記事ID138643のサムネイル画像

【料理にもスムージーにも使える】ミキサーのおすすめランキング10選

料理だけでなくジュースやスムージーなどを作るのにも使えるミキサー。料理やジュース、スムージーを作れることは有名ですが離乳食なども家庭で簡単に作ることができます。それからミキサーにはタイプも色々あります。そこでおすすめのミキサー10選をランキング形式で価格とともに紹介します!

ミキサー一台で料理を楽に

ミキサーは食べ物や液体などをかき混ぜて粉々にする調理器具の一つです。ミキサーは細かく切ったフルーツや野菜と水分を一緒に入れてかき混ぜることによってジュースやスムージーを作ることができます。

 

日本では「ミキサー」で海外では「ブレンダー」と呼ばれています。ミキサーとブレンダーは基本的に同じものです。

 

ミキサー以外にもミキサーと同じような機能をもつ調理器具がありますので、そのような点も注意しながら自分に合ったミキサーを探せるように、今回ミキサーの選び方を説明します。

 

 

ミキサーの選び方

ミキサーの購入を検討している人はまず初めにどのような基準で選べば良いのか戸惑うでしょう。ミキサーはブランドも様々なものがありますし、ブランドによって特徴なども変わってきます。

 

それから、ブランドだけでなくミキサーのタイプもいろんなものがありますので、タイプなどもしっかり確認して購入する必要があります。そのため、自分の目的を最初に決めておくのも大事です。

 

そこで、どのあたりが重要でどのような基準でミキサーを選べば良いのかをご紹介していきます。

刃の形で選ぶ

ミキサーを選ぶ際に注目するべき1つのポイントは刃の形です。ミキサーには刃の形が2種類に分けられています。

 

ミキサーに使用されている刃の形は「平刃カッター」「波刃カッター」というように2つのタイプがありますので自分に合った刃の形を選ぶことが大事になってきます。

 

平刃カッターは名前の通り刃が平らになっているタイプのもので波刃カッターは刃が波打っているタイプのものになります。

平刃カッター

ミキサーの刃が平らになっているタイプのものが「平刃カッター」です。平刃カッターは肉のミンチを混ぜることや野菜を切り刻むことに長けています。

 

それから、カッターの取り外しが可能なものであれば包丁を研ぐようにミキサーの刃も研ぐことができます。そのため、切れ味が鈍ってしまった場合でも安心なのが魅力になっています。

波刃カッター

ミキサーの刃が波打っているタイプのものが「波刃カッター」です。波刃カッターは硬いものを粉々に砕くことに長けています。例えば、甲殻類やナッツなど硬いものなど粉々に砕くことができます。

 

波刃カッターは強い粉砕力を持っていますのでいろんな食材を混ぜて作るスムージーなどに適しています。

 

それから、波刃カッターの刃の素材はステンレス製のものを選ぶより、チタンコーティングがされているものを選ぶ方がおすすめです。チタンコーティングされているものは耐久性が高いため錆びにくいというメリットがあります。

ジャーの素材で選ぶ

ミキサーを選ぶ際にはジャーの素材をしっかり確認することも大切です。自分の目的に合ったジャーの素材を選びましょう。

 

ミキサーのジャーの素材は主に2つに分かれています。「ガラスジャー」「プラスチックジャー」のタイプがあります。

ガラスジャー

ミキサーのジャーの素材がガラスになっている「ガラスジャー」のものは傷がつきにくいのが特徴になっています。

 

高い耐久性を持ち、食材の匂いが移ることも少ないのでとても衛生的です。それから、食洗器に対応したタイプのものもあり使用した後に片付けやすいのもメリットです。

 

ですが、ミキサーの重量が重くなってしまうためミキサーをよく使用する人にとっては少々ストレスを感じてしまう可能性があります。自分に合ったミキサーを選ぶためにバランスをしっかり考えて購入しましょう。

プラスチックジャー

ミキサーのジャーの素材がプラスチックになっている「プラスチックジャー」のものは取り扱いのしやすさが特徴になっています。

 

プラスチックジャーのものはお求めやすい価格のものが多く、使いやすさがメリットになっています。

 

ですが、長い間使用しているとミキサーの表面に細かい傷がつく場合があります。また、食材の匂いが移ってしまう可能性も十分にありますので日頃のメンテナンスがとても大切になってきます。

ワット数で選ぶ

ミキサーを選ぶ際にワット数をしっかり確認することも大事です。ワット数はジュースなどを作る場合に口当たりを左右することになります。

 

そのため、スムージーやジュースを滑らかな口当たりに仕上げたい人は粉砕力の強いミキサーを購入するのがおすすめです。粉砕力はミキサーのワット数で分かりますのでしっかり確認しましょう。

 

一般的なミキサーのワット数は180W~900Wになっています。ワット数が多ければ多いほどより口当たり良く仕上げることができます。食感を楽しみたいと思う人は200Wくらいのミキサーを選ぶことをおすすめします。

静音性で選ぶ

自分に合ったミキサーを選ぶためには静音性をしっかりと確認することも大事になってきます。ミキサーの使用頻度が高い人は毎日快適に使用するためには静音性はとても重要なポイントです。

 

ミキサーの使用する時の音の大きさはそれが原因で使用しなくなる可能性もあるくらい影響が出ますので静音性を確認しましょう。

 

ミキサーの音がどのくらいするのか確認する方法としては実際にお店に訪れてみてモーターを稼働させて確認するのが一番だと思います。その際に注意したいのは実際使用する時には食材などを入れて使用します。

 

そのため、お店でミキサーのモーターを稼働させた時よりも少々音が大きめになると考えましょう。お店で確認してみた時点で音が大きいと感じる場合は選ばない方が良いかもしれません。

 

容量で選ぶ

ミキサーを選ぶ際に容量を確認することもとても大事です。使用する際に一度でどのくらいの量を作ることができるのか大切なポイントになってきます。

 

例えば、一人暮らしの人や人数少なめで使用を考えているのであれば容量はそれほど気にしなくても良いですが、家族で使用を考えている場合は人数多めですので一度で人数分の量を作れる容量のものを選ぶのをおすすめします。

 

ジュースやスムージーを作る場合は1人コップ一杯200mlが適しています。この量を参考にできるだけ一度で人数分に近い量を作れる容量があるミキサーを選びましょう。

安全機能で選ぶ

どのようなミキサーにも刃がついてますので、ミキサーを選ぶ際に安全機能が付いているのかしっかり確認することで毎日安心してミキサーを使用することができます。

 

例えば、電源を入れただけで自動的に回転してしまうミキサーや刃が露出している場合でも回転してしまうミキサーなどはミキサーを掃除する時の誤作動などを考えるととても危険ですのでしっかり確認しましょう。

 

決められている突起などがはまらないと電源が入らないようになっているミキサーや蓋がしっかりと設置されていないと動かないようになっているミキサーなどの安全機能が付いてるミキサーを選ぶと良いです。

 

こちらの安全機能は高い製品にだけついてる機能というわけではありませんので、どのような安全機能が付いてるのか見て選ぶことをおすすめします。

その他の機能で選ぶ

ミキサーを選ぶ際に重要な点をいくつか紹介しましたが、他の機能もしっかり確認することでミキサーを快適に使用することができます。

 

ミキサーには安全機能以外にも「回転速度の切り替え」「食洗器対応」「氷対応」などあると便利な機能がいろいろとあります。

 

そのため、自分がどのような目的でミキサーを使用したいのか最初に決めておくとスムーズに自分にあったミキサーを選ぶことができるでしょう。氷を入れて使用しても良いミキサーが良いなら氷対応のものを選ぶ必要があります。

回転速度の切り替え

回転速度には「高速回転」と「低速回転」があるのですが、実は果物や野菜などの食材の栄養成分は回転速度によって変わります。

 

低速回転のミキサーであれば食材をゆっくりつぶすことができますので果物や野菜などの栄養成分を崩さずにジュースやスムージーを作ることができますので、栄養成分を大事にしたい人は低速回転式のミキサーを選びましょう。

 

それから、回転速度の切り替え可能なミキサーもありますので目的によって使い分けたいと考えている人は回転速度の切り替え機能が付いてるものを選ぶのをおすすめします。

 

また、スムージーを作るのに特化した「スムージーミキサー」というものもありスムージーミキサーであればミキサーボトルがドリンクボトルになったり便利です。スムージーを作る目的でミキサーの購入を考えてる人は検討してみると良いでしょう。

食洗器対応

ミキサーが食洗器対応のものか対応していないものかでお手入れのしやすさが変わってきますので食洗器対応なのか確認しましょう。

 

ガラス製のミキサーであれば傷がつきにくく、食洗器対応のものが多いですのでとてもお手入れしやすいのが特徴です。ミキサーの使用頻度が多い人は水洗いが可能な構造になっているものをおすすめします。

 

それから、ミキサーによって刃を取り外せるものと取り外せないものがあり、刃が取り外せるミキサーであれば洗いやすいためお手入れもしやすいです。また、洗う時に怪我をしていまう危険性もありません。

氷対応

ミキサーにには氷対応のものと氷に対応していないものがあります。そのため、ミキサーでスムージーを作ることを考えている人は氷対応しているか確認することも重要になってきます。

 

スムージーは水と食材で作ることができますが、氷を入れることによってよりおいしいスムージーを作ることができますので、スムージーに氷を入れて作りたい人は「氷対応」のミキサーを選ぶようにしましょう。

 

氷だけでなく硬い食材などは刃を痛める原因になりますので、心配な人は購入する前に対応しているのか確認することをおすすめします。

ミキサーのおすすめ人気商品10選

第10位

ツインバード工業(Twinbird)

パワフルミキサー

価格:12,470円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

6枚刃のハイパワー

こちらのミキサーは刃が6枚刃になっておりジュースやスムージーをなめらかに仕上げることが可能です。透明度の高いミキサーボトルは「コポリエステル」が採用されています。

 

コポリエステル採用のミキサーボトルのためプラスチックのミキサーよりも丈夫でガラス製のミキサーよりも軽いのでとても使いやすいミキサーになってます。

 

それから、速度の切り替えも可能で一番高い設定に調整すれば800Wのハイパワーを発揮できますので、なめらかな仕上がりを可能にします。少々高めではありますがいろんな調理に使えますのでおすすめのミキサーです。

商品重量3.8kgメーカー型番KC-4859R
第9位

山善(YAMAZEN)

ミルミキサー

価格:3,110円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台3役

こちらのミキサーには粉砕に便利なミルが付属されているのがメリットになります。そのため、通常のミキサーの機能に加えて粉砕に便利なミルがありますので2台で3役をこなすミキサーです。

 

お茶挽きも可能なためお茶挽きを使用すれば粉茶などの素材の味を生かした粉末出汁を自宅で簡単に作ることができます。

 

リーズナブルな価格ではありますが、連続して使用するには制限があります。お茶挽きの機能が付いていないタイプであればさらに求めやすい価格になります。

商品重量2.5kgメーカー型番MR-280(W)
第8位

Vita-Mix (バイタミックス)

バイタミックスミキサー

価格:49,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

機能が豊富

こちらのミキサーは8つの機能が付いた豊富な機能が特徴になっています。混ぜる機能だけでなくつぶす、きざむ、砕く、挽く、撹拌、冷やす、温めるというように8つの機能がついてます。

 

それから、パワーも強力で残ってしまいがちな種なども細かく粉砕することが可能です。ですが、こちらのミキサーには安全機能が付いてませんので取り扱いには注意が必要になります。

 

8つの機能がついてるため、ジュースやスムージーが作れるだけでなく、アイスクリームやスープから料理のソースまで作ることができますのでいろんなものを作りたいと考えている人におすすめです。

商品重量599gメーカー型番A99520
第7位

ウィナーズ株式会社

recolte ソロブレンダー ソラン

価格:4,320円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一人暮らしおすすめ

こちらのミキサーは小容量で使いやすいのが特徴になってます。小容量でコンパクトサイズのミキサーですので場所をとらないのもメリットです。

 

小容量のため一人暮らしの人にはとてもおすすめです。 それから、ガラスジャーとトライタン製の2種類のボトルが付いています。そのため、用途によって使い分けることもできます。

 

また、3色のカラーバリエーションですので自分の好きなカラーのミキサーを選ぶことができます。見た目はオシャレでかわいい見た目なので女性にもおすすめです。

商品重量1.34kgメーカー型番 RSB-3-R
第6位

パナソニック(Panasonic)

ミキサー

価格:7,337円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アレンジホール機能

こちらのミキサーは刃がブラックバードチタンがコーティングされた大型ノコギリ刃を採用していますので、鋭い切れ味が特徴で耐久性にも優れています。

 

切れ味が鋭いため氷もしっかり粉砕することが可能ですし、繊維なども細かく刻むことができますので滑らかに仕上げることができます。かき氷を作るのにも適していますのでかき氷を作りたい人におすすめです。

 

それから、「アレンジホール」という機能が付いてます。アレンジホールは食材を後から入れることによって食感を調整することができます。また、スムージーバー付属なので蓋を開けないで撹拌することができます。

商品重量2.9㎏メーカー型番MX-X301-G
第5位

フカイ工業

ジュースミキサー

価格:1,850円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルで使いやすい

こちらのミキサーはシンプルで使いやすさに特化されたものになります。ミキサーボトルはガラス製のため食材の匂いが移りにくいのもメリットになっていますので長く使用したい人におすすめです。

 

ですが、ジュース用のミキサーということもあり他のミキサーと比べるとパワー、回転数などは少々劣ってしまいます。

 

機能は少なめではありますが、その分操作しやすいのが嬉しいです。多機能なミキサーを使いこなせる自信がない人はこちらのシンプルなミキサーを選ぶことをおすすめします。

商品重量2kgメーカー型番 FJM-601
第4位

イデアインターナショナル

コンパクトガラスブレンダー

価格:7,344円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐熱ガラスボトル

こちらのミキサーはミキサーボトルが耐熱ガラスを使用したものになっていますので85℃まで熱さに耐えることができますのでホットスープなどを作ることができるのがメリットになっています。

 

ホットスープも作れますし、もちろん冷たいスムージーやジュースも作ることができますので使い分けたい人にはおすすめします。

 

それから、刃の取り外し可能でゴムパッキンも外すことが可能ですのでしっかり洗うことができます。そのため、衛生面も安心です。

商品重量2kgメーカー型番 IOE006-IV
第3位

テスコム(TESCOM)

ミキサー

価格:4,649円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュな見た目

こちらのミキサーは刃が大型の波刃チタンカッターになっていますので氷もしっかり砕くことのできます。

 

ですが、180Wと消費電力は少々少なめです。 それから、ミキサーボトルはガラス製なので傷もつきにくいですし回転中のぐらつきも心配することがありません。

 

水分を多めの調整や氷の追加の調整が楽なのも嬉しい点です。また、ミキサーボトルを逆さにすることによってコンパクトになりますので、収納しやすいミキサーを求める人におすすめです。

商品重量2.68kgメーカー型番TM8200
第2位

ティファール(T-fal)

ミキサー ミックス & ドリンク

価格:5,690円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スピード調整可能

こちらのミキサーは回転速度の切り替えが可能なため、回転速度を「高速」と「低速」に切り替えることができます。

 

それから、食材と一緒に氷を混ぜてもスピーディーに粉砕してくれるくらいハイパワーです。 また、刃の取り外し可能ですのでお手入れも簡単で衛生面も安心して使用することができるのも嬉しいです。

 

スムージーなどを作る際に滑らかに仕上げたければ高速回転で、果物や野菜などの栄養成分を残したければ低速回転で作るというように使い分けることができますので、使い分けたい人におすすめです。

商品重量1.1kgメーカー型番BL1301JP
第1位

テスコム(Tescom)

テスコム ミキサー ホワイト 150×180×340mm/3-750-01 TM855

価格:4,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

チタンカッター搭載

こちらのミキサーは刃に大型の波刃のチタンカッターが搭載されています。それから、クラッシュアイスを作れるほどのハイパワーなのも魅力です。

 

家庭で作られた氷は粉砕することが可能ですが、ロックアイスには対応していませんのでその点については注意が必要になります。

 

ガラス製のボトルのため衛生面に安心して使用できますし、丸洗いも可能です。また、モーター部分にガラスボトルを被せることができますので収納しやすいです。

商品重量499gメーカー型番TM855

ミキサーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5075734の画像

    テスコム(Tescom)

  • 2
    アイテムID:5075733の画像

    ティファール(T-fal)

  • 3
    アイテムID:5075732の画像

    テスコム(TESCOM)

  • 4
    アイテムID:5075731の画像

    イデアインターナショナル

  • 5
    アイテムID:5075730の画像

    フカイ工業

  • 6
    アイテムID:5075729の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 7
    アイテムID:5075728の画像

    ウィナーズ株式会社

  • 8
    アイテムID:5075727の画像

    Vita-Mix (バイタミックス)

  • 9
    アイテムID:5075726の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 10
    アイテムID:5075725の画像

    ツインバード工業(Twinbird)

  • 商品名
  • テスコム ミキサー ホワイト 150×180×340mm/3-750-01 TM855
  • ミキサー ミックス & ドリンク
  • ミキサー
  • コンパクトガラスブレンダー
  • ジュースミキサー
  • ミキサー
  • recolte ソロブレンダー ソラン
  • バイタミックスミキサー
  • ミルミキサー
  • パワフルミキサー
  • 特徴
  • チタンカッター搭載
  • スピード調整可能
  • スタイリッシュな見た目
  • 耐熱ガラスボトル
  • シンプルで使いやすい
  • アレンジホール機能
  • 一人暮らしおすすめ
  • 機能が豊富
  • 1台3役
  • 6枚刃のハイパワー
  • 価格
  • 4380円(税込)
  • 5690円(税込)
  • 4649円(税込)
  • 7344円(税込)
  • 1850円(税込)
  • 7337円(税込)
  • 4320円(税込)
  • 49000円(税込)
  • 3110円(税込)
  • 12470円(税込)
  • 商品重量
  • 499g
  • 1.1kg
  • 2.68kg
  • 2kg
  • 2kg
  • 2.9㎏
  • 1.34kg
  • 599g
  • 2.5kg
  • 3.8kg
  • メーカー型番
  • TM855
  • BL1301JP
  • TM8200
  • IOE006-IV
  • FJM-601
  • MX-X301-G
  • RSB-3-R
  • A99520
  • MR-280(W)
  • KC-4859R

ミキサーは普段のお手入れが大事

毎日使うわけではないミキサーだからこそ、長持ちさせるために普段のお手入れが大切です。

ミキサーのお手入れ方法

ミキサーのお手入れはとても大事です。ですが、ミキサーの正しいお手入れ方法を知っている人はあまり多くないでしょう。

 

ミキサーのお手入れは気をつけないと怪我などにもつながる可能性がありますのでミキサーの正しいお手入れ方法を覚えましょう。

本体

ミキサーの本体はよく絞ったタオルなどでしっかりとふき取りましょう。片付ける時は、直射日光を避け、乾かしてから片付けましょう。

ミキサー部分

ミキサー部分は分解できる部分は分解してスポンジなどで洗うと良いでしょう。樹脂部分は食材の色素が付着して変色を起こしてしまう可能性がありますので気をつけてください。

ジューサー部分

ジューサー部分も分解できる部分は分解してスポンジなどで水洗いしましょう。フィルターなどはミキサーを購入した際に付属されてるブラシで水洗いすると良いです。

カッター部分

カッターやそのカッター周囲は、気をつけなけば怪我をしてしまう可能性がありますので手袋などをしてブラシで水洗いしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ここでは、ミキサーの特徴や選び方、おすすめのミキサーをランキング形式で紹介しました。ミキサーにはそれぞれタイプや機能などありますので是非、自分に合ったミキサーを選んで使ってみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ