記事ID138880のサムネイル画像

【痛み軽減】ロードバイク用サドルのおすすめ人気ランキング10選

ロードバイク用スタンドの人気が高まっています。それには自転車に乗る人が増加傾向にあるからです。特にロングライドするような時はお尻は痛いですよね。ロードバイク用サドルが活躍してくれます。今回の記事では人気のスペシャライズドやフィジークなども紹介します。

ロードバイク専用サドルのメリット

ロードバイク専用サドルを新たに購入するメリットがどういった部分にあるのかおさらいしておきましょう。

お尻や股部分の痛み軽減

ロードバイクに付属されているサドルは硬く、お尻や股は長時間座り続けていると痛みが出てきます。これはロードバイクに乗るビギナーが最初に受ける関門でもあるので、多少は致し方ない部分ではありますが、極端に痛む方は検討した方がいいです。

 

そこで、ロードバイク専用サドルを別途購入することで、お尻や股にかかる負担を軽くすることができます

 

ただし、この痛みというのは様々な要因が複合して痛みを発症していることがほとんどです。サドルだけでなく、ロードバイク用パンツを履いてみたり、負担を軽くする取り組みを行うようにしましょう。

サドル交換の前に最適なポジションを確認

前提として様々な原因が複合して痛みを発症させていると先に伝えました。そして、ある程度の痛みは慣れとカラダの耐性がついてくることで解決することもあります。乗り方であったり、力の入れ方であったりと経験することで変化してくる部分もあります。

 

ただ、それでもなかなか良くならないという方は、サドル交換の前にロードバイクがベストなポジション出しも行うようにしましょう。ポジション出しとは適正なハンドルの距離・幅とサドル高を計測して、その形でロードバイクを作ることです。

 

理想的な走行姿勢が作り出せているのであれば、痛みを極端に感じ続けることはなくなります。ロードバイクに乗る目的や乗り方があると思いますので、それに合ったポジション出しもサドル交換と同時に検討してみてください。

ロードバイク用サドルの選び方

ロードバイク用サドルが欲しいと思った方も何を重視してロードバイク用サドル選びを行っていいのかわからない方も多いはずです。その要所要所を確認しておきましょう。

シチュエーションで選ぶ

使用シーンのイメージはしっかりとできていますか。あなたに合ったロードバイク用サドルを見つけるためにもシチュエーションをハッキリとさせておきましょう。

乗り心地重視

ロードバイクは基本的に長時間走行することが多いです。そのため、乗り心地を重視してロングライドを楽しみたいという方も多いと思います。そういった方にはクッション性のあるタイプを選ぶようにしましょう。

 

ロードバイク用サドルのパッドが厚いものはクッション性があります。もちろん、ママチャリと呼ばれるタイプのサドルのような厚みではありません。あくまで他のロードバイク用サドルと比較してという話になります。

 

基本は幅や形状でコントロールして、それでもダメならクッション性の高いロードバイク用サドルを選ぶとした方が順序としていいです。

短距離

通勤や通学など、短距離のロードバイクに用いられるロードバイク用サドルはというと、丸みのあるものを選ぶことをおすすめします。特徴として、中心が高いのと丸みがあるデザイン性であることからフィット感が増加します。

 

また、ペダリングも走行姿勢も安定してくるので、様々なメリットが生まれます。その分、腰の動きを制限してしまうので、疲労感が生じやすいデメリットもあります。長距離走行には不向きなタイプと言えます。

長期間

ロングライド向きのロードバイク用サドルはフラットタイプが適します。フラットタイプであるとお尻を動かしやすく、ポジションを変えやすいため、疲れにくいというのがメリットとなります。

 

走行姿勢など慣れるまで時間を要しますし、安定感が出しづらいという点もありますが、慣れてくると路面状況に合わせ、お尻の位置を容易に変えたりできるため、走行が非常に楽になります。

メーカーで選ぶ

ロードバイク用サドルを販売するメーカーもあります。それぞれにそれぞれのメリット、デメリットがあるのでポイントを理解して、自分が欲しいスペックを手に入れましょう。

スペシャライズド

スペシャライズドは世界的に有名な自転車のサドルメーカーです。100キロ以上走行するようなロングライドにおいても、お尻の痛みを最小限にとどめてくれるのが魅力の製品ラインナップです

 

他のメーカーのものを使用してきて、今まで痛みが全くとれることがなかった方でも、こちらのロードバイク用サドルを購入したことで痛みがなくなったと評価する方もいました。ロードバイク用サドルに最も欲しいスペックが備わっています。

 

素材にもこだわりをみせ、高剛性FACTカーボンファイバー製シェルや超軽量のポリウレタンパッディングなどスペックの高さもスペシャライズドの魅力です。

フィジーク

フィジークは1996年で年数が浅いイタリアパーツブランドです。経験は浅くても、その品質に関しては他の有名メーカーに引けを取りません。

 

それは、ベテラン職人を多く雇い、1つ1つを丁寧に手作りで作成しています。作りは本物で手がかかっており、長く使えるロードバイク用サドルになるでしょう。サドルの柔らかさは動物の名称でわかれており、自分の好みのクッション性のあるものを選べます

 

また、フィジークの製品作りのコンセプトに「サドルの快適性は接地する面積が多いほど良い」としており、その理念は創業以来変わりません。ですので、穴あきタイプの取り扱いはないです。

セライタリア

セライタリアは創業で116年を誇る老舗メーカーです。サドル作りのノウハウを、しっかりと肌で感じ取れる製品が多数揃っています。セライタリアは、これまでのロードバイク用サドルの歴史の中で、革命的な作品を多く作り出してきました。

 

中央に穴の空いたタイプが今では多く販売されています、また、これまでの歴史と経験から計算される製品には、高い人気と耐久性、軽量化が図られています。商品ラインナップ、デザインも豊富なので好きな色を選べるでしょう

サドルのクッション性で選ぶ

クッション性をどれくらい持たせるかで乗り心地も変わってきます。ただし、クッション性が良いだけが優秀という訳ではないので注意してみていきましょう。

サドル幅の目安

基本的な事項なのですが、サドル幅の目安を確認しましょう。サドル幅が適正かどうか確認しておきましょう。調整は角度・前後位置・高さを合わせます。合わないと長時間で長距離の走行時に痛みと疲労が出てしまいます。

 

自転車に乗るポジションで大切なのは、カラダと接触する部分です。そこはサドル、ハンドル、ペダルになってきます。そこは外さずにチェックしておいてください。

 

そして、サドル幅に関しては坐骨幅の2倍を目安にしましょう。坐骨幅と合わせサドルを変更して選択するのがベストです。

痩せ型とふっくら型

測定するのが難しいという方には、自分の体型を基準として選ぶのがいいでしょう。痩せ型の方には幅が狭いロードバイク用サドルを選ぶと体型にフィットしてきます。

 

逆に、ふっくら体型の方には幅が広いロードバイク用サドルを選ぶようにしましょう。ざっくりな考え方ですが、オーソドックスに決めた方がフィットしやすく扱いやすいです。

ディテールで選ぶ

細かい部分にどれだけこだわるかでも走行性能やデザイン性能が変わってきます。まず最初はデザインからという方もいるはずです。しっかりと選びましょう。

穴あきタイプ

穴あきタイプのロードバイク用サドルは、空間を設け、尿道や前立腺への負担を軽減させることができるようになります。ハードな走行が想定されるロードバイクで股間部分への負担も大きくなることが予想されます。そこを最小限にとどめてくれるのは、大きいです。

 

また、穴あき空間が空気の通り道を確保してくれて、通気性を高めてくれて、ムレを防いでくれます。汗は走行し続けていれば止まることなく流れ続けるためムレも気になるポイントですので、走行時に役立ちます。

 

しかしながら、その分坐骨や恥骨への負担を大きく与えてしまいます。股間以外に痛みが出てくる可能性があります。痛めてる部分が坐骨部分に面していた場合には注意しましょう。

滑り止め機能付き

ライディングを向上させるのに一役買ってくれるのが滑り止め機能付きタイプです。お尻のフィット感が増します。これにより前後にずれにくくなるため、力をストレートに伝えることができます。

 

特に天候が悪い日には、お尻も滑りやすいので安定した走行を手助けしてくれます。また、初心者にもおすすめで、より安全で快適な走行が実現できるようになります。

 

デメリット面としては、接触する部分の摩擦抵抗が大きくなり、パンツへの負担も大きくなってしまいます。パンツの生地も強いものを選ぶようにしましょう。

カラーで選ぶ

カラーもロードバイク用サドルを購入する上で大切にしたいポイントです。それはデザインのバランスを考えたいからです。特にロードバイクのブランドとサドルは同ブランドで統一した方が見映えをよくします。

 

ただ、お尻の痛みを和らげたいためにロードバイク用購入を検討しているのであるなら、性能の良いサドルを選ぶようにしましょう。それでも各メーカーから多デザインが揃っているので、きっとお気に召すロードバイク用サドルが見つかるはずです。

 

また、ブラックカラーだとどんなロードバイクとも相性がいいので、そういった無難なカラーで性能面にこだわるのも1つです。

ロードバイク用サドルのおすすめランキング10選

第10位

フィジーク

ARIONE R3 kiumレール for スネーク

価格:12,897円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライダーのパフォーマンスを引き上げるサドル

こちらのARIONE R3の特徴は柔軟性が高く、様々なポジションにおいても力を最大限まで引き伸ばすことを可能とします。カットアウト形状で高度な技術、審美性を兼ね備えています。フラットな座面で前後位置の距離が長いので調整幅も広くとれています。

 

耐腐食性の高い軽量k:iumレールが特徴の機種です。美しさと耐久性を兼ね備えるマイクロテックスカバー下にあるコンフォートコアフォーム層は快適性を高めてくれます

シチュエーション長距離クッション性
ディテール
第9位

ブルックス

B17 STANDARD サドル

価格:10,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本革のロードバイク用サドル

ブルックスは創業140年を迎える会社で、そこから販売される本革製品です。大人の雰囲気を醸し出すのに適しているサドルといってもいいでしょう。高級なクロモリ素材のロードバイクには美しいサドルが非常に合うものです。上品な乗り方をしたい方におすすめします。

 

本革なので、お尻が馴染むまでに時間がかかるかと思いますが、馴染んでくるまで時間がかかってもその後に、やってくるフィット感は素晴らしいものになります。

シチュエーション短距離クッション性
ディテール
第8位

SELLE ITALIA

SP-01 KIT CARBON C/K

価格:32,543円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

振動を吸収してくれるロードバイク用サドル

セライタリアという会社は116年にも及ぶ歴史をもつイタリアメーカーです。ロードバイク用のサドルだけでなく、トライアスロンやオフロードなどの種目で使用するサドルを製造しています。

 

種類は6種類から選ぶことができて、座骨幅によるS、Lの2種類と骨盤の傾きによる1、2、3種類から選べます。自分に適したサドルが見つかるはずです。特にSP-01はサドル後方がパッカリと割れるような形状でサスペンション効果のように振動を吸収してくれます。

シチュエーション長距離クッション性
ディテール穴あきタイプ
第7位

GORIX

コンフォートサドル ロードバイク

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラー豊富なローコストモデル

ゴリックスというメーカーは自転車のパーツや道具などを手広く扱っています。そこから販売されるGX-C19は厚手で穴あきタイプのコンフォートタイプのサドルになります。クッション性は高く、お尻の痛みを抑える点に重点をおいたモデルです。

 

多彩なバリエーションカラーなのも魅力で、全24色もあってマイロードバイクのデザインに合わせた選び方ができますね。価格も手頃なのも魅力。ロードバイクの他にもミニベロやマウンテンバイクなどにも装着可能なので、他にも代用可能です。

シチュエーション乗り心地重視クッション性
ディテール穴あきタイプ
第6位

SPECIALIZED

S-WORKS TOUPE CARBON SADDLE

価格:19,332円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

米国製ロードバイクサドル

アメリカのメーカーが販売するロードバイクサドルです。スペシャライズドはMTBの量産型「スタンプジャンパー」を販売して有名になったメーカーです。現代では、ロードバイク向け製品にも力を注いでいます。

 

人間工学に基づき「Body Geometry」という技術でフィッティングパフォーマンスを向上させています。また、ポリウレタンの発砲素材にはゲルも中に含まれていて、疲労しにくいサドルを目指した製品作りを行っています。

シチュエーション長距離クッション性
ディテール穴あきタイプ
第5位

TIOGA Acentia

ジェミナスオーラ コンフォートサドル

価格:2,419円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ツーリングには最適

こちらの製品はタイオガ アセンシアという国内メーカーが販売しています。その特徴として、センターカットアウト加工が行われていることです。座面上部はもっとも負担がかかる部分です。そのセンター部分にシリコンゲルパッドが埋め込まれています

 

そのため、お尻や股間にかかる圧迫を緩和してくれます。ですので、ツーリングで1日中走行するような長距離走行する方にもおすすめします。それでいて、価格も手ごろな価格ですので手が届きやすいです。

シチュエーション長距離クッション性
ディテール
第4位

SELLE SMP

ダイナミック サドル

価格:21,050円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

乗り心地重視の方へ

SELLE SMPはイタリアのサドルメーカーとして古くから知られています。そこから販売されているダイナミック サドルは、純イタリア製であり、素材からこだわりをみせています。肉厚な座面と穴が先端まで細かくあるタイプなのを特徴とします。

 

丸みを帯びた形状は人間の鼠径部にフィットするように作られています。また、前立腺を圧迫しないよう工夫されており、負担のかかる部分を緻密に計算された設計ですので、乗り心地は非常にいいです。ただ、価格は高めの設定になっています。

シチュエーション長距離クッション性
ディテール穴あきタイプ
第3位

OUTERDO

自転車サドル コンフォート

価格:1,699円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスに◎

ロードバイクサドルの中でもコスト面を抑えた上に、クッション性の高いサドルをお探しの方にはおすすめです。そのクッション性については、レーサーパンツを履いていなくても痛みを感じにくいほどです。

 

サドルは縦を割るような窪みが入っており、尿道や股間を圧迫しにくい形状となっています。乗り心地をしっかりとサポートしてくれて高い口コミ評価を得ています。

シチュエーション乗り心地重視クッション性
ディテール穴あきタイプ、滑り止めタイプ
第2位

region

自転車 サドル

価格:1,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロングライドでも痛みを最小限に

通気性が高く、よく汗をかくような方でも蒸れにくく真空設計を取り入れています。サイド部分はカーボン調のデザインを採用したことで、弾力はあまりないにも関わらず、乗っても痛くないと評価を得ています。

 

価格は2000円以内で購入することができて、コストパフォーマンス面も高いのも魅力。柔らかすぎず硬すぎない絶妙なクッション性で、快適なロードバイク運転を可能にします。

シチュエーション短距離クッション性
ディテール
第1位

フィジーク

ALIANTE R3

価格:13,277円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

神サドルと呼ばれる一品

お尻の痛みはロードバイクに乗るとみんな経験します。そんな中で、フィジークのALIANTE R3は、これまで悩まされてきた股づれやお尻の痛みを解消する手助けになってくれます。

 

幅広モデルなのですが、シャープな印象を持たされるデザイン性は魅力的です。そして、安定感とクッション性は、まるでハンモックのような柔軟さを感じさせます。ペダリングも決して邪魔させないスマートな細身のノーズも注目するポイントです。

シチュエーション長距離クッション性×
ディテール

ロードバイク用サドルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5093336の画像

    フィジーク

  • 2
    アイテムID:5093334の画像

    region

  • 3
    アイテムID:5093332の画像

    OUTERDO

  • 4
    アイテムID:5093330の画像

    SELLE SMP

  • 5
    アイテムID:5093329の画像

    TIOGA Acentia

  • 6
    アイテムID:5093327の画像

    SPECIALIZED

  • 7
    アイテムID:5093324の画像

    GORIX

  • 8
    アイテムID:5093322の画像

    SELLE ITALIA

  • 9
    アイテムID:5093319の画像

    ブルックス

  • 10
    アイテムID:5093310の画像

    フィジーク

  • 商品名
  • ALIANTE R3
  • 自転車 サドル
  • 自転車サドル コンフォート
  • ダイナミック サドル
  • ジェミナスオーラ コンフォートサドル
  • S-WORKS TOUPE CARBON SADDLE
  • コンフォートサドル ロードバイク
  • SP-01 KIT CARBON C/K
  • B17 STANDARD サドル
  • ARIONE R3 kiumレール for スネーク
  • 特徴
  • 神サドルと呼ばれる一品
  • ロングライドでも痛みを最小限に
  • コストパフォーマンスに◎
  • 乗り心地重視の方へ
  • ツーリングには最適
  • 米国製ロードバイクサドル
  • カラー豊富なローコストモデル
  • 振動を吸収してくれるロードバイク用サドル
  • 本革のロードバイク用サドル
  • ライダーのパフォーマンスを引き上げるサドル
  • 価格
  • 13277円(税込)
  • 1180円(税込)
  • 1699円(税込)
  • 21050円(税込)
  • 2419円(税込)
  • 19332円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 32543円(税込)
  • 10480円(税込)
  • 12897円(税込)
  • シチュエーション
  • 長距離
  • 短距離
  • 乗り心地重視
  • 長距離
  • 長距離
  • 長距離
  • 乗り心地重視
  • 長距離
  • 短距離
  • 長距離
  • クッション性
  • ×
  • ディテール
  • 穴あきタイプ、滑り止めタイプ
  • 穴あきタイプ
  • 穴あきタイプ
  • 穴あきタイプ
  • 穴あきタイプ

ロードバイク用サドル交換方法

ロードバイク用サドルを購入してもそこから、取り付けがよくわからないという方も多くと思います。ここで確認しておきましょう。

交換前に行うこと

交換方法を確認する前に確認するべき点があります。お尻痛さに購入を早まり過ぎないことです。走行姿勢や乗り方を工夫することである程度は痛みの軽減につながります。例えば、立ち漕ぎを織り交ぜてみたりすると、座った状態が続かないので楽になります

 

また、自分のポジションが最適な位置にきていない可能性もあります。そういった部分に目を向けてみると、ロードバイクでのツーリングが非常に楽なものへと変わってきます。気になる方は一度、ショップへ持って行ってみてもらうのもいいかもしれません。

必要アイテム

そういった部分を確認しながらも、やはり痛みは改善せずロードバイク用サドルを必要とする場合は、サドル取り付けのために必要な道具の確認をしていきましょう。まずは六角レンチです。サドル固定のためのボルトを取り外す際に使用します。

 

ボルトもパーツにより大きさが異なるため、大きさの異なるレンチを準備しておくことも重要です。外出先でアクシデントにあっても複数のレンチがあれば対応できるので、準備しておくと安心です。

サドルの調整方法

方法としては変更する箇所によって変わりますので注意してください。まず高さを変更する場合です。高さはシートクランプのネジ部分をレンチで緩めて、自分の高さに合う部分でネジをしっかり締め固定します。

 

締めを緩めに設定してしまうと走行中に落ちる危険があるので注意が必要です。また、サドルとシートポストを固定するボルトを調整することで前後位置の変更が行えるようになります。合った位置に調整して快適な走行を実現しましょう。

サドルの交換方法

交換方法は簡単です。まずやぐらにレンチを差し込みボルトを緩めます。やぐらの上半分を回しサドルのレールをやくらから外すことができます。そして、緩めたボルトを抑えながら新しいサドルをはめていきます。

 

水平に調整しながら、しっかりと締めていきます。これで完成です。サドルは落車などで地面にたたきつけられたりして、ダメージが蓄積するものです。ですので、レールが折れたりベースが割れたりしてしまうこともあります。

 

そういった際には、走行に支障を及ぼすこともあるので早めに交換しましょう。また、劣化により、新品の時と比べてたわみで幅が出てきてしまったりするので、そういった変形量が大きく生じてきた場合には交換の時期と考えましょう。

まとめ

ロードバイク用サドルも多種類があり、どれが絶対いいとは言い切れません。なるべく自分の要望を叶えてくれるようなサドルがいいですね。サドルはロードバイクの要でもあるので、しっかり選んで快適な走行を手に入れましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ