記事ID138775のサムネイル画像

【2019年最新版】おすすめのプロジェクター人気ランキング10選

一昔前までは、プロジェクターと言えばビジネスアイテムの1つでした。しかし近年、多くの動画サービスが普及する中で、エプソンに代表されるプロジェクターを購入する家庭が増えています。今回はプロジェクターの選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。

プロジェクターは週末のマストアイテム

プロジェクターは、ディスプレイ装置の一種で、画像や映像を大型スクリーンなどに投影することにより表示する装置です。ビジネスで使うことが多い機器でしたが、現在では家庭専用のものも多く販売されています。

 

テレビや映画、ゲームをより大画面で楽しみたい方にとっては、必須のアイテムとなっています。特に、動画配信サービスやHDMI対応のゲーム機が増えたことで、プロジェクターは今や週末のマストアイテムにもなっています。

 

そんな中で、たくさんの種類が販売されているため、プロジェクター1つ選ぶのもひと苦労です。そこで、プロジェクターの賢い選び方や人気の機種をご紹介していきます。是非参考にしてみてください。

プロジェクターの選び方

プロジェクターの人気商品を見る前に、まずは押さえておくべき選び方を解説していきます。プロジェクターは多くのメーカーから販売されているため、購入時にはポイントを絞って比較をすることが大切です。

用途で選ぶ

プロジェクターを使う目的によって選ぶプロジェクターは変わってきます。ここでは、「映画観賞用」、「ゲーム用」、「ビジネス用」の3パターンそれぞれの特徴をみていきましょう。

映画観賞用プロジェクター

プロジェクターを使って映画鑑賞をしたいのであれば、解像度の高いプロジェクターがおすすめです。ビジネス用で使う場合には、あまり気にしなくても良いですが、映画鑑賞で使用する際には、映像の美しさを比較する必要があります。

 

映像の美しさは、解像度で調べることができます。映画鑑賞目的でプロジェクターを購入する際には、解像度の高いものを選びましょう。特に、家庭用プロジェクターの場合は高画質の4K映像に対応したモデルがおすすめです。

ゲーム用プロジェクター

プロジェクターを使ってゲームをしたいのであれば、HDMI接続が可能なプロジェクターがおすすめです。任天堂SwitchやWiiシリーズなど、現存するゲーム機のほとんどがHDMI端子対応となっています。

 

そこで、これらのゲーム機にプロジェクターをつなげたい場合は、HDMIケーブルによって直接接続が可能なプロジェクターを選ぶ必要があります。逆に言うと、HDMI端子対応でない場合には、変換器などを使わなければならないため、注意が必要です。

ビジネス用プロジェクター

ビジネス用にプロジェクターを購入するのであれば、接続方法が多種多様なプロジェクターがおすすめです。例えばUSBポートやMicroSDカードスロットが充実しているモデルは拡張性が高く、使い勝手が良いです。

 

プレゼンテーションなどで使用する際に、USBメモリカードを直接接続できれば、パソコンがなくても再生ができますし、MicroSDカードスロットがついていれば写真等の再生にも便利です。

性能で選ぶ

プロジェクターを選ぶ際には、性能を比較するのも1つの手です。特に、「解像度」と「明るさ」はプロジェクターにとっては重要なファクターですので必ず確認しておきましょう。

解像度が高いプロジェクターがおすすめ

解像度というのは、ビットマップ画像における画素の密度を示す数値です。この数値が高ければ高いほど、解像度が良く、映像がより美しく再生されます。ですから、プロジェクターを選ぶ際には、なるべく高い解像度のものがおすすめです。

 

しかし、解像度が高くなればなるほど、もちろん値段も跳ね上がります。よって、ビジネス用であまり写真や動画を使用しない場合やそこまでの映像美を求めない用途の場合であれば、解像度はある程度の高さで問題はありません。用途にあった解像度を検討してみてください。

明るさ(ルーメン)が高いプロジェクターがおすすめ

プロジェクターを選ぶ際に明るさという観点はかなり重要となります。なぜならば、プロジェクターによって映し出される映像の明るさによって、写真や動画の印象が大きく変わるからです。

 

例えば、元の画像が色鮮やかで明るいものであっても、プロジェクターの明るさが低ければ、映し出される画像は暗くなります。つまり、元の画像や動画を綺麗に映し出したいときには、プロジェクターの明るさというのは必要不可欠な要素になるのです。

 

プロジェクターを購入する際に、明るさは「ルーメン(lm)」という単位で表されていますので、このルーメンがなるべく高いものを選ぶのがポイントです。

投写方式で選ぶ

LCD方式(透過型液晶方式)のプロジェクター

現在、多くのホームシアター用プロジェクターで使われているのが、こちらのLCD方式です。この投写方式は、映像を作り出すデバイスに透過型液晶パネルを使用しています。透過型液晶パネルで各色の映像を作り、プロジェクター内で合成することで、レンズから投写する方法です。

 

メリットとしては安価であること、デメリットとしては画素のツブツブが目立ち易いということが挙げられます。しかし、家庭用であれば問題なく使用ができるレベルです。

LCoS方式(反射型液晶方式)のプロジェクター

LCoS方式では、映像を作り出すデバイスとして反射型液晶パネルを使用しています。映像を映し出す原理は透過型液晶と似ており、反射型液晶パネルで各色の映像を作り、プロジェクター内で合成して、1組のレンズから投写する方法です。

 

高画質用途に適したこのLCoS方式では、4K対応モデルもたくさん登場しています。しかし、その分値段は高くなりますので、よく検討してみてください。

DLP方式のプロジェクター

こちらのDLP方式は、半導体の開発と生産において世界的に有名なテキサス・インスツルメンツ(TI)社が生み出した、DMD(Digital Micromirror Device)を核とするプロジェクション方式です。

 

滑らかで明るい映像を映し出すことが可能で、黒の再現性が高く、色付きの無い漆黒と高コントラストもまた魅力の1つです。

 

ただし、モノカラー映像を時間差で投影する方法によって、動きのある映像では色ズレを起こし、虹状の模様(レインボーノイズ)が見えるといったデメリットもあります。

プロジェクター人気ランキング10選

第10位

GooDee

プロジェクター

価格:25,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

300インチの大画面鑑賞が魅力的

こちらのプロジェクターは、ネイティブ解像度がフルHDの1920*1080P、明るさは4500ルーメン、5000:1の高コントラストで、明るく鮮明な映像が楽しめるホームシアターに最適なプロジェクターです。

 

300インチまで対応可能で、大画面で映画を見たい方などにとてもおすすめしたい一台です。また、日本語&英語の取扱書付きです。Lightning to HDMI交換ケーブルによってスマホにも接続することが可能です。

接続方法HDMI・USB等明るさ4500ルーメン
画像対応サイズ300インチランプ持続時間50,000時間
第9位

COOAU

【2019最新型4200lm】 プロジェクター

価格:16,899円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広い交換性でどんなシーンでも大活躍

こちらのプロジェクターは、現性LCD光学エンジンを採用した、2019年最新型モデルです。3000:1の高コントラスト、4200lmの明るさによって、細部まで鮮明に映し出された映像を楽しむことができます。

 

また、縦横±15度台形補正機能に加え、フォーカス機能を搭載、左右へスライドすることで、簡単に操作することもできます。本体は、3年間の無料保証付きです。

 

さらに、迫力のあるサウンドを楽しめるHiFiスピーカーを内蔵しているため、外付けのスピーカーと接続がなくても、あらゆるシーンで映画館にいるかのような臨場感を味わえます。

接続方法HDMI・USB等明るさ4200ルーメン
画像対応サイズ200インチランプ持続時間50,000時間
第8位

YABER

プロジェクター

価格:18,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天井吊り可能で省スペース

こちらのプロジェクターは、3800lmという明るさによって完全な暗い部屋はもちろん、少し光がある程度の部屋でも問題なくお使いいただける、高性能プロジェクターです。

 

映画はもちろん、ゲームやイベント、パーティー等で映像を再生できます。また、セミナー、ビジネスの会議でも使用することができ、幅広いシーンで活躍すること間違いなしの一台です。

 

さらに裏返しにして、四隅のゴム足のゴムを取り外すことで、天井取り付け用ネジ穴が出てきます。天井吊りでお使いいただくこともできるため、省スペースでプロジェクターを利用することができます。

接続方法HDMI・USB等明るさ3800ルーメン
画像対応サイズ200インチランプ持続時間50,000時間
第7位

APEMAN

小型プロジェクター

価格:8,560円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低騒音冷却システム装備

こちらの小型プロジェクターは、3500ルーメンで、同価帯のプロジェクターより70%以上明るい映像が楽しめる、安いのに高性能な便利なプロジェクターです。プロジェクター初心者の方にもおすすめです。

 

また、低騒音冷却システムを搭載しており、排熱システムによって、ファンの音が普通のプロジェクターより小さくなり、雑音抑制にも優れています。

接続方法HDMI・USB等明るさ3500ルーメン
画像対応サイズ180インチランプ持続時間45,000時間
第6位

ELEPHAS

「令和」記念版 小型プロジェクター

価格:12,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

専門テクニカルサポート付きで安心

こちらの小型プロジェクターは、3600lm&1080PフルHD対応の高性能プロジェクターです。物理的な解像度は1920×1080まで対応可能で、ネイティブ解像度1280×720です。ホームエンターテイメントに最適な一台に仕上がっています。

 

投射距離は約1.1m〜7.2mで、35-236インチの大画面で動画を鑑賞することができます。パーティー、ゲーム、イベント、勉強会、セミナー、など様々な用途に合わせて使用することが可能です。

 

3年品質保証&専門テクニカルサポート付きで、どなたでも安心してご購入いただくことができます。機械音痴でプロジェクターの設置などに不安がある方は、是非こちらの商品を購入してみてください。

接続方法HDMI・USB等明るさ3600ルーメン
画像対応サイズ236インチランプ持続時間50,000時間
第5位

AOKANG

QKK プロジェクター

価格:7,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こちらのQKKプロジェクターは、2800ルーメンと1080PフルHD対応の便利なプロジェクターです。50,000時間の長寿命LEDランプは、25年以上動作を続けることができます。また、2000:1の高ダイナミックコントラストで高品質の映像や音楽を投写することができます。

 

このポータブルプロジェクターは台形補正機能が上へ19度、下へ10度の調整することも可能です。また、マニュアルフォーカスすることで、投影された画像サイズは32インチから170インチまで調整することができます。

 

入力ポートはAV、USB、microSD、VGA、HDMI対応で、スマホ、タブレット、ビデオ動画、ゲーム機など幅広く対応できます。もちろんPC、ノートパソコン、 DVDプレーヤー、HDMIに接続して、動画やゲームも大画面で楽しむことも可能です。

接続方法HDMI・USB等明るさ2800ルーメン
画像対応サイズ170インチランプ持続時間50,000時間
第4位

サンワダイレクト

モバイルプロジェクター

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

充電しながら使用可能

こちらのプロジェクターは、名刺入れよりも小さい手のひらサイズの、小型モバイルプロジェクターです。プレゼンテーションなどで資料やグラフの投影したり、リビングで写真や動画鑑賞したりすることができます。

 

また、明るさは最大30ルーメンで、色の再現性に優れたDLPを採用しています。投影距離を調整することで、最大約60インチの大画面で投影できます。さらに、スピーカー内蔵で、映像を投影しながら音声や音楽を同時に楽しむこともできます。

 

パソコンやUSB-ACなどに接続できるUSB-microUSBケーブルが付属しているため、充電しながら使用することができ、持ち歩きにとても便利なプロジェクターです。

接続方法HDMI・USB等明るさ30ルーメン
画像対応サイズ60インチランプ持続時間2時間
第3位

hompow

小型データプロジェクター

価格:6,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Amazonで好評価・大人気

こちらのプロジェクターは、Amazonで高評価かつ大人気となっているヒット商品です。最新のLCD技術を採用することで、部屋が明るいままでも映像をくっきりと鮮やかに投写することが可能な一台です。

 

また、二つのスピーカーによって、音質は同じようなモデルの中でもズバ抜けて優秀です。投射距離(約1m-3m)によって50-200インチの大画面でリアルな臨場感のある映像を家族みんなで楽しむことができます。 

 

さらに、SD、AV、VGA、USB、HDMIなどさまざまな端子に対応し、Fire TV Stick、PC、ラップトップ、DVD プレーヤー、PS3/ PS4、Xbox、TV boxなどの周辺機器を利用することが可能です。3年間の保証&天井付け三脚付けも可能な便利な一台です。

接続方法HDMI・USB等明るさ2400ルーメン
画像対応サイズ200インチランプ持続時間50,000時間
第2位

DR.J

小型プロジェクター

価格:8,660円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Amazonチョイスに選ばれた一台

こちらのプロジェクターは、小型でありながら3000lmまで対応可能となっており、通常の小型プロジェクターと比較しても80%明るい設計になっています。また、LEDライトの動作寿命が長く、50000時間以上働かせることが可能です。

 

物理的な解像度は800*480ですが、1080PフルHDの画像と映像に対応できます。さらに、台形補正機能が上へ19度、下へ10度の調整も簡単に行うことができ、マニュアルフォーカスすることで、投影された画像サイズは最大170インチまで調整することが可能です。

 

DR.JのLEDプロジェクターは3年の保証期間があるため、安心して購入・使用することができます。プロジェクター選びに困ったら、こちらを是非購入してみてください。

接続方法HDMI・USB等明るさ3000ルーメン
画像対応サイズ170インチランプ持続時間50,000時間
第1位

POYANK

データプロジェクター

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

今、最も人気高いプロジェクター

こちらのデータプロジェクターは、スマホ・タブレットに直接接続することが可能で、飛ぶように売れている、大ヒット商品の1つです。交換ケーブルが不要で、スマホ・タブレットに接続できるのは、こちらを除くとほとんどなく、ワイヤレス接続が人気の秘密です。

 

また、スマホの充電ケーブルと繋いで接続することもでき、とにかく使い勝手の良い一台です。1080P対応の高解像度のポータブルプロジェクターとして幅広い層から支持されています。

 

さらに、50,000時間の長寿命LEDランプ、1000:1の高ダイナミックコントラストなど価格からは考えられないほどの高性能で、まさに文句なしの一品です。標準的な三脚穴があるので、カメラ三脚にも対応することが可能です。

接続方法ワイヤレス・ケーブル等明るさ2800ルーメン
画像対応サイズ170インチランプ持続時間50,000時間

プロジェクターのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5082165の画像

    POYANK

  • 2
    アイテムID:5082167の画像

    DR.J

  • 3
    アイテムID:5082169の画像

    hompow

  • 4
    アイテムID:5082171の画像

    サンワダイレクト

  • 5
    アイテムID:5082173の画像

    AOKANG

  • 6
    アイテムID:5082174の画像

    ELEPHAS

  • 7
    アイテムID:5082175の画像

    APEMAN

  • 8
    アイテムID:5082176の画像

    YABER

  • 9
    アイテムID:5082177の画像

    COOAU

  • 10
    アイテムID:5082178の画像

    GooDee

  • 商品名
  • データプロジェクター
  • 小型プロジェクター
  • 小型データプロジェクター
  • モバイルプロジェクター
  • QKK プロジェクター
  • 「令和」記念版 小型プロジェクター
  • 小型プロジェクター
  • プロジェクター
  • 【2019最新型4200lm】 プロジェクター
  • プロジェクター
  • 特徴
  • 今、最も人気高いプロジェクター
  • Amazonチョイスに選ばれた一台
  • Amazonで好評価・大人気
  • 充電しながら使用可能
  • 専門テクニカルサポート付きで安心
  • 低騒音冷却システム装備
  • 天井吊り可能で省スペース
  • 幅広い交換性でどんなシーンでも大活躍
  • 300インチの大画面鑑賞が魅力的
  • 価格
  • 9980円(税込)
  • 8660円(税込)
  • 6999円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 7180円(税込)
  • 12999円(税込)
  • 8560円(税込)
  • 18999円(税込)
  • 16899円(税込)
  • 25800円(税込)
  • 接続方法
  • ワイヤレス・ケーブル等
  • HDMI・USB等
  • HDMI・USB等
  • HDMI・USB等
  • HDMI・USB等
  • HDMI・USB等
  • HDMI・USB等
  • HDMI・USB等
  • HDMI・USB等
  • HDMI・USB等
  • 明るさ
  • 2800ルーメン
  • 3000ルーメン
  • 2400ルーメン
  • 30ルーメン
  • 2800ルーメン
  • 3600ルーメン
  • 3500ルーメン
  • 3800ルーメン
  • 4200ルーメン
  • 4500ルーメン
  • 画像対応サイズ
  • 170インチ
  • 170インチ
  • 200インチ
  • 60インチ
  • 170インチ
  • 236インチ
  • 180インチ
  • 200インチ
  • 200インチ
  • 300インチ
  • ランプ持続時間
  • 50,000時間
  • 50,000時間
  • 50,000時間
  • 2時間
  • 50,000時間
  • 50,000時間
  • 45,000時間
  • 50,000時間
  • 50,000時間
  • 50,000時間

プロジェクター購入の際にはスクリーンをセットで買おう

プロジェクターで映像の投影をする際に、スクリーンを使うかどうか、悩むか方も多いと思います。そもそもスクリーン自体は、なければ映像が見られない、という訳ではありません。環境によっては、スクリーンを用意しなくても映像を鑑賞することができます。

 
ただし、白くて模様などがない凹凸のない壁白いホワイトボードがある場合に限ります。このような環境や設備がない場合は、白い模造紙や布を貼り付ければ、即席のスクリーンを作ることは可能です。
 
しかし、綺麗な映像を映し出すためには、やはりスクリーンがあった方が良いため、プロジェクターを購入する際には、できればスクリーンもセットで購入することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、プロジェクターの選び方やおすすめ商品をご紹介してきましたが、少しでも参考になれば幸いです。気になる商品は、是非一度お手に取ってみて下さいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ