記事ID138671のサムネイル画像

【色白美肌に】おすすめ美白オーガニック化粧品人気ランキング10選

オーガニックの美白化粧品を使って透明感のある肌になりたいと考えていませんか。この記事では美白オーガニック化粧品の人気ランキングについてご紹介します。化粧品を選ぶときのポイントもお教えしますので、自分の肌にぴったりのコスメを見つけて理想の肌を手に入れましょう。

肌に優しい美白ケアならオーガニック化粧品がおすすめ

シミやくすみが気になるから美白化粧品を使いたいけど、肌への刺激や負担が心配……と考える人も多いかと思います。中には刺激が強い化粧品もありますので、肌が元々弱い人にとっては不安ですよね。

 

肌への刺激が心配な人におすすめなのがオーガニック化粧品です。オーガニック化粧品は植物由来の成分をメインとした化粧品なので、肌への刺激を最小限に抑えることができます。美白効果のある成分を選べば、肌に優しく美白のためのケアを行えます。

 

ここでは美白成分が含まれるオーガニック化粧品ランキング10選をご紹介。化粧水や乳液といったさまざまな化粧品をお教えしますので、気になる化粧品を見つけて早速ケアを始めてみてくださいね。

美白オーガニック化粧品の選び方

美白オーガニック化粧品は適当に選んでいいわけではなく、いくつかのポイントをチェックしながら選ぶことがおすすめ。ここでは化粧品の選び方について解説していきます。

オーガニックの基準から選ぶ

オーガニック化粧品はそれぞれに基準があります。どんな基準を満たしているものがおすすめなのかを見ていきましょう。

公式サイトから全成分をチェック

オーガニック化粧品と記載されているからといって、適当に化粧品を選ぶことはおすすめできません。化粧品には必ず配合成分が記載されているため、購入前に配合成分一覧を必ずチェックしましょう。

 

オーガニック化粧品は植物由来の成分をメインに配合しています。植物由来の成分にはさまざまなものがありますが、美白効果が期待できるものとしてローズマリー、カモミラエキス、アーティチョーク、ダマスクスローズなどがあります。

 

透明感のある肌を目指したいなら、美白効果が期待できる植物成分が配合されているかどうかを確認しましょう。

国際基準を満たしているものがおすすめ

肌への刺激や負担をとにかく抑えたいのであれば、オーガニック認証を受けている化粧品がおすすめです。国際基準を満たしている化粧品はオーガニック化粧品として認められ、認証を受けた機関のマークが記載されています。

 

エコサート、USDA、コスメビオなど多くの認証機関がありますので、いずれかの機関で認証を受けているものを選びましょう。認証を受けていなくてもオーガニック成分がたっぷり含まれているものもありますが、逆にケミカル成分の方が多いなんてこともあるので注意が必要です。

日本にはオーガニック認証がない

日本で生産されている化粧品は国外産に比べて安心感があるかと思います。そのためオーガニック認証を受けていなくても国産なら大丈夫と考えてしまいますが、日本にはオーガニック認証がないという落とし穴があります。

 

オーガニック認証がないことから、少しでも植物由来の成分が含まれていればオーガニック化粧品を名乗ることが可能です。オーガニックを書かれていれば大丈夫ではなく、配合成分一覧を確認してから購入するようにしましょう。

美白成分から選ぶ

透明肌を手に入れたいのであれば、美白に効果がある成分が含まれているかをチェックすることも大切です。ここではチェックすべき成分ついてお教えしていきます。

美白効果のある植物成分配合かをチェック

美白ケアをしたいなら、美白成分配合化粧品を使わなければいけません。美白成分にはさまざまなものがありますが、天然由来の美白成分もあるため、肌に優しく美白ケアをしたいなら天然由来の成分が配合されているかどうかを見ておきましょう。

 

天然由来の美白成分としてはビタミンC誘導体、朝鮮アザミ、ローズマリー、カモミラエキスといったものがあります。これらの成分はオーガニック化粧品によく含まれている成分なので、覚えておくと便利ですよ。

オーガニック化粧品は美白有効成分が含まれない

美白化粧品の多くは美白有効成分というものが配合されています。これはシミやくすみに効果があると認められた成分のこと。有効成分として認められているため、美白への高い効果が期待できます。

 

ただオーガニック化粧品の多くは美白有効成分が含まれていません。そのため美白効果が薄いのでは……と考える人も多いかと思いますが、これは天然由来のものから有効成分を作り出すのが難しいことが原因です。

 

有効成分が含まれていない=美白効果が低いということではありませんので、美白への効果が期待できる植物成分が含まれていれば、ぜひ使ってみることをおすすめします。

添加物の量が少ないかどうかも確認しておく

オーガニック化粧品を使いたいと考えている人の多くは、乾燥肌や敏感肌にお悩みかと思います。オーガニック=肌への負担が少ないというイメージも強くあるかと思いますので、オーガニック化粧品を使えば肌トラブルも出ないだろうと考えますよね。

 

確かに植物由来の成分がメインに含まれていることは肌に嬉しいポイントですが、添加物が多く含まれていればそれも台無し。添加物は肌に刺激を与えるものが多くありますので、肌をケアする成分が優しくても意味がなくなってしまいます。

 

添加物は配合成分一覧から確認できますので、添加物の量についても購入前に確認しておきましょう。

保湿成分から選ぶ

透明感のある肌を目指すなら、美白成分だけでなく保湿成分が含まれていることにも注目しましょう。肌をうるおすことで乾燥によるくすみのケア効果が期待できますよ。

植物由来の保湿成分が含まれているかをチェック

肌が乾燥していると肌の汚れが落ちにくくなったり、古い角質が剥がれにくくなったりします。汚れや角質が長く放置されると、肌の上で色が変化し、くすみになってしまいます。これを防ぐには肌をたっぷりうるおして、汚れをきちんと落としきらなければいけません。

 

肌が柔らかい状態のままキープされていれば、汚れは落ちやすく、角質もターンオーバーによって剥がれ落ちます。そのため美白だけでなく、保湿成分についてもチェックしておきましょう。保湿成分も天然由来のものがおすすめです。

乾燥が気になる人は保湿成分がより多いものを選ぶ

肌の乾燥が特に気になる人は、保湿効果のある成分がより多く含まれているものを選びましょう。より多く含まれていれば肌をたっぷりとうるおすことができるため、モチモチとした肌をキープできますよ。

 

スキンケアは化粧水で終わりではなく、美容液や乳液の使用もおすすめです。化粧水→美容液→乳液→クリームの順でケアをすることでよりうるおいを保つ肌になるため、美白ケアと一緒に肌の乾燥ケアも同時に行えます

価格帯から選ぶ

美白ケアはすぐに効果が出るものではなく、最低でも3か月は継続してケアを続ける必要があります。長く続けるためにも、化粧品の価格帯についてもチェックしておきましょう。

長く使い続けられる価格帯がおすすめ

美白ケアは最低でも3か月は続ける必要がありますので、長期間継続して購入できる価格帯のものを使うことがおすすめです。化粧品は大体1か月ほどでなくなりますので、毎月捻出できる価格帯の化粧品を選びましょう。

 

高い価格帯のものはそれだけ効果も期待できますが、長く購入できなければあまり意味がありません。手頃な価格帯であっても、美白成分が含まれているものを長く使い続けることで透明感のある肌を手に入れることができるでしょう。

コストを抑えたい人はオールインワンタイプを選ぶ

乾燥も防ぎたいという人は化粧水だけでなく、乳液やクリームも併用するかと思いますが、すべてのアイテムを揃えるとなると出費が高くなってしまいます。コストを抑えてケアをしたいなら、オールインワン化粧品でのケアがおすすめです。

 

オールインワン化粧品は化粧水・美容液・乳液・クリームなどのアイテムが1つになった化粧品です。いくつものステップを重ねる必要がなく、1ステップでケアが終わるためスキンケアの時短も可能です。

 

オールインワン化粧品は1つですべてのアイテムの役割を果たしてくれますので、それぞれのアイテムを揃えるより安く済みます。コストも重視したい人は、オーガニックのオールインワン化粧品を選びましょう。

美白オーガニック化粧品の人気ランキング10選

第10位

メルヴィータジャポン

ネクターブラン コンセントレイトセラム

価格:6,351円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明るい肌に導くオーガニック美容液

化粧水後に使用する美容液です。くすみがちで暗く見える肌にアプローチし、透明感と明るさをアップ。ブライトケア成分を豊富に含んでいるため、肌のトーンアップが目指せます。

 

自然由来成分を99%配合しており、2つのオーガニック認証を受けています。保湿成分も配合されていますので、肌のうるおいケアもバッチリ。乾燥によるくすみへのアプローチ効果も期待できます。

 

美容液なのでいつものスキンケアにプラスするだけでOK。同シリーズの化粧水やクリームも展開されているので、フルラインで使用することで美白・保湿へのさらなる効果が期待できるでしょう。

主な配合成分マドンナリリー根エキス・ヒマワリ種子油・アスコルビルグルコシドなどオーガニック認証
保湿成分の有無
第9位

ピー・エス・インターナショナル

トリロジー ロザピン プラス

価格:3,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

乾燥しがちな肌を守る美容液

化粧水後に使用する美容液です。トマトやクランベリー、ヒマワリなどの肌を守る成分を配合。敏感肌や乾燥肌は外的刺激によってトラブルが起こりがちですが、これらの成分が肌を守ることで刺激によるトラブル予防の効果が期待できます。

 

ローズヒップ油をメインとした美容液で、ローズヒップは美白効果が期待できる植物由来の成分とされています。くすみなどによって暗くなりがちな肌に天然成分がアプローチし、明るく透明感のある肌へと導きます。

 

肌を外的刺激から守る成分をたっぷりと配合しているため、敏感肌や乾燥肌の人に特におすすめ。オイルベースの美容液なので、皮脂が多い脂性肌の人には向きません。

主な配合成分ローズヒップ油・トマト種子油・クランベリー種子油などオーガニック認証
保湿成分の有無
第8位

石澤研究所

ブライトモイスチャライジング カモミールクリーム

価格:3,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重たさを感じさせないオーガニッククリーム

スキンケアの仕上げに使うクリームタイプです。クリームというと肌に重たさを感じるものも多いかと思いますが、こちらは軽い付け心地なのでスキンケアによるストレスを感じにくくなっています。

 

美白作用があると言われるカミツレ花エキスは、肌の炎症をケアする作用もあるとされています。日焼け後の肌を優しく癒してくれるため、紫外線を浴びた肌へのケアの使用にもおすすめです。

 

保湿成分や油分がたっぷり配合されているので、肌のうるおいケアも可能。油分が肌を保護してくれるため、うるおいのあるモチモチ肌を長くキープできるでしょう。

主な配合成分カミツレ花エキス・オリーブ果実油・グリセリンなどオーガニック認証
保湿成分の有無
第7位

CALM

美容液 オーガニック

価格:3,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コメの力で肌を美しく導く美容液

化粧水後に使用する美容液です。コメ発酵液、コメヌカ発酵エキス液を配合している美容液で、コメは古来より日本で親しまれている食品です。発酵したコメエキスには肌の水分保持や新陳代謝の促進といった作用があるとされています。

 

シミやくすみに直接アプローチするものではありませんが、肌のうるおいを保ち、新陳代謝を促進することで肌の細胞は定期的に新しく生まれ変わります。シミやくすみは新陳代謝によって外へと排出されるものもありますので、透明肌への効果も期待できます。

 

天然由来成分100%、日本で製造されているという点も安心できるポイント。オーガニック認証は受けていませんが、天然成分だけを詰め込んだ安心の美容液です。

主な配合成分コメ発酵液・コメヌカ発酵エキス液・グリセリンなどオーガニック認証×
保湿成分の有無
第6位

ヴェレダ

ワイルドローズモイスチャーローション

価格:4,104円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダマスクスローズの香りに癒される化粧水

洗顔後に使う化粧水です。ダマスクスローズが配合されており、肌に浸透させることで芳醇な香りに包まれます。ダマスクスローズはオーガニック栽培されたもので、美白への効果も期待できるとされる植物です。

 

ダマスクスローズの他にもシロキクラゲ多糖体、モスカータバラ葉エキスなどを配合。肌をうるおしてくれる植物成分で、肌本来のリズムを取り戻す働きも期待できます。

 

同シリーズにモイスチャーミルクもあり、ミルクにもダマスクスローズが含まれています。乾燥が気になる場合は乳液の使用も必須なので、美白も保湿も叶えたい人はローション→ミルクでのスキンケアがおすすめです。

主な配合成分モスカータバラ葉エキス・セダムプルプレウムエキス・サンシキスミレエキスなどオーガニック認証
保湿成分の有無
第5位

AMRITARA

エイジソリューションクリーム

価格:10,368円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

植物成分を贅沢に配合したクリーム

スキンケアの仕上げに使うクリームタイプです。こちらはオーガニックコスメにふさわしいと言えるほど、植物成分をたっぷりと配合。国産の和ハーブを7種類、植物由来成分を18種類も含んでいます。

 

ローズマリーエキスやローマカミツレ花エキスなどの美白効果が期待できる植物成分のほか、シロキクラゲ多糖体やアロエベラ液汁などの保湿成分も配合。シア脂などの油分成分も含まれているので、油分不足の乾燥肌にもピッタリです。

 

植物の力で肌をたっぷりとうるおし、透明感のある肌へと変えていきます。肌本来のチカラを取り戻し、乾燥を防ぐことで年齢サインのケアも行ってくれるため、加齢による乾燥が気になる肌にもおすすめです。

主な配合成分ホホバ種子油・シラカバ樹液・ローマカミツレ花エキスなどオーガニック認証×
保湿成分の有無
第4位

無印良品

オーガニック薬用美白化粧液

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパを重視する人におすすめの化粧水

洗顔後の最初のスキンケアに使用する化粧水です。こちらは全国展開している無印良品から販売されているスキンケアシリーズの化粧水で、オーガニック成分をたっぷり使った美白化粧液。美白有効成分としてビタミンC誘導体を含んでいます。

 

ビタミンC誘導体のほか、ローズマリーエキスやカモミラエキスも配合。透明感のある肌に導きながら肌のリズムを整えてくれるため、植物の力で荒れがちな肌をトラブルフリーの美しい状態に変えていきます。

 

たっぷりの容量で価格もあまり高くないため、コスパを重視している人におすすめです。無印良品店舗で手軽に購入できることも魅力です。

主な配合成分ビタミンC・2-グルコシド・濃グリセリン・ローズマリーエキスなどオーガニック認証×
保湿成分の有無
第3位

VSD化粧品

メーデルケアローション

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤ちゃんにも使えるエステ会社開発化粧品

デリケートな赤ちゃんの肌にも使えるほどの優しさを実現した化粧水です。エステ会社が開発していることもあり、高い品質を保持。刺激なく肌をうるおし、美しく整えていきます。

 

カミツレ花エキスが配合されているほか、ダイズ種子エキスやヒアルロン酸Naといった保湿成分も含んでいます。アラントインやグリチルリチン酸2Kなどの肌の炎症をケアしていく成分も配合されているため、日焼け後のヒリヒリした肌へのケアにも最適

 

同シリーズには美容液・乳液もあります。肌をより美しくしたいなら、美容液と乳液の併用もおすすめ。化粧水→美容液→乳液の順でスキンケアをして、乾燥を防ぎつつ透明感のある明るい肌を手に入れましょう。

主な配合成分ダイズ種子エキス・カミツレ花エキス・ハトムギ種子エキスなどオーガニック認証×
保湿成分の有無
第2位

栃本天海堂

PHYT'S ブライトニング ローション

価格:3,729円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

乾燥によるくすみのない輝く肌に

8種類の植物成分を含む、オーガニック認証を受けた化粧水です。アロエベラ葉エキスやカンゾウ根エキス、メボウキ油などの天然由来成分を配合。乾燥しがちな肌をたっぷりとうるおし、カサカサしないモッチリ肌をキープします。

 

美白に働きかける成分が含まれていないものの、保湿力が高いため乾燥によるくすみへの効果を期待できます。毎日のケアで乾燥を防ぐことで、くすみにくい健康的な肌になっていくでしょう。

 

化粧水には香料が含まれているため、スキンケア中は良い香りに包まれます。香料は天然のものなので、肌に刺激を与える恐れが少ないこともポイント。化粧水ですが、コットンに馴染ませて拭き取ることでナチュラルメイクを落とすことができます。

主な配合成分アロエベラ葉エキス・ウワウルシ葉エキス・カンゾウ根エキスなどオーガニック認証
保湿成分の有無
第1位

HANAオーガニック

ムーンナイトミルク

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダマスクスローズをメインに配合した贅沢なミルク

乳液のベースとなる水にダマスクバラ花水を採用。ミルクの配合成分の中で最も多くダマスクバラ花水が使われているため、ダマスクバラ花水の香りを存分に楽しむことができます。美白効果が期待できる植物成分ということも見逃せません。

 

トウキンセンカ花エキス、ローズマリーエキス、ビルベリー葉エキスなどの保水・保湿効果が期待できる成分のほか、ツバキ油やヒマワリ種子油と言った油分成分も贅沢に配合。乾燥しがちな肌に油分を補うことで、しっとりとした状態を維持します。

 

肌にスーッと馴染んでいくため、何度もハンドプレスを繰り返さずともしっかり侵透。ブラックベースにブルーの花がプリントされた大人っぽいパッケージなので、化粧品の外観にもこだわりたい人に最適です。

主な配合成分ダマスクバラ花水・ツバキ油・ハチミツエキスなどオーガニック認証×
保湿成分の有無

美白オーガニック化粧品のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5075940の画像

    HANAオーガニック

  • 2
    アイテムID:5075939の画像

    栃本天海堂

  • 3
    アイテムID:5075938の画像

    VSD化粧品

  • 4
    アイテムID:5075937の画像

    無印良品

  • 5
    アイテムID:5075936の画像

    AMRITARA

  • 6
    アイテムID:5075935の画像

    ヴェレダ

  • 7
    アイテムID:5075934の画像

    CALM

  • 8
    アイテムID:5075932の画像

    石澤研究所

  • 9
    アイテムID:5075931の画像

    ピー・エス・インターナショナル

  • 10
    アイテムID:5075930の画像

    メルヴィータジャポン

  • 商品名
  • ムーンナイトミルク
  • PHYT'S ブライトニング ローション
  • メーデルケアローション
  • オーガニック薬用美白化粧液
  • エイジソリューションクリーム
  • ワイルドローズモイスチャーローション
  • 美容液 オーガニック
  • ブライトモイスチャライジング カモミールクリーム
  • トリロジー ロザピン プラス
  • ネクターブラン コンセントレイトセラム
  • 特徴
  • ダマスクスローズをメインに配合した贅沢なミルク
  • 乾燥によるくすみのない輝く肌に
  • 赤ちゃんにも使えるエステ会社開発化粧品
  • コスパを重視する人におすすめの化粧水
  • 植物成分を贅沢に配合したクリーム
  • ダマスクスローズの香りに癒される化粧水
  • コメの力で肌を美しく導く美容液
  • 重たさを感じさせないオーガニッククリーム
  • 乾燥しがちな肌を守る美容液
  • 明るい肌に導くオーガニック美容液
  • 価格
  • 4980円(税込)
  • 3729円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 10368円(税込)
  • 4104円(税込)
  • 3580円(税込)
  • 3780円(税込)
  • 3200円(税込)
  • 6351円(税込)
  • 主な配合成分
  • ダマスクバラ花水・ツバキ油・ハチミツエキスなど
  • アロエベラ葉エキス・ウワウルシ葉エキス・カンゾウ根エキスなど
  • ダイズ種子エキス・カミツレ花エキス・ハトムギ種子エキスなど
  • ビタミンC・2-グルコシド・濃グリセリン・ローズマリーエキスなど
  • ホホバ種子油・シラカバ樹液・ローマカミツレ花エキスなど
  • モスカータバラ葉エキス・セダムプルプレウムエキス・サンシキスミレエキスなど
  • コメ発酵液・コメヌカ発酵エキス液・グリセリンなど
  • カミツレ花エキス・オリーブ果実油・グリセリンなど
  • ローズヒップ油・トマト種子油・クランベリー種子油など
  • マドンナリリー根エキス・ヒマワリ種子油・アスコルビルグルコシドなど
  • オーガニック認証
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • ×
  • 保湿成分の有無

美白オーガニック化粧品の使い方

美白オーガニック化粧品にはさまざまなものがありますが、スキンケアの手順としては化粧水→美容液→乳液→クリームの順で使います。美容液はあれば化粧水後に使用し、なければ化粧水→乳液の順で構いません。

 

化粧品の基本的な使い方の手順を紹介します。

  1. 適量を手のひらに出す
  2. 両手全体に薄く伸ばして温める
  3. 肌全体に軽く馴染ませる
  4. ハンドプレスをして肌の奥に押し込んでいく

化粧水は肌の上の水気がなくなれば、乳液やクリームは油分によるベタつきがなくなれば完了です。ハンドプレスをするときは力を入れ過ぎないよう、優しく押し込んでいきましょう

 

まとめ

美白オーガニック化粧品ランキングを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?肌に優しい美白化粧品を使うことで、トラブルなく透明感のある肌を目指せるでしょう。保湿成分が含まれていれば乾燥によるくすみも防げるので、保湿と美白を両立してくれる化粧品を見つけてみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ