記事ID138613のサムネイル画像

【さまざまなメーカー】人気ドリップコーヒーおすすめランキング10選

コーヒーを飲む際にどのように作られていますか。高級なものからスーパーで買える値段のものまであるドリップコーヒー。ちょっと美味しいのを飲みたい、そんな方にドリップコーヒーのおすすめを紹介します。これを機にドリップコーヒーが好きになると幸いです。

ドリップコーヒーの魅力とは

そもそもドリップコーヒーはどのようなものか説明していきます。ドリップとは英語の「drip」をから採用しており、落ちる、滴るという意味を持っています。つまりお湯を注ぐことによりコーヒーを抽出することを表しています。

 

味わいはお湯をおとして成分を抽出する方法なので濃厚でコクのある仕上がりとなります。よく疑問の1つとして提示されるインスタントコーヒーとの違いはこの部分に大きく現れます。

 

インスタントコーヒーは一度ドリップしたものを乾燥させたものを粉末状に加工することにより完成します。よって風味やコクがドリップコーヒーよりも淡白になってしまいます。つまり、コーヒーのコクや風味をもっと味わいたいという方にうってつけなのでドリップコーヒーなのです。

ドリップコーヒーの選び方

初心者の方はその数の多さに驚かれる方もいらっしゃるでしょう。ここからは多くのメーカーより販売されているドリップコーヒーを選ぶ際に知っておきたいことをいくつか紹介していきます。

抽出方法で選ぶ

一般的に採用されているドリップコーヒーの3つの抽出方法について紹介していきます。

浸水型

浸水型のドリップコーヒーは初心者の方も簡単に淹れることができるタイプです。抽出する際にパックがつかることからそのような呼び名がついています。パックが使った状態と聞いて良く疑問点として挙がるのが、雑味がたくさん混ざってしまうのではないかということです。

 

ドリップタイプを試し始めたばかりの方はそれほど気にする必要はないでしょう。理由は過熱しながら淹れるわけではないからです。長時間浸せばよりコクがうまれますが、反面雑味がでやすいくらいに認識しておくと自分好みの味を作り出せるでしょう。

ドリップ型

浸水型ともう1つ多くの商品で採用されているのがドリップ型です。こちらはドリップパックがコップに引っかかることでお湯につかり続けることはなく、ドリッパーと同じような役割を果たします。

 

その為、淹れることにかかる時間は短く、コーヒーの上澄みのクリアな旨みのみを抽出することができるので、澄んだ味わいを体感することができます。もしパックを一定時間おいて置いたとしても雑味がきつくなることはあまりありません。

 

しかし、おいしさを追及するにはドリッパーを使用するときと同じように蒸らす時間を作ったり、お湯を沸騰させないなどの事に気を付けなければならないので初心者の方は少し難易度が高いかもしれません。

円錐型

補足として円錐型も紹介させていただきます。こちらの商品は端的に表すとドリップ型と浸水型の両面を持ち合わせています。円錐形の為先端がとがっており、そこから滴る構造になっているのでコーヒーの渋みや雑味が含みにくくクリアな仕上がりになります。

 

しかし、形状がお湯を注ぐ面が広くなっているので注ぐ部分に豆がたくさん敷き詰められていることからお湯をたくさんお湯を注ぎすぎてしまうことから淹れるときにはさじ加減が求められます。

 

そういう理由もあってこちらのタイプは市場に流通している数は少なく、見つけるのに苦労することもあるので、その面も知っておいてください。

風味を大事にされる方は

コーヒーの味わいやコクの濃度ももちろん大事なことですが、飲んだ時の鼻から抜ける風味を味わいことも重要な要素の1つとしている方はドリップコーヒーのパックが1つ1つ個別に包装されているものを選択しましょう。

 

とはいえ一概に個別包装がクオリティが高い商品かといわれるとそうでないこともあります。保存にコストをかけないことで原材料の質を高めている商品も販売されているので、飲む頻度が高い方はそちらの商品を選択するのもいいでしょう。

 

 

コスパを重視したい方

上記で紹介した個別包装は確かに風味や長期間の保存には適していますが、少量を包装することからその分コストが高くなってしまいます。それに対してこちらの全量包装は一定の量を包装する為コストを抑えることができます。

 

コーヒーは一度酸素に触れてしまうと急激に劣化し始めてしまう飲み物なので、一日に複数回飲まれない方や、風味をしっかり楽しみたいという方は個別包装をおすすめします。

焙煎の度合いで選ぶ

コーヒー豆の焙煎には8段階あります。段階ごとの味の特徴を抑えておくことでドリップコーヒーを選択する際の手助けになります。

浅煎り

焙煎8段階の中で浅煎りは2段階存在します。ライトローストとシナモンローストです。浅煎りコーヒーの特徴としては酸味が強いけれど、苦みが感じにくくまろやかな仕上がりであるということです。

 

ライトローストは最も浅煎りです。状態の豆では香りやコクが十分に出ることがなく、酸味がかなり強いので飲まれることはあまりありません。シナモンローストの方はコクや苦みが少し感じられるようになります。

 

しかし、酸味も少し抑えられることからすっきりとした味わいになります。浅煎りのコーヒーが好きな方はこちらを選択することが多いでしょう。

中煎り

中煎りは最もバランスがすぐれているとされる焙煎方法なので、市販のコーヒーの多くはこちらを採用していることが多いので、親しみやすい方も多いでしょう。豆本来の味わいを忠実に出せる焙煎方法ということもあり人気を集めています。

 

ミディアムローストとハイローストが中煎りにあたります。ミディアムローストは軽度の苦みと適度な酸味を兼ね備えているやわらかい口当たりが最も特徴的です。アメリカンコーヒーといえばこちらの焙煎方法です。

 

ハイローストはミディアムローストよりも少し深煎りのタイプとなっています。味の特徴としては市販のインスタントコーヒくらいの口当たりというのが想像しやすいかもしれません。酸味と苦みのバランスが抜群です。

深煎り

深煎りコーヒーの特徴といえばやはり苦みでしょう。苦みがあまりないコーヒーでもこちらの焙煎方法なら苦みを抽出することが可能です。酸味が苦手な方に好まれる手法とされています。

 

深煎りは全部で4段階存在しますが、この項では2段階を先に紹介します。シティローストとフルシティローストです。シティローストは酸味を適度に残しつつ苦みを少し強くしている方法です。

 

フルシティローストは酸味をあまり感じさせない仕上がりで、苦みが強く出ています。アイスコーヒーやエスプレッソが好きな方はこちらを良く好まれます。

極深煎り

極深煎りは深煎りよりもさらに苦みが強く出る焙煎方法の1つです。フレンチローストとイタリアンローストの2種類が存在します。フレンチローストは強い苦みとロースト感が良く出ています。

 

カフェオレやウィンナーコーヒーとの相性がいいとされています。もう1つのイタリアンローストは苦みがさらに強くコクもとても出ています。この段階になると酸味はほぼありません。

 

つまり、最も深い焙煎方法です。エスプレッソやカプチーノの愛好家の方はこちらの焙煎方法をおすすめします。

ドリップコーヒ人気ランキング10選

第10位

澤井珈琲

ドリップバッグ コーヒー セット 8g x 80袋

価格:2,499円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ムラのない焙煎に定評

10位にランクインしたのは澤井珈琲より販売中のコーヒーセットです。商品の利点の1つとしてはハイローストとフレンチローストの2つの焙煎法により仕上げられたコーヒーを味わうことができる点です。

 

ハイローストの方はブラジル産の高級豆のサントス♯2を使用しており、コクと香りに定評があります。フレンチローストの方はブレンドコーヒーで通常よりも2時間くらい長時間煎ることで香りとコクがより際立つ仕上がりとなっています。

 

このメーカーのもう1つの大きな特徴は作り置きをしないということです。客人からの要望が入り次第焙煎して届けられるのでいつも新鮮な味わいを楽しむことができます。

焙煎方法ハイロースト、フレンチロースト抽出浸水型
包装個別
第9位

UCC

UCC おいしいカフェインレスコーヒー

価格:1,725円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カフェインが気になる方にも

9位にランクインしたのはカフェインレスコーヒーの筆頭格ともいえるUCC おいしいカフェインレスコーヒー です。これまでのカフェインレスコーヒーの印象といえば健康志向だが味に満足できなかったりという評判が多く寄せられていました。

 

しかし、こちらのコーヒーは二酸化炭素抽出法を使用することでカフェインを取り除く際に香りやうまみ成分を一緒に取り除くことがないように工夫されているので、味についても高い評価を得ています。

 

形状としてはカップにかかる部分を比較的長く作りことで、引っかかりやすくお湯を注ぐ際に取れてしまうことはないでしょう。初心者の方も安心して淹れることができる設計です。

焙煎方法抽出浸水型
包装個別
第8位

ドトールコーヒー

ドトールコーヒー ドリップパック

価格:2,354円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自宅で気軽にお店の味を

8位にランクインしたのはドドールより販売中のドトールコーヒー ドリップパック です。有名なチェーン店ということもあり皆さん一度は聞かれたことがあるのではハイでしょうか。そのお店で提供される深煎りドリップを気軽に味わうことができます。

 

フレンチローストの段階まで焙煎されているので、酸味はほとんど感じられず、苦みとコクが前面に押し出されています。ベトナムとコロンビアの豆をメインにブレンドされているコーヒーでじっくり、丁寧な仕上がりとなっています。

 

本格的な味を自宅で再現しやすいということで、ドトール好きの方だけでなく、幅広い方に支持されている1品となっています。

焙煎方法フレンチロースト抽出浸水型
包装個別
第7位

AGF

プレミアムドリップ ドリップオンザワールド

価格:1,490円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さまざまな味わいを堪能

7位にランクインしたのはAGFの プレミアムドリップ ドリップオンザワールド です。こちらの商品は4種類のアソートからなっており、世界各地のコーヒーを味わうことができます。構成はヘルシンキ、アディスアベバ、トーキョー、ニューヨークの4つの都市です。

 

ヘルシンキは浅煎りで香りと酸味を感じられる仕上がり、ブルックリンは甘味と澄んだ味わいで朝食にも最適、アディスアベバはベリーを含むトロピカルな甘酸っぱい味わいとなっています。トーキョーは少しの苦みとコクが程よく出ている仕上がりです。

 

商品の構造としては広口で蒸らしたり、淹れたりするのに最適な形状となっており、初心者でも容易に楽しめます。

焙煎方法抽出浸水型
包装個別
第6位

ダートコーヒー

金澤美人珈琲舞 金箔付き

価格:583円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級感漂う金箔コーヒー

6位はダートコーヒーより販売中の 金澤美人珈琲舞です。特徴はなんといっても金箔が付属しているところでしょう。金箔の輝きがコーヒーを華やかにしてくれることから、贈答品としても大変評価の高い1品となっています。

 

味にも大変こだわりを感じさせる仕上がりとなっています。生豆の段階で日本酒をしみ込ませていることからこれまでのコーヒーでは味わえない独特な香りを引き出しています。グアテマラ産のリラクゼーションをもたらす本来の豆の香りとの相性は抜群です。

 

またキレのある味わいの特性ブレンドコーヒーなので、香りだけでなく味の方もこだわりを感じさせる仕上がりとなっています。ほかにはあまりない商品なので、気になる方はぜひ一度試してみてください。

焙煎方法抽出浸水型
包装個別
第5位

キーコーヒー

ドリップオン スペシャルブレンド

価格:1,393円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最適な抽出を可能にするフィルター

5位にランクインしたのはキーコーヒーのドリップオン スペシャルブレンドです。ドリップオンのために専用焙煎されており、豊かな香りを作り出しています。苦みや酸味のバランスもよく飲みやすい仕上がりとなっています。

 

ドリップコンディショニングフィルターにより理想的な抽出を可能にする構造になっており、初心者の方も本格的な味わいを作り出すことができます。キーコーヒーの中でも人気の高い商品なので試してみてください。

焙煎方法抽出浸水型
包装個別包装
第4位

AGF

ブレンディドリップパック スペシャルブレンド 100P

価格:2,989円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自製法によるコーヒーが大容量

4位にランクインしたのはAGFの代表的な商品である ブレンディドリップパック スペシャルブレンドです。独自製法のT2ACMI(たくみ)焙煎を採用しておりコクはまろやかになり、後味もすっきりしているので、多くの方に支持されています。

 

日本人の嗜好を徹底的にリサーチして、美味しいと感じた項目を数値化することで明確な基準を作り出すことによって生まれた独自製法なので信頼性も高い作り方です。日本の軟水と相性良くなるように焙煎されていることも評価されている項目の1つです。

焙煎方法抽出浸水型
包装個別
第3位

UCC

カフェメール ドリップコーヒー

価格:2,733円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

100%ストレートコーヒーのアソート

3位にランクインしたのは人気産地4選のアソートを持ち込んでいるUCCの カフェメール ドリップコーヒー です。サントス、エチオピア、コロンビア、マンデリンの4つの産地を盛り込んでいます。

 

それぞれの特徴をあげておきますとサントスは甘味が強く、苦みと酸味が程よく混ざっており、ナッツのような香ばしさを感じさせます。エチオピアモカはフルーティーな味わいでやわらかい酸味とコクがあります。

 

コロンビアはバランスが良く、コクや香り酸味をしっかり味わうことが可能です。マンデリンは重厚な仕上がりが定評でコクや風味がしっかり出ています。

焙煎方法抽出ドリップ型
包装個別
第2位

AGF

レギュラー・コーヒー ドリップパック スペシャル・ブレンド

価格:2,611円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自製法により香りを逃がさない

2位にランクインしたのはAGFのレギュラー・コーヒー ドリップパック スペシャル・ブレンド です。こちらの商品はブラジル産の最上級豆を贅沢に使用しており、丁寧に焙煎することにより深いコクと香りを引き出すことに成功しています。

 

熟練のコーヒー鑑定士によるブレンドで豆の良さを引き出すだけでなく、味と香りの調和を実現することで雑味や渋みを抑えたクリアな仕上がりになっています。ドリップ型を採用しているので、作る時から香りが広がっていきます。

 

100袋の大容量パックで販売されているので一日に複数回のまれるという方にもおすすめしたい商品です。

焙煎方法抽出ドリップ型
包装個別
第1位

UCC

職人の珈琲 ドリップコーヒー 深いコクのスペシャルブレンド

価格:2,618円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上質なコーヒーを家庭で

1位にランクインしたのはUCCより販売中の 職人の珈琲 ドリップコーヒー 深いコクのスペシャルブレンド です。こちらの商品は本格的なドリップコーヒーを毎日味わえるくらいの容量で人気を集めています。

 

ナチュラル精製豆を使用することで果肉のうまみがコーヒーに凝縮されており、本来の甘さを存分に味わうことが可能になっています。香りを強く引き立たせるローストをした豆とコクを引き立たせるためのローストを組み合わせることでどちらもうまく引き立っています。

 

ビターが強めのテイストになっていますが、ミルクと相性が良くお子さんのいる家庭でも問題なく楽しむことができるでしょう。

焙煎方法抽出浸水型
包装個別

ドリップコーヒーの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5074178の画像

    UCC

  • 2
    アイテムID:5074177の画像

    AGF

  • 3
    アイテムID:5074175の画像

    UCC

  • 4
    アイテムID:5074133の画像

    AGF

  • 5
    アイテムID:5074128の画像

    キーコーヒー

  • 6
    アイテムID:5074126の画像

    ダートコーヒー

  • 7
    アイテムID:5074124の画像

    AGF

  • 8
    アイテムID:5074120の画像

    ドトールコーヒー

  • 9
    アイテムID:5074114の画像

    UCC

  • 10
    アイテムID:5073735の画像

    澤井珈琲

  • 商品名
  • 職人の珈琲 ドリップコーヒー 深いコクのスペシャルブレンド
  • レギュラー・コーヒー ドリップパック スペシャル・ブレンド
  • カフェメール ドリップコーヒー
  • ブレンディドリップパック スペシャルブレンド 100P
  • ドリップオン スペシャルブレンド
  • 金澤美人珈琲舞 金箔付き
  • プレミアムドリップ ドリップオンザワールド
  • ドトールコーヒー ドリップパック
  • UCC おいしいカフェインレスコーヒー
  • ドリップバッグ コーヒー セット 8g x 80袋
  • 特徴
  • 上質なコーヒーを家庭で
  • 独自製法により香りを逃がさない
  • 100%ストレートコーヒーのアソート
  • 独自製法によるコーヒーが大容量
  • 最適な抽出を可能にするフィルター
  • 高級感漂う金箔コーヒー
  • さまざまな味わいを堪能
  • 自宅で気軽にお店の味を
  • カフェインが気になる方にも
  • ムラのない焙煎に定評
  • 価格
  • 2618円(税込)
  • 2611円(税込)
  • 2733円(税込)
  • 2989円(税込)
  • 1393円(税込)
  • 583円(税込)
  • 1490円(税込)
  • 2354円(税込)
  • 1725円(税込)
  • 2499円(税込)
  • 焙煎方法
  • フレンチロースト
  • ハイロースト、フレンチロースト
  • 抽出
  • 浸水型
  • ドリップ型
  • ドリップ型
  • 浸水型
  • 浸水型
  • 浸水型
  • 浸水型
  • 浸水型
  • 浸水型
  • 浸水型
  • 包装
  • 個別
  • 個別
  • 個別
  • 個別
  • 個別包装
  • 個別
  • 個別
  • 個別
  • 個別
  • 個別

ドリップコーヒーに必要な道具

上記で紹介したドリップコーヒーはすべて焙煎、豆を挽く作業もすべて行われている商品です。上で紹介する商品でドリップコーヒーの魅力をしり、さらに奥深さを追求したい方へ向けた本格的な淹れ方を少し紹介しておきます。

 

豆を購入したら次は実際に淹れていく作業です。ここではドリップに必要な道具を紹介します。豆を挽くことから始める方はコーヒーミルを購入しましょう。やはり家で挽いた新鮮なコーヒーは格別です。

 

他にはお湯の分量を量るドリップスケール、コーヒードリッパー、コーヒーサーバーといった基本的な道具に加えてお湯を注ぐのに必要なドリフポットです。お湯のコントロールで味はとても変化するのでコントロールしやすいものを選びましょう。

まとめ

今回はドリップコーヒーの魅力をはじめ、たくさんのメーカーより販売されている商品のなかからおすすめをいくつか紹介させていただきましたがいかがでしたか。初めての方は特にどれが自分の好みに合うのかわからないこともあるでしょう。そんな方の為にこの記事が参考になれば幸いです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ