記事ID138727のサムネイル画像

【手足を温める】大人気の電気ヒーターおすすめランキング10選

寒い時期にあると便利な電気ヒーター。安全性が高くコスパが多いのが特徴。コスパ重視で暖房器具を選びたい人にもピッタリです。今回は、電気ヒーターのおすすめの選び方と商品を10選ランキングで紹介します。部屋全体を暖める方法も紹介するのでチェックして下さいね。

柔らかい温もりを感じる電気ヒーター

寒い時期におすすめの暖房器具の1つである電気ヒーター。電気ストーブとも言われています。種類によって部屋の暖め方だけでなく、見た目も大きく異なります。部屋全体を暖めるのであれば、パネルヒーターがおすすめです。

 

電気ヒーターは石油ストーブに比べれば安全性は高いです。お年寄りやお子様がいる家庭でも安心して使うことができます。電気代はエアコンに比べれば高いですが、柔らかい温もりを感じることができます。温風が苦手という人にもおすすめですよ。

 

 

電気ヒーターの選び方

では、電気ヒーターはどのように選べばいいでしょうか。ここからは、おすすめの電気ヒーターの選び方について紹介します。

電気ヒーターの種類で選ぶ

電気ヒーターの種類は6つあります。それぞれメリットやデメリットがあるので、商品を選ぶ前にチェックしておくといいでしょう。

ハロゲンヒーター

電源を入れるとすぐに起動可能するのが魅力のハロゲンヒーター。中にニクロム線が入っていてハロゲンランプを発熱体にしています。身体を暖めるよりかは、狭いスペースを暖めたい時の使用がおすすめです。

 

安定した熱量があり、短い時間で暖めてくれるので帰宅時にサッと手先を暖めたい時にも役立ちます。ただ、ハロゲンヒーターの光が気になる人にはあまりおすすめできません。

セラミックファンヒーター

セラミックファンヒーターは、部屋をすぐに暖めたい時に役立ちます。起動時間も短いのも魅力です。価格も他の種類の電気ヒーターに比べると安いので、一人暮らしの暖房器具にもおすすめ。

 

ネックなのは、ファンを使用していることです。送風して部屋を暖めるので、空気以外のゴミや目に見えない汚れも一緒に部屋中に飛んでしまいます。日頃からこまめに掃除している部屋なら問題ありませんが、そうでない場合は購入は考えた方が無難です。

カーボンヒーター

手先や足先などを暖めたい時におすすめなのがカーボンヒーター。発熱体には、カーボンの化合物を使っているのも特徴。寿命も長く、同じ電気ヒーターを長年使いたいという人におすすめです。

 

脱衣所やトイレなど限られた空間で使うのには向いています。一方で、リビングなどの広い空間で使うには不向きな電気ヒーターです。ハロゲンヒーターよりもパワーがあるのも魅力です。

シーズヒーター

シーズヒーターの発熱体はニクロム線です。遠赤外線の放射量が多いので芯まで暖まることができます。短時間で暖かくなるのも特徴の1つです。シーズヒーターは、見た目がカーボンヒーターと似ているので間違えやすいので注意しましょう。

 

シーズヒーターには、移動しやすいように取っ手が付いているものもあります。他にも、暖かさが広がるように首振りできる商品もあります。柔らかい暖かさを求める人にはおすすめの種類の電気ヒーターです。

 

グラファイトヒーター

発熱体に黒鉛を使用しているグラファイトヒーター。起動時間も短く、狭い空間であれば短時間で暖めることができます。足元を暖めたい時に使用するのにピッタリで、小型サイズが多いです。

 

部屋全体を暖めるのには不向きな電気ヒーターですが、ピンポイントで空間を暖めるのには便利です。 他の種類と比べれば、商品の値段は高くなるのがネック。その分、暖かく感じやすくデザインもおしゃれなものが多いので気になる人はチェックするといいです。

ニクロム電気ヒーター

節約志向でない人や昔ながらの暖房器具を求める人には、ニクロム電気ヒーターがおすすめ。発熱体には、石英管をニクロム線に覆ったものを使用しています。本体価格は安いので初期投資は安く済むのが魅力

 

ただ、電気代は高くなりやすいです。起動時間も他の電気ヒーターに比べると時間がかかるため。スピーティーさを求める人には向いていません。レトロな雰囲気を部屋のインテリアに求めている人にとっては、理想的な電気ヒーターでしょう。

パネルヒーター

安全性を重視して選びたい人には、パネルヒーターがおすすめです。特に高齢者や小さなお子様がいる家庭、ペットを飼育している家庭にはピッタリです。パネルヒーターは、見た目もスタイリッシュでインテリアにも合わせやすいです。

 

パネルに輻射熱を利用した電気ヒーターです。パネルの表面温度も、火傷しにくい60度程度なので安心です。部分的ではなく、部屋全体を暖めることができるのも魅力です。ただ、起動するまでにそれなりに時間がかかるのがネックですね。

メーカーで選ぶ

電気ヒーターは種類はもちろん、商品の価格や機能も様々。メーカーごとに、電気ヒーターの見た目も違います。おしゃれなデザインで人気のアラジンは、インテリアにこだわりがある人におすすめです。

 

コスパ重視で電気ヒーターを選びたい人にピッタリなメーカーは、山善やアイリスオーヤマです。基本的な機能を搭載しながら、手ごろな値段で商品を販売しています。コロナやデロンギといったメーカーも、人気があり定評もあるので迷ったら候補の1つに入れるといいでしょう。

機能で選ぶ

電気ヒーターは、機能で選ぶのもおすすめです。安全面で心配してしまう人は、転倒時オフ機能が付いている電気ヒーターを選ぶようにしましょう。電気ヒーターが何らかの原因で倒れてしまったら、自動的に電源が切れるので火災につながる心配もなくなります。

 

他にも、温度調節が細かく調節できる機能を搭載している電気ヒーターもおすすめです。快適さを求めるなら、5段階から10段階くらい可能な電気ヒーターを選ぶのがいいでしょう。電気ヒーターの種類によっては、2段階しか調節できないものもあるので注意して下さいね。

電気ヒーターの人気ランキング10選

第10位

エルエンスタジオ

セラミックファンヒーター

価格:999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5秒で暖かくなるコスパ高めの電気ヒーター

起動してたった5秒で温風を流してくれるのが魅力のこちらの電気ヒーター。足元がひえがちな高齢者や女性におすすめです。サイズもコンパクトなので、卓上の電気ヒーターとしても大いに活躍できます。700gと軽量なので、移動するのも簡単です。

 

電流&温度ヒューズを採用していて過熱保護機能が付いているので、トラブルも起きにくいです。何より、転倒オフ機能が付いているので火災につながる可能性も低く安心して使用することができます。

 

キッチンでの調理時や、お風呂上りに使用する脱衣所などさまざまなシーンで使用できます。コンパクトだからこそ、使う場所を選ばないのがこの電気ヒーターの大きな魅力だと言えるでしょう。

種類 セラミックファンヒーターサイズ21.8 x 21.8 x 11 cm
重量0.7kg機能転倒オフ機能/過熱保護機能
第9位

千住

ガラスパネルヒーター GP-001-K ブラック

価格:7,538円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キャスター付きで移動しやすい

こちらのパネルヒーターはキャスター付きなので、移動も楽にすることができます。消費電力は、1000Wと5000Wの2つあり用途に合わせて使い分けることが可能です。電気代は1時間につき約22円なので、コスパが悪すぎるというわけでもありません。

 

安全性を目的にパネルヒーターを選ぶ人も多いはずです。こちらのパネルヒーターは、転倒オフ機能はもちろん、24時間タイマー機能が付いています。無駄な電気を使わなくて済むので、できるだけ節電したいと考える人にもおすすめです。

 

温度調節機能も付いているので、ある程度部屋が暖まったら温度を下げることもできます。柔らかい暖かさで優しく部屋を包んでくれるので、エアコンの温風が苦手な人にもピッタリな電気ヒーターだと言えるでしょう。

種類パネルヒーターサイズ60.0×26.0×51.0cm
重量7.1Kg機能転倒オフ機能/温度設定機能/タイマー機能
第8位

小泉成器

カーボンヒーター ホワイト KKH0961/W

価格:9,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3時間自動オフタイマーで就寝時も安心

電気ヒーターを寝室で使いたい人は、こちらのカーボンヒーターがおすすめ。3時間経過すれば自動でタイマーがオフになるので、就寝時にも安心です。消し忘れても問題ありません。起動時間はたった0.2秒なので、真冬の季節でも瞬時にお部屋を暖かくしてくれますよ。

 

遠赤外線効果で身体全体を優しくじんわりと暖めてくれます。電力は900Wと450Wの2つに切り替え可能。二重安全転倒スイッチ機能搭載なので、傾いたりした場合は自動的にオフになります。

 

また、通電しないように考えられているので安全性は高めです。電気ヒーターが倒れた状態で、安全転倒スイッチを押されても何も問題ありません。ただ、首振り機能が無いのでポイントで暖めたい空間がある場合の使用に向いています。

種類カーボンヒーターサイズ82.5×28.5×28.5cm
重量2.4kg機能二重安全転倒スイッチ/タイマー機能
第7位

山善(YAMAZEN)

あしもとあったか 電気ストーブ レトロホワイト

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レトロ感のある電気ヒーターはこれ!

レトロなデザインの電気ヒーターを使いたい人におすすめです。カラーは4色用意されていて、部屋のインテリアに合わせて選ぶことが可能です。コンパクトサイズの電気ヒーターなので、冷えた足元を優しく暖めたい時に役立ちますよ。

 

シンプルな造りなので、卓上で使用する電気ヒーターとしては不向きです。転倒時電源オフの機能は搭載されていないので、安全性は低め。小さなお子様がいる家庭やペットを飼っている家庭にはおすすめしません。

 

コードの長さは1.5mあるので、足元のヒーターとして使うには事足ります。勉強や仕事をする時のヒーターとしてはもちろん、食事や料理をする時にもおすすめです。

種類ニクロム電気ヒーターサイズ33×16.5×19.5cm
重量1.1kg機能転倒OFFスイッチ
第6位

DeLonghi(デロンギ)

マルチダイナミックヒーター MDH15WIFI-BK

価格:69,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Wi-Fi機能搭載でより使いやすく

Wi-Fi機能搭載の電気ヒーターを探している人におすすめの商品です。iPhone限定にはなりますが、Wi-Fi機能を使うことができます。AppleのHOMEアプリと連携できます。別途、Apple TVが必要になりますがGPSを設定すれば、外出先からヒーター操作も可能。

 

移動させる時も、折りたたみ式キャスターが付いているのでスムーズです。パネルの表面温度は約60度になっているので、触っても火傷しにくいのも魅力の1つ。チャイルドロック機能も付いていて、小さなお子様がいる家庭でも安心ですよ。

 

温度にこだわりたい人には嬉しい32通りの秒単位の温度コントロールができます。短時間で部屋を暖めることができるので、寒い時期も嬉しいですね。5段階で出力電力を調節できるので、状況に応じた活用ができます。

種類パネルヒーターサイズ27.5×49.5×66.5cm
重量12.5kg機能温度設定機能/Wi-Fi機能/チャイルドロック機能
第5位

コロナ(Corona)

コアヒート AH-12RA(SS)

価格:24,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

賢く節約できる機能が満載!

1円でも節約したいという人におすすめなのが、こちらの電気ヒーターです。こまめに節約できるモードが豊富で、温度調節も11段階で可能です。ゆらぎ運転機能は、体感温度を考えながら節電することができます。省エネセンサー機能と同時に使うのもおすすめですよ。

 

縦横自由に動く電気ヒーターなので、温もりが必要な場所をピンポイントで暖かくしてくれます。遠赤外線の輻射熱で1.8m離れていても、しっかり暖かさが届きます

 

独特な臭いもせず、静音なので快適に家の中で過ごすことができます。コードの長さは2mあるので、広い空間でも余裕です。

種類シーズヒーターサイズ34×30×71.7cm
重量5.6kg機能温度調節機能/ゆらぎ運転/エコモード
第4位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

セラミックファンヒーター JCH-TW122T-W

価格:8,010円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

縦置きも横置きもできる使いやすさ

縦置きでも横置きでも使える電気ヒーターです。人感センサーも2mの範囲であれば、作動することができます。12時間人の動きを感知しなければ、自動的に電源が切れる自動電源オフ機能搭載なので無理することなく節電できます

 

他にも、連続モードを選択すれば約2時間後に電源が切れるので短時間だけ使いたい時にもおすすめです。扇形の電気ヒーターなので、部屋のコーナーに立てて使うことも可能。

 

縦置きと横置きができるタイプ以外にも、首振りタイプやハイタイプがあります。使用用途に合わせて、どれが自分にぴったりなのか見極めるといいでしょう。

種類セラミックファンヒーターサイズ15×15.9×40cm
重量約2.6kg機能転倒時電源オフ/人感センサー自動運転/チャイルドロック機能
第3位

Aladdin (アラジン)

遠赤グラファイトヒーター

価格:7,230円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防滴仕様だからキッチンや脱衣所でも使える

こちらの電気ヒーターは防滴仕様なのが魅力です。キッチンや脱衣所など、水がかかりやすい場所でも安心して使うことができます。また、可愛らしいフォルムのデザインはメーカーこだわりのもの。お部屋の雰囲気をおしゃれに仕上げたい人にもおすすめです。

 

大型ガードが付いているので、燃えやすいものが本体の上に被さってもすぐに火災になりにくいです。センサー機能も搭載しているので、安全面も高いです。

 

グラファイトヒーターということもあって、起動時間は0.2秒と早いです。寒い時期には嬉しいですし、遠赤外線なので柔らかな温もりを楽しむことができるのも魅力です。

種類グラファイトヒーターサイズ19×19×54.8cm
重量1.6kg機能転倒OFFスイッチ/温度調節機能/温度センサー
第2位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

電気ストーブ 遠赤外線タイプ コンパクト

価格:2,527円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルな操作性が嬉しい!

レトロな見た目がどこか懐かしい電気ヒーターです。出力は450Wと800Wから調節することができます。温度ヒューズ制御も可能なのも安心ポイント。温度が上がりすぎた時に自動で電源オフでき、安全に使用することができます。

 

遠赤外線タイプなので、電気ヒーターから離れても身体は冷えずに暖かいままです。寒がりな人にもおすすめの商品です。他にも、転倒しにくくするために本体にスタンドがついているので安定性は高いです。

 

値段も3000円程度とお手頃なのでお財布にも優しいです。寒い冬もこの電気ヒーターが1台あれば、快適に過ごせることは間違いないでしょう。移動しやすいように持ち手も付いていて、使う人のことを考えていることが分かりますね。

種類ニクロム電気ヒーターサイズ40×15×33cm
重量2.1kg機能転倒時電源オフ
第1位

山善(YAMAZEN)

遠赤外線カーボンヒーター

価格:8,411円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自動首振り機能でまんべんなく暖める

こちらの電気ヒーターは、自動首振り機能が搭載されていて部屋全体を暖めることができます。同じ場所を長時間暖めるわけではないので、火傷をする心配もありません。出力はダイヤル式で切り替え可能で、450Wと900Wから調節することができます。

 

遠赤外線のカーボンヒーターなので、起動時間も短く優しく身体を芯から暖めてくれます。倒れると自動的に電源がオフになる転倒オフ機能も付いているので安心です。

 

一人暮らしの方はもちろん、ファミリー世帯がリビングで使っても十分使えるパワーがある商品です。コスパも重視して電気ヒーターを選びたい人にはおすすめですよ。

種類カーボンヒーターサイズ32×32×63.8cm
重量3kg機能転倒OFFスイッチ/自動首振り機能

電気ヒーターおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5081072の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 2
    アイテムID:5081069の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 3
    アイテムID:5081068の画像

    Aladdin (アラジン)

  • 4
    アイテムID:5080997の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 5
    アイテムID:5080860の画像

    コロナ(Corona)

  • 6
    アイテムID:5080838の画像

    DeLonghi(デロンギ)

  • 7
    アイテムID:5080580の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 8
    アイテムID:5080499の画像

    小泉成器

  • 9
    アイテムID:5080457の画像

    千住

  • 10
    アイテムID:5080414の画像

    エルエンスタジオ

  • 商品名
  • 遠赤外線カーボンヒーター
  • 電気ストーブ 遠赤外線タイプ コンパクト
  • 遠赤グラファイトヒーター
  • セラミックファンヒーター JCH-TW122T-W
  • コアヒート AH-12RA(SS)
  • マルチダイナミックヒーター MDH15WIFI-BK
  • あしもとあったか 電気ストーブ レトロホワイト
  • カーボンヒーター ホワイト KKH0961/W
  • ガラスパネルヒーター GP-001-K ブラック
  • セラミックファンヒーター
  • 特徴
  • 自動首振り機能でまんべんなく暖める
  • シンプルな操作性が嬉しい!
  • 防滴仕様だからキッチンや脱衣所でも使える
  • 縦置きも横置きもできる使いやすさ
  • 賢く節約できる機能が満載!
  • Wi-Fi機能搭載でより使いやすく
  • レトロ感のある電気ヒーターはこれ!
  • 3時間自動オフタイマーで就寝時も安心
  • キャスター付きで移動しやすい
  • 5秒で暖かくなるコスパ高めの電気ヒーター
  • 価格
  • 8411円(税込)
  • 2527円(税込)
  • 7230円(税込)
  • 8010円(税込)
  • 24800円(税込)
  • 69800円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 9300円(税込)
  • 7538円(税込)
  • 999円(税込)
  • 種類
  • カーボンヒーター
  • ニクロム電気ヒーター
  • グラファイトヒーター
  • セラミックファンヒーター
  • シーズヒーター
  • パネルヒーター
  • ニクロム電気ヒーター
  • カーボンヒーター
  • パネルヒーター
  • セラミックファンヒーター
  • サイズ
  • 32×32×63.8cm
  • 40×15×33cm
  • 19×19×54.8cm
  • 15×15.9×40cm
  • 34×30×71.7cm
  • 27.5×49.5×66.5cm
  • 33×16.5×19.5cm
  • 82.5×28.5×28.5cm
  • 60.0×26.0×51.0cm
  • 21.8 x 21.8 x 11 cm
  • 重量
  • 3kg
  • 2.1kg
  • 1.6kg
  • 約2.6kg
  • 5.6kg
  • 12.5kg
  • 1.1kg
  • 2.4kg
  • 7.1Kg
  • 0.7kg
  • 機能
  • 転倒OFFスイッチ/自動首振り機能
  • 転倒時電源オフ
  • 転倒OFFスイッチ/温度調節機能/温度センサー
  • 転倒時電源オフ/人感センサー自動運転/チャイルドロック機能
  • 温度調節機能/ゆらぎ運転/エコモード
  • 温度設定機能/Wi-Fi機能/チャイルドロック機能
  • 転倒OFFスイッチ
  • 二重安全転倒スイッチ/タイマー機能
  • 転倒オフ機能/温度設定機能/タイマー機能
  • 転倒オフ機能/過熱保護機能

電気ヒーターを使う時は空気を循環させる

電気ヒーターは、部屋全体を暖めるより部分的に暖めるのが得意な暖房器具です。暖かさを部屋全体に広げたい場合は、サーキュレーターを使うのがおすすめです。邪魔にならない場所に置いて、上手く暖かい空気を部屋中に行き渡らせましょう。

 

電気ヒーターを使用する部屋の広さにもよりますが、基本的にはエアコンと併用するといいです。均等な部屋の温度を長時間保つには、電気ヒーターだけでは物足りません。電気代が気になるのであれば、省エネ設計の電気ヒーターを選ぶといいでしょう。

まとめ

今回は、電気ヒーターのおすすめの選び方と商品をランキング形式で10選紹介しました。電気代やコスパを重視しながら、電気ヒーターを選ぶのもおすすめですよ。部屋全体を暖める方法も、紹介したことを参考にしながら実践すれば寒い時期も快適に過ごすことができるはずです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ