記事ID138909のサムネイル画像

【安全で食べやすい】おすすめの離乳食スプーン人気ランキング10選

離乳食スプーンは、使用する時期や素材によって大きさや作りが違っているので、ぴったりなものを用意してあげることが必要です。そこで、離乳食スプーンの選び方や、ピジョンやエジソン、ののじなどの人気の離乳食スプーンをランキング形式でご紹介します。

離乳食をスムーズに進めるために離乳食スプーンは必要

離乳食を始めるにあたって、どこまでアイテムを用意しなければいけないのか悩む方もいるでしょう。その中で特に必要なのが、離乳食スプーンです。赤ちゃんの口は小さいので、離乳食をあげるための専用のスプーンを用意することが大切です。

 

どんなにおいしい離乳食を作っても、実際に口に運ぶ離乳食スプーンが口に合わなかったら、うまく食べることができません。また、保護者も赤ちゃんに離乳食があげづらいです。赤ちゃんの月齢や発達に合った、使いやすい離乳食スプーンを用意してあげましょう。

離乳食スプーンの選び方

離乳食スプーンは、使う時期や素材、特徴などに違いがあります。それぞれの時期や状態に合ったものを使わないと、赤ちゃんが離乳食を嫌がって食べてくれないこともあります。しっかり選び方をチェックしましょう。

離乳食の時期で選ぶ

離乳食はあげる時期によって、食材の柔らかさや量が違います。同じように、離乳食スプーンも時期によっておすすめのものが変わってきます。きちんと時期に合った離乳食スプーンを用意しないと、うまく離乳食をあげられないので注意しましょう。

初期

まず一番初めに離乳食を開始する初期の生後5ヶ月頃は、離乳食スプーンに慣れさせるところから始まります。このころはまだ赤ちゃんは自分で離乳食スプーンを持てないので、保護者が持って赤ちゃんに食べさせてあげます。

 

そのため、保護者が持ちやすい形状の離乳食スプーンがいいでしょう。また、スプーンの先端が小さく、深さは浅いものを選んでください。離乳食のあげ方は、赤ちゃんの下唇に離乳食スプーンを乗せて、上唇が閉じるのを待ちましょう。

 

たくさん食材を乗せすぎたり、無理に食べさせようとしないで下さい。口の奥に入れすぎると、赤ちゃんは嫌がってしまいます。あせらずにゆっくりと、口の動かし方や飲み込み方を練習させてあげましょう。

中期

離乳食初期の方で飲み込み方を学び、上手にごっくんができるようになったら、中期のモグモグ期にステップアップします。月齢としては大体生後7か月頃からになります。発達としては、一人で上手に座れて、口がしっかり閉じられるようになったらです。

 

初期ではドロドロだったおかゆは、中期では7倍がゆくらいにします。他の食材も、舌でつぶせるくらいの硬さにしましょう。中期用の離乳食スプーンは、初期よりも一口分の食材が多く乗るもので、口をしっかり閉じられるくらいの薄さのものを選びましょう。

 

このころはまだ保護者が赤ちゃんの口に食材を持っていってあげます。離乳食スプーンで食材を口に入れた後、歯茎や舌を使って食材を口の中でつぶしてモグモグするので、ちゃんとモグモグしているか確認してあげてください。

後期~完了期

離乳食後期や完了期は、食べる量が増え、自分で手づかみ食べをしたり、スプーンやフォークを持って食べたがる時期になります。そのため、赤ちゃんが握りやすい離乳食スプーンを選ぶといいでしょう。

 

初期に使っていた離乳食スプーンでは、赤ちゃんが握りにくかったり、充分な量をすくえないので、きちんと後期や完了期に合った離乳食スプーンを用意しましょう。月齢の目安は、生後9ヶ月頃からです。

 

赤ちゃんが握って食べやすいように曲がっているものや、右利き用などがあります。利き手が違うものを用意しないように気をつけましょう。

素材で選ぶ

離乳食スプーンには、色々な素材があります。それぞれの素材にメリットやデメリットがあるので、特徴をよく確認しておきましょう。

シリコン

シリコンは、離乳食初期におすすめです。やわらかく口当たりが優しいので、口の中に入れても赤ちゃんが違和感を感じにくいからです。赤ちゃんの歯茎や口の中に当たっても、痛みを感じにくいのもポイントです。

 

しかし、かぼちゃやニンジンのペーストなどをすくうと、色素が移りやすいところがデメリットです。色の濃い野菜などをあげるとどんどん離乳食スプーンに色がついてしまうので、見た目はあまりいいとは言えません。

木製

木製の離乳食スプーンは、離乳食初期から完了期まで、長く使う事ができます。温かみのあるナチュラルな素材なので、赤ちゃんの口にも優しいです。しかし、つや出しの塗料が塗られていないかだけ、確認しておきましょう。

 

また、木製の離乳食スプーンは、水につけっぱなしにするとカビが付きやすくなったり、ふやけて形が変わってしまう可能性があります。洗ったらすぐに乾かしましょう。食洗機や食器乾燥機の使用もできません。

プラスチック

プラスチック素材の離乳食スプーンは、離乳食初期から完了期まで使う事ができます。シリコンと比べると固いですが、口当たりがなめらかです。使い勝手が良く、食材がすくいやすいので保護者も使いやすいです。

 

しかし、赤ちゃんに歯が生えてくる頃になると、カミカミして傷がついてしまうというデメリットもあります。また、シリコンほどではないですが、多少食材の色移りもあります。色を確認して、何本か用意して使い分けるといいかもしれません。

ステンレス

ステンレス製の離乳食スプーンは、離乳食後期あたりからの使用がおすすめです。素材自体が冷たいので、口に入れたら赤ちゃんが違和感を感じて嫌がってしまうかもしれません。そのため初期には向きません。耐久性に優れているので、長く使えます。

 

また、汚れが落ちやすく、お手入れしやすく衛生的というポイントもあります。色の濃い食材を使っても、色移りの心配もありません。食材をすくいやすく、赤ちゃん自身も食べやすい素材です。

その他の特徴から選ぶ

月齢や素材のほかに、特徴までチェックするとさらに離乳食スプーンが使いやすくなります。赤ちゃんも保護者の方も、どちらも便利に楽しく使えるように、自分が欲しい特徴をチェックしておきましょう。

使い捨て

普段使い用とは別に、使い捨ての離乳食スプーンも用意しておくと便利です。長期間の旅行や人に預ける時など、きちんと洗ったり消毒したりするのが大変な時に役立ちます。

 

普段使いのものを持ってくるものいいですが、うっかり忘れた時のために、カバンに常に携帯しておくのもいいでしょう。また、お友達の赤ちゃんが離乳食スプーンを忘れた時に貸してあげたり、災害時用に非常袋に入れておくこともできます。

デザイン

アンパンマンやディズニー、アニマルなどのデザインがかわいい離乳食スプーンもあります。赤ちゃん自身が気に入ってくれるよう、普段から好きなキャラクターや動物がいたら、デザインも考慮して選んであげてもいいでしょう。

 

キャラクターやカラーなど、自分の好きなデザインの離乳食スプーンなら、愛着がわくので自分から進んで離乳食を食べてくれるかもしれません。特に離乳食後期や完了期は、自分で持って使うようになるので、お気に入りのデザインを選んであげたいですね。

ケース付き

ケース付き離乳食スプーンは、お出かけの時にも使えるので重宝します。外食先で子供用の小さなスプーンが出ることもありますが、赤ちゃんの月齢や口の大きさに合っていないと、上手に使えません。

 

赤ちゃん自身も使いにくくなってしまうので、普段から使いなれている離乳食スプーンをケースに入れて持っていきましょう。ケースがないと、自分で袋を用意したり、ラップで巻いたりしないといけないので、不便です。

離乳食スプーンの人気ランキング10選

第10位

コンビ

テテオ フィーディングスプーン 離乳ナビNeo

価格:455円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

発達に合わせた2種類のスプーン入り

こちらは、生後5ヶ月頃から使えるゴックンスプーンと、生後7ヶ月頃から使えるモグモグスプーンの2種類がセットになった離乳食スプーンです。専用ケースも付いているため、収納や外出時にも便利です。

 

専用ケースには、どちらかのスプーン1本が入ります。使った後は、食洗機で洗う事もできます。また、煮沸や電子レンジ、薬液による消毒や除菌も可能なので、しっかり清潔にしたい方におすすめです。

対象の時期5ヶ月頃~、7ヶ月頃~素材ポリプロピレン、熱可塑性エラストマー
付属専用ケース
第9位

リッチェル

おでかけランチくん レトルトパウチ用スプーン

価格:168円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

外出先で大活躍のパウチ用スプーン

こちらは、外出先で便利なレトルトパウチ用のスプーンです。5本入りです。柄が長くまっすぐなので、レトルトパウチの奥の方までしっかりスプーンをいれてすくうことができます。個包装になっているので、衛生的に使う事ができます。

 

旅行や泊りがけの外出時など、使い捨て感覚で使用できるので便利です。電子レンジや煮沸消毒はできません。ペーストなどを食べる離乳食初期の生後5ヶ月~12か月くらいの赤ちゃんの口にぴったりの形状になっています。

 

うっかり離乳食スプーンを忘れた時のために、カバンの中にいつでも携帯しているのもおすすめです。しっかりしているので、洗って何回か使う事もできます。

対象の時期離乳食初期~素材ポリスチレン
付属
第8位

ののじ

新はじめての カトラリーセットA

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゆるやかカーブで食べさせやすい

こちらは、なめらかに磨き上げた、鉄の味がしない18-8ステンレス製の離乳食スプーンです。3本セットで、保護者が初めて離乳食を食べさせる初期用のスプーンは、ちょうど赤ちゃんの一口分がすくえるようになっています。

 

残りの2本は、離乳食後期の2歳頃が対象になります。食べこぼししにくいカーブハンドルデザインで、唇にフィットするフチ付きのソフトスプーンと、刺す・カットする・すくうがスムーズにできるカットフォークになります。

 

箸への移行もしやすいのがポイントです。どちらも右手用になります。グッドデザイン賞、ロングライフデザイン賞も受賞しています。5歳頃まで使えるので、長く使いたい方にもおすすめです。

対象の時期離乳食初期~後期素材18-8ステンレス
付属
第7位

ピジョン

離乳スプーン

価格:404円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

哺乳瓶とスプーンが一体化

こちらは、哺乳瓶とスプーンが一体化している離乳食スプーンです。まずミルク以外の味に慣れさせることから始めることができます。使い方は、哺乳瓶の中に果汁やスープなどのさらっとしたものや、トロトロしたおかゆなどを入れます。

 

スプーンを装着させたあと、哺乳瓶の部分を押すと、スプーンの上に中に入れたものが出てきます。押すと出てくるので、通常の離乳食スプーンのようにいちいちお皿にすくいに行く必要がありません。

 

専用の洗浄ブラシも付属するため、スプーン内部もきれいに洗うことができます。煮沸やレンジ、薬液による消毒が可能です。

対象の時期離乳初期~素材ポリプロピレン
付属洗浄ブラシ
第6位

Qshare

赤ちゃん用スプーンフォークセット

価格:1,200円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自由に角度調節ができる

こちらは、自由に角度を曲げて調節することができる離乳食スプーンです。スプーンのグリップがぐねっと簡単に曲げられ、リバウンドしません。グリップはTPE樹脂素材で、赤ちゃんが握りやすいデザインになっています。

 

スプーンの先端は、赤ちゃんの口にぴったりな丸みを帯びていて、飲みやすいです。離乳食の初期から完了期まで使用できます。優しいピンクとグリーンの色で、フクロウのデザインになっているところもポイントです。

 

スプーンとフォークのセットになっています。使用前と使用後に、お湯で消毒してください。食洗機や電子レンジは使用できません。

対象の時期4か月以上の離乳食初期~完了期素材TPE樹脂、ポリプロピレン
付属ケース
第5位

レック

アンパンマン 離乳食スプーンM

価格:498円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マッシャーと麺カッター機能付き

こちらは、機能が色々付いたアンパンマンの離乳食スプーンです。離乳食スプーンの裏にでこぼこ面があるので、マッシャー機能を果たし、食べ物をつぶすことができます。また、スプーン先端部分は平らなので、麺を切るカッター機能の役割もあります。

 

スプーンの上についている赤い星マークは、のどつき防止の目安になります。アンパンマンの顔の後ろにスタンドがついているので、お皿のふちにかけられます。また、テーブルにおいてもスプーンの先端がつきません。

 

ケースもついているので、おでかけにも便利です。対象は、離乳食中期になります。食洗機や煮沸消毒も可能です。スプーン部分は日本製原料使用、製品の全て厚生省指定の食品と添加物規格基準に適合しているので、安心して使えます。

対象の時期離乳食中期素材ポリプロピレン、熱可塑性エラストマー
付属ケース
第4位

マーナ

なにげないけどすごいスプーン

価格:637円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

柔らかくて弾力がある

こちらは、シリコーンゴム製で柔らかい離乳食スプーンです。弾力があり、ビン入りの離乳食なども中身をきれいにすくうことができます。キッズデザイン賞を受賞しています。2種類の硬度の違うシリコン製なので、口に入れた時の感触が優しいです。

 

対象の時期は、離乳食後期です。離乳食期が終わったあとでも、ジャムのビンや味噌をすくうのにも便利なので、普段使いにすることもできます。離乳食を最後の一口まできれいにすくいたいと思っている方におすすめです。

対象の時期離乳食後期素材シリコーンゴム
付属
第3位

エジソン(EDISON)

フォーク&スプーン BABY

価格:538円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

たくさんすくえる深めの形状

こちらは、生後9か月頃から使える離乳食スプーンです。赤ちゃん自身が握りやすいよう、口に運びやすい角度になっています。保護者も使いやすい角度です。また、たくさんすくえるように深めの形状になっています。

 

持ち手の部分はラバー素材になっているので滑りにくいです。ケースもあるので、外出時にも便利です。セットのフォークは溝がついているので、麺類が落ちにくいです。そのため、赤ちゃん一人でも楽しく離乳食を食べることができます。

 

こちらは右手用になっています。食洗機、電子レンジ食毒、煮沸消毒、薬液消毒が可能です。一人で離乳食を食べる練習をさせたい方におすすめです。

対象の時期9ヶ月頃~素材ポリプロピレン、熱可塑性エラストマー
付属ケース
第2位

ピジョン

食べるnoおうえん はじめてのフィーディング

価格:330円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ペースト用とスープ用のスプーンのセット

こちらは、生後5ヶ月頃から使える、ペースト用スプーンとスープ用スプーンのセットになった離乳食スプーンです。ピンクのペースト用の離乳食スプーンは、赤ちゃんのお口に合った幅と深さになっているため、まだ口を閉じる力が弱くても残さず食べやすいです。

 

緑色のスプーン用の離乳食スプーンは、赤ちゃんの口にぴったりな丸みなので、口をすぼめて飲み慣れていない赤ちゃんでもこぼさず飲みやすいです。どちらのスプーンも口に入りすぎないストッパー付きで安心です。

 

やわらかい素材なので、生え始めの乳歯に優しいです。煮沸消毒、電子レンジ消毒、薬液による消毒が可能です。

対象の時期5ヶ月頃~素材柄:ポリプロピレン、先端部:スチレン・ブタジエン共重合樹脂
付属
第1位

リッチェル

おでかけランチくん 離乳食スプーンセット

価格:475円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ナミナミラインで食べさせてあげやすい

こちらは、離乳食を食べさせてあげやすい離乳食スプーンになります。ナミナミラインのおかげで、赤ちゃんの口元がよく見えるので食べさせてあげやすいです。やわらかい素材なので、口に優しいです。

 

スープを飲ませてあげやすい大きめの離乳食スプーンもセットになっています。大きめ離乳食スプーンは、食べる量が増えてきた時にも便利です。ケースも付いているので、おでかけの時に持っていく事もできます。

 

電子レンジや煮沸、薬液での消毒が可能です。また、食器洗い乾燥機の使用もできるので便利です。

対象の時期離乳食初期~素材スプーン本体:ポリプロピレン、先端と握り部:熱可塑性エラストマー
付属ケース

離乳食スプーンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5089633の画像

    リッチェル

  • 2
    アイテムID:5089636の画像

    ピジョン

  • 3
    アイテムID:5089638の画像

    エジソン(EDISON)

  • 4
    アイテムID:5089641の画像

    マーナ

  • 5
    アイテムID:5089647の画像

    レック

  • 6
    アイテムID:5089649の画像

    Qshare

  • 7
    アイテムID:5089652の画像

    ピジョン

  • 8
    アイテムID:5089883の画像

    ののじ

  • 9
    アイテムID:5089690の画像

    リッチェル

  • 10
    アイテムID:5089658の画像

    コンビ

  • 商品名
  • おでかけランチくん 離乳食スプーンセット
  • 食べるnoおうえん はじめてのフィーディング
  • フォーク&スプーン BABY
  • なにげないけどすごいスプーン
  • アンパンマン 離乳食スプーンM
  • 赤ちゃん用スプーンフォークセット
  • 離乳スプーン
  • 新はじめての カトラリーセットA
  • おでかけランチくん レトルトパウチ用スプーン
  • テテオ フィーディングスプーン 離乳ナビNeo
  • 特徴
  • ナミナミラインで食べさせてあげやすい
  • ペースト用とスープ用のスプーンのセット
  • たくさんすくえる深めの形状
  • 柔らかくて弾力がある
  • マッシャーと麺カッター機能付き
  • 自由に角度調節ができる
  • 哺乳瓶とスプーンが一体化
  • ゆるやかカーブで食べさせやすい
  • 外出先で大活躍のパウチ用スプーン
  • 発達に合わせた2種類のスプーン入り
  • 価格
  • 475円(税込)
  • 330円(税込)
  • 538円(税込)
  • 637円(税込)
  • 498円(税込)
  • 1200円(税込)
  • 404円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 168円(税込)
  • 455円(税込)
  • 対象の時期
  • 離乳食初期~
  • 5ヶ月頃~
  • 9ヶ月頃~
  • 離乳食後期
  • 離乳食中期
  • 4か月以上の離乳食初期~完了期
  • 離乳初期~
  • 離乳食初期~後期
  • 離乳食初期~
  • 5ヶ月頃~、7ヶ月頃~
  • 素材
  • スプーン本体:ポリプロピレン、先端と握り部:熱可塑性エラストマー
  • 柄:ポリプロピレン、先端部:スチレン・ブタジエン共重合樹脂
  • ポリプロピレン、熱可塑性エラストマー
  • シリコーンゴム
  • ポリプロピレン、熱可塑性エラストマー
  • TPE樹脂、ポリプロピレン
  • ポリプロピレン
  • 18-8ステンレス
  • ポリスチレン
  • ポリプロピレン、熱可塑性エラストマー
  • 付属
  • ケース
  • ケース
  • ケース
  • ケース
  • 洗浄ブラシ
  • 専用ケース

離乳食スプーンを使ったらきれいに洗おう

離乳食スプーンを使ったあとは、放置すると雑菌が繁殖するため、なるべく早く洗いましょう。洗剤は普通の食器用洗剤で構いません。気になる方は、離乳食スプーンや離乳食食器用のスポンジを別に用意しましょう。

 

また、離乳食を始める頃は、赤ちゃんも雑菌への抵抗力が付いてくるため、哺乳瓶のように必ずしも消毒が必要ではありません。とはいえまだまだか弱い存在なので、しっかりきれいにして、衛生的にしたいものです。

 

そのため、煮沸消毒や電子レンジ消毒、薬液消毒などの消毒ができると表記のある離乳食スプーンを使って、洗った後に消毒をすると安心安全です。

まとめ

同じ離乳食でも、離乳食スプーンを変えただけで食いつきが変わってよく食べてくれるようになったという話もあります。赤ちゃんが食べやすい離乳食スプーンを使って、順調に離乳食を進めてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ