記事ID138701のサムネイル画像

【音質重視】モニタースピーカーのおすすめ人気商品ランキング10選

モニタースピーカーは、商品によって低音が重視されていたり、超小型タイプもあるので、チェックしてみましょう。また、Bluetooth対応のモニタースピーカーもあるので、探してみましょう。そこで今回は、おすすめのモニタースピーカーをご紹介します。

モニタースピーカーを使うことで、よりクリアな音質を楽しめます。

そもそもモニタースピーカーとは、原音を忠実に再現できる、スピーカーの一種になります。細かい音まで、鮮明に再現できるので、手軽に高音質で聴くことができます。また、バランスの良い音質を出してくれるので、綺麗な音質で音楽を楽しむことが可能です。

そこで今回は、おすすめのモニタースピーカーをご紹介していきます。低音を強調したタイプから、高音質をしっかりと聴くことができるタイプなど、色々なものがあるので、チェックしてみましょう。特に音にこだわりたいといった場合は、このアイテムを使いましょう。

モニタースピーカーの選び方

より鮮明な音質で聴くことによって、音楽の楽しさも倍増します。せっかく聴くならば、音質にこだわりながら、存分に楽しみましょう。

スペックで選ぶ

スペックは、より忠実に再現するためにも、重要な部分となってきます。なので、安易に選ぶのではなく、じっくりと考えながら選択しましょう。

ウーハーの大きさで選ぶ

ウーハーとは、低音域を出力する、スピーカーユニットのことをいいます。特に低音重視で聴きたいといった方は、このウーハーの大きさに注目してみましょう。低音の再生能力は、振動させる空気の量に比例するとされています。

 

なので、ウーハーが大きいと、低音再生能力が高いものが多いので、チェックしておきましょう。さらに、大きな音量で聴くことが多い場合は、スピーカーの許容入力を表すワット数も、確認しておくと安心です。分からない場合は、低音重視といったワードに注目してみましょう。

入力端子で選ぶ

モニタースピーカーを使用する際は、アンプなどと接続して、使用する形になります。また、スピーカーへ入力するケーブル端子には、複数の種類があるので、チェックしておきましょう。最も一般的に使われるのが、このRCAプラグになります。

 

分かりやすく説明すると、赤と白2本のケーブルになっていて、それぞれ音声を入力する役割を果たします。また、フォーンプラグに場合は、1本のケーブルで接続します。このように、それぞれ接続端子が異なるので、時前に把握しておきましょう。

アンプ・出力で選ぶ

アンプの有無は、他の機器が使えるかどうかも関わってくるので、初心者の場合は、内蔵されているものを選びましょう。また、出力次第では、より音を綺麗にできます。

アンプの有無で選ぶ

商品によって、アンプが内蔵されているもの、されていないものがあるので、チェックしておきましょう。また、アンプが内蔵されているを、パワードタイプといいます。なので、こういった表記にも、注目しながら選びましょう。

 

ワードタイプといいます。それに対し、アンプがないものを、ノンパワードタイプといいます。パワードタイプは、電源を入れればすぐに使用できます。ただし、ノンパワードタイプは、別途スピーカーに適したアンプを、用意する必要があるので注意しましょう。

出力で選ぶ

出力は、大体Wで表記されているので、注目しておきましょう。この示されたものは何かというと、音が歪まずに連続再生できる、最大音量をさしています。なので、W数が大きければ大きいほど、大音量で再生できます。

 

さらに、低音の体感も大きくなるので、重視しておきましょう。ただ、反対にあまり小さすぎるとモニタリングしにくくなってしまうので、注意が必要です。とはいっても、音源は音量が一定であることは少なく、変化するものなので、W数以上の再生も可能な場合もあります。

サイズ・重さで選ぶ

モニタースピーカーは、サイズによってはお部屋を圧迫させてしまうので、しっかりと設置できるサイズかどうかも、チェックしておきましょう。また、重さもチェックしておきましょう。

サイズで選ぶ

モニタースピーカーには、色々なサイズのものがあるので、把握しておきましょう。小さいものであれば、大体、本棚に置ける大きさのもになります。これであれば、比較的小型なので、設置しやすいでしょう。

 

また、サイズが小さいと、設置位置の自由度が高いので、、初心者にもおすすめです。サイズによって使い勝手が変わってくるので、まずはデスクに設置しても圧迫しない程度の、大きさのものから使ってみましょう。

重さで選ぶ

当然モニタースピーカーのサイズが大きいと、重さも出てきます。かなり大きいものでは、なかなか持ち運ぶのが困難なので、しっかりとチェックしておきましょう。万が一落としてしまったりすると、大怪我に繋がることがあります。

 

なので、無理なく持ち運べるものなのかも、考えながら選びましょう。また、安全性を高めるためには、安定した場所に設置する必要があります。特に、ペットや小さいお子さんがいるご家庭は、十分に注意しましょう。

用途で選ぶ

長く手軽に使い続けるためにも、価格やメーカーにはこだわっておきましょう。また、万が一の時に備えて、アフターサービスが受けれるメーカーのものだと、安心かと思います。

価格で選ぶ

モニタースピーカーは、それぞれ価格も異なってくるので、しっかりと考えて購入しましょう。安いものであれば、1万円程度で購入できます。ただ、高いものになってくると、5~10万円程度かかるので、予算を考えながら、選ぶ必要があります。

 

もし、お試しとして使用する場合は、安いものでも良いでしょう。ただし、より高い音質で聴きたい場合は、当然それなりのお値段がするものの方が、良いかと思います。なので、本格的に使用する場合は、10万円超のものにするなど、使用頻度で選ぶのもポイントです。

メーカーで選ぶ

いざ選ぶとなると、どのメーカーのものが良いのは、分からないですよね。例えば、JBLなどであれば、色々な音楽アイテムを販売しているメーカーなので、安心して購入できるかと思います。

 

高品質のものが多かったり、性能も優れているので、一度チェックしてみましょう。さらに、アフターサービスが受けれるなど、色々なメリットがあるので、メーカーにもこだわってみましょう。

エンクロージャーの方式で選ぶ

スピーカーの箱の部分を、エンクロージャー又は、キャビネットといいます。このエンクロージャーの構造により、様々なタイプがあるので、知っておきましょう。一番主流なのが、バスレフ型・密閉型の2タイプです。

 

バスレフ型は、低音域の特定周波数を搭載し、小型スピーカーであっても、量感のある低音を出力できます。密閉型は、エンクロージャーが完全に密閉されていて、バランス良く音を出力できます。それぞれ特徴が異なるので、気になる場合はチェックしておきましょう。

モニタースピーカーの人気ランキング10選

第10位

Pro-group

アンプ搭載モニタースピーカー MS-210J

価格:6,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色々な用途に使えて、自由自在に活用できます。

高出力タイプで、アンプ内蔵となっています。なので、初心者でも扱いやすく、おすうsめのモニタースピーカーです。また、2台1ペアで販売されているので、購入のし忘れも回避できます。

 

さらに、オーディオ再生はもちろん、DJモニタリング・電子ドラムの、モニターアンプまで幅広く対応できるので、使い勝手にも優れています。よって、色々なシーンで活躍し。あると重宝します。

 

調整ノブを搭載しているので、綺麗な音を出してくれます。 オーディオケーブル・プラグがったりと、付属品も充実しています。また、3.5mmジャック仕様で、お持ちのMP3プレーヤーなどとも、接続可能です。

サイズ36x30x22.5cm重さ3.8kg
アンプの有無出力60W
ウーハーサイズ4インチ周波数60~20kHz
第9位

HiVi Acoustics Technology Co., Ltd.

マルチメディアモニター

価格:23,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ワイヤレスで接続でき、ケーブルが必要ありません。

ドーム型ダイヤフラムを採用し、簡単にお使いいただけます。繊細で透明感の音質を実現しています。そのため、甘い高音を表現し、ボーカルを再生することが可能となっています。

 

さらに、高出力のミッドウーファーユニットは、ポリプロピレン複合ダイヤフラム・ダストキャップ・L字型反転構造のデザインを通じ、パワフルな低音再生を実現できます。自然な響きを生み出すことが、可能で楽しめます。

 

かなり良い音が鳴るといった、ロコミが挙がっていました。Bluetoothにも対応しているので、手軽に接続可能です。わざわざケーブルを繋ぐ必要がありません。

サイズ-重さ16.4kg
アンプの有無出力-
ウーハーサイズ-周波数20kHz
第8位

Tannoy

アクティブスタジオモニタースピーカー REVEAL402

価格:26,170円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトですが、アクティブな音を届けます。

超コンパクトなフォルムに、伝説的なタンノイ・サウンドを搭載しています。また、パーソナル・スタジオ向けに、利便性を高める機能を搭載しているので、手軽に使えて便利です。また。超コンパクトなフォルムからは、高い音質を発揮し、おすすめとなっています。

 

このモニタースピーカーは、何十年にも及ぶスピーカー設計の、ノウハウが存分に活かされているので、高い品質となっています。卓越したチューニングが施されているので、鮮明な音を聴くことができます。

 

安いのに良い音が出せるといった、ロコミが挙がっていました。スイートスポットが広く、ミックスのステレオイメージを失うことなく、手軽に作業スペース内を移動することができます。

サイズ-重さ5.5kg
アンプの有無出力50W
ウーハーサイズ4インチ周波数-
第7位

PreSonus

プリソーナス モニタースピーカー ErisE4.5

価格:23,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

場所を問わず使え、移動も楽々行えます。

タイトなベース・クリアなアッパーエンドなど、品質が非常に高いです。プロフェッショナルな、音響調整コントロールが搭載されているので、使い勝手にも優れています。比較的コンパクトなので、場所を取りません。

 

さらに、軽量設計にしているので、持ち運びもスムーズに行えます。スタジオに設置する際にも、広いスペースを確保する必要がないので、手軽に扱えます。アンプが内蔵されているので、サッと接続すれば使えます。

 

全体的に良いといった、ロコミが挙がっていました。コンパクトな見た目ですが、しっかりと機能を発揮してくれます。クリアで、綺麗なサウンドを生み出すことができます。

サイズ163×241×180mm重さ5.9kg
アンプの有無出力25W
ウーハーサイズ-周波数800kHz
第6位

JBL

スピーカー 4312M

価格:54,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロ並みに使えて、ハイクオリティーです。

133mmの、ピュアパルプ・ホワイトコーン・ウーファーを採用しているので、音がクリアに聴こえます。さらに、細部までこだわられているので、理想の音質が手に入りますよ。品質も高いので、プロ並みに使えます。

 

さらに、50mm径ピュアパルプ・コーン・スコーカーを採用していたりと、音質の良さを高める機能が、満載となっています。ユニット間をスムースに繋ぐために、シンプルな1stオーダーを採用しています。

 

素晴らしくて、購入して良かったといった、ロコミが挙がっていました。ユニットの集中配置と、ミラーイメージレイアウト設計の伝統のシステム設計で、手軽にお楽しみいただけます。

サイズ181×300×180mm重さ4kg
アンプの有無出力75W
ウーハーサイズ133mm周波数55kHz
第5位

FOSTEX

スピーカーシステム P802-S

価格:10,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温かみのあるデザインで、お部屋にもマッチします。

高音質のスピーカーユニットを、専用設計された木製エンクロージャーに搭載していまます。さらに、小音量でも高音質を実現してくれて、プライベート空間も、手軽に安らげる場所へと変えることが可能です。

 

また、ハイレゾ対応となっているので、より鮮明な音質をお楽しみいただけます。デザインも比較的おしゃれなので、インテリアとの相性も抜群です。仕事用としても、ご自宅用としても、どちらでも活用できます。

 

おしゃれで癒されるといった、ロコミが挙がっていました。エッジには、ウレタンフォーム材を使用していて、8cm口径としては十分な低音特性を発揮します。この商品は、アンプがないので、別途で用意する必要があります。

サイズ100×195×120cm重さ1.1kg
アンプの有無出力24W
ウーハーサイズ8cm周波数150Hz~40kHz
第4位

FOSTEX

アクティブスピーカー PM0.3H

価格:11,661円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Bluetoothなので、携帯と連携することができます。

迫力あるサウンドを生み出すために、アップロールラバーエッジをウーハーに採用しているので、しっかりと音を聴きとれます。さらに、スマートフォンなどと連携することで、手軽に操作することが可能です。

 

また、自然な響きを生み出す、木製エンクロージャーを採用しています。よって、見た目も良く、木本来の温かみがあり、コンパクトなボディながら、重低音を実現してくれます。

 

低音がかなり良いといった、ロコミが挙がっていました。入力端子は、様々な機器との接続に対応することができるように、RCAピン・ステレオミニの、双方を装備しています。

サイズ-重さ7.5kg
アンプの有無出力15W
ウーハーサイズ7.5cm周波数110~40kHz
第3位

YOLIC-JP

モニタースピーカー

価格:1,888円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サッと設置できて、品質も高いですよ。

このモニタースピーカーは、豊かな音質を発揮し、低音から高音まで、幅広い音質に対応しています。小型タイプで、重さもないので手軽に使用できます。省スペースにも、問題なく設置可能です。

 

また、USB給電タイプで、コンセントなどが一切必要ありません。スピーカー間のケーブルは、大体90cmあります。なので、接続しやすく、手軽にお使いいただけます。

 

コスパ最高といった、ロコミが挙がっていました。シンプルな構造ですが、確かな音質を発揮します。ドライバユニットの正面には、高級感があるシルバーエレメントで引き立てているので、おしゃれです。

サイズ7×7×19cm重さ572g
アンプの有無出力5W
ウーハーサイズ-周波数80Hz~20KHz
第2位

MACKIE

モニタースピーカー CR3

価格:11,969円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アンプ内蔵タイプで、初心者にもピッタリです。

スタジオモニター並みの音質を再現し、本格的にお使いいただけます。デザイン性にも優れていて、シンプルながらおしゃれで、お部屋ともしっかりとマッチします。さらに、最適なサウンドを作り出すために、プロフェッショナルグレードのパーツを採用しています。

 

このモニタースピーカーは、クリーンで明瞭度の高いステレオサウンドを提供し、色々細かい部分にもこだわって、作られています。フルレンジマルチメディア向けの、超ワイド周波数特性を発揮します。

 

手軽なのに性能が高いといった、ロコミが挙がっていました。アンプが内蔵されていて、どちらに設置しても大丈夫なように、スピーカーのL/R切替スイッチを搭載しています。

サイズ-重さ-
アンプの有無出力50W
ウーハーサイズ3インチ周波数80~20KHz
第1位

オンキヨー

アンプ内蔵スピーカー GX-D90

価格:21,384円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノイズをしっかりとカットし、音を楽しめます。

デジタル入力端子を装備するとともに、デジタル信号から、ピュアなアナログ信号を生成することができます。かなり音質にこだわっていて、高音質でお楽しみいただけます。さらに、美しいデザインを採用し、お部屋に馴染みます。

 

また、有害なノイズをカットし、クリアな音質を届けます。回路を新開発させているので、今までにないクオリティーの高い、モニタースピーカーに仕上げているので、とてもおすすめとなっています。

 

ハイレゾ並みに聴けるといった、ロコミが挙がっていました。微妙なニュアンスまでも、しっかりと再現してくれるので、より音を存分に堪能できます。

サイズ43.8×29.7×18.4cm重さ599g
アンプの有無出力15W
ウーハーサイズ9cm周波数90kHz

モニタースピーカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5077901の画像

    オンキヨー

  • 2
    アイテムID:5078144の画像

    MACKIE

  • 3
    アイテムID:5078169の画像

    YOLIC-JP

  • 4
    アイテムID:5078154の画像

    FOSTEX

  • 5
    アイテムID:5078177の画像

    FOSTEX

  • 6
    アイテムID:5078181の画像

    JBL

  • 7
    アイテムID:5078196の画像

    PreSonus

  • 8
    アイテムID:5078190の画像

    Tannoy

  • 9
    アイテムID:5078188の画像

    HiVi Acoustics Technology Co., Ltd.

  • 10
    アイテムID:5078184の画像

    Pro-group

  • 商品名
  • アンプ内蔵スピーカー GX-D90
  • モニタースピーカー CR3
  • モニタースピーカー
  • アクティブスピーカー PM0.3H
  • スピーカーシステム P802-S
  • スピーカー 4312M
  • プリソーナス モニタースピーカー ErisE4.5
  • アクティブスタジオモニタースピーカー REVEAL402
  • マルチメディアモニター
  • アンプ搭載モニタースピーカー MS-210J
  • 特徴
  • ノイズをしっかりとカットし、音を楽しめます。
  • アンプ内蔵タイプで、初心者にもピッタリです。
  • サッと設置できて、品質も高いですよ。
  • Bluetoothなので、携帯と連携することができます。
  • 温かみのあるデザインで、お部屋にもマッチします。
  • プロ並みに使えて、ハイクオリティーです。
  • 場所を問わず使え、移動も楽々行えます。
  • コンパクトですが、アクティブな音を届けます。
  • ワイヤレスで接続でき、ケーブルが必要ありません。
  • 色々な用途に使えて、自由自在に活用できます。
  • 価格
  • 21384円(税込)
  • 11969円(税込)
  • 1888円(税込)
  • 11661円(税込)
  • 10800円(税込)
  • 54800円(税込)
  • 23799円(税込)
  • 26170円(税込)
  • 23999円(税込)
  • 6980円(税込)
  • サイズ
  • 43.8×29.7×18.4cm
  • -
  • 7×7×19cm
  • -
  • 100×195×120cm
  • 181×300×180mm
  • 163×241×180mm
  • -
  • -
  • 36x30x22.5cm
  • 重さ
  • 599g
  • -
  • 572g
  • 7.5kg
  • 1.1kg
  • 4kg
  • 5.9kg
  • 5.5kg
  • 16.4kg
  • 3.8kg
  • アンプの有無
  • 出力
  • 15W
  • 50W
  • 5W
  • 15W
  • 24W
  • 75W
  • 25W
  • 50W
  • -
  • 60W
  • ウーハーサイズ
  • 9cm
  • 3インチ
  • -
  • 7.5cm
  • 8cm
  • 133mm
  • -
  • 4インチ
  • -
  • 4インチ
  • 周波数
  • 90kHz
  • 80~20KHz
  • 80Hz~20KHz
  • 110~40kHz
  • 150Hz~40kHz
  • 55kHz
  • 800kHz
  • -
  • 20kHz
  • 60~20kHz

時前にポイントを押さえておきましょう。

以下の2点は抑えていきたいポイントなので、しっかりとチェックしてから、購入するようにすると問題ありません。

ペアか単体かを事前に確認しましょう。

モニタースピーカーを選ぶ際は、セットで販売されているのか、単体で販売されているのかを、確認してから購入しましょう。そもそもモニタースピーカーは、必ず2台必要となってきます。

ただ、商品によっては、単体で売られている場合もあり、知らずにそのまま購入してしますといった、間違いが非常に多くなっています。そうなると、また届くまでに時間がかかるので、確認してから購入しましょう。

DTM環境の部屋に合ったものが必要です。

モニタースピーカーを使用する際に、ヘッドフォンさえあれば良いと思っている方も、多いのではないでしょうか。ヘッドフォンを用いることで、音のバランスやノイズは、チェックすることが可能です。

 

ただし、再生能力の高さは、モニタースピーカーには勝てません。とういことは、耳で直接聴くのとでは、感じ方が異なるので、注意しましょう。DTM環境に見合った、モニタースピーカーを選ぶことが、とても大切になります。なので、環境を整えるためにも、じっくり選びましょう。

まとめ

今回は、おすすめのモニタースピーカーをご紹介しましたが、お目当ての商品は、見つかりましたでしょうか。サイズなどにも注目しながら選ぶことで、使いやすいでしょう。ただし、重さもそこそこあるので、安定した場所に設置したりと、配慮しておきましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ