記事ID138663のサムネイル画像

【クッション性が高い】敷布団のおすすめ人気商品ランキング10選

敷布団は、腹痛持ちでもしっかりとクッション替わりになったり、マットレスが不要なタイプの、敷布団などもあります。また、洗えたり、コスパにも優れた商品が多いので、この機会にチェックしてみましょう。そこで今回は、おすすめの敷布団をご紹介します。

新しい敷布団にして、じっくりと寝ましょう。

敷布団といえば、ホームセンターや通販でも、手軽に購入できるアイテムの一つです。季節に応じて、適切な厚さのものが選べるなど、色々な商品が販売されているので、この機会にチェックしてみましょう。また、カラーも商品によってバリエーションがあるので、選びやすいですよ。

そこで今回は、おすすめの敷布団をご紹介していきます。いざ選ぶとなると、どれが良いのか分からないことも、多いですよね。お悩みをお持ちの方のためにも、選び方を丁寧にご紹介していきので、この記事を参考にしながら、選んでみては、いかがでしょうか。

敷布団の選び方

いざ敷布団を選ぶとなると、困ることが多いですよね。その素材が一番良いのかなど、分からないことも多いと思うので、この記事を元に、選んでみましょう。

素材で選ぶ

それぞれ使用されている素材によって、特徴は異なるので、しっかりと把握しておきましょう。ダニ対策をする必要がある素材も多いので、注意が必要です。

化学繊維を選ぶ

化学繊維とは、ポリエステルやナイロンなどの、素材で作られた敷布団になります。この素材で作られている商品は、比較的リーズナブルな価格で購入できるので、手軽に手にすることができます。簡易的な敷布団や、手軽さを重視して選びたい場合は、この素材を選びましょう。

 

さらに、ダニが好まない素材なので、ダニ防止にも効果的です。ただし、汗の吸収が悪く、静電気により、アレルギーの原因となる物質が付きやすくなるので、注意しましょう。特にアレルギーをお持ちの場合は、優しい素材のものを選ぶことをおすすめします。

動物性繊維を選ぶ

動物性繊維とは、羽毛・羊毛・絹などで作られた、ものをさします。しっかりと厚みがあるものが多いので、腰痛持ちの方でも、手軽にお使いいただけます。クッション性に非常に優れているので、体の圧を分散し、より良い睡眠が行えるでしょう。

 

ただし。素材がタンパク質なので、ダニのエサになりやすいので注意しましょう。こまめにお手入れをしたり、ダニ対策アイテムを使用したりして、対策をすることが重要になります。お値段も張るので、予算を考えて選びましょう。

食物繊維を選ぶ

食物繊維とは、綿などの優しい素材のものになります。コットンと表記されることも多く、お肌に優しい特徴があります。なので、小さなお子さんがいるご家庭では、この素材のものが最適でしょう。

 

ただし、綿素材は、ダニなどにとっては、とても良い環境の素材でもあります。ダニには嬉しい程良い断熱性などが備わっているので、しっかりとダニ対策をするようにしておきましょう。カビなどの原因になるので、こまめなお手入れが大切です。

用途で選ぶ

色々な用途に注意を払っておくと、かなり使い勝手に優れた商品が見つかりやすくなります。なので、細かい部分にも重視しておきましょう。

厚さで選ぶ

しっかりと寝付きたい場合は、厚さもしっかりと確認しておきましょう。敷布団の厚みは、最低でもcm以上のものが、ベストといわれています。というのも、人間の体は、最低でもcm程度の厚みがないと、しっかりと支えることができません。

 

ただ、体重が70kg以上ある場合は、さらに厚みが必要になるので、10cm程度のものを用意するようにしましょう。体重によって適した厚みが異なるので、時前にチェックしておきましょう。5cmのもので物足りない場合は、7cm・10cmと徐々に厚みを上げていきましょう。

機能性で選ぶ

敷布団は直接床に轢くこともあり、抗菌・防ダニ対応かどうかも、かなり重要となってきます。寝ている間は、気づきにくいですが、汗をたくさんかいていることがあるので、注意しましょう。

 

汗などは、ダニなどを引き寄せてしまう原因にもなるので、しっかりと対策ができるかも、チェックしておきましょう。さらに、クッション性も大切です。しっかりと体の重さに耐えることができないと、使いものにならないので、ロコミなども参考にしながら選びましょう。

洗えるかどうかで選ぶ

一番のお悩みとして挙げられるのが、お手入れのしやすさかと思います。できるならば、お手入れがしやすいものが、良いですよね。現在販売されている敷布団は、手軽に洗濯機で洗えるものもあるので、チェックしておきましょう。

 

ただ、布団が洗えても、洗濯機が対応していないことがあります。なので、時前にどのぐらいの重さやサイズのものなら洗濯できるのかをチェックし、布団に対応している洗濯機かも、確認しておきましょう。

乾燥の有無で選ぶ

敷布団自体洗うことができても、実は乾燥機には対応していないといった、商品も少なくはありません。なんで、必ず乾燥機に対応しているのかも、確認しておきましょう。多くの商品は、天日干しをする必要があるので、注意しましょう。

 

敷布団を干せるだけのスペースが必要になるので、確保しておく必要があります。もし賃貸などでスペースがない場合は、必ず乾燥機に対応しているのかも、確認しておきましょう。

使用する部屋で選ぶ

畳の部屋で使用するのと、フローリング床で使用するには、それぞれ適したものが異なるので、時前に使うお部屋を把握して、選びましょう。

畳用を選ぶ

もし畳のお部屋で使用する場合は、ダニ対策は必須になります。多くの畳は、植物性の素材で作られているものが多いです。そのため。弾力性があり、調湿性にも優れていつ特徴があります。

 

日本の気候にはかなり良い素材で、特に綿などの天然素材の敷布団と、相性が良いかと思います。ただ、敷布団を敷きっぱなしにしてしまうと、カビなどが発生しやすくなるので、注意しましょう。必ず毎日丁寧に畳み、できる限りダニなどを寄せ付けないようにしましょう。

フローリング用を選ぶ

現在では、非常にフローリングを多く使った、ご自宅が多くなっています。賃貸でも、フローリングが多いですよね。フローリングは畳と比べると、どうしてもクッション性に欠けてしまいます。

 

なので、厚めのものを使うようにしましょう。もしそれでも足りない場合は、マットレスを使用し、快適に眠れる環境を作りましょう。商品によっては、マットレスの機能が備わった敷布団が販売されているので、この機会にチェックしてみましょう。

サイズ・重さで選ぶ

快適に寝るためも、自分の体形に合ったサイズを選択しましょう。また、できる限り持ち運ぶ際に負担をかけないためにも、チェックしましょう。

サイズで選ぶ

サイズは、かなり重要なポイントになるので、曖昧に選ばないようにしましょう。例えば、一人で使用する場合は、シングルでもしっかりと寝返りなどが行え、快適に過ごせます。ただ、身長や体重によっては、狭く感じることがあります。

 

なので、不安な場合は、ワンサイズ大きめのものを選びましょう。多くの敷布団は、シングル。セミダブル・ダブルのように、それぞれサイズがあるので、選びやすいかと思います。

重さで選ぶ

もし気になる場合は、重さも重視しておきましょう。特に押し入れにしまうなど、毎日持ち運ぶ必要がある場合は、重さも重要なポイントです。

 

敷布団は毎日使用するものなので、スムーズに持ち運べないと、かなり使うのが苦痛になります。また、腰痛持ちの場合は、重たいとそれだけ負担がかかるので、重さもチェックしておきましょう。

価格・寿命で選ぶ

価格と品質が相対するものがあるので、予算と機能性にも注目しながら、選びましょう。また、長く使い続けるためにも、寿命は重要です。

価格で選ぶ

初めて敷布団を使用する場合は、まずはリーズナブルなものから使ってみましょう。また、ご自宅にある敷布団を一式変える際なども、まずは手軽なものから選び、使ってみましょう。

 

もし予算に余裕がある場合や、腰痛などお体に色々なお悩みを抱えている場合は、それらをカバーしてくれる商品を選ぶ方が、良いかと思います。ただ、機能性が高いと、それだけお値段も高い傾向にあるので、慎重に選びましょう。

寿命で選ぶ

より長く使用するには、どのぐらい使い続けることができるのかも重要です。すぐにダメになってしまうようであれば、かなりコストもかかってしまうので、注意しましょう。

 

特に、あまりにお値段が安いものは、長持ちしないものが多いので、価格で選んでみるのもポイントです。とはいっても、しっかりと耐久性があり、長く使えるものも多いので、ロコミなども参考にしながら、選んでみましょう。

敷布団の人気ランキング10選

第10位

京都西川

三層構造敷き布団 4G7155#350

価格:7,692円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三つ折りタイプで、収納の際に便利です。

しっかりタイプの、三層構造式となっています。敷布団の中材には、ポリエステル綿と、中芯には、ポリエステル固綿を使用しているので、へたりにくくなっています。型崩れなどもしにくいので、長く活用できます。

 

また、最適な寝心地を提供し、熟睡できるでしょう。また、布団の出し入れの際にも、負担がかかりにくい軽量タイプとなっているので、手軽にお使いいただけます。

 

おしゃれな柄となっているので、可愛く女性の方におすすめです。三つ折りにできるので、コンパクトにまとめられますよ。フローリングでも畳でも使用でき、場所問わず使用できます。

サイズシングル・シングルロング重さ4.2kg
洗濯不可素材ポリエステル
厚さ5cm
第9位

西川

敷布団  KD07014051B

価格:12,132円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かなりの軽量化を計り、出し入れがしやすいですよ。

羊毛を使用し、自分にフィットする、心地良い眠りを選ぶことができます。軽量の敷布団なので、持ち運びもスムーズに行えます。軽量化を計っているので、毎日の上げ下ろしが楽にでき、手軽に使用できます。


側地には、抗菌防臭加工を施しているので、清潔でおすすめの商品です。カラーは、ベーシックなデザインにしているので、他の寝具と合わせやすく、便利で快適な就寝が行えます。

 

かなり軽いので、出し入れが楽々といった、ロコミが挙がっていました。軽いですが、生地はしっかりとしていて頑丈なので、安心して使用できます。シンプルなデザインなので、違和感を与えません。

サイズシングル・ダブル重さ1.4kg
洗濯不可素材ウレタン
厚さ-
第8位

サカイ

マッシュロン 柄おまかせ三層敷布団 siki-0082-pi

価格:4,398円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心の日本製で、高品質に仕上げています。

季節を問わず、オールシーズンお使いいただけます。かさ高性に優れた中綿を使用し、適度な弾力でへたりにくく、保温性にも優れているので、快適に使用できます。また、どの柄が届くかが分からないので、届くまでお楽しみとなっています。

 

この敷布団は、肌触りもソフトで、お肌に優しい綿素材なので、さらさら感を実現していただけます。この商品は、日本国内の布団工場にて加工しているので、高品質で、信頼の日本製で安心して活用できます。

 

安心して使用できるといった、ロコミが挙がっていました。おしゃれなデザインなので、より楽しく快適に、眠ることができます。クッション性もあるので、快適にお使いいただけます。

サイズシングル重さ4kg
洗濯不可素材綿・ポリエステル
厚さ-
第7位

システムK

ボリューム3層敷布団 uni6221-iv

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デリケートなお肌の赤ちゃんにも、対応しています。

ウレタンクッションが入っていることで、適度なもちもち感を実現しています。さらに、ボリューム感が高いので、良い睡眠をサポートしてくれて、おすすめの敷布団となっています。シンプルなデザインなので、どんなデザインの布団とも合いますよ。

 

また、11cmの厚みがあるので、よりしっかりと体を支えます。高密度生地に、薄い起毛を施しているので、かなりお肌にも優しくなっています。赤ちゃんのデリケートなお肌に当たっても、安心です。

 

雲の上にいるような心地感といった、ロコミが挙がっていました。ご家族全員で使用できるので、快適に安心してお使いいただけます。アレルギーが心配な方にも、おすすめです。

サイズシングル・セミダブル・ダブル重さ4.05kg
洗濯不可素材ポリエステル・ウレタン
厚さ11cm
第6位

EiYU

敷き布団 EIYU-SF-024-IT

価格:2,854円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ほこりが出にくいので、アレルギー対策にもなります。

底付き感を軽減するために、固綿に使用してるので、かなり快適です。ボリューム感が高く、肌触りも良いので、安らげます。ストロー状の繊維がたっぷりと空気を含み、放湿性が高いので、夏場でも、暑苦しさはありません。

 

この敷布団は、熱も逃がさないので、保湿性にも優れています。ネットを使用することで、洗濯機でも手軽にお手入れが行えるので、お手入れに手間がかかりません。ただし、洗濯する際は、必ず手洗いで行いましょう。

 

寝心地が抜群で、お値段も手軽といった、ロコミが挙がっていました。ほこりが出にくい、ダブルクロス加工を施しているので、小さなお子さんがいても、安心してお使いいただけます。

サイズシングル重さ2.8kg
洗濯可能素材シルク・ポリエステル
厚さ-
第5位

Sweetnight

マットレス

価格:10,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

敷布団としても眠れ、夏でも快適です。

低反発と高反発素地2層重ねているので、しっくりとくる商品となっています。マットレスとしても、敷布団としても使用でき、夏場ではこれ1枚で、寝ることも可能です。理想的な寝姿勢を保ち、快適に眠れます。

 

また、腰痛・頭痛・筋肉痛などのお悩みも、解消してくれるので、かなり体に優しい設計となっています。底面は高反発材質で、硬めに作り、底つき感を感じさせないので、かなり快適です。

 

洗えるので手間がかからないといった、ロコミが挙がっていました。従来のものよりも、低反発フォームを改善し、温度の変化 影響を受けにくくしています。

サイズシングル・セミダブル・ダブル重さ6kg
洗濯可能素材ウレタン
厚さ5cm
第4位

アイリスプラザ

敷布団

価格:3,213円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

三つ折りできるので、場所を取りません。

ボリューム満点で、しっかりと体の重さを分散し、支えてくれます。なので、翌朝スッキリと起きれます。また、ウレタン入りの敷き布団で、弾力にも優れ、クッション性も非常に充実しています。

 

この敷布団は、肌触りの良い柔らかい巻綿で包んみ、三層構造となっています。底付き感、や、底冷え感を感じないボリュームがあるので、一段と心地の良い空間で、寝ることが可能です。

 

マットレスが必要ないくらい、厚みがあるといった、ロコミが挙がっていました。三つ折りにで収納できるので、収納スペースを取らず、手軽に使用できます。

サイズシングル重さ4.3kg
洗濯-素材ウレタン
厚さ10cm
第3位

アイリスプラザ

布団セット 7023045F

価格:3,572円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サラッとしていて、肌触りが高いです。

セット商品で、引っ越しの際にも活躍します。ふっくらとした敷布団から、掛け布団まで揃っているので、最適な環境で、眠ることができます。すべてにピーチスキン加工を施していることで、肌触りにも優れています。

 

さらに、ストロー状の繊維がたっぷりと空気を含んでいるので、放湿性が高まっています。よって、ムレなどの心配もなく、毎日快適に使用できます。オールシーズン活躍し、おすすめの敷布団です。

 

コスパにも優れているので、購入して間違いないといった、ロコミが挙がっていました。繊維の隙間に暖かい空気を取り込み、そのまま逃がさないので、保温性かなり高く温かいですよ。

サイズシングル・セミダブル・ダブル重さ6.25kg
洗濯可能素材ポリエステル
厚さ-
第2位

タンスのゲン

洗える布団セット AM000011

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一式揃えることができるので、届いたその日から手軽に、お使いいただけます。引っ越しの際などにも便利で、ふかふかな敷布団が備わっているので、しっかりと体の圧を受け止めてくれます。

 

さらに、枕も掛け布団もふっくらしているので、快適な眠りを提供します。専用の収納ケースまで揃っているので、汚れてもサッと洗えます。デザインもワンカラーで統一されているので、お部屋とも相性抜群です。

 

かなり快適に就寝できるといった、ロコミが挙がっていました。中綿は全て、ほこりが出にくい中空ポリエステルを使用しているので、体にも優しい作りとなっているので、お子さんと一緒に使用できます。

サイズシングル・セミダブル・ダブル重さ1.5kg
洗濯可能素材ポリエステル
厚さ-
第1位

MyeFoam

マットレス 42086

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

体の重さもしっかりと支え、負担がありません。

寝返りしやすく、マットレスとしても、敷布団としても使用でき2タイプとなっています。快適な睡眠が行え、熟睡することができます。サイズもそれぞれ種類があるので、自分に合ったものが見つかります。

 

また、就寝時の体の負担も、軽減してくれるので、より快適な眠りに就くことができます。カバーも備わっているので、届いたその日に手軽にお使いいただけます。通気性も抜群で、ムレる心配がありません。

 

ふわふわしていて、かなり快適に眠れるといった、ロコミが挙がっていました。アフターサービスも充実しているので、何かあった際でも、安心できるので、とてもおすすめです。

サイズシングル・セミダブル・ダブル重さ3kg
洗濯可能素材ポリエステル
厚さ3cm

敷布団のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5075529の画像

    MyeFoam

  • 2
    アイテムID:5075530の画像

    タンスのゲン

  • 3
    アイテムID:5075532の画像

    アイリスプラザ

  • 4
    アイテムID:5075533の画像

    アイリスプラザ

  • 5
    アイテムID:5075535の画像

    Sweetnight

  • 6
    アイテムID:5075537の画像

    EiYU

  • 7
    アイテムID:5075538の画像

    システムK

  • 8
    アイテムID:5075543の画像

    サカイ

  • 9
    アイテムID:5075549の画像

    西川

  • 10
    アイテムID:5075558の画像

    京都西川

  • 商品名
  • マットレス 42086
  • 洗える布団セット AM000011
  • 布団セット 7023045F
  • 敷布団
  • マットレス
  • 敷き布団 EIYU-SF-024-IT
  • ボリューム3層敷布団 uni6221-iv
  • マッシュロン 柄おまかせ三層敷布団 siki-0082-pi
  • 敷布団  KD07014051B
  • 三層構造敷き布団 4G7155#350
  • 特徴
  • 体の重さもしっかりと支え、負担がありません。
  • サラッとしていて、肌触りが高いです。
  • 三つ折りできるので、場所を取りません。
  • 敷布団としても眠れ、夏でも快適です。
  • ほこりが出にくいので、アレルギー対策にもなります。
  • デリケートなお肌の赤ちゃんにも、対応しています。
  • 安心の日本製で、高品質に仕上げています。
  • かなりの軽量化を計り、出し入れがしやすいですよ。
  • 三つ折りタイプで、収納の際に便利です。
  • 価格
  • 5980円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 3572円(税込)
  • 3213円(税込)
  • 10900円(税込)
  • 2854円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 4398円(税込)
  • 12132円(税込)
  • 7692円(税込)
  • サイズ
  • シングル・セミダブル・ダブル
  • シングル・セミダブル・ダブル
  • シングル・セミダブル・ダブル
  • シングル
  • シングル・セミダブル・ダブル
  • シングル
  • シングル・セミダブル・ダブル
  • シングル
  • シングル・ダブル
  • シングル・シングルロング
  • 重さ
  • 3kg
  • 1.5kg
  • 6.25kg
  • 4.3kg
  • 6kg
  • 2.8kg
  • 4.05kg
  • 4kg
  • 1.4kg
  • 4.2kg
  • 洗濯
  • 可能
  • 可能
  • 可能
  • -
  • 可能
  • 可能
  • 不可
  • 不可
  • 不可
  • 不可
  • 素材
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ポリエステル
  • ウレタン
  • ウレタン
  • シルク・ポリエステル
  • ポリエステル・ウレタン
  • 綿・ポリエステル
  • ウレタン
  • ポリエステル
  • 厚さ
  • 3cm
  • -
  • -
  • 10cm
  • 5cm
  • -
  • 11cm
  • -
  • -
  • 5cm

より快適に使うには、時前に知っておくことがポイントです。

洗濯しても長持ちさせるためには、洗い方にポイントがあります。また、厚みが足りない場合は、マットレスで対策しましょう。

長持ちさせるには、洗い方の手順を知っておきましょう。

手軽に家庭用の洗濯機で、敷布団を洗うことができる商品があります。ただ、時前にその手順を知っておかないと、敷布団を傷めてしまうことがあるので、注意しましょう。正しい洗い方は、カバーが付いている場合は、必ずカバーを外しましょう。

 

また、中芯が洗えない場合は、この時に中芯を除きます。次に、洗濯ネットを使用し、洗濯機にかけましょう。中芯を一度取ってしまっても、一度中綿を整えると、ふんわり仕上がるので、安心してください。常に洗濯ネットを使用することで、より長持ちさせることができますよ。

より快適に使用するには、色々な工夫が必要です。

特に洗濯機にかけれる布団は、他のものよりも、薄く作られていることが多いです。なので、時と場合によって、マットレスを使うようにしましょう。マットレスを使用することによって、より快適な睡眠をすることができます。

 

少し厚みが足りない場合は、わざわざ買い替えなくても、マットレスで対応できるので、使ってみましょう。敷布団の下にマットレスを敷けば、体の重みが寝具にバランスよく分散されます。よって、圧が分散されるので、心地良く寝ることができるので、使ってみましょう。

まとめ

今回は、おすすめの敷布団をご紹介しましたが、お目当ての商品は、見つかりましたでしょうか。自分に合った敷布団を使用するだけで、かなり睡眠の質も変わりますよ。なので、毎日寝ているけれど、なかなか疲れが取れないといった方は、敷布団を変えてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ