記事ID138558のサムネイル画像

【カメラマン必見】カメラバックおすすめ人気ランキング10選

カメラマンにとってカメラバックは必須です。カメラバックは単にカメラを入れるだけでなくベストショットを撮るためには、カメラバックの良し悪しは無視できないものです。それではカメラマンに人気のあるおすすめのカメラバックをランキング形式で紹介しましょう。

カメラバックはカメラマンの必需品

カメラマンは被写体を求めて世界中を飛び回ります。スタジオはもちろん、山の頂上目指したり、海中へ潜ったり、ジャングルの中を駆け巡り、そして戦場カメラマンとして同行する等撮影の為ならどんな場所でも飛んでいってカメラに収めていきます。

 

そんな中、カメラバックはカメラマンにとって必須アイテムです。カメラバックとは単にカメラを入れるだけでなく、カメラやレンズといった機材の管理はもちろんですが、被写体を見つけたら、シャッターチャンスを逃さずにいかに素早く取り出して、撮影にもっていくか、カメラバックの良し悪しによっては仕事に影響が出かねないとは言い切れないのです。

 

それは個々のカメラマンがどんな撮影スタイルなのか、撮影するのにどんな機材を用意すべきなのかによってカメラバックの選択も変わってきます。そしてカメラバックには様々なタイプがあるのです。

カメラバックの選び方

カメラマンにとって必須アイテムであるカメラバック、そのような大切なものを自分に合わせて選んでいきましょう。

撮影スタイルに合わせて選ぶ

カメラバックといっても実際は様々なタイプがあります。選び方としてはカメラをどんなスタイルで持参するかが大きなポイントになります。それではカメラバックの主なタイプと特徴を紹介しますのでぜひ参考にしてみて下さい。

ショルダータイプ

カメラバックの中では最もポピュラーなタイプで、いわゆる肩がけです。とにかくデザインが豊富で、例えば女子カメラマン向けのカラフルなタイプ、若者向けのカジュアルタイプ、ベテラン向けの高機能タイプ、高級感溢れる革張りタイプ等、自分に合ったものが見つかり易いのが特徴です。

 

ショルダータイプの長所は肩がけなので出し入れがしやすいこと。そしてレンズ交換といった作業もしやすいのでシャッターチャンスを逃したくない人にはショルダータイプは選択に入れておくべきでしょう。

 

ただし肩がけということはどうしても左右の肩に負担がかかってしまいます。そして容量の大きなバックに多数の機材を詰め込むと当然重くなり、それだけ肩の負担は増してきます。よって肩凝り持ちの人には容量が軽めで一つのカメラで事足りるのであればショルダースタイルはおすすめできます。

リュックタイプ

リュックタイプもカメラバックの中ではメジャーな部類に入ります。ショルダータイプと違うのは、何といっても両手が使えること。そして両肩に背負うので肩や腰に負担が少なく長時間背負えますから、アウトドア撮影に向いたカメラバックといえるでしょう。

 

リュックタイプの特徴は容量が大きいこと。大きさも色々なタイプがあり、特に機材が増えてきて、既存のカメラバックでは容量が足らなくなってきた場合にはリュックタイプをおすすめします。

 

ただし即座に撮影したい人、頻繁にカメラを出し入れしなければならない人にはリュックタイプは不利です。撮影の準備をするために一度下ろさなければならない行為はやはり二度手間です。リュックタイプは特に多くの機材を必要とするカメラマンに向いているカメラバックといえるでしょう。

メッセンジャータイプ

メッセンジャータイプは最近カメラマンの間で人気のあるスタイルです。一見リュックタイプと似ていますが、メッセンジャータイプの場合、斜めにたすき掛けできるのと、必要であれば胸の前に回して使うこともでき、利便性においてはリュックタイプを上回るといえるでしょう。

 

メッセンジャータイプは体に密着できるカメラバックですので、機動性が高くあちこち移動したい人、特にバイクや自転車で移動したいカメラマンにはメッセンジャータイプが一番似合うでしょう。

 

しかしサイズ、収容力においてはリュックタイプと比べればやはり見劣りします。だいたいカメラにレンズ2,3本程度の収容力とみればいいでしょう。ショルダータイプとリュックタイプ双方のいいとこ取りを実現したカメラバックといっていいでしょう。

ウエストバッグタイプ

ウェストバックタイプとは、俗にいうウェストポーチで腰にベルトで装着するタイプのカメラバックです。体の後ろで使うタイプや斜め掛けで使用することもできます。

 

リュックバック同様、両手を自由に使えますし、カメラを取り出すのが楽ですので、すぐに撮影したい人にはおすすめできます。

 

しかしウエストバックタイプは収容力が低いのが難点。せいぜい入るのはカメラ本体と交換レンズ一つ程度ですので手軽にカメラを利用したい人向けといえるでしょう。特にアウトドアの撮影、例えば山歩きや町歩き、ツーリングやサイクリングのついでに景色を撮影したいという人にはぜひ検討してみるカメラバックといえるでしょう。

サイズ・容量で選ぶ

カメラバックを選ぶ際に意外に悩む点としてサイズ・容量があると思います。いつもならなんとなく大きめのバックを選ぼうかと決めがちではありますが、カメラバックはどうやら違うようです。

現状を見越してサイズを選ぼう

一般のバックを選ぶ際は、多少大きめのものを選んでも特に問題はないでしょう。しかしカメラバックの場合は一般のバックよりは重量があります。敢えてもし必要以上に大きめのサイズを選んだ場合、逆に使い勝手が悪くかえって後悔することになりかねません。

 

そして大きなカメラバックの場合、カメラマン共通の意見としてスタイリッシュさに欠けるともいわれています。いくら職業柄とはいえ、やはり洒落たバックは持っておきたいという心理が働くのでしょうか。

 

近い将来機材を増やす予定がある人には大きめのカメラバックを選ぶのもいいですが、重いバックで機動性が落ちるくらいなら、軽くてコンパクトにまとまったカメラバックの方がお得感があると思います。誰もが長くカメラバックを使いたいはずですから。

撮影場所によって選ぶ

カメラバックを選ぶ際のポイントとして主にどんな場所で撮影するかという点もあります。スタジオ内で撮影するのであればカメラバックの選択肢は多いですが、外での撮影がメインとなるとカメラバックを選ぶポイントとして、耐久性は無視できません。

 

カメラは精密機械ですので、正直外部からの衝撃には気を遣わなければなりません。よってカメラバックを選ぶ際は十分クッション性のあるカメラバックを選ぶ必要があります。

 

そしてカメラのもう一つの大敵は水気です。特に外での撮影は雨の日の対策も十分考慮しなければなりません。それには防水加工された生地を使ったものとかレインカバーが付属しているカメラバックがあればベストです。特にアウトドアで撮影するカメラマンにとってはお金をかけてもカメラを確実に保護してくれるカメラバックを用意したほうがいいでしょう。

機能性で選ぶ

カメラバックを選ぶのに機能性は重要なポイントです。様々な機材をいかに効率よく管理するか、いかに素早く撮影体勢にもっていけるかはカメラマンにとっては重要でしょう。

バック内の荷室で選ぶ

カメラバックといっても現代のカメラマンはカメラとレンズだけ用意するということはあまりありません。特に外部での撮影の際は、飲み物や衣類、画像調整におけるパソコン等、日常用品をどれくらい収容できるのかも重要なポイントになっています。

 

普通のカメラバックには荷室においていくつかの可動式の仕切りがついています。可動式なので、うまくカスタマイズできれば個々で自由にカメラ機材とそれ以外のものというふうに整理整頓できるようになります。

 

特にリュックタイプは上下にメインの荷室が別れたタイプのものもあり、カメラ機材用とそれ以外というふうに完全に分けて収容できます。そしてカメラに凝りだすと細かい機材が増えてくるのでポケットの数は多ければ多いほどよいでしょう。

機材の取出し易さで選ぶ

カメラバックを選ぶ際のポイントとしてよく機材の取出し易さもあげられます。機材の出し入れがしやすいものはレンズ交換においてもスムーズに行えますし、余計なストレスを抱えずに仕事に打ち込めます。

 

取出し易さを見極めるポイントとしては、開口部が広いかどうか。広ければバッグ内にある機材を容易に取り出せるはずです。理想としては立ったままレンズ交換が容易にできるくらいがベストですね。

 

そうなるとカメラバックのタイプとしてはメッセンジャータイプやウエストバックタイプが理想的です。そして開口部のタイプもチェックしましょう。ファスナー、ボタン、マグネット、ふたのみと色々ありますが、これは個々のお好み次第です。実際に触れてみて確かめてみて下さい。

カメラバックの人気ランキング10選

第10位

ロープロ

トップローダーズームバック

価格:6,859円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アウトドアでの撮影にはもっていこいのカメラバック

カメラバックのスタイルの一つであるトップローディングタイプとは、あらかじめレンズを装着した状態のカメラだけを収容できるタイプをいいます。このスタイルは旅行、スポーツといったアウトドアの撮影には最適でコンパクトサイズでもあることからアウトドアカメラマンにとってはなかなか人気があります。

 

アウトドア向けということもあってレインカバーが標準装備されており、急な雨においても大切な機材を保護する設計になっており、野外でも安心して撮影することができます。

 

基本はショルダーバックとして利用しますが、肩紐を取り外して代わりにカメラバックの内側にある背面ベルトで腰に巻いて利用できるのと、軽量サイズでもあることからバッグインバックとしても使え、様々な用途や環境に応じて使い分けられるカメラバックです。

タイプトップローダーサイズ19 x 16.5 x 24 cm
重量159 gカラーブラック
第9位

ロープロ

プロランナー RL X450

価格:42,526円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メインのカメラバックとして一押し

プロカメラマンがよく愛用しているキャリースタイルのカメラバックで値段は高いですが、頑丈さ、カメラ機材を保護する点においてはやはり優れているといっていいでしょう。

 

キャリースタイルのカメラバックらしく、仕切りのカスタマイズが自由自在にでき、特にカメラ以外の機材を多く準備しなければならないカメラマンにとってはなくてはならない機能として重宝がられています。

 

またノートPC,タブレットといった精密機械を収容するポケットにおいては衝撃を避けるために底面に接触しないような工夫をこらしています。そしてジッパー開閉の小物入れのポーチや書類用のポケット、メッシュポケット、全天候をカバーするレインカバーを標準搭載している等至れり尽くせりのカメラバックです。

タイプキャリーサイズ35 x 22.9 x 52.5 cm
重量4.26 Kgカラーブラック
第8位

TIMBUK2(ティンバックツー)

クラシックメッセンジャー S Rebel

価格:5,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カラーも豊富なスタイリッシュなカメラバック

ティンバック2はアメリカではメジャーなバックメーカーとして知られていますが、はじまりの起源はアメリカの一人のバイクメッセンジャーが独学で作り上げたといわれています。

 

ティンバック2はバック内側にて防水性の高いTPU素材を採用しており、蒸れを防ぐのに効果を発揮しています。メッセンジャーのカメラバックにおいてはショルダーストラップは付きものですが、端が余らないよう設計されていますので自転車での走行中でも邪魔にならないのが嬉しいところです。

 

ポケット類もタブレットやノートPCが入るものから、S、M、L、XLの4つのサイズのポケット、隠しポケットや両サイドにあるポケット等充実しており、軽量のありには機能性の高いメッセンジャータイプとしてカメラマンも納得のカメラバックです。

タイプメッセンジャーサイズ41 x 13 x 27 cm
重量508gカラーカーキー色
第7位

PEAK MOTION

多目的スリンダー式カメラバック

価格:3,899円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量かつ機動性の高いカメラバック

ショルダーバックとしては小型の部類に入りますが、3WAYのたすき掛けスタイルでしかも軽量であることから素早くカメラを取り出せるとしてカメラマンから高い評価を得ています。

 

重さが500gで肩ストラップが広いため、重量を均等に分散していること、腰ベルトも荷重を一点に集中させることがないので、体に負担をかけることが少なく快適に持ち運びしやすいデザインに仕上がっているのが特徴です。

 

しかもバックにはカメラ本体はもちろん周囲にはレンズ、スマホ、財布、文房具といった小物を収容できるポケットがたくさんあり、機能性においても高いレベルにあるといえます。もちろん可動仕切りとなっているので、カメラにあわせて収容を調整できます。

タイプウエストポーチサイズ33.7 x 22.2 x 13.9 cm
重量490 gカラーブラック
第6位

ハクバ

SP-CT04-RBPBK

価格:8,199円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リュックとしては機動性が高いカメラバック

リュックスタイルのカメラバックですが、外側側面のサイドジッパーからも開けることができるので、リュックスタイルのようにいちいちバッグを下ろす必要はありません。しかもロールトップに収納口があり、2つに分けられた収納口をもつカメラバックとなっています。

 

標準ズームレンズ装備の一眼レフカメラ及びカメラに伴うアクセサリー用品を収納できます。そして背面側にはノートPCを収納できるスペースがあり、またサイドポケットには飲料水やその他の備品を収納できる造りとなっています。

 

ちなみにバック内にある仕切りは外せますので普段使いのバックとしても利用できます。そしてリュックの真ん中には三脚を固定できるロック機能付きのベルト、背面上部にはキャリーバーホルダーが付いているので旅行や出張には重宝される機能となっています。

タイプリュックサイズ44 x 30 x 20 cm
重量1.02 Kgカラーブラック
第5位

BPaull

BL-1603

価格:6,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

至れり尽くせりの高品質のカメラバック

ショルダータイプのの中ではクオリティが高くカメラマンから常に高評価を得ているカメラバックです。仕切りの厚さが10mm程あり、カメラ本体や機材を不意の衝撃から完全に保護できるつくりとなっています。

 

正面にファスナー付のフロントポケット、側面に同じくファスナー付とストラップ式のポケットがついており、カメラ機器以外のものを収容できます。取り外し可能な仕切りも備えており、最大4パターンにてカメラ機材を収容できます。

 

ショルダータイプではありますが、手持ち、ウエストベルト取付と3つの使い方が可能でカメラマンお好みのスタイルで使用できます。バッグの素材も通気性に優れたメッシュ式コットンで出来ており、しかもボトムポケットには防水レインカバーが装備されており、水気対策も十分に施されている優れたカメラバックです。

タイプショルダーサイズ28 x 16 x 24 cm
重量1.39 Kgカラーブラック
第4位

ナショナルジオグラフィック

Africaコレクション NG A4470

価格:4,083円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アフリカンスタイルが特徴のカメラバック

ウエストバックスタイルで典型的なアウトドア撮影向けに特化したカメラバックといっていいでしょう。デザインもアフリカコレクションといわれるだけに大地のブラウンと牛革がポイントで、内部もオレンジとストライプでアフリカを意識した色合いとなっています。

 

ウェストバックスタイルなのでカメラはコンパクトタイプでしか収容できませんが、必要最低限のカメラ素材やスマホを収容できるスペースは確保されており、カメラの取出し易さは郡を抜いて高く、身軽に撮影したいカメラマンにとっては必須のカメラバッグでしょう。

 

また素材が牛革でできているので長持ちできるのと、アンティークを施したレザーが使われているのでデザインとしても優れた造りとなっています。

タイプウエストポーチサイズ14.6 x 23 x 22.6 cm
重量422gカラーブラウン
第3位

BAGSMART

カジュアルカメラバック

価格:3,850円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

男女問わず人気があるショルダーカメラバック

ショルダー式のカメラバックとしては500g以下と軽量な部類に入り、しかもカジュアルなデザインということもあり、男女問わず使えるカメラバックとしておすすめできる逸品です。

 

メインの収納箇所がミラーレスや一眼レフ等あらゆるカメラを収容でき、3つのメインポケットと6つのメッシュポケットがついており、小物の収容にとても役立ちます。中には2枚の厚手仕切りがついており、自在に収容スペースを調整できます。

 

カメラバック全体が厚手のクッションで作られていることから、カメラの機材を外部の衝撃から守ってくれます。またスーツケースのキャリーバーを通じて装着できるのでサブのカメラバックとしても使えますし、身体に負担をかけずにスムーズに移動できるのもカメラマンにとっては嬉しい造りとなっています。

タイプショルダーサイズ25 x 13 x 19 cm
重量481 gカラーブルー
第2位

CADEN

女性向け カメラリュック

価格:7,280円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュで女性向けのカメラバック

リュックスタイルのカメラバックとしては小柄な部類ではありますが、コンパクトサイズでサイドポケットからもカメラを取り出せることができ、カラーもカジュアルタイプを揃えていることから男女問わず人気のあるカメラバックです。

 

カメラの取出し口がインナースタイルであることから両サイドから丸ごとカメラや備品を取り出せるのがポイントです。大小のサイドポケット、PC,タブレット専用のポケットや小物用も装備しており、カメラバックとして無駄のない造りとなっています。

 

底面には三脚固定用のベルト付き、背面には通気性のよく背負いやすいクッションを使っており長時間背負っても疲れにくい構造となっています。

タイプリュックサイズ44.1 x 29.2 x 19.8 cm
重量1.25kgカラーブラック
第1位

TARION

M-02

価格:5,018円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

牛革製でスタイリッシュなカメラバック

プロカメラマン向けのリュック式のカメラバックですが、素材が二層の牛革製で、しかも防水加工を施していることからデザインに拘るカメラマンから高い評価を得ています。

 

2気室デザインを採用しており、上部に衣類や日常用品や小物を収容、下部にカメラとレンズを収容する造りとなっています。カメラの収容スペースには、カメラ1台にレンズ3~5つ、他のアクセサリーやSDカード収納ポケットがついています。底部に三脚固定ベルトがついており、機能性も十分保たれています。

 

上部の収納スペースには15インチまでのノートPCやタブレットが収納でき、しかも固定ベルトがついているので衝撃からPC,タブレットを守ってくれます。取出し方法もレザーストラップにマグネットタイプ、上部は引き紐で開閉といったカメラマンを意識した取出し易さを意識した造りとなっています。

タイプリュックサイズ35 x 29 x 20 cm
重量1.2 Kgカラーベージュ

カメラバッグおすすめ比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5071062の画像

    TARION

  • 2
    アイテムID:5071070の画像

    CADEN

  • 3
    アイテムID:5071056の画像

    BAGSMART

  • 4
    アイテムID:5071064の画像

    ナショナルジオグラフィック

  • 5
    アイテムID:5070903の画像

    BPaull

  • 6
    アイテムID:5070913の画像

    ハクバ

  • 7
    アイテムID:5070930の画像

    PEAK MOTION

  • 8
    アイテムID:5070923の画像

    TIMBUK2(ティンバックツー)

  • 9
    アイテムID:5071019の画像

    ロープロ

  • 10
    アイテムID:5071033の画像

    ロープロ

  • 商品名
  • M-02
  • 女性向け カメラリュック
  • カジュアルカメラバック
  • Africaコレクション NG A4470
  • BL-1603
  • SP-CT04-RBPBK
  • 多目的スリンダー式カメラバック
  • クラシックメッセンジャー S Rebel
  • プロランナー RL X450
  • トップローダーズームバック
  • 特徴
  • 牛革製でスタイリッシュなカメラバック
  • スタイリッシュで女性向けのカメラバック
  • 男女問わず人気があるショルダーカメラバック
  • アフリカンスタイルが特徴のカメラバック
  • 至れり尽くせりの高品質のカメラバック
  • リュックとしては機動性が高いカメラバック
  • 軽量かつ機動性の高いカメラバック
  • カラーも豊富なスタイリッシュなカメラバック
  • メインのカメラバックとして一押し
  • アウトドアでの撮影にはもっていこいのカメラバック
  • 価格
  • 5018円(税込)
  • 7280円(税込)
  • 3850円(税込)
  • 4083円(税込)
  • 6999円(税込)
  • 8199円(税込)
  • 3899円(税込)
  • 5400円(税込)
  • 42526円(税込)
  • 6859円(税込)
  • タイプ
  • リュック
  • リュック
  • ショルダー
  • ウエストポーチ
  • ショルダー
  • リュック
  • ウエストポーチ
  • メッセンジャー
  • キャリー
  • トップローダー
  • サイズ
  • 35 x 29 x 20 cm
  • 44.1 x 29.2 x 19.8 cm
  • 25 x 13 x 19 cm
  • 14.6 x 23 x 22.6 cm
  • 28 x 16 x 24 cm
  • 44 x 30 x 20 cm
  • 33.7 x 22.2 x 13.9 cm
  • 41 x 13 x 27 cm
  • 35 x 22.9 x 52.5 cm
  • 19 x 16.5 x 24 cm
  • 重量
  • 1.2 Kg
  • 1.25kg
  • 481 g
  • 422g
  • 1.39 Kg
  • 1.02 Kg
  • 490 g
  • 508g
  • 4.26 Kg
  • 159 g
  • カラー
  • ベージュ
  • ブラック
  • ブルー
  • ブラウン
  • ブラック
  • ブラック
  • ブラック
  • カーキー色
  • ブラック
  • ブラック

カメラバックの正しい使い方について

カメラバックはカメラマンにとって必須の仕事アイテムです。しかし長く使うとやはり汚れは溜まっていくもの。しかし丈夫な素材であればお手入れ次第で長く愛用できます。

基本は拭き取るだけ

大抵のカメラバックは撥水加工を施しており、水滴を弾く構造となっています。よってお手入れする際は、基本水拭きは必要ありません。

 

汚れを除去するには、バッグの中に溜まったホコリは掃除機で吸い取りましょう。そしてメッシュ加工の部分やファスナーの汚れについては不要な歯ブラシで落として下さい。その後は柔らかな布で表面をサッと拭き取れば十分です。

 

別に頻繁に行う必要はなく、汚れが気になれば実行していきましょう。

革製品のクリームを使ってみるのもアリ

基本はホコリを落として布で拭き取るだけでも十分なのですが、カメラバックは革製品でもありますので、革製品専用のクリームでクリーニングするのもOKです。

 

手順は簡単で、カメラバックをブラッシングした後、クリームを少しづつ塗っていくだけです。ほんの少量で伸ばしに伸ばして塗りこんで下さい。塗った直後は確かにべたつきますが、乾くとサラサラになるので手にくっつくことはありませんので大丈夫です。

 

特に革製品のカメラバックの場合、クリームを施せば革そのものに潤いがでてくるのでこまめに手入れすれば長く使えるようになるでしょう。

まとめ

ここまでおすすめのカメラバックについて紹介しました。カメラバックといえばいかにもおじさんが持つアイテムのイメージがありましたが、最近のカメラバックは色もカラフルになり、女性も注目されるファッションアイテムになりつつあります。写真好きの人にはぜひウィンドウショッピングにてお気に入りのカメラバックを見つけて下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ