記事ID138644のサムネイル画像

【コーヒー好き必見】人気コーヒーメーカーのおすすめランキング10選

忙しい朝でも簡単にコーヒーが作れるコーヒーメーカー。近年では、豆から挽ける自動ミル付きの高性能モデルや価格が抑えられた安いモデル、オシャレなモデルなど多種多様な製品があります。今回はそんなコーヒーメーカーの選び方やおすすめ製品をご紹介します。

コーヒーメーカーはさまざまな種類が存在する

コーヒーメーカーは、レギュラーコーヒーをドリップするような一般的なモデル以外にも、多種多様な製品が存在しています。ミル付きで豆から全自動で香ばしいコーヒーを淹れられるモデルや、お手入れが簡単なカプセルタイプなど、メリットもそれぞれあり悩む人も多いでしょう。

ほかにもさまざまな特徴を持つコーヒーメーカーがありますが、自分の用途に合わせたコーヒーメーカーを選ぶことが大切です。当記事を参考にしていただき、自分にあった製品を見つけてみてくださいね。

コーヒーメーカーの選び方

こちらではコーヒーメーカを選ぶときにポイントとなる項目をまとめています。自分に合うコーヒーメーカーを選ぶには、まずどんな製品があるのか知識が必要になります。確認していきましょう。

コーヒーメーカーの種類で選ぶ

コーヒーメーカーと一言で言っても、さまざまな種類が存在しています。それぞれに特徴やメリットがあるので、一種類ずつ確認していきましょう。

一般的なドリップタイプ

数あるコーヒーメーカーのなかで、最もベーシックと言っても過言ではないのが、画像のようなドリップタイプのコーヒーメーカーでしょう。製品にあるフィルターにレギュラーコーヒーを投入し、別口に水を入れ電源を入れるだけでコーヒーをドリップしてくれるタイプです。

ドリップタイプは、コーヒーメーカーのなかでもシンプルな設計なので、流通量も多く価格が比較的安めなのがポイントです。コストを重視している人はまずドリップ式のコーヒーメーカーを探してみることをおすすめします。

また、ドリップ式にはコーヒー豆を挽くミルが搭載されているものや、専用のフィルターがついており、別売りの紙フィルターを必要としない製品などもありますよ。コスパを重視するのであれば、こういった機能面も意識してみてくださいね。

お手入れ楽々なカプセルタイプ

カプセルタイプは、一般的なコーヒーメーカーと違い、専用のコーヒー豆入りのカプセルをセットすることでコーヒーを淹れる方式です。従来のコーヒーメーカーと違って、手早くコーヒーを淹れれて、なおかつ後処理やお手入れも楽に済ませられるのがメリットです。

また、カプセルタイプのコーヒーメーカーは、普通にコーヒーを作るだけでなく、ミルクティーやカプチーノ、抹茶ラテや緑茶など幅広い飲み物に対応していることが多いです。対応したカプセルが必要になりますが、一機で幅広いドリンクが楽しめるのは良いですね。

注意点として、メーカーが用意した専用のカプセルが必要となるので、コーヒー1杯当たりのコストは高くなってしまうことが挙げられます。お手入れが楽なモデルを探している人や、色んな味のコーヒーを楽しんでみたい人におすすめです。

本格設計なサイフォンタイプ

サイフォンタイプは、中の様子が確認できるガラス面が特徴です。そもそもサイフォンというのは、プロのバリスタ(コーヒーを作るバーテンダー)が使用するようなガラス容器のことで、芳醇なコーヒーの香りやコーヒーが出来上がっていく過程が楽しめるのがポイントです。

本格的なサイフォンタイプになると、使用者のテクニックが求められるので、初心者の人には難しいですが、なかには電気式でお手軽に使えるようになったモデルも存在しています。本格的なコーヒーづくりに挑戦してみたい人にはぜひおすすめしたいですね。


機能感あふれるエスプレッソマシンタイプ

エスプレッソタイプは、その名の通りエスプレッソを作ることを目的としてコーヒーメーカーです。エスプレッソは、普通のコーヒーとは違い、圧力を短時間で抽出したものを指します。雑味やえぐみが少なくて、濃厚な味わいがあるのが特徴です。

また、近年ではエスプレッソだけでなく、普通のレギュラーコーヒーやカプチーノ、カフェラテなど他のドリンクにも対応しているモデルが数多く存在しているのもポイントです。機能が優れたモデル程コストは高くなりがちですが、その分本格的なコーヒーを楽しめますよ

また、エスプレッソを美味しく作るためにおすすめなのが、抽出圧が9気圧のエスプレッソマシンを使うことです。この気圧を搭載しているモデルは、他の機能にも優れていることも多く、評価が高い製品も多いです。ぜひチェックしてみてくださいね。

メーカーで選ぶ

コーヒーメーカーは、メーカーで選んでみるというのも一つの手です。あらゆるメーカーがコーヒーメーカーを開発・販売しており、それぞれに商品の特徴や傾向があるので、自分好みのメーカーから選んでみるのもいいですよ。一部メーカーを抜粋してご紹介します。

メリタ

メリタは、ドイツに本社を構えるコーヒー製品の大手メーカーです。紙フィルターによるドリップを開発し、その技術を世界に広めた企業として有名です。紙フィルターによるドリップを開発してきた実績・経験を活かし、高品質なコーヒーメーカーが揃うのが特徴です。

また、オフィスなどで導入するようなサイズが大きくてハイスペックなコーヒーメーカーだけではなく、一人暮らしの人でも手軽に楽しめるような小型で低コストなモデルもありますよ。バリエーション豊かなので、自分に合ったモデルを選んでみてくださいね。

デロンギ

デロンギはイタリアのトレヴィーゾに本社を構える家電メーカーです。コーヒーメーカーでは、エスプレッソマシンが有名ですが、ほかにもケトルやオーブンなどのキッチン家電なども数多く取り揃えており、全体的にクールなデザインが特徴です

デロンギのコーヒーメーカーはエスプレッソマシンと全自動のコーヒーメーカーが数多く揃い、さまざまな飲食店などでも実際に導入されているほどの高い実用性があります。本格的なエスプレッソコーヒーを自宅で楽しみたい人には特におすすめのメーカーです。

シロカ

シロカは海外ではなく日本の家電メーカーです。2000年に創業した企業で、「ていねいに、うつくしく、こだわって」をスローガンとしてかかげています。ほかにはない独特なフォルムが特徴ですが、スローガン通り使用感にこだわった作りをしている製品が揃います。

フォルムの独特さを活かし、お部屋のインテリアにこだわる人にもおすすめですし、実用性を求める人にもおすすめです。シロカのコーヒーメーカーは、主に全自動タイプのモデルが多いので、朝が忙しい人でも手軽にコーヒーを楽しめるのも嬉しいですね。

ネスレ

ネスレは、1866年創業のスイスに本社を構える伝統的なメーカーです。世界189ヵ国にも上る規模で数々の製品を販売している最大級の飲食品メーカーですが、コーヒーメーカーにも力をいれて開発しており、主にカプセル式のモデルが揃います。

数あるネスレのコーヒーメーカーのなかでは、特に「ネスカフェ ドルチェグスト」が有名で、レギュラーコーヒーからエスプレッソ、ココアやカプチーノなどさまざまなコーヒーを手軽に楽しめますよ。ご自宅からオフィスまで、さまざまな場所で使えるオールマイティなメーカーです。

パナソニック

パナソニックと言えば、だれもが聞いたことがある日本の大坂を本拠地とする世界的電機メーカーです。クーラーやセラミックヒーターなどの暖房器具や、冷蔵庫や掃除機など生活家電など何かと目にすることが多いメーカーです。

パナソニックのコーヒーメーカー特有の特徴としては、沸騰浄水機能を搭載しているハイスペックモデルがあることです。水を活性炭フィルターに一度通し、カルキを除去する効果があります。そうすることで雑味のないより香ばしい風味があるコーヒーが作成できるとして好評を得ています。

容量で選ぶ

コーヒーメーカーは製品によって一度に淹れられるコーヒーの容量が違います。0.5L程度のモデルもあれば、2L近くある大容量モデルもあるので、自分がどれだけコーヒーを飲むのか、個人用かオフィス用かなどで選ぶと良いでしょう。

カップにコーヒーを淹れる場合は120cc~150cc、マグカップの場合は250cc以上が一杯分になるので、容量でコーヒーメーカーを選ぶときは参考にしてみてください。一人用でしたらコンパクトなモデルを、店頭や家族用・オフィス用として使うなら大容量モデルがおすすめです。

フィルターの有無で選ぶ

フィルターの有無もコーヒーメーカー選びには重要な項目です。コーヒーメーカーにフィルターが無いモデルの場合、画像のような紙フィルターを別途購入する必要があるので、コスト面では劣ります。しかし、後片付けは紙フィルターを捨てるだけなので手軽というメリットもありますね。

たいして、コーヒーメーカーのなかにはステンレスなどの金属製で出来たメッシュフィルターが搭載されているモデルもあります。使用後のお手入れは必要になりますが、繰り返し使えるためコスト面では優れています。手入れの手間とコストを考えて選ぶと良いでしょう。

保温力で選ぶ

作ったコーヒーをコーヒーメーカー内に一時的に保存する場合は、製品の保温力にも注目して選びたいですね。特にご家族やオフィスなどでの使用を想定している場合は、コーヒーを多く作る分、保管する機会も増えるでしょう。

コーヒーメーカーの容器の違いとしては、大きく分けてステンレス製とガラス製に分けられます。前者は中のコーヒーが確認できない代わりに保温力に優れ、後者は中身を確認できる代わりに保温力が劣ります。

また、ガラス製のコーヒーメーカーでも、ヒーター機能がついているものは保温力に優れます。保温力で選ぶ場合はしっかりチェックしてみてくださいね。

価格で選ぶ

コーヒーメーカーは、製品によって価格が全く違ってきます。安い製品であれば数千円程度と低コストですが、高いコーヒーメーカーになると数万円台に珍しくありません。なのでできるかぎりコストを抑えつつ自分にあう製品を選びたいところですね。

しかし、ただ低コストなコーヒーメーカーを探すのではなく、まず自分の生活環境や用途などにあった機能やタイプのコーヒーメーカーを探し、その中からコスパに優れた製品を探すのがおすすめです。

購入後に合わなくて使わなくなってしまうことが一番勿体ないことですので、充分吟味して選んでみてくださいね。

コーヒーメーカーの人気ランキング10選

第10位

オーシャンリッチ(Oceanrich)

コーヒーメーカー UQ-CR8200BL

価格:3,863円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

非常にコンパクトなドリップ式コーヒーメーカー

オーシャンリッチの「コーヒーメーカー UQ-CR8200BL」は、給湯サーバーがワンカップ分と非常にコンパクトに出来ている製品です。コンパクトさだけでなく、一定時間ごとに360℃回転することで、より味わい深いコーヒーを作れるハンドドリップを再現しています。

電力供給は単四乾電池が必要になりますが、充電式の乾電池は使えなかったという声もあるのと、容量がワンカップ分しかないことに注意が必要です。多人数用としては向きませんが、個人用としては価格もかなりお手頃で使いやすいです。

カテゴリドリップ容量150ml
フィルター有り容器ガラス
第9位

シロカ

コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C122

価格:15,984円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コーン式のミルを採用した全自動モデル

シロカの「コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C122」は、コーン式のミルを搭載した豆から挽ける全自動タイプのコーヒーメーカーです。一般的なミルよりも摩擦熱が少ないため、熱で香りが変質することを防ぎます。

また、豆を自動で計ってくれるため、計量作業といった面倒な手順を必要としないほか、タイマー機能も付いているのも便利です。忙しい朝に本格的なコーヒーを楽しみたい人には特におすすめしたいコーヒーメーカーです。

カテゴリ全自動式ドリップ容量四杯分
フィルター有り容器ステンレス
第8位

T-fal(ティファール)

スビト CM151GJP

価格:2,826円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルなデザインとコンパクトなボディ

ティファールの「スビト CM151GJP」は、シンプルなカラーリングとコンパクトな本体が特徴のコーヒーメーカーです。どんなお部屋に置いても雰囲気を崩しにくい他、本体がコンパクトなので置き場所に悩みにくい点が好評を得ています。

また、コンパクトながらフィルターが既に搭載されているモデルなので、紙フィルターを必要とせずコスト面でも優しいです。しかし、付属のフィルターを使うよりも、紙フィルターを使った方がおいしかったという意見も見かけるので、味にこだわりたい人は注意が必要です。

カテゴリドリップ容量600ml
フィルター有り容器ガラス
第7位

ネスレ日本

ネスカフェ ドルチェグスト MD9771-WR

価格:6,986円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネスレの代表的コーヒーメーカー

「ネスカフェ ドルチェグスト MD9771-WR」は、カプセルタイプのコーヒーメーカーです。カプセル式なので、従来のコーヒーメーカーよりもコスト面は掛かりますが、これ一台でコーヒーをはじめとした15種類以上ものドリンクが楽しめるのがポイントです。

また、ネスレが販売しているカプセルは、定期的にラインナップが変わります。今後もさらにドリンクのバリエーションが増える可能性があるのも見逃せません。カプセル式なので、淹れるのも一分程度でお手入れも手軽なのもポイントです。

カテゴリカプセル容量-
フィルター-容器-
第6位

タイガー(TIGER)

コーヒーメーカー ADC-N060-K

価格:4,658円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低コストながら程よい容量が入るステンレスサーバー

タイガーの「コーヒーメーカー ADC-N060-K」は、低コストながら最大6人分まで保管できるステンレスサーバーが魅力のコーヒーメーカーです。サーバーは魔法瓶設計ではないものの、ステンレス製で高い保温力を持つことで好評を得ています。

また、シャワードリップという抽出法を取り入れているのも特徴です。まんべんなくコーヒー粉を蒸らしていくことで、よりコクと香りのあるコーヒーが作れます。本体以外のパーツを分解できるので、メンテナンスが簡単なのも嬉しいポイントですね。

カテゴリドリップ容量六杯分
フィルター無し容器ステンレス
第5位

ハリオ

V60珈琲王 コーヒーメーカー EVCM-5TB

価格:9,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンドグリップをとことん追求した本格的コーヒーメーカー

ハリオの「V60珈琲王 コーヒーメーカー EVCM-5TB」は、蒸らしや抽出の仕方にこだわり、ハンドグリップで入れたコーヒーのおいしさをとことん追求した本格設計なドリップタイプのコーヒーメーカーです。

口コミではやはり味に対する意見が多数挙がっており、ハンドグリップで丁寧に淹れたようなコーヒーが手軽に楽しめるということで高い評価を得ている製品です。少し時間が掛かる上、ぼこぼこと煮沸音がなるのがネックですが、本格的コーヒーを楽しみたい人におすすめです。

カテゴリドリップ容量2~5杯分
フィルター無し容器ガラス
第4位

DeLonghi(デロンギ)

全自動コーヒーメーカー マグニフィカ ESAM03110S

価格:46,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デロンギエスプレッソマシーンのエントリーモデル

「全自動コーヒーメーカー マグニフィカ ESAM03110S」は、デロンギが発売しているエスプレッソマシーンのなかでエントリーモデルにあたるマグニフィカシリーズの製品です。エントリーモデルながら、プロが淹れたような高品質なコーヒーが楽しめることで好評です。

エスプレッソマシーンなので、より本格的なエスプレッソを自宅で楽しみたい人にはぜひおすすめしたいコーヒーメーカーです。エスプレッソ以外にも、レギュラーコーヒーやカプチーノなども簡単に作れます。スタイリッシュなデザインなので、特に男性のお部屋に合いやすいです。

カテゴリエスプレッソマシン容量1800ml
フィルター-容器-
第3位

パナソニック(Panasonic)

沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57-K

価格:16,204円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

沸騰浄水や自動洗浄機能付きのハイスペックモデル

パナソニックの「沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57-K」は、カルキを除去できる沸騰浄水機能やミルの自動洗浄など、さまざまな機能を搭載したハイスペックモデルになります。カルキを90%もカットでき、雑味の少なく味わい深いコーヒーが楽しめます。

また、本製品はノンカフェインであるデカフェ豆にも対応しているのがポイントです。デカフェ豆はカフェインが少ない代わりに、コーヒーを嗜まれている人だと物足りなさを感じることがありました。

本製品はデカフェ豆を使用した場合でも、蒸らしと抽出の手順をデカフェ豆に最適化することで、コーヒー好きでも満足できるコーヒーが楽しめますよ。

カテゴリ全自動式ドリップ容量-
フィルター有り容器ガラス
第2位

Melitta (メリタ)

NOAR(ノア) SKT541B

価格:6,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保温性の高いステンレス&真空構成

メリタの「NOAR(ノア) SKT541B」は、保温性の高いポットが大きな特徴です。ポットは保温性の高いステンレス製なほか、魔法瓶などでも良くみられる真空二重構造になっているのが特徴です。一時間たっても熱々なままという口コミも見られ、保温性の高さは抜群です。

また、抽出のさいは高温で行うため、より香ばしいコーヒーの香りと味が楽しめます。前述した保温性の高さにより、長い時間コーヒーを美味しい状態のまま保てるのも見逃せないポイントですね、

カテゴリドリップ容量700ml
フィルター無し容器ステンレス
第1位

Nespresso (ネスプレッソ)

イニッシア C40RE

価格:7,170円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネスプレッソのなかで、最もコンパクトなコーヒーメーカー

「イニッシア C40RE」は、ネスレが展開するブランド「ネスプレッソ」のなかで、最も軽量・コンパクトなコーヒーメーカーです。置き場所に困りにくく、また2.4kgと軽量でいざという時に置き場所を移動しやすいのがポイントですね。

また、最大19気圧の高圧力を誇るコーヒーメーカーでもあり、より深い香りと味わいがあるコーヒーを作り出せるのもメリットです。本製品はカプセルタイプで、専用のカプセルは24種類にも上ります。さまざまなコーヒーを楽しめるのもコーヒー好きにはたまらないポイントですね。

カテゴリカプセル容量600ml
フィルター-容器-

コーヒーメーカーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5075907の画像

    Nespresso (ネスプレッソ)

  • 2
    アイテムID:5075905の画像

    Melitta (メリタ)

  • 3
    アイテムID:5075901の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 4
    アイテムID:5075899の画像

    DeLonghi(デロンギ)

  • 5
    アイテムID:5075896の画像

    ハリオ

  • 6
    アイテムID:5075894の画像

    タイガー(TIGER)

  • 7
    アイテムID:5075891の画像

    ネスレ日本

  • 8
    アイテムID:5075889の画像

    T-fal(ティファール)

  • 9
    アイテムID:5075887の画像

    シロカ

  • 10
    アイテムID:5074919の画像

    オーシャンリッチ(Oceanrich)

  • 商品名
  • イニッシア C40RE
  • NOAR(ノア) SKT541B
  • 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57-K
  • 全自動コーヒーメーカー マグニフィカ ESAM03110S
  • V60珈琲王 コーヒーメーカー EVCM-5TB
  • コーヒーメーカー ADC-N060-K
  • ネスカフェ ドルチェグスト MD9771-WR
  • スビト CM151GJP
  • コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C122
  • コーヒーメーカー UQ-CR8200BL
  • 特徴
  • ネスプレッソのなかで、最もコンパクトなコーヒーメーカー
  • 保温性の高いステンレス&真空構成
  • 沸騰浄水や自動洗浄機能付きのハイスペックモデル
  • デロンギエスプレッソマシーンのエントリーモデル
  • ハンドグリップをとことん追求した本格的コーヒーメーカー
  • 低コストながら程よい容量が入るステンレスサーバー
  • ネスレの代表的コーヒーメーカー
  • シンプルなデザインとコンパクトなボディ
  • コーン式のミルを採用した全自動モデル
  • 非常にコンパクトなドリップ式コーヒーメーカー
  • 価格
  • 7170円(税込)
  • 6000円(税込)
  • 16204円(税込)
  • 46500円(税込)
  • 9700円(税込)
  • 4658円(税込)
  • 6986円(税込)
  • 2826円(税込)
  • 15984円(税込)
  • 3863円(税込)
  • カテゴリ
  • カプセル
  • ドリップ
  • 全自動式ドリップ
  • エスプレッソマシン
  • ドリップ
  • ドリップ
  • カプセル
  • ドリップ
  • 全自動式ドリップ
  • ドリップ
  • 容量
  • 600ml
  • 700ml
  • -
  • 1800ml
  • 2~5杯分
  • 六杯分
  • -
  • 600ml
  • 四杯分
  • 150ml
  • フィルター
  • -
  • 無し
  • 有り
  • -
  • 無し
  • 無し
  • -
  • 有り
  • 有り
  • 有り
  • 容器
  • -
  • ステンレス
  • ガラス
  • -
  • ガラス
  • ステンレス
  • -
  • ガラス
  • ステンレス
  • ガラス

コーヒー豆の保存方法を見直そう

コーヒーを美味しく飲むには、コーヒーメーカーや豆にこだわるだけでなく、コーヒー豆の保存方法にも注意が必要です。コーヒー豆は空気に触れると酸化していくため、基本的には密封できる容器に移し替えることをおすすめします

また、短期間で飲み切れる場合は常温保存でも構いませんが、もし長期間保存する場合は冷蔵庫や冷凍庫にいれるほうが、劣化が進むスピードを抑えらます。飲むペースなども考えて保存方法を見直してみてくださいね。

まとめ

今回は手軽に美味しいコーヒーを楽しめるコーヒーメーカーを特集致しました。コーヒーの味は、豆の品質なども影響しますが、コーヒーメーカーの品質によっても変わります。毎日美味しいコーヒーを飲めるように、コーヒーメーカーにもこだわって選んでみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ