記事ID138879のサムネイル画像

【高音質で高コスパ】ダイナミックマイクの人気おすすめランキング10選

歌い手やカバー曲などをネット上で配信することが簡単できるようになった時代。誰しもプロ歌手のような体験ができるようになりました。そこで注目され散るマイク。その中でも今回はダイナミックマイクの特性や用途などに焦点を絞って紹介していきます。

ダイナミックマイクとコンデンサーマイク

マイクにはコンデンサーマイクとダイナミックマイクの2種類が存在します。写真のようなマイクをコンデンサーマイクと言います。ここではこの2つの違いを紹介します。まずコンデンサーマイクはクリアな声を鮮明に表現してくれます。一言で言うと繊細なマイクです。細かな表現などを忠実に再現してくれます。

 

現在プロのレコーディング現場や配信者のほとんどはコンデンサーマイクを使っていると言っても過言ではないでしょう。一方でダイナミックマイクは繊細な表現には劣りますが、丈夫さとダイナミックな音への対応力からライブや生演奏などによく用いられます

 

どちらが劣っているという話ではありません。用途によって使い分けているというのが正しい見方です。ちなみにファンタム電源はコンデンサーマイクのみ使用するものなので、ダイナミックマイクには関係がありません

 

 

ダイナミックマイクの選び方

ダイナミックマイクにも細かに違いが存在しています。その違いを理解してしっかり自分の用途にあったマイクを選びましょう。

価格で選ぶ

まず知って欲しいこととしてダイナミックマイクはコンデンサーマイクに比べて安くなっているということです、その上で、ダイナミックマイクの相場を紹介します。ダイナミックの相場は性能によってもちろん上下しますが、おおよそ7~8000円前後と言えるでしょう。

 

に今回紹介するものは1万円以下で、高性能のものが多いです。しっかり探せば高性能で低価格を実現したものは多く存在します。特にダイナミックマイクに関しては。もっと音にこだわりたいと思ったら、高価格のいいマイクを選べばいいので最初は安いものからでも何の問題はありません。

指向性で選ぶ

マイクには指向性というものが存在します。これはどの方向から音を集音できるかという特性のことを言います。

単一指向性(カーディオイド)

カーディオイドマイクは正面に対して感度が高いタイプのマイクです。マイクを動かしながら利用したい場合はカーディオイド型を選ぶといいでしょう。マイクを固定せずに手で持って使うライブや演説、講演会に向いているマイクです。

スーパーカーディオイド

見た目などには変化がありませんが、カーディオイド型よりもさらに正面の音に敏感に反応するのがスーパーカーディオイド型のマイクです。音を拾う範囲が正面だという点ではカーディオイド型と同じですが、そのシビアさに違いがあります。

 

そのシビアさゆえに余計な音を拾わなくなりますマイクを固定して使うライブや、楽器の音を拾う場合などにスーパーカーディオイド型のマイクがおすすめです。またさらに範囲をシビアにしたハイパー、ウルトラ、ショットガンと単一指向性のマイクにはグレードが存在しています。自分が使うマイクの環境や状況に合わせてグレードを選ぶといいでしょう。

全指向性

全指向性は無指向マイクとも言われています。その特徴としてはマイクの360度全ての音を拾ってくれます。ピンポイントを狙うのではなく、会場全体の音を収録する場合に使えるマイクになります。スタジオの部屋鳴りや会議の収録などにおすすめのマイクになっています。

感度で選ぶ

ダイナミックマイクにおける感度とは与えられた音圧に対して生じる電気信号のことを言います。表記の仕方としては~dBV/Paと表します。感度が大きいほど、遠くでもしっかり音を拾ってくれるというように考えてくれるとわかりやすいのではないのでしょうか。

 

数値例を出すと、30dBV/Paと10dBV/Paでは前者の方が感度が高いということになります。しかし、感度が低いからといって悪質な訳ではありません。用途や使用方法によってその特徴を生かせるかで変わってくるのです。

周波数特性で選ぶ

周波数特性は集音範囲や音の高低によって感度がどう変わるかを表します。簡単にいうとマイクの個性にあたる部分です。その特性によってマイクが一定の周波数にどのように機能するか、どのような用途に向いているかが決まってきます。

 

周波数を横軸、感度を縦軸にとったグラフで周波数特性を見ていくことができます。そのグラフを使って、音と感度の関係性を見て用途を決めていきましょう。

用途で選ぶ

ダイナミックマイクも様々な使い道があります。そんな用途別に特徴をまとめて紹介します。

配信用のマイク

YouTubeなどの浸透から一般の人でも簡単にネット上に配信をできる時代になりました。そんな中、声を電波に乗せるにはマイクが必須となります。そんな配信にオススメのマイクの特徴を紹介します。

 

結論を言ってしまえば、配信用のマイクはコンデンサーマイク一択になります。しかし、ゲーム実況などでマウスのクリック音やキーボードの叩く音などが気になってしまう場合はダイナミックマイクという選択肢も出てきます。

 

自分の声をメインに実況するのであれば、単一指向性で感度が低めのものを選ぶと快適な実況や配信ができるでしょう。これは、あくまでも一例なので自分の配信スタイルに沿ったマイク選びをすることが大事になってきます。

レコーディング用のマイク

これも結論から言えば、歌をレコーディングするのであれば、低い音から繊細な音までしっかりと拾ってくれるのでコンデンサーマイクの方がおすすめとなります。ではレコーディングでダイナミックマイクを使うときはどういった時かというと、楽器の音を取る時です。

 

大きい音はコンデンサーよりもダイナミックの方が向いています。そのためバンド活動などの際に楽器の音をダイナミックマイクを通して発音させる場合に使っています。その際にはスーパーカーディオイド以上の指向性がおすすめです。また動きながら歌う人にもダイナミックマイクがおすすめです。

ライブ用のマイク

ライブ用のマイクにはダイナミックマイクがおすすめです。さらにいうと、マイクを動かしながら歌うのであればカーディオイド型がおすすめです。一方でバンドなどで他の楽器の音がガンガンになっている中で歌う場合はスーパー以上のグレードを持つカーディオイドにしましょう。

メーカーで選ぶ

人気のダイナミックマイクを輩出するメーカーをいくつか紹介します。

SHURE

初心者からプロまで対応した業界のスタンダードを確立した代表的なメーカーです。伝説的なサウンドクオリティと信頼性を提供してくれます。業界標準にされるほど安定した性能を誇るマイクを世に送り出し、マイク界のパイオニア的存在になっています。

 

レコーディング用からライブパフォーマンス用など幅広くマイクを取り扱っています。種類も豊富で人気のメーカーです。必ず自分にあったダイナミックマイクを選ぶことができるでしょう。

ベイアーダイナミック

映画館用のスピーカーを開発するために構成されたメーカーですが、それがマイクに手を伸ばし大手メーカーとなりました。様々なオーディオ機器を多数扱いボーカル用マイクなどを手がけ、プロのスタジオ機材なども取り扱っています。

 

様々な分野から結集させた確かな音への技術が搭載された高性能なマイクを展開しています。

オーディオテクニカ

ヘッドホンやイヤホンなどで有名なオーディオテクニカはもちろんマイクも取り扱っています。特徴としては高性能ながら、全体的に安価で手に入ることです。日本人にも馴染深いアーディオテクニカも人気メーカーの1つと言えるでしょう。

ダイナミックマイクの人気おすすめ商品10選

第10位

Shure Incorporated

ダイナミックマイク SM58 スイッチ無し

価格:11,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

信頼と安定のマイク

ライブパフォーマンスや音空間の想像、スタジオレコーディングなどのボーカル集音のために生み出されたボーカル用マイクです。高性能な内蔵されている球型のフィルターで風邪や行きによるポップノイズを最小限に抑えてくれます。

 

ボーカルの力強さを引き出してくれるパワフルなサウンドを生み出し、大音量や吹かれにも強くピンポイントな歌を集音してくれます。バックグラウンドのノイズを提言して、ボーカルを際立たせてくれるカーディオイド型の単一指向性を採用しています

 

耐久性の高い構造と実績のあるショックマウントシステムそしてスチールせいのメッシュグリルの採用によって激しい動きにもしっかり対応してくれます。屋内屋外問わず安定したパフォーマンスを実現します。

指向性カーディオイド感度-54.5dBV/Pa
特徴高耐久性用途ボーカル
第9位

BEHRINGER

ダイナミックマイク ボーカル

価格:2,484円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どんな時もプロクオリティ

ステージ上でもスタジオ内でも活躍してくれるプロクオリティのダイナミックマイクです。狙った音を確実に捉えるカーディオイド型の単一指向性を採用しており、ライブ中の周りのノイズや音を拾うことなくボーカルの声をしっかりと発音してくれます。

 

また50Hzから15kHzまでのフラットな周波数特性をもっていながら、中域の音を繊細かつ明確に表現してくれます。本愛にはショックマウントシステムを採用し、グリップ時のハンドリングノイズを最小限に抑えてくれます。

 

二段階のポップノイズフィルターを採用し、激しいパフォーマンスにもしっかり対応できるようになっています。

指向性カーディオイド感度
特徴ハウリング防止用途ボーカル/楽器
第8位

KC(ケーシー)

ダイナミックマイク

価格:1,296円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

様々なシーンで活躍

電源不要のダイナミックマイクです。ボーカル用としてだけでなく、レコーディングやライブの際の楽器の集音やスピーチや演説、カラオケでの使用などあらゆるシーンで活躍してくれます。丈夫で湿気に強いダイナミックタイプなので激しいライブパフォーマンスに対応してくれます。

 

マイクケーブルが付属しているので別売りのケーブルを買う必要がありません。購入してすぐ使い始めることも大きな魅力となっています。またブレスや風邪によるノイズが入り込むのを防ぐスチール製の防風対策がなされており、使いやすくなっています。

 

 

指向性単一指向性感度
特徴電源不要用途カラオケ/ボーカル
第7位

Shure Incorporated

ダイナミック ボーカルマイクロフォン

価格:6,574円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

至れり尽くせりセット

独自のマイクロホンカートリッジデザインでボーカルパフォーマンスの周波数帯域で自然でクリアなサウンドを収録することができます。さらにカーディオイド型単一指向性で音をクリアに捉え、余分なノイズをしっかりとカットします。

 

ケーブルの有無や種類を選択することもできけぶるなしも含めて3つのタイプのケーブルを選択することができます。ONOFFスイッチを本体に埋め込むことで、今まで以上に耐久力を増した形状に仕上がっています。

 

またスタンド使用時に必要となるスタンドアダプターや持ち運びの際に使用するためのポーチも同封しており、いたれりつくせりセットになっています。

 

 

指向性カーディオイド感度
特徴耐久性用途宅録/ステージ
第6位

FIFINE

ダイナミックマイク

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クリアな音を表現

亜鉛ダイキャストしたボディとグリルを採用した堅牢で湿気に強い丈夫な設計を施しています。そこには重量感と高級感もあり、手元を華やかに彩ってくれます。また高い集音性も魅力で、クリアな中高域と厚みのある低音をしっかりと表現してくれます。

 

単一指向性特有の周りのノイズをキャンセリングする機能も健在です。また高性能のポップフィルターによって破裂音を無くしてくれ、ハンドリングノイズも特有の内蔵システムにより軽減されています。

 

また同封されているマイクケーブルは無酸素銅を採用しており、音質劣化のない仕上がりになっています。二重銅編組シールドの遮蔽構造で騒音のない忠実な音声を表現します。

指向性単一指向性感度-52±3dBV/Pa
特徴高集音性用途ライブボーカル
第5位

Shure Incorporated

ダイナミック マイクロフォン

価格:10,936円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

発音主の声を明瞭に

ライブパフォーマンスやスタジオレコーディングでのボーカル使用のために生まれたダイナミックマイクです。世界水準のカーディオイド型単一指向性はしっかりノイズの中や他楽器の音の中でもボーカルの声を明瞭に表現してくれます。

 

ボーカル用に最適な応答特性を備えているので、歌やスピーチの世界的な標準サウンドを再現します。またクラブなどのDJやライブシーンでも欠かせない一品です。内蔵された高性能球型フィルターによってブレスなどのノイズにも強くなっています。

 

ハードな環境下でもしっかりと役割を果たしてくれる安心性能のダイナミックマイクに仕上がっています。

指向性カーディオイド感度-54.5dBV/P
特徴高耐久性用途ボーカル/スピーチ
第4位

Shure Incorporated

ダイナミックマイク ヘッドウォーン

価格:8,705円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型マイク式のダイナミックマイク

ダイナミック型ヘッドウォーンマイクです。ダイナミック型の小型マイクを搭載した高品質のヘッドウォーンで、カーディオイド型単一指向性を採用し、小型ながらも雑音の中でもしっかり音声を再現することができます。

 

自由に調整可能なヘッドバンドとグースネックによって、激しい動きでも問題なく扱うことができます。プレゼンテーションやエアロビクスなど音楽シーン以外でも扱える万能の小型ダイナミックマイクとなっています。

指向性カーディオイド感度-67dBV/Pa
特徴小型マイク用途プレゼンテーションなど
第3位

Ankuka

ダイナミックマイク カラオケマイク

価格:2,149円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高磁力マグネットがもたらす高音質

頑丈で高出力なダイナミックマイクです。マイクとケーブルを接続して、アンプやスピーカーやオーディオインターフェイスなどに接続するだけで扱えるので簡単に使うことができます。単一指向性によって周囲の雑音を抑え、正面の音をしっかりと拾ってくれます。

 

実用的かつ汎用性の高い4m近くのXLRケーブルが同封されており、ステージやレコーディング、テレビスタジオなどでもハンドベルとマイクとして使うことができます。またこのマイクの最大の特徴として中高域の感度をアップした音作りがあります。

 

小さな音量でも厚みのあるクリアな音声に再現してくれます。それもクリアな音質と厚みのある低音を実現する高磁力のネオジウムマグネットを使用しているからこその表現力となっています。

指向性単一指向性感度-55±1dBV/Pa
特徴ネオジウムマグネット採用用途レコーディング/TVスタジオ
第2位

Audio Technica(オーディオテクニカ)

ダイナミック型ボーカルマイクロホン

価格:2,220円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最強

地面での転がりを防ぐプロテクトリング付きで落とすことがなく安全に扱うことができます。さらにシックでおしゃれなメタリック仕上げのデザインになっています。接続機器を選ばない標準のミニプラグを2つ搭載してイアときにす。

 

耐震性や耐久性に優れたダイカストメタルグリップを採用したことで、より強固なボーカルマイクとなりました。そして何と言ってもその驚くべきところは値段設定です。3000円以下とは思えない高性能を持っています。

 

流石に高価なものに比べると性能や音質は劣りますが、この価格帯では考えられないほどの安定した実力を発揮してくれるでしょう。

指向性単一指向性感度-55dBV/Pa
特徴激安用途配信/スピーチ/ボーカル
第1位

KC(ケーシー)

ダイナミックマイク

価格:1,296円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超高質なコストパフォーマンス

ライブやレコーディングやカラオケそしてスピーチなどで活躍してくれる汎用性の高いダイナミックマイクになっています。電源不要で購入してすぐに使うことができます。さらにかなりの低価格でありながら耐久性が高く、コスパに優れています。

 

同封されたマイクケーブルをインターフェイスなどに差し込むだけで簡単に使い始めることができるので初心者でも安心して接続することができます。互換性などを考えることなくすぐに使えることは非常に楽なことです。

指向性単一指向性感度
特徴超激安用途レコーディング/カラオケ

ダイナミックマイクの人気商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5088456の画像

    KC(ケーシー)

  • 2
    アイテムID:5088448の画像

    Audio Technica(オーディオテクニカ)

  • 3
    アイテムID:5088439の画像

    Ankuka

  • 4
    アイテムID:5088398の画像

    Shure Incorporated

  • 5
    アイテムID:5088381の画像

    Shure Incorporated

  • 6
    アイテムID:5088367の画像

    FIFINE

  • 7
    アイテムID:5088351の画像

    Shure Incorporated

  • 8
    アイテムID:5088350の画像

    KC(ケーシー)

  • 9
    アイテムID:5088255の画像

    BEHRINGER

  • 10
    アイテムID:5088247の画像

    Shure Incorporated

  • 商品名
  • ダイナミックマイク
  • ダイナミック型ボーカルマイクロホン
  • ダイナミックマイク カラオケマイク
  • ダイナミックマイク ヘッドウォーン
  • ダイナミック マイクロフォン
  • ダイナミックマイク
  • ダイナミック ボーカルマイクロフォン
  • ダイナミックマイク
  • ダイナミックマイク ボーカル
  • ダイナミックマイク SM58 スイッチ無し
  • 特徴
  • 超高質なコストパフォーマンス
  • コスパ最強
  • 高磁力マグネットがもたらす高音質
  • 小型マイク式のダイナミックマイク
  • 発音主の声を明瞭に
  • クリアな音を表現
  • 至れり尽くせりセット
  • 様々なシーンで活躍
  • どんな時もプロクオリティ
  • 信頼と安定のマイク
  • 価格
  • 1296円(税込)
  • 2220円(税込)
  • 2149円(税込)
  • 8705円(税込)
  • 10936円(税込)
  • 2999円(税込)
  • 6574円(税込)
  • 1296円(税込)
  • 2484円(税込)
  • 11500円(税込)
  • 指向性
  • 単一指向性
  • 単一指向性
  • 単一指向性
  • カーディオイド
  • カーディオイド
  • 単一指向性
  • カーディオイド
  • 単一指向性
  • カーディオイド
  • カーディオイド
  • 感度
  • -55dBV/Pa
  • -55±1dBV/Pa
  • -67dBV/Pa
  • -54.5dBV/P
  • -52±3dBV/Pa
  • -54.5dBV/Pa
  • 特徴
  • 超激安
  • 激安
  • ネオジウムマグネット採用
  • 小型マイク
  • 高耐久性
  • 高集音性
  • 耐久性
  • 電源不要
  • ハウリング防止
  • 高耐久性
  • 用途
  • レコーディング/カラオケ
  • 配信/スピーチ/ボーカル
  • レコーディング/TVスタジオ
  • プレゼンテーションなど
  • ボーカル/スピーチ
  • ライブボーカル
  • 宅録/ステージ
  • カラオケ/ボーカル
  • ボーカル/楽器
  • ボーカル

ダイナミックマイクの使い方と相性のいいアイテム

いざダイナミックマイクを使おうと思っても、何をしていいのかわからない人のために使い方とあったら助かる相性のいいアイテムを紹介します。

ダイナミックマイクの使い方

ダイナミックマイクの正しい使い方を紹介します。まずマイクの持つ角度です。持つ角度はヘッドの部分とお尻の部分をなるべく水平にするように持つとしっかり声を拾ってくれるでしょう。次に持ち方です。マイクの中央部分を握りましょう。ヘッドだと音がこもってし舞います。

 

3つ目のポイントは口との距離感です。基本的にマイクのヘッドに出来るだけ近づけることがダイナミックマイクにとっては良いです。近すぎるとブレスの音などのポップノイズが気になってしまいますが、それを防止してくれるアイテムを次に紹介していきます。

ポップガード

これはマイクに吹きかけられるブレスのノイズを防止するためのアイテムです。これは高感度のマイクほど必要になります。これがあるだけで、気になるボフッというノイズや鼻息などのノイズを軽減や音割れを軽減することができるようになるのです。

 

ダイナミックマイクであれば、マイク部分に直接つけるタイプのポップガードもあるので目的や使いやすさに応じて選ぶことができます。プロの現場では必ず見かけますし、音質にこだわるのであれば必須級のアイテムと言えるでしょう。

マイクスタンド

マイクを設置して固定するためのスタンドです。ゲーム配信などをする人であれば必ず必要になるでしょう。マイクを手で持つ必要がなくなるので手を滑らせてマイクを落とす危険性も無くなります。

 

また初めからポップガードが付いているスタンドもあるので用途に応じて選ぶといいでしょう。さらに高さも色々あります。机に設置するタイプや机に置くタイプ、床に置くロングタイプなどサイズ感も重要になってきます。

まとめ

今回はダイナミックマイクについて紹介しました。現在流行している配信などではあまり使われていない傾向にあるダイナミックマイクですが、バンドなどのライブやコンサートなどでは現役で使われています。ダイナミックマイクも様々な用途で使うことができるのでしっかり自分の目的にあったものを選びましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ