイヤー
  • オンイヤー
  • オンイヤー
  • オーバーイヤー
  • 機能
  • ノイズキャンセリング機能
  • 赤外線接続
  • 折りたたみ可能
  • ハイレゾ
  • ハイレゾ
  • 赤外線ワイヤレス
  • ケーブル着脱

ヘッドホンアンプでもっと質の高い音を

ヘッドホンアンプはヘッドホンに接続することで音量調整や音の質などを上げてくれるサポート用品です。ヘッドホンアンプが初めから搭載されているオーディオ機器はたくさんありますが、その性能はたかが知れています。

 

ヘッドホンの本来持つ性能を最大限に生かすのであればヘッドホンアンプを別で購入することをおすすめします。現在のオーディオ環境に満足いっていないのであれば、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はソニーのヘッドホンを紹介しました。ソニーのヘッドホンは音にこだわったものが多く、安いものでも高音質な音を聴くことができます。細かいところをこだわっていくことでさらに質の高い音を聴くことができるようになります。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ