記事ID138527のサムネイル画像

【快適に穴あけ】おすすめの電動ドリルの人気ランキング10選

電動ドリルは穴あけ作業に特化した工具であり、DIYなどに最適です。電動ドリルは初心者にもおすすめな木材への使用は勿論、製品によっては高いトルクによって金属にも穴をあけられます。今回はそんな電動ドリルの人気のおすすめ商品をランキング形式で10選紹介します。

DIYに最適な電動ドリル

電動ドリルは一般的にモーターの回転を利用して穴を空けることに特化した電動工具です。ドライバードリルや振動ドリルなど、類似品が多いですが、電動ドリルは基本的に木材や金属に穴を空けることを目的として設計されています。

 

今回はそんな魅力溢れる電動ドリルを、定番の製品からあまり知られていない知る人ぞ知るものまで、製品の特徴などともにおすすめの物を幅広く紹介していきます。自分にぴったりの電動ドリルの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

電動ドリルの選び方

電動ドリルと一口に言っても様々な種類があり、どれを選んだらいいか困ってしまいますよね。ここでは幾つかのポイントに絞って電動ドリルの選び方をご紹介します。

タイプで選ぶ

電動ドリルの形状は幾つかのタイプでわかれています。それぞれ得意とするものが違うため、目的に合わせて選びましょう。

ポピュラーな「ピストル型」

一般的に最も電動ドリルでイメージされやすく、ポピュラーなタイプがこちらの「ピストル型」です。非常に使い勝手が良く、製品ラインナップの多さが魅力です。その名の通り拳銃のような形状をしており、トリガーを引くことで稼働させることができます。

 

比較的小型で軽量な製品が多いため、取り回しがしやすく繊細な作業にも適しています。一般家庭でのDIYに向けた製品から、ハイスペックなプロ仕様のものまで実に様々なものがあります。

 

また、ドリルドライバーとの兼用品も多く汎用性が高いこともポイント。大容量バッテリーをなどを搭載したものが多く、長時間連続で使用したい方にもおすすめです。

高出力の「Dハンドル型」

Dハンドル型」は、その名の通り持ち手部分がアルファベットの「D」の形状をしているのが特徴です。このタイプのほとんどは比較的大型で、高出力のパワフルなものが多く、大掛かりな作業に適しています。

 

また、D型のグリップ部分に加えて、もう一方の手で握るハンドルが取り付けられているものがほとんどです。これらの形状から、両手を使って作業することを得意としています。

 

大工作業でも頻繁に利用される本格派のタイプですが、片手での使用は電気ドリルの重心を大きく外れているため安定しにくく、軽作業にはあまり適していません。

細かい作業に最適な「アングル型」

アングル型」は、直線的なフォルムで、先端部がL字型になっているのが特徴です。ほとんどがコンパクトで、ピストル型やDハンドル型では上手く作業できない狭い箇所での穴あけに最適な形状です。

 

すでに構造物が設置されていている建築現場や構造物などの作業スペースが限られている状況でよく使用されるタイプです。また、利便性を重視して、このタイプの電動ドリルのほとんどは給電方式に充電式を採用しています。

 

大がかりな作業は苦手としていますが、小回りが利くため、狭い場所や複雑な箇所への穴あけを検討している方におすすめのタイプです。

給電方式で選ぶ

電動ドリルの給電方式は、AC電源式と充電式の大きく2つに分かれます。使用用途によって適切なものが違うため、最適なほうを選びましょう。

安定した電力を確保できる「AC電源式」

ドリルドライバーなどの兼用を除いて、電動ドリル単体品は、充電式の普及はあまり進んでいません。そのため、コンセントから直接電力を給電する「AC電源式」が一般的です。安定した電力を確保できるため長時間の連続使用に最適です。

 

そのため、出力が大きい電動ドリルのほとんどがこちらの給電方式を採用しています。しかし、コードが届く範囲でないと作業できない点や、作業中にコードが邪魔になってしまう可能性があることには注意が必要です。

 

また、コンセントがないと使用できないため、屋外で使用する場合は電源を確保することが難しく、使用場所が限定されてしまう点がデメリットです。

様々な場所での使用が可能な「充電式」

アングル型や、電動ドリルとドリルドライバーとの兼用品などの省電力の製品に多いのが「充電式」です。最大の魅力はやはりコードを使用しないため、使用場所が限定されず、屋外などの様々な状況での使用に適応できる点です。

 

また、コードを気にして作業することもないため、繊細な作業にも最適な給電方式と言えます。しかし、作業途中で充電が切れてしまうおそれがあるため、連続して長時間使用する方には不向きです。

 

次に使用する時にすぐ使えるように、使用後は忘れずに充電する煩わしさがあることも頭に入れておかなければなりません。

 

 

 

 

穴あけ能力で選ぶ

電動ドリルの穴を空けるパワーの目安として、ドリルチャックで選ぶことができます。ドリルチャックとは、一般的に用いられるストレートシャンクを、簡単で安全に締め付けることができる3つ爪式のチャックのことを呼びます。

 

チャックハンドルで締めるタイプと、スリーブを手動で回すことによって締め付けるタイプがあります。ドリルチャックの種類は6.5mm・10mm・13mmの三種類があり、金属用の鉄工錐を使用する場合は、装着できるドリルビットの最大径になります。

 

なお、締め具合で開きを調節できるため、チャック能力以下のドリルビットはすべて装着が可能となっています。また、鉄工錐で穴径10mm以上の穴をあける場合は、大型タイプがおすすめです。

 

 

回転数で選ぶ

電動ドリルには、使用する素材や作業用途に合わせて様々な回転数があります。基本的に回転数が高い機種になればなるほど、金属などの硬い素材への穴あけに適してきます。反対に回転数の低いものほど、木材などの柔らかい素材に適しています

 

大まかな目安としては、2,000minより大きければ高速、小さければ低速と判断できます。超高速型では4,000minを超え、超低速では600minほどにとどまります。

 

ちなみに、木工用や金属用といった名称が付いている電動ドリルは、それぞれの素材に合わせた最適な回転数を搭載しているため、後々変更するといったことはできないため注意が必要です。

付加機能で選ぶ

電動ドリルには様々なオプション機能を搭載したものがあります。無段変速機能を搭載したものは、回転数を段階ごとに変更できるため、素材に合わせて使用でき、また切り始めのフラつきも防ぐことができます。

 

2スピード切替機能は、高速・低速の速度切り替えを容易にできるため、作業の効率化がはかれます。正逆回転切替機能がついたものは、逆方向に回転させることができるため、ビットを抜く際にひっかからず快適に抜くことができます。

 

ブレーキを搭載したものは、電源を切ると同時にブレーキがかかって即座に回転が停止するため、安全性が向上し、作業効率も上がります。また、トルクリミッターも過負荷が掛かると、ビットの回転を停止するため安全性の高い機能です。

メーカーで選ぶ

現在数多くのメーカーが優れた電動ドリルを販売しています。どのような電動ドリルを購入すべきかわからない場合、メーカーで選ぶこともおすすめです。まずおすすめなのが国内総合電動工具メーカー「マキタ」です。

 

製品ラインナップが豊富で、製品の全体的なバランスを重視している良品が非常に多いです。次に、こちらも国内電動工具メーカー「ハイコーキ」です。こちらは、設計はパワーを重視しているものが多く、バッテリーの充電が早いのが魅力です。

 

他にも電動工具の他、ガーデン機器や清掃機器も手掛ける「リョービ」は低価格で初心者向けのものが多いです。ドイツのメーカーである「ボッシュ」は、製品の耐久性能の高さが魅力。それぞれのメーカーに特徴があるため、好みに合わせて選びましょう。

 

電動ドリルの人気ランキング10選

第10位

GORIX(ゴリックス)

GDrill2-3.6V

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

LEDライト搭載の格安モデル

3000円を切るお手頃価格が嬉しいピストル型電動ドリルです。単にピストル型だけでなく、ヘッド方向を切り替えることで、よりまっすぐな形状に変形し、届きにくい場所にも対応できるなど、状況に合わせた使い方ができる特徴を持っています。

 

さらに、17段チャック切り替えや、ドリルビット含む23ビットセットなど汎用性の高さもポイント。LEDライトも搭載されており、薄暗い場所でも手元を照らすことで安全に作業ができます。

 

充電方式には電動ドリルでは珍しいUSBでの給電方法をとっています。価格が安いため、性能の安定感は少し劣りますが、ドリルドライバーとしても使用できるため、最低限の穴あけ作業やネジ締めにおすすめです。

タイプピストル型給電方式充電式
重量380g回転数550回(1分間)
第9位

HiKOKI (ハイコーキ)

FD10VST

価格:7,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトでハイパワーな電動ドリル

コンパクトなボディが特徴で手の小さな女性の方でも取り回しやすい電動ドリルです。コンパクトな見た目とは裏腹に450Wのハイパワーがあり、木材は勿論、金属の穴開けにも使用することができます。

 

正逆転切替レバーや、大形無段変速スイッチなど、シンプルながら電動ドリルに搭載すべき便利な機能はしっかりとおさえています。また、連続運転に便利なスイッチストッパも搭載されています。

 

また、チャックハンドルが標準付属されているのもポイント。シンプルな電動ドリルとしての機能のみで使用用途がはっきりしており、コンパクトなボディでありながらパワーのある製品をお探しの方におすすめです。

 

 

タイプピストル型給電方式AC電源式
重量1.2kg回転数3200(1分間)
第8位

マキタ(Makita)

M609

価格:6,090円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

工具なしで先端工具の交換が可能

電動工具、木工機械、エア工具などの総合電動工具メーカーとして絶大な信頼のある「マキタ」製の電動ドリルです。キーレスドリルチャックなので、工具なしで先端工具の交換が可能となっています。

 

回転が正逆転両切り替えスイッチで容易に切り替えることができるので、ネジの取り外しやキリの抜き取りにも便利です。また、鉄工・木工のどちらにも対応し、トリガーの弾き加減でパワーが調整できるなど非常に扱いやすいです。

 

スイッチロックボタンを搭載しているため連続での作業がしやすく、無段変速スイッチで穴の開け始めや位置決めがしやすいなど扱いやすさに長けた製品です。

タイプピストル型給電方式AC電源
重量1.4kg回転数2500回転(1分間)
第7位

マキタ(Makita)

DA3010F

価格:18,556円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

狭い場所にもしっかり届く

マキタ」製のアングル式電動ドリルです。アングル式の強みであるコンパクトで無駄のない形状を活かし、狭い場所や手が届きにく部分での穴あけに最適な電動ドリルです。

 

充電式を採用することが多いアングル式ですが、こちらの製品はコンセントから直接電力を給電するタイプとなっており、そのためアングル式ながら安定して高い電力を受けることができます。

 

付属品に両手で安定して持つためのハンドルも付属されているので、狭い場所などでの片手での使用は勿論、通常時には両手で安定した操作ができるなど、一般的なアングル式よりも高い汎用性を持っています。

タイプアングル式給電方式AC電源式
重量1.4kg回転数2400回転(1分間)
第6位

ボッシュ(BOSCH)

GBM10RE/N

価格:7,988円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抜群の耐久性を備えたコンパクトモデル

業界内でも最小レベルのコンパクトボディをもった電動ドリルです。コンパクトながら450Wのハイパワーモーターを搭載しているため十分な火力を発揮します。正転・逆転スイッチや、連続作業に便利なオン保持ボタンなど、嬉しい機能も盛りだくさんです。

 

また、スイングカーボンブラシ採用によりトルクと耐久性が向上しているため、過酷な環境での使用にも耐えることができます。電子無段変速スイッチは操作のしやすい2フィンガータイプとなっており操作性も良好。

 

全ての軸受けにボールベアリングを採用し、正確なアライメントを保持する焼結ベアリングブラケットや、新型ヘリカルギアの採用など、とにかく安全性と耐久力に優れた電動ドリルです。

タイプピストル型給電方式AC電源式
重量1.2kg回転数2600回転(1分間)
第5位

HiKOKI (ハイコーキ)

D13VK

価格:19,954円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロ向けの本格派電動ドリル

業務用にしようされることも多い本格的なD型ハンドル型電動ドリルです。D型ハンドル型の特徴である高出力を実現し、なんと820Wものハイパワーモーターを搭載しています。本体もそのポワーに耐えることができるほど、堅牢・高耐久の作りとなっています。

 

その高耐久性能は、アルミ二重絶縁構造やアルミダイカストボディとプラスチック内筒式二重絶縁構造の採用によって生み出されています。

 

2層成形サイドハンドルや、低速/高速二段変速シフトレバー採用など、操作性・機能性もすぐれており、扱い安さにも長けています。専用のケースもついているため、収納時にも便利です。

 

 

タイプD型ハンドル型給電方式AC電源式
重量2.9kg回転数2900回転(1分間)
第4位

HiKOKI (ハイコーキ)

D10VH2

価格:8,930円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高出力のピストル型で安定した操作性

幅広い製品ラインナップを揃えた電動工具ブランドである「ハイコーキ」から、操作性に優れた電動ドリルです。ピストル型の中ではかなりの高出力である680Wのハイパワーモーターを搭載し、コンパクトながらパワフルな性能となっています。

 

調整ノブ付変速スイッチにより、スイッチの引き代がダイヤル操作で調整でき、回転数を一定に保つことができます。また、堅牢な筒形ハウジングを採用しているため、耐久力にも非常に優れています。

 

さらに、キー付チャック採用により先端工具を確実に保持できるなど、使用時の安定感も向上しています。これだけの性能を持ちながら、価格は1万円前後と安く、コストパフォーマンスに優れた逸品です。

タイプピストル型給電方式AC電源式
重量1.4kg回転数2600回転(1分間)
第3位

リョービ(Ryobi)

D-1300VR

価格:9,352円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大型補助ハンドルで操作性向上

ホームセンターなどでも良く目にする世界的なダイカストトップメーカーである「リョービ」から、高い操作性をもったD型ハンドルタイプの電動ドリルです。大きめの補助ハンドルによってしっかりと持つことができ、操作時にも高い安定感を維持します。

 

D型ハンドルらしく610Wの高主力で、そのパワーに耐えることができるダイカスト製のギヤケース、インナーケースを採用しています。高価な製品が多いD型ハンドルの電動ドリルの中では価格が1万円を切るお手頃価格なのもポイントです。

 

ハンドル部には、握り心地が良く防振効果のあるソフトグリツプを採用し、連続作業に便利なスイッチロックボタンや、正逆バリアブルスイッチも搭載した操作性に優れた製品です。

タイプD型ハンドル型給電方式AC電源式
重量2kg回転数1100回転(1分間)
第2位

リョービ(Ryobi)

MD-12VR

価格:6,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手頃価格で入門機としてもおすすめ

こちらも人気メーカー「リョービ」から、軽作業に最適な電動ドリルです。非常に取り回しやすいピストル型のフォルムで取り回しやすく、女性の方でも安心して扱うことができます。

 

正転・逆転機能や、無段変速機能など、必要な機能はおさえてあり、価格も非常にお手頃であるなど、電動ドリル入門機としても非常におすすめです。

 

口コミでも「静かでパワフル。本体も軽く使いやすいです。」「逆回転もできるので、ドリルを抜く際に重宝しました。」など高い評価が目立ちます。手頃なお値段で扱い安く、一般のご家庭でのDIYなどにおすすめです。

タイプピストル型給電方式AC電源式
重量1.0㎏回転数2100回転(1分間)
第1位

HiKOKI (ハイコーキ)

FDS12DVD

価格:9,051円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汎用性が高く口コミでも大人気の逸品

さて、今回最もおすすめしたい製品がこちらです。「ハイコーキ」から、大容量バッテリーを搭載したコードレスの電動ドリルです。クラッチダイヤルで締付けトルクを22段階に調整が可能でクラス最強のトルク32N・mを誇ります。

 

木や鉄の穴あけは勿論、ドリルドライバーとしても使用でき、充電式による広い使用状況もあって汎用性が高い製品となっています。

 

口コミにおいても「バッテリーの持ちはかなり良く、コスパに優れています」「トルク調整およびスピードも可能で長時間使用でも、充電時間によるロスはほぼありません」など絶賛されています。家庭用の電動ドリルをお探しの方に是非おすすめです。

タイプピストル型給電方式充電式
重量1.0kg回転数1050回転(1分間)

電動ドリルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5071123の画像

    HiKOKI (ハイコーキ)

  • 2
    アイテムID:5071116の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 3
    アイテムID:5071113の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 4
    アイテムID:5071111の画像

    HiKOKI (ハイコーキ)

  • 5
    アイテムID:5071109の画像

    HiKOKI (ハイコーキ)

  • 6
    アイテムID:5071108の画像

    ボッシュ(BOSCH)

  • 7
    アイテムID:5071105の画像

    マキタ(Makita)

  • 8
    アイテムID:5071100の画像

    マキタ(Makita)

  • 9
    アイテムID:5071094の画像

    HiKOKI (ハイコーキ)

  • 10
    アイテムID:5071089の画像

    GORIX(ゴリックス)

  • 商品名
  • FDS12DVD
  • MD-12VR
  • D-1300VR
  • D10VH2
  • D13VK
  • GBM10RE/N
  • DA3010F
  • M609
  • FD10VST
  • GDrill2-3.6V
  • 特徴
  • 汎用性が高く口コミでも大人気の逸品
  • お手頃価格で入門機としてもおすすめ
  • 大型補助ハンドルで操作性向上
  • 高出力のピストル型で安定した操作性
  • プロ向けの本格派電動ドリル
  • 抜群の耐久性を備えたコンパクトモデル
  • 狭い場所にもしっかり届く
  • 工具なしで先端工具の交換が可能
  • コンパクトでハイパワーな電動ドリル
  • LEDライト搭載の格安モデル
  • 価格
  • 9051円(税込)
  • 6000円(税込)
  • 9352円(税込)
  • 8930円(税込)
  • 19954円(税込)
  • 7988円(税込)
  • 18556円(税込)
  • 6090円(税込)
  • 7000円(税込)
  • 2980円(税込)
  • タイプ
  • ピストル型
  • ピストル型
  • D型ハンドル型
  • ピストル型
  • D型ハンドル型
  • ピストル型
  • アングル式
  • ピストル型
  • ピストル型
  • ピストル型
  • 給電方式
  • 充電式
  • AC電源式
  • AC電源式
  • AC電源式
  • AC電源式
  • AC電源式
  • AC電源式
  • AC電源
  • AC電源式
  • 充電式
  • 重量
  • 1.0kg
  • 1.0㎏
  • 2kg
  • 1.4kg
  • 2.9kg
  • 1.2kg
  • 1.4kg
  • 1.4kg
  • 1.2kg
  • 380g
  • 回転数
  • 1050回転(1分間)
  • 2100回転(1分間)
  • 1100回転(1分間)
  • 2600回転(1分間)
  • 2900回転(1分間)
  • 2600回転(1分間)
  • 2400回転(1分間)
  • 2500回転(1分間)
  • 3200(1分間)
  • 550回(1分間)

アイテムを増やしてさらに快適に

電動ドリルを購入して使い続けていくうちに、より安定感やさらに高い操作性が欲しくなってきた場合におすすめなのがドリルスタンドです。卓上ボール盤として使うことができるため、電動ドリル単体よりも正確に穴を空けることができます。

 

その他にも電動ドリルでの作業時に様々な目的に合わせた便利なアイテムがあるので、気になる方はホームセンターのなどの工具売りコーナーなどでチェックしてみるのもおすすめです。

まとめ

ここまで電動ドリルのおすすめランキング10選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ここで紹介した製品はほんの一部で、他にもたくさんの種類の電動ドリルがあります。DIYがより快適になるように自分にぴったりの電動ドリルに出会えるといいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ