記事ID138597のサムネイル画像

【ゲームを快適に楽しむ】razerキーボードのおすすめランキング10選

ゲーマーに大人気のrazerキーボード。razerキーボードは機能が充実しており、ゲームパフォーマンスを向上させるためにプロゲーマーから初心者ゲーマーまで幅広い人気を誇るゲーミングキーボードです。そこでおすすめのrazerキーボード10選をランキング形式で価格とともに紹介します!

razer製キーボードとは?

razerとは、アメリカのカリフォルニア州・サンフランシスコを拠点とする、ゲームに特化したデバイスメーカーです。キーボードをはじめとし、ゲームパフォーマンス向上を目的としたマウス、ヘッドセッドなどを製造・販売しています。

 

仕様の繊細さ、デザインの独自性、どこをとっても他メーカーとは大きく異なります。ゲームに特化した製品ではありますが、それ以外の用途に適さないわけではありません。

 

初めてrazerのキーボードを目にする人は、自分に使いこなせるのか、数多くある製品からどれを選べばいいのか戸惑うことでしょう。今回は、razerキーボードの選び方をご説明致します。

razerキーボードの選び方

razer製のキーボードの購入を検討してる人が初めて選ぶ際に何を基準にして選べば良いのか分からない人は多いでしょう。

 

razerキーボードには様々なタイプのものがあります。もちろんタイプによって機能は変わります。それから、キースイッチなども変わってきます。

 

機能ももちろん大事ですが、キースイッチも自分がゲームを快適に楽しくプレイするためには大事なことです。そこで、どのような基準で選べば良いのかをご紹介します。

キースイッチで選ぶ

パソコンを操作するうえで欠かせないのが、キースイッチになります。キースイッチはキーボードを打つ際の感じや音の心地よさに関係します。

 

機能が一番重要と感じる人も多いとも思いますが、キースイッチも重要で自分にあったタイプのキースイッチを選ぶことによってストレスなく快適にゲームを楽しめます。

 

それぞれの特徴を比較し、自身の好みに合致するタイプのキースイッチを見つけてゲームを快適に楽しみましょう。

グリーンスイッチ(緑軸)

グリーンスイッチは、razerのスイッチの中で一番支持されているタイプです。指で叩いたときに、「カチカチッ」としっかり音が伝わります。凹凸のないキーボードでは、うち間違いの心配がある、打鍵感が足りない、と感じる人におすすめです。

 

ただし、家族や同居人が寝静まったあとに作業をする場合や、スカイプやボイスチャットなど、他人と話しながら作業をする人にはデメリットとなるかもしれません。使用する時間帯や環境を考慮して選ぶとよいでしょう。

イエロースイッチ(黄軸)

イエロースイッチは、グリーンスイッチとは反対に静音性に優れています。キーの高低差は1.2mmと、ノートパソコンにも引けを取らない浅さです。深く押し込まずとも反応するため、素早い操作性を求める人におすすめです。

 

使用する時間帯が夜中から明け方の人、またタイピングの際に音や指に引っかかるのが嫌だという人にぴったりです。その代わり、他のスイッチよりも割高になるということは、記憶に留めておきましょう。

オレンジスイッチ(オレンジ軸)

razer製のキーボードを初めて購入する人、平均的なタッチが良いという人におすすめなのが、このオレンジスイッチです。

 

素早い操作にも反応し、グリーンスイッチに比べると音も静か。指と耳でタイピングを感じたいが、操作音が大きいのは困る。そんな人には、オレンジスイッチがぴったりでしょう。

メカ・メンブレン

デスクトップパソコンのキーボードに多用される、ラバードームタイプ(メカブレン式)のクッション性と、メカニカルスイッチ特有のカチッとした操作感が、両方味わえるのがこのメカ・メンブレンタイプです。

 

メカブレン式の柔らかなタッチを好む人にはおすすめですが、しっかりとタイピングできたか分かりづらいという声もあります。これまで使い続けてきて、慣れている人であれば使いこなせるでしょう。

オプト・メカニカルスイッチ

オプト・メカニカルスイッチ最大の魅力は、遅延のなさです。金属接点により感知していたこれまでのメカニカルスイッチと違い、キー操作を光によって感知します。

 

オプトとはデジタル光学作動を意味します。接点が金属から光になることで、最も遅延のない正確さを実現しました。耐久性にも優れており、力強くキータッチしてしまう人、使用頻度の多い人におすすめです。

 

一般的なメカニカルスイッチの耐久度が5000キーストローク前後であるのに対し、オプト・メカニカルスイッチは1億キーストロークと言われています。

機能で選ぶ

razer製のキーボードには様々なタイプがありタイプによって機能も違ってきます。それから、機能はゲームを楽しむうえでとても重要です。

 

機能で選ぶことはとても重要なことですが、razerキーボードは仕様の繊細さが魅力であり、初心者にとってはそれが悩みの種でもあります。

 

そのため、razerキーボードの主な機能をご紹介しますので、選ぶ際の指標の1つにしてくださいね。

アンチ・ゴースト

アンチ・ゴーストとは、キーボードの信号認識不良を防ぐ機能のことをいいます。これによって、複数キー同時押し、連続押しなどの操作による誤入力を防ぐことが可能になりました。

 

ゲーム中は、Shift+Fのように複数のキーを同時にタップして技をかける、素早く連続でキーをタップするなどの操作が頻繁に登場します。

 

信号がうまく伝わらない、誤入力によってエラーが起きてしまう、「これらがなくなればゲームパフォーマンスの質が上がるのに!」と感じているプレイヤーのための機能です。

ロールオーバー・Nキーロールオーバー

ロールオーバーとは、連続してタップされたキーを、順番まで正確に認識する機能を指します。せっかく高速にタップする指先の技術を持っていても、キーボードが正しく認識しなければ意味がありません。連続押しを2セットまでなら、認識することができます。

 

Nキーロールオーバーとは、連続してタップしたキーと、あとからタップしたキーを、分けて認識し実行する機能のことです。例えば、高速でABCとタップしたあとに、Dをタップすると、”ABC”で指示される動きと、”D”で指示される動きをこなしてくれるということです。

マクロ

マクロとは、複数のキーを同時にタップする代わりに、任意の1つのキーにパターンを記憶させる機能のことをいいます。ショートカットキーの登録も可能で、ゲームに限らずビジネスメインの人にも幅広く役立つ機能です。

 

押し間違いを減らしてゲームのパフォーマンスを上げたい、ショートカットキーは便利だけど別のキーに触れてしまってうまくいかない、などの悩みも解決できますね。

バックライト

暗いところで作業をする、イルミネーションによりモチベーションが上がる、という人におすすめです。

 

自分好みにカスタマイズできるものや、ボタン毎に色が変わるもの、ゲームの種類によって光り方が変わるものなど、さまざまなタイプがあります。

ゲームモード

ゲームをメインに考える人にとって、押し間違いなどでゲームが中断してしまうのは致命傷ですね。

 

ゲームモード搭載のキーボードであれば、windowsなどのキー操作を無効化することができます。ゲームの世界に没頭したいという人にはあると安心な機能です。

その他の特性で選ぶ

埃っぽい場所でキーボードを使用することがある、軽食をとりながらパソコン操作をすることが多い。そんな人におすすめなのが、防水・防塵タイプです。

razerキーボードのおすすめ人気商品10選

第10位

Corsair

日本語 ゲーミングキーボード

価格:13,579円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スリムで、ゲームメインの人におすすめ

こちらのrazerキーボードはカスタムキーとテンキーがないため、スリムでコンパクトなデザインです。数字を扱う仕事をしている人には向きませんが、ゲームがメインという人にはおすすめのキーボードです。

 

マクロ、Nキーロールオーバー、アンチゴーストと快適にゲームをするための機能が網羅されています。リストレストがついているため、長時間操作をする人にもおすすめです。

 

重量感があり、持ち歩きには向きませんが、タイピングの際にキーボードがずれてしまうのが嫌だという人にはいいですね。打鍵感や音な心地が良いが、耐久性には少し難があります。力強くタップする癖がある人には不向きかもしれません。

 

 

商品重量1.48kg梱包サイズ38,5×23.6×5.1cm
第9位

Razer(レイザー)

日本語配列オリジナルオレンジ軸ゲーミングキーボード

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中毒性のあるオレンジスイッチ

こちらのrazerキーボードはバックライトの色が緑で固定ですが、ソフトを入れれば変えることができます。また光の強弱が設定できるので、暗い中で作業するには眩しすぎるかもしれないという人にも安心です。

 

オレンジスイッチは、グリーンスイッチよりもタイピング音が静かで、ゲーム中も音が気になりません。グリーンスイッチだと自分は心地が良いが家族からは不評、ということでオレンジスイッチに買い替える人も多数います。

 

またこのタイピング音には不思議な中毒性があり、ライターなど書く仕事をしている人にも耳に届く音が心地良いと好評です。マクロ設定も充実していて、ゲーマーさんだけでなく、プログラマーや趣味で動画編集などされる人にもおすすめです。

商品重量1.84kg梱包サイズ48×26.2×5.8cm
第8位

Corsair

日本語ゲーミングキーボード

価格:21,536円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

速さを実現する、SPEED軸

こちらのrazerキーボードはSPEED軸というだけあって、反応がかなり良いのが魅力になっています。浅いタッチで反応するため、通常のタイピングと同じ感覚で使用すると、2度同じ文字を打ってしまう、ミスタッチがが増えるなどに陥ります。

 

使いこなすためには慣れが必要ですが、反対に、慣れてしまえば他のキースイッチには戻れなくなるでしょう。文字入力の際も軽々としたタッチで進みますし、ゲームの際にもスコアに大きく影響するはずです。

 

バックライトの光り方も美しく、RPG等のゲームをする人は魅了されること間違いなしです。RPG等のゲームをよくプレイするという人はこちらのキーボードはおすすめです。

商品重量2.58kg梱包サイズ49.4×24.2×8.2cm
第7位

Razer(レイザー)

オプト・メカニカルスイッチ採用 ゲーミングキーボード 日本語/JP配列

価格:18,110円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

応答速度と軽いタッチが魅力

こちらのrazerキーボードはオプトメカニカル・スイッチを採用しています。そのため、従来のキーボードよりも耐久性があり、応答速度にも定評があります。

 

浅めのタッチでも反応してくれ、さらに認識ミスが少ないのが大きな魅力ですので浅めのタッチで反応してくれるキーボードを求める人におすすめです。ですが、タイピング音に関しては、好き嫌いがはっきりと分かれます。

 

指で押し込むとき、底打ちしたとき、押し込んだキーが戻るときの音が心地良いと感じる人と、高い金属音が頭に響くという人と両極端です。購入の際には、実際に触れてみてからの購入することをおすすめします。

商品重量862g梱包サイズ14×44.4×3.5cm
第6位

Razer(レイザー)

日本語配列 黄軸メカニカル ゲーミングキーボード

価格:34,980円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リストレフトの触り心地が良い

こちらのrazerキーボードはイエロースイッチということで、打鍵音はグリーンに比べるとかなり静かです。音量が下がった、というよりは響く感じがない、という表現がしっくりくるかもしれません。

 

ヘッドフォンをしながらゲームをプレイする人は、今まで感じていたカチカチとした音が気にならなくはなるのでおすすめです。タッチが軽く、1つ1つのキーをしっかりと打ち込みたい人には不向きですが、指を滑らせるように操作したい人にはおすすめです。

 

またリストレストの触り心地がよく、腕の疲労感が全然違うと好評です。それなりにスペースを要するので、デスクの広さ・奥行などは事前の確認が必要です。

商品重量1.5kg梱包サイズ3.9×47.5×17.1cm
第5位

Razer(レイザー)

ORANGE SWITCH 英語配列

価格:19,200円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静音性に優れている

こちらのrazerキーボードは静音性に優れていますので静音性を重視したいという人にはオレンジスイッチのこちらのキーボードを選ぶのをおすすめします。

 

そのため、ボイスチャットを使用しながら使っても他のプレイヤーに不快感を与えないのが魅力になっていますのでゲームを快適にプレイすることができます。それから、マクロ機能やアンチゴーストなどの機能も付いてますのでプレイ環境をより快適にしてくれます。

 

また、コンパクトな設計のテンキーレスなのでマウスの可動範囲を広げてくれており、デスクが狭くても力強いパフォーマンスを可能にします。

 

商品重量1.24kg梱包サイズ20.6×37×4cm
第4位

Razer(レイザー)

日本語配列 マルチライティング メカ・メンブレン ゲーミング キーボード

価格:12,045円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

複数キーの同時押し可能

こちらのrazerキーボードはメカニカルスイッチのしっかりとした打鍵感が特徴になっているメカ・メンブレンのキーボードです。メンブレンによりソフトな操作感を兼ね備えていますので新しい環境を作ってくれる魅力になっています。

 

メンブレンはソフトでクッション性があるのが特徴のため使用してみると操作感が中々つかみにくいという欠点がありました。ですが、作動制御機能が付いてますので操作性が確実に向上しています。

 

それから、アンチゴースト技術を搭載していますので最大10個まで同時にキーを入力するととができます。ゲーマーにとって複数のキーを同時に押してもミスのない操作性はとても嬉しい点になります。

商品重量948g梱包サイズ15.3×46.3×3.1cm
第3位

Razer(レイザー)

メカニカル ゲーミング キーボード 日本語配列

価格:23,400円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

余計なものがない、シンプルなデザイン

こちらのrazerキーボードはシンプルなデザインで、飽きがきません。バックライトも自在にカスタマイズできるため、自分仕様にすることができますのでカスタマイズしたい人におすすめです。

 

スイッチはグリーン、イエロー、オレンジと用意されているため、自身の好みで選ぶことができます。打鍵感と音の大きさこそ違いますが、反応が良い、長時間使用しても疲れないと好評価です。

 

キーボードとしての品質が高いため、ヘビーゲーマーでなくとも使いやすく、ビジネスメインの人にもおすすめです。メカニカルキーボード未体験という人は、この機種でデビューしてみると良いかもしれません。スイッチの感触は、実際に試してから選ぶことをおすすめします。

商品重量1.42kg梱包サイズ16.4×44.8×4.2cm
第2位

Razer(レイザー)

テンキーレスゲーミングキーボード 英語配列版

価格:14,421円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

爽快なパフォーマンス

こちらのrazerキーボードはコンパクトサイズになっておりテンキーが付いていないタイプのものになっています。そのため、キーボードを簡単に持ち運ぶことができるので移動したい人におすすめです。

 

キースイッチの寿命は最大8000万キーストロークで耐久性に優れています。ゲーミングセッションがハードな場合でも爽快なパフォーマンスを実現してくれます。ですが、キーが少々高めですのでリストレストを使用することをおすすめします。

 

1680万色のイルミネーションも魅力ですが、こちらのキーボードはRazer Synapseに対応してますので充実したスタイルを楽しむことができます。

 

それから、高級感を出すためにメタルフレームになっていますので操作性だけでなくファッション性にも定評があるキーボードになってます。

商品重量1.58kg梱包サイズ40×24.2×6.2cm
第1位

Razer(レイザー)

日本語配列 オリジナル 緑軸 ゲーミングキーボード

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐水キーボード

こちらのrazerキーボードはIP54相当の耐水性、防塵性のあるキーボードです。そのため、食べ物を食べながらゲームする人や飲み物を飲みながらゲームする人などにおすすめのものになってます。

 

飲み物をこぼしてしまっても故障しないのが魅力になっています。バックライトは固定でイルミネーションではありませんが、グリーンライトによってキーを照らしてくれます。

 

このrazerキーボードのキーは最適化されており、超高速で反応してくれるため様々な場面でレスポンスの良い操作感を味わえます。操作感などはゲームの勝敗などにも関わってきますのでゲーマーにとっては大事です。

商品重量1.35kg梱包サイズ18×44.7×4.3cm

razerキーボードのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5074792の画像

    Razer(レイザー)

  • 2
    アイテムID:5074785の画像

    Razer(レイザー)

  • 3
    アイテムID:5074009の画像

    Razer(レイザー)

  • 4
    アイテムID:5074777の画像

    Razer(レイザー)

  • 5
    アイテムID:5074461の画像

    Razer(レイザー)

  • 6
    アイテムID:5074129の画像

    Razer(レイザー)

  • 7
    アイテムID:5074027の画像

    Razer(レイザー)

  • 8
    アイテムID:5074026の画像

    Corsair

  • 9
    アイテムID:5074017の画像

    Razer(レイザー)

  • 10
    アイテムID:5074012の画像

    Corsair

  • 商品名
  • 日本語配列 オリジナル 緑軸 ゲーミングキーボード
  • テンキーレスゲーミングキーボード 英語配列版
  • メカニカル ゲーミング キーボード 日本語配列
  • 日本語配列 マルチライティング メカ・メンブレン ゲーミング キーボード
  • ORANGE SWITCH 英語配列
  • 日本語配列 黄軸メカニカル ゲーミングキーボード
  • オプト・メカニカルスイッチ採用 ゲーミングキーボード 日本語/JP配列
  • 日本語ゲーミングキーボード
  • 日本語配列オリジナルオレンジ軸ゲーミングキーボード
  • 日本語 ゲーミングキーボード
  • 特徴
  • 耐水キーボード
  • 爽快なパフォーマンス
  • 余計なものがない、シンプルなデザイン
  • 複数キーの同時押し可能
  • 静音性に優れている
  • リストレフトの触り心地が良い
  • 応答速度と軽いタッチが魅力
  • 速さを実現する、SPEED軸
  • 中毒性のあるオレンジスイッチ
  • スリムで、ゲームメインの人におすすめ
  • 価格
  • 9980円(税込)
  • 14421円(税込)
  • 23400円(税込)
  • 12045円(税込)
  • 19200円(税込)
  • 34980円(税込)
  • 18110円(税込)
  • 21536円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 13579円(税込)
  • 商品重量
  • 1.35kg
  • 1.58kg
  • 1.42kg
  • 948g
  • 1.24kg
  • 1.5kg
  • 862g
  • 2.58kg
  • 1.84kg
  • 1.48kg
  • 梱包サイズ
  • 18×44.7×4.3cm
  • 40×24.2×6.2cm
  • 16.4×44.8×4.2cm
  • 15.3×46.3×3.1cm
  • 20.6×37×4cm
  • 3.9×47.5×17.1cm
  • 14×44.4×3.5cm
  • 49.4×24.2×8.2cm
  • 48×26.2×5.8cm
  • 38,5×23.6×5.1cm

razerキーボードのお手入れ方法

razerキーボードのようなゲーミングキーボードをお手入れはとても大事です。シリコンローラーや無水エタノールなどを使用することで初期汚れを簡単に掃除することができます。

 

キーボードの底面に汚れが溜まっている場合はキートップを外して掃除すると綺麗になるので良いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ここでは、razerキーボードの特徴やおすすめのrazerキーボードをランキング形式で紹介しました。razerキーボードにはそれぞれタイプによって違いがありますので是非、自分に合ったrazerキーボードを選んで使ってみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ