記事ID138782のサムネイル画像

【人気のメーカーを選ぼう】おすすめの車高調ランキング10選

車高調は正式名称を車高調整式サスペンションと言い、車の車高を調整したり乗り心地や走りを良くすることも可能です。製品によって値段や寿命なども変わってくるため最適な製品選びをしましょう。今回はそんな車高調の人気のおすすめ商品をランキング形式で10選紹介します。

車高調で自分の好みの車へ

車高調は、正式名称を車高調整式サスペンションと呼び、その名の通りサスペンションを利用して、車高や乗り心地の変更ができます。同類品として頻繁に挙げられるダウンサスとの違いですが、車高調はより自由度が高く、幅広い使用が可能です。

 

今回はそんな魅力溢れる車高調を、定番の製品からあまり知られていない知る人ぞ知るものまで、製品の特徴などともにおすすめの物を幅広く紹介していきます。自分にぴったりの車高調の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

車高調の選び方

車高調と一口に言っても様々な種類があり、どれを選んだらいいか困ってしまいますよね。ここでは幾つかのポイントに絞って車高調の選び方をご紹介します。

調整方式で選ぶ

車高調の調整方式は大きく3つのタイプに分かれています。それぞれに一長一短があるので、自身に最適なものを選びましょう。

ポピュラーな「全長調整式」

調整方式の中でも「全長調整式」は、車高調の中でも人気があり、それに伴ってこのタイプの製品が増加傾向にあります。最大の魅力は、車高を下げても線間密着の心配がなく、乗り心地が変わらない機能性の高さです。

 

また、ショックアブソーバーと呼ばれる振動を減衰する有効ストローク量が変わりません。スプリングの位置に関係なく、ブラケット部分の長さを調整して車高だけの調整が可能です。

 

車高を下げても地面にぶつかってしまうような乗り心地にはならず、底付きの心配もいりません。しかしその反面、比較的価格は高めであることや、車高変更の際にはブランケット部分を外さなければならない煩わしさがあります。

製品ラインナップが豊富な「ネジ式」

ネジ式」は、調整方式の中でも比較的、調整時の作業がお手軽なのが魅力です。車高変更時の際は、サス本体を装着したまま車高レンチを使って調整できます。また、全長調整式のようにわざわざブランケットを外す必要がないため煩わしくありません。

 

現在のところ製品ラインナップが豊富で、様々な製品から選ぶことが可能です。比較的価格も低めに設定されているものが多く、シンプルな構造のためトラブルが起きにくいのも魅力です。

 

しかしその反面、車高を下げるとプリロードも変化してしまう構造のため、あまり車高を下げ過ぎるとショックアブソーバーが縮んでしまい、最悪の場合底付きを起こす恐れがあるので注意が必要です。

非常に安価な「Cリング式」

Cリング式」は、ショックの本体に溝が数本入っており、その部分のCの形をしたリングをはめ込み、ロアシートの位置を決めます。最大の魅力は何と言ってもその価格の安さです。

 

しかし、価格が安い反面、デメリットが多くあり、使い勝手の悪さからあまり使われなくなっているため製品ラインナップも少なめです。まず、溝の数で調整する構造故に無段階調整ができず、設定範囲が限られています。

 

また、Cリングを変更の際にもショックを分解し、スプリングを外した状態でないと変更が不可能であるため、大作業になりがちです。使い勝手は悪いですが、そこが気にならず価格の安さを重視する方におすすめです。

走行スタイルで選ぶ

自身の走行スタイルに合わせて、ショックアブソーバーを構成する筒のタイプを選ぶこともおすすめです。まず、スポーツ走行や高速道路の頻繁利用などのハードな運転への使用には「単筒式」がおすすめです。

 

このタイプは、長時間の高速運転においても、安定した減衰⼒を発揮するため、過酷な状況にも耐えることができます。しかしその反面、構造上ゴツゴツした走りになりがちで、違和感を覚える可能性があります。

 

そういったことが懸念される場合、街乗りに最適な「複筒式」がおすすめです。こちらは、ハードな運転には不向きですが、ストロークが⻑く乗り⼼地がよいため、普段乗りの際におすすめです。

アッパーマウントで選ぶ

車のサスペンションの上部を、車体に固定するためのパーツのことを「アッパーマウント」と呼びます。自身の運転する環境に合せてアッパーマウントにも注目するのもおすすめです。

 

ドレスアップ目的で車高調を使用する方や、スピードがでる走りを重視したい方には「ピロ式」がおすすめです。こちらのタイプは、動きがダイレクトに伝わるため、走行性能が向上します。しかしそれ故に、どうしても乗り心地が硬くなってしまうのが欠点です。

 

それに対して、「ゴムブッシュ式」というタイプがあり、こちらは、ピロ式とは対照的に乗り心地の良さが魅力です。純正のアッパーマウントを再利用している車高調では価格が低めに設定されていることもありおすすめです。

減衰力調整付のものを選ぶ

車高調の中には、ショックアブソーバーの効きの強さを調整できる「減衰力調整」機能の付いた製品が存在します。この機能は、状況を選ばず様々な走行環境に合せて乗り心地を調整したい方に非常におすすめに機能です。

 

注意すべき点として、減衰力調整付きの車高調でも、製品によってその調整できる段階調整数が異なっています。大まかなな目安としては、30段階ほどを基準に選ぶことをおすすめします。

 

段階数が多い製品ほど、硬さややわらかさの幅が広がるわけではなく、寧ろ段階数が多いことによって、逆に調整がややこしくなってしまう場合もあるため注意が必要です。

できるだけ長い製品保証のものを

車高調は、そう簡単に壊れるものではありませんが、いざと言う時のことを考慮して、しっかりとした保証のついた製品を選ぶことをおすすめします。取り付けてからの期間や走行距離によって保証期間が定められています

 

多くの製品は、1年間か1万km以内に正常な使用状況で故障した場合に保証をしてくれます。しかし、保証期間の長い車高調になると、3年及び6万km以内というかなりの長期間保証が有効なものもあります。

 

予期せぬトラブルや、万が一の状況を考えて、できるだけ長期間の保証を選ぶことをおすすめします。

耐久性で選ぶ

車高調の耐久性能はメーカーによって様々です。耐久性が低いものを選ぶと保証より早くオイル漏れを起こしてしまうなどのトラブルも起きやすいので注意しましょう。

 

単筒式と複筒式を比較した際、複筒式はシールに掛かる圧力が低く、摩耗が少ないため、耐久性能が高い傾向にあります。また、耐久性を重視される場合は、純正部品を納入してるメーカーを選ぶこともおすすめです。

 

耐久性が低く、ショックの中のオイルが外に漏れ出してしまった場合などは、すぐに分解点検修理が必要になってくるため注意が必要です。

メーカーで選ぶ

車高調には信頼性の高いメーカーがあります。ここでは代表的なものを幾つかご紹介します。

ブリッツ

チューニングカーの吸排気系パーツや、エアロパーツなどの外装も手掛ける「ブリッツ」は、車高調においてもその高い品質に非常に定評があります。「電脳集団」と呼ばれるほど、電子機器に精通しており、それらを取り入れた車も人気です。

 

車高調は高い強度を誇りつつも軽量で扱いやすさが魅力です。また、走りに合わせた細かな調整が可能な製品が多いのもポイントです。

クスコ

ボディの補強用パーツをはじめ、駆動系のパーツなど、様々な車周りのパーツを製造する「クスコ」は、ラリーショップとしての経験を活かし、レースシーンなどの競技用パーツを一般車にも取り入れています。

 

そのため、足廻りのパーツに高い人気があり、車高調も乗り心地がよく、しっかりとローフォルムを実現できるものが多いです。

タナベ

チューニングカーのホイールやマフラーなど、車周りのパーツを幅広く手掛ける「タナベ」は、車高調でも多くのファンを持ち、レースシーンにおいても広く扱われる信頼性の高いメーカーです。

 

クオリティが高い上にリーズナブルな製品が多くコスパに優れた車高調を数多く生み出しています。初心者にも扱いやすい製品が多いのも魅力的です。

 

車高調の人気ランキング10選

第10位

HKS

ハイパーマックス SスタイルL

価格:146,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

乗り心地を損なわない調整可能

マフラーやスーパーチャージャー、エンジンなどの足回りパーツを製造するチューニングパーツメーカー「HKS」から、全長調整式の車高調です。こちらのモデルは、車の乗り心地をそのままに、ローダウンも含めた、自分好みの車高の調整が可能です。

 

ミニバンやSUV、ハッチバック車などのファミリーカーなどにも最適な製品で、安定した乗り心地を維持したまま、スタイリッシュにカスタマイズが可能です。

 

保証期間も3年6万km保証となっており、長期間での保証が有効なため、いざと言う時も安心です。高い生産コストを必要とする単筒式の車高調を、開発・製造技術を繰り返しブラッシュアップし、コストオパフォーマンスを抑えることに成功した車高調です。

調整方式全長調整式ショックアブソーバー単筒式
保証期間3年6万km保証減衰力調整
第9位

クスコ(Cusco)

Street ZERO A

価格:112,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚きの減衰力40段調整

きめ細かいローダウンセッティングや、環境に合わせた幅広い乗り心地調整など、自由度の高い車高調です。減衰力調整幅が非常にワイドなのが特徴で、40段階もの調整が可能。均等な減衰変化で、ハッキリと違いが分かり、簡単に好みの乗り心地に調整可能です。

 

その際に、ローレット加工のダイヤルであるため、工具などは不要なのでお手軽です。故障しやすい調整ネジ部分には「ニッケルクロームメッキ処理」を採用しているため、サビや砂・ダストからしっかり守り、耐久性が向上します。

 

また、高分子ポリマー製スラストシートを挟み込んでいるため、ロックナットの緩みを防ぎ、静音性も向上しています。

調整方式全長調整式ショックアブソーバー
保証期間1年間又は1万km以内減衰力調整有(40段階)
第8位

オーリンズ

スプリングレス エルグランド E52

価格:266,112円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質にこだわった高級モデル

単価が高い傾向にある車高調の中でも、こちらの製品は20万円を超える高級機となっています。その価格に見合った確かな品質・性能で、特に車のドレスアップを楽しむ車愛好家たちの中で非常に人気があります。

 

完全組立式コンセプトをモットーに製造しているため、従来のものより幅広い車種への対応が可能となっています。汎用性も高く、サーキットとストリートを両用したい方にもおすすめです。

 

高級機ですが、その分少数生産ながら1台1台丁寧に組上げて作られており、高度な技術力が詰まった逸品となっています。

調整方式ネジ式ショックアブソーバー
保証期間減衰力調整有(前後20段階)
第7位

TEIN

2WD VSQ98-C1AS3

価格:86,670円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルな価格の全長調整式

有名な車高調メーカー「TEIN」から、全体が緑色で占められているのが特徴的な車高調です。ラリー車に採用されていたTEINの経験をそのまま車高調にも活かしているため、固めの足回りが特徴です。

 

調整方式には全長調整式を採用しているため、車高調整しても乗り心地の変化が少なく、価格もリーズナブルなため、車高調入門機としてもおすすめです。

 

ショックアブソーバーには複筒式を採用しており、低反発でたっぷりストロークを確保できる仕様となっています。サビ対策もしっかりととられていて耐久性能にも優れた、ストリートでの乗り心地を追求した製品です。

 

調整方式全長調整式ショックアブソーバー複筒式
保証期間3年間又は6万km以内減衰力調整有(16段階)
第6位

アールエスアール(RS-R)

LIN128M

価格:145,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級セダン向けに製造されたモデル

車高調をはじめ、ダウンサスペンション、その他自動車のアフターパーツの製造・販売を手掛ける「RS-R」のBest iシリーズに、高級セダン用のノウハウや基本スペックを惜しみなく注ぎ込んで製造された車高調です。

 

高級セダンに単筒式で全ネジ全長調整式を採用し、36段回ものきめ細かな調整ダイヤルを採用した減衰力調整など、ニーズに合わせた幅広い調整が可能となっています。

 

コイルスプリングには乗り心地で高い評価を受けている、独自技術のTi2000を投入することで、他メーカーでは再現できない味付けが可能となっています。高級セダンらしい乗り心地をさらに体験したい方におすすめです。

調整方式全長調整式ショックアブソーバー単筒式
保証期間1年間又は1万km以内減衰力調整有(36段階)
第5位

トラスト

GReddy PS

価格:109,904円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適な乗り心地の軽自動車専用車高調

スタイリッシュなローフォルムのカスタムに加え、快適な乗り心地が手に入る軽自動車専用の車高調です。調整方式は全長調整式を採用していながら、価格もそこまで高くなく、減衰力調整も15段調整式を採用しているため十分な自分好みのカスタムが可能です。

 

アッパーマウントにはピロ式を採用しており、走行性能が向上しています。キャンバーの調整も可能なので、キャンバー角を調整したい方にも最適です。さらに、リアスプリングには専用ハイトアジャスターを採用することで、細かい車高調整とプリロード調整が可能です。

 

また、スラストベアリングを採用しているので静粛性も優れ、ステアリング操作時など、スラスト方向の動きをスムーズにし、異音も防ぎます。

調整方式全長調整式ショックアブソーバー
保証期間減衰力調整有(15段階)
第4位

RG(レーシングギア)

車高調整式ダンパー TYPE-K2

価格:55,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

街乗りに最適な軽自動車専用車高調

軽快さとスタイリッシュさにこだわった全長調整式の車高調です。街乗りの乗り心地にこだわったストリート専用設計で、ショックアブソーバーには突き上げ感の少ない複筒式を採用しています。

 

減衰力固定タイプであるため、細やかな調整はできませんが、その分価格がかなり抑えられており、さらに車種別で最適なセッティングがされているので、高い乗り心地を実現します。

 

アッパーマウントには強化ゴムを採用しているため、静粛性と快適性のどちらにも優れています。街乗りを今よりさらに快適に運転したい方におすすめの車高調です。

調整方式全長調整式ショックアブソーバー複筒式
保証期間1年間かつ2万km以内減衰力調整
第3位

Tanabe(タナベ)

CRHE12NK

価格:63,776円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適な乗り心地のプリセットモデル

快適な乗り心地を維持しながらコストを抑えることに成功したネジ式の車高調です。ンプリロードバルブによって繊細な荷重変動にも敏感に反応し、いち早く減衰力を発生させ、不快なゴツゴツ感を大幅に軽減します。

 

また、タル型スプリングによって巻き径に変化をつけることで低速での追従性と高速での粘りを共存させることに成功しています。街乗りでのソフトな乗り心地と、高速道路でのハードな乗り心地を両立しています。

 

さらに、ダブルシートリングによって、ハンドル操作時のスプリングの引っかかり音などの異音も抑え、耐食や防錆対策にもこだわった製品です。

 

 

 

調整方式ネジ式ショックアブソーバー
保証期間1年間又は1万km以内減衰力調整
第2位

ブリッツ(BLITZ)

DAMPER ZZ-R

価格:86,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い強度と軽量化を両立した車高調

チューニング機器の総合メーカーである「ブリッツ」から、街乗りからサーキットまで幅広い環境に対応できる汎用性の高い車高調です。車高調を縦にして見たときに、スプリングの内側にあるカートリッジをまるごと交換できるのが魅力です。

 

アルミ製アッパーマウント、ロックシート、ブラケットなどを採用しているため、高い強度を維持しながら軽量化を実現しています。また、単筒式ならではの大径ピストンを採用し、減衰力の立ち遅れを抑制します。

 

口コミでも「32段階の減衰力調整は、結構な違いを感じることができます」「車高が下がり減衰力調整もできて値段もいいのでコスパがいい買い物ができました」などの高い評価が目立ちます。

調整方式全長調整式ショックアブソーバー単筒式
保証期間3年間・60,000km減衰力調整有(32段階)
第1位

クスコ(Cusco)

Street ZERO

価格:117,026円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高の乗り心地で自由度の高い調整

車高調の他、サスペンション、保強パーツなどを幅広く手掛けるモータースポーツブランド「クスコ」。独自の技術によって軽自動車からレース仕様車まで様々な車種に対応した車高調を生み出しています。

 

全長調整式であるため、車高を下げてもストロークの長さが変わることなく車高調整が可能です。リヤには減衰力8段調整を搭載しているため、運転環境にあわせて簡単にアジャストが可能です。また、オプションアッパーマウント標準仕様となっています。

 

口コミにおいても、「乗り心地が良く文句なしの商品」など絶賛されています。乗り心地や調整性能などのバランスが取れた良品です。

調整方式全長調整式ショックアブソーバー複筒式
保証期間1年、または10,000km減衰力調整有(リア8段回)

車高調のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5083680の画像

    クスコ(Cusco)

  • 2
    アイテムID:5083677の画像

    ブリッツ(BLITZ)

  • 3
    アイテムID:5083675の画像

    Tanabe(タナベ)

  • 4
    アイテムID:5083673の画像

    RG(レーシングギア)

  • 5
    アイテムID:5083669の画像

    トラスト

  • 6
    アイテムID:5083643の画像

    アールエスアール(RS-R)

  • 7
    アイテムID:5083633の画像

    TEIN

  • 8
    アイテムID:5083626の画像

    オーリンズ

  • 9
    アイテムID:5083613の画像

    クスコ(Cusco)

  • 10
    アイテムID:5083587の画像

    HKS

  • 商品名
  • Street ZERO
  • DAMPER ZZ-R
  • CRHE12NK
  • 車高調整式ダンパー TYPE-K2
  • GReddy PS
  • LIN128M
  • 2WD VSQ98-C1AS3
  • スプリングレス エルグランド E52
  • Street ZERO A
  • ハイパーマックス SスタイルL
  • 特徴
  • 最高の乗り心地で自由度の高い調整
  • 高い強度と軽量化を両立した車高調
  • 快適な乗り心地のプリセットモデル
  • 街乗りに最適な軽自動車専用車高調
  • 快適な乗り心地の軽自動車専用車高調
  • 高級セダン向けに製造されたモデル
  • リーズナブルな価格の全長調整式
  • 高品質にこだわった高級モデル
  • 驚きの減衰力40段調整
  • 乗り心地を損なわない調整可能
  • 価格
  • 117026円(税込)
  • 86400円(税込)
  • 63776円(税込)
  • 55080円(税込)
  • 109904円(税込)
  • 145800円(税込)
  • 86670円(税込)
  • 266112円(税込)
  • 112750円(税込)
  • 146600円(税込)
  • 調整方式
  • 全長調整式
  • 全長調整式
  • ネジ式
  • 全長調整式
  • 全長調整式
  • 全長調整式
  • 全長調整式
  • ネジ式
  • 全長調整式
  • 全長調整式
  • ショックアブソーバー
  • 複筒式
  • 単筒式
  • 複筒式
  • 単筒式
  • 複筒式
  • 単筒式
  • 保証期間
  • 1年、または10,000km
  • 3年間・60,000km
  • 1年間又は1万km以内
  • 1年間かつ2万km以内
  • 1年間又は1万km以内
  • 3年間又は6万km以内
  • 1年間又は1万km以内
  • 3年6万km保証
  • 減衰力調整
  • 有(リア8段回)
  • 有(32段階)
  • 有(15段階)
  • 有(36段階)
  • 有(16段階)
  • 有(前後20段階)
  • 有(40段階)

車高調のオーバーホール時期はどれくらい

車高調のオーバーホール(分解点検修理)は、時期や劣化の仕方で見分けましょう。一つ目は、タイヤを外して車高調を観察してみたらオイルが漏れている場合。二つ目は、ピストンロッドに傷がついている場合。

 

三つ目は、アームとの連結部にあるゴムブッシュに亀裂があるなどです。これらの場合はすぐにオーバーホールが必要です。また、時期としては、5年、5万キロを大まかな目安としましょう。

まとめ

ここまで車高調のおすすめランキング10選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ここで紹介した製品はほんの一部で、他にもたくさんの種類の車高調があります。運転がより快適になるように自分にぴったりの車高調に出会えるといいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ