【手軽に摂取】プロテインゼリーのおすすめ人気商品ランキング10選

カラダづくりや健康維持のためにおすすめしたい栄養補助食品がプロテインゼリーです。今回はプロテインゼリーを選ぶうえで参考にしたいポイントを説明するとともに、おすすめしたいプロテインゼリーをランキング形式でご紹介していきたいと思います。

カラダづくり以外にも活用したいプロテインゼリー

プロテイン」とは英語でタンパク質のことを意味しますが、タンパク質は筋肉を鍛えるためだけではなく、髪の毛や皮膚、ツメ、臓器や血管など体のあらゆる部分で必要となる栄養素で、健康維持のためにも重要な存在です。

 

タンパク質は毎日の食事の中で摂るには不足しがちな栄養素ですが、プロテインゼリーであれば効率的にタンパク質を摂取することが可能です。また、携帯性にも優れているので、トレーニングの後にすぐにタンパク質を補給したいときにも効率的で便利な食品であると言えます。

プロテインゼリーの選び方

プロテインゼリーは、食品メーカーや医薬品メーカーなど様々なメーカーから多種多様な商品が販売されています。それぞれにメリットやデメリットがありますが、プロテインゼリーを選ぶうえで参考になるポイントなどをご説明したいと思います。

目的で選ぶ

プロテインゼリーはカラダづくりを目的とする人のために豊富なタンパク質を含有した商品が数多く販売されていますが、それ以外にも介護食品として対応する商品も販売されています。目的を想定して、最適と思われる商品を選んでください。

ボディメイクのために

タンパク質は筋肉を作るうえで重要な栄養素なので、ボディメイクのためにプロテインゼリーを飲用しているというのが使用する人の目的としては最も多いのではないでしょうか。食事から摂るタンパク質を補助したいのであれば、プロテインゼリーは便利な補助食品と言えます。

 

ボディメイクを目的としてプロテインゼリーを飲用するのであれば、最も効果的にタンパク質を吸収することができるのが運動後の30分から45分以内のタイミングです。運動後の筋肉は栄養補給を求めており、また、成長ホルモンも活発に分泌されています。

 

最も効率的にプロテインを吸収できるのはパウダータイプのプロテインですが、プロテインゼリーは携帯性に優れており使用する際に水やシェイカーなども必要としないので、どんな場所におけるトレーニングの後でも手軽にスピーディーにプロテインを摂取することが可能です。

間食や朝食として

食事と食事との間の時間に、ついつい無駄な間食をしてしまうという人は多いのではないでしょうか。そんな人のためにプロテインゼリーは、小腹がすいたときに間食して摂るのにもおすすめできる食品です。

 

間食として食べるスナック菓子などはカロリーが多くなりがちですが、その一方で含まれているタンパク質の量は少なめです。プロテインゼリーであれば、カロリーを抑えながら食事の中で不足しがちなタンパク質を補助することが手軽に行えます。

 

また、起床したての朝もタンパク質が不足しがちですが、毎朝きちんとした朝食を摂るのは大変という人も多いのでは。手軽にスピーディーにタンパク質を補給することができるプロテインゼリーは、忙しい朝にもおすすめしたい食品です。

介護食として

タンパク質が豊富に含まれているプロテインゼリーは、介護が必要な人の栄養補助食品としてもおすすめです。介護が必要な人は嚥下機能が弱まっていることも多いですが、ゼリー状のテクスチャーのプロテインゼリーであれば飲み込むことも容易に行えます。

 

タンパク質は筋肉にとって重要な以外にも、髪の毛や皮膚、臓器、血管などにも重要な栄養素です。寝たきりとなって介護が必要になっている人は、床ずれ(褥瘡)ができてしまうことも多いですが、床ずれの予防や早期の回復のためにもタンパク質は重要な栄養素です。

 

介護食用として販売されているプロテインゼリーには、スティックタイプの商品やポーションカップの商品がありますが、食べきりサイズで小分けされている商品であれば食欲の少ない人であっても食べ残して無駄にすることが少ないかもしれません。

容器で選ぶ

プロテインゼリーとして最も一般的なのは容器にカウパックを使用している商品です。カラダづくりや間食用を目的として販売されている商品に多く見られますが、介護食用として販売されているプロテインゼリーには、それ以外の容器に入れられて販売されている商品もあります。

カウパック

スパウトパウチまたはピースパックとも呼ばれている容器です。ビンやプラスチック容器の代用品として様々な食品の容器として使用されており、プロテインゼリーなどのゼリータイプの飲料用の容器としても最も一般的なタイプの容器です。

 

PET原料の袋にスクリューキャップの飲み口がついたキャップ付き規格袋で、ほかの飲料ボトルや缶ボトルと比較して環境問題や廃棄処理問題にも配慮がなされており、環境負荷が少ない容器となっているのが特徴です。

 

携帯性にも優れており持ち運びが容易なので、トレーニング後などのタイミングでどこでも手軽にプロテインゼリーを摂取することができます。また、容器が柔らかいため、ゼリー飲料を押し出しながら飲むことができるのも便利なところです。

スティックタイプ

プロテインゼリーがスティック状の小袋に小分けされているタイプです。シロップや調味料の容器としてもお馴染みですが、プロテインゼリーでは主に介護食品として販売されている商品の容器として使用されています。

 

袋からゼリーを押し出しながら食べますが、一口分ずつ食べるのに便利ですし、皿の上などに出せばスプーンで一口分のサイズに切り分けるのも簡単です。切り分けた形状も薄い短冊状になるので、嚥下機能が弱った人の細い食道でも飲み込みやすいのではないでしょうか。

 

1食分に相当する量が小分けされて包装されていますが、少量なので食欲のない人の介護食として使っても容易に食べきることができる量です。また、食べ残しても無駄になる量が少ないのも便利なところではないでしょうか。

ポーションカップ

ポリプロピレンなどのプラスチック樹脂製のカップ容器です。使い切りサイズとなっており、コーヒー用クリームの容器としても一般的ですが、そのほかにもシロップや液体形状ソースなど様々な食品の容器として使用されています。

 

ゼリー用の容器としても一般的に使用されていますが、プロテインゼリーの容器としても介護食用を中心に使用されています。嚥下機能が弱った人の誤嚥をふせぐためにもスプーンで一口分をすくって少量ずつ食べさせるようにしましょう

 

また、スプーンですくって食べさせるときには、ゼリーが山型にならないように気を付けて、薄く平らな形状ですくうようにしましょう。薄い形状にして食べさせたほうが、嚥下機能が弱まった高齢者の細い食道でも飲み込んだときにムセることが少ないようです。

タイプで選ぶ

プロテインゼリーは、目的に応じて含まれている栄養成分などに差異があります。効果的な栄養の摂取を行う為には、商品の購入前に含まれている栄養成分を確認しておくと良いでしょう。また、気に入った商品は、セット売りで販売されているものを買うようにするとお買い得です。

プロテインの種類

プロテインにはいくつかの種類がありますが、おおきく分けて動物性の「ホエイプロテイン」「カゼインプロテイン」と、植物性の「ソイプロテイン」の3種類があります。それぞれ特徴が異なっており、目的に合わせて摂取することで吸収の効率をより高めることが可能です。

 

動物性の「ホエイプロテイン」と「カゼインプロテイン」は、牛乳を原料として作られています。「ホエイプロテイン」はチーズなどの乳製品を作る際の余りものでしたが、低カロリーで栄養が凝縮されているのが特徴で、近年は重要なタンパク質として見直されています

 

また、筋肉の合成に役立つアミノ酸BCAAが多く含まれ吸収が速いことから、筋肉やカラダを大きくしたい人に向いています。大豆たんぱくの「ソイプロテイン」は、中性脂肪を下げる働きがあるので、ウエイトを増やさずに必要な筋肉をつけたい人に向いています。

脂質や糖質の量

高タンパク質の食事は脂質を多く含んでいることがありますが、脂質の摂取量が増えてしまうと体脂肪の蓄積にもつながってしまいます。必要なタンパク質が補助できるプロテインゼリーは低脂肪となっている商品が多く、体脂肪を増やすことなく筋肉量を増やすことが可能です。

 

また、ボディシェイプを行っている人の場合は、糖質についても抑えたいというひとも多いかもしれません。炭水化物の中に含まれて成分表示されている商品もありますが、糖質にはタンパク質がエネルギー源として消費されるのを抑制するという効果もあります。

 

プロテインを摂取して体を大きくしたいという人の場合は、プロテインと糖質を同時に接種することができるタイプのプロテインゼリーを選ぶのも良いのではないでしょうか。栄養成分を確認して、目的に最適なプロテインゼリーを選んでください。

セット売りされている商品

カラダづくりのために効果的な栄養補助食品がプロテインゼリーですが、一食だけ摂ってもあまり意味がありません。プロテインを摂取したことによる効果を実感するためには、継続的にプロテインゼリーを飲用する必要があります。

 

継続的にプロテインゼリーを飲用したいという人におすすめなのがプロテインゼリーのセット売り商品です。ネット通販ではセット商品のプロテインゼリーが多く販売されていますが、バラ売りで買うよりも一食分の価格がお買い得ですし、送料のことを考えてもお得と言えます。

 

一方で、気になるプロテインゼリーを一度だけ試してみたいと言うのであれば実店舗で購入したほうがいいでしょう。試した商品が気に入ればセット商品を買えばいいわけですから、目的と用途に応じて最適な商品の買い方を選ぶと良いでしょう。

プロテインゼリーの人気ランキング10選

10位

バランス株式会社

おいしいプロテインゼリー ミックスフルーツ味 24個(1ケース)

エネルギーと栄養分が豊富なカップゼリータイプ

介護食品としてもおすすめのプロテインゼリーの24個(1ケース)セット商品です。カップゼリータイプとなっており、74gの内容量の中にタンパク質は7.2gを配合しています。また、食欲がないときでもおいしく食べられるように果汁も加えられています。

 

嚥下機能が低下した人でも食べやすいように飲み込みやすい物性のゼリーとなっているのも安心なポイント。また、タンパク質と同時に十分なエネルギーも摂取できるようにカロリーは100kcalにアップしました。

 

そのほかの栄養成分としては、鉄、亜鉛、カルシウム、銅、セレンの5種類のミネラル11種類のビタミンを配合しています。味はミックスフルーツ味のほかに、マンゴー味赤ぶどう味メロン味など8種類が用意されていますので好みに応じて選ぶことが可能です。

内容量 74g たんぱく質 7.2g
栄養成分 炭水化物 18g、鉄 5mg、銅 0.07mg、セレン 10μg、カルシウム 200mg、ビタミンA 550μg、ビタミンB1 0.65mg、ビタミンB2 0.85mg、ビタミンB6 0.85mg、ビタミンB12 1.9μgなど エネルギー 100kcal
9位

林兼産業

高たんぱく質ゼリー 15g×20本 ピーチ

嚥下機能が弱まった人の栄養補助におすすめ

タンパク質不足が気になる人にピッタリな小分け包装されたプロテインゼリーです。1本15gの内容量の中にはタンパク質2.5gを配合。手軽にタンパク質を補給することができるので、飲み込む力が弱まった人の介護食品としても最適です。

 

介護食用として最もおすすめしたいポイントは、嚥下機能が弱くなった人でも飲み込みやすいスライスゼリーが作りやいところ。スプーンで切れ目を入れれば簡単に短冊状になり、食道が細くなった高齢者の喉にも通りやすいのでムセることがありません

 

また、1袋の量が少量なので食欲がない人でも食べきれるのも便利なポイントではないでしょうか。タンパク質以外の栄養素としては、食欲を刺激して皮膚や粘膜の健康維持も助ける亜鉛も配合されているので、毎日の栄養補助食品として活躍が期待できそうです。

 

 

内容量 15g×20本 たんぱく質 2.5g(一本あたり)
栄養成分 炭水化物 1.0g、ナトリウム 8mg、カリウム 7mg、リン 2mg、亜鉛 2.1g エネルギー
8位

赤穂化成

朝のプロテインゼリー 150g×30個

美容効果に期待できるコラーゲンも豊富に配合

健康食品などの製造販売を手掛けている赤穂化成の「朝のプロテインゼリー」の30個セットです。1袋150gあたりにホエイプロテインを5000mg配合しており、朝食で不足しがちなプロテインをスピード補給することができます。

 

プロテインは筋肉や内臓をつくるだけでなく、肌や髪、爪をつくるためにも必要な栄養ですが、プロテインのほかにもコラーゲンが100gと豊富に配合されており、美しい身体を求める女性にピッタリなプロテインゼリーとなっています。

 

近年では美容習慣としてもプロテインの摂取が注目されていますが、美容飲料としておすすめしたい商品です。味はコラーゲンドリンクでも一般的なピーチ味となっています。冷やして飲めば、ぷるぷるの食感と相まって一層おいしく楽しむことができそうです。

内容量 150g たんぱく質 5000mg
栄養成分 脂質 0g、炭水化物 10.3g、食塩相当量 0g エネルギー 64kcal
7位

森永製菓

inゼリー プロテイン10000 120g x6個セット

小容量で高タンパクとビタミンB群が摂取可能

小容量で豊富なタンパク質の摂取が可能な「inゼリー プロテイン10000」の6個セット商品です。「inゼリー」シリーズの「inゼリー プロテイン」の2倍となる10gのプロテインを配合しており、手軽に高タンパクを補給することができます。 

 

プロテインの内訳としては、ホエイペプチド6,000mgコラーゲンペプチド4,000mgを配合しており、効率的なタンパク質摂取を可能としました。そのほかの成分としてはビタミンB1ビタミンB2など4種のビタミンB群を配合しています。

 

味はタンパク由来の苦味を改善したバナナヨーグルト風味で飲みやすく、持ち運びにも便利なのでスポーツで体を動かした後の栄養補給に最適です。そのほかにも食事でタンパク質摂取が少ないと感じた日の栄養補助など、様々なシーンで活用することができそうです。

内容量 120g たんぱく質 10.0g
栄養成分 炭水化物 14.6g、食塩相当量 0.36g、カリウム 79mg、カルシウム 56mg、リン 210~670mg、ナイアシン 2.1mg、パントテン酸 0.55~3.7mg、ビタミンB1 0.10~0.32mg、ビタミンB2 0.11~0.27mg、ビタミンB6 0.33~0.76mg、ビタミンB12 0.67~1.9μgなど エネルギー 98kcal
6位

KONAMI SPORTS LIFE(コナミスポーツライフ)

プロテインプロ マスカット風味 300g (5袋)

吸収が良いホエイプロテインなどを豊富に配合

スポーツクラブの運営でも知られるコナミのプロテインゼリー「プロテインプロ」の5袋セットです。配合成分としては、筋肉の形成に適したホエイプロテイン20gをはじめ、オルニチン100mgや5種類のビタミンB群などを配合しています。

 

カラダづくりにおいては成長ホルモンが大量に分泌されるトレーニング後の30分がゴールデンタイムとされていますが、必要な量のプロテインを素早く摂取することを可能としており、コナミスポーツクラブでも採用されています。

 

1袋に豊富なタンパク質を含有する優れた商品ですが、難点としては内容量300gはやや量が多いと感じる人もいるようです。味はマスカット風味のほかにレモンヨーグルト風味も用意。いずれもトレーニング後にも飲みやすい爽やかな味となっています。

内容量 300g たんぱく質 ホエイプロテイン20g
栄養成分 脂質 0g、炭水化物 16.8g、ナトリウム 36mg、ナイアシン 4mg、パントテン酸 1~3mg、ビタミンB1 0.4mg、ビタミンB2 0.4mg、ビタミンB6 0.4mg 、オルニチン 100mg エネルギー 135kcal
5位

大塚製薬

ジョグメイト プロテインゼリー 180g×6袋

成分のバランスが良く効果的な栄養摂取が可能

大塚製薬が製造・販売する「ジョグメイト プロテインゼリー」の6袋セットです。携帯しやすいサイズで、カバンに入れて持ち歩くのにも便利そうです。ジムでのトレーニングを行った直後などにもすぐに摂取することができるのではないでしょうか。

 

1袋の中にはホエイタンパク質が10gと豊富に含まれており、ほかにもカルシウム250mg、ビタミンDは5μgを含んでいます。また、脂肪分は含まれていないため、1袋あたりのカロリーはわずか100kcalというのもおすすめしたいポイントです。

 

バランスよく含まれたタンパク質と糖質を同時に摂取することができるので、摂取されたタンパク質がエネルギー源として消費されるのを抑制し、効果的な成分補給を可能としています。味はさわやかなパイン風味なので、運動直後でもおいしく飲むことができそうです。

内容量 180g たんぱく質 ホエイタンパク 10g
栄養成分 脂質 0g、炭水化物 17g(糖質 15g、食物繊維 2g)、食塩相当量 0.05~0.10g、カルシウム 250mg、ビタミンB6 0.8mg、ビタミンD 5.0μg エネルギー 100Kcal
4位

ドーム

DNS ジェルエックス グレープ風味 285g×6個

アスリートにおすすめしたいコストパフォーマンスの良さ

アスリートのカラダづくりに欠かせないタンパク質が豊富に含まれているプロテインゼリーです。内容量285gの中には良質なホエイプロテインを20g配合アミノ酸組成の良さと吸収の速さを兼ね備えており、トレーニング後の効率よい栄養摂取に期待ができます。

 

プロテイン以外の栄養成分としては、9種類のビタミン、ミネラル類や炭水化物22gなどが豊富に含まれているバランスの良さもおすすめしたいポイント。また、食事としてもお腹に満足感のある大容量ながらカロリーは168kcalという低カロリーとなっています。

 

含有されている栄養分との比較ではかなりコストパフォーマンスは高い商品と言えるのではないでしょうか。味はグレープ風味のほかにトロピカルフルーツ風味も用意。どちらも爽やかな味わいなので、ハードなトレーニングのあとでもおいしく飲むことができそうです。

内容量 285g たんぱく質 乳清たんぱく20g
栄養成分 脂質 0g、炭水化物 22.0g、ナトリウム 6mg、ビタミンE 4.0mg、ビタミンB1 4.0mg、ビタミンB2 0.6mg、ビタミンB6 0.5mg、ビタミンB12 3.0μg、ナイアシン 5.4mg、葉酸 90.0μg、鉄3.9mg、亜鉛3.4mg エネルギー 168kcal
3位

明治

ザバス プロテインゼリー グレープフルーツ風味 180g×6個

高たんぱく、低脂肪、低糖類のプロテインゼリー

明治から発売されている「ザバス プロテインゼリー」の6個セットです。カラダづくりのためには運動やトレーニングと合わせてタンパク質の摂取が欠かせませんが、こちらの商品は乳清たんぱく(ホエイ)を5.5g配合高たんぱく、低脂肪、低糖類の設計となっています。

 

ホエイプロテインはゼリーとの相性が良く素早い摂取が可能ですが、そのほかにもビタミンB1、B6、B2の3種類のビタミンなど多彩な栄養成分を配合。バランスの取れた栄養成分の摂取をこの1袋で同時に行うことができます。

 

味はグレープフルーツ風味のほかにヨーグルト風味も用意。どちらも爽やかな味で飲みやすく、手軽に成分を摂取できるので、成長ホルモンが分泌されるトレーニング後や就寝前はもちろん、小腹を満たしたいときの飲用にもおすすめです。 

内容量 180g たんぱく質 乳清たんぱく 5.5g
栄養成分 脂質 1.0g、炭水化物 4.7g、糖類 2.7g、食塩相当量 0.11g、ビタミンB2 0.37mg、ナイアシン 3.7mg、ビタミンB6 0.33mg エネルギー 50kcal
2位

株式会社ボディプラスインターナショナル

バルクスポーツ プロテイン ビッグホエイRTD 1パック×1ケース

良質なプロテイン20gをスピードチャージ

スポーツサプリメントの販売などを手掛けているボディプラスのホエイプロテイン30パックセット(1ケース)になった商品です。1袋に20gものタンパク質を豊富に配合しているので、ハードなトレーニング後の栄養補給やスマートな間食として最適ではないでしょうか。

 

ジェル状のテクスチャーの食感は、プロテインゼリーというよりもドロリとしたドリンクと言ったほうが適切かもしれませんが、さっぱりとした味わいの甘さで飲みやすく、十分な満足感が得られるものとなっています。

 

価格は1袋あたりの価格もリーズナブルなものとなっており、手軽さとコストパフォーマンスの良さを兼ね備えた栄養補助食品と言えそうです。味はストロベリーヨーグルト味のほかに、ブルーベリーヨーグルト味、はちみつ&りんごヨーグルト味も用意されています。

内容量 300g たんぱく質 20g
栄養成分 脂質 2g、炭水化物 5g、ナトリウム 64.2mg エネルギー 118kcal
1位

森永製菓

inゼリー プロテイン ヨーグルト味 (180g×6個)

忙しいときにも手軽に栄養成分を補給

森永製菓から発売されている「inゼリー プロテイン」の6個セットです。「10秒チャージ」のコピーでお馴染みの栄養補助食品「inゼリー」シリーズですが、こちらの商品はホエイペプチド5000mgをはじめ、クエン酸1000mgなどが配合されています。

 

そのほかの成分としては糖質が17.5gと多めに含まれているので、糖質制限をしている人やシェイプアップ中の人には不向きなプロテインゼリーかもしれませんが、タンパク質がエネルギー源として消費されるのを抑制してくれるかもしれません。

 

味はすっきりとしたヨーグルト風味なので、トレーニングや運動の前後にもおいしく飲むことができるのではないでしょうか。また、リカバリーやカラダづくりのためだけでなく、小腹がすいた忙しい時にもおすすめしたいプロテインゼリーです。

 

内容量 180g たんぱく質 ホエイペプチド 5g
栄養成分 クエン酸 1,000mg、パントテン酸 0.55〜3.7mg、葉酸 67〜800μg、ビタミンB6 0.33〜0.76mg、ビタミンB1 0.1〜0.32mg、ビタミンB2、ビタミンB12 0.11〜0.27mg、カルシウム 60mg、ナイアシン 1.1〜2.1mgなど エネルギー 90kcal

プロテインゼリーのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 内容量 たんぱく質 栄養成分 エネルギー
1
アイテムID:5070425の画像
inゼリー プロテイン ヨーグルト味 (180g×6個) 1,030円

詳細を見る

忙しいときにも手軽に栄養成分を補給

180g ホエイペプチド 5g クエン酸 1,000mg、パントテン酸 0.55〜3.7mg、葉酸 67〜800μg、ビタミンB6 0.33〜0.76mg、ビタミンB1 0.1〜0.32mg、ビタミンB2、ビタミンB12 0.11〜0.27mg、カルシウム 60mg、ナイアシン 1.1〜2.1mgなど 90kcal
2
アイテムID:5070567の画像
バルクスポーツ プロテイン ビッグホエイRTD 1パック×1ケース 7,500円

詳細を見る

良質なプロテイン20gをスピードチャージ

300g 20g 脂質 2g、炭水化物 5g、ナトリウム 64.2mg 118kcal
3
アイテムID:5070370の画像
ザバス プロテインゼリー グレープフルーツ風味 180g×6個 1,208円

詳細を見る

高たんぱく、低脂肪、低糖類のプロテインゼリー

180g 乳清たんぱく 5.5g 脂質 1.0g、炭水化物 4.7g、糖類 2.7g、食塩相当量 0.11g、ビタミンB2 0.37mg、ナイアシン 3.7mg、ビタミンB6 0.33mg 50kcal
4
アイテムID:5072038の画像
DNS ジェルエックス グレープ風味 285g×6個 1,980円

詳細を見る

アスリートにおすすめしたいコストパフォーマンスの良さ

285g 乳清たんぱく20g 脂質 0g、炭水化物 22.0g、ナトリウム 6mg、ビタミンE 4.0mg、ビタミンB1 4.0mg、ビタミンB2 0.6mg、ビタミンB6 0.5mg、ビタミンB12 3.0μg、ナイアシン 5.4mg、葉酸 90.0μg、鉄3.9mg、亜鉛3.4mg 168kcal
5
アイテムID:5070254の画像
ジョグメイト プロテインゼリー 180g×6袋 1,230円

詳細を見る

成分のバランスが良く効果的な栄養摂取が可能

180g ホエイタンパク 10g 脂質 0g、炭水化物 17g(糖質 15g、食物繊維 2g)、食塩相当量 0.05~0.10g、カルシウム 250mg、ビタミンB6 0.8mg、ビタミンD 5.0μg 100Kcal
6
アイテムID:5070361の画像
プロテインプロ マスカット風味 300g (5袋) 1,565円

詳細を見る

吸収が良いホエイプロテインなどを豊富に配合

300g ホエイプロテイン20g 脂質 0g、炭水化物 16.8g、ナトリウム 36mg、ナイアシン 4mg、パントテン酸 1~3mg、ビタミンB1 0.4mg、ビタミンB2 0.4mg、ビタミンB6 0.4mg 、オルニチン 100mg 135kcal
7
アイテムID:5070582の画像
inゼリー プロテイン10000 120g x6個セット 1,660円

詳細を見る

小容量で高タンパクとビタミンB群が摂取可能

120g 10.0g 炭水化物 14.6g、食塩相当量 0.36g、カリウム 79mg、カルシウム 56mg、リン 210~670mg、ナイアシン 2.1mg、パントテン酸 0.55~3.7mg、ビタミンB1 0.10~0.32mg、ビタミンB2 0.11~0.27mg、ビタミンB6 0.33~0.76mg、ビタミンB12 0.67~1.9μgなど 98kcal
8
アイテムID:5070524の画像
朝のプロテインゼリー 150g×30個 3,240円

詳細を見る

美容効果に期待できるコラーゲンも豊富に配合

150g 5000mg 脂質 0g、炭水化物 10.3g、食塩相当量 0g 64kcal
9
アイテムID:5070589の画像
高たんぱく質ゼリー 15g×20本 ピーチ 1,288円

詳細を見る

嚥下機能が弱まった人の栄養補助におすすめ

15g×20本 2.5g(一本あたり) 炭水化物 1.0g、ナトリウム 8mg、カリウム 7mg、リン 2mg、亜鉛 2.1g
10
アイテムID:5071901の画像
おいしいプロテインゼリー ミックスフルーツ味 24個(1ケース) 2,950円

詳細を見る

エネルギーと栄養分が豊富なカップゼリータイプ

74g 7.2g 炭水化物 18g、鉄 5mg、銅 0.07mg、セレン 10μg、カルシウム 200mg、ビタミンA 550μg、ビタミンB1 0.65mg、ビタミンB2 0.85mg、ビタミンB6 0.85mg、ビタミンB12 1.9μgなど 100kcal

プロテインゼリーを賢く使う

栄養補助食品として使う

厚生労働省から発表されている「日本人の食事摂取基準」によると、成人で1日あたりに必要となるタンパク質の摂取基準量は、男性の場合で平均50g女性の場合で40gとされています。

 

プロテインゼリー手軽にタンパク質の補給を行うことができますが、あくまでも栄養補助食品であると考えておきましょう。

大切なのは普段の食事

タンパク質は体の様々な器官に必要となる重要な栄養素ですが、人工的につくられたタンパク質は、腎臓を疲弊させるという指摘もあります。

 

体の健康を維持するために必要となるタンパク質は、基本的に普段の食事の中から摂取することが望ましいのは言うまでもありません。

過剰摂取は逆効果

健康維持を目的としたタンパク質の摂取であっても、過剰摂取は体への負担も逆に大きくなってしまいます。また、腎機能に異常がある人はタンパク質の摂取量の制限がされるのでプロテインゼリーの飲用はおすすめしません

 

健康な人であっても、プロテインゼリーの摂取量は、一般的なカウチパック入りのプロテインゼリーの場合であれば、一日に1~3パック程度を目安として摂取するように心がけましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はプロテインゼリーの選び方について説明するとともに、 おすすめしたい人気商品をランキング形式で紹介しました。プロテインゼリーは多種多様な商品が販売されていますが、あなたにとって最適な商品を探す際の参考になればと思います。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【絶対痩せたい】目的別ダイエットサプリの選び方とおすすめ19選

【絶対痩せたい】目的別ダイエットサプリの選び方とおすすめ19選

その他食品
【即効で回復】プロテインドリンクのおすすめ人気ランキング10選

【即効で回復】プロテインドリンクのおすすめ人気ランキング10選

その他飲料
【筋肥大が止まらない!】クレアチンのおすすめ人気ランキング15選

【筋肥大が止まらない!】クレアチンのおすすめ人気ランキング15選

医薬品・サプリメント
目元美容液のおすすめ人気ランキング30選【まぶたのたるみ等に】

目元美容液のおすすめ人気ランキング30選【まぶたのたるみ等に】

スキンケア・基礎化粧品
【種類に分けて紹介】インスタントココアの人気おすすめランキング10選

【種類に分けて紹介】インスタントココアの人気おすすめランキング10選

その他飲料
【美肌やダイエットに】ソイプロテインのおすすめ人気ランキング10選

【美肌やダイエットに】ソイプロテインのおすすめ人気ランキング10選

医薬品・サプリメント