記事ID138798のサムネイル画像

【2019年最新版】ミニバンタイヤのおすすめ人気ランキング10選

ミニバンタイヤに履き替えるだけで走りが大きく変わります。本記事でもミシュランやブリジストンなどミニバンタイヤ人気メーカーを取り上げ、2018年よりも増えたラインナップも紹介していきます。履き替え出かける方は、最新タイヤを取り入れて快適に安全に出かけましょう。

ミニバンタイヤのメリット

ミニバンタイヤは、たくさんの人を乗せて走行できるミニバンにおいてのデメリット面をカバーできるように作られています。ポイントを2つ挙げます。

ふらつきを抑える

ふらつく問題はミニバンにとって重要なポイントです。車高が高くて横揺れが発生しやすくなってしまうからです。座席の位置も高いですし、多人数乗車も可能なので重量が増加し、重心が上がってしまいます。

 

ですので、しっかりしたタイヤを履かないとふらつきが強くて、不快感を高めてしまいます。ミニバンを安全に快適に走行したいとお考えなのであれば、しっかりとふらつき抑制のあるミニバンタイヤを選ぶことをおすすめします。

摩耗寿命1.5倍にUP

摩耗寿命に関してもミニバンタイヤの方が、延びると言われています。それにはミニバンが持つ特性が関係しています。それは外に振られる力が強く働き、外肩を極端に摩耗する減り方が発生します。

 

外側のタイヤに負担がかかるようになってしまい、タイヤの一ヶ所だけでも溝の減りがスリップサインを示してしまうとタイヤ交換となってしまいます。

 

その点、ミニバンタイヤは大型ブロック配置や、コンパウンドを採用したり、負荷分散の骨格構造とすることで偏摩耗抑制が行えます。

ミニバンタイヤの選び方

ミニバンタイヤはあなたのミニバンに乗って外出するのを手助けしてくれます。ミニバンの特性をクリアしてくれるものを選びましょう。

サイズで選ぶ

サイズを選ぶことも安全に快適な走行を手助けする大事な要素です。しっかりサイズは合わせておくことは大切です。主に15~16インチが主流と言われています。

 

タイヤサイズによって価格も変動してきます。タイヤが大きいとホイールも大きいサイズになるのでホイール価格も上がります。また、交換も簡単に行えなくなります。大きいサイズはインパクトを足元から放ち、デザイン性を向上してくれるメリットがあります。

 

タイヤサイズが小さい=正しいというわけではなく、自分の求めているタイヤを探すことが大切であると考えましょう。インチアップすればカッコよさがアップしますが、タイヤ維持費もアップします。

メーカーで選ぶ

数多くのメーカーが、ミニバンタイヤを販売しています。どこのメーカーも有名で名の知れたメーカーばかりです。自分のカースタイルに合ったものを選んでいきましょう。

ブリジストン

ブリジストンは日本のタイヤメーカーでトップ3に入ってきます。ブリジストンのミニバンタイヤは低燃費が魅力的なエコピアのNH100シリーズなど力を注いでいる分野です。

 

2019年にはプレミアムREGNO GRV2、スポーツコンフォートタイプのPlayz PXーRV、コンフォート上位モデルのECOPIA NH100 RVを販売していきます。

 

ミニバンタイヤ分野では他社を牽引する立場に合ったブリジストンですが、魅力ある製品を続々販売しており、更に他者を引き離すことができるか気になる存在となっています。タイヤとしてのスペック面も非常に評価が高いです。

TOYOタイヤ

TOYOタイヤはミニバンタイヤのカテゴリーを創出した先駆者です。その実績もミニバンタイヤ販売数上位に入ってきます。1996年にミニバンブームが到来して販売台数を伸ばしました。TRANPATH MPシリーズはその当時、注目を集めました。

 

ミニバンタイヤというカテゴリーができて以来、更に細分化が図られ、上質な「プレミアムタイプ」や、高速運転で安定した性能を発揮する「スポーツタイプ」、静かな室内空間と乗り心地を提供する「コンフォートタイプ」、そして「低燃費タイプ」が誕生しています。

 

2019年をみると、TRANPATHシリーズ6代目が登場しています。ラグジュアリーさを追求したTRANPATH Lu2やコンフォートタイプやスタンダードタイプをフォローするTRANPATH mpZ、上級ミニバンに対応したTRANPATH MLが出ており注目されます。

グッドイヤー

グッドイヤーは海外メーカーながら、ミニバンタイヤ市場に登場しています。あまり強い印象を持たせない地味なポジションにいるかのように購入側には映ります。

 

2015年に日本グッドイヤー(住友ゴム)がアメリカのGoodyear社との提携を解消し、完全子会社化がなされました。これは何を意味するのかというと、米Goodyear社の販売したいラインナップに移行していきます。

 

これまでは日本グッドイヤー(住友ゴム)として、ミニバンタイヤ市場で販売実績がありました。そして子会社化したことによる混乱(販売タイヤの急激な変化など)を招かないように対応が図られています。タイヤ自体の品質はいいので今後の動向に注目です。

ダンロップ

ダンロップのミニバンタイヤはスタンダードタイプからコンフォートミニバンタイプを主軸に販売を手掛けています。エナセーブシリーズが有名ですよね。エナセーブは、2015年で5シーズンを迎えます。

 

ダンロップはエナセーブ RV504からエナセーブ RV505へ進化しました。これにより、FUNBARI TECHNOLOGY(ふんばりテクノロジー)が採用されて、より走行性能が安定するようになりました。

 

 

ヨコハマタイヤ

ミニバンタイヤとしてののヨコハマタイヤは、現在ではBluEarth RV-02が存在感を発揮します。それ以前のヨコハマタイヤのミニバンタイヤシリーズはDNAシリーズがあります。2007年にはワンランク向上させたDNA GRAND mapが登場し快適性を与える存在となっています。

 

その後、環境と人に優しい製品作りをコンセプトテーマにBluEarthシリーズが登場しました。ミニバンタイヤとしてはBluEarth RV-01が最初の登場です。BluEarthはDNA GRAND mapの良さを継承し、ふらつき感を抑える性能も兼ね備えたミニバンタイヤです。

 

そして、現在のBluEarth RV-02は、新サイズを3つ追加。ハイト系コンセプトカーや軽カー向けのRV-02CKを投入など行い、より販売車種を広げています。

ミニバンのデメリット改善で選ぶ

ミニバンにはミニバンならではのデメリットが多数存在します。それらを改善していくことが重要となってきます。1つ1つ確認していきましょう。

偏摩耗に優れたタイヤ

偏摩耗性に注目してみましょう。車重は重く、大きいミニバンはカーブなどで横に振れる時にタイヤがすり減りやすく、特にショルダー部分への負担が大きい特徴があります。

 

そのため、ミニバンタイヤの中でも、特に偏摩耗を受けやすい部分に高剛性としたタイプのミニバンタイヤを選ぶことをおすすめします。それを選ぶことで、タイヤの寿命を延ばすことにもつながります。

 

また、車幅が広いミニバンは走行していると縁石などでタイヤを擦ってしまう経験をされた方も少なくないようです。そういった面でも、偏摩耗性の強さと同時に、サイド部分がしっかりしたミニバンタイヤを選ぶといいでしょう。

燃費性能

低燃費にも一役買ってくれるのがミニバンタイヤです。ミニバンというと他の車種と比べて、たくさんの人が乗れますし、車重も増加します。それによって燃費性能を低下させてしまう要素をたくさん持っています。

 

そのため、ミニバンタイヤの中でも転がり抵抗を低減させた燃費性能の良好なタイヤを選ぶことが大切です。燃費の悪いデメリットをしっかりとカバーしてくれます。燃費の気になる方は、ぜひミニバンタイヤの中でもエコタイヤを選ぶようにしましょう。

 

ただし、転がり抵抗だけにこだわってタイヤ選びをするのは注意が必要です。転がり抵抗が少なくなるということはグリップ力の低下を招くことにもなるからです。実際には両方とも重要な要素ですので、両立したモデルのミニバンタイヤ探しが大切になってきます。

ふらつき

ミニバンは車高の低いセダンタイプの車と異なり、車高が高いため不安定になってしまいます。車高が高いということは、それだけ風に煽られやすいことにもつながります。スピードを出している高速運転時に車線変更を行う際にも顕著にふらつきが出現します

 

不安定な部分を改善するミニバン専用タイヤが販売されています。タイヤ幅を広げて安定感を持たせたり、接地面を安定感を持たせられるようにアレンジさせたりと様々なタイプが登場しています。

 

家族で出かけるときにも活躍するミニバンです。ふらつくことによって生じる不安をなるべく抑えたいですよね。安心して走行できるミニバンタイヤを選んで安心して走行できるようにしましょう。

走行音

走行していると発生するのがロードノイズです。走行スピードが上がるだけ、その音も大きくなっていきます。また、3列シートなのがミニバンの車内構造になっているのがほとんどですが、後輪の真上にくる3列目付近はもっともノイズ音が大きくなります。

 

そこから、車内へと音が響いてしまいます。ロードノイズは、大人数でにぎやかに話している時は、そんなに気にはならないかもしれません。しかし、一度気になり出すと話していてもノイズ音が気になり始めます。

 

少ない人数でもロードノイズがない方が声が届きやすいです。ミニバン専用タイヤには、これらのロードノイズを拾いにくいピッチを採用したタイプやノイズ吸収構造のタイプが出ており、それらが含まれるタイヤを選ぶようにすれば静粛な室内環境を獲得できます。

ミニバンタイヤの人気ランキング10選

第10位

DUNLOP

エナセーブ RV504

価格:9,314円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コストパフォーマンスも充実したモデル

エナセーブシリーズのRV505の旧作です。第2世代を謳うこちらは転がり抵抗係数が「A」から「AA」にアップされています。ウエット性能は確保されていながら、不要の発熱抑制を行い、転がり抵抗を高レベルに持ち上げることに成功しました。

 

ターゲットはスタンダードミニバンからコンフォートミニバンを対象としています。4D VANO DESIGNを取り入れたことで従来品との比較で約13%も転がり抵抗を抑制しているという点がポイントです。コスト面も抑えられている点にも注目です。

低燃費静粛性
耐摩耗性安定性
サイズ14~18インチ
第9位

TOYO

TRANPATH LuK

価格:6,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

先駆者のTOYOが軽カーハイトを謳う

軽カーのハイトモデルは背が高いタイプとしての人気があります。背が高い分、軽乗用車でありながらゆったりとした乗り心地が評判です。その乗り心地とコストパフォーマンスの良さに軽乗用車はどんどん売れ行きを伸ばしているのでしょう。

 

しかし、その分サイドからの影響は大きいものになり、そ偏摩耗を受けやすいのも軽カーハイト系に抱えたデメリット面でもあります。そこに注目したミニバンタイヤが、軽カーハイト系なのです。

 

「LUK」は、同メーカー製品の「LU2」が持つ上品な乗り心地と静粛性を兼ね備えた軽カーハイト系のミニバンタイヤです。軽乗用車に起こるふらつきや偏摩耗を極力最小限に抑制してくれます。

低燃費静粛性
耐摩耗性安定性
サイズ13~16インチ
第8位

ブリヂストン

REGNO GR-Leggera

価格:6,923円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

REGNOの上質な性能を軽カーハイト系でも

軽カーの中においても、静粛な環境を演出してくれるのがこちらブリジストンREGNO GR-Leggeraです。REGNOシリーズが培ってきたサイレントテクノロジーを軽カーの車内でも与えてくれます。街乗りや高速走行時でも静かな室内空間にしてくれます。

 

また、軽カー対策として、タイヤ口径が小さいため、同じ走行距離でも回転数は普通乗用車と比べて約1.2倍になると言われています。そこで、ULTIMAT EYEという独自技術によって地面とタイヤが設置する力の均一化を図り偏摩耗の抑制を可能にします。

 

それと同時にウェットの路面においての滑りを抑制することにも成功しており、安全に長く軽カーを乗り続けられる大事な足回りの役割を果たします。

低燃費静粛性
耐摩耗性安定性
サイズ14~15インチ
第7位

BRIDGESTONE

ブリヂストン エコピア EX20C TYPE H 4本セット

価格:41,620円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エコピア EXシリーズから軽カーハイト系が登場

トレッド幅と比較して車高が高い軽カーハイト系において足回りは非常に重要です。特にこだわりをみせるのは、低燃費でありながらも、ウェット性能・ロングライフ性能が優れている点にあります。

 

そこには独自技術ULTIMAT EYEを採用したことが大きなポイントです。低燃費でありながらウェット性能を共に両立したモデルであり、街乗りにおいても高速道路での走行においても寿命を延ばすことにつながります。

 

エコピア EX10の後継・派生したモデルであり、他のタイプにはセダンやクーペ向けの「EX 20」、軽・コンパクトカー向けの「EX 20C」、ミニバン向けの「EX 20RV」が存在します。

低燃費静粛性
耐摩耗性安定性
サイズ14~15インチ
第6位

TOYO

TRANPATH MPZ

価格:6,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

更に進化したTRANPATHの6シリーズ目

TRANPATH mpFの後継機として誕生したミニバンタイヤです。左右非対称の3本溝パターン、ワイドトレッドの採用により摩耗を抑制に対応します。また、偏摩耗対策としては3Dマルチサイプとアウト側リブが剛性を高めて対応してくれるため性能を高めます

 

更に、低燃費化とウェット性能を高めることに一役買ってくれているのが「Nano Balance Technology」です。TOYOの独自技術で従来品の摩耗を27%低減してくれています。

低燃費静粛性
耐摩耗性安定性
サイズ14~18インチ
第5位

DUNLOP

エナセーブ RV505 夏用タイヤとホイールの4本セット

価格:106,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2019年発売の新ミニバンタイヤ

こちらはFUNBARI TECHNOLOGYを搭載したエナセーブシリーズの最新機種になります。風や重さに対して踏ん張りが効いてふらつきを抑え、快適さを与えてくれるのがメインポイントです。

 

そのふらつき低減効果は従来のものよりも19%も抑制することに成功しています。耐偏摩耗性能に関しては驚異の53%も向上しています。荷重負荷時でもしっかりと負荷を抑えてくれて非常に心強い存在です。

低燃費静粛性
耐摩耗性安定性
サイズ13~20インチ
第4位

GOODYEAR

EAGLE RV-F

価格:9,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適性と操縦安定性は新たな境地へ

グッドイヤーから登場するEAGLE RV-Fはスポーツミニバンに特化したミニバンタイヤです。RV-Fが持つ機能として3つあります。それはFamilyという家族が喜ぶ性能と、Fastであるスピード性能、そしてFarである燃費(ロングライフ)性能にあります。

 

スポーツミニバンへ期待を込めて作られたミニバンタイヤですので、高速走行は持って来いのミニバンタイヤです。逆に燃費性能に関しては、あまり期待をせずに△としていますが十分な性能を備えていると考えていいでしょう。

低燃費静粛性
耐摩耗性安定性
サイズ14~20インチ
第3位

TOYO

TRANPATH LuⅡ

価格:13,130円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

TRANPATH Luの後継機

ミニバンに上質なラグジュアリー空間を提供してくれる最上級の快適さを提供してくれるのがTRANPATH Lu2です。旧モデルと比較して向上したのが燃費性能です。低燃費を手助けしてくれるのでミニバンのデメリットを相殺してくれますね。

 

静粛性と剛性を同時に向上してくれるのが、こちらのミニバンタイヤの魅力。3DマルチサイプとOUT側リブを広くとり剛性を高め、偏摩耗を抑えます。静粛性はパターンブロックを最適化することと、音の分散によりノイズ低減を向上させています。

低燃費静粛性
耐摩耗性安定性
サイズ16~20インチ
第2位

ヨコハマタイヤ

BluEarth RV-02

価格:7,359円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上質な世界へと導くミニバンタイヤ

ミニバンタイヤの中でもプレミアムな履き心地を提供してくれるのがこちらのBluEarth RV-02です。独自技術の非対称トレッドパターンは安定感ある走行の手助けになります。雨に強いミニバンタイヤとして人気が出ています。

 

こちらのミニバンタイヤにはナノブレンドゴムが採用されており、耐摩耗性・ウェットグリップ・低燃費の3つを高い次元に高めてくれます。ウェット性能を高めるのはシリカが配合されたことによってです。

低燃費静粛性
耐摩耗性安定性
サイズ13~20インチ
第1位

ブリヂストン

REGNO GRVII

価格:12,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

極上空間を演出する大人気ミニバンタイヤ

ミニバンタイヤの中でも人気どころがこちらです。静粛性や運動性能、快適性は上位を誇ります。そこにはブリジストンのサイレントテクノロジーが関与し、高い静粛性や極上と表現されるような車内空間を演出することにつながるのです。

 

ただ、その反面でウェットブレーキ機能は「B」であり、また転がり抵抗係数も「A」とやや物足りないのがウイークポイントとなっています。しかしながら、それと天秤にかけても騒音エネルギーは従来と比べ前席11%、後席19%の低減は評価が高いです。

 

また、ふらつき対応もしっかりとされており、コーナリング時だけでなく、横風や路面のうねり等の路面状況もしっかりとフォローしてくれます。

低燃費静粛性
耐摩耗性安定性
サイズ15~20インチ

ミニバンタイヤのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5087731の画像

    ブリヂストン

  • 2
    アイテムID:5087761の画像

    ヨコハマタイヤ

  • 3
    アイテムID:5087771の画像

    TOYO

  • 4
    アイテムID:5087775の画像

    GOODYEAR

  • 5
    アイテムID:5087779の画像

    DUNLOP

  • 6
    アイテムID:5087786の画像

    TOYO

  • 7
    アイテムID:5087838の画像

    BRIDGESTONE

  • 8
    アイテムID:5087871の画像

    ブリヂストン

  • 9
    アイテムID:5087900の画像

    TOYO

  • 10
    アイテムID:5087995の画像

    DUNLOP

  • 商品名
  • REGNO GRVII
  • BluEarth RV-02
  • TRANPATH LuⅡ
  • EAGLE RV-F
  • エナセーブ RV505 夏用タイヤとホイールの4本セット
  • TRANPATH MPZ
  • ブリヂストン エコピア EX20C TYPE H 4本セット
  • REGNO GR-Leggera
  • TRANPATH LuK
  • エナセーブ RV504
  • 特徴
  • 極上空間を演出する大人気ミニバンタイヤ
  • 上質な世界へと導くミニバンタイヤ
  • TRANPATH Luの後継機
  • 快適性と操縦安定性は新たな境地へ
  • 2019年発売の新ミニバンタイヤ
  • 更に進化したTRANPATHの6シリーズ目
  • エコピア EXシリーズから軽カーハイト系が登場
  • REGNOの上質な性能を軽カーハイト系でも
  • 先駆者のTOYOが軽カーハイトを謳う
  • コストパフォーマンスも充実したモデル
  • 価格
  • 12900円(税込)
  • 7359円(税込)
  • 13130円(税込)
  • 9100円(税込)
  • 106800円(税込)
  • 6300円(税込)
  • 41620円(税込)
  • 6923円(税込)
  • 6780円(税込)
  • 9314円(税込)
  • 低燃費
  • 静粛性
  • 耐摩耗性
  • 安定性
  • サイズ
  • 15~20インチ
  • 13~20インチ
  • 16~20インチ
  • 14~20インチ
  • 13~20インチ
  • 14~18インチ
  • 14~15インチ
  • 14~15インチ
  • 13~16インチ
  • 14~18インチ

タイヤカバーを利用してタイヤ寿命を延ばそう

タイヤの寿命でよく言われるのが「3万km、3年」です。それを超えてくるようなら、長距離走行は控えた方が無難と言われています。それもしっかりとしたタイヤ保管が行えている場合です。保管場所が劣悪な環境である場合は、もっと寿命が早いでしょう。

 

タイヤ保管の時にタイヤカバーって使用していますか。タイヤを屋外に放置しておくと劣化を進行させてしまいます。ですので、屋内保存できない環境の方もいらっしゃると思います。そういった方は積極的にタイヤカバーを付けるようにしましょう。

 

置き方に合わせて縦置きならフルタイプでかぶせるものや、横置き派には1本ずつカバーできるものもおすすめです。素材も簡単に破けてしまうものではなく、300デニール以上のポリエステル素材が理想といえるでしょう。

まとめ

ミニバンタイプ選びもポイントを抑えた購入が大切です。自分が走行時に大切にすることを思い浮かべて購入するようにすると理想的なミニバンタイヤと出会えるはずです。どこに重点を置いた購入を検討するのか念頭に置いてあなたに合ったミニバンタイヤを見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ