記事ID138707のサムネイル画像

【綺麗に撮れる】オールドレンズのおすすめ人気商品ランキング10選

オールドレンズを使用することで、手軽にズームできたりして、望遠鏡で拡大したかのように、鮮明に撮ることができます。また、手軽に通販でも販売されているので、この機会にオールドレンズを使ってみましょう。今回は、おすすめのオールドレンズをご紹介します。

オールドレンズを使って、ベストショットを撮りましょう。

オールドレンズとは、フィルムカメラに装着して、使うものになります。デジタルしか使えないレンズとは違って、独特の味のある写真を、抑えることができます。なので、一味違った写真を撮りたい方は、是非使ってみましょう。ベストショットが、撮れますよ。

そこで今回は、おすすめのオールドレンズをご紹介していきます。とはいっても、選び方が分からない方も、多いですよね。そんな方のためにも、色々なポイントを抑えながらご紹介していくので、この記事を参考にしてみましょう。是非、使ってみてくださいね。

オールドレンズの選び方

せっかく写真を撮るならば、良い画質で撮りたいですよね。それを叶えてくれるのが、このオールドレンズなので、一度使ってみましょう。理想のショットが撮れるかもしれませんよ。

マウントで選ぶ

マウントがしっかりと一致しないと、使用することができません。なので、あらかじめ対応しているかを、確認することが大切です。

改造済みで選ぶ

マウントとは、レンズとボディーを接続する部分のことをさします。オールドレンズを使用する際は、マウントが合っていないと使えないので、注意しましょう。元々、デジタル一眼向けに改造されている場合は、新たに改造する必要がないので、手軽にお使いいただけます。

 

ただ、自分の持っているカメラものと、改造されたレンズのマウントが一致している必要があるので、あらかじめ確認しておきましょう。改造されていると、手軽に使えるので、初心者の方は特に抑えておきましょう。

M42マウントで選ぶ

オールドレンズは、M42マウントタイプが多くなっているので、あらかじめこの他プだと、安心して使えるかと思います。このタイプは、1949年から本格的に普及が始まり、ねじ込み式となっています。

 

構造が簡単で、メーカー間のレンズ互換性があるので、手軽に使えると多くの方が利用してきました。オールドレンズの中でも、商品のラインナップも豊富なので、一度チェックしてみましょう。

状態で選ぶ

実はオールドレンズは、ほとんど生産が終了しているアイテムでもあるので、中古で販売されているものが、多くなっています。なので、しっかりと状態を把握しておきましょう。

傷の有無で選ぶ

商品によって、傷が目立つものがあるので、注意しましょう。これは、中古に良くあることですよね。一件傷なしと表記されていても、細かい傷が複数付いていることもあります。なので、必ず現物を鮮明にチェックしてから、選ぶようにしましょう。

 

また、クリーニングしている最中に、傷が入ってしまうことがあります。なので、万が一に備えて、アフターサービスが受けれるかどうかも、チェックしておきましょう。傷が目立ってしまうと、光の加減によって、筋などが入ることがあるので、撮影時に影響が出てしまいます。

絞りやフォーカスリングで選ぶ

そもそもオールドレンズは、オートフォーカスが発明される以前のレンズになります。そのため、撮影する際は全て、マニュアルになります。ピントを合わせるフォーカスリングなど、絞りを合わせるリングの回転が渋いものは、油ぎれなどを起こしてしまいます。

 

なので、中の構造に問題がある場合が多く、購入しても納得のいく写真を撮ることができなくなることがあります。綺麗な写真を撮りたい場は、やはりあらかじめ避けておきましょう。

バルサム切れのないものを選ぶ

オールドレンズは、バルサム切れを起こしていることがあります。これは、接着してある中のレンズが、剥がれてきている状態になります。こうなっていると、写りに影響が出てしますので、しっかりと確認しておきましょう。

 

万が一、このバルサム切れを起こしていると、曇ったように見えたり、筋が入ってしまいます。せっかく購入しても、納得のいく写真が撮れないので、注意しましょう。多くの場合は、バルサム切れ有りといった表記がされているので、そういった表記に注目しながら、選びましょう。

価格・メーカーで選ぶ

もし選び方に迷った際は、価格やメーカーを元に、選ぶこともポイントです。特にニコン製品のものは、品質も高く初心者にもおすすめです。

価格で選ぶ

いざ購入するとなると、やはり価格が気になりますよね。レンズを揃えるとなると、かなりの額が必要になるので、慎重に選びましょう。特にカメラ関連は、クオリティーを追求すると、その分高くなります。

 

ただ、性能が非常に高く、満足のいく写真を撮ることができると考えると、妥当かと思います。とはいっても、予算がないのに高いものを選んでしまうと、経済的に厳しくなってしまいます。なので、予算も考えながら、性能に優れたものを探してみましょう。

メーカーで選ぶ

レンズで有名なメーカーは、ニコンになります。馴染みにある方も、多いのではないでしょうか。ニコンは、カメラ本体から、アクセサリーまで、幅広い商品を販売しています。なので、まずはニコンのものから使ってみるのも、良いかと思います。

 

ニコンは、Fマウントで統一されています。そのため、ニコンのカメラとオールドレンズであれば、ほとんどのカメラで、マウントアダプター不要で使えます。なので、初心者にもおすすめですよ。

単焦点・サイズで選ぶ

単焦点・サイズは、撮影する際に重要となってくるので、時前に把握しておきましょう。もし分からない場合は、実際にメーカーに問い合わせみることで、探しやすくなりますよ。

単焦点で選ぶ

オールドレンズの多くは、単焦点レンズとなっています。ただし、中にはズームレンズも販売されていますが、可能であれば、単焦点レンズを選ぶようにしましょう。ただし、単焦点となっているので、よく使う焦点距離のものを選ぶ必要があります。

 

商品によっては、広角から望遠まで種類が豊富なので、焦点距離は自由に選択できるでしょう。ただし、広角は20mm以下になると、魚眼レンズしかなくなるので注意しておきましょう。

サイズで選ぶ

オールドレンズは、35mmフィルムカメラ用に作られています。なので、デジタル一眼レフ・ミラーレス一眼なども、35mmフルサイズなら、写り方はあまり変わりません。

 

また、センサーサイズの小さい、APS-Cなどを使用する場合は、35mm換算を使用する必要があります。また、マイクロフォーサーズであれば、約2倍した数値で選ぶことによって、広角から望遠まで、色々なものを選ぶことができるので、チェックしておきましょう。

オールドレンズの人気ランキング10選

第10位

CARL ZEISS JENA

Carl Zeiss Jena TESSAR

価格:16,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ以上の性能を発揮します。

のオールドレンズは、CarlZeissブランドを代表する、標準レンズとなっています。なので、多くの方に愛用されていて、クオリティーが非常に高くなっています。デザインもシンプルながらおしゃれで、色々なカメラにマッチします。

 

さらに、性能の高さのわりに、コストパフォーマンスが魅力となっています。コントラストが高く、非常にシャープになっているので、開放から十分にお使いいただけます。より楽しく、綺麗な撮影が行えます。

 

この商品は、あらかじめオーバーホール済みとなっているので、再度メンテナンスする必要がありません。なので、お手入れの手間がかからず、届いたその日から使うことが可能です。

サイズ7x7x6cm重さ200g
焦点距離50mmマウントM42
レンズタイプ標準
第9位

LZOS

JUPITER-12

価格:20,050円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手入れ不要で、サッと取り付けて使えます。

戦前である、ビオゴンを元にして作られた、オールドレンズとなっています。既にメンテナンス済みなので、手軽にお使いいただけます。初心者の方でも、まずは試し撮りが行えるので、とても便利でおすすめです。

 

さらに、綺麗な状態なので、そのまま装着すれば、サッと理想的な写真が撮れます。少し縦長タイプとなっているので、失くしにくく、持ち運びにも優れています。重さがあまりないので、持ち運びしても苦になりません。

 

この商品は、後玉が剥き出しになっています。なので、受光素子があるボディで使用する際は、傷が付きやすい傾向になるので、注意が必要です。

サイズ-重さ-
焦点距離35mmレンズタイプ広角
マウントM42
第8位

ニコン

Ai-s

価格:10,800円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

他にはない、独特な撮影が可能です。

有名メーカーであるニコンから、オールドレンズが販売されています。コントラストが強く、すっきりとした写真を撮ることができます。なので、ブレなどもなく、綺麗に映すことが可能です。

 

さらに、綺麗なボケを演出してくれるので、理想の1枚が撮れますよ。やわらかな空気感を醸し出してくれるので、ちょっと変わった写真を撮りたい方にも、おすすめのオールドレンズとなっています。

 

ただし、この商品は、ニコンのカメラを使用する際は、マウントアダプターが不要になるので、注意しましょう。さらに、独創的な描写ができ、人とは違うテイストの写真を楽しめます。

サイズ9.1x7.3x7.2cm重さ272g
焦点距離50mmマウント-
レンズタイプ標準
第8位

Minolta

MCマクロrokkor-x QF

価格:9,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自然に撮影でき、違和感がありません。

新種レンズによる、良好な収差補正が行えます。さらに、やわらかなボケと、バランスの取れた描写をしてくれるので、楽しくお使いいただけます。また、お手軽価格なので、オールドレンズを試してみたい方にもおすすめです。

 

さらに、飛び出た描写力を誇り、しっかりとポイントを抑えながら、綺麗に撮ることができます。また、光学系で数十年製造され続けたレンズでもあり、品質も高く、長く使い続けることができ、重宝しますよ。

 

このオールドレンズは、新種レンズを搭載しているので、収差をほぼ取り去ってくれます。さらに、ナチュラルに撮影することができるので、違和感がなく、色々な撮影時活躍します。

サイズ1x1x1cm重さ907g
焦点距離50mmマウントM42
レンズタイプ-
第7位

LZOS

LZOS JUPITER-9

価格:38,340円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

主役を引き立てながら、撮影してくれます。

オールドレンズ初心者向けで、操作性にも優れています。ポートレートに適し、中望遠が行えるので、ズームも簡単にできますよ。さらに、やわらかな雰囲気に仕上げて、ナチュラルに撮影します。

 

また、人物を撮る際にも便利で、しっかりとピントを抑えてくれるので、綺麗に仕上がります。カール・ツァイス・イエナのレンズを元にして作らていて、確かな品質を確保しています。これがあると、気分も上がりますよ。

 

さらに、ピントを合わせた箇所はシャープに、背景はソフトに映し出してくれるので、かなり良いショットが撮れます。ボケも不自然さが出ないので、とてもおすすめです。

サイズ10x10x10cm重さ360g
焦点距離85mmマウント-
レンズタイプ中望遠
第6位

VOMZ

MIR-1B

価格:12,285円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色々な所で撮影したい時に、あると役立ちます。

オールドレンズの中でも、非常にコストパフォーマンスに優れているタイプなので、手軽にお使いいただけます。お値段もリーズナブルな方なので、お求めやすくなっていますよ。
 
 
また、この商品は、カールツァイス・イエナを元に作られています。なので、かなり性能も良く、機能性も高いですよ。一度試してみたい方や、メインとは別にサブとしても持ち歩きたい方にも、ぴったりです。
 
 
最高品質といった、ロコミが挙がっていました。元のレンズの良い点を取り入れながら、軽量でコンパクトな商品となっているので、外出先での使用にもおすすです。もちろん、M42マウントが利用でき、フルサイズでやや広角など、色々なシーンで活躍します。
サイズ-重さ-
焦点距離37mmマウントM42
レンズタイプ広角
第5位

FED

INDUSTAR-61L

価格:6,515円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オーバーホール済みなので、とても綺麗ですよ。

ロシア製のオールドレンズで、高品質となっています。鮮明に撮影することができるので、綺麗なショットが撮れますよ。さらに、比較的リーズナブルな価格なので、初めて使用される方にもピッタリです。

 

また、オーバーホールとなっているので、メンテナンスもしっかりと施されています。よって、傷などもなく、安心してお買い求めいただけます。細部まで掃除されているので、とても綺麗ですよ。

 

予想以上に綺麗に映るので、購入して良かったといった、ロコミが挙がっていました。お値段以上のクオリティーを発揮してくれるので、便利でおすすめのオールドレンズとなっています。

サイズ-重さ-
焦点距離53mmマウントM42
レンズタイプ標準
第4位

VALDAI

HELIOS-44-2 改造レンズ

価格:13,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ニコンのカメラであれば、問題なく装着できます。

ニコンカメラに装着して、お使いいただけます。この商品は、ダイレクトに装着可能となっていて、ニコンマウントになっているので、スムーズに装着できます。あらかじめ改造されているので、改造する手間が省けます。

 

さらに、基本的に、ロシア製の一眼レフカメラの標準レンズとしても、本体に取り付けることが可能です。時前にマルチコーティングが施されていることによって、カラーでの撮影にも十分対応できます。

 

軽量で持ち運んでも苦にならないといった、ロコミが挙がってしました。ミラー干渉を避けるために、後ろレンズ枠を研磨しています。

サイズ-重さ-
レンズタイプ標準焦点距離58mm
第3位

ASAHI

Super-Multi-Coated

価格:8,861円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めての方にも。扱いやすいタイプです。

初心者にピッタリの、オールドレンズとなっています。クラシカルで、堅実な画を撮ることが可能です。さらに、どんなシーンでも使いやすいといったメリットがあるので、この際に挑戦してみましょう。

 

この商品は、1万円以下で購入できるので、かなりお手軽ですよ。リーズナブルな価格ですが、性能はしっかりとしています。被写体をしっかりと捉え、あらゆるシーンで活躍してくれます。

 

クセなどが無いので、初めてでも綺麗な写真が撮れますよ。ただし、この商品の一部に、放射性物質トリウムを含んでいるので、レンズが黄変することがあります。なので、管理には十分注意しましょう。

サイズ9.3x9.3x7.8cm重さ209g
焦点距離50mmマウントM42
レンズタイプ標準
第2位

7artisans

f1.2レンズ

価格:20,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色々な機能が満載で、耐久性にも優れています。

このオールドレンズは、6つの要素で成り立っていて、手軽に綺麗な写真を抑えることができます。しっかりと機能性もあり、高い品質となっているので、満足いく写真を撮ることができますよ。

 

さらに、専用の収納ケースが備わっているので、収納場所に困りません。よって、大切なレンズを守ることができるので、清潔感も得ることができます。ズームは固定となっているので、ブレることなく撮影できます。

 

良いボケ味が出たりと、かなり楽しめるといった、ロコミが挙がっていました。耐久性がある、アルミメタル製となっているので、長く愛用できます。本体は、コンパクトなので、邪魔になりません。

サイズ-重さ150g
焦点距離35mmマウントM42
レンズタイプズーム
第1位

Neewer

マニュアルフォーカス単焦点レンズ

価格:7,549円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バランス良く作られているので、鮮明に映ります。

高い耐久性を持っているので、安心してお使いいただけます。持ち運びにも優れていて、いつでもどこでも、手軽に最高のショットを撮ることが可能となています。また、円形絞り羽根を使用して設計しています。

 

よって、豪華な背景ぼかし効果を作成し、理想の一枚を撮れますよ。また、例外的な画像品質のための技術を、マルチコーティングしています。コントラストのプレミアム光学ガラスからなり、優れた画像の鮮明さを実現します。

 

優れた技術で、性能が高いといった、ロコミが挙がっていました。コンパクトなデザインで、全金属バレルを備えています。さらに、 精密機械加工を施しているので、丈夫で安心です。

サイズ8.2x13.8x12cm重さ204g
焦点距離35mmマウント-
レンズタイプズーム

オールドレンズのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5078293の画像

    Neewer

  • 2
    アイテムID:5078297の画像

    7artisans

  • 3
    アイテムID:5078333の画像

    ASAHI

  • 4
    アイテムID:5078313の画像

    VALDAI

  • 5
    アイテムID:5078305の画像

    FED

  • 6
    アイテムID:5078342の画像

    VOMZ

  • 7
    アイテムID:5078337の画像

    LZOS

  • 8
    アイテムID:5078330の画像

    ニコン

  • 9
    アイテムID:5078311の画像

    LZOS

  • 10
    アイテムID:5078369の画像

    CARL ZEISS JENA

  • 商品名
  • マニュアルフォーカス単焦点レンズ
  • f1.2レンズ
  • Super-Multi-Coated
  • HELIOS-44-2 改造レンズ
  • INDUSTAR-61L
  • MIR-1B
  • LZOS JUPITER-9
  • Ai-s
  • JUPITER-12
  • Carl Zeiss Jena TESSAR
  • 特徴
  • バランス良く作られているので、鮮明に映ります。
  • 色々な機能が満載で、耐久性にも優れています。
  • 初めての方にも。扱いやすいタイプです。
  • ニコンのカメラであれば、問題なく装着できます。
  • オーバーホール済みなので、とても綺麗ですよ。
  • 色々な所で撮影したい時に、あると役立ちます。
  • 主役を引き立てながら、撮影してくれます。
  • 他にはない、独特な撮影が可能です。
  • お手入れ不要で、サッと取り付けて使えます。
  • コスパ以上の性能を発揮します。
  • 価格
  • 7549円(税込)
  • 20700円(税込)
  • 8861円(税込)
  • 13000円(税込)
  • 6515円(税込)
  • 12285円(税込)
  • 38340円(税込)
  • 10800円(税込)
  • 20050円(税込)
  • 16200円(税込)
  • サイズ
  • 8.2x13.8x12cm
  • -
  • 9.3x9.3x7.8cm
  • -
  • -
  • -
  • 10x10x10cm
  • 9.1x7.3x7.2cm
  • -
  • 7x7x6cm
  • 重さ
  • 204g
  • 150g
  • 209g
  • -
  • -
  • -
  • 360g
  • 272g
  • -
  • 200g
  • 焦点距離
  • 35mm
  • 35mm
  • 50mm
  • 58mm
  • 53mm
  • 37mm
  • 85mm
  • 50mm
  • 35mm
  • 50mm
  • マウント
  • -
  • M42
  • M42
  • M42
  • M42
  • -
  • -
  • M42
  • M42
  • レンズタイプ
  • ズーム
  • ズーム
  • 標準
  • 標準
  • 標準
  • 広角
  • 中望遠
  • 標準
  • 広角
  • 標準

レンズの保管方法には注意しましょう。

レンズの正しい保管方法などを知っておくと、長持ちさせることができるので、抑えておきましょう。特に、湿気が多い季節は、カビが繁殖しやすくなるので、要注意です。

メンテナンス方法を把握しておきましょう。

使用したレンズは、しっかりとケアしてあげる必要があります。あると便利なのが、ブロアーです。これは、空気の力でホコリを飛ばす道具で、優しい毛で作られているので、大切なレンズを傷つけることなく、お手入れすることができます。

 

ただ、このアイテムは、他のものでは代用できないので、レンズと同時に購入していると便利ですよ。ブロアーで汚れを取り除いた後は、リーニングペーパーを使い、さらに綺麗にしていきましょう。あらかじめ専用の液が染み込ませてあるタイプであれば、サッとお手入れが行えます。

正しい保管方法を知っておきましょう。

カメラレンズを使用した後は、みなさんどのように保管されていますか。実は、カメラ本体やレンズは、湿気てカビなどが発生することがあるので、適切な保管方法をする必要があります。

 

ただ、カメラケースに収納していればいいといったことではないので、しっかりと対策をしましょう。現在では、カメラ専用のケースが販売されていて、除湿剤が備わっているタイプの、保管専用ボックスが販売されています。これを使えば、湿気から守れるので、使ってみましょう。

まとめ

今回は、おすすめのオールドレンズをご紹介しましたが、お目当ての商品は、見つかりましたでしょうか。このレンズを使用することによって、どういった効果があるのかが、分かったと思います。なので、是非このアイテムを使用して、より良いショットを抑えましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ