記事ID138708のサムネイル画像

【2019年最新版】キャプチャーボードのおすすめ人気ランキング10選

今の時代、ゲームプレイ動画を投稿する人がかなり多くなってきました。これらの動画はとても人気のあるものですが、動画投稿ではキャプチャーボードというものを使っていることを知っているでしょうか。今回は、キャプチャーボードの選び方について紹介するのでぜひどうぞ。

キャプチャーボードを使ってどんどん動画投稿してみよう

ゲーム実況などが人気になっていることは、誰もが聞いたことのある話だと思います。ですが、実際にゲーム実況を投稿する際に、どのような方法で行っているかを知っているでしょうか。実況動画を世に配信するためには、ある機器が必要なのです。

 

その機器は、キャプチャーボードと呼ばれ、パソコンとゲーム機を繋ぐ重要な役割を果たしています。キャプチャーボードを選ぶには、種類・接続方式・機能などを知っておく必要があります。今回はこれらのポイントを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

キャプチャーボードの選び方

キャプチャーボードは、自分が使うゲーム機やパソコンによって選ぶべきものが違ってきます。そのため、何が出来て何が出来ないのかを知ることが重要になるのです。

キャプチャーボードの種類で選ぶ

キャプチャーボードには、それぞれ異なる種類があります。そのため、選ぶときはどの種類を選ぶかを知っておく必要があるのです。

キャプチャーボードの内臓型はデスクトップ向け

キャプチャーボードには、それぞれ違った種類があるのですが、その中でもデスクトップに使われることが多いものが内臓型となります。内蔵型は、その名の通りデスクトップパソコンに組み込むことで使う種類です。

 

内臓型のため、ノートパソコンなどのように元々組み立てられているパソコンには使われていません。デスクトップのように、人によってカスタマイズが出来るからこそ使えるという点が、内蔵型の特徴と言えるのです。

 

今の時代、ゲーム実況などが盛んに行われているため、デスクトップパソコンを使っている人は多くなっています。また、パソコンのスペックによってキャプチャーボードの性能が左右されることもあるため、本格派の人は内蔵型をおすすめします。

キャプチャーボードの外付け型はノートパソコン向け

キャプチャーボードのもう1つある種類として、外付け型があります。この種類は、キャプチャーボードを自由に移動させることが出来るため、デスクトップ・ノートパソコンともに接続することが可能となっています。

 

使い勝手の良い種類なので、ノートパソコンでゲーム実況を試しに行ってみたいという人にもおすすめ出来る種類となっています。その分、パソコン周りが少し狭くなりますが、そこまで気になるものではないので安心して使ってみてください。

 

また、内蔵型に向いているデスクトップパソコンであっても、設置場所等の観点から外付け型を使うことは多いです。やはり、ゲーム機・キャプチャーボード・パソコンを繋げる際、人それぞれの都合などもあるので、よく考えて使うようにしましょう。

自分が使うパソコンで選ぶ種類を決めるようにする

キャプチャーボードを選ぶという人は、少なからずゲーム動画配信に興味がある人になっています。そのため、選ぶ前には必ず自分が使うパソコンの種類やスペックを確認しておいてください。

 

キャプチャーボードは、紹介したように内蔵型・外付け型に分かれています。そのため、初めてキャプチャーボードを選ぶ人は、あまり種類を考慮せずに購入することもあるでしょう。ですが、それが後で失敗を生む要因となっていまいます。

 

特に、内蔵型を選んでしまった場合、デスクトップパソコンがなければどうしようもなくなります。デスクトップパソコンは、それなりに価格が高いので、余計な出費がかかることもあるのです。安くないものばかりなので、注意しておいてください。

接続方式で選ぶ

キャプチャーボードを選ぶ際は、接続方式にも気を配る必要があります。どのゲーム機を使うかによって、接続方式が根本から違うものもあるのです。

接続端子はゲーム機の種類で選ぶ

今の時代、映像を画面に映す際に使われているものはHDMIがほとんどになっています。ケーブル1つで綺麗な映像を映すことが出来るので、ゲーム機も含めてHDMI端子が主流になっているのです。

 

ですが、これはあくまで今の時代にあるゲーム機に限った話であることは知っておく必要があるでしょう。というのも、一昔前のゲーム機ではHDMI端子が使えず、RCA端子と呼ばれるものが主流となっていたからです。

 

ゲーム実況などで使われるゲーム機は、スーパーファミコンやニンテンドー64など、HDMI端子以前のものも多く存在しています。そのため、もしレトロゲームを実況したいのであれば、その端子に対応したキャプチャーボードを選ぶ必要があるのです。

RCA端子の需要は意外と高い

現在の主流であるHDMI端子は、ゲーム実況等で使われることが多いものです。ですが、同じように、今まで発売されてきたレトロゲーム機で発売されたゲームの人気は以前高いものが多いので、RCA端子はバカに出来ないのです。

 

むしろ、レトロゲームだけを見たいという人も多く、昔のゲーム機は今でも根強い人気を誇っています。実際、テレビ番組などでもレトロゲームが多く紹介されており、懐かしさを求めて動画を見る人も多いでしょう。

 

このように、古いゲーム機の需要は未だに多くあるので、RCA端子に対応したキャプチャーボードを選ぶ機会は多くあると言えます。もし、こうしたレトロゲーム機を使いたいと考えているなら、しっかりとキャプチャーボードを選んでみてください。

エンコードも一応確認しておく必要はある

キャプチャーボードを接続する際、エンコード方式という言葉が出てくることがあります。これは、ソフトウェアエンコードとハードウェアエンコードの2つがあり、画面にゲームを映す際の遅延などに関係しているものです。

 

キャプチャーボードを使っている以上、多少の遅延はあります。この中でも、パソコンにかかる負荷が大きい分、遅延が遅いものとしてソフトウェアエンコードがあります。そして、この逆がハードウェアエンコードとなっています。

 

とはいえ、これらの違いは技術の進歩やパススルーと呼ばれる接続方式などで解決出来る部分もあり、あまり大きな問題ではありません。遅延は、ゲーム実況などには必ずつきまとうものなので、エンコードも参考程度に気にしておきましょう。

機能で選ぶ

キャプチャーボードには、ゲームの映像を映す以外にも様々な機能が付属しています。その機能を知っておけば、より快適に使うことが出来るでしょう。

ゲーム実況者なら配信機能付きがおすすめ

キャプチャーボード自体は、パソコン画面に映し出す機器ですが、それを補う機能が製品ごとにあります。その中でも、ゲーム実況をやりたい人に必ずといって良いほどおすすめなものが、配信機能なのです。

 

今の時代、ゲーム実況を行う人は増えているので、大抵のキャプチャーボードには配信機能があります。ですが、中には配信を別のソフト等で行わなければならないものあるため、確認は必須と言えるでしょう。

 

ゲーム実況配信は、主に後で編集するものとライブ配信するものがあります。特に、ライブ配信は編集の手間もかからずお手軽に出来るので、多くの人が活用しています。もし、ライブ配信でゲーム実況をやりたいなら、配信機能があるものを選んでみてください。

編集機能があればなお良し

ゲーム実況を行う上で、ライブ配信以外にも重要な機能があります。その機能とは、編集機能です。動画配信者は、動画を撮影した後に動画編集を行うのですが、編集機能があれば、それをキャプチャーボードで撮影した後、すぐに行うことが出来るのです。

 

製品によって、どんな編集ソフトがあるのかは違いますが、キャプチャーボードとセットで使えるとかなり便利だと言えるでしょう。わざわざ編集ソフトを別で購入する手間も省けるため、ストレスなくゲーム実況を配信出来ます。

 

ですが、キャプチャーボードには編集機能が付いていないものあるため、購入前には必ず機能の有無を確認しておきましょう。また、すでに編集ソフトを持っている人は、どちらがより良い編集を出来るか考慮しておきましょう。

HDCPの回避が出来るかも見ておく

キャプチャーボードを使ってパソコンの画面に映像を映すことが出来ないゲーム機もあります。これは、PS3やPSVITAになるのですが、理由として、HDCPと呼ばれるコピー防止機能が働いてしまうというものがあります。

 

そのため、PS3のゲーム機をキャプチャーボードで繋ぐ際には、HDCPを回避する接続を行う必要があるのです。ですが、キャプチャーボードの中には、事前にHDCP回避を行える機能を持った製品も存在しています。

 

HDCPを回避出来るキャプチャーボードがあれば、難しい接続を行わず、簡単にゲーム画面を映すことが可能です。そのため、PS3・PSVITAなどのゲーム機を使う際は、HDCP回避が出来るキャプチャーボードを使ってみてください。

キャプチャーボードの人気ランキング10選

第10位

ブラックマジックデザイン

003062

価格:23,249円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

玄人向けのキャプチャーボード

フルHDの4倍画質で録画が可能なキャプチャーボードとなっています。また、接続端子も、HDMIだけでなく、従来のSビデオ端子も付いているので、実用性は高いキャプチャーボードとなっています。

 

さらに、使われている部品に関しても、映像のプロなどが愛用しているものが多く、かなり玄人向けの製品だと言えるでしょう。その分、使いこなせば、かなり重宝すること間違いなしだと言えます。

 

編集ソフトに関しても、ハリウッドなどで使われているものと同じであり、かなり期待できるものとなっています。とはいえ、初心者向けとは言い難いので、使う時はよく考えて選ぶことをおすすめします。

種類内臓型接続端子HDMI、Sビデオ
編集ソフト有りHDCP回避無し
第9位

AVERMEDIA

DV427

価格:21,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブル価格のキャプチャーボード

内臓型のキャプチャーボードではありますが、スペックはしっかりとしており、価格もリーズナブルになっています。そのため、デスクトップパソコンで初めてゲーム配信を行う人でも、気軽に使うことが出来るでしょう。

 

また、遅延に対する対策も行われており、余程気にする人でなければ、普通にゲームを楽しんでプレイすることが可能になっています。また、どうしても気になる人は、パススルー機能もあるため、そちらを使ってみてください。

 

また、編集ソフトも付いていることから、ゲーム配信する際にあまり困ることはなくなるでしょう。デスクトップパソコンを使っている人向けのキャプチャーボードですが、使いやすいので、ぜひ試してみてください。

種類内臓型接続端子HDMI
編集ソフト有りHDCP回避無し
第8位

Corsair

10GAG9901

価格:44,717円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイスペックな内蔵型キャプチャーボード

内臓型のハイスペックキャプチャーボードとなっています。現在、主流になりつつある4K画質に対応しており、常に懸念されている遅延に関しても気にする必要はありません。デスクトップパソコン向けのキャプチャーボードと言えるでしょう。

 

また、編集ソフトも付いているため、ゲーム配信を行う上で困るようなことはほとんどありません。オンライン対戦型のゲームでも、そのスペックの高さを遺憾なく発揮してくれることは間違いありません。

 

ですが、やはり内臓型のため、デスクトップパソコンを使っていない人には敷居が高くなることは否めないでしょう。価格も、スペック相当のものになっているため、ゲーム配信を本格的に行いたい人はぜひ使ってみてください。

種類内臓型接続端子HDMI
編集ソフト有りHDCP回避無し
第7位

アイ・オー・データ

GV-USB2

価格:2,905円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レトロゲームにおすすめのキャプチャーボード

発売からかなりの年月が経っていますが、未だに使用している人が多いキャプチャーボードとなっています。RCA端子のみなので、主にレトロゲームを配信する際に重宝するキャプチャーボードと言えるでしょう。

 

また、古いキャプチャーボードなので、価格も現在と比べてかなり低くなっています。そのため、レトロゲーム中心のゲーム配信を考えている人なら、このキャプチャーボードさえあれば、特に問題はないと言えるでしょう。

 

今のゲームより、昔のゲームの方が好みだという人には大変おすすめ出来る製品となっています。レトロゲームは、近年リメイク作品が多く出るなど、まだまだ根強い人気を誇っているものが多いので、ぜひ使ってみてください。

種類外付け型接続端子RCA
編集ソフト無しHDCP回避なし
第6位

エスケイネット

SK-MVXU3R

価格:16,121円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使用者が多いキャプチャーボード

ゲーム配信を行っている人の中でも、使用者がかなり多い事で有名なキャプチャーボードとなっています。その理由としては、価格がかなりリーズナブルであり、今の主流であるHDMI接続が問題なく行えることから来ています。

 

また、パススルー機能も付いているため、ゲーム中の遅延を気にする必要もほとんどありません。使いやすさ・価格・機能などから、初めてでも問題なく活用できる点が人気だと言えるでしょう。

 

発売は、2013年以前となっており、キャプチャーボードとしては少し古い製品となっています。とはいえ、録画に関してもフルHD対応していることから、特にこだわりがないのであれば、このキャプチャーボードを使ってみることをおすすめします。

種類外付け型接続端子HDMI、USB
編集ソフト無しHDCP回避無し
第5位

アイ・オー・データ

GV-USB3/HD

価格:16,351円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格がリーズナブルなキャプチャーボード

I-O DATAが発売しているキャプチャーボードであり、かなりリーズナブルな価格で手に入れることが出来る製品となっています。この価格なら、ゲーム実況を始めたいと考えている人でも、気軽に手を出すことが出来るでしょう。

 

また、編集ソフトに関してもPower Directorを使っており、これはI-O DATA製品に対応したものとなっています。これにより、ゲーム配信に関して困ることはほとんどなくなると言っても過言ではありません。

 

画質に関しては、フルHD対応しているため、特に問題はないと言えます。同じく、録画に関しても、HD Mix Captureと呼ばれるソフトがあるので、安心してゲーム配信を楽しんで見てください。

種類外付け型接続端子HDMI、USB
編集ソフト有りHDCP回避無し
第4位

AVERMEDIA

DV478

価格:20,941円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4K対応しているキャプチャーボード

4K画質に対応したキャプチャーボードであり、より画質にこだわりたい人におすすめの製品となっています。フルHDでも十分な画質を確保出来るのですが、やはり時代は4Kなので、これから先を見据える意味でもおすすめだと言えます。

 

また、編集ソフトは人気の高いPower Director15となっており、ゲーム配信において困ることはほとんどないと言っても過言ではありません。価格も2万円台前半のため、手に入りやすいキャプチャーボードとなっています。

 

同メーカーが出しているDV422という商品のマイナーチェンジをしているキャプチャーボードであり、画質重視の人にはこちらの方がおすすめとなります。使いやすいキャプチャーボードなので、ぜひ試してみてください。

種類外付け型接続端子HDMI
編集ソフト有りHDCP回避無し
第3位

AVERMEDIA

DV422

価格:26,710円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パソコンのスペックが低くても使えるキャプチャーボード

ハードウェアエンコードのため、スペックの低いパソコンでも使いやすいキャプチャーボードとなっています。主に、ノートパソコンなどでゲーム配信を行っている人は、こちら乗せ品を使ってみると良いでしょう。

 

また、編集ソフトも付いており、RECentralと呼ばれるものとなっています。これで、最低限のゲーム実況環境が整うため、とりあえずゲーム実況がどのようなものかを知る上でも使いやすいキャプチャーボードとなっています。

 

さらに、キャプチャーボード単体でのSDカード録画も出来るようになっています。そして、マイクを接続することにより、音声も同時に録画出来るため、編集ソフトと合わせて上手く使ってみることをおすすめします。

種類外付け型接続端子HDMI
編集ソフト有りHDCP回避無し
第2位

AVERMEDIA

DV482

価格:22,587円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

編集ソフトが優秀なキャプチャーボード

キャプチャーボード自体の性能は、フルHDで録画や配信出来るため、かなり高いと言えます。また、付属している編集ソフトであるPower Directorが使いやすさに磨きをかけているので、ぜひ使ってみて欲しい製品となっています。

 

編集ソフトは、それぞれのキャプチャーボードごとに違うものが使われることが多いのですが、その中でもPower Directorは非常に評判の良いです。多くのゲーム実況者が愛用しているものであり、使い勝手は抜群だと言えるでしょう。

 

価格も、キャプチャーボードの中ではそれなりにリーズナブルなものとなっているため、初心者でも気軽に手に入れることが出来ます。実用性はかなり高いキャプチャーボードなので、ぜひ使ってみてください。

種類外付け型接続端子HDMI
編集ソフト有りHDCP回避無し
第1位

AVERMEDIA

DV399 GC550

価格:43,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

HDCP回避に対応出来るキャプチャーボード

HDCP回避用の専用ケーブルが付いているキャプチャーボードとなります。これにより、PS3やPSVITAなどにあるHDCP機能を回避することが出来ます。これにより、ゲーム実況をより円滑に行うことが出来るのです。

 

また、接続端子に関しても、RCAやHDMIに対応しているため、ゲーム機を選ばずに使うことが可能です。編集ソフトも付いているので、録画から配信まで問題なく行えるため非常に便利なキャプチャーボードと言えるでしょう。

 

実用性の面では、ほとんど問題なく使える製品であり、稼働状態も悪くありません。実際、稼働状況に関しては、かなりの支持を得ているため、初めてキャプチャーボードを使う人でも使いやすいです。おすすめなので、ぜひ試してみてください。

種類外付け型接続端子HDMI、RCA
編集ソフト有りHDCP回避有り

キャプチャーボードのおすすめ人気商品一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5083103の画像

    AVERMEDIA

  • 2
    アイテムID:5083104の画像

    AVERMEDIA

  • 3
    アイテムID:5083114の画像

    AVERMEDIA

  • 4
    アイテムID:5083127の画像

    AVERMEDIA

  • 5
    アイテムID:5083138の画像

    アイ・オー・データ

  • 6
    アイテムID:5083152の画像

    エスケイネット

  • 7
    アイテムID:5083165の画像

    アイ・オー・データ

  • 8
    アイテムID:5083169の画像

    Corsair

  • 9
    アイテムID:5083171の画像

    AVERMEDIA

  • 10
    アイテムID:5083175の画像

    ブラックマジックデザイン

  • 商品名
  • DV399 GC550
  • DV482
  • DV422
  • DV478
  • GV-USB3/HD
  • SK-MVXU3R
  • GV-USB2
  • 10GAG9901
  • DV427
  • 003062
  • 特徴
  • HDCP回避に対応出来るキャプチャーボード
  • 編集ソフトが優秀なキャプチャーボード
  • パソコンのスペックが低くても使えるキャプチャーボード
  • 4K対応しているキャプチャーボード
  • 価格がリーズナブルなキャプチャーボード
  • 使用者が多いキャプチャーボード
  • レトロゲームにおすすめのキャプチャーボード
  • ハイスペックな内蔵型キャプチャーボード
  • リーズナブル価格のキャプチャーボード
  • 玄人向けのキャプチャーボード
  • 価格
  • 43000円(税込)
  • 22587円(税込)
  • 26710円(税込)
  • 20941円(税込)
  • 16351円(税込)
  • 16121円(税込)
  • 2905円(税込)
  • 44717円(税込)
  • 21100円(税込)
  • 23249円(税込)
  • 種類
  • 外付け型
  • 外付け型
  • 外付け型
  • 外付け型
  • 外付け型
  • 外付け型
  • 外付け型
  • 内臓型
  • 内臓型
  • 内臓型
  • 接続端子
  • HDMI、RCA
  • HDMI
  • HDMI
  • HDMI
  • HDMI、USB
  • HDMI、USB
  • RCA
  • HDMI
  • HDMI
  • HDMI、Sビデオ
  • 編集ソフト
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 無し
  • 無し
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • HDCP回避
  • 有り
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • 無し
  • なし
  • 無し
  • 無し
  • 無し

キャプチャーボードはパススルーを上手く利用して使う

キャプチャーボードは、ゲーム配信をする上で欠かせない重要な機器となっています。そのため、選ぶときは自分がどんな環境・ゲーム機で配信を行いたいかをよく考えておく必要があるでしょう。

 

また、ゲーム配信最大の障害は遅延と言えます。そのため、プレイするゲームによっては、パススルー機能を上手く活用する必要があるのです。その点を考慮して、キャプチャーボードを役立ててみてください。

まとめ

キャプチャーボードの選び方とおすすめ人気ランキング10選を紹介しました。キャプチャーボードはゲーム配信に欠かせないものですが、その性質上費用がかかりやすいものです。そのため、今回の内容を参考にして、ゲーム配信環境に合ったものをよく選んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ