記事ID138831のサムネイル画像

【2019年最新モデル】血糖測定器おすすめ人気ランキング10選

糖尿病が近年増加傾向にあるため自宅で血糖測定器を使って値を確認する方が増えています。血糖測定器も最近はセンサーがあったり針無しで採血できたり様々です。そこで今回は、自宅自分で簡単に測定できるおすすの血糖測定器をご紹介いたします。

保険適用の血糖測定器とは?

自身の血糖値の測定補法は、病院の検査で測定する場合と自宅で自己血糖測定する場合がありますが、一般的に自宅でできる血糖測定器はその人の糖尿病治療があるかないかによって保険適用の有無があります。

 

自宅で自己血糖測定する時は糖尿病予防の目的のために行う場合と既にインスリン治療を受けている糖尿病患者が定期的に管理するために行う場合があります。医療費控除になるのはインスリン治療を受けている方が自己血糖測定を行う場合です

 

リプレなど14日間持続的に血糖値を測定するものや針が無く指先を装置に入れて測定できるKETTなどの血糖測定器が販売されていますが、インスリン治療をしている方は測定器の購入代、穿刺針、試験紙、消毒綿の費用全てが保険適用になります。

 

 

血糖測定器の選び方

血糖測定器は様々なタイプがあり自分の血液を採取するのでなるべく簡便で痛みが少ないタイプを選択しましょう。

測定器のタイプで選ぶ

血糖測定器は針で血液を出してセンサーで測定するタイプがほとんどですが、最近は針をしようしないタイプも発売してきましたので比べてみましょう。

針を刺して測るタイプ

一般的な自己血糖測定器は穿刺という針を指先または手のひらの脇に刺して血液を出してセンサーに血液をつけるいわゆる穿刺吸引して血糖値を測定する血糖測定器がほとんです。各メーカーから様々な血糖測定器が製品化しています。

 

最近は、使用する人の負担を少なくるように測定時間が短いものや検体量が微量な血液で測定できる血糖測定器が増えています。穿刺針も27G~31Gまで様々各メーカーから発売しているので痛みが軽減できる太さを選択するといいでしょう。

 

穿刺吸引は最初は自分の皮膚に針を刺すので怖い感じになりますが慣れてくるとすんなり穿刺吸引することができるので使い始めの方は痛みが軽減できる針の太さと使いやすい作業工程の少ない血糖測定器を選ぶことをおすすめします。

 

針を使用しないタイプ

穿刺器具を使用しない血糖測定器は皮下に挿入したセンサーで間質液中のグルコース濃度を連続して測定してリーダーでスキャンすることで連続測定したグルコース濃度の変動パターンを表示することができます。

 

糖尿病管理において、合併症の予防が重要で良好なグルコースコントロールが必要で高血糖、低血糖の発言時間の短縮や日々の生活での血糖変動を抑えることが重要です。連続測定するとグルコースコントロールに必要な情報を提供してくれます。

 

更に既にインスリン治療をしている糖尿病患者の方は条件付きで保険適用になっているのでかかりつけの医療機関に相談するといいでしょう。

メーカーで選ぶ

製造メーカーは色々ありますが、日本やアメリカ、EUの厚生労働省から許可を受けている血糖測定器なら問題ありません。特に血糖測定器の承認基準が世界で一番厳しいEUで販売実績があるメーカーなら安心でしょう。

テルモ

テルモ。このメーカーはご存じの方も多いと思います。医療機器の製造、販売において国内最大手、医薬品製造メーカーでもあります。世界初の人工肺や日本初の各種使い切り医療機器など世界160カ国以上に提供しています。

 

カテーテルや人工肺装置など心臓、血管領域の商品では世界で高いシェアを持っています。一般向けの商品は体温計や血圧計、尿検査試験紙などが有名で体温計は日本でシェア2位の高いシェアを誇っています。

 

血糖測定器はメディセーフシリーズが医療機関では知られており、ほとんどの医療機関で使用している血糖測定器です。メディセーフシリーズは年々改良してより使いやすく迅速な判定ができるよう進化しています。

 

 

アボットジャパン

アボットジャパンは医療現場で多角的分野の事業を行っており粉ミルクなどの栄養剤分野や高度な医療機器を開発している医療機器分野、血液検査や診断、観察するために必要な診断薬、診断キット。医療用医薬品など様々な医療分野に精通しています。

 

血糖測定器は診断薬、診断キット分野の製品で多くの血糖測定器を開発しています。最近では、穿刺器具を使用しない画期的な血糖測定器フリースタイルリブレを日本で初めて発売しとても話題になりました。

 

インフルエンザ判定キットや尿検査、血液検査キットなど幅広い検査キットを販売しており、血液検査キット中で血糖測定器はアボットジャパンでも得意分野の検査キットになりますのでおすすできるメーカーです、

アークレイ

アークレイは医療現場の中で臨床検査機器を製造販売している会社です。血液検査で迅速に分析判定して測定する糖尿病検査、尿検査システム、など臨床現場で使用される検査装置と体外診断用医薬品を扱っています。

 

医療現場で使用されている血液検査装置は測定精度は高く検査装置の開発も国立がん研究センターや多くの病院や大学病院で採用されているので信頼性は高いメーカーの一つになっています。

 

血糖測定器も血液検査装置の技術を生かして高い検査精度を誇り簡便な操作方法で作業工程を短縮することができているので自宅で自己血糖測定を行う場合に信頼できる測定結果を得ることができます。

ニプロ

ニプロは医療分野で使用する多様な商品を医療現場に提供しています。透析機器や人工臓器、医薬品、などガラス製品やプラスチックの容器材料を扱い様々な医療関連の商品を提供しています。

 

その中でガラスや医療機器、医薬品およびプラスチックの容器材料の強みを生かして、医療機関で使用している注射器や点滴用のチューブ、採血管、自己血糖測定器などのキット製品も発売しています。

 

長年医療機関に提供してきた医療現場のニーズに応えてきたノウハウを生かして一般の人が使用する際に使いやすく痛みを軽減した血糖測定器を開発していますので安心して選択の一つとして考えてみるといいでしょう。

機能で選ぶ

血糖測定器の中には様々な機能が付いているものがあります。血糖測定器を選ぶ時に付加価値としてどうゆうものがあるのか選択の一つとして参考にしてください。

充電式か乾電池式か

自己血糖測定器は電気で作動します。仕様としては現在は、電池式の血糖測定器と充電式の血糖測定器の2種類あります。どちらの仕様の血糖測定器にするかは自分がどのような時に使用するかによって選ぶ必要があります。

 

電池式の血糖測定器は旅行やお出かけする外出時に血糖測定しなければならない場合に適しています。また、災害時や停電した場合でも電池式の血糖測定器であれば継続して血糖値を使用できます。

 

充電式の血糖測定器は電池式の血糖測定器のように電池容量が減り電池交換をする必要が無いのでパソコンや電源から継続して充電できるので家庭で使用する血糖測定器としてはおすすめです。

針の太さ

血糖測定器は穿刺吸引するために穿刺器具が付属しています。穿刺の針の太さは27G~31Gまであります。数字が大きくなるほど針の太さが細くなるので付属している穿刺器具の太さを選ぶ際に参考にしてください。

 

穿刺器具の針の長さは短いですが針の太さによって穿刺吸引時の痛みの出方が違います。太いと痛みを感じることが増えるので、痛みを軽減したい方は細い穿刺器具を選ぶと痛みを軽減することができるでしょう。

 

しかし、穿刺器具の太さが細ければそれだけ血液量が少ないのでうまく穿刺吸引ができず何回も穿刺吸引をしなければならない時があります。太いとしっかり血液を出せるので穿刺吸引が一回で済むのでどちらを選ぶかは検討してください。

画面や文字の大きさ

血糖測定器の機能のなかで大切なのは、使用する方がしっかり測定結果を把握することです。測定結果がはっきり確認できるような血糖測定器があると安心して血糖値を測定することができます。

 

測定値の文字が大きく、表示される画面が大きいならばより判定結果ば分かりやすくなるのです。特に高齢者には文字が大きく表示するすることができる血糖測定器はとても使いやすい製品になります。

 

また、視力が弱い弱視の方や糖尿病が進んで視力障害を患っている方は画面が大きく文字が大きく見えることが大切になりますのでおすすめです。

 

使用する人によって選ぶ

どんな人が使用するかによって選ぶ血糖測定器も違います。年齢や初心者、インスリン治療をしているなど自分が血糖測定器を選ぶ参考にしてください。

 

初心者

まず最初に一番不安になる操作は、指先から穿刺吸引する操作になることが多いです。自分の体に針を刺して血を出す行為はどうしても怖い行為になると思います。血糖測定器の穿刺は太さ自体は27G~31Gで一般的な注射針と同等か細い針を使用しているます。

 

長さも短いのでチクッとする程度ですが実際操作自体は怖い方が多いです。さらに、使用間もない方は痛みで穿刺吸引がうまくいかず何回も穿刺吸引を行い指先がぶつぶつになってしまいがちです。

 

お風呂から出ると指先がふやけて見た目が気持ち悪くなることもあります。初めて血糖測定器を使用する方は操作方法が分かりやすく痛みが軽減することができる血糖測定器を選択しましょう。

高齢者

高齢者が血糖測定器を使用する場合は、まず血糖測定器の操作が簡単に行うことができることが重要です。高齢者はどうしても指先の細かい作業がおっくうになってくるので指先の採血時の穿刺吸引が難しくなります。

 

また、高齢者は視力も若い頃より落ちてくるので画面も大きく表示する文字も太く大きい製品が高齢者には使いやすくなります。操作時に使用するボタンも押しやすく大きめなものがいいでしょう。

 

また、高齢者は年金生活者も多いのでチップ、センサーの単価が安い血糖測定器も重要です。血糖測定器の本体があってもチップが無いと測定できいないのでその消耗品のチップの単価が安い低コストの商品がおすすめです。

インスリン治療をしている

医療機関ですでに糖尿病診断され自宅でインスリン治療をしており自己血糖測定を行うことになる場合もあります。健康な人が通常自己血糖測定をする場合は血糖測定器を購入した費用は自己負担ですがインスリン治療をしている方は医療費控除が受けられます。

 

血糖測定器を自己負担で購入する時はコストを抑えるために別売りのチップの単価が安い物を選ぶことが多いですが医療費控除ができる方であればそれほど気にせず自己血糖測定器の選択する幅が広がります。

 

ただ、医療機関のドクターからおすすめの自己血糖測定器をすすめられることもあるのでその場合は自分で選んで血糖測定器を購入することができずらくなります。別売りのチップも医療機関の処方先の調剤薬局で購入する場合も多いです。

血糖測定器人気ランキング10選

第10位

三和化学研究所

グルテストneoアルファ

価格:6,265円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

標準的な血糖測定器

グルテストneoアルファは、カラー液晶を採用しており血糖値の高低が文字の色で判別することができます。また、エラー表示を日本語で表示しており、エラーの原因と対処法を日本語とイラストで表示しています。

 

高低の原因入力や検索グラフ表示など便利な機能を搭載しています。また、bluetooth連携機能があるのでe-SMBGと連携してアプリを起動状態にして測定すると自動的にデーターが書き込める機能も付いています。

 

ただ、この血糖測定器も他の測定器と同様にネット購入はできませんのでセンサーは調剤薬局での購入になります。調剤薬局によってはセンサーを置いていない薬局もあるので近くの調剤薬局で購入できるか確認しておいたほうが安心です。

血液量0.6㎍測定時間5.5秒
採血部位指先
第9位

JUNMIAO

血糖測定器、糖尿病テストメーターモニターキット付き

価格:3,862円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

外出時に使用

この血糖測定器は、病院や老人施設、検査センターなど幅広い医療現場で使用されています。採血量は0.6㎍と少なく痛みは軽減されています。測定器の作動は、軽いタッチで自動的に完了するので使いやすいです。

 

50本のテストストリップと50本のサンプルチューブが付属しているので開封してすぐ自己血糖測定をすることできます。アップグレードしたチップは測定値の誤差範囲は±15%以内に制御できています。

 

測定器本体の重量も軽量でコンパクトサイズなので外出先で使用する上で非常にポータブルで持ち運びに便利です。また、測定したデーターは1ケ月以上記憶されPCにも転送できるので自分の測定値を継続して管理することができます。

血液量0.6㎍測定時間5秒
採血部位指先
第8位

ジョンソンアンドジョンソン

血糖測定器 ワンタッチウルトラビュー 3点セット

価格:5,250円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

血糖値を予防的に継続的に測りたい方

ワンタッチウルトラビューは、測定結果を色で表示になってるカラー表示と日本語表示になっています。使用済みのセンサーを手に触れることなく廃棄することができるので安心できる製品です。

 

測定結果を最大150件記録することができ、自己の血糖値を継続して管理するのには便利な機能です。血糖測定器本体の価格は安い方の部類にはいるのでコスト的には助かります。しかし、センサーは別売りになっているので覚えておきましょう。また、センサーはネット購入はできないので近くの調剤薬局で購入することになります。

血液量1㎕以上測定時間5秒
採血部位指先
第7位

ニプロ

フリースタイルフリーダムライト

価格:9,029円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

採血部位が幅広い

フリースタイルフリーダムは、新しい電極の形状構造により素早い血液吸引ができます。専用電極により微量の0.3㎕の血液量で測定時間4秒と短時間での早い測定が可能になっています。

 

この新しいせんさは、マルトースやガラクトースなど通常使用される22種類の干渉物質成分の影響を抑えています。また、センサーの形状を視覚的に確認できるため初心者の方や小児、高齢者にも容易に使用できます。

 

測定器本体がコンパクトサイズなので持ち運びに便利です。採血部位は指先の他前腕、もも、上腕、手、ふくらはぎなど幅広いからだの場所で穿刺吸引ができるので指先での穿刺吸引が苦手な方にはおすすです。

 

 

血液量0.3㎕測定時間4秒
採血部位手、もも、ふくらはぎ、上腕
第6位

テルモ

メディセーフフィットスマイル 

価格:12,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者の方

メディセーフフィットスマイルは使用する方がスムーズに血糖値を測定できるようにキャップ開閉や電源オンオフなどの操作をできるだけシンプルにし、音声と画面で操作方法を案内する機能があります。

 

血糖値レベルを低~高と5段階の異なる背景色で表しているので初心者の方でも分かりやすい仕様となっています。また、過去1週間分の検査結果を血糖値レベルで5段階のグラフ表示して血糖値の推移を継続的に把握することができます。

 

病院や老人ホームなど医療現場で実際に使用されてる施設が多いので信頼性が持てます。ただ、使用しているとチップを調剤薬局で別購入しますが、価格が高めなので消耗尾品のコストがかかる点を覚えておいてください。

血液量血液を2.5mmの球状に出す測定時間
採血部位指先
第5位

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

ワンタッチベリオビュー

価格:3,870円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インスリン治療をしている方

この血糖測定器は、測定を毎日行うために大きなカラー画面で白地に黒のはっきりした文字表示で測定結果を見やすく追及しています。ワンタッチペリオセンサーで簡単で高精度な測定を可能にし、血液量を0.4㎕という微量な量で測定することができます。

 

センサーの左右どちらでも血液を付けることができます。少ない血液量で高精度の測定が可能なので使う人の負担を軽減します。測定器の形状も手になじむ握りやすい大きさと形状になっています。

 

数値だけではなく色で血糖値の状態を表示するので自分の血糖状態を分かりやすく表示しています。また、3色のグラフで直近7日間のデーターを見ることができるのでインスリン治療をしている方におすすめです。

血液量0.4㎕測定時間5秒
採血部位指先
第4位

Abbott

フリースタイルリブレリーダー(読取装置)FreeStyleLibre

価格:7,594円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

針無し血糖測定器

リブレは、間質液中グルコース濃度に関する情報を連続的に測定し、低血糖や高血糖の検出を補助します。必要に応じて血糖測定器を併用しながら糖尿病のに日常の自己管理をする場合にとても便利です。

 

穿刺吸引せず服の上から1秒で測定できます。また、センサーは耐水性で入浴中やシャワー中、水泳中も装着することが可能なので一日中装着したまま日常生活を送ることができるので非常に便利です。

 

最長14日間グルコースデーターを提供でき、長時間継続して血糖管理をすることができます。インスリン治療をしている方は保険が適応できるので医療費控除ができるのでインスリン治療をしている方にはおすすです。

血液量0.6㎍測定時間5秒
採血部位厚さ4cm以内の服の上から
第3位

テルモ

メディセーフフィット 

価格:9,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

開業している医院、クリニックで多く使用

メディセーフフィットは、糖尿病患者が実際に血糖測定を行う動作を分析し、人間工学に基づいて開発された商品です。本体先端部の曲線や厚みをつけた持ちやすい立体形状になっているので非常に使いやすく作られています。

 

液晶画面には、見やすいドッド表示を採用し、使用する方の使いやすさを追求してあります。さらに、医療機器として初めて、非接触IC技術を搭載しており、短時間でPCに測定時データーを取り込みグラフ表示や印刷ができます。

 

メディセーフフィットは医療機関の中で特に開業医の医院やクリニックで使用していることが多く、信頼性が高い製品です。

血液量0.8㎕測定時間9秒
採血部位指先
第2位

アークレイ

グルコカード Gブラック GT-1830

価格:8,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

インスリン治療している方

グルコカードGはカラー液晶画面により、血糖値が低い場合は青色、高い場合は赤色の文字で表示されるので血糖値の高低が一目で分かるのでとても読みやすい表示になっています。また、高低だけを検索することもでき、視覚的に数値を把握できます。

 

更に、測定結果値のデーターをグラフ化でき、血糖変動を分かりやすく表示してくれます。食後経過時間や朝食前、昼食後、夜間など判定のタイミングを情報として入力することができるので測定結果の振り返りに役立ちます。

 

測定データーも450件を記憶することができるでのデーター容量も大きく長期間自分の血糖値の変動推移を把握することができるのでインスリン治療をしている方には特におすすめな製品です。

 

 

血液量0.6㎍測定時間5.5秒
採血部位指先
第1位

JUNMIAO

血糖測定器 デジタルハンドヘルド血糖モニター

価格:4,234円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

外出先や高齢者の方に

この血糖測定器は、採血量が少なく、穿刺吸入時の針の痛みは軽いです。血液がチップに吸収される速さは0.1秒で高速に注入されます。0.6㎕の血液を集めるだけでサンプリングは軽いタッチで自動的に完了することができます。

 

50本のテストストリップと50本のサンプルチューブが付属しているので購入後すぐ測定を開始することができます。このチップは、正確な測定結果を得ることが出来る上、軽量で持ち運びも簡単にできます。

 

画面や文字も大きく見やすくなっているので高齢者や初心者が使いやすくなっていますし本体もコンパクトにできているので、家庭ではもちろん外出先でも持ち歩きしやすくおすすめです。

血液量0.6㎕測定時間5秒
採血部位指先

血糖測定器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5089959の画像

    JUNMIAO

  • 2
    アイテムID:5089976の画像

    アークレイ

  • 3
    アイテムID:5089999の画像

    テルモ

  • 4
    アイテムID:5089940の画像

    Abbott

  • 5
    アイテムID:5089982の画像

    ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

  • 6
    アイテムID:5089973の画像

    テルモ

  • 7
    アイテムID:5089966の画像

    ニプロ

  • 8
    アイテムID:5090305の画像

    ジョンソンアンドジョンソン

  • 9
    アイテムID:5089961の画像

    JUNMIAO

  • 10
    アイテムID:5090498の画像

    三和化学研究所

  • 商品名
  • 血糖測定器 デジタルハンドヘルド血糖モニター
  • グルコカード Gブラック GT-1830
  • メディセーフフィット 
  • フリースタイルリブレリーダー(読取装置)FreeStyleLibre
  • ワンタッチベリオビュー
  • メディセーフフィットスマイル 
  • フリースタイルフリーダムライト
  • 血糖測定器 ワンタッチウルトラビュー 3点セット
  • 血糖測定器、糖尿病テストメーターモニターキット付き
  • グルテストneoアルファ
  • 特徴
  • 外出先や高齢者の方に
  • インスリン治療している方
  • 開業している医院、クリニックで多く使用
  • 針無し血糖測定器
  • インスリン治療をしている方
  • 初心者の方
  • 採血部位が幅広い
  • 血糖値を予防的に継続的に測りたい方
  • 外出時に使用
  • 標準的な血糖測定器
  • 価格
  • 4234円(税込)
  • 8800円(税込)
  • 9300円(税込)
  • 7594円(税込)
  • 3870円(税込)
  • 12500円(税込)
  • 9029円(税込)
  • 5250円(税込)
  • 3862円(税込)
  • 6265円(税込)
  • 血液量
  • 0.6㎕
  • 0.6㎍
  • 0.8㎕
  • 0.6㎍
  • 0.4㎕
  • 血液を2.5mmの球状に出す
  • 0.3㎕
  • 1㎕以上
  • 0.6㎍
  • 0.6㎍
  • 測定時間
  • 5秒
  • 5.5秒
  • 9秒
  • 5秒
  • 5秒
  • 4秒
  • 5秒
  • 5秒
  • 5.5秒
  • 採血部位
  • 指先
  • 指先
  • 指先
  • 厚さ4cm以内の服の上から
  • 指先
  • 指先
  • 手、もも、ふくらはぎ、上腕
  • 指先
  • 指先
  • 指先

血糖測定器を使用する場合の注意点

血糖値は運動や食事、ストレスなどの影響を受けます。その影響が24時間の中で一番影響を受ける時間帯を把握できる時に測定することが重要です。医療機関にかかっている方はドクターと相談して測定する時間帯を相談するといいでしょう。

 

測定部分に消毒液や汗、水分がついていると正確な測定結果がでないことがあります。特に消毒液は測定部分から十分に乾燥させてから測定することが重要です。更に、センサー部分は乾いた手で取り扱うことが大切です。

 

穿刺吸引する場合に無理に血液を押し出すと間質液が血液に混じり正しい値が得ることができない場合があります。血液を出す時は指の付け根から穿刺部分に向かってゆっくり指をもむように血液を出すようにしましょう。

まとめ

今回は血糖測定器をご紹介しました。自己血糖測定は既にインスリン治療をしている方はもちろんですが、治療をしていない方でも中高年になるほど自分の血糖値は日頃からチェックしていくことは大切になってきますので参考にしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ