記事ID138655のサムネイル画像

【料理や飲み物に欠かせない】人気の砂糖のおすすめランキング10選

毎日の料理に欠かせない砂糖ですが、少しでも体にいい砂糖が使いたいですよね。砂糖には、きび砂糖や黒糖など、さまざまな種類がありますスーパーにあるものから、少し高いものまで。普段の料理に砂糖として代用できる種類のものもあるので、今回は砂糖の選び方とおすすめの砂糖をご紹介します。

砂糖は料理や飲み物に欠かせない便利な食品

普段の料理や飲み物などに、砂糖は欠かせません。砂糖が無かったら煮物やお菓子などが作れないので、非常に不便になってしまいます。砂糖は甘味をつけるための調味料として大切ですが、優れた特性もたくさん持っています。

 

料理ではてりやつやを付けてくれるので、より美味しそうに見えます。他にも食品をやわらかくしたり、酸化を防いだり、防腐効果もあります。そんな砂糖ですが、色々な種類があるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

砂糖の選び方

砂糖には原材料や作り方、種類など、色々な選び方があります。自分の生活や味覚、目的に合ったものを選びましょう。

原材料から選ぶ

砂糖の原材料は、大きく分けて2つあります。精製方法によっても変わってきますが、原材料が本来持つ栄養素や味の違いもありますので、原材料もチェックしてみましょう。

さとうきび

さとうきびは、沖縄や鹿児島などの暖かい気候の場所で育てられる植物です。さとうきびから作られた砂糖は、消化吸収が早く、身体を冷やす特徴があります。

 

日本の家庭で一般的によく使われている上白糖の原料にもなっています。さとうきびを直接絞った絞り汁を使って、砂糖を作る事になります。絞り汁をそのまま固めると、ミネラルなどの栄養が豊富な黒糖になります。

てんさい(ビート)

てんさいはサトウダイコンやビートとも呼ばれ、北海道で作られている植物になります。こちらは、小さく刻んだてんさいをお湯で温め、煮詰めて糖分をお湯に溶かして作ります。

 

てんさいから作られた砂糖は、さとうきびが原料のものと比べミネラル分は多くありません。しかし、おなかに優しいビフィズス菌のエサとなって増やしてくれる、オリゴ糖を含んでいるところが特徴です。

精製されているか未精製かで選ぶ

砂糖は、未精製の物の方がミネラルなどの栄養分がたくさん含まれています。しかし、独特な味になったり、甘さがしっかりしていないので、使うものによっては適しません。精製されている砂糖と未精製の砂糖の違いを知っておきましょう。

分蜜糖

分蜜糖は、精製された砂糖の事を言います。原材料であるさとうきびやてんさいから、不純物やミネラルを取り除いて作ります。そのためショ糖の純度が高くなり、甘くてクセのない味になります。

 

そのため、色々なものに幅広く使う事ができます。甘さを生かしたいお菓子や料理などには分蜜糖が多く使われています。スーパーなどで安価で手軽に買える、上白糖や三温糖などが分蜜糖になります。

含蜜糖

含蜜糖は、精製されていない砂糖の事を言います。未精製のため、ミネラルなどの栄養素を含んでいるところが特徴です。その分、味は分蜜糖とは違います。クセがあったり、まろやかで優しい自然な味だったりします。

 

見た目は上白糖のように白くはなく、濃い茶色だったり薄い茶色だったりと、少し色が付いています。そのため、色の薄いお菓子を作る時には、適さない時もあります。

 

きび砂糖や黒糖、てんさい糖が含蜜糖に当たります。スーパーなどでも手に入りますが、分蜜糖と比べるとやや高価になります。

種類から選ぶ

精製された分蜜糖と、未精製の含蜜糖の中にも、それぞれ種類があります。味や栄養素、色などに違いがあるので、自分が使いたい料理やお菓子に合ったものを選ぶといいでしょう。

きび砂糖

きび砂糖は含蜜糖の一つで、さとうきびを原料としており、精製途中で糖液を煮詰めて作られています。色は茶色がかった黄色で、ミネラルやカリウム、カルシウムなどの栄養が含まれています。味は、コクがありまろやかです。

 

さとうきび本来の風味や旨味を感じることができます。普通の砂糖の代用として料理やお菓子作りに使用する事もできます。しかし、色が付いている分、ホイップクリームなど白く作りたいお菓子には向いていません。

黒糖

黒糖は含蜜糖の一つで、さとうきびの絞り汁を煮詰めて砂糖にしたものです。ミネラルやカルシウム、鉄分などの栄養素が豊富に含まれています。形状としては、粉末タイプや固形タイプがあります。独特なコクや風味があるのが特徴です。

 

料理やお菓子作りにも使えますが、色が黒っぽくて濃いので、仕上がりの色を気にしない方におすすめです。固形タイプの黒糖をそのままおやつとして食べる方もいます。カロリーも低く栄養もあるので、ダイエットをしている人や健康を気にする人にもおすすめです。

てんさい糖

てんさい糖は含蜜糖の一つで、てんさいを原材料に作られています。きび砂糖や黒糖に比べるとミネラル分などの栄養素は少なくなりますが、腸内環境を整えるビフィズス菌を増やすオリゴ糖を含んでいるのが最大の特徴となります。

 

あっさりとした優しい味わいなので、物足りなさを感じる方もいるかもしれません。毎日の料理やお菓子作りなど、普通の砂糖の代わりに使う事ができます。溶けやすい粉末タイプもあるので、粒の大きさを考えて使い分けると便利です。

グラニュー糖

グラニュー糖は分蜜糖の一つで、お菓子作りなどによく使われています。ミネラル分などは精製によって取り除かれ、純度が高い純粋な甘みを感じることができます。カロリーや血糖値の上昇する値は高いですが、安価で使いやすい砂糖です。

 

飲み物に便利な角砂糖は、実はグラニュー糖を四角くキューブ型にしたものです。お菓子のトッピングに欠かせない粉砂糖は、グラニュー糖を細かく砕いたものになります。他にも、ヨーグルトに使うフロストシュガーも、グラニュー糖を顆粒状に仕上げたものになります。

上白糖

上白糖は分蜜糖のひとつで、グラニュー糖と比べるとしっとりしているところが特徴です。白砂糖とも呼ばれ、日本で一般的に使われている砂糖と言えます。水に溶けやすく、熱するとねっとりとしたコクが出ます。

 

料理やお菓子作りなど、オールマイティに使う事ができます。カロリーや血糖値の上昇する値も高く、栄養素もほとんど含まれていませんが、安価でスーパーなどで簡単に手に入れることができます。

三温糖

三温糖は分蜜糖のひとつで、茶色っぽい色味が特徴的です。黒糖やてんさい糖のように色がついていますが、精製されているのでミネラルなどの栄養素は含まれていません。上白糖やグラニュー糖などを取り出した糖液をさらに数回煮詰めて作っています。

 

本来は煮詰めて結晶化する工程が3回繰り返すことで三温糖と呼ばれましたが、現在では三回とは限らないようです。甘みは上白糖やグラニュー糖よりも強いです。カラメル化しており、コクと風味もあります。

形状から選ぶ

砂糖と言えば普通はサラサラした粒状のものをイメージしますが、実は色々な形が存在します。形状によって使い勝手が変わってくるので、確認しておきましょう。

おしゃれなデザイン

来客が訪れた時など、コーヒーや紅茶に普通の角砂糖を添えるよりはおしゃれなデザインの砂糖を使った方がいいでしょう。色が白と茶色で分かれていたり、手作り風のキューブ型などは、雰囲気があるので目を惹きます。

 

また、来客時以外にも、普段から自分用としてティータイムに使うのもいいかもしれません。入れ物も購入時のままではなく、シュガーポットに移し替えると、よりおしゃれな気分にしてくれます。

粉末タイプ

粒状よりも細かい、サラサラとした粉末タイプは、溶けやすいので使いやすいです。料理はもちろん、小麦粉などを使ったお菓子作りにもおすすめです。てんさい糖や黒糖など、色々な種類の粉末タイプの砂糖があります。

 

見た目が粉状の粉砂糖は同じように見えますが、実はグラニュー糖を細かくしたものなので、粉末タイプとはまた違っているので要注意です。自分の使いたい種類の砂糖で、粉末になっているものを選びましょう。

固形タイプ

固形タイプは、黒糖に多く見られます。お茶請けとして出したり、おやつとしてそのままかじって食べたりもできます。もちろん料理に使ったり、コーヒーなどの飲み物に溶かして飲む事もできます。

 

固形タイプの特徴はそのまま食べられることのほかに、扱いが簡単という点があります。スプーンなどを使わずに手で掴むこともできるので便利です。砂糖を使う量がざっくりしている時には、目分量でさっと取り出すことができます。

砂糖の人気ランキング10選

第10位

岡田製糖所

阿波和三盆糖

価格:1,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まろやかで上品な甘さ

こちらは、江戸時代からの200年前の製法で作られている伝統的な砂糖です。竹糖という、背丈が低く細いさとうきびを原材料の一種に使っています。竹糖は収穫量が少ないため、希少な砂糖になります。

 

独特の風味やコクを持っており、和菓子作りには欠かせません。和菓子以外にも、料理に使ったり、コーヒーや紅茶に使用するのもおすすめです。ジャムやチーズケーキ作り、アイスクリームに使用したという方もいらっしゃいます。

原材料さとうきび、砂糖種類三盆糖
内容量500g
第9位

株式会社エフ琉球

沖縄県産 粉黒糖

価格:398円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サラサラで使いやすい粉黒糖

こちらは、さとうきびの汁を絞って煮詰めて作った、粉の黒糖です。サラサラしていて使いやすいので、肉じゃがやブリ大根などの料理に混ぜたり、ゼリーやパン作りにもおすすめです。

 

沖縄で春と夏に植えつけられるさとうきびは、台風の多い時期を乗り越え、たくましく成長します。また、沖縄の太陽の日差しをたっぷり浴びているので、栄養分をたくさん蓄えています。

 

ほんのりほろ苦く、やさしい甘さなので、どんな料理とも相性抜群です。亜鉛やマグネシウム、葉酸やカルシウムなどの栄養がたっぷり詰まっています。ミネラルやビタミン豊富な砂糖をお探しの方におすすめです。

原材料さとうきび種類黒糖
内容量300g
第8位

JITAコレクション

オーガニック ココナッツシュガー

価格:2,590円(税込)

Amazonで詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

血糖値が気になる方におすすめの低GI食品

こちらは、ヤシの花序液から採れた砂糖です。普通の砂糖の代わりとして使う事ができます。GI値35と低GI食品のため、血糖値があがりにくいです。そのため、血糖値が気になる方におすすめです。

 

オーガニックで無精製、無着色、無香料、無防腐剤で安心です。有機食品のJAS規格認定もあり、インドネシア大使館も推薦している砂糖です。自然素材のミネラルも豊富で、コクのある旨味となっています。

 

ココナッツの香りはしないので、さまざまな料理やお菓子、飲み物にお使いいただけます。ミルクやヨーグルトに混ぜると美味しい甘さが味わえます。カレーや煮物に隠し味として加えると、風味が楽しめます。

原材料有機ココヤシ花序液、有機マンゴスチン果皮液種類ココナッツシュガー
内容量1kg
第7位

波照間精糖株式会社

波照間島産黒砂糖

価格:886円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食べやすくて深みのある味

こちらは、固形の黒糖です。香ばしくて食べやすく、腹持ちもよく低カロリーなのでダイエット中の方にもおすすめです。コーヒーに混ぜるのももちろん、緑茶を飲む際のお茶請けにも便利です。

 

煮物や漬物などの料理や、お菓子作りにも使えます。固形なので、運動後や小腹が空いたときなどにも、気軽に食べることができます。

 

血糖値が上昇しにくく、ビタミンやマグネシウム、カルシウムやナトリウムなどの栄養素も含まれています。賞味期限は約150日、保存方法は常温保存となっています。口コミでは、口どけがいい、柔らかい、黒糖特有のえぐさがない、などの声がありました。

原材料さとうきび(波照間産)種類黒糖
内容量200g
第6位

ホクレン

てんさい糖

価格:454円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

甘さ控えめでまろやか

こちらは、北海道産のてん菜100%から作られたてんさい糖です。天然のミネラルやおいしさを大切にして作られました。普通の砂糖のように使えます。まろやかな風味があり、料理に使うと、テリやコクを出すことができます。

 

お腹の中でビフィズス菌を増やしてくれるオリゴ糖が含まれているので、日常的なオリゴ糖の摂取におすすめです。甘さ控えめで上品な味です。コーヒーや卵焼き、鶏の照り焼きなどの色々な料理や飲み物に使えます。

原材料北海道産てん菜(ビート)種類てんさい糖
内容量650g
第5位

アルカン

ベギャンセ ペルーシュキューブブラウン

価格:462円(税込)

Amazonで詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれな角砂糖のきび砂糖

こちらは、フランスの大手メーカーの砂糖です。パリ万国博覧会では金賞を受賞しました。固さや結晶の大きさなど、独自製法で作っています。不揃いなキューブ型なところが手作り風でユニークとなっています。

 

カラメル色素でブラウンになっており、未精製なのでミネラルが豊富です。シュガーポッドに入れておしゃれに演出できるところがポイントです。コーヒーに入れると、味が良くなります。

 

ホットミルクや紅茶にもおすすめです。また、疲れたときにそのまま食べてもおいしいです。自分用はもちろん、来客時にお出しする砂糖として使うのにもぴったりです。

原材料さとうきび糖、カラメル色素種類きび砂糖
内容量250g
第4位

ムソー

てんさい含蜜糖・粉末

価格:396円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

粉末なので溶けやすく使いやすい

こちらは、粉末タイプのてんさい含蜜糖です。腸内細菌であるビフィズス菌の栄養となるオリゴ糖(ラフィノース)を2.3%含んでいるため、おなかに優しい砂糖です。すっきりとした甘みで、まろやかな風味になっています。

 

サラサラとしており、パウダー状になっているので小麦粉などにも混ぜやすいです。そのため、クッキーなどのお菓子やパン作りにもおすすめです。また、料理に使うとコクやテリが出ます。

 

冷めた時に甘さを強く感じるという特徴があるので、料理によっては量を控えめに入れたほうがいいかもしれません。

原材料てん菜(ビート)種類てんさい糖
内容量500g
第3位

日新製糖

カップ印 きび砂糖

価格:332円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独特のコクとうまみ

こちらは、さとうきびの風味を生かしたきび砂糖です。粉末タイプなので、溶けやすく使いやすいです。普通の白砂糖やグラニュー糖のように、料理やお菓子作りに使えます。

 

カルシウムや鉄など、さとうきびのミネラルが活かされています。自然の風味を生かしたまろやかな甘さとなっています。口コミでは、味にクセがない、ナチュラルな甘み、溶けやすい、サラサラしていて使いやすい、などの声がありました。

原材料原料糖(オーストラリア、タイ、日本) 種類きび砂糖
内容量750g
第2位

貿易屋珈琲店

純黒糖粉末

価格:540円(税込)

Amazonで詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーヒーにおすすめの粉末タイプの黒糖

こちらは、農薬を使用しないで育てられたさとうきびを使って作られた黒糖です。さとうきびの絞り汁をそのまま粉にしました。そのため、さとうきび本来の自然な旨味がたっぷり詰まっています。

 

マグネシウムやカリウム、鉄なども含まれています。コーヒーに入れて飲むのもおすすめですが、灰汁取りが施されているので、料理やお菓子作りにも適しています。口コミでは、卵焼きや煮物などに使用した方もいました。

原材料さとうきび種類黒糖
内容量500g
第1位

山口製糖

ポット印ビート糖

価格:426円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る
現在サンドイッチキャンペーン中Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

まろやかでクセがない粉末タイプのてんさい糖

こちらは、北海道産のてん菜を100%原材料として使用した、てんさい糖です。さとうきびの含蜜糖と比べてクセがなく、まろやかですっきりとした甘さになっています。長期保存が可能なため、賞味期限は記載してありません。

 

顆粒状ではなく粉末タイプなので溶けやすく、色も薄いのでパン作りやお菓子作りにもおすすめです。白砂糖の代わりに色々な料理に使う事もできます。口コミでは、優しい甘味、使い勝手がいい、などの声がありました。

原材料北海道産てん菜(ビート)種類てんさい糖
内容量600g

砂糖の人気ランキング10選

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5077262の画像

    山口製糖

  • 2
    アイテムID:5077254の画像

    貿易屋珈琲店

  • 3
    アイテムID:5076915の画像

    日新製糖

  • 4
    アイテムID:5076895の画像

    ムソー

  • 5
    アイテムID:5076706の画像

    アルカン

  • 6
    アイテムID:5076701の画像

    ホクレン

  • 7
    アイテムID:5076685の画像

    波照間精糖株式会社

  • 8
    アイテムID:5076681の画像

    JITAコレクション

  • 9
    アイテムID:5076676の画像

    株式会社エフ琉球

  • 10
    アイテムID:5076668の画像

    岡田製糖所

  • 商品名
  • ポット印ビート糖
  • 純黒糖粉末
  • カップ印 きび砂糖
  • てんさい含蜜糖・粉末
  • ベギャンセ ペルーシュキューブブラウン
  • てんさい糖
  • 波照間島産黒砂糖
  • オーガニック ココナッツシュガー
  • 沖縄県産 粉黒糖
  • 阿波和三盆糖
  • 特徴
  • まろやかでクセがない粉末タイプのてんさい糖
  • コーヒーにおすすめの粉末タイプの黒糖
  • 独特のコクとうまみ
  • 粉末なので溶けやすく使いやすい
  • おしゃれな角砂糖のきび砂糖
  • 甘さ控えめでまろやか
  • 食べやすくて深みのある味
  • 血糖値が気になる方におすすめの低GI食品
  • サラサラで使いやすい粉黒糖
  • まろやかで上品な甘さ
  • 価格
  • 426円(税込)
  • 540円(税込)
  • 332円(税込)
  • 396円(税込)
  • 462円(税込)
  • 454円(税込)
  • 886円(税込)
  • 2590円(税込)
  • 398円(税込)
  • 1680円(税込)
  • 原材料
  • 北海道産てん菜(ビート)
  • さとうきび
  • 原料糖(オーストラリア、タイ、日本)
  • てん菜(ビート)
  • さとうきび糖、カラメル色素
  • 北海道産てん菜(ビート)
  • さとうきび(波照間産)
  • 有機ココヤシ花序液、有機マンゴスチン果皮液
  • さとうきび
  • さとうきび、砂糖
  • 種類
  • てんさい糖
  • 黒糖
  • きび砂糖
  • てんさい糖
  • きび砂糖
  • てんさい糖
  • 黒糖
  • ココナッツシュガー
  • 黒糖
  • 三盆糖
  • 内容量
  • 600g
  • 500g
  • 750g
  • 500g
  • 250g
  • 650g
  • 200g
  • 1kg
  • 300g
  • 500g

砂糖は用途によって使い分けよう

砂糖は基本的には料理やお菓子作りに使うものですが、全ての種類の砂糖がどんなものにも使えるわけではありません。例えば、薄かったり白っぽい色が特徴の料理やお菓子を作る時に、黒糖やてんさい糖を使うと、仕上がりがおいしく見えなくなってしまいます。

 

また、コクや風味などもそれぞれ違うので、合う料理や合わない料理もあります。カロリーや血糖値の上昇する値であるGI値もそれぞれ違います。砂糖のそれぞれの特徴を知った上で、料理や自分の身体に合った砂糖を使い分けることが大切です。

まとめ

砂糖はただ甘い調味料というわけではなく、甘さや栄養素、色など色々な種類がありました。少しでも体にいいものや安全なものを選ぶことで、子供にも安心して食べさせてあげることができます。これから選ぶ際には、栄養素や原材料にも着目してみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ