記事ID138877のサムネイル画像

【今年の冬こそ楽しもう!】スキー板のおすすめ人気ランキング10選

スキー板はスキーを楽しむために必要不可欠なアイテムです。スキー板はタイプや長さ、板のの柔らかさなどを確認することで自分に合うスキー板を選ぶことができます。今回はそんなスキー板の人気おすすめ商品をランキング形式で10選紹介します。

自分に合ったスキー板を見つけて楽しむ

冬のスポーツと言えば何を思い浮かべますでしょうか?スキーは人気の高いウインタースポーツです。スキーは幅広い世代に人気があります。

 

ですが、スキーを始めようと思っても何からあ始めれば良いのか分からないと思います。スキーを始めるうえで一番大事なのがスキー板です。

 

スキー板とは足に装着する平らで長い板で、これを装着することによって雪上を滑らかに滑ることができます。

 

最近のスキー板はいろんな種類のものが増えており、スキー板を購入する時はしっかりと自分がどのようなスキー板が欲しいのかを確認して購入するのがおすすめです。

スキー板の選び方

スキー板の購入を検討している人はまず初めにどのような基準で選べば良いのか戸惑うでしょう。そこでスキー板の選び方について紹介します。

 

スキー板にはいろんな種類があることはもちろんのこと、長さなども違います。しっかり確認して購入することがとても大事です。

 

男性におすすめの長さや女性におすすめの長さなどもあるため、「長さ」「重さ」もスキー板を選ぶうえではとても重要なことです。

種類で選ぶ

スキー板にはいろんな種類のものがあり、その種類によって特徴なども変わってきますのでしっかり確認しましょう。

 

例えば、楽しく滑りたいのであれば「オールラウンドスキー」を選ぶように、自分がどのように滑りたいかによって選ぶタイプが違います。

オールラウンドスキー

圧雪したグレンデを滑るのを楽しむためのモデルが「オールラウンドスキー」になっています。オールラウンドスキータイプのスキー板のセンター幅は基本70~90mmです。

 

傾斜面の緩いグレンデから急斜面のグレンデで使えるのが特徴です。それから、メリットは安定性が高くターンの切り替えがしやすい点です。

 

オールラウンドスキータイプのスキー板はスキー初心者、中級者の人におすすめです。また、目的がレジャースキーの人にもおすすめのタイプになってます。

オールマウンテンスキー

圧雪したグレンデから新雪のように未圧雪のグレンデ、アイスバーン、パウダースノーなどどのような雪質でも幅広く活躍することのできるモデルが「オールマウンテンスキー」になっています。

 

オールマウンテンスキータイプのスキー板は板が沈まないように作られているためセンター幅が90~130mmで広くなっているのが特徴です。

 

雨などで状態が悪くなってしまったグレンデでも比較的使いやすいのがオールマウンテンスキータイプのスキー板です。このタイプのスキー板は多シーズンで使用できるのがメリットです。

レーシングスキー

スキー種目に使用する種目用モデルが「レーシングスキー」になっています。レーシングスキーは「競技スキー」「アルペンスキー」とも呼ばれます。

 

レーシングスキータイプのスキー板のセンター幅は基本65~70mmです。それから、ねじれ強度に優れているのが特徴で滑走面の両端が雪面に接触することができます。

 

また、センター幅が狭く作られているためターンの切り替えの速度を上げることを可能にしています。トップやテールが反り返っているのもレーシングスキータイプならではの特徴です。

フリーライドスキー

スピードを競う競技ではなく、ビッグエアのような技を競うスポーツで使用するモデルが「フリーライドスキー」になっています。

 

フリーライドスキータイプのスキー板はテール側から着地することにも対応できるのが特徴です。そのため、前後に反りがある作りになっています。

 

ウエスト幅は100mm前後の幅のものが人気です。100mm前後のウエスト幅のスキー板は操作性もとても良いのがメリットです。

長さで選ぶ

スキー板にはいろんな長さのものがあります。目的によっておすすめするスキー板の長さは変わってきますのでしっかり確認する必要があります。

 

まず、スキー板のおすすめの長さは男性と女性によって分かれます。男性であれば160~175cmの長さのスキー板がおすすめで、女性であれば145~16cmの長さのスキー板がおすすめです。

 

それから、初心者の人には少々短めに作られたスキー板を選ぶのがおすすめです。少々短めのスキー板は操作性に優れていますので初めてでも比較的扱いやすいでしょう。

 

ですが、短すぎるスキー板を選んでしまうとエッジ面積に大きな負担がかかるため走りが悪くなりますので注意しましょう。また、膝への負担もかかってしまいます。

スリーサイズで選ぶ

スキー板には「スリーサイズ」というものがあります。スキー板の前部、中央部、後部の幅のことをスリーサイズと言います。

 

このスリーサイズの長さにより、雪の上で滑るうえでの滑り心地が変わってきますので確認してスキー板を選ぶことがとても重要です。

 

スキー板の前部と後部をしっかり確認しましょう。スキー板の前部と後部が細く作られているスキー板の方が操作性に優れています。

 

それから、スキー板の中央部は広い方が沈みにくいので、安定して雪の上を滑ることができます。

サイドカーブで選ぶ

スキー板には「サイドカーブ」というものがあります。スキー板の側面のカーブのことをサイドカーブと言います。

 

このサイドカーブはスキー板のスペックのところに表示してますので、購入する前にしっかり確認しましょう。

 

このサイドカーブの数値が大きければ大きいほど大回りのターンに適しているのが特徴で、数値が小さければ小さいほど小回りのターンに適しているのが特徴になっています。

 

ですが、ターンの適正はサイドカーブだけで判断することはできません。スキー板の長さなども関係してきます。そのため、サイドカーブと長さのバランスなどをしっかり考えて選ぶようにしましょう。

板の柔らかさで選ぶ

スキー板の柔らかさは様々です。スキー板を選ぶ際にスキー板の柔らかさを確認することはとても大切です。スキー板の柔らかさのことは「フレックス」と言います。

 

スキー板が柔らかめであれば、操作した時の感覚を掴みやすいため上達するのに繋がりやすいです。そのため、初心者の人は少しでも柔らかめのスキー板を選ぶのをおすすめします。

 

 

重さで選ぶ

スキー板にはいろんな重さのスキー板があり、スキー板の重さによって特徴など変わってきますのでしっかり確認しましょう。軽いスキー板の方が使いやすいと感じるかもしれませんがそういうわけでもありません。

 

軽いスキー板のメリットは高い操作性です。ですが、その分ハイスピード時の安定感が低いのがデメリットになっています。

 

そのため、スピードの速さを求める人は安定感の高いスキー板がおすすめです。また、初心者の人は操作性の高い軽いスキー板がおすすめです。

メーカーで選ぶ

スキー板にはいろんなメーカーのものがあります。メーカーによってスキー板の特徴も違いますのでおすすめのメーカーを紹介します。

SALOMON

1947年に創業したフランスのスポーツメーカーが「SALOMON」です。サロモンは1962年に日本やアメリカへの輸出を初めています。

 

1972年には世界トップクラスにまで登りつめたメーカーです。それから、ブーツやスキーを世界で初めて販売したメーカーとして知られています。

OGASAKA

1912年に創業した国内のスキーメーカーが「OGASAKA」です。オガサカは長野県で創業されたメーカーで1919年にはオリンピックなどの大会などで使用されたメーカーになっています。

 

オガサカは数多くの素材を開発しており、足元のグリップ力から推進力を上げる強化材のゼロテンションカーボンなどを開発しています。中級者向けのスノーボードをリリースしているのが特徴です。

 

オガサカは「NOVEMBER」、「SCOOTER」などのブランドを傘下に持っている大手メーカーです。

ROSSIGNOL

拠点をフランスのイゼールに置くスノーボード・スキーメーカーが「ROSSIGNOL」です。1960年にはオリンピックでロシニョールのスキー板を使用した選手が金メダルを獲得してます。

 

それから、1961年にはフランスの政府がロシニョールを公式用品として許可したためルースターマークの使用が許可されています。

 

日本では1964年に販売が開始されています。1998年には長野オリンピックによりロシニョールのスキー板を使用した岡部選手や原田選手が金メダルを受賞しました。ロシニョールは日本でも人気の高いメーカーです。

K2

1962年に創設されたアメリカのスポーツブランドが「K2」です。ケーツーは現在Jarden Corporationの傘下のため「K2 Sports」というブランドになり、スキー板などを扱っています。

 

1984年にはケーツーのスキー板をオリンピックで使用した選手が金メダル、銀メダルを獲得しています。その時期から知名度が上がったブランドです。

 

ケーツーのはコスパの良いスキー板を取り扱っていますので、高品質でコスパにも優れたスキー板を求めている人にはおすすめです。

スキー板の人気ランキング10選

第10位

FISCHER(フィッシャー)

スキー板

価格:99,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

攻める滑りが可能

こちらのスキー板は一般のゲレンデでのギリギリに攻めた滑りを可能にするフィッシャーのスキー板になっています。

 

フィッシャーのスキー板は日本の競技スキー界で、ノルディックだけでなくアルペンでも最も人気の高いメーカーです。

形状キャンバーロッカー長さ164㎝
第9位

SALOMON

スキー板

価格:38,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カービング技術向上

こちらのスキー板は「パワーラインマグネシウム」が採用されたサロモンのスキー板になっています。

 

パワーラインマグネシウムが採用されているため様々な斜面でスムーズなターンをすることができるのが嬉しい点です。

 

カービング技術を上げたい人に最適なスキー板ですので、カービング技術が上がるスキー板を求めている人におすすめです。

形状カーブロッカー長さ162㎝
第8位

DYNASTAR

スキー板

価格:29,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性が乗りやすい

こちらのスキー板は女性の身体のつくりを考慮して作られたスキー板になっています。そのため、女性でも乗りやすいのが特徴です。

 

雪の上を滑る際にコントロールしやすいというメリットがあり、初心者でも扱いやすいスキー板です。

 

女性が扱いやすいように仕上げられたスキー板になっていますので、女性の人にとてもおすすめです。

形状チップロッカー長さ148~163㎝
第7位

VOLKL(フォルクル)

PLATINUMスキー板

価格:109,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コントロールしやすい

こちらのスキー板はエッジコントロールをしやすいのが特徴のフォルクルのスキー板になっています。そのため、エッジコントロールしやすいものを求めている人におすすめです。

 

スキーの滑りに慣れてくると楽しむためにスピードを出したくなるでしょう。ですが、スピードを上げるとエッジコントロールがしにくくなってしまいます。

 

スキー板自体の柔らかさは柔らかめですので初心者から中級者まで幅広くおすすめできるスキー板です。長く乗り続けたい人におすすめになってます。

 

形状チップロッカー長さ155~165㎝
第6位

オガサカ(OGASAKA)

スキー板

価格:122,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定した滑り

こちらのスキー板は独自の「ツインキール構造」が採用されたオガサカのスキー板になっています。

 

エッジグリップが良くて常に安定して雪の上を滑ることができます。それから、力をトップとテールにしっかりと伝えることができますので良い滑りを可能にします。

 

雪質などを選ばないオールラウンドのスキー板を求めている人におすすめのスキー板になっています。

形状ツインキール長さ155~170㎝
第5位

SALOMON(サロモン)

S/RACE RUSH スキー板

価格:84,240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

思い通りのラインを描く

こちらのスキー板は「EDGE AMPLIFIERテクノロジー」が採用されたサロモンによるスキー板になります。

 

グリップ力が高いのが特徴で思い通りに滑ることができるのが魅力になっています。EDGE AMPLIFIERテクノロジーが採用されているためパワーを効率よくエッジに伝えることができます。

 

スキーチップはコンパクトなためエッジ接触を長くして、コーナリングも簡単にすることができます。

形状コンパクトチップ長さ165㎝
第4位

ROSSIGNOL

スキー板

価格:27,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

制御しやすい

こちらのスキー板は板の方に力が伝わりやすいのが特徴のロシニョールのスキー板になっています。自由にターンするためには板に力がしっかり伝わるのが大事です。

 

そのため、ターンするのが苦手な人におすすめのスキー板です。こちらのスキー板を使用することで簡単にターンを行うことができます。

 

また、滑りを制御するのにも優れているのも嬉しい点です。初心者の人がスキーを楽しむためにおすすめです。

形状キャンバーロッカー長さ149~177㎝
第3位

ATOMIC

スキー板 ビンディングセット

価格:49,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ターンの感覚が掴みやすい

こちらのスキー板は柔らかいの特徴で滑りながら感覚を掴みやすいアトミックのスキー板になっています。

 

ターンする感覚が掴みやすいスキー板です。そのため、特に初心者にとってはターンする感覚が掴みやすく感じるでしょう。

 

それから、重さが軽いのも嬉しい点です。格好良いデザインで使いやすいスキー板を求める人におすすめです。

形状キャンバーロッカー長さ165㎝
第2位

SWALLOW(スワロー)

スキー5点セット

価格:34,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ターンが楽しくなる

こちらのスキー板はこれからスキーを始めたいと思っている人におすすめのスワローのスキー板になっています。スワローは高品質なスキー板を販売してるのが特徴の国産メーカーです。

 

操作性が高いスキー板でキャンバーロッカー仕様になっており、初心者の人でも快適にターンをすることができます。

 

キャンバーロッカー仕様というのは一般的なキャンバー設計のものにロッカーを加えた仕様になります。

形状キャンバーロッカー長さ142㎝
第1位

ROSSIGNOL(ロシニョール)

スキー4点セット

価格:31,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で操作しやすい

こちらのスキー板はロシニョール独自の「プロップテックエアーチップテクノロジー」が採用されたロシニョールのスキー板になります。

 

ロシニョール独自のプロップテックエアーチップテクノロジーが採用されているため、操作性を上げています。そのため、楽しく滑りたい人におすすめのスキー板です。

 

スキー板の重さもとても軽いので、スキー板を運ぶのにも苦労しません。また、ずっと滑り続けても疲れにくいためたくさんの練習をしたい人や初心者の人にもおすすめのスキー板になっています。

形状キャンバー長さ149㎝

スキー板のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5087188の画像

    ROSSIGNOL(ロシニョール)

  • 2
    アイテムID:5087189の画像

    SWALLOW(スワロー)

  • 3
    アイテムID:5087190の画像

    ATOMIC

  • 4
    アイテムID:5087191の画像

    ROSSIGNOL

  • 5
    アイテムID:5087192の画像

    SALOMON(サロモン)

  • 6
    アイテムID:5087193の画像

    オガサカ(OGASAKA)

  • 7
    アイテムID:5087194の画像

    VOLKL(フォルクル)

  • 8
    アイテムID:5087195の画像

    DYNASTAR

  • 9
    アイテムID:5087196の画像

    SALOMON

  • 10
    アイテムID:5087197の画像

    FISCHER(フィッシャー)

  • 商品名
  • スキー4点セット
  • スキー5点セット
  • スキー板 ビンディングセット
  • スキー板
  • S/RACE RUSH スキー板
  • スキー板
  • PLATINUMスキー板
  • スキー板
  • スキー板
  • スキー板
  • 特徴
  • 軽量で操作しやすい
  • ターンが楽しくなる
  • ターンの感覚が掴みやすい
  • 制御しやすい
  • 思い通りのラインを描く
  • 安定した滑り
  • コントロールしやすい
  • 女性が乗りやすい
  • カービング技術向上
  • 攻める滑りが可能
  • 価格
  • 31800円(税込)
  • 34600円(税込)
  • 49990円(税込)
  • 27800円(税込)
  • 84240円(税込)
  • 122400円(税込)
  • 109000円(税込)
  • 29990円(税込)
  • 38000円(税込)
  • 99800円(税込)
  • 形状
  • キャンバー
  • キャンバーロッカー
  • キャンバーロッカー
  • キャンバーロッカー
  • コンパクトチップ
  • ツインキール
  • チップロッカー
  • チップロッカー
  • カーブロッカー
  • キャンバーロッカー
  • 長さ
  • 149㎝
  • 142㎝
  • 165㎝
  • 149~177㎝
  • 165㎝
  • 155~170㎝
  • 155~165㎝
  • 148~163㎝
  • 162㎝
  • 164㎝

正しく保管して長持ちさせよう

スキー板には正しい保管方法があります。それから、保管方法だけでなくメンテナンスにも正しい方法があります。

スキー板の手入れ方法

スキー板には正しい手入れ方法がありますので、しっかりと正しい保管方法とメンテナンス方法を確認することが大切です。

管理方法

スキー板を保管する際には綺麗な状態にして保管しましょう。滑走面の汚れやエッジのサビなどはしっかりと落としてから保管するようにすると良いでしょう。

 

それから、固形ワックスを使用して保護するのもおすすめです。また、スプレータイプのワックスを使用しても良いでしょう。

 

ケースに入れて保管してスキー板を守って、汚れないように気をつけましょう。高温の場所や多湿の場所だけは避けるようにしましょう。

メンテナンス方法

スキー板の古くなったワックス、汚れなどを落としたい時は専用のブラシを使用して擦るようにして落としましょう。

 

擦って汚れを落とした後に専用の研磨剤でフラットに面を仕上げます。その後、ウェットシートで拭き取って余分な汚れなどが残らないようにするのが大切です。

 

エッジのメンテナンスをする際には基本的にシャープナーと呼ばれる研磨機でサビの除去をしましょう。

まとめ

今回スキー板のおすすめランキング10選を紹介しましたがいかがだったでしょうか。スキー板にはいろんなタイプのものがあり、タイプによって特徴なども変わってきますのでしっかり確認して自分にあったスキー板を見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ