記事ID138722のサムネイル画像

【安全に運転】スタッドレスタイヤのおすすめランキング10選

スタッドレスタイヤは凍結路や積雪路を安全に走行するためのタイヤです。スタッドレスタイヤはサイズや価格など確認することで自分に合うスタッドレスタイヤを選ぶことができます。今回はそんなスタッドレスタイヤの人気おすすめ商品をランキング形式で10選紹介します。

スタッドレスタイヤで安全に

スタッドレスタイヤと言ってもスタッドレスタイヤがどういうものか理解している人は多くないでしょう。そこでスタッドレスタイヤがどのようなものか説明します。

 

スタッドレスタイヤは凍結路、積雪路などの危険な場所を少しでも安全に走行するために開発されたタイヤのことになります。

 

普通のタイヤを使用した場合、凍結路や積雪路ではスリップしてしまいます。そのため、普通のタイヤではまともに走行することができません。

 

スタッドレスタイヤを装着していれば凍結路などの危険な場所でも走ったり、曲がったりと簡単な動作は行うことができます。そのため、積雪量が多い地域ではスタッドレスタイヤは必需品になります。

スタッドレスタイヤの選び方

スタッドレスタイヤの購入を検討している人はまず初めにどのような基準で選べば良いのか戸惑うでしょう。そこでスタッドレスタイヤの選び方について紹介します。

 

スタッドレスタイヤにもいろんな種類のものがあります。そのため、しっかり種類を確認して購入することが大事になってきます。

 

地域によってはスタッドレスタイヤを必要としない地域もありますが、スタッドレスタイヤを必要とする地域は「雪上性能」「氷上性能」を確認してスタッドレスタイヤを選ぶと良いでしょう。

 

それから、性能をしっかり確認して選ぶことも大事です。性能が高いと値段も高くなりますので「サイズ」「製造年月日」もとても重要になります。

サイズで選ぶ

スタッドレスタイヤを選ぶ際に一番大事なものがタイヤのサイズになります。間違ったサイズのものを購入してしまうと使えないのでサイズはしっかり確認するようにしましょう。

 

サイズの見方は基本的に普通のタイヤと同じ見方で問題ありません。詳しくはメーカーのサイトなどを見て確認すると良いでしょう。

 

それから、冬の時期は少々小さめのインチのタイヤを使用すると燃費、安全性を上げることができるのでおすすめです。

製造年月日で選ぶ

製造年月日があまり気にする人は少ないのですが、スタッドレスタイヤを選ぶ際に製造年月日を確認することはとても重要です。

 

タイヤにはアルファベットや数字が4桁組み合わさった表記の部分がスタッドレスタイヤの製造年月日になっています。

 

タイヤは時間が経つほど劣化していきますので、スタッドレスタイヤを購入する際はタイヤのサイズなどを確認するだけでなく、製造年月日を確認することで長く使用できます。

価格で選ぶ

スタッドレスタイヤを選ぶ際にタイヤのサイズや性能も気になるとは思いますが、まず価格が一番気になるところでしょう。

 

基本的にスタッドレスタイヤの価格はいろいろありますが、性能が高いものを選べば価格は高くなってきます。それから、サイズが大きいものだと同じ種類のものでも高い価格になります。

 

そのため、価格と一緒に性能もしっかり確認してバランスを考えて自分の目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

スタッドレスタイヤのサイズは少々小さめのものを選ぶと燃費が上がることも考えながら選ぶことがコツです。

メーカーで選ぶ

スタッドレスタイヤを選ぶ際には国内のメーカー海外のメーカーがありますので、メーカーをしっかり確認することも大事になってきます。

 

海外メーカーのスタッドレスタイヤは国内メーカーのものに比べて安価で購入することができますが、海外のスタッドレスタイヤはその国の冬の時期を想定して作られています。

 

そのため、海外のメーカーのものを購入してしまうと雪道にマッチしない可能性があり危険ですので、購入する際は必ず日本製メーカーのスタッドレスタイヤを選ぶようにしましょう。

タイプで選ぶ

まずはスタッドレスタイヤのタイプを確認してみましょう。スタッドレスタイヤには撥水タイプと吸水タイプの2つのタイプに分かれています。

 

そのため、どのように使いたいのかしっかり確認して自分に合ったタイプのスタッドレスタイヤを選びましょう。

撥水タイプ

タイヤの表面のゴムの素材が水を弾くことのできるシリカなどで作られた撥水タイプのスタッドレスタイヤです。

 

水を弾くことができるため路面と密着して、グリップ性能が高いのが特徴になっていますのでグリップ性能が高いものを求める場合は撥水タイプのものを選ぶと良いでしょう。

 

撥水タイプのスタッドレスタイヤの主なシリーズとして「WINTER MAXX」のシリーズが有名です。

吸水タイプ

タイヤに水を吸水するための穴が開けられた作りになっているのが、吸水タイプのスタッドレスタイヤです。

 

吸水タイプはタイヤと凍っている路面の間に水を吸水することができるのが特徴になっています。

 

吸水タイプのスタッドレスタイヤの主なシリーズとしてブリジストンの「BRIZZAK VRX」シリーズ、ヨコハマタイヤの「ice GUARD」シリーズが有名です。

 

機能的には吸水タイプのスタッドレスタイヤの方が優れていますので雪がよく降る地域では吸水タイプを選ぶと間違いないでしょう。

 

性能で選ぶ

スタッドレスタイヤを選ぶ際に性能をしっかり確認することが大事です。スタッドレスタイヤの性能は主に「雪上性能」「氷上性能」の2つの性能があります。

 

雪上性能と氷上性能で特徴が変わってきますし、住んでいる場所や用途に合った性能のものを選ぶようにしましょう。

雪上性能

積もっている雪道、シャーベット状になった道路を走るときの性能が「雪上性能」になっています。

 

雪上性能が高いスタッドレスタイヤは北陸地方の人におすすめです。北陸地方は積雪は多いですがアイスバーンなどが少ないので雪上性能が高いものを選びましょう。

 

基本的にスタッドレスタイヤの価格が高ければ高いほど性能も上がり、雪上性能も上がりますのでしっかり確認しましょう。

氷上性能

アイスバーンなどの凍っている路面での性能が「氷上性能」になっています。氷上性能はタイプによって変わります。

 

それから、タイプだけでなくシリーズのグレード、メーカーなどによっても大きく変わることを知っておきましょう。

 

氷上性能が高いスタッドレスタイヤはタイヤゴムが柔らかいのが特徴です。高価なスタッドレスタイヤはその分性能も優れていますのでその点もしっかりふまえて選ぶと良いでしょう。

寿命で選ぶ

スタッドレスタイヤは高価なものなので使用するのであればできるだけ長く使用したいと思います。そのため、スタッドレスタイヤを選ぶ際は寿命のこともしっかり考えましょう。

 

スタッドレスタイヤはものによって何年以上保証しているものもありますので、保証期間を確認しましょう。

 

性能が高いスタッドレスタイヤは消耗が早いという特徴があったりもしますので、高価なものを購入したからと言って安心しないように注意しましょう。

 

それから、スタッドレスタイヤを少しても長持ちさせたいのであれば使用環境保管状況にも気をつけるようにしましょう。

 

値段や性能などをしっかり確認した上で、できるだけ長持ちしそうなスタッドレスタイヤを選ぶと良いでしょう。

燃費で選ぶ

スタッドレスタイヤを選ぶ際に燃費は大事なポイントです。燃費はスタッドレスタイヤだけでなく普通のタイヤでも大事になってきます。

 

スタッドレスタイヤは普通のタイヤと違って燃費が悪いのが特徴のため、できるだけ燃費が良いものを選ぶようにしましょう。

 

燃費を上げるコツとして普通のホイールよりも少々サイズが小さめのホイールを選ぶと良いでしょう。

スタッドレスタイヤの人気ランキング10選

第10位

横浜タイヤ

YOKOHAMA(ヨコハマタイヤ) スタッドレスタイヤ iceGUARD 6 アイスガード iG60 215/50R17 91Q R2847

価格:26,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高性能

こちらのスタッドレスタイヤはYOKOHAMAによるice GUARD6 iG60というスタッドレスタイヤになります。氷だけでなく雨にも効くスタッドレスタイヤで最新型の人気なタイヤです。

 

雨で濡れた道を運転する場合でも安心して運転することができるのも嬉しい点のひとつになっています。

 

また、音も静かなので快適に運転することができます。少々高めの価格ではありますが最高性能のタイヤです。

商品重量10.5Kgタイヤ幅215mm
第9位

横浜タイヤ

スタッドレスタイヤ ice GUARD 5 Plus

価格:14,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

確かな信頼性

こちらのスタッドレスタイヤはYOKOHAMAによるice GUARD5 Plusというスタッドレスタイヤになります。型落ちになっているイメージがありますが、信頼できるタイヤです。

 

信頼性の高さから現在でも人気のあるスタッドレスタイヤになっています。評判もとても良いので迷った人は一度検討してみるのをおすすめします。

 

型落ちということもあって心配な人もいると思いますので、購入を検討する際にしっかり確認しましょう。

商品重量12Kgタイヤ幅205mm
第8位

MICHELIN (ミシュラン)

スタッドレスタイヤ

価格:20,844円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い耐久性

こちらのスタッドレスタイヤはミシュランによるX-ICE3というスタッドレスタイヤになります。

 

それから、タイヤの素材には「Mチップ」という永面再生ゴムを採用していますので氷上性能が高いのが魅力になっています。

 

また、耐久性も高いですのでスタッドレスタイヤの性能をしっかりと発揮することができます。

 

商品重量9.8Kgタイヤ幅205mm
第7位

PIRELLI (ピレリ)

スタッドレスタイヤ WINTER ICE

価格:6,775円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本の冬にピッタリ

こちらのスタッドレスタイヤはプレリー社によるICE ASIMMETRICOというスタッドレスタイヤになります。ピレリー社はイタリアのメーカーになります。そのプレリー社が日本の冬に合わせ製造した特別なタイヤです。

 

アイスバーンでの氷上性能に力を入れて作られていますので、日本の厳しい冬にも最適なのが特徴ですので、北海道などの人にとてもおすすめのタイヤです。

 

また、静かに運転できるのも魅力の一つで乗り心地もとても良いです。値段も比較的手の届きやすいのでスタッドレスタイヤを初めて購入しようと考えてる人にもおすすめです。

商品重量7Kgタイヤ幅195mm
第6位

GOODYEAR(グッドイヤー)

スタッドレスタイヤ ICE NAVI

価格:8,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

雪上性能が高い

こちらのスタッドレスタイヤはグッドイヤーによる2017年に発売されたスタッドレスタイヤになります。グッドイヤーは120年以上の歴史を誇るアメリカメーカーで、そのグッドイヤーによる自信作になります。

 

それから、トレッドパターンのひっかき効果があります。そのため、氷上性能が高いです。氷上性能は高いですが、雪上性能はとても高いので雪道で安心して運転することができます。

 

また、パターンが左右対称のためローテーションがしやすいのも魅力になっていますので長く使用できます。

商品重量8.45Kgタイヤ幅195mm
第5位

ミシュラン(Michelin)

スタッドレスタイヤ X-ICE

価格:18,427円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界最大級メーカー

こちらのスタッドレスタイヤはミシュランによるX-ICEというシリーズのスタッドレスタイヤになります。世界シェアがトップクラスで欧米車に好まれるとされているタイヤになります。

 

欧米車に好まれるタイヤではありますが、国産車にもしっかり向いていますので使用することができます。タイヤのゴムは劣化しにくいのが特徴になっていますので寿命が長いのが魅力です。

 

また、高いタイヤの真円度により安定した走りを可能にしますので快適に運転できるのも嬉しい点です。ドライバーの満足度もとても高いです。

商品重量9.6Kgタイヤ幅205mm
第4位

ダンロップ(DUNLOP)

スタッドレスタイヤ WINTER MAXX

価格:10,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロングライフ仕様

こちらのスタッドレスタイヤはダンロップによるウィンターマックスというスタッドレスタイヤになります。ダンロップ史上最高傑作と言われるほどのものになります。

 

タイヤの素材は液状フィルネセンゴムという特殊なゴムを使用しています。そのため、アイスバーンでのブレーキ性能に優れているのが特徴です。

 

それから、ロング仕様になっており、長年使用してもブレーキ性能が落ちません。ですので、長く使用したい人にとてもおすすめになっています。

 

 

商品重量9.36Kgタイヤ幅195mm
第3位

ミシュラン(Michelin)

スタッドレスタイヤ X-ICE

価格:11,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高速安定性が高い

こちらのスタッドレスタイヤはミシュランのX-ICE 3プラスというスタッドレスタイヤになります。X-ICE 3プラスはミシュランによって2017年に発売されたものになります。

 

高速安定性が高いのが特徴になっており、とても優秀なスタッドレスタイヤになります。静かに運転できるのも魅力で快適に運転することができます。

 

こちらのタイヤは約5年ほど使用することができます。また、パターンは方向性指定になってますので雪上性能もとても良いです。

 

それから、こちらのスタッドレスタイヤは国内で製造されているため、日本の気候に合わせていますので安心して使用できます。

 

商品重量8.5Kgタイヤ幅195mm
第2位

横浜タイヤ

スタッドレスタイヤ iceGUARD

価格:11,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心して使える

こちらのスタッドレスタイヤはヨコハマタイヤによるアイスガード6というスタッドレスタイヤになります。アイスガード6は最新技術を駆使し開発されたスタッドレスタイヤです。

 

アイスバーンに強いのが特徴になっており、氷上でのブレーキやコーナリングなどの性能が優れてます。また、パターンが非対称になっており、INにすると氷上性能が高く、OUTにすると雪上性能が高くなります。

 

それから、高い品質も魅力になっており安心して長く使用することができるので、長く使用したい人におすすめのものになります。

商品重量8.1Kgタイヤ幅195mm
第1位

ブリヂストン(BRIDGESTONE)

スタッドレスタイヤ1本

価格:14,769円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界が認める

こちらのスタッドレスタイヤはブリジストンのブリザックVRXというスタッドレスタイヤになります。ブリザックというのはスタッドレスタイヤと言えばブリザックと言われるほどの知名度でとても人気があります。

 

それから、北海道などでは50%というシェア率で14年間連続で1位です。また、こちらのスタッドレスタイヤはブリジストンで史上最高レベルの性能を誇っているのが魅力になっています。

 

タイヤの素材にはアクティブ発泡ゴムを使用していますので、優れた水膜の除去性能が特徴になっています。グリップ感も良いです。

 

また、アイスバーンでもブレーキがしっかり効きコントロールもとても良いです。そのため、安心して運転することができるのも嬉しいです。少々高めの値段ではありますが、長く使用できるスタッドレスタイヤです。

 

 

商品重量5Kgタイヤ幅195mm

スタッドレスタイヤのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5083223の画像

    ブリヂストン(BRIDGESTONE)

  • 2
    アイテムID:5083224の画像

    横浜タイヤ

  • 3
    アイテムID:5083225の画像

    ミシュラン(Michelin)

  • 4
    アイテムID:5083226の画像

    ダンロップ(DUNLOP)

  • 5
    アイテムID:5083227の画像

    ミシュラン(Michelin)

  • 6
    アイテムID:5083228の画像

    GOODYEAR(グッドイヤー)

  • 7
    アイテムID:5083231の画像

    PIRELLI (ピレリ)

  • 8
    アイテムID:5083233の画像

    MICHELIN (ミシュラン)

  • 9
    アイテムID:5083238の画像

    横浜タイヤ

  • 10
    アイテムID:5083241の画像

    横浜タイヤ

  • 商品名
  • スタッドレスタイヤ1本
  • スタッドレスタイヤ iceGUARD
  • スタッドレスタイヤ X-ICE
  • スタッドレスタイヤ WINTER MAXX
  • スタッドレスタイヤ X-ICE
  • スタッドレスタイヤ ICE NAVI
  • スタッドレスタイヤ WINTER ICE
  • スタッドレスタイヤ
  • スタッドレスタイヤ ice GUARD 5 Plus
  • YOKOHAMA(ヨコハマタイヤ) スタッドレスタイヤ iceGUARD 6 アイスガード iG60 215/50R17 91Q R2847
  • 特徴
  • 世界が認める
  • 安心して使える
  • 高速安定性が高い
  • ロングライフ仕様
  • 世界最大級メーカー
  • 雪上性能が高い
  • 日本の冬にピッタリ
  • 高い耐久性
  • 確かな信頼性
  • 最高性能
  • 価格
  • 14769円(税込)
  • 11000円(税込)
  • 11000円(税込)
  • 10600円(税込)
  • 18427円(税込)
  • 8400円(税込)
  • 6775円(税込)
  • 20844円(税込)
  • 14900円(税込)
  • 26000円(税込)
  • 商品重量
  • 5Kg
  • 8.1Kg
  • 8.5Kg
  • 9.36Kg
  • 9.6Kg
  • 8.45Kg
  • 7Kg
  • 9.8Kg
  • 12Kg
  • 10.5Kg
  • タイヤ幅
  • 195mm
  • 195mm
  • 195mm
  • 195mm
  • 205mm
  • 195mm
  • 195mm
  • 205mm
  • 205mm
  • 215mm

長持ちさせて長く使おう

スタッドレスタイヤの素材は主にゴムを使用しています。そのため、時間が経つと自然に劣化していきます。劣化の速さは保管状況によって大きく変わります。

 

長持ちさせれば長く使用することができますので、スタッドレスタイヤを正しい保管方法でしっかりと保管して長持ちさせましょう。

スタッドレスタイヤの保管方法

スタッドレスタイヤの保管をする上で、大切なことや気をつければいけないことなどがありますので確認しましょう。

水分から守る

スタッドレスタイヤは雨などが当たる場所で保管してはいけません。スタッドレスタイヤの主な素材はゴムですので水分によってゴムの変質が早まってしまいます。また、湿度の高い場所も避けましょう。

 

それから、タイヤ内部のスチールコードの劣化の原因にもなりますので気をつけましょう。スタッドレスタイヤを保管する場合は水分がなくなった状態で保管しましょう。

高温は避ける

スタッドレスタイヤを保管する場合、直接日が当たる場所や高温の場所は避けるようにしましょう。

 

日の当たる場所や高温の場所で保管した場合、紫外線などによりひび割れなどを起こす可能性があります。

 

そのため、しっかりとスタッドレスタイヤにカバーをかけて涼しい場所で保管することが大切です。

油との相性は悪い

スタッドレスタイヤは素材がゴムのため油類との相性はよくありません。そのため、タイヤワックスなどをかけた場合は拭き取るようにしましょう。

まとめ

今回スタッドレスタイヤのおすすめランキング10選を紹介しましたがいかがだったでしょうか。スタッドレスタイヤにはメーカーによって特徴なども変わってきますのでしっかり確認して自分にあったスタッドレスタイヤを見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ