記事ID138713のサムネイル画像

【おしゃれに楽しもう】人気のオーディオラックのおすすめランキング10選

オーディオラックを収納するためのオーディオラック。しかしオーディオラックはただ収納するだけではなく、オーディオ機器のレコードなどの音質を高めるためのサポート約としても役立ちます。今回はオーディオラックの選び方とハヤミなど人気でおすすめの商品を紹介します。

オーディオラックの魅力

オーディオ機器をまとめて乗せておくことができるオーディオラックは、むき出しのまま置いておくよりも見栄えを良くしてくれます。さらにオーディオラックを使ったことが無い方にはわからないような効果を発揮します。それが音質です。

 

専用設計されたオーディオラックには音質向上のための振動対策が施されており、オーディオボードやスピーカースタンドの素材によって音に変化があらわれます。これは高価なオーディオ機器の本来の音質を更に高めてくれるといえます。

 

今回はそんなオーディオラックの選び方と人気でおすすめの商品をランキング形式で紹介します。自分にあった素晴らしいオーディオラックを選んで音楽を更に楽しみましょう。

オーディオラックの選び方

オーディオラックの選び方にはいくつかのポイントがあります。以下では自分にあったオーディオラックの選び方のポイントを紹介していきます。

素材をチェック

オーディオラックには様々な素材が使用されていますが、素材の違いによって効果も違ってきます。素材がもたらす効果を確認しておきましょう。

ウォーミーな音なら柔らかめの材質

温かみのある艶のあるようなウォーミーな音を求めるなら柔らかめの材質を選ぶことをおすすめします。素材には木製を中心に、ゴムノキやスギノキ、チェリー、パインが人気があります。

 

また、分厚い木材を使用することで、高い耐荷重性にも優れており、重いオーディオ機器を安心して設置することができるというメリットもあります。

 

そして木製のオーディオラックはナチュラルなインテリアや北欧風のインテリアを好む方におすすめで、温かみのある印象を与え、ウォーミーな音を実現します。

ソリッドな響きなら硬めの素材

オーディオラックの素材は硬ければ硬いほど、高音が金属的でソリッドな響き方を見せます。そんなソリッド的な響き方を追求するならMDF材、ヒッコリー、黒檀、ホワイトオークから選ぶことをおすすめします。

 

これらの素材は重くて硬い素材で、耐荷重が優れているので、重量のあるオーディオ機器を乗せても耐えることができ、安全性も高いという特徴があります。

 

硬い素材を採用したオーディオラックは見ためも重厚感があり、耐荷重に優れ、ソリッドな硬質な音を楽しむことができます

インテリアを追求するならガラス製

おしゃれなデザイン性で、部屋のインテリアとしての部分を追求するなら、ガラス製のオーディオラックがおすすめです。

 

ガラス製のオーディオラックは一見、割れて危険な印象を持つかもしれませんが、ガラスといっても強化ガラスや防弾ガラスなどを使用し、製造されているラックが多いため、耐荷重性にも優れ、安心して使用することができます。

 

また、ガラス製素材のオーディオラックはシンプルなインテリアを好む方におすすめのタイプのオーディオラックで。部屋に落ち着いた雰囲気を与えてくれます。ノイズなど音に影響を与えにくく、音質はソリッド系に近い音質を楽しむことができます。

形で選ぶ

オーディオラックには、扉があるタイプと、扉がないタイプが展開しています。それぞれの特徴を把握しておきましょう。

何かと便利な扉式

扉タイプのオーディオラックは、扉を閉めることで中から物が落ちてくることを防いでくれます。また、小さな子供がいる場合にはオーディをに触れられることもなく、棚の部分にほこりがたまりにくいというメリットもあります

 

さらにオーディオ以外にもテレビのリモコンやエアコンのリモコン、その他の様々な小物を収納して扉を閉めておけばスッキリとした印象を与えます。

 

中にはキャスターが付いたタイプも販売されているので、掃除の際に少し移動させてオーディオラック下を簡単に掃除することができるので便利です。

自由な発想で使える扉無しタイプ

扉が無いタイプのオーディオラックは、扉が無い分、自由な発想でオーディオをセッティングすることができます。また、段の数が多めについているものが多数展開しているので、オーディオ以外にも飾りものなどを一緒に置いておくことができます。

 

そして、扉がないオーディオラックは、シンプルな形をしたものから、おしゃれな形をしたものまで様々なタイプのものが展開しています。

 

自分の部屋のインテリアの感じから、相性が合いそうなデザインのオーディオラックを選ぶと良いでしょう

機能性で選ぶ

オーディオラックには、耐荷重や、板の枚数を増やすことができるもの、移動に便利なキャスターがついたものなど様々な機能を備えたものが展開しています。

耐荷重をチェック

一言でオーディオと言っても様々な種類があり、重さにも違いがあります。自分が持っているオーディオの重さに耐えられないオーディオラックを購入しても意味がありません。そこで、耐荷重に注目して購入を考える必要があります。

 

中には耐荷重100kgという抜群の性能を持つオーディオプレーヤーも展開しています。最も危険な選び方は、価格のみを追求し、安いだけのオーディオラックを購入してしまう選び方です。

 

しっかりと耐荷重がどれほどのものかをチェックしましょう。また、重たいオーディオ機器が倒れてしまうことがないように、がたつきやふらつきがなく、しっかりとした作りになっているかなどを細かくチェックしておきましょう。

付けたしを予定している方には拡張型

最初はCDプレーヤーを購入し、そのうちアナログプレーヤーの購入を考えている方など、後でプレーヤーやスピーカーなどを増やす予定がある方には拡張することが可能なタイプのオーディオラックがおすすめです。

 

扉付きのオーディオラックなどにはありませんが、扉が付いていないタイプのオーディオラックには後から付け足しが可能なものが展開しています。そして付け足しだけではなく、同じ種類のオーディオラックを並べて使うことも可能です。

 

また、おしゃれなデザイン性に優れたものも多数展開しているので、自分の部屋にマッチしたラックをチェックしてみると良いでしょう。

移動に便利なキャスター付き

オーディオラックを様々な場所に移動させて楽しみたいという方には、キャスター付きタイプのオーディオラックがおすすめです。

 

キャスターが付いていれば持ち上げて移動させる手間が省け、押して転がすだけで移動することが可能になります。特に女性の方にはキャスターが付いていれば、掃除の際にも移動させてほこりがたまりやすいラックの下を簡単に掃除することができるのでとても便利です。

 

また、オーディオラックが勝手に動かないようにストッパー付きのキャスターを選ぶと安心です。ストッパーが付いていないと、地震などで勝手に動いてしまうことがありますので注意しましょう

人気のオーディオラックのおすすめランキング10選

第10位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

BAB-150

価格:8,014円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマートなのに、抜群の収納力

たっぷり収納しても出し入れスムーズでスライドレール付きだから重くなってもスッとひきだすことができます。オーディオはもちろんAV機器をまとめて収納し、棚板は3段階で高さ調節することが可能です。

 

また複数の機器を収納することができ、オープンタイプで遠赤外線受信もスムーズです。背面がフルオープンなので、配線を後ろでまとめられて、コードを隠して見ためもスッキリすることができます。

 

高さをおさえることで圧迫感がなくなり、部屋を広く魅せることもでき、テレビボードとしても使えるおすすめのオーディオラックです。

素材木材総耐荷重61kg
サイズ幅150×奥行38.8×高さ28cm
第9位

ヤマハ(YAMAHA)

GTR-1000(MB)

価格:38,059円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音質最優先設計の重量級オーディオラック

ヤマハから展開しているHiFiオーディオシステムに求められる理想的な音響効果を発揮する、高音質最優先設計の重量級オーディオラックです。

 

ヤマハ伝統の留め構造に、やといの手法を併用し、板50mmの天板/底板/側板を隙間なく強固に組み上げることで、極めて高い機械的剛性を確保しています。

 

本体質量32kgの高質量とも相まって不要振動をしっかり抑え込み、解像度の高い低音域など、HiFiオーディオシステムに求められる理想的な音響効果を発揮します。複数台を横に並べて使える、飽きの来ないシンプルなデザインも魅力です。

素材天然木(樺材)総耐荷重120kg
サイズ580W×440H×440Dmm
第8位

ハヤミ

Joltシリーズ J-4560

価格:31,132円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

連なるジョイントパーツが設置の自由を叶える

ハヤミ工産から発売しているこちらのジョルトシリーズのオーディオラックは、コンポーネントを美しく魅せ、放熱性にも優れたフルオープンデザインになっています。最大の特徴は連なるジョイントパーツが設置の自由を叶える点です

 

上や横など様々な場所にジョイントできるユニット機構専用部品でしっかりとした固定が可能で、ベース部には床を傷つけず、がたつきをおさえるアジャスターを配置しているので安心です。

 

天、棚、底板の表面材は硬度の高い木目メラミン貼り仕上げで、側板はマットブラックシート貼り仕上げで、木口部は一面一面全て手作業で塗装しています。さらにキャスターが付いて移動も楽なおすすめのオーディオラックです。

素材木製総耐荷重150lg
サイズ 幅66 × 奥行55 × 高さ56.8cm
第7位

FITUEYES

AS406005GB

価格:9,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納力抜群

こちらのオーディオラックは、厚み8/5/5/mmのブラック強化ガラスを使用したタイプで、通常のガラスに比べ、強度が増し、荷重能力が向上したオーディオラックです。表面をシルク印刷処理しているので高級感があります。

 

また、アップグレード版のロック付きキャスターの追加により、移動や固定することが簡単にでき、家の中を楽に移動することができます。そして底脚部分には高さ調節機能がついており、高さを自在に調節することができます。

 

おしゃれなデザインの高品質なガラス素材を採用したタイプで、インテリアに映えるデザインが特徴的です。さらに耐荷重に優れたおすすめのオーディオラックです。

素材強化ガラス総耐荷重40kg
サイズ幅600mm×奥行455mm×高さ809mm
第6位

ハヤミ

ハヤミ工産【TIMEZ】Aシリーズ (15v~20v型対応) 小型テレビ台 TV-A50H

価格:3,967円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなスクエアデザイン

こちらのオーディオラックは、無駄を極限までそぎ落したシンプルなスクエアデザインでネジ穴がないスッキリとしたフレームが人気です。高さ400mmのスタンダードポジションで、移動に便利なキャスター付きです。

 

スタンダードな高さでオーディオラックとしてはもちろん、小型テレビラックとしても人気があります。総耐荷重30kgを誇り、さらに転倒防止ロープがついているので、重いオーディオを乗せても倒れる心配がありません。

 

シンプルでシックなモノトーンカラーであるブラックを採用し、どのような部屋のインテリアにも相性が良い人気でおすすめのオーディオラックです。

 

 

素材スチール総耐荷重30kg
サイズ幅 500 × 奥行き 300 × 高さ 400 (mm)
第5位

ハヤミ

NRシリーズ タテ型 NR-601

価格:19,870円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザインを統一しておしゃれなインテリに

ハヤミ工産のこちらのオーディオラックは、テレビ台やスピーカースタンドまでデザインを統一して使うことができるおしゃれなオーディオラックです。

 

天板と棚板、底板はダークブラウンの木目柄で、奥行き380mmの薄型設計で、ハイレゾオーディオをはじめ、コンパクトな機器に対応可能です。また、オーディオ以外の小物も収納しておくことができます。

 

側板前面は高級感のある光沢シート仕上げで、移動に便利なキャスター付きです。側板は19.8cm×1組と15.6cm×4組を自由に組み替え可能です。シンプルなデザインでどのような部屋にも映えます。

素材木材総耐荷重70kg
サイズ幅 600 × 奥行き 380 × 高さ 1019 (mm)
第4位

エイ・アイ・エス (AIS)

OPR-5020

価格:2,470円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サイズバリエーションの豊富な、オープンラック

こちらのラックは、様々なサイズの複数のラックを組み合わせることで自分の思うがままに使うことができる人気のオーディオラックです。これ一台で耐荷重40kgを誇り、自分が持っているオーディオやスピーカー分のラックを揃えることできれいにまとめることが可能。

 

オーディオが増えたらまた増やすだけでインテリアとしても映えるおすすめのオーディオラックです。サイズバリエーションも豊富で、オープンラックとしても使うことが可能で、小物なども収納することができ、使い方は自由自在です

 

組立てはネジを使わずに簡単にでき、シンプルなデザインが人気でおすすめのコンパクトラックです。

素材木材総耐荷重40kg
サイズ幅50×奥行30×高さ20cm
第3位

ハヤミ

NXシリーズ タテ型 NX-B301

価格:16,983円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ベーシックなタテ型オーディオラック

ハヤミ工産から発売されているこちらのオーディオラックは、ベーシックなタテ型タイプのレギュラーコンポ用タテ型オーディオラックです。スタンダードなブラックマットシート張り仕上げで、設置した機器を保護するための強化ガラス扉がついています

 

ガラス扉を閉めることで中にほこりがたまりにくく、外から見てもスッキリとした印象を実感できます。

 

また、移動に便利なキャスター付きなので女性にも簡単に移動させることができるので大変便利です。機器が5台収納することが可能な人気でおすすめのオーディオラックです。

素材木材総耐荷重約100kg
サイズ幅55.8×奥行48×高さ90cm
第2位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

OWR-600

価格:2,982円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可動式の棚板&背板つき

こちらのオーディオラックは、高級感のある木目調ウッドラックで、シンプルなデザインでお部屋のインテリアにも調和しやすいおすすめのラックです

 

置くものに合わせて約14cm間隔で棚板の位置が調整可能で、背板付なのでラックの奥にものが落ちるのを防ぐことができます。耐荷重80kgを誇る丈夫なラックで、更に増やしたい場合には横に並べて使うこともできます。

 

フルオープンタイプなので、出し入れしやすく、様々な小物もサッと置くことができるのでとても便利です。

素材木製総耐荷重80kg
サイズ60×29.25×87.9cm
第1位

FITUEYES

FTW406001MB

価格:10,499円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強化ガラスを採用したおしゃれで丈夫なアイテム

こちらのオーディオラックは、強化ガラスの曲げ強度、耐衝撃強度、セーフ性は普通のガラスの数倍以上にもなり、その積載能力の強化によって壊れやすい性質が改善され、壊れても鋭角無しの小さなかけらになるため、人体へのダメージがありません

 

テレビボードとしても活躍し、空間節約と壁パンチなしで使用することができるHiFiラックとTVラック一体型です。スタンドは40kgの重さが耐えられる抜群の耐荷重で、非常部に丈夫で長持ちします。

 

トレー装置の設計によってDVDテレビボックスなどの様々な小さなアイテムを収納することができるおすすめのラックです。

素材強化ガラス総耐荷重110kg
サイズ幅600mm×奥行420mm×高さ1365mm

オーディオラックのおすすめ商品一覧

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5078823の画像

    FITUEYES

  • 2
    アイテムID:5078834の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 3
    アイテムID:5078715の画像

    ハヤミ

  • 4
    アイテムID:5078809の画像

    エイ・アイ・エス (AIS)

  • 5
    アイテムID:5078742の画像

    ハヤミ

  • 6
    アイテムID:5078853の画像

    ハヤミ

  • 7
    アイテムID:5078772の画像

    FITUEYES

  • 8
    アイテムID:5078774の画像

    ハヤミ

  • 9
    アイテムID:5078773の画像

    ヤマハ(YAMAHA)

  • 10
    アイテムID:5078796の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 商品名
  • FTW406001MB
  • OWR-600
  • NXシリーズ タテ型 NX-B301
  • OPR-5020
  • NRシリーズ タテ型 NR-601
  • ハヤミ工産【TIMEZ】Aシリーズ (15v~20v型対応) 小型テレビ台 TV-A50H
  • AS406005GB
  • Joltシリーズ J-4560
  • GTR-1000(MB)
  • BAB-150
  • 特徴
  • 強化ガラスを採用したおしゃれで丈夫なアイテム
  • 可動式の棚板&背板つき
  • ベーシックなタテ型オーディオラック
  • サイズバリエーションの豊富な、オープンラック
  • デザインを統一しておしゃれなインテリに
  • シンプルなスクエアデザイン
  • 収納力抜群
  • 連なるジョイントパーツが設置の自由を叶える
  • 音質最優先設計の重量級オーディオラック
  • スマートなのに、抜群の収納力
  • 価格
  • 10499円(税込)
  • 2982円(税込)
  • 16983円(税込)
  • 2470円(税込)
  • 19870円(税込)
  • 3967円(税込)
  • 9599円(税込)
  • 31132円(税込)
  • 38059円(税込)
  • 8014円(税込)
  • 素材
  • 強化ガラス
  • 木製
  • 木材
  • 木材
  • 木材
  • スチール
  • 強化ガラス
  • 木製
  • 天然木(樺材)
  • 木材
  • 総耐荷重
  • 110kg
  • 80kg
  • 約100kg
  • 40kg
  • 70kg
  • 30kg
  • 40kg
  • 150lg
  • 120kg
  • 61kg
  • サイズ
  • 幅600mm×奥行420mm×高さ1365mm
  • 60×29.25×87.9cm
  • 幅55.8×奥行48×高さ90cm
  • 幅50×奥行30×高さ20cm
  • 幅 600 × 奥行き 380 × 高さ 1019 (mm)
  • 幅 500 × 奥行き 300 × 高さ 400 (mm)
  • 幅600mm×奥行455mm×高さ809mm
  • 幅66 × 奥行55 × 高さ56.8cm
  • 580W×440H×440Dmm
  • 幅150×奥行38.8×高さ28cm

オーディオラックを安全に使うために

オーディオラックは長く安全に使いたいですよね、そこでオーディオラックを安全に使うために必要なことを以下で紹介していきます。

火災を防止する

オーディオラックを使用する際には、コンセント付近の火災に注意が必要です。コンセント周りはほこりが溜まりやすく、何かの拍子で火花が発生し、ほこりに火が移り火災に発展してしまう事故が報告されています。

 

そのような火災を防ぐためにも、キャスター付きのオーディオラックではちょっと移動し、コンセント周りの清掃をこまめにすることをおすすめします。

転倒を防止する

重量のあるオーディオを乗せたオーディオラックが、何かの拍子で倒れてしまったら危険です。特に小さな子供がいるような家庭では気になるところです。

 

地震対策としてもオーディオラックが倒れないように耐震マットや転倒防止用のロープをつけることが、オーディオラックを安全に使うてためには必要です。

 

お気に入りのオーディオラックを選んだら、転倒防止用アイテムも同時にチェックしましょう

まとめ

ここまでオーディオラックの選び方とおすすめのオーディオラックを紹介してきましたが、気になるアイテムは見つかりましたでしょうか。耐荷重や機能性をチェックし、自分にあったオーディオラックを選んで、音楽をさらに楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ