記事ID138637のサムネイル画像

【快足!】人気ランニングシューズのおすすめランキング10選

日々のランニングのサポートに役立つランニングシューズ。そんなランニングシューズは様々なメーカーから豊富な種類が展開しており、どれを選べば良いのか悩みどころです。そこで今回はランニングシューズの選び方と人気でおすすめの商品をランキング形式で紹介します。

ランニングシューズの凄さ

ダイエット目的や、成人病予防など様々な理由でランニングをする人が増えています。そんなランニングで必要不可欠なのがランニングシューズです。ランニングシューズは人それぞれのレベルに応じたものが展開しており、あなたのランニングをサポートしてくれます。

 

ケガを予防する効果や、疲労感を軽減する効果や、タイムを縮める効果など、様々な効果をもたらします。ランニングシューズは通常のシューズと違って驚くような凄い効果を発揮します。

 

今回はそんなランニングシューズの選び方を解説し、人気でおすすめのランニングシューズをランキング形式で紹介していきます。

ランニングシューズの選び方

ランニングシューズを選ぶうえではいくつかのポイントがあります。以下ではランニングシューズの選び方を紹介していきます。

サイズや足の形

ランニングシューズを選ぶうえでまずポイントになるのがサイズや足の形です。自分の足に適したランニングシューズを選びましょう。

足の形を知る

人には親指が一番長いエジプト型、人差し指が長いギリシャ型、足の指がほぼ平行なスクエア型の3種類の足の型があります。

 

エジプト型は日本人で一番多い型で、親指のつま先がシューズに当たりやすいので、つま先の捨て寸と呼ばれる余裕をしっかり持ったシューズがおすすめです。

 

ギリシャ型は比較的どのようなランニングシューズでも馴染みやすく、スクエア型は、シューズの幅に注意して選ぶと良いでしょう。

足の幅

足のサイズはつま先から踵までの長さだけではなく、足囲、つまりワイズの長さも意識することがポイントです。ランニングシューズには幅広タイプと、そうではないタイプが発売しています。

 

日本のメーカーは、日本人に幅広タイプが多いことから、幅広タイプに対応したモデルを豊富に展開していますが、海外メーカーは幅が狭いタイプが主流になっているので注意が必要です。

 

自分のワイズはどれほどなのかを事前に確認しておくことをおすすめします

フィット感を確認する

ランニングシューズを選ぶ際に重要なのが、かかとがぴったりで、つま先に手の指が1本ぐらい入る余裕があり、足幅と足囲がフィットしていることです。

 

足のサイズに対して靴が緩すぎてしまうとランニングでマメができやすく、逆にきつすぎると血行障害の原因となり、疲労を感じやすくなります。実際に履いてみてかかとを合わせ、つま先に指1本が入る余裕のあるランニングシューズを選びましょう

 

 

ランニングレベルで選ぶ

これからランニングをはじめようとしているのか、すでにランニングをしているのか、フルマラソンを目指しているのなど、それぞれのレベルに合ったものを選びましょう。

初心者にはクッション性に優れたランニングシューズ

よく勘違いされがちなのが、軽量のランニングシューズは走りやすいので初心者におすすめということです。確かに軽量なランニングシューズは走りやすくて速く走ることはできますが、それだけ地面からの衝撃をもろに膝や腰に受けることを意味します。

 

つまりケガのリスクが高いというわけです。特にランニング初心者にはそのリスクは高まります。ランニングにまだ慣れていない初心者はスピードよりもケガ防止の意味合いも込めて地面からの衝撃を吸収しやすいクッション性に優れたランニングシューズがおすすめです。

 

ソールの部分にエアが入っていたり、ソールが厚めのランニングシューズを選ぶことでクッション性が発揮され、地面からの衝撃を吸収してくれます。

中級ランナーにはクッション性・軽量性に優れたランニングシューズ

ランニングにもある程度慣れてきて、そろそろフルマラソンに挑戦してみようと考えている中級者には、長距離走れて、軽量のランニングシューズがおすすめです。

 

長距離走るため、足腰への負担は計り知れません。しかし、足腰への負担を考慮しすぎて初心者が履くようなクッション性を追求しすぎるランニングシューズでは重すぎて逆に疲れてしまいます。

 

そこでクッション性と反発性、軽量性のバランス良いモデルを選ぶことが重要です。

上級ランナーにはサブ5以上のランニングシューズ

フルマラソンにも出場できるレベルにもなって、そろそろタイムが気になり出してきたランナーには、速いスピードで走ることができるモデルがおすすめです。

 

フルマラソン5時間ペースで走るようなランナーにはサブ5、4時間ペースのランナーにはサブ4という具合に分かれています。これらはより軽量でソールが薄く、耐久性とクッション性を高めたランニングシューズが買う多く展開しています。

 

中底ソールにレーシングモデルや、レース終盤でもシューズの重さを感じることのない軽量タイプのランニングシューズがおすすめです。

アッパーの素材で選ぶ

ランニングシューズで重要なのがアッパーの素材です。アッパーは通気性や伸縮性によって履き心地やフィット感に影響してくるのでしっかりとチェックしましょう。

フィット性に優れたニット

アッパーの素材にはレザーやゴム製のものを選んでしまうと、伸縮性に欠け、靴擦れの原因となります。そこでランニングシューズにおすすめな素材は、伸縮性があるニット素材がおすすめです。

 

ニット素材は伸縮性に優れ、足を入れた時にピタッとフィットして一体感がある履き心地を得られ、足に馴染みやすいというメリットがあります。さらに通気性があるので、ランニングシューズ内を快適な状態に保つこともできます。

ストレスフリーなシームレス

アッパー素材には柔らかくて伸縮性のあるあニット素材を選ぶとフィット感が増しますが、さらに縫い目のないシームレスタイプがおすすめです。

 

シームレスタイプは足にアッパーが当たる感じがせず、履いた感覚が非常に自然で滑らかなため、ストレスを感じることがありません。ニット素材でシームレスタイプを選ぶことでランニングに集中することができます。

メーカーの特徴を知る

ランニングシューズは様々なメーカーから発売されています。各メーカーの特徴を把握しておくことで選びやすくなります。

日本人の足にフィットしやすいミズノ・アシックス

これまでどのランニングシューズを履いても自分の足に合わないという方にはアシックスやミズノのランニングシューズがおすすめです。

 

アシックスやミズノは日本のスポーツメーカーというだけあって、特徴的な日本人の足型を基準にして様々なシューズを開発しています。そのため、日本人の足にフィットしやすいシューズを数多く展開しています。

 

これまでデザインを重視したことでアシックスやミズノを避けてきたランナーには是非試してもらいたいランニングシューズメーカーです。

サブ5、サブ4ならナイキ

フルマラソンに出場するほどの経験を積み、そろそろタイムを気にし始めてサブ5やサブ4を探しているような上級者には、ナイキのランニングシューズがおすすめです。サブ5やサブ4とは、フルマラソンのタイム5時間や4時間のペースを意味します。

 

もちろんナイキのランニングシューズの中にも初心者におすすめのものがありますが、軽量性や反発性に優れたモデルを多数展開しているのもナイキの特徴です。

 

軽量なうえに通気性にも優れ、蜘蛛の巣のように張られたフライワイヤーを組み合わせることでサポート力もアップしたモデルは重さ僅か175gという抜群の軽量性と反発性で記録更新をサポートしてくれます。

幅広でデザイン性にも優れるニューバランス

ニューバランスは1985年に発表した1300シリーズが世界初のエンキャップを搭載し、クッション性と安定性を両立させた当時のスニーカーでは最高傑作といわれたモデルで話題になりました。

 

さらに日本人の足型に合わせた幅広タイプを多数展開しており、日本人からは多くの支持を集めています、また、ニューバランスのランニングシューズはカジュアルでも使えるおしゃれなランニングシューズが多いことでも知られています。

 

おしゃれで機能性に優れたランニングシューズならニューバランスがおすすめです。

ランニングシューズのおすすめランキング10選

第10位

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)

4Eフィット チャージドバンディット4

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

走りを解放する

軽量で通気性に優れたパート毎にメッシュパターンを変えたアッパーを採用したアンダーアーマーの最新のランニングシューズです。

 

踵にパッドを加えた新開発の快適なソックライナーを搭載し、抜群の履き心地を実現し、オールブラックのモノトーンカラーがどのようなウェアにも合わせやすいデザイン性を発揮しています。

 

そして一歩毎に刻々と変化する衝撃に応じて、適切にその衝撃を吸収し、反発効果をもたらす革新的なクッショニングシステムであるチャージドクッショニングを搭載したおすすめのランニングシューズです。

レベル中級者/上級者アッパー素材合成皮革
ソール素材合成底ヒール高さ3cm
第9位

adidas

GLX4 M

価格:3,736円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量ランニングシューズ

ソフトな履き心地とサポート力を誇る軽量ランニングシューズです。ソフトな履き心地を実現し、着地の際に反発力を発揮するクツションを備えたCloudfoamミッドソールを搭載しています。

 

成型オーバーレイとメッシュアッパーにより、通気性と軽さをもたらし、サポートを提供するとともに、さらに長期間の仕様に耐えうる耐久性を備えたアウトソールを装備しています。

 

アッパーには通気性を高めるサンドイッチ構造のメッシュアッパーを採用し、シューズ内を常に快適な状態に保ち、ストレスなくランニングに集中することができます。

レベル全てのランナーアッパー素材合成皮革/合成繊維
ソール素材ゴム底ヒール高さ2cm
第8位

ナイキ

フリー ラン フライニット 2018

価格:11,800円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フリーランシリーズで最も軽い一足

継ぎめのないニット構造で、サポート力と柔軟性を提供するおすすめのランニングシューズです。ナイキフリーランシリーズでは最も軽い一足で、素足のような履き心地を提供しています。

 

伸縮性に優れた糸を従来よりも増量したソックスのようなアッパーが、かつてないほど快適に足を包み込みます。構造を改良した画期的なソールは、あらゆる動きに合わせて伸縮します。

 

バッグにも収納しやすいパッカブルデザインを採用しているので気軽にランニングを楽しむことができる最高の一足です。

レベル初心者アッパー素材合成繊維
ソール素材ゴム底ヒール高さ記載なし
第7位

MIZUNO

ウエーブニット R2

価格:9,762円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フィットは走りだ!

ミズノから発売しているWAVEKNITは、アスリートのために開発されたミズノ独自のテクノロジー、MIZUNO WAVEにインスパイアされたおすすめのランニングシューズです。高いストレッチ性を備えながらランニング中の足をしっかりサポートしています。

 

補強素材を使わず、足がのびのびと自由を感じられる設計で、靴下のようにつつみこまれる抜群の履き心地を得られます。

 

ミズノならではの技術を駆使したアッパーとソールを兼ね備えたWAVEKNITは、本格派ランナーが追い求めるパフォーマンスを追求した人気のランニングシューズです。

レベル上級者アッパー素材ニット
ソール素材合成底ヒール高さ3cm
第6位

ASICS

GELFEATHER GLIDE 4

価格:9,380円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

目指せサブ4

サブ4を狙う上級ランナーにおすすめのレーシングシューズです。前足部の自然な屈曲をサポートしながらピッチ走法にも対応するフラットソールを採用し、接地面を広くすることで安定した走りを維持することが可能にしています。

 

また、ミッドソールには、足のアーチ低下を抑制するアーチサスティンシステムと、トラスティックを搭載することで、長時間走行でも土踏まずが下がることを防止し、疲労を軽減することができます。

 

かかと部分には着地したときの衝撃を緩衝するゲルを内蔵し、適度なクッション性と反発力を備えた汎用性に優れたおすすめのランニングシューズです。

レベル上級者アッパー素材合成繊維・合成皮革
ソール素材ゴム底ヒール高さ2cm
第5位

PUMA

スピード ライト 2

価格:4,999円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

部活トレーニングに最適

プーマから発売しているこちらのランニングシューズは、部活トレーニングに最適なランニングシューズです。ベーシックなフォルムのミッドソールにはプーマ独自開発のProfoamを採用しており、軽量かつ優れたクッション性を実現しています

 

アッパー素材には合成繊維とポリウレタンを採用し、耐久性、通気性に優れているのでシューズ内を常に快適な状態に保つことができます。また、クッション性にも優れているので初心者の足腰への負担を軽減することができます。

レベル初心者/中級者アッパー素材合成繊維+合成樹脂
ソール素材ゴム底ヒール高さ3.5cm
第4位

New Balance Japan,Inc. =New Balance=

FRESH FOAM RISE

価格:7,125円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ふわりと進む乗りごこち

ニューバランスからリリースしているこちらのランニングシューズは、FRESH FOAM史上最も軽くて最も柔らかなクッショニングが特徴の人気のランニングシューズです。

 

耐摩耗性が必要な部分にラバーパッドを搭載し、ナチュラルな接地を促すFRESH FOAMミッドソールを採用し、ふわりと進むのりごこちを実感することができます。アッパーにはエンジニアードメッシュによる包み込むようなソフトなフィット感を実現しています。

 

さらにビッグメッシュで通気性を確保し、高いクッション性を示す厚いソールが足腰への負担を軽減し、どのようなウェアにも合わせやすいコーディネートしやすいカラーリングが人気です。

レベル全てのランナーアッパー素材エンジニアードメッシュ
ソール素材合成底ヒール高さ3cm
第3位

NIKE(ナイキ)

ズーム ライバル フライ CD7288

価格:5,979円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

近未来的なスタイルが特徴

日本駅伝のランナーにヒントを得たランニングシューズで、前足部に内蔵されたナイキ独自開発のZoom Airユニットが高反発の推進力を実現する近未来的なスタイルが特徴です。

 

アウトソールやミッドソールにある溝が最適な蹴りだしをサポートし、柔らかいフォームがクッショニングを発揮し、メッシュと合成素材を組み合わせたアッパーが十分な強度と優れた通気性を提供しています。

 

サブ4を目指すクラスのランナーにおすすめの優れた機能性を誇る人気のランニングシューズです。

レベル上級者アッパー素材合成繊維
ソール素材ゴム底ヒール高さ記載なし
第2位

ASICS

JOG 100 2

価格:4,763円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アシックスのエントリーユーザーモデル

アシックスからリリースしているJOG100 2は、日本人に多い幅広甲高の足型の方にも履きやすい、スーパーワイドラストを採用したランニングシューズです。比較的ゆったりとした履き心地を得ることができます。

 

アッパー素材には合成繊維と人工皮革を採用し、汚れにも強く耐久性にも優れています。地面からの衝撃を吸収し、ランナーの足腰への負担を抑制するクッション性と、滑りを防止するグリップ性に優れたエントリーユーザーモデルです。

レベル初心者アッパー素材合成繊維/人口皮革
ソール素材ゴム底ヒール高さ3.5cm
第1位

MIZUNO

ウエーブライダー 20

価格:9,500円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

爽快感は次世代へ

ミズノのこちらのランニングシューズはクッション性と安定性がライド感をさらに高めることで抜群の反発性を発揮するおすすめのランニングシューズです。

 

ランニングシューズに求められる機能であるクッション性と安定性という本来なら相反するこの2つの機能性を両立することを可能としたミズノ独自開発のMIZUNO WAVEを搭載したモデルです。通常のラバーよりも耐摩耗性が約80%高いアウトソールを採用しています。

 

また、クッション性に優れ、かつ軽量性を飛躍的に高めた次世代ミッドソール素材を採用し、柔らかさと反発性を強めたミッドソール素材U4icXを後足部に搭載したオールラウンドに活躍するランニングシューズです。

レベル全てのランナーアッパー素材合成繊維
ソール素材ゴム底ヒール高さ2.5cm

ランニングシューズのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5074746の画像

    MIZUNO

  • 2
    アイテムID:5074721の画像

    ASICS

  • 3
    アイテムID:5074757の画像

    NIKE(ナイキ)

  • 4
    アイテムID:5074765の画像

    New Balance Japan,Inc. =New Balance=

  • 5
    アイテムID:5074771の画像

    PUMA

  • 6
    アイテムID:5074726の画像

    ASICS

  • 7
    アイテムID:5074747の画像

    MIZUNO

  • 8
    アイテムID:5074761の画像

    ナイキ

  • 9
    アイテムID:5074772の画像

    adidas

  • 10
    アイテムID:5074773の画像

    UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)

  • 商品名
  • ウエーブライダー 20
  • JOG 100 2
  • ズーム ライバル フライ CD7288
  • FRESH FOAM RISE
  • スピード ライト 2
  • GELFEATHER GLIDE 4
  • ウエーブニット R2
  • フリー ラン フライニット 2018
  • GLX4 M
  • 4Eフィット チャージドバンディット4
  • 特徴
  • 爽快感は次世代へ
  • アシックスのエントリーユーザーモデル
  • 近未来的なスタイルが特徴
  • ふわりと進む乗りごこち
  • 部活トレーニングに最適
  • 目指せサブ4
  • フィットは走りだ!
  • フリーランシリーズで最も軽い一足
  • 軽量ランニングシューズ
  • 走りを解放する
  • 価格
  • 9500円(税込)
  • 4763円(税込)
  • 5979円(税込)
  • 7125円(税込)
  • 4999円(税込)
  • 9380円(税込)
  • 9762円(税込)
  • 11800円(税込)
  • 3736円(税込)
  • 4980円(税込)
  • レベル
  • 全てのランナー
  • 初心者
  • 上級者
  • 全てのランナー
  • 初心者/中級者
  • 上級者
  • 上級者
  • 初心者
  • 全てのランナー
  • 中級者/上級者
  • アッパー素材
  • 合成繊維
  • 合成繊維/人口皮革
  • 合成繊維
  • エンジニアードメッシュ
  • 合成繊維+合成樹脂
  • 合成繊維・合成皮革
  • ニット
  • 合成繊維
  • 合成皮革/合成繊維
  • 合成皮革
  • ソール素材
  • ゴム底
  • ゴム底
  • ゴム底
  • 合成底
  • ゴム底
  • ゴム底
  • 合成底
  • ゴム底
  • ゴム底
  • 合成底
  • ヒール高さ
  • 2.5cm
  • 3.5cm
  • 記載なし
  • 3cm
  • 3.5cm
  • 2cm
  • 3cm
  • 記載なし
  • 2cm
  • 3cm

ランニングシューズの保管方法

ランニングシューズはどうしても汚れてしまいます。そこで適切に保管することで長く使うことができます。まずランニングシューズの汚れをきれいに拭き取ります。このときできるかぎり柔らかい布で拭き取ることで型崩れを防止できます。

 

風通しの良いところに干します。この時、直射日光に当ててしまうと劣化してしまうので、日陰の風通しの良い場所に干しましょう。下駄箱に保管する際は、湿気の溜まりやすい下の段はなるべく避けて、上の段に干すようにしましょう。

 

このように大切に保管することで、長く愛用することができます

まとめ

ここまでランニングシューズの選び方と、人気でおすすめのランキングシューズをランキング形式で紹介してきましたが、気になるランニングシューズは見つかりましたでしょうか。レベルに合ったランニングシューズを選んで、パフォーマンスを上げましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ