記事ID138640のサムネイル画像

【自宅で本格的な味わい】コーヒー豆の人気おすすめランキング10選

コーヒー豆を使用したレギュラーコーヒーは格別な魅力があります。コーヒー豆には種類が多く初心者の方にはどれがおすすめなのか選べないと悩んでしまう方も多いです、高級な豆から安いものまであります。今回はコーヒー豆の人気なおすすめ商品をランキング形式でまとめ、紹介していきます。

おうちで格別の風味と味わいを楽しめるコーヒー豆

食後の1杯や仕事の休憩時間、リラックスタイムなどにコーヒーを楽しむ方は多いのではないでしょうか。インスタントコーヒーなどでも充分に美味しく飲むことができますが、コーヒー豆から淹れたレギュラーコーヒーは格別な味と風味を味わうことが可能です。

 

コーヒー豆はインスタントコーヒーと比べても格段に種類が多いため、自分好みのコーヒー豆を選ぶことは重要なポイントかつ魅力でもあります。そのため初めてコーヒー豆を選ぶ際には、風味や産地、焙煎具合などを事前にチェックして好みのコーヒー豆を選びましょう。

 

今回は本格的なコーヒーを楽しむことができるコーヒー豆のおすすめ商品をランキング形式で紹介していきます。自分好みのコーヒー豆で格別な香りと味わいでリラックスタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか。ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

コーヒー豆の選び方

種類豊富なコーヒー豆を選ぶ上ではいくつかの注目したいポイントがあります。ここでは自身にぴったりなコーヒー豆を見つけるための選び方について紹介していきます。

品種で選ぶ

コーヒーの木はいくつかの品種がありますが、圧倒的なシェアを誇る代表的な品種というものが存在しています。ここではそれぞれの品種の特徴について紹介していきます。

甘い香りと酸味の強さが特徴の「アラビカ種」

圧倒的なシェアを誇るのがこのアラビカ種のコーヒー豆で、全世界のコーヒー豆のおよそ6割がアラビカ種のものといわれています。花のような豊かで甘い香りと強い酸味が特徴で味、風味共に優れているため世界中でも人気の高い品種のコーヒー豆です。

 

アフリカのエチオピアが原産地のアラビカ種は、栽培に適しているのが標高1000~2000mの熱帯高地であるため非常に手間のかかる品種という側面もあります。さらに病害虫や霜、乾燥などにも弱く栽培が難しく、高級品として取引されることも多いコーヒー豆です。

 

またアラビカ種の亜種によっても風味や味わいも微妙に異なっており、在来種であるティピカ、ブルボンは香りの質やコクなどが優れていますが収穫量は減少傾向にあります。最近では低木で手入れがしやすくかつ収穫量の多いカツーラがアラビカ種の主流となっています。

苦みが強く荒々しい味わいの「ロブスタ種」

アラビカ種に次いでコーヒー豆の世界生産量3割がロブスタ種の品種で、カネフォラ種ともいわれています。ロブスタ種は標高1000m以下の比較的低地での栽培に適しており、また害虫や病気に強い、成長が早く実がたくさんなるという特徴があり栽培しやすい品種です。

 

味わいは苦みが強く酸味はほとんどなく油分も多い品種で、香りは麦茶に似た香ばしさが特徴です。栽培のしやすさもあり価格も手頃であることから、主にインスタントコーヒーや缶コーヒーなどの原料として使用されることが多い品種でもあります。

 

アラビカ種と比較すると香りや味わいは劣るとされていますが、ロブスタ種特有の荒々しい風味が癖になるという方もいらっしゃいます。低価格のレギュラーコーヒーではよく使用されている品種であるためコスパをおさえたものを探しているという方におすすめです。

焙煎具合で選ぶ

品種によって特徴が異なるコーヒー豆ですが、焙煎の仕方によっても香り、味わい、酸味などに違いがでてきます。好みの味わいを選ぶ際には焙煎具合にも注目しましょう。

酸味が残りさっぱりとした飲み心地の「浅煎り」

コーヒー豆の焙煎具合は一般的に8段階に分類されていますが、その中でも焙煎加減が少ないものを「浅煎り」と呼んでいます。浅煎りにはうっすらと焦げ目がついている程度のライトロースト、シナモン色程度の煎り具合のシナモンローストの2種類があります。

 

ライトローストは黄色から小麦色程度の短い焙煎具合で、香りやコクはまだ不十分で酸味が強いのが特徴です。この状態で飲まれることはほとんどなく、主にカッピングテストというコーヒーの品質をチェックする目的で使用することが多い煎り具合です。

 

シナモンローストはライトロースト良りは焙煎時間が長いものの浅めであるため、苦みが少なくすっきりとしたフルーティーな酸味が特徴です。コーヒー豆本来の特徴を感じることができる浅煎りは、ブラックコーヒーでもさっぱりと飲みやすくおすすめです。

バランスの取れた味わいが楽しめる「中煎り」

中煎りは軽い苦みとほのかな酸味とバランスが取れているため飲みやすく、一般的に多く飲まれているコーヒーは中煎りのものが多いです。中煎りでは煎り具合が短い順にミディアムロースト、ハイローストの2種類がありどちらも世界中で人気のある焙煎具合といえます。

 

明るい茶色のミディアムローストはコーヒー豆本来の酸味、味わい、コクがはっきりと感じることができるため、キリマンジャロやモカ、コナなどおバランスの取れた品種はミディアムローストで飲まれることが多いです。軽い苦みはアメリカンコーヒーにも適しています。

 

やや深い煎り具合であるハイローストはカフェや家庭で飲まれるコーヒーに多い焙煎具合で、酸味と苦みのバランスが取れたクセのないのが特徴です。そのためどのコーヒー豆にもあるため、初めて飲む品種の焙煎具合に悩んだ場合はハイローストがおすすめです。

強い香りと苦みを楽しめる「深煎り」

深煎りは焙煎時間が長いため酸味が少なくローストの苦みをしっかり感じることができるのが特徴です。深煎りには焙煎時間が長いものからシティロースト、フルシティロースト、フレンチロースト、イタリアンローストの4種類に分けられ次第に苦みが強くなっていきます。

 

ハイローストと同じく一般的な焙煎具合であるシティローストは苦みと酸味のバランスがとれており、ボディと呼ばれるコクがではじめます。シティローストよりも酸味を抑えて苦みを強く感じたいという方やアイスコーヒーやエスプレッソに適している焙煎具合です。

 

豆の内部から油分が浮き上がり表面がテカテカとし始めるフレンチローストとイタリアンローストは、酸味はほとんどなく苦みとコクが強いです。エスプレッソのほかミルクを使用したカフェラテやカプチーノなどのアレンジ用としてもおすすめの焙煎具合です。

産地で選ぶ

コーヒー豆には産地がそのまま銘柄になるほど産地によって味わいも変化します。そのため選ぶ際には銘柄や産地にも注目して選ぶことでより自分好みのコーヒーを味わえます。

産地によって個性豊かなコーヒー豆

種類豊富なコーヒー豆では品種以外にも生産地によって味わいや香り、形状に違いがあります。そのためコーヒー豆を選ぶ際には焙煎や品種と合わせて生産地にも注目して選ぶようにしましょう。主要な銘柄としてはキリマンジャロ、ブルーマウンテン、モカなどがあります。

 

カリブ海の島国ジャマイカの山の限られた地域でのみ栽培されているブルーマウンテンは、コーヒーの王様とされ、苦み、香り、甘み、酸味のバランスがよく高級品として知られています。タンザニア産のコーヒー豆キリマンジャロは、甘い香りと強い酸味、コクが特徴です。

 

他にもフルーツのような香りと酸味、コクと甘みを持つモカや、まろやかな酸味と甘い香りのコロンビアなど個性は様々です。初めに様々な生産地のコーヒー豆を試してみて自分好みの味わいや香りを探してみてはいかがでしょうか。

ストレートとブレンドにも注目して選ぶ

コーヒー豆の産地を選ぶ上では「ストレート」か「ブレンド」であるかにも注目して選ぶことが大切です。ブレンドとはそのままの意味で何種類かのコーヒー豆がブレンドされたもので、ストレートコーヒーでは出せない風味や味わいを楽しむことができます。

 

一方ストレートとはひとつの生産地で構成されているコーヒー豆で、産地ごとの味わいや香りを楽しむことができるのが魅力です。コーヒー豆の産地について熟知している方ほどストレートを好む傾向にあり、ストレートならではのシンプルな味を楽しみたい方に向いています。

 

ブレンドは焙煎前に複数の豆をブレンドすることで狙った味わいを作り出すことが一般的であるため味の想像がしやすく、初心者の方でも親しみやすいです。それぞれの店のこだわりを感じることができるため、お店のこだわりや個性を知りたいという場合にもおすすめです。

コーヒー豆の人気ランキング10選

第10位

株式会社上島義弘商店

神戸上島義弘ブレンド Uブレンド

価格:1,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

神戸の喫茶店で愛され続けた安定のおいしさが魅力

1959年以来、神戸のおよそ600店の喫茶店で愛されてきた「神戸上島義弘ブレンド」で、上質な豆の香りや味わいを自宅で楽しむことができます。新鮮で質のいいコーヒー豆を使用していますが、卸販売による大量流通により価格も安く購入できるのもポイントです。

 

こちらのオリジナルUブレンドは、すっきりとしたマイルドな味わいと上品な香りで女性の方に人気の高いブレンドコーヒーです。ほのかに感じる酸味がさっぱりとした後味を実現しています。香りとほどよい酸味を感じることができるコーヒーを探している方におすすめです。

品種-生産国ブラジル、コロンビア
焙煎度中煎り(ミディアムロースト)種類ブレンド
第9位

藤田珈琲

ラオスブレンド 2袋

価格:2,495円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アフターミックス製法で豆それぞれの個性を活かす

あっさりとした酸味の後にやわらかな苦み、濃厚な甘みが口の中に広がるバランスの整ったおいしさのあるコーヒー豆です。濃厚なコクとナッツ系の芳醇な香りは、初心者の方はもちろんコーヒー好きの方にも楽しむことができます。

 

またこちらの藤田珈琲ではそれぞれ焙煎を行った後にブレンドを行うアフターミックス製法を採用しているため、各コーヒー豆の個性を最大限に生かしたブレンドコーヒーに仕上がります。喫茶店が原点の藤田珈琲だからこそのおいしさを楽しむことができる商品です。

品種-生産国ラオス
焙煎度中煎り種類ブレンド
第8位

小川珈琲

有機珈琲フェアトレードモカブレンド

価格:640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有機JAS認証コーヒーだから安心して飲める

有機JAS認証を受けた農園で栽培されたコーヒー豆を使用し、有機JAS認証の工場で焙煎、包装されているため安心安全に飲むことが可能です。またフェアトレード認証生産者であるため、購入するだけで発展途上国の生産者に貢献することができるのもポイントです。

 

使用しているコーヒー豆のエチオピアモカのフルーティーな香りはそのまま活かし、クリアでスッキリとした飲み心地と爽やかな甘さが魅力です。焙煎は中煎りでコク、苦み、酸味、甘さのバランスがとれているため、シーン問わず楽しむことができるコーヒー豆です。

品種-生産国エチオピア、グアテマラ
焙煎度中煎り種類ブレンド
第7位

合同会社ファクトリーナ

オーガニック コーヒー コロンビア シェラネバダ

価格:1,740円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

元祖コロンビアコーヒーの味わいを楽しめる

コロンビア北部シェラネバダ山麓の自然に近いそのままの環境で育てられたコーヒー豆を使用した、かつての代表品種であるティピカ種を使用した商品です。日本の有機JAS基準に沿って栽培されているため、安心安全なコーヒーを探しているという方にもおすすめです。

 

上品でやわらかな酸味の中にマイルドな苦みを感じることができる味わいは、元祖のコロンビアコーヒーを思わせます。また味わいだけでなく豊かな香りとコクをしっかりと感じることができバランスのいいコーヒーであるため、初心者の方にも飲みやすいです。

品種ティピカ種生産国コロンビア
焙煎度中煎り種類ストレート
第6位

成城石井

フレンチロースト 450g

価格:1,285円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エスプレッソやカフェオレなどアレンジに最適

アラビカ種の芳醇な香りと味わいを生かして製造されている成城石井のコーヒー豆の中でも、苦みの強いのがこちらの「フレンチロースト」です。深くローストしたこちらの商品は独特で深い香りと豊かな苦みが特徴で、アレンジ用として適しています

 

深煎りであるため酸味はほとんど感じないため、コクと香り、苦みを楽しみたいという方におすすめです。酸味が苦手な方や食後に濃い目のコーヒーを飲みたいという方、芳醇なコクや香りが好きという方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

品種アラビカ種生産国ブラジル、ペルー他
焙煎度深煎り(フレンチロースト)種類ブレンド
第5位

国太楼

キリマンジャロブレンド

価格:643円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れながら本格的な味わいを楽しめる

煎り立てのコーヒー豆をそのままパッケージされているこちらの「キリマンジャロブレンド」は、香りが良いのが魅力です。また500gとたっぷりとは言っていながら1000円以下と非常にコストパフォーマンスに優れているため、毎日コーヒーを飲む方にもおすすめです。

 

控えめな酸味と強めの苦みを感じることができるこちらのコーヒー豆は、カフェオレなどのアレンジ用としても人気があります。クセもほとんどなくバランスの取れた味わいであるため、飽きにくく万人受けするため、初心者の方にもおすすめしたいコーヒー豆です。

品種-生産国タンザニア、コロンビア他
焙煎度中煎り(フルシティロースト)種類ブレンド
第4位

天馬 珈琲( テンマ コーヒー )

オーガニックコーヒー豆

価格:2,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スペシャルティの称号を受けた希少性の高いコーヒー豆

流通しているコーヒーのわずか5%ほどしかないスペシャルティコーヒーの称号を受けた、豊かな香りと香ばしさが特徴のコーヒー豆です。コーヒー豆は無化学肥料、無農薬で栽培されているだけでなく、焙煎士によって丁寧に精選しているため安心して飲むことができます。

 

北欧や日本に好まれるシティーローストに仕上げており、キャラメルとえんどう豆のほんのりとした甘さが口に広がります。寒暖の差が激しいため実のしまった香り豊かな豆が育つペルー産の豆を使用しているため、豊かな香りを楽しみたいという方におすすめです。

品種アラビカ種生産国ペルー
焙煎度中煎り(シティロースト)種類-
第3位

ハワイコーヒーカンパニー

ライオンコーヒー バニラマカダミア

価格:3,471円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

入れた瞬間ハワイを感じるような甘い香りが広がる

ライオンコーヒーは1864年に創業したアメリカでもっとも古く老舗のコーヒーメーカーです。創業以来より厳選された豆を独自の焙煎方法で製造することで新鮮な味わいと香りを楽しむことができる、「コーヒーの王様」と呼ばれ高級コーヒー豆の地位を得ています。

 

ライオンコーヒーの中はフレーバーコーヒーであり、中でもこちらのバニラマカダミアの香りはライオンコーヒーの代表的存在です。コーヒーを入れることでコーヒーの香りとバニラマカダミアの濃厚で甘い香りが広がり、お部屋でハワイの気分を味わうことができます

品種-生産国ハワイ
焙煎度中煎り(ライトミディアムロースト)種類ブレンド
第2位

honu加藤珈琲店

ゴールデンブレンド コーヒー

価格:798円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

口当たりがマイルドでバランスのよい味わいが魅力

世界の鑑定士が認めた高い品質のQグレードのコーヒー豆を30%以上使用しており、酸味、甘み、コクが調和したマイルドな口当たりが特徴のコーヒー豆です。少量ごとにじっくりと時間をかけて焙煎することで、コーヒー豆そのものがもつ個性を引き出した味わいです。

 

苦みは少し強めではありますがエグみを感じるような苦みではないため、ブラックコーヒーでも飲みやすいです。ほのかなフルーティーな酸味はさっぱりと飲むことができるため、モーニングタイムにも適しており、万人受けするコーヒー豆といえます。

品種-生産国コロンビア産、ホンジュラス産
焙煎度中煎り(シティロースト)種類ブレンド
第1位

ジニスコーヒー

スペシャルティコーヒー マジック・ライフ

価格:0円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エキゾチックな風味とコクが魅力のブレンド豆

スペシャルティコーヒーでは厳選した質の高い豆を使用しており、さらに未熟豆や腐敗豆などの良くない豆を1粒1粒手作業で取り除いています。また完熟したコーヒー豆100%使用し、香りや甘さ、フルティーさを最大限になるよう焙煎方法にもこだわって製造されています。

 

こちらのマジックライフはパッションフルーツのような甘みとチョコレートのような後味が口に広がる芳醇でエキゾチックな味わいが特徴です。適度な柑橘系の酸味とまろやかなコクを感じることができるため初めての方でも飲みやすいです。

品種アラビカ種生産国ケニア
焙煎度中煎り(シティロースト)種類ブレンド

コーヒー豆のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5076687の画像

    ジニスコーヒー

  • 2
    アイテムID:5076759の画像

    honu加藤珈琲店

  • 3
    アイテムID:5077012の画像

    ハワイコーヒーカンパニー

  • 4
    アイテムID:5077017の画像

    天馬 珈琲( テンマ コーヒー )

  • 5
    アイテムID:5077037の画像

    国太楼

  • 6
    アイテムID:5077232の画像

    成城石井

  • 7
    アイテムID:5077272の画像

    合同会社ファクトリーナ

  • 8
    アイテムID:5077310の画像

    小川珈琲

  • 9
    アイテムID:5077428の画像

    藤田珈琲

  • 10
    アイテムID:5077945の画像

    株式会社上島義弘商店

  • 商品名
  • スペシャルティコーヒー マジック・ライフ
  • ゴールデンブレンド コーヒー
  • ライオンコーヒー バニラマカダミア
  • オーガニックコーヒー豆
  • キリマンジャロブレンド
  • フレンチロースト 450g
  • オーガニック コーヒー コロンビア シェラネバダ
  • 有機珈琲フェアトレードモカブレンド
  • ラオスブレンド 2袋
  • 神戸上島義弘ブレンド Uブレンド
  • 特徴
  • エキゾチックな風味とコクが魅力のブレンド豆
  • 口当たりがマイルドでバランスのよい味わいが魅力
  • 入れた瞬間ハワイを感じるような甘い香りが広がる
  • スペシャルティの称号を受けた希少性の高いコーヒー豆
  • コスパに優れながら本格的な味わいを楽しめる
  • エスプレッソやカフェオレなどアレンジに最適
  • 元祖コロンビアコーヒーの味わいを楽しめる
  • 有機JAS認証コーヒーだから安心して飲める
  • アフターミックス製法で豆それぞれの個性を活かす
  • 神戸の喫茶店で愛され続けた安定のおいしさが魅力
  • 価格
  • 円(税込)
  • 798円(税込)
  • 3471円(税込)
  • 2100円(税込)
  • 643円(税込)
  • 1285円(税込)
  • 1740円(税込)
  • 640円(税込)
  • 2495円(税込)
  • 1000円(税込)
  • 品種
  • アラビカ種
  • -
  • -
  • アラビカ種
  • -
  • アラビカ種
  • ティピカ種
  • -
  • -
  • -
  • 生産国
  • ケニア
  • コロンビア産、ホンジュラス産
  • ハワイ
  • ペルー
  • タンザニア、コロンビア他
  • ブラジル、ペルー他
  • コロンビア
  • エチオピア、グアテマラ
  • ラオス
  • ブラジル、コロンビア
  • 焙煎度
  • 中煎り(シティロースト)
  • 中煎り(シティロースト)
  • 中煎り(ライトミディアムロースト)
  • 中煎り(シティロースト)
  • 中煎り(フルシティロースト)
  • 深煎り(フレンチロースト)
  • 中煎り
  • 中煎り
  • 中煎り
  • 中煎り(ミディアムロースト)
  • 種類
  • ブレンド
  • ブレンド
  • ブレンド
  • -
  • ブレンド
  • ブレンド
  • ストレート
  • ブレンド
  • ブレンド
  • ブレンド

最後まで鮮度を保つコーヒー豆の保存方法

コーヒー豆は空気に触れることで香りや味に悪影響を及ぼすため、正しい方法で保存することが大切です。家庭でコーヒー豆を保管する場合には、密閉できる容器に入れ常温で保存することがおすすめです。また保管場所は乾燥した涼しい暗い場所だとなお良いです。

 

コーヒー豆の保存期間は豆の状態で2週間前後、挽いた状態で1週間とされています。そのため基本的には保存期間で飲み切れる量のみストックしておくことがおすすめですが、長期保存する場合はしっかりと密閉して冷蔵庫や冷凍庫で保存するようにしましょう。

 

 

まとめ

ここまで、個性豊かなコーヒー豆の選び方やおすすめ商品をランキング形式で紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。味わい、香りなど種類によっても違うコーヒー豆だからこそ、自分好みの豆を選ぶことが大切です。ぜひコーヒー豆選びの参考にしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ