記事ID138892のサムネイル画像

【2019年最新版】人気パーカーボールペンおすすめランキング10選

ビジネスや贈答用として非常に高い人気を誇るパーカーブランドのボールペン。パーカーボールペンの中でも、ソネットやアーバンといったシリーズごとの違いや、芯の太さといった違いもあり、商品選びに悩む人も多いでしょう。今回はパーカーボールペンを特集致します。

パーカーボールペンの特徴

パーカーとは、1890年ごろに創業したイギリスの高級筆記具メーカーです。ポーカーが販売しているボールペンは、使う人のことを考えられて設計されており、世界中で多大な人気を誇る製品になっています。

書き心地や機能性、高級感のあるデザインといったあらゆる要素が高水準になっており、ビジネスから家族・友人への贈答用としても人気を博しています。パーカーのボールペンは「世界で最も愛されているペン」というキャッチフレーズを体現する製品が揃っているのです。

パーカーボールペンの選び方

パーカーのボールペンを選ぶのに重要となるポイントをこちらではまとめています。パーカーのボールペンを選ぶさいにはぜひ活用してください。

シリーズで選ぶ

パーカーのボールペンには、多種多様なシリーズが存在しています。パーカーのボールペンの選ぶにはまずどんなシリーズがあるのか・シリーズごとのメリットやデメリットなどを把握しておくことが大切です。こちらでは一部シリーズをピックアップしてご紹介します。

ソネット

ソネットは1993年に女性向けに販売されたシリーズです。パーカーらしい高級感のあるデザインも特徴で、女性男性関わらず高い人気を誇り幅広い世代で愛用されています。ソネットはパーカーのボールペンの中では中堅に当たり、価格もそこまで高くないこともポイントです。

おおよそ5000円から1万円弱程度で購入できるボールペンが多いため、ビジネスとして使える良いボールペンを探している人や、プレゼント等でも手を出しやすい製品なのがソネットの特徴です。

アーバン

アーバンの特徴としては、なんといってもその独特なフォルムです。楕円のように膨らんだ軸が特徴で、長時間使用しても疲れにくい人間工学を取り入れた設計になっている点がポイントです。そのため長い時間ペンを使用して手の疲労が気になる人におすすめです。

アーバンシリーズは、比較的安価な事もメリットの一つです。おおよそ数千円程度で購入できる製品が多いため、お仕事用や普段使い・書き物が多い友人などへの贈り物に適していますよ。

IM

IM(アイム)は、デザインよりも機能性・実用性を重視したボールペンが揃います。太めの軸を持つボールペンが多く、重量感があり持ちやすい性質があります。また、シンプルなデザインながら豊富なカラーバリエーションを備えることも特徴です。

IMのボールペンもパーカー製品の中では安価であり、数千円から一万円程度で購入できるボールペンが揃います。お仕事などで機能性・実用性に優れるパーカーのボールペンを探している人はぜひ手に取ってみてほしいシリーズです。

デュオフォールド

デュオフォールドは、パーカーのボールペンの中でも最高級品に当たるシリーズです。1921年と昔から存在しているシリーズで、歴史上の出来事で、和平などに関する重要な書類を書く際に用いられたことから「平和のためのペン」という別名も持ちます

価格は4万円前後と非常に高価ではありますが、かなりの高級感・重厚感あふれるデザインなので、特にご年配の人へのプレゼントとして優れています。ビジネスにおける上司にあたる目上の人へのプレゼントとしても喜ばれることでしょう。

油性タイプを選ぶ

パーカーのボールペンに限らず、あらゆるボールペンには油性と水性の二種類が存在しています。パーカーのボールペンを選ぶさいは、特別な理由が無い限りは油性タイプのボールペンを選ばれるのがおすすめです。

パーカーのボールペンは、油性タイプの方がリフィルの種類が多いこと、「クインクフロー」と呼ばれる独自の技術によって、油性関わらず滑らかな書き心地を実現しています。インクも早く乾く性質を持ち、速記力があるのでおすすめです。

また、何か理由があって水性のパーカーボールペンを選ばれるさいは、製品選びに注意が必要です。水性ボールペンは海外では「ローラーポール」と呼称されており、ただ水性と検索しても出てこないことがあります。お探しの際は「ローラーポール」と検索することをおすすめします。

芯の太さで選ぶ

使用者の用途や好みによって、ボールペンの好みな芯の太さも人それぞれ変わる事でしょう。パーカーのボールペンには大きく分けてF(0.8mm)・M(1.0mm)・B(1.2mm)と三種類が存在しています

芯の太さは普段の使い心地や書き心地に大きく影響する項目なので充分吟味して選びたいですね。参考例としては、女性の人は掌が比較的小さいので細い芯のボールペンが向いていることが多く、男性は掌が大きいため太めの芯のボールペンが向いていることが多いです

特に贈り物としてパーカーのボールペンを選ばれるさいは、使用者のことを考えて適した芯のボールペンを選んであげてくださいね

持ちやすいサイズを選ぶ

芯の太さと同じく、書き心地や使い勝手を大きく左右するのが、ボールペンのサイズの大きさです。掌の大きさによって、適しているボールペンの大きさが変わってくるため、こちらも充分注意して選んでおきたいところですね。

パーカーのボールペンは、比較的細いものだと0.7mmのボールペンもあれば、太いものだと1cm程度のボールペンも存在しています。掌が小さい女性の人などであれば前者の細いボールペンが、男性など掌が大きい人なら後者の太いボールペンがおすすめです。

プレゼント用として選ばれるさいは、ボールペン自体のサイズにも目を配ってみてくださいね。

芯出し機構の違いで選ぶ

パーカーのボールペンは芯を出す・芯を格納する方式として、三種類に分けられます。それぞれどんな特徴があるのか確認しておきましょう。

ノック式

ノック式のボールペンは、パーカーのボールペンに限らず数多くのボールペンやシャープペンに取り入れられている芯出し機構です。ペンのトップにあるボタンを押すだけでペン先を出したり格納したりできるので、どんな人でもベーシックに使いやすいのがポイントです

特にメモ帳などを持っていて片手がふさがっていても手軽に扱えるのがメリットです。普段使いとしてパーカーのボールペンを選ぶのであれば、特別な理由が無い限りはノック式のボールペンを選ぶことをおすすめします。

ツイスト式

ツイスト式は、ペンをひねるように回転させることで、ペン先を出したり格納したりするタイプのことを指します。ツイスト式のボールペンは、主にビジネスなどのシーンで使われることを想定した製品が多く、デザイン性が優れるボールペンが多いことが特徴です。

パーカーのボールペンでは、デュオフォールドなどの高級シリーズが専らツイスト式が用いられてることが多いです。使い勝手だけでなく、デザイン性が必要となるケースであれば、ツイスト式のボールペンの中から選んでみるのも良いでしょう。

キャップ式

キャップ式は、その名の通りキャップをペン先にかぶせるタイプのことを指します。ノック式のように片手ですぐペン先を出せないため、普段使いとして用いるのであればあまり向いていません。また、キャップの紛失なども考えられます。

一見デメリットだらけにも見えますが、キャップを用いてペン先をしっかり保護しているため、インクの乾燥を防いでより長持ちするというメリットもあります。ノック式ほどの人気はないですが、インクがかすれにくさを重視して愛用している人もいます。

デザインで選ぶ

パーカーのボールペンは、シリーズや製品によってデザインが大きく異なります。シンプルで落ち着いたボールペンがあれば、ゴージャスで高級感のあるボールペンなど多種多様な製品がありますので、特にプレゼントとして選ぶのであれば、使用者の好みに合わせて選びたいところです。

男性や女性の性別の違いから、年齢層によって好みの違いもかわってくるため、どんなデザインのボールペンが好みなのか、充分吟味してパーカーのボールペンを選んでみてくださいね。

パーカーバールペンの人気ランキング10選

第10位

PARKER

ジョッター 1953346

価格:1,200円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストの安いジョッターシリーズのボールペン

「ジョッター 1953346」は、ジョッターシリーズの中でも比較的安い部類に入るボールペンです。ジョッターは、パーカーのボールペンの中でも60年以上に渡る販売実績があるシリーズで、シンプルで価格が控えられた製品が揃うのが特徴のシリーズです。

こちらの「ジョッター 1953346」もその例にもれず、1000円ちょっとというかなりお手頃な価格で購入できるのが何よりのメリットです。また、ノック式で15gとかなり軽い設計でもあるので、あらゆる用途で不便しにくく使いやすいのもポイントですね。


サイズ長さ131.5x軸径10mm重量15g
芯出し機構ノック芯の太さ1.0mm
第9位

PARKER

アーバン 20 73226

価格:7,189円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インクが水性タイプのアーバンのボールペン

「アーバン 20 73226」は、インクが水性タイプのキャップ式ボールペンです。油性タイプと比べ、水性タイプは速乾性にどうしても劣ってしまうため、速記力が劣る事には注意が必要ですが、キャップ式なためインクが長持ちしやすい点がメリットです。

材質はステンレススチールなどが使われており、金属特有の光沢が美しく高級感があるのもメリットですね。芯出し機構がキャップ式であること、水性のインクであることが問題泣ければおすすめできるボールペンです。

サイズ長さ150×軸径11mm重量31g
芯出し機構キャップ芯の太さ0.8mm
第8位

PARKER

ジョッター ジェルボールペン 1979552

価格:1,715円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなフォルムと細い芯が特徴

「ジョッター ジェルボールペン 1979552」は、水性インクが使われたジェルボールペンです。なんといっても特徴なのが0.55mmというかなり細い芯が使われていることが挙げられます。画数の多い漢字を多く書く必要がある場合は、細い芯の方が快適です。

こちらもステンレスなどの金属が使われており、光沢による高級感が演出されているほか、ブルーのほかにレッドやブラックなどカラーバリエーションも複数備えます。購入したさいは専用のギフトケースに送られてくるため、贈り物としても選びやすいのも良いですね。

注意点として、0.55mmのリフィルは数があまり出回っておらず、替え芯が比較的高価というのがデメリットとして挙げられます。あらかじめ念頭に置いておきましょう。

サイズ-重量-
芯出し機構ノック芯の太さ0.55mm
第7位

PARKER

ソネット スリムボールペン 1950890

価格:5,344円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バランスの良い重さとサイズのソネットのボールペン

「ソネット スリムボールペン 1950890」は、数あるソネットのボールペンの中でも比較的小型に作られている製品になります。そのため掌が小さい女性の人に向いているボールペンと言えるでしょう。

口コミでも、製品のコンパクトさや女性への贈り物として適しているといった意見が多数挙げられており、軽量かつコンパクトなので携帯性にも優れています。購入時はおしゃれな専用ケースに入って送られてくるため、贈答用としても選びやすいのも嬉しいポイントですね。

サイズ長さ136x軸経8mm重量-
芯出し機構ツイスト芯の太さ-
第6位

PARKER

プリミエ 1931412

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級感のあるプリミエのボールペン

数あるパーカーのシリーズの一つであるプリミエは、最高級品に当たるシリーズ「デュオフォールド」の一つランクが下にあたるシリーズになります。デュオフォールドほどではないですが、高級感あふれるデザインが揃うボールペンが多い傾向にあります

こちらの「プリミエ 1931412」も同じく、明るい金色と黒色を基調とする高級感のあるフォルムが特徴的です。ツイストタイプなのも相まって、ビジネスシーンなどデザイン性の高いボールペンが必要なときに活躍するでしょう

価格は2万円程度とそこそこ高い価格ですが、マットな質感で握り心地がよく、実用面でも高い性能を誇ります。自分用としても贈答用としてもおすすめできるコストパフォーマンスに優れたボールペンです。

サイズ長さ137x軸径11mm重量41g
芯出し機構ツイスト芯の太さ1.0mm
第5位

PARKER

IM AP014579 (旧S1142332)

価格:1,800円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスの良いIMのボールペン

「IM AP014579 (旧S1142332)」は、パーカーのボールペンの中でも比較的安価で機能性にも優れることで好評を得ているボールペンです。11mmと軸径が太めに設計されており、特に男性の人におすすめなボールペンになっています

画像ではラックブラックというカラーで、光沢が美しい金色とマットなブラックを基調とする高級感のあるデザインになっています。そのほか、銀色などの色違いも存在しています。価格もお手頃なので、プライベートやビジネス用に使い分けるために複数購入する人も多いです

サイズ長さ140×軸径11mm重量32g
芯出し機構ノック芯の太さ0.8mm
第4位

PARKER

デュオフォールド 1931396

価格:32,385円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高級品にあたるデュオフォールドのボールペン

「デュオフォールド 1931396」は、数あるパーカーのボールペンの中でも最高ランクにあたる製品です。金色を基調とするフォルム全体が高級感あふれるデザインとなっており、特別な贈り物として最適なボールペンになっています。

また、金色以外にも銀色や青色、マットなブラックなどカラーバリエーションが豊富なので、使用者の好みに合わせて色を選びやすいのもポイントですね。価格はかなり高めなボールペンになりますが、特別な贈り物をしたいという人は一考してみてほしい製品です。

サイズ長さ135mmx軸径9mm重量33g
芯出し機構ツイスト芯の太さ1.0mm
第3位

PARKER

ソネット S11130362

価格:4,900円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

金色と銀色を基調とするデザイン性の高いボールペン

「ソネット S11130362」は、お手軽な価格なのにデザイン性が高いのが特徴です。金色と銀色を基調とするカラーリングで構成されており、光沢による高級感が演出されています。また、ほかのカラーバリエーションとして、全身銀色に構成された製品もあり、そちらも光沢が美しいです。

口コミではデザイン性の高さのほかに、さらさらと書き心地の良さや適度な重みによる持ちやすさなどが評価されており、実用性にも高い期待が持てる製品になっています

サイズ138×9mm重量-
芯出し機構ツイスト芯の太さ1.0mm
第2位

PARKER

アーバン S1137353

価格:1,840円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独特なフォルムが特徴のアーバンのボールペン

「アーバン S1137353」は、持ち手が楕円型に膨らんでいる独特なフォルムが特徴のボールペンです。その独特な形のグリップ部分は、手に持った時のフィット性を高め、長時間の筆記を行っても疲れにくい性質を持ちます

機能性だけでなく、光沢のあるシルバーとマットなブラックを基調とするデザインはシンプルながらも高級感を感じさせるため、ビジネスなどでも使いやすいフォルムをしています。普段使い用としてもビジネス用としても使いやすいボールペンです。

サイズ長さ139x軸径12mm重量34g
芯出し機構ツイスト芯の太さ0.8mm
第1位

PARKER

ソネット 多機能ペン S111306020

価格:3,875円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ボールペンとシャープペンシルの両機能を備える多機能ペン

「ソネット 多機能ペン S111306020」は、ボールペン以外にシャープペンシルとしても使えるマルチな運用ができる製品です。ボールペンだけでみても、黒と赤の二色が使える多機能な設計になっているため、本製品単体でさまざまな用途に活用できます。

価格的にも比較的安めなほか、シンプルながらも高級感のあるデザインをしています。しかし、シャープペンシルとして使う場合、芯が折れやすいという意見も見かけられるので、購入のさいはあらかじめ注意が必要です。

サイズ長さ135×.8.6mm重量16g
芯出し機構-芯の太さ0.8mm

パーカーボールペンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5090988の画像

    PARKER

  • 2
    アイテムID:5090987の画像

    PARKER

  • 3
    アイテムID:5090986の画像

    PARKER

  • 4
    アイテムID:5090984の画像

    PARKER

  • 5
    アイテムID:5090983の画像

    PARKER

  • 6
    アイテムID:5090982の画像

    PARKER

  • 7
    アイテムID:5091009の画像

    PARKER

  • 8
    アイテムID:5090980の画像

    PARKER

  • 9
    アイテムID:5090979の画像

    PARKER

  • 10
    アイテムID:5090978の画像

    PARKER

  • 商品名
  • ソネット 多機能ペン S111306020
  • アーバン S1137353
  • ソネット S11130362
  • デュオフォールド 1931396
  • IM AP014579 (旧S1142332)
  • プリミエ 1931412
  • ソネット スリムボールペン 1950890
  • ジョッター ジェルボールペン 1979552
  • アーバン 20 73226
  • ジョッター 1953346
  • 特徴
  • ボールペンとシャープペンシルの両機能を備える多機能ペン
  • 独特なフォルムが特徴のアーバンのボールペン
  • 金色と銀色を基調とするデザイン性の高いボールペン
  • 最高級品にあたるデュオフォールドのボールペン
  • コストパフォーマンスの良いIMのボールペン
  • 高級感のあるプリミエのボールペン
  • バランスの良い重さとサイズのソネットのボールペン
  • シンプルなフォルムと細い芯が特徴
  • インクが水性タイプのアーバンのボールペン
  • コストの安いジョッターシリーズのボールペン
  • 価格
  • 3875円(税込)
  • 1840円(税込)
  • 4900円(税込)
  • 32385円(税込)
  • 1800円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 5344円(税込)
  • 1715円(税込)
  • 7189円(税込)
  • 1200円(税込)
  • サイズ
  • 長さ135×.8.6mm
  • 長さ139x軸径12mm
  • 138×9mm
  • 長さ135mmx軸径9mm
  • 長さ140×軸径11mm
  • 長さ137x軸径11mm
  • 長さ136x軸経8mm
  • -
  • 長さ150×軸径11mm
  • 長さ131.5x軸径10mm
  • 重量
  • 16g
  • 34g
  • -
  • 33g
  • 32g
  • 41g
  • -
  • -
  • 31g
  • 15g
  • 芯出し機構
  • -
  • ツイスト
  • ツイスト
  • ツイスト
  • ノック
  • ツイスト
  • ツイスト
  • ノック
  • キャップ
  • ノック
  • 芯の太さ
  • 0.8mm
  • 0.8mm
  • 1.0mm
  • 1.0mm
  • 0.8mm
  • 1.0mm
  • -
  • 0.55mm
  • 0.8mm
  • 1.0mm

インクが出なくなったときは

パーカーのボールペンに限らず、使用しているとインクの詰まり等が原因でインクが出なくなることが考えられます。そんなときにインクを復活させる方法をしっていると便利ですよね。

インクが出なくなったときは、まずはティッシュでペン先のボールを転がすようにこすってみましょう。そうすることで、ペン先のボール全体にインクが供給され、インクが出るようになる可能性があります。

ペン先の掃除をしても復活しない場合は、インクがペン先で固まっている可能性もあるので、手で握るなどで熱を加え、固まったインクを柔らかくすることで出るようになることもありますよ。ぜひ覚えておいてくださいね。

まとめ

パーカーのボールペンは、程度の差はあれど一般的なボールペンとは違ってかなりの高級品です。自分用として選ぶ場合でも贈答用として選ぶ場合でも、しっかり使ってもらえるような商品を選ぶことが大切です。当記事を参考にしてベストなパーカーのボールペンを選んでみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ