記事ID138921のサムネイル画像

【2019年最新版】マザーズリュックのおすすめ人気ランキング10選

赤ちゃん連れでの外出で必需品なのがマザーズリュック。トートタイプもありますが、両手が空くリュックタイプは赤ちゃんや子どもを抱っこするのも簡単なのでおすすめです。今回はマザーズリュックの選び方やおすすめのマザーズリュックをランキング形式でご紹介いたします。

この記事を監修したクリエイター

ブロガー

さゆり

転勤族で2児の母です。孤独になりがちな子育ての毎日で、日々の暮らしに少しの”ワクワク”を見つけていきたい思いから日常記録ブログ「ヒノクニッキ」、子どもの写真整理についてのブログ「KidsPhotoIdea」を運営中。クラウドファンディングを立ち上げ子育て準備を楽にするためのWelcomeBabyBoxプロジェクトを進行中。家にいてできる仕事を模索しています。

現在2児の母で3人目を妊娠中です。2人の子の赤ちゃん時期を経験していますが、育児グッズは新しいものが次々に出てきて、年々便利になっていきます。この度3人目を迎えるにあたって私自身も新しいグッズを検討する中で、これまでの経験をもとに使いやすい育児グッズをご紹介していきます。

赤ちゃんを連れての外出の必需品

赤ちゃんを連れて外出しようとすると、自分の荷物に加えておむつや哺乳瓶、おもちゃなどたくさん入るマザーズリュックが必要になってきます。ただ大容量なだけでなく、おしゃれできれいめなマザーズリュックが人気です。

 

途中で赤ちゃんを抱っこすることもありますので、マザーズリュックは両手のあくリュックタイプがおすすめです。リュックタイプですと均等に両方の肩に力が加わりますので、片方だけ肩が痛くなることもありません。

 

しかし種類も多く、どのマザーズリュックを選んでいいのか迷うかもしれません。これから赤ちゃんを産む方でも迷わないように、マザーズリュックの選び方や、おすすめのマザーズリュックをランキング形式で10選ご紹介いたします。

マザーズリュックの選び方

快適なマザーズリュックを選ぶと、赤ちゃんを連れての外出も楽しくなります。選ぶのにはいくつかのポイントがありますので、そちらを参考にご自身にあったマザーズリュックを探してください。

機能で選ぶ

開口部は広く開くものを

間口が広いマザーズリュックは、おむつやタオルなどたくさんのベビーグッズとママの荷物を入れていても、簡単に取り出すことができるのでおすすめです。また中身が見えやすいので、ごちゃごちゃにならずに整理整頓も簡単にできます。

 

ダブルファスナーのマザーズリュックですと開閉も楽なのでママたちに人気です。赤ちゃんを連れて外出するとマザーズリュックから荷物を取り出すことも多いですので、開閉がスムーズにできるマザーズリュックを選んでください。

 

がま口タイプのマザーズリュックも可愛らしいのに、中身がよく見えて取りだしたい物をすぐに取り出すことができますのでおすすめです。

ポケットの数は多いものを

メインの場所に全部の荷物を入れてしまうと、いざ取り出そうとしても他の荷物が邪魔でなかなか取り出せないこともあります。そんなとき、ポケットが多いと分けて収納することが出来るので、ポケットの数が多いマザーズリュックはおすすめです。

 

背面のポケットにお財布やスマホを入れておくと、お買い物をしたときにもリュックを降ろさずに簡単に取り出すことができます。背面ファスナーがあるマザーズリュックですと、さらに使いやすくなります。

 

完母ではなくミルクを飲む赤ちゃんは、哺乳瓶や水筒も必要になってきます。ドリンクホルダーが2つくらいあるマザーズリュックですと、簡単に取り出すことができておすすめです。成長してきてもお茶など入れることができるので、便利です。

ブロガー

さゆり

デザインだけで選んでしまうと後から後悔することも。(経験ありです)中が仕切られているか、内ポケット、外ポケットはあるか、開きやすいかなどです。特に中の仕切りや内ポケットはある方がいいと思います。

中にポケットがないタイプのバッグをマザーズバッグとして使ったことがありますが、いざ何かを取り出そうとした時にサッと見つけられないので一苦労していました。リュックであれば、背面ポケットや両サイドにポケットがあるものが使いやすいです。両サイドのポケットはマグが入るサイズ感だと◎です。

防水を選ぶ

子どもは食べ物飲み物をよくこぼしたりします。また公園に遊びに行ってマザーズリュックが汚れることもあります。そんなときにおすすめなのが、防水のマザーズリュックです。防水仕様であれば、急な雨にあっても中身が濡れないので安心です。

 

さらに撥水加工をしていると、水や汚れに強くなりますので、マザーズリュックが汚れにくくて便利です。子どものお世話でなかなかマザーズリュックのお手入れする時間を確保するのも難しいので、汚れにくいマザーズリュックを最初から購入すると楽ですよ。

 

外側だけでなく、メインポケットや哺乳瓶を収納するポケットなどにも防水してあるマザーズリュックもあります。中が防水してあると赤ちゃんや子どもが濡らした服なども気軽にいれておけるので、おすすめです。

素材で選ぶ

軽量なナイロン製

マザーズリュックでおすすめな素材がナイロン製のものです。赤ちゃん連れですとただでさえ荷物が多く、中身だけでけっこうな重量になってしまいますので、マザーズリュック自体は軽い方が移動も楽です。

 

軽量なナイロン製でも、丈夫で長持ちするマザーズリュックはたくさんあります。マザーズリュックが似たようなデザインや機能、価格で迷っているのでしたら軽さで選ぶのもおすすめです。

ブロガー

さゆり

マザーズバッグとしてリュックを選ぶ際に、重さは本当に重要です。子どもと一緒のお出かけが増えてくると、あれも必要これも必要と荷物がどんどん増えていきます。子どもも体重が重くなってくるので、抱っこ紐しながらリュックを背負うシーンがあることを想定すると、リュックはできるだけ軽い方がいいですよね。

10kg超えの子どもを抱っこ紐して荷物パンパンのリュックを背負うと肩が死にます。なので、できるだけリュック自体の重さは軽いものを選びたいです。

背中やショルダーベルトはメッシュ素材がおすすめ

マザーズリュックを背負っていると、背中や肩のマザーズリュックが当たる部分が汗をかきやすくなります。そのときに当たる部分がメッシュ素材ですと蒸れにくくなり快適に使用することができるのでおすすめです。

 

夏でなくても、赤ちゃんを抱っこしながらマザーズリュックを背負うとけっこう汗をかいたりもしますので、夏以外の使用もおすすめです。

 

長時間マザーズリュックを背負っていて汗で蒸れてくると、すれて肩も痛くなってきます。マザーズリュックを購入する前に、背面やショルダーベルトがメッシュ素材になっているか確認してください。

 

ブランドで選ぶ

ハイブランド

ハイブランドのマザーズリュックはお値段は高いですが、長く使える素材ですので、育児が落ち着いた後も機能性の高いリュックとして使い続けることができるのでおすすめです。

 

赤ちゃんや小さな子どもを育てているとすぐに洋服などが汚れてしまいますので、洋服はプチプラの洋服を着るママも多いかもしれません。そこにマザーズリュック1点でもハイブランドのマザーズリュックを持つことによって、おしゃれなママになることができますよ。

スポーツブランド

赤ちゃん連れで外出すると、食べ物や飲み物をよくこぼしたりします。そういうときにおすすめなのがスポーツブランドのマザーズリュックです。

 

外でするスポーツは砂など汚れやすいので、スポーツブランドのバッグはもともと汚れに強いバッグが多いです。その技術を活かしてつくられたマザーズリュックも汚れに強く、さらに破れにくいなどの工夫がされている物が多いです。

 

またスポーツブランドのマザーズリュックは、赤ちゃん連れのバーベキューやキャンプなどのアウトドアでも使いやすいので、赤ちゃん連れでいろいろな場所へお出かけしたい方にもおすすめです。

ポーター

いかにもマザーズリュックという感じではなく、普段使いもできるようなマザーズリュックを探している方におすすめなのが、ポーターのリュックです。スタイリッシュでどのような洋服にも合わせてくれるところが人気の理由です。

 

ユニセックスなデザインのマザーズリュックも多いので、パパと共有してマザーズリュックを使いたい方にもおすすめです。

プチプラ

マザーズリュックは1つだけでなくいろいろなタイプのバッグを持っていると、洋服やシーンによって選べるので、複数個持つのもおすすめです。複数個マザーズリュックを持つ場合はプチプラですといくつも購入できますよ。

 

さらにとれない汚れがついたりしても、プチプラのマザーズリュックでしたら新しいものに買い替えやすいです。いろんなタイプのマザーズリュックを使ってみたい方にも、プチプラのマザーズリュックはおすすめです。

ブロガー

さゆり

ブランド等にこだわりがなければ、プチプラを選びます!マザーズバッグはリュック、トートと複数あると便利です。子どもの月齢や外出時のシチュエーションによっても使いやすいバッグが変わってきます。

リュックタイプは子どもが動き回る時期だと両手が空くので便利です。トートタイプは物が取り出しやすく、抱っこ紐時期には抱っこ紐+リュックとなると肩部分に負担がかかるのでトートの方がもちやすかったりします。なのでプチプラの方が、複数個持つのに負担が少ないかなと思います。

さゆりさんのおすすめマザーズリュック

Bebamour

B01G6W7UXU

価格:5,880円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トートバッグとしても使える!ベビーカーにかけやすい点も◎

ブロガー

さゆり

ナイロン素材なのでリュック自体が軽く、汚れても拭きやすいのがいいですね。リュックのサイドポケットも十分な大きさがあり、さらにジッパーが付いています。サイドポケットにジッパーがるのは珍しいですが、あった方が安心ですね。

リュックだけでなく、トートバッグとしての使用やベビーカーにも簡単にかけられるように工夫されている点もオススメです。普通のリュックをベビーカーにかけるとどうしても重さでベビーカーが倒れやすくなってしまいますが、こちらのリュックは肩紐にベビーカー吊りさげ用のバックルが付いているためベビーカーにもかけやすいです。

amazonのリンクに使い方動画がありますので見てみると分かりやすいですよ! 男女兼用で使えるため、ママとパパどちらが持っても大丈夫なところもいいですね!

マザーズリュックのおすすめランキング10選

第10位

Shaelyka

B07RQ4QHTB

価格:3,780円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子育て終了後も長く使えるリュック

いかにも「マザーズリュック」という感じではなく、日常使いにも適しているので、子育てがひと段落した後も使いたい方におすすめです。シンプルなデザインでブラックなのでパパとも共用して使うことができます。

 

10ポケットありますので、小物を収納しても迷子になりません。ただポケット数が多いだけでなく、適切な場所に考えて作られているマザーズリュックですので、取りだしたい荷物をマザーズリュックを置くことなく取りだせるのもおすすめポイントです。

 

生地に厚みがあるマザーズリュックは、しわしわにならずに長期間使用することができます。通気性やクッション性にも優れていますので、荷物をたくさん入れても重さを感じさせずに肩が痛くならないのもうれしいところです。

サイズ42cmx30cmx14cm重量862g
素材ナイロン
第9位

Qomolm

B07T1XT2VH

価格:3,570円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

科学的に考えられた収納ポケット有

大容量なのにコンパクトで、女性によく似合う可愛らしいデザインがおすすめのマザーズリュックです。内部のポケットは科学的に考えられていて、収納しやすく、防水仕様ですので濡れた着替えも入れることができますし、汚れにも強いです。

 

こちらのマザーズリュックはがま口設計ですので、大きくメインポケットを開けることができます。取りだしたい物を簡単に取り出すことができます。またUSB充電ポートがついているマザーズリュックですので、簡単にスマホなどを充電できるのもうれしいところです。

 

肩ひもは通気性をよくしていますので、暑い時期に使用したい方にもおすすめです。ベルトの肩ひもは身長によって長さを変えることができますので、身長の小さい方も大きい方もどのような方にもおすすめのマザーズリュックです。

サイズ45cmx21cmx28cm重量848g
素材ポリエステル
第8位

Quenya

B07V36RPCD

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バッグパックだけでなくハンドパックとしても利用可

メインポケットが大きく開くデザインなので、取り出しやすく中身もよく見えやすいです。マザーズリュックの中身にはポケットが4つあり、ジッパーポケットもありますので、収納を楽にしたい方にもおすすめのマザーズリュックです。

 

デザインも鮮やかで楽しげで色もカラフルですので、毎日の育児が楽しくなります。柄モノが好きな方やワントーンのマザーズリュックでは物足りない方にもおすすめです。

 

汚れや水に強いキャンパス素材を使用していますので、濡れた赤ちゃんの洋服やタオルなども心配しなくていいところもおすすめポイントです。マザーズリュックだけでなく、手持ちやベビーカーにかけられるところもおすすめポイントです。

サイズ42cmx29cmx24cm重量680g
素材キャンパス素材
第7位

NEESE(ニーズ)

B07TV27CNC

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

トレンドの̻スクエア型リュック

マザーズリュックにもトレンドはあります。最近の流行りはスクエア型リュックで、大人カワイイシルエットが簡単につくることができるのでおすすめです。風水術も取り入れていますので、出会い運UPしたい方にもおすすめのマザーズリュックです。

 

マザーズリュック自体はペットボトル1本分の500gと、とても軽量なのに大容量収納することができるのもおすすめポイントです。耐荷重は20kgなので、重さを気にせずマザーズリュックに入れられます。大きすぎず小さすぎない化粧ポーチも付属で付いてきます。

 

ショルダーストラップは70cm~120cmまでと調節可能です。リュックだけでなくショルダーバッグとしてマザーズリュックを使用したい方にもおすすめです。

サイズ36cm×28cm×15cm重量500g
素材ナイロン
第6位

Shoppers Smart

B0769DLHN5

価格:1,680円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スクエアシルエットで機能も充実

シンプルで人気なスクエアシルエットのマザーズリュックです。カラーもいろいろあってブラックやピンクも選べます。ブラックマザーズリュックは軽いですが大容量入りますので、軽くて荷物をたくさん入れたい方にもおすすめです。

 

普段のお散歩やお買い物から、キャンプや旅行にも活躍するマザーズリュックです。中身が大きく開くので、たくさん収納していてもすぐに取り出したいものが見つかります。ポケットも多いので、収納も便利です。

 

哺乳瓶入れのポケットがついていたり、防水設計されているマザーズリュックですので、赤ちゃん連れでのお出かけにもおすすめのマザーズリュックです。

サイズ40cm×28cm×18cm重量821g
素材ポリエステル
第5位

marimekko(マリメッコ)

BUDDY 26994

価格:12,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カジュアルスタイルにぴったりなマザーズリュック

おしゃれなマザーズリュックを使いたい方におすすめな、マリメッコのマザーズリュックです。機能的で大容量入りますが、すっきりとキレイなシルエットが人気です。ユニセックスなデザインですので、男女問わず使用することもできます。

 

身体に負担をかけない設計がされていますので、牛乳などの重たい荷物もマザーズリュックに入れて背負っても重さを感じません。作りもしっかりしていますので、長期間マザーズリュックを使用したい方にもおすすめです。

 

こちらのマザーズリュックはポケットの数も多く、メインポケットは大きく空けることができますので、中に入れた物の出し入れも簡単にできるのもうれしいところです。

 

サイズ42cmx30cmx20cm重量481g
素材ナイロン
第4位

SHINPACK

B07D6JP12C

価格:2,880円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量でベビーカーにもかけられる

マザーズリュックのメインポケット内側にも6つのポケットがつき、収納しやすい設計になっています。おすすめは大容量な部分で、おむつや哺乳瓶、ミルクだけでなく、赤ちゃんの着替えや靴を入れたり、おむつ替えシート、お財布などじゅうぶんに入る大きさです。

 

哺乳瓶専用ポケットは防水素材で作られており、保温設計もされているマザーズリュックですので、温かい状態を保つことができます。またティッシュ専用ポケットもついていますので、赤ちゃんの食べこぼしなどもすぐに拭くことができるのもおすすめポイントです。

 

またこのマザーズリュックは固定ベルトを使用してベビーカーにもかけられます。多機能で収納もしやすいのにマザーズリュックぽくないおしゃれなデザインも人気の理由です。

サイズ41.5cm×27cm×21cm重量640g
素材防水PEVA
第3位

OUTDOORMASTER

B07GR9W9TQ

価格:3,280円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中身がよく見え取り出しも便利

メインポケットは広いので取り出しやすいマザーズリュックです。しかも片手で簡単に開けられるのもおすすめポイントです。中身がよく見えるので、赤ちゃんのおもちゃやおむつなど細かいものもすぐに取り出すことができると人気です。

 

ホルムアルデヒドが無く、赤ちゃんのことを考えて安心で安全な材料のみで作られていますので、赤ちゃんの健康を気にする方にもおすすめなマザーズリュックです。またしっかりとした作りで、耐水性に優れて汚れや傷にも強いのもうれしいところです。

 

盗難防止ポケットが設計されていて、携帯やお財布などの貴重品を安心して入れておくことができます。防水おむつ替えシートも付属でついてきますので、これから出産する方にもおすすめなマザーズリュックです。

サイズ27cm×40cm×21cm重量1.1kg
素材防水PEVA
第2位

PORTER

728-08703

価格:30,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユニセックスなマザーズリュック

細かいモノでもきれいに収納できるポーターのマザーズリュックは、ユニセックスデザインでパパママ両方がしようすることができます。撥水加工をしたナイロンで作られていますので、汚れに強いところもおすすめです。

 

マザーズリュックの背面側にはジャバラ式のポケットが装備されていますので、大切なものをこちらに収納しておきたい人におすすめです。サイドにも収納物に合わせてマチを広げることもできる多機能ポケットがついているのもうれしいところです。

 

大容量ではないですが使い勝手がいいので、ちょっとしたお散歩などにも重宝するマザーズリュックです。肩ひもが薄く、抱っこひもをした上にマザーズリュックを背負っても肩に厚みが出ないという口コミもあります。

サイズ27cm×38cm×14cm重量約630g
素材ナイロン
第1位

Bebamour

B01G6W7UXU

価格:5,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3WAYのマザーズリュック

シンプルなデザインですが、機能性がありおすすめのマザーズリュックです。大容量でベビーグッズなどたくさん入りますが、マザーズリュック自体が軽いので、たくさんの荷物を入れてお出かけしても疲れにくいように考えられています。

 

パソコンなどの電子デバイスを収納するクッションポケットもあって、男女兼用で使えるデザインですので、子育てが終わってからも使えるマザーズリュックです。高密度のナイロン素材で雨の日でも使いたい方にもおすすめです。

 

3WAYでマザーズリュックだけでなく、トートバッグとしても使用できます。またベビーカーにも簡単にひっかけられるように工夫されています。近所のお買い物から旅行まで幅広く活躍できるマザーズリュックです。

サイズ38cm×36cm×18cm重量約650g
素材撥水機能付ナイロン製

育児が落ち着いたら旅行用バッグなどに

子どもたちが大きくなって、たくさんの荷物を持って外出する必要がなくなったときでもマザーズリュックは他の用途に活用できます。普段は使わなくても、旅行など大量の荷物を持って移動するときにもマザーズリュックは大変便利です。

 

また最近のマザーズリュックはUSBポートがついているものもあります。あらかじめ自分の充電器をセットしておくと、簡単にスマホやタブレットなどを充電することができます。子育てがひと段落してから働くママにもうれしい機能です。

 

このようにマザーズリュックはいろいろな使い方があります。子どもを出産するときの入院準備にも役立ちますので、長く使えるマザーズリュックを探してみてください。

まとめ

マザーズバッグの中でも、マザーズリュックに特化して選び方やおすすめ商品をご紹介してきました。最近のマザーズリュックはデザインも豊富で好みのリュックが見つかるはずです。お気に入りのマザーズリュックを探してください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ