記事ID138557のサムネイル画像

【携帯性抜群】おすすめのプロテインボトル人気ランキング10選

プロテインボトルは数多くの種類があるため、どのように選べばよいか分からないという人も多くいるでしょう。携帯性に優れた物はジムへ行く人に絶大な人気があります。また洗い方にも触れています。今回はプロテインボトルの選び方から実際におすすめなプロテインボトルをランキング形式で紹介します。

プロテインボトルの必要性

ジムに必ず持っていきたい理由

プロテインはジムでトレーニングをする際には必ず摂取したい栄養の一つです。人間の体の大部分を作っているのがプロテインであり、トレーニングをする際には真っ先に消費される要素の一つです。

 

タンパク質が不足するとトレーニングの効果が薄れてしまったり、最悪の場合意味がなくなってしまうこともあるのでそのプロテインを携帯できるプロテインボトルに入れて必ず持っていくようにしましょう。

プロテインを生活の一部にする

プロテインボトルがあることで、ジムだけでなく職場や学校にもプロテインを入れて持ち運ぶことができます。食事だけでは補うのが難しいタンパク質を生活の中で自然に取り入れていけるのがプロテインの良いところです。

 

近頃はジムに持っていくためだけでなく、いっけん見ただけではただの飲料水ボトルのようにしか見えないおしゃれなものも多く発売しています。自分の好みのボトルを見つけて普段の生活で効率よくプロテインを摂取しましょう。

プロテインボトルの選び方

プロテインボトルを選ぶ際には自分に合ったものを選ぶためにいくつか注意して選ぶポイントがあります。自分に合った特性のものを選んでより効率的にプロテインを摂取しましょう。

蓋の形状で選ぶ

蓋の形状はプロテインを作ってから持ち運ぶか、出先で作るかによってどちらが良いかが変わってきます。自分の用途に合う形状のものを選ぶようにしましょう。

大口タイプ

大口タイプはコップで飲むようにゴクゴクとプロテインを摂取できるのも人気の一つです。トレーニング後などに疲れていてさっとプロテインを摂取したい人におすすめの形状です。シンプルな形状であるため、洗う際もしっかりと中まであらうことができます。

 

しかし、シンプルな形状である反面、蓋に密閉性があまり高くないので水分が入っている状態で横に倒してバッグなどに入れておくとこぼれてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

 

細口タイプ

細口タイプは蓋の形状によって密閉性が高いため、プロテインボトルを強くシェイクしても中身がこぼれたり溢れたりしにくいのが特徴です。また作っておいたプロテインを持ち運ぼうとしてもカバンの中で溢れてしまうことが少ないでしょう。

 

プロテインの粘性が高く、比較的ドロッとしているような場合には、細口の場合には若干飲みやすさを感じることもあるでしょう。トレーニング後に少しずつプロテインを摂取したいという人におすすめの形状です。

ボトルの大きさで選ぶ

ボトルの大きさは用途によって自分に合うサイズを選ばなくては、邪魔になってしまったり容量が足りなかったりと問題になります。自分に必要なサイズを把握しておくようにしましょう。

300ml作れるサイズ

基本的にプロテインを一度に摂取する場合には300ml程度の水に溶かすのが一般的です。そのため300mlを作れる量のプロテインボトルであれば十分に使っていけるでしょう。また、このサイズのボトルは持ち運びもしやすいのでおすすめです。

 

一般的にプロテインを作る際にはボトルをシェイクして作りますので、300mlを作れるプロテインボトルは600mlほど入るようになっています。そのため別の容器でプロテインを作っておけば、この300mlのプロテインを作れる容器に入れて二回分を持ち運ぶこともできます。

 

 

700ml以上作れるサイズ

700ml以上を作れるサイズのプロテインボトルは、トレーニング前やトレーニング中、更にはトレーニング後など、二回に分けるなどしてプロテインを摂取する人におすすめできるプロテインボトルです。

 

小さいサイズで何度もプロテインを作るのは大変手間がかかるので、このような大きめのボトルにプロテインだけ入れてジムなどに持っていくことで、現地では水を入れてシェイクするだけで完成します。

 

このサイズのボトルになると、大口のものが多くなり、予めプロテインを水に溶かした状態で持ち運んだ場合にはバッグの中で溢れやすいことがあるので注意が必要です。

価格で選ぶ

価格だけでプロテインボトルを選ぶと、安いものから高価なものまでさまざまです。自分に必要な性能があるボトルを選んで、自分に合ったボトルを選ぶようにしましょう。

安価で買いやすいプロテインボトル

現在ではさまざまな安価で高性能なプロテインボトルが売られています。しかし安価な物はボトルの品質や性能で高価なものに劣る場合もあるので、注意が必要です。基本的にプロテインは家で摂取するという人には安価でただシェイカーとして機能する物でも十分でしょう。

 

しかし持ち運びをしたい場合などでは耐久性が劣ることもあります。また、メモリが無いなど最低限のプロテインボトルとしての性能も揃っていない場合もあります。しっかりを確認をしてから購入するようにしましょう。

高価だが耐久性のあるプロテインボトル

2000円程度の一般的なプロテインボトルを購入することで、液漏れや破損等の心配がかなり軽減されることでしょう。また付加価値がついている多機能ボトルなども発売されており、より効率的にプロテインの摂取ができます。

 

また、数万円するような高価なプロテインボトルの場合にはボトルの材質がステンレスであるため耐久性に優れたりする物もあるため長い年月使っていきたいという人には高価なプロテインボトルもおすすめです。

付加価値のあるプロテインボトル

付加価値は人によっては価格が上がっても必要な機能であることが多くあります。自分に必要な付加価値を見つけて、自分にピッタリのプロテインボトルを選びましょう。

ステンレスボール付き

ステンレスボールのついているプロテインボトルは素早くシェイクすることができます。またプロテインの粉がダマになりにくいので、のどごしも良くなります。ステンレスボールはかなり大きなメリットとなるでしょう。

 

また、ステンレス製のため錆びることはないので、衛生的にも安心です。ステンレスボールの洗い方は、ボトルに水と洗剤を入れてプロテインと同じようにシェイクすることで汚れが落ち、きれいになります。

 

ステンレスボールと同じ効果のあるメッシュ状の内蓋があるタイプもおすすめです。基本的にはボトルと同じ素材であることが多いので、衛生的にも問題ありません。

ダブルロック付き

ダブルロック機能付きのプロテインボトルであれば、どんなに激しくシェイクしても、作りおきのプロテインをバッグなどに入れて持ち運んでも溢れてしまうことがないでしょう。

 

密閉性の高いダブルロック機能付きのプロテインボトルは高価になる傾向がありますが、頻繁にプロテインを持ち歩くという人や、プロテインを飲むときにダマになっているのが好きではないという人におすすめできます。

電動撹拌機能付き

電動撹拌機能付きのプロテインボトルは、2000円程度から売られています。ボタンを押すだけでプロテインができるというお手軽さで人気があります。た電動の場合は、自分でシェイクする場合にくらべても、ダマになりにくく、のどごしも良いでしょう。

 

電動のプロテインボトルの場合は、電源を供給する方法もしっかりと確認して外出先でも手軽に使用できる物を選ぶようにしましょう。プラグから供給するタイプの物は野外では使用できない場合もあるので注意が必要です。

 

また電動のプロテインボトルでは、密閉性や耐久性などが高くないことが多いので、注意が必要です。あくまでも、撹拌能力に特化したプロテインボトルという認識を忘れずに選ぶことをおすすめします。

プロテインボトルの人気ランキング10選

第10位

DHC

プロティンボトル

価格:247円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

DHCプロテインダイエット専用シェイカー

DHCプロテインダイエット専用シェイカーでありながら、そのシンプルで可愛い見た目と使いやすさが話題を呼び、通常のプロテインを使用する人にも絶大な人気のあるプロテインボトルです。

 

また、握りやすいサイズのため、女性からも人気があります。通常のプロテインボトルと比べても優しさのある見た目なのでジム以外で使用しても違和感がないでしょう。ジム以外でもプロテインを摂取していきたいという人におすすめです。

容量600mlサイズ8.7×8.8×19.2
素材収納ケースなし
第9位

イプロテイン

シェイカー ブルー

価格:284円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

価格以上の価値がある、コスパ最強

価格が300円未満でこれだけの性能があるプロテインボトルは類を見ません。しっかりとダマにならずにプロテインを撹拌できるように設計されており、ステンレスボールがあることによって力を入れずにしっかりとプロテインを美味しくのみことができるでしょう。

 

飲み口の蓋は音がするまでしっかりとはめましょう。少し力が入りますが、音がするまでしっかりとはめればカバンの中で横にして収納しても溢れることが無いでしょう。

見た目もリーズナブルなプロテインとは思えないので初めてプロテインボトルを購入するという人にもおすすめです。

容量400mlサイズ
素材収納ケース
第8位

FIX IT

プロテイン シェイカー

価格:690円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目も可愛く女性からも人気

見た目も可愛く持ち運びのしやすいサイズのため、オフィスで働く女性からも人気があります。プロテインだけでなく粉末サプリや青汁などの健康食品にも使用することができます。ちょうどよいサイズ感のため握りやすく、シェイクも安定します。

 

ボトル部分の作りもしっかりとしているため、握った感じも安定しています。特に手の小さい女性からの支持が大きいです。ジムだけでなく、普段の私生活で持ち運びたいという人にもおすすめのプロテインボトルです。

容量300mlサイズ75mm☓75mm☓140mm
素材収納ケースなし
第7位

ドーム

DNS HANDY SHAKER

価格:320円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心安全の日本製品で長く続く人気製品

密閉性に優れているのでプロテインを作ってから持ち歩くこともできる便利なプロテインボトルです。見た目もシンプルで誰にでも似合うような汎用性の高いデザインです。価格も安価のため、試しに購入してみたいという人にもぴったりです。

 

シェイカーとしての役割をしっかりと果たしてくれるので、プロテインがダマになって混ざりきらないということもなく、長く安心して使用することができるでしょう。大口のため、水洗いもしやすくボトルのそこまでしっかりと手が届きます。

容量600mlサイズ90×90×140mm
素材原料樹脂:ボトル:ポリプロピレン、フタ:ポリエチレン収納ケースなし
第6位

Smart Shake(スマートシェイク)

多機能プロテインシェイカー 

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リサイクル可能な高品質樹脂を使用しているため環境にも優しい

PHIL HEATH(フィル・ヒース)の公認モデルということもあって、ボディビルを目指す人だけでなく、少し憧れてジムでトレーニングしているアマチュアまで多くの人に愛される製品となっています。

 

縦長の3層構造で複数回分のプロテイン、さらにトレーニングで損なわれやすい栄養素を補うサプリメント、そして通常の飲み物を同時に携帯することが可能になった一石三鳥の次世代プロテインボトルです。

 

また、こだわりの素材を使用することで、非毒性であり、電子レンジや冷蔵庫にも対応している万能なプロテインボトルです。メモリもmlとozの療法が表記されており、様々な国籍の人に愛されています。

容量800mlサイズ100mm x 100mm x 250mm
素材ポリプロピレン 収納ケースなし
第5位

bestjunlyjp

電動シェーカー プロテインシェイカー

価格:1,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電池式のため外出先でも利用可能

電池駆動のため、いつでもどこでもプロテインを思い通りに作ることができます。またプロテインだけでなく、毎日の生活で足りない栄養素を補うための健康粉末ドリンクなどにも対応しているため大変便利です。

 

そのデザインも未来的でかっこよく、透明タイプなのでプロテインの撹拌を視認できるのもメリットの一つです。洗浄もしやすい構造となっているので、衛生的です。プロテインの摂取も楽しみとなるようなプロテインボトルです。

容量450mlサイズ86mm x 65mm x 228mm
素材食品レベルPC+ステンレス収納ケース
第4位

エクスパンド (EXPAND)

ブレンダーボトル BBSME28

価格:1,786円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ステンレスボール付きでダマにならずに撹拌できる

大容量の800mlで通常の2回分のプロテインも一度に作ることができます。ボトルの蓋には飲み口も付いているので飲みやすく高品質で経年劣化もしにくいため長く使用できるでしょう。

 

また飲み口の蓋はしっかりと「カチッ」という音とともに閉まるので、蓋がしっかりと閉まっていなかったためバッグの中で漏れているなどという心配がありません。

 

見た目もスタイリッシュでおしゃれなのでジムで飲むときも他に差をつけることができます。さらに女性でもつかみやすいボトル形状のため、汗をかいた手で持っても滑りにくくおすすめです。初めてプロテインボトルを購入するという人にも人気があります。

容量800mlサイズ95.3mm x 95.3mm x 222.3mm
素材体/ポリプロピレン、キャップ/ポリエチレン、フタ/ポリプロピレン、ブレンダーボール/電解研磨316ステンレス鋼収納ケース
第3位

HealthLand

電動シェーカーPROMIXX

価格:4,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

非臭気吸収食品用プラスチック使用のため匂いが気にならない

安定してしっかりとダマにならないように撹拌できる電動のプロテインボトルです。小さなスクリューですが、大きな威力を持っています。最後の一口まで喉越し良くプロテインを飲むことができるでしょう。

 

全米全英電動シェーカー部門で圧倒的な第一位に輝いた実績を誇る電動プロテインボトルです。手動でシェイクすると時間も掛かるため、トレーニングの合間に時短と労力の節約をしたいという人におすすめの電動プロテインボトルです。

 

電動シェイカーならではの少ない泡立ちでいつもより美味しいプロテインを楽しみましょう。電動プロテインボトルの中では価格も安価なのでコスパも良くておすすめです。

容量600mlサイズ85mm x 85mm x 220mm
素材非臭気吸収食品用プラスチック収納ケースなし
第2位

明治

ザバス プロテインシェイカー

価格:637円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超有名プロテインブランドのプロテインボトル

シンプルでスタイリッシュな見た目のため飽きが来ないプロテインボトルです。持ちやすいボトル部分に大口の蓋がしっかりと閉まるので、安心で使いやすいです。そのシンプルさ故に洗浄も容易なため人気があります。

 

内部は広く余裕のあるボトル形状のため、プロテインをシェイクするときにダマになりにくくのどごしの良いプロテインを飲むことができます。その見た目のかっこよさと使いやすさでプロテインだけでなくその他の粉末サプリ用に使用する人が多くいます。

 

大口の蓋では珍しく締めたときに音がしてしっかりと締まったことを知らせてくれます。そのため液漏れの心配をすることがないので大変便利な機能です。

容量500mlサイズ86mm×86mm×155mm
素材原料樹脂: ポリプロピレン収納ケースなし
第1位

エクスパンド (EXPAND)

ブレンダーボトル BBPSE22 FCBK

価格:1,820円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

特許取得のブレンダーボール付属でなめらかなプロテインを味わえる

ブレンダーボールは医療手術に使用されるものと同じグレードのステンレスを使用しているため、かなりの高品質で耐久性に優れます。また衛生面でも安心できるように製造されています。

 

ボトルはリサイクル可能な材質でできているので、環境問題に敏感な人からも人気があるプロテインボトルです。またそのスマートなボトルは車載のボトルホルダーにもピッタリと収まるサイズです。

 

粉状のプロテイン、その他サプリメントなどを別々に収納できるように設計してあるため、多機能で使いやすいプロテインボトルです。初めての購入でも満足ができることでしょう。

容量650mlサイズ104mm×104mm×218mm
素材本体/ポリプロピレン、キャップ/ポリエチレン、フタ/ポリプロピレン、ブレンダーボール/電解研磨316ステンレス鋼収納ケースなし

プロテインボトルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5072877の画像

    エクスパンド (EXPAND)

  • 2
    アイテムID:5072876の画像

    明治

  • 3
    アイテムID:5072869の画像

    HealthLand

  • 4
    アイテムID:5072872の画像

    エクスパンド (EXPAND)

  • 5
    アイテムID:5073655の画像

    bestjunlyjp

  • 6
    アイテムID:5072871の画像

    Smart Shake(スマートシェイク)

  • 7
    アイテムID:5073656の画像

    ドーム

  • 8
    アイテムID:5073653の画像

    FIX IT

  • 9
    アイテムID:5072873の画像

    イプロテイン

  • 10
    アイテムID:5073657の画像

    DHC

  • 商品名
  • ブレンダーボトル BBPSE22 FCBK
  • ザバス プロテインシェイカー
  • 電動シェーカーPROMIXX
  • ブレンダーボトル BBSME28
  • 電動シェーカー プロテインシェイカー
  • 多機能プロテインシェイカー 
  • DNS HANDY SHAKER
  • プロテイン シェイカー
  • シェイカー ブルー
  • プロティンボトル
  • 特徴
  • 特許取得のブレンダーボール付属でなめらかなプロテインを味わえる
  • 超有名プロテインブランドのプロテインボトル
  • 非臭気吸収食品用プラスチック使用のため匂いが気にならない
  • ステンレスボール付きでダマにならずに撹拌できる
  • 電池式のため外出先でも利用可能
  • リサイクル可能な高品質樹脂を使用しているため環境にも優しい
  • 安心安全の日本製品で長く続く人気製品
  • 見た目も可愛く女性からも人気
  • 価格以上の価値がある、コスパ最強
  • DHCプロテインダイエット専用シェイカー
  • 価格
  • 1820円(税込)
  • 637円(税込)
  • 4580円(税込)
  • 1786円(税込)
  • 1800円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 320円(税込)
  • 690円(税込)
  • 284円(税込)
  • 247円(税込)
  • 容量
  • 650ml
  • 500ml
  • 600ml
  • 800ml
  • 450ml
  • 800ml
  • 600ml
  • 300ml
  • 400ml
  • 600ml
  • サイズ
  • 104mm×104mm×218mm
  • 86mm×86mm×155mm
  • 85mm x 85mm x 220mm
  • 95.3mm x 95.3mm x 222.3mm
  • 86mm x 65mm x 228mm
  • 100mm x 100mm x 250mm
  • 90×90×140mm
  • 75mm☓75mm☓140mm
  • 8.7×8.8×19.2
  • 素材
  • 本体/ポリプロピレン、キャップ/ポリエチレン、フタ/ポリプロピレン、ブレンダーボール/電解研磨316ステンレス鋼
  • 原料樹脂: ポリプロピレン
  • 非臭気吸収食品用プラスチック
  • 体/ポリプロピレン、キャップ/ポリエチレン、フタ/ポリプロピレン、ブレンダーボール/電解研磨316ステンレス鋼
  • 食品レベルPC+ステンレス
  • ポリプロピレン
  • 原料樹脂:ボトル:ポリプロピレン、フタ:ポリエチレン
  • 収納ケース
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし

プロテインボトルを使用する際の注意点

容量に合った分量を入れる

自分でシェイクするタイプのプロテインボトルは実際に入れられる容量と同等レベルの水を入れてしまうと、シェイクした際にうまく混ざらず、ダマになってしまうことが多くあります。そのため作るプロテインの量はボトルの容量よりも少なめにする必要があります。

使用後は必ずしっかりと洗浄する

プロテインを毎日摂取する人にとっては、プロテインボトルを毎日洗浄することは大きな手間に感じる人もいるでしょう。しかし、その手間を惜しんで清潔さを気にしないでいると、細菌による食あたりなどになる可能性もあるのでしっかりと清潔さを守るようにしましょう。

まとめ

プロテインボトルの選び方から使い方、そして実際に人気のあるおすすめプロテインボトルをランキング形式で紹介しました。ランキングを参考に自分にぴったりなプロテインボトルを見つけましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ