記事ID138694のサムネイル画像

【収納が楽々に】布団圧縮袋のおすすめ人気商品ランキング10選

布団圧縮袋を使うことで、コンパクトに布団を収納できるだけでなく、ダニやカビからも守ることができます。さらに、掃除機でサッと圧縮できるタイプなど、色々な布団圧縮袋があるので、チェックしてみましょう。そこで今回は、おすすめの布団圧縮袋をご紹介します。

布団圧縮袋を使って、もっと手軽に布団を扱いましょう。

寝る際に必ず必要になるのが、布団ですよね。特に冬場は、羽毛などもあり、分厚いものが多いのではないでしょうか。ただ、冬の季節が過ぎると、当然分厚い布団が不要になり、収納する必要があります。布団によっては、かさばってしまい、収納スペースを取ってしまいます。

そこで今回は、おすすめの布団圧縮袋をご紹介していきます。このアイテムを使用することで、手軽にコンパクトにまとめれて、サッと収納できるので、使ってみましょう。さらに、手軽に通販で購入できる商品が多数あるので、この機会にチェックしてみましょう。

布団圧縮袋の選び方

布団圧縮袋を使用することによって、今までかなり負担がかかっていた布団の収納が、スムーズに行えるので、使ってみましょう。また、サイズも色々なものがあるので、布団に合ったものが、見つかるかと思います。

機能性で選ぶ

機能性は非常に重要なポイントです。せっかく圧縮しても、隙間から空気が入ってしまうと、意味がなくなってしまうので、ロコミなども参考にしながら、選ぶようにしましょう。

耐久性で選ぶ

厚めの布団を収納するので、しっかりと耐久性があるのかも、重要なポイントとなります。商品によっては、ちょっとした場所に当たった際でも、すぐに破れてしまうことがあるので、注意しましょう。

 

耐久性に優れたものを選ぶポイントとして、ロコミがあります。ロコミは、実際に使用した方の感想をチェックすることができるので、必ず購入前にチェックし、選ぶようにしておきましょう。そうすることで、失敗なく選ぶことができます。

密封性で選ぶ

耐久性も大切なポイントですが、圧縮して使用するアイテムなので、当然密封性も、非常に重要となってきます。せっかく布団を圧縮してコンパクトにできたとしても、隙間から空気が入り込んでしまうので、二重逆流防止弁や、ダブルチャックなども、チェックしておきましょう。

 

なので、最初は、密封性に注目しながら、選ぶようにしましょう。密封性を高めるためには、耐久性も非常に重要になってくるので、抑えておきましょう。また、ロコミなども参考にしておくと、適切なものが見つかりやすくなりますよ。

仕様で選ぶ

現在販売されている圧縮袋は、非常に工夫されたものが多くなっているので、そういった部分も重視しながら、選ぶようにしましょう。

スライダー付きを選ぶ

圧縮袋は、できる限り空気を入れないことが重要になってきます。なので、スライダーの有無をしっかりと、チェックしておきましょう。チャック部分がしっかりと閉まっていないと、空気が入りやすくなり、きちんと圧縮できなくなります。

 

なので、このスライダーが付いたものを選び、密閉度を高める必要があります。スライダーは、初心者でも扱いやすいので、手軽にお使いいただけます。

圧縮口で選ぶ

布団用圧縮袋は、空気を抜く際に、掃除機を用いります。ただ、掃除機のホースをそのまま挿して空気を抜いてしまうと、ホコリなどが逆流してくることがあるので、注意しましょう。現在では、バルブが備わっているタイプがあるので、そういったトラブルを避けることができます。

 

掃除機を使う際に、空気が逆流しないようになっていたり、自動的に空気穴が開閉するタイプのものなど、工夫された商品が多くなっています。なので、細かい部分にも注目しながら、選んでみましょう。

用途で選ぶ

あらかじめ、押し入れなどの収納スペースのサイズや、どの布団を圧縮したいかを決めておくことによって、適切な商品を探しやすくなりますよ。また、長く使うためにも、価格も重要です。

サイズで選ぶ

ただ布団を圧縮するだけでに、選んではいけません。押入れなど、収納場所にしっかりと入れることができるサイズなのかも、重要なポイントになります。押し入れといっても、幅が狭いタイプや、広いタイプまであります。

 

なので、しっかりと時前にどの程度の大きさなら収納できるかを、把握しておきましょう。押し入れの奥行は大体、80cm程度なので、大きくてもこのぐらいのサイズのものを選んでおくと、問題ないかと思います。ただ、ご家庭によって差はあるので、あらかじめ計っておきましょう。

デザインで選ぶ

商品によっては、マチ付き・マチ無しの2タイプがあるので、しっかりとチェックしておきましょう。厚みのある布団や、まとめて数枚収納したい場合は、マチ有りを選ぶようにしましょう。

 

マチが付いていることによって、奥行きができるので、サイズが大きい布団でも、サッと収納できます。反対に、薄い生地の布団の場合は、マチがなくても収納することはできます。なので、あらかじめどの布団を圧縮するかを決めておきましょう。

価格で選ぶ

商品によって、それぞれ価格が異なりますよ。ただ、価格が安いと、破れやすっ勝ったりと、色々なデメリットがある商品も多いので、価格にもこだわってみましょう。

 

とはいっても、プチプラのものでも、しっかりと耐久性に優れたものもあるので、全部が悪い訳ではありません。ただ、お値段に相当する品質のものもあるので、そういった分も視野に入れながら、選ぶことも重要となってきます。

タイプで選ぶ

掃除機が自宅にないなど、サッと使えるものをお探しの場合は、ポンプ式が適切です。自分ではなかなか圧縮できないとお困りの場合は、掃除機式を選びましょう。

ポンプ式を選ぶ

商品によっては、かなり手軽に使える、ポンプ式タイプがあります。このタイプであれば、専用のポンプを使って圧縮できるので、掃除機が必要ありません。また、圧縮袋とポンプが大体セットで販売されているので、サッと使えて便利です。

 

このタイプは、いつでも手軽に使えるので、手軽さを重視したい場合に、最適となっています。例えば、引っ越しの際などにも便利なので、使ってみましょう。

掃除機式を選ぶ

以前までは、この掃除機を使って圧縮するタイプが、主流でした。ただ、現在でも掃除機式のものも販売されているので、チェックしてみましょう。

 

お値段も手軽なものが多いので、お求めやすいかと思います。ただ、当然掃除機が必要になるので、注意しましょう。掃除機さえあれば手軽に使用できますが、引っ越しなどで使用する場合は、ポンプ式の方が扱いやすいかもしれません。

予防できるものを選ぶ

大切な布団をダニなどから守るためにも、防ダニ効果の有無なども、しっかりとチェックしておきましょう。商品によっては、保管中の布団を清潔に保つ機能が、備わっているものも多いので、要チェックです。

 

そもそも圧縮袋は、気密性が高くなっていることもあり。湿気がそのまま閉じこもり、ダニなどが繁殖しやすくなります。なので、圧縮した布団を次のシーズンも使うためにも、あらかじめこういった対策が行える、布団圧縮袋を選ぶようにしておきましょう。

布団圧縮袋の人気ランキング10選

第10位

レック

入れやすい防ダニふとん圧縮袋 掃除機式

価格:880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ファスナーは色が変わるので、分かりやすいです。

特許出願中の新構造になっているので、他ではない使いやすさを、提供します。真ん中にファスナーが付いているので、女性でも袋の奥まで手が届きます。よって、綺麗に入れることができ、布団も手軽に圧縮できます。

 

さらに、圧縮後でも半分に折リ畳みやすく、すっきりと収納できます。なので、お部屋を圧迫することなく、広々と使用できます。吸引バルブは、ダイソンなどの海外製掃除機にも対応しているので、安心してお使いいただけます。

 

畳めるので、場所を取らないといった、ロコミが挙がっていました。防ダニ剤を配合しているので、ダニの増殖を防げます。ファスナーは、閉じると色が変わるので、閉め忘れを防止できます。

内容量2枚サイズ90×110cm
機能-スライダー
密封性ロック式バルブ付き
第9位

YYYCMY

布団圧縮袋 ポンプ・掃除機式

価格:1,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

布団などの長期保存に、助かりますよ。

あらゆるサイズの布団圧縮袋がセットになっているので、色々なタイプの布団を圧縮できます。もちろん、衣類など他のものも、コンパクトにできるので、かなり便利です。整理整頓に役立てれ、季節ものの収納に最適です。

 

さらに、カビや湿気から守るので、安心してお使いいただけます。嫌な細菌と湿気を防ぐので、清潔に保つことができますよ。デザインもおしゃれで、おすすめの布団圧縮袋となっています。

 

機能性が充実しているといった、ロコミが挙がっていました。高強度ナイロン複合膜を採用しているので、耐久性にも優れています。長期間保存にも最適で、手動ポンプで気楽に圧縮することができますが、掃除機でも使用可能です。

内容量6枚サイズ100×80・80×60・70×50cm
機能ダニ・カビ対策スライダー
密封性-
第8位

石崎資材

日本製布団圧縮袋 掃除機式

価格:950円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆる工夫が施されています。

押入れにスッキリ収まるので、置き場所に困ることがありません。さらに、縦方向に立ち上がる底マチ付きなので、分厚い布団であっても、手軽に収納できます。比較的リーズナブルな価格なので、お求めやすいでしょう。

 

さらに、超薄型バルブを採用しているので、圧縮しても盛り上がることがなく、重ねて収納することが可能です。空気が逆流しないので、簡単に扱えて、おすすめの布団圧縮袋となっています。

 

使い勝手に優れていて、手放せないといった、ロコミが挙がっていました。掃除機のノズルを離すと、自動的に空気の流れが止まるので、空気が漏れることもありません。万が一スライダーが外れても、簡単に再装着することが可能です。

内容量2枚サイズ130×85cm
機能-スライダー
密封性ダブルチャック付き
第7位

オリエント

バルブ式ふとん圧縮袋 掃除機式

価格:840円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かなり入口が大きくなっているので、スムーズに入れれます。

この布団圧縮袋は、使いやすさにこだわって、作られています。簡単に圧縮できるので、初めての方にも、おすすめとなっています。圧縮袋1枚に対し、布団1枚を使用することで、厚みのある布団でも、しっかりと圧縮できます。

 

さらに、約1/3に圧縮することはできるので、押し入れなどを圧迫せず、サッと収納できます。布団が入れやすいように、ワイド間口を120cmにしているので、普段入れにくい布団でも、スムーズに収納することができます。

 

口が大きいので、入れやすいといった、ロコミが挙がっていました。ダウン80%以上の、羽毛布団にも使えるなど、幅広い布団に対応しています。なので、なかなかサイズが合うものがないとお困りの方にも、ピッタリです。 

内容量2枚サイズ120×92cm
機能-スライダー-
密封性-
第6位

DailyWise

ふとん圧縮袋 掃除機・ポンプ式

価格:2,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自の技術を使い、高品質に仕上げています。

特大サイズの布団圧縮袋がセットになっているので、スムーズに片付けは行えます。全て最高品質の素材とを使用し、世界レベルの技術を使って製造しているので、かなり品質の高い商品となっています。

 

よって、長持ちし破れにくいので、安心してお使いいただけます。また、独自のダブルファスナーシールと、トリプルシールターボバルブで、密封性をさらに高めているので、しっかりと圧縮できます。

 

使いやすく、リピートしているといった、ロコミが挙がっていました。抗菌素材でできているので、ダニなどのあらゆる被害からも、大切な布団を守ります。なので、お手入れがしにくい、羽毛布団などにもお使いいただけます。

内容量10枚サイズ90×120・70×100cm
機能ダニ・カビ対策スライダー
密封性二重逆流防止弁・ダブルチャック付き
第5位

Hibag

布団圧縮袋 ポンプ式

価格:1,499円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手巻きタイプも付いていて、色々な場所で活躍します。

布団・枕など、大きめのものを圧縮するのに、最適な商品となっています。最大で、4/5の収納スペースを節約でき、限られたスペースに収納できます。また、2つの旅行手巻き圧縮バッグが付属しているので、出先でも手軽に活用できます。

 

手巻きタイプは、ポンプが不要なので、かなり手軽で便利です。さらに、袋が完全に密閉されているかどうかが、確認しやすいので、しっかりと密封できます。シールスライダーは、落ちにくいので、失くしてしまうこともありません。

 

衛生的でとても楽といった、ロコミが挙がっていました。簡単に密閉できるので、初心者の方にもおすすめです。逆流防止弁のおかへで、空気漏れを防ぎ、圧縮後の瞬間漏れをブロックできます。

内容量8枚サイズ100×70・54×38cm
機能ダニ・カビ対策スライダー
密封性ダブルチャック付き
第4位

Opaza

布団圧縮袋 掃除機・ポンプ式

価格:1,830円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

立てて収納できるなど、利便性に優れています。

収納スペースを約80%節約できるので、省スペースに収納できます。隙間を活用できるので、かなり使い勝手にも優れています。透明となっているので、中が見えやすく、収納している布団も区別しやすいですよ。

 

さらに、立てて収納することも可能なので、役立ちます。季節ものを収納するにはもちろん、引っ越し・旅行にも便利となっています。ダニやカビも防止してくれるので、翌シーズンも同じ布団を使用できます。

 

とにかく収納に困らないといった、ロコミが挙がっていました。逆流防止弁・ダブルチャック付きとなっているので、密封性が非常に高く、空気が漏れてしまう心配がありません。

内容量6枚サイズ110×80・80×60cm
機能ダニ・カビ対策スライダー
密封性二重逆流防止弁・ダブルチャック付き
第3位

オリエント

Q-PON! ポンプ式

価格:4,320円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトサイズなので、女性でも扱えます。

布団圧縮袋が2枚入っていて、手軽に使用できます。もちろん、圧縮に便利な電動吸引ポンプがセットになっているので、別途で買い揃える必要もなく、おすすめとなっています。

 

また、専用の電動ポンプは、片手で楽に持てるので、女性でも扱いやすいですよ。サイズもコンパクトなので、収納場所に困りません。掃除機に負けないの吸引力を持ち、時短で圧縮できるので、手間がかかりません。

 

女性でも使いやすいといった、ロコミが挙がっていました。この布団圧縮袋は、凸部のないフラットバルブ式なので、かさばらずスッキリ収納でき、スペースを有効活用できます。

内容量2枚サイズ120×92cm
機能-スライダー
密封性-
第2位

Vacplus

ふとん圧縮袋 掃除機・ポンプ式

価格:1,630円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

透明タイプなので、中の判別がしやすいですよ。

敷布団など、かさばる布団も楽々圧縮でき、おすすめの布団圧縮袋となっています。この商品を使うことで、最大75%のスペースを省くことができ、空いたスペースのみに週のできるので、かなり便利です。

 

さらに、備わっているチャック部分は。気密性の高いダブルタイプとなっているので、空気漏れを防ぎます。ダニやカビにも効果的で、防虫剤を使用しなくても、しっかりと布団を守ります。

 

袋が丈夫なので、厚みのあるものを入れていも安心といった、ロコミが挙がっていました。また、掃除機を用いても使用でき、ほとんどの掃除機に対応しているので、安心してお買い求めいただけます。

内容量3枚サイズ130×100cm
機能ダニ・カビ対策スライダー
密封性二重逆流防止弁・ダブルチャック付き
第1位

Vacplus

ふとん圧縮袋 掃除機・ポンプ式

価格:1,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

布団以外にも、衣類などにもお使いいただけます。

おしゃれなデザインで、使い勝手にも優れています。布団だけでなく、枕や大きめの衣類ども圧縮することができるので、色々な面で活躍します。サイズも大きめとなっているので、サッと収納できて重宝します。

 

さらに、ダブルチャックタイプとなっているので、しっかりと密閉してくれます。隙間から空気が漏れるなどの心配がないので、手軽に扱えますよ。専用のポンプを備わっているので、届いたその日に使用できます。

 

サイズが大きめなので、使いやすいといった、ロコミが挙がっていました。掃除機がなくても、手動ポンプで簡単に圧縮できるので、引っ越しの際にも役立ちます。

内容量3枚サイズ100×80cm
機能ダニ・カビ対策スライダー
密封性バブル・ダブルチャック付き

布団圧縮袋のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5077462の画像

    Vacplus

  • 2
    アイテムID:5077465の画像

    Vacplus

  • 3
    アイテムID:5077468の画像

    オリエント

  • 4
    アイテムID:5077471の画像

    Opaza

  • 5
    アイテムID:5077476の画像

    Hibag

  • 6
    アイテムID:5077488の画像

    DailyWise

  • 7
    アイテムID:5077496の画像

    オリエント

  • 8
    アイテムID:5077499の画像

    石崎資材

  • 9
    アイテムID:5077500の画像

    YYYCMY

  • 10
    アイテムID:5077502の画像

    レック

  • 商品名
  • ふとん圧縮袋 掃除機・ポンプ式
  • ふとん圧縮袋 掃除機・ポンプ式
  • Q-PON! ポンプ式
  • 布団圧縮袋 掃除機・ポンプ式
  • 布団圧縮袋 ポンプ式
  • ふとん圧縮袋 掃除機・ポンプ式
  • バルブ式ふとん圧縮袋 掃除機式
  • 日本製布団圧縮袋 掃除機式
  • 布団圧縮袋 ポンプ・掃除機式
  • 入れやすい防ダニふとん圧縮袋 掃除機式
  • 特徴
  • 布団以外にも、衣類などにもお使いいただけます。
  • 透明タイプなので、中の判別がしやすいですよ。
  • コンパクトサイズなので、女性でも扱えます。
  • 立てて収納できるなど、利便性に優れています。
  • 手巻きタイプも付いていて、色々な場所で活躍します。
  • 独自の技術を使い、高品質に仕上げています。
  • かなり入口が大きくなっているので、スムーズに入れれます。
  • あらゆる工夫が施されています。
  • 布団などの長期保存に、助かりますよ。
  • ファスナーは色が変わるので、分かりやすいです。
  • 価格
  • 1380円(税込)
  • 1630円(税込)
  • 4320円(税込)
  • 1830円(税込)
  • 1499円(税込)
  • 2500円(税込)
  • 840円(税込)
  • 950円(税込)
  • 1599円(税込)
  • 880円(税込)
  • 内容量
  • 3枚
  • 3枚
  • 2枚
  • 6枚
  • 8枚
  • 10枚
  • 2枚
  • 2枚
  • 6枚
  • 2枚
  • サイズ
  • 100×80cm
  • 130×100cm
  • 120×92cm
  • 110×80・80×60cm
  • 100×70・54×38cm
  • 90×120・70×100cm
  • 120×92cm
  • 130×85cm
  • 100×80・80×60・70×50cm
  • 90×110cm
  • 機能
  • ダニ・カビ対策
  • ダニ・カビ対策
  • -
  • ダニ・カビ対策
  • ダニ・カビ対策
  • ダニ・カビ対策
  • -
  • -
  • ダニ・カビ対策
  • -
  • スライダー
  • -
  • 密封性
  • バブル・ダブルチャック付き
  • 二重逆流防止弁・ダブルチャック付き
  • -
  • 二重逆流防止弁・ダブルチャック付き
  • ダブルチャック付き
  • 二重逆流防止弁・ダブルチャック付き
  • -
  • ダブルチャック付き
  • -
  • ロック式バルブ付き

圧縮収納する際の注意点

色々な注意点があるので、把握しておきましょう。正しい使い方や、ポイントを抑えておくだけでも、布団を長持ちさせることができます。

圧縮方法を把握しておきましょう。

基本的に布団圧縮袋は、干してから収納する必要があります。圧縮袋の中は、湿度が高くなるので、半乾きの状態でも、ダニやカビが繁殖してしまいます。

 

なので、しっかりと乾燥させてから、圧縮させましょう。また、空気を抜く時間は、大体1分程度が目安となってきます。あまり圧縮しすぎてしまうと、布団を傷めてしまったりするので、注意しましょう。

防虫剤は入れないように注意しましょう。

布団圧縮袋には、絶対に防虫剤は入れないようにしましょう。何故かというと、圧縮することによって、防虫剤特有の臭いが広がり、そのまま布団に染みこんでしまうことがあります。なので、ダニなどが心配な場合は、あらかじめ防虫効果などがあるものを、選びましょう。

 

さらに、カビなどを防止したい場合は、1シーズンごとに、1度取り出すと、より効果を高めることができます。定期的に布団を取り出し、布団に空気を入れることで、布団自体のダメージなども防止できます。

まとめ

今回は、おすすめの布団圧縮袋をご紹介しました。このアイテムを使用することによって、収納スペースを短縮できるので、かなり便利です。かさばってしまうような布団でも、かなり小さくできるので、あると重宝しますよ。お値段もリーズナブルなので、使ってみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ