記事ID138662のサムネイル画像

【ローファンタジーの名作】ペルソナシリーズのおすすめランキング10選

ペルソナ5の完全版『ペルソナ5R』の発売が間近に控え、今最も盛り上がっているペルソナシリーズ。それはペルソナという少年少女たちの活躍を描いたローファンタジー作品です。世界的に人気の高いシリーズのおすすめランキング10選を本記事で紹介したいと思います。

ペルソナシリーズの魅力

ペルソナシリーズはアトラスが開発するロールプレイングゲームのシリーズです。悪魔にシャドウなどの魔物的な存在を相手に「ペルソナ」という心の力で立ち向かう少年少女たちの活躍を描いたゲームです。

 

少年少女たちが主人公なために青春物語的な側面があります。基本的に現代日本が舞台で、そこで主人公がコミュやコープといった町の人や仲間と絆を深めるシステムが存在します。それによってペルソナ力の幅を広げるのです。

 

ペルソナシリーズの魅力は何と言ってもその物語でしょう。青春物語をベースにしつつハードなローファンタジーとなっています。時に現代社会の問題を浮き彫りにするテーマを扱い、ヘヴィな展開をものともしない作品です。

ペルソナシリーズの選び方

ペルソナシリーズは現在ナンバリングタイトルだけで5作品あります。外伝作品や完全版を含めたら倍に増えるでしょう。本項でペルソナシリーズの選び方を紹介したいと思います。

メインイラストレーターで選ぶ

ペルソナシリーズにはメインキャラクターデザイナーを大きく二人に分けることができます。メインキャラクターデザイナーによって作風も大きく異なります。

金子一馬

金子一馬は悪魔絵師と呼ばれています。ペルソナシリーズとの関わりの深い『女神転生』シリーズにも大きく関わっています。ペルソナシリーズに出てくる悪魔やシャドウのデザインはほとんど金子一馬さんが手掛けています。

 

そんな金子一馬さんがメインのキャラクターデザインとして参加したのが一番最初のペルソナである『女神異聞録ペルソナ』『ペルソナ2罪・罰』です。これらの作品は後のナンバリングタイトルである『ペルソナシリーズ3・4・5』と大きく異なります。

 

具体的に言えばゲームシステムや物語の方向性が違います。この両作品は初期の作品のためゲームシステムが整備されていない面があります。また物語も『ペルソナ3・4・5』に比べてダークな印象です。

副島成記

副島成記は『ペルソナ3』よりメインキャラクターデザインを手掛けているイラストレーターです。他には『ペルソナ4』や『ペルソナ5』そして外伝的アニメ作品『ペルソナ トリニティソウル』のキャラクターデザインを手掛けています。

 

繊細な絵柄とポップな色使いで非常に人気の高いイラストレーターです。副島成記さんが手掛けたペルソナシリーズからUI(ユーザーインターフェース)がおしゃれになったため、より広く人気の作品となりました。

 

副島成記さんが手掛けたペルソナシリーズは『女神異聞録ペルソナ』や『ペルソナ2罪・罰』と違いよりライトでポップな若者向けの作風となっています。しかしそれでありながらペルソナシリーズとしてのダークさを失わない魅力的なシリーズです。

ハードで選ぶ

ペルソナシリーズはいくつかのハードで登場しています。どのハードでプレイするかによって、プレイできる作品が変わります。

PSVITA

ペルソナシリーズの中でも特に多くの作品が出ているのが『PSVITA』でしょう。PSVITAは2011年にSonyより発売された携帯ゲーム機です。携帯機でありながらPS3クラスのグラフィックの出力が可能です。

 

PSVITAにはペルソナシリーズからリズムアクションゲームである『ダンシング』シリーズとペルソナシリーズのナンバリングタイトルの完全版である『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』が出ています。

 

シリーズの中でも特に人気の高い『ペルソナ4』の完全版がプレイできるというだけでPSVITAを持つ価値はあります。また携帯性も高く、持ち運びが便利なために外でもプレイできます。『ペルソナ』シリーズをプレイするためにおすすめのハードです。

PS4

『PSVITA』よりさらにおすすめできるのが『PS4』でしょう。PS4はSonyより2013年に発売された現行の据え置き型ゲーム機です。そのスペックは現在発売されているコンシューマーゲーム機の中でトップクラスだと言っても過言ではないでしょう。

 

PS4には『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』を除く『ダンシング』シリーズが出ています。加えてペルソナシリーズの最新作である『ペルソナ5』が発売されています。さらに『ペルソナ5』の完全版である『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』が2019年10月31日に控えています。

 

最早言うまでもないでしょうが、PS4は多くの『ペルソナ』シリーズの新作をプレイすることができます。『ペルソナ5』『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』は当然として、『ダンシング』シリーズも去年発売したばかりのゲームです。

シリーズで選ぶ

ペルソナシリーズには数多くの作品が存在し、その種類は多岐に渡ります。本記事ではそんなシリーズについて解説したいと思います。

ナンバリングタイトル

ナンバリングタイトルはペルソナシリーズの中で主にメインの作品にあたります。『女神異聞録ペルソナ』から始まり、現在『ペルソナ5』まで作られています。全てがボリューミーでストーリーも重厚かつ洗練されており、RPGとしての評価も非常に高いです。

 

ナンバリングタイトルの作品は『ペルソナ3』から必ず完全版が作られています。例えば『ペルソナ3』は『ペルソナ3FES』。『ペルソナ4』は『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』を。そして今現在、『ペルソナ5』の完全版、『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』の発売が控えています。

 

やはり、最初にプレイするのはナンバリングタイトルがおすすめです。ペルソナシリーズは世界観を共有している以外にはストーリーの繋がりがないのでどこからプレイしても問題がありません。

外伝タイトル

ペルソナシリーズにはそれぞれのナンバリングタイトルから派生した外伝的作品があります。特にペルソナ4の外伝的作品が多いです。外伝なので完全に別ジャンルのゲームと化しているものもあります。しかし『ペルソナ』としての世界観は失っていません。

 

『ペルソナ4』の外伝的作品でよく挙げられるのは『ペルソナ4』の格闘ゲームである『ペルソナ4 ザ・アルテイメット~』シリーズでしょう。ペルソナ4のアナザーストーリーであり、ペルソナ3のキャラも参戦している見どころ満載の外伝作品です。

 

他にも『ペルソナ3・4・5』の外伝作品のリズムゲーム『ダンシング~』シリーズや、シリーズのキャラクターが異世界に集結する『ペルソナQ』シリーズもあります。さらに今現在ペルソナシリーズ初の無双アクション『ペルソナ5 スクランブル』が開発中です。

ペルソナシリーズおすすめ人気ランキング10選

第10位

アトラス

ペルソナ

価格:6,700円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

原点女神異聞録ペルソナのリブート

『ペルソナ』は全ての始まりである『女神異聞録ペルソナ』のPSP移植版になります。新規オープニングや神風動画による新規イベントシーン。そして新規サウンドなどリメイクに限りなく近い移植版となっています。

 

「ペルソナ様」という儀式を行い意識不明に陥った聖エルミン学園に通う主人公とその仲間は御影総合病院で自身に巻き込まれ、その直後病院は謎の迷宮と化します。迷宮で悪魔という恐ろしい存在に襲われた主人公は、ペルソナと呼ばれる力を覚醒します。

 

全ての原点である『女神異聞録ペルソナ』はPlayStationで発売されており、現在は入手が難しいでしょう。しかし、PSP版の『ペルソナ』ならば比較的入手が簡単だと思われます。そういった意味では初心者でもプレイしやすい『ぺペルソナ』だと思います。

ハードPSP主人公初期ペルソナセイメンコンゴウ
第9位

アトラス

ペルソナ2 罪

価格:2,630円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ペルソナシリーズ問題作の移植版

『ペルソナ2』は『女神異聞録ペルソナ』から3年後の世界が描かれる続編です。主人公は周防達哉で、ペルソナシリーズで唯一デフォルトネームが存在します。今現在ではPSPに移植されており、『ペルソナ』同様リメイクに近い移植となっています。

 

ジョーカー様という儀式を行った周防達哉とその仲間はそのことでジョーカー様から強い恨みを抱かれてることを知ります。噂が現実化してしまう珠閒瑠市で、周防達哉はジョーカー様のさし向けてくる悪魔ペルソナと呼ばれる力で戦うことになります。

 

ペルソナ2もまた元来はPlayStationで発売されたゲームソフトでした。今ではハードもソフトも入手が難しいですが、PSP版ならば比較的入手しやすいでしょう。『ペルソナ』同様PSP版がおすすめです。

 

 

ハードPSP主人公初期ペルソナヴォルカヌス
第8位

アトラス

ペルソナ2 罰

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

罪に向き合うペルソナ

『ペルソナ2 罰』は『ペルソナ2 罪』の続編的な作品です。世界観やシステムを継承していますが、『罪』の世界とはパラレルワールドのような関係となっています。罪で起きた物語が罰に関わってきます。

 

前作では学生だったキャラクターたちですが、今回は大人として事件に立ち向かいます。雑誌記者の天野舞耶は取材中に自身がJOKERから命を狙われていることを知ります。彼女は、事件の全貌を知るために仲間と共にJOKERを追います。

 

『ペルソナ2』が異色作である理由は同じナンバリングタイトルの中で続編があることでしょう。シリーズの中でも特にハードな内容ですが、それだけに受ける衝撃と面白さは断トツです。おすすめのペルソナシリーズの一つです。

ハードPSP主人公初期ペルソナマイア
第7位

アトラス

ペルソナ3ポータブル

価格:7,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ペルソナ3リメイク

『ペルソナ3ポータブル』はPS2にて発売された『ペルソナ3』のPSP移植版です。新規オープニングなど新たに追加された要素も多数ありますが、特に注目すべきは女主人公を選択してプレイできることでしょう。

 

『ペルソナ3』の物語は主人公が月光館学園の高等部に転入することから始まります。そこで影時間と呼ばれる全てが停止する時空間に巻き込まれ、シャドウの襲撃に巻き込まれます。同じ寮の岳羽ゆかりと共に逃げた先で主人公はペルソナの力を覚醒させます。

 

ペルソナ3から今現在でも知られるポップでおしゃれな雰囲気を纏う今現在でも知られる『ペルソナ』シリーズとして知れ渡りました。そんなペルソナ3は胸が張り裂けそうな切ないストーリー最高傑作と名高い作品です。

ハードPSP主人公初期ペルソナオルフェウス
第6位

アトラス

ペルソナ4

価格:4,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ライトな人気ペルソナシリーズ

『ペルソナ4』はペルソナシリーズの中でもトップクラスに人気のある作品だと言えるでしょう。『ペルソナ4』はPlayStation2で発売された作品で、ペルソナ3と世界観を共有しています。前作同様メインキャラクターデザインは副島成記さんです。

 

稲羽市にある叔父の家に預けられることとなった主人公は「マヨナカテレビ」という「雨の夜午前0時に人の顔が映る」という噂を探るうちに友人と共にテレビの中の世界に迷いこんでしまいます。そこでシャドウに襲われた主人公はペルソナを覚醒させます。

 

ペルソナ4はアニメ化もされており、そのアニメも大ヒットしたことから多くの人に知られている作品でもあります。そんな原作であるペルソナ4も人気が非常に高く神ゲーと言っても差し支えないほど評価が高いです。

ハードPS2主人公初期ペルソナイザナギ
第5位

アトラス

ペルソナダンシング オールスター・トリプルパック

価格:7,720円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ペルソナのリズムゲーム

『ペルソナダンシング オールスター・トリプルパック』は『ペルソナ4 ダンシング・オールナイト』『ペルソナ3 ダンシング・ムーンナイト』『ペルソナ5 ダンシング・スターナイト』が一つになったお得なパックです。

 

それぞれPS4でプレイすることができます。全作品どれもPSVITAでも発売されていますが、一つにまとめて売られているのは『オールスター・トリプルパック』のみです。新たにリズムゲームとなったペルソナシリーズを全て楽しむことができます。

 

ペルソナシリーズの魅力の一つが音楽でしょう。天才作曲家「目黒将司」の曲が素晴らしいことは誰もがしることです。そんな目黒将司の曲をリズムゲームとして大いに楽しむことができるのが『ダンシング』シリーズです。

ハードPS4主人公初期ペルソナなし
第4位

アトラス

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス

価格:4,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

主人公集結!

『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』はペルソナシリーズの中で『ペルソナ3』と『ペルソナ4』のキャラクターを異世界で集結させたクロスオーバー作品です。3DS用ゲームソフトとして2014年に発売されました。

 

ペルソナQはペルソナ3のキャラクターとペルソナ4のキャラクターが一堂に会した作品です。八十神高校に似た迷宮じみた世界で、二つのチームは記憶を失った少年少女、善と玲に出会います。

 

ペルソナQはゲームとしてお祭り作品的な雰囲気がありますが、しっかりとゲームと物語が作りこんである作品です。そのシステムは『世界樹の迷宮』シリーズを踏襲しており、迷宮ダンジョンRPGとしてこの上ない出来栄えです。

ハード3DS主人公初期ペルソナなし
第3位

アトラス

ペルソナ5

価格:3,830円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

すべてが洗練された新生ペルソナ

『ペルソナ5』は2016年に発売されたPS4向けジュブナイルRPGです。ペルソナシリーズのナンバリングタイトル最新作ピカレスク・ロマンをテーマの一つに組み込んだ作品です。そのため主人公たちは人の心の欲望を盗む”怪盗”として活躍しています。

 

主人公は無実の罪を着せられたことで東京の秀尽学園へ転入することになります。転入初日、坂本竜二と学園へ向かう途中謎の異世界へと迷い込んでしまいます。そこは欲望を具現化したパレスという場所で、シャドウに襲われた主人公は反逆のペルソナを覚醒させます。

 

『ペルソナ5』は『ペルソナ4』から8年ぶりのナンバリングタイトルです。そのため、ペルソナ4に比べて色んなことが進化しています。特筆すべきはユーザーインターフェース(UI)でしょう。そのおしゃれで洗練されたUIは直感的な操作を可能にしています。

ハードPS4主人公初期ペルソナアルセーヌ
第2位

アトラス

ペルソナ4 ザ・ゴールデン

価格:3,507円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゴールデンなペルソナ4

『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』は2012年に発売されたPSVITA用ゲームソフトです。その内容は『ペルソナ4』に多様な追加要素を加えた完全版になります。プレイ可能なハードがPSVITAと現代でもプレイしやすいようになっています。

 

『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』の追加要素はいくつかあります。新規イベント新規オープニングなどは序の口です。新キャラクターや新コミュ、新アニメーションなどが追加されています。まさにゴールデン番組のような豪華版となっています。

 

このように比較的入手しやすくなっていると同時に様々な追加要素もあることから今『ペルソナ4』をプレイするならば『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』がおすすめとなります。『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』はペルソナシリーズの中でも特におすすめなソフトです。

ハードPSVITA主人公初期ペルソナイザナギ
第1位

アトラス

ペルソナ5 ザ・ロイヤル

価格:8,154円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最新作の豪華版

『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』は2019年10月31日に発売予定のPS4向けゲームソフトです。見ての通り、まだ発売されていないゲームソフトですが、もしペルソナ5の購入を考えているならば『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』のほうがお得だと言えます。

 

『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』は『ペルソナ5』の完全版だと言えます。『ペルソナ4』に対する『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』と言ったらわかりやすいでしょうか。新規イベントに新規ペルソナなど追加要素が沢山あります。

 

しかし特筆すべきは新規のメインキャラクターでしょう。今まで完全版に新キャラはいましたが、仲間としてメインストーリーに関わるのは初めてのことです。まさにザ・ロイヤルと言える豪華版は一番おすすめなペルソナシリーズだと言えるでしょう。

ハードPS4主人公初期ペルソナアルセーヌ

おすすめペルソナシリーズ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5079316の画像

    アトラス

  • 2
    アイテムID:5079308の画像

    アトラス

  • 3
    アイテムID:5079296の画像

    アトラス

  • 4
    アイテムID:5078771の画像

    アトラス

  • 5
    アイテムID:5079235の画像

    アトラス

  • 6
    アイテムID:5078769の画像

    アトラス

  • 7
    アイテムID:5078762の画像

    アトラス

  • 8
    アイテムID:5078592の画像

    アトラス

  • 9
    アイテムID:5077980の画像

    アトラス

  • 10
    アイテムID:5077974の画像

    アトラス

  • 商品名
  • ペルソナ5 ザ・ロイヤル
  • ペルソナ4 ザ・ゴールデン
  • ペルソナ5
  • ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス
  • ペルソナダンシング オールスター・トリプルパック
  • ペルソナ4
  • ペルソナ3ポータブル
  • ペルソナ2 罰
  • ペルソナ2 罪
  • ペルソナ
  • 特徴
  • 最新作の豪華版
  • ゴールデンなペルソナ4
  • すべてが洗練された新生ペルソナ
  • 主人公集結!
  • ペルソナのリズムゲーム
  • ライトな人気ペルソナシリーズ
  • ペルソナ3リメイク
  • 罪に向き合うペルソナ
  • ペルソナシリーズ問題作の移植版
  • 原点女神異聞録ペルソナのリブート
  • 価格
  • 8154円(税込)
  • 3507円(税込)
  • 3830円(税込)
  • 4000円(税込)
  • 7720円(税込)
  • 4800円(税込)
  • 7500円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 2630円(税込)
  • 6700円(税込)
  • ハード
  • PS4
  • PSVITA
  • PS4
  • 3DS
  • PS4
  • PS2
  • PSP
  • PSP
  • PSP
  • PSP
  • 主人公初期ペルソナ
  • アルセーヌ
  • イザナギ
  • アルセーヌ
  • なし
  • なし
  • イザナギ
  • オルフェウス
  • マイア
  • ヴォルカヌス
  • セイメンコンゴウ

ペルソナをプレイする環境の整え方

ペルソナシリーズの多くはコンシューマーゲームとして出されています。つまり、プレイするには特定のゲームハードが必要となります。ペルソナシリーズ特に多くの作品を出されているのは『PS4』『PSVITA』になります。

 

『PS4』は現在発売されている最新のゲームハードです。据え置き型のゲームハードで、テレビに接続して操作します。『PSVITA』はいまだ現行の歴史ある携帯型ゲームハードです。データの保存には独自の規格のSDカードが必要なので注意が必要です。

 

また、今度発売されている『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』『PS4 pro』に対応しております。さらに良いプレイ環境を整えるのならばやはりPS4 proでしょう。最高の環境で最高のジュブナイルRPGをプレイしましょう。

まとめ

ペルソナシリーズは心の打つストーリーが魅力的な作品です。メインキャラクターを常に一新させることで常に飽きさせない工夫がなされています。最新作が控えている最高のジュブナイルRPGを今こそプレイしてみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ