記事ID138525のサムネイル画像

【物語にドキドキしよう】人気の推理小説おすすめランキング10選

小説には様々なジャンルがありますが、その中でも人気のジャンルといえば推理小説です。登場人物や事件の謎や犯人など、魅力はたくさんありその後の展開にドキドキしながら読み進めることができます。今回はそんな推理小説の中からおすすめの作品をご紹介していきます。

推理小説を読んでドキドキ感を味わおう

物語の中に入り込むことができる小説は、読んでいて様々な気持ちにさせてくれますよね。ファンタジーやラブストーリー、コメディなど様々なジャンルがありますが、その中の1つとして推理小説があります。

 

事件の謎を解いていく過程にドキドキハラハラしたり、犯人の正体や謎が解けていった時の驚きを感じることができるため、とても人気があり多くの作品を生み出しているジャンルです。ぜひ小説を読んでドキドキしたいという人は推理小説を手に取ってくださいね。

 

今回は長い歴史の中で多くの人に愛され続けている推理小説の中から、特におすすめの商品をご紹介していきます。今まで推理小説を読むことがなかったという人もぜひチェックしてみて気になった作品を手に取ってみてください。

推理小説の選び方

推理小説は多くの作品がありますので、その中から自分が読みやすいと感じたり面白そうと感じる作品をチェックすることが大切です。推理小説の選び方のポイントをご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

長編か短編か

推理小説に限らず、小説を選ぶ際のポイントとして挙げられるのが、長編小説を選ぶか短編小説を選ぶかということです。より1つの物語に入り込みたいか、短い時間で読みたいかでも選ぶ作品は異なってきます。

1つの物語をじっくりと味わいたい人は長編を

謎がゆっくりと解明されていく過程を楽しみたいという人や、物語にじっくりとのめり込みたいという人はぜひ長編作品をチェックしてみてください。より長い時間をかけて1つの物語を楽しむことができます。

 

壮大な物語や事件を、より深く味わうことができるのが長編小説の魅力です。事件の謎だけではなく、ストーリーや登場人物のキャラクター性なども推理小説を楽しむうえでは欠かせないポイントですよね。

 

長編小説だとより登場人物についても楽しむことができます。ゆっくりと物語を読み進めていくことも、休日などに一気に読み進めることもできるので自分の好きなスタイルで楽しんでくださいね。

短い時間で楽しみたい人は短編を

通勤の合間など、短い時間で1つの物語を読み終わりたいという人は、ぜひ短編作品をチェックしてみてください。いくつかの物語を1冊で読むことができるため、気軽に推理小説を楽しむことができます。

 

初めて推理小説を読むという人や、普段小説を読むことがないという人にも短編小説はおすすめです。普段推理小説を読まない人は、長編の壮大な物語だと最後まで読み終えることができるかどうか不安に思って手に取りにくいかもしれません。

 

短編小説はそういった心配もなく、とりあえず1つの物語を楽しみたいという人にもおすすめします。ぜひ忙しい日々の合間の息抜きとして、推理小説を手に取ってみてくださいね。

ジャンルで選ぶ

推理小説とひと言に言っても、舞台となる時代や場所、環境などは作品によっても異なります。謎を解く過程や真相を楽しむ以外にも作品によって様々なポイントを楽しむことができます。ぜひ自分が好みのジャンルの作品を選んでくださいね。

現実の世界を感じたいという人は警察小説を

現実の世界では、事件を解決していくのは警察の仕事です。より現実の世界に使い世界で推理小説を楽しみたいという人は警察小説を手に取ってみてはいかがでしょうか。自分に近い世界を楽しむことができます。

 

警察が事件を解決していくという過程だけでなく、警察組織の中にまで切り込んだ作品も多く、警察組織の中の人間関係なども濃く描かれていて、様々な人の視点となって物語を楽しむことができます。組織の中の話を読みたいという人にもおすすめです。

 

ファンタジー性に富んだ作品というよりかは、リアルな世界を楽しみたいという人におすすめです。警察小説の作品はハードボイルドで重厚感のある作品が多いので、読みごたえがあるのも魅力的です。

怖さを求めるのであればホラー要素もある作品を

身の毛がよだつようなゾクゾクとした感覚を楽しみたいという人は、ぜひホラー要素のある推理小説を選んでみてはいかがでしょうか。推理小説の中には、ただ事件を解明していくだけでなく、不可解な出来事が次々と起こるようなホラー要素をもった作品も多くあります。

 

ホラーの楽しみ方は、何が原因で事件が起こっているのかが分からない不可解さと、今後も事件が起こるのかもしれないという恐怖ですよね。

 

ホラーと言ってもどのような怖さなのかは作品によって大きく異なります。ぜひ様々な作品をチェックして自分の好きな作品を見つけてくださいね。

1つの世界を楽しみたい人はシリーズ化されている作品を

1冊だけではなく、何冊かにわたって1人の登場人物や1つの世界観を楽しみたいという人は、シリーズ化されている作品を選んでみてください。人気のある作品はシリーズ化されていることも多く、個性的なキャラクターを楽しむことができます。

 

自分の好きな作品は、同じ登場人物や世界で別の物語も読んでみたくなりますよね。ぜひ好きな作品が見つかったら、シリーズ化されていないかチェックしてみてください。

 

長く同じ世界の作品を楽しむことができるのがシリーズ化されている作品の魅力です。最新作が出るのも楽しみになりますし、より深く作品の世界に飲めるこむことができるのでお勧めです。

特徴で選ぶ

特に人気のある推理小説は、作品の内容以外にも様々な特徴を持った作品があります。初めて推理小説を読むという人は、内容で選ぶのは難しいと感じることもありますよね。そのため、内容以外の特徴から選ぶのもおすすめです。

ドラマ化、映画化された作品をチェック

初めて推理小説を読むという人は、ぜひドラマ化、映画化された作品をチェックしてみてはいかがでしょうか。ドラマ化、映画化されていることで話題にもなっていますし、見たことのあるドラマや映画の原作は手に取りやすいですよね。

 

推理小説は登場人物も多く、内容が複雑になっている作品も多いです。そういった作品でも映像で先に内容が頭に入っていれば内容の理解もしやすくて、小説をスムーズに読み進めることができます。

 

ドラマや映画との違いなども楽しむことができますので、ぜひドラマや映画となった作品を選んでみてください。

漫画化された作品を選ぶ

小説の中には、映像化だけではなく漫画化された作品も数多くあります。絵で推理小説を楽しみたいという人は、ぜひ漫画を読んでみてはいかがでしょうか。

 

普段小説をあまり読まないという人も、漫画であれば手が出しやすいのではないでしょうか。まずは漫画を読んでみて、気に入った作品があれば原作の小説を読んでみるのもおすすめです。小説を読むきっかけにもなります。

 

原作の小説と漫画を読み比べてみるのも漫画化された作品の楽しみ方の1つです。ぜひ漫画と小説両方で同じ作品を楽しんでみてください。

聞いたことがある名前から選ぶ

名前だけは聞いたことがあるけど、読んだことがないという作品も多いのではないでしょうか。初めて推理小説を読むという人はそういった誰もが知る有名な作品から手に取ってみてはいかがですか。

 

名前と言っても小説のタイトルだけではなく、江戸川乱歩などの著者の名前、シャーロックホームズなどの登場人物の名前など様々な名前を聞いたことがありますよね。どのような名前でも良いので聞きなじみがある名前から選んでみてください。

 

聞きなじみがあり親しみのある名前というのは気軽に小説を手に取るきっかけとなります。ぜひ気になった名前の作品をチェックしてみてください。

文庫を選んでどこでも気軽に読める

家の中だけでなく、気軽にどこでも推理小説を楽しみたいという人は、ぜひ文庫化された作品を手に取ってみてください。ハードカバーよりもサイズが小さく、軽く、低価格で手に入れることができるため気軽に選ぶことができます。

 

推理小説は作品によってはかなり分厚い本になってしまうことがあります。そういった作品をカバンの中に入れて通勤の時間などに読むのはとても大変ですよね。文庫本だとカバンの中に入れてもかさばることもありません。

 

1つ注意が必要なのは、最新の作品はすぐに文庫化されることは少ないため、最新の作品が読みたいという人はハードカバーを選んで下さい。昔の作品を気軽に楽しみたいという人に文庫本はおすすめです。

推理小説人気ランキング10選

第10位

文藝春秋

容疑者Xの献身

価格:724円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

映画化もされた大人気作

直木賞を受賞した作品で、映画化され大人気の作品です。推理小説を読まないという人でも、「ガリレオ」や著者の「東野圭吾」という名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

大学准教授である主人公、湯川学の大学時代の友人で、天才数学者である石神は、教師として働いていました。決して満足している生活ではなかったものの、隣の部屋に住む女性に特別な思いを抱いていました。そんな隣の女性が事件を起こすところから物語は始まります。

 

事件がどのように行われ、石神がどのように湯川たちの目を欺くのか、トリックにもぜひ注目してほしい作品です。女性へ特別な思いを寄せる石神の思惑にも胸が打たれる物語となっています。

著者東野圭吾長編/短編長編
シリーズ
第9位

宝島社

さよならドビュッシー

価格:607円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ピアニストが事件の真相に迫る

推理小説に見えない鮮やかな表紙が特徴的な作品です。内容も推理小説ですが音楽がテーマとなっているため、推理小説を読んだことのない人や、怖い話が苦手という人でも読みやすくなっています。

 

祖父や従姉妹が火事に会い、自らも全身にやけどを負いながら懸命にピアノに向き合う少女の姿を描いている作品です。その少女の身に不吉な出来事が次々と襲い掛かることから物語が動き始めます。

 

物語のラストのどんでん返しが見事な作品です。あっと驚くようなラストを楽しみたいという人はぜひ読んでみてくださいね。音楽とミステリーを掛け合わせたこの作品は、他にもシリーズ化されていますので合わせてチェックしてみてください。

著者中山七里長編/短編長編
シリーズ
第8位

講談社

リバース

価格:300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドラマ化もされた人気作家の作品

告白や少女など、様々な作品が映像化されている人気作家である湊かなえの作品です。1人の男をめぐる物語で、引き込まれるような文章と世界観が魅力的です。

 

主人公はおいしいコーヒーを淹れることが唯一の趣味である男、深津です。とあるカフェで出会った女性、美穂子と付き合うようになり幸せな日々を送っていましたが、突然美穂子の元に手紙が届きます、そこから物語が進んでいき、深津の隠された謎に迫ります。

 

ハードボイルドな重厚感のある作品というよりかは、誰でも気軽に物語に入り込めるような文章が特徴的です。ぜひこれまで小説を読んでこなかった人も読んでみてくださいね。ドラマと合わせて楽しむのもおすすめです。

著者湊かなえ長編/短編長編
シリーズ
第7位

東京創元社

緋色の研究

価格:670円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大人気シリーズの第1弾

誰もが一度は必ず耳にしたことがある「シャーロックホームズ」が登場するシリーズの第1弾です。シャーロックホームズと助手のワトソンの出会いが描かれています。ぜひシャーロックホームズに興味がある人は初めに手に取ってみてください。

 

アフガニスタンから帰ってきて同居人を探していたワトソンは、同じく同居人を探していたシャーロックと出会い、共同生活を送ることになります。空き家での殺人事件を2人が初めて事件を手掛けることになり、事件解決へと導いていく物語です。

 

シャーロックホームズシリーズには長編も短編もありますが、この緋色の研究は長編です。ここから有名なシャーロックホームズは動き出していきますので、ぜひシャーロックホームズシリーズを楽しむ第1歩としてくださいね。

著者コナン・ドイル長編/短編長編
シリーズ
第6位

宝島社

薬も過ぎれば毒となる 薬剤師・毒島花織の名推理

価格:788円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薬を通して謎を解き明かす

薬剤師が主人公の作品で、薬局に次々に現れる客の謎を解いていく物語です。薬局という身近な存在にスポットを当てながら、薬を通して物語が進んでいきます。

 

急激な眠気に襲われるホテル従業員や、ダイエットの薬を破格の値段で売る病院など、薬にまつわる謎を主人公の毒島が解明していきます。薬や薬局との向き合い方もわかる日常生活にも役立てる作品です。

 

個性的なキャラクターと、読みやすい短編の作品のため、小説を読む機会が少ないという人でもすぐに読むことができます。ぜひ薬をめぐる謎を楽しんでくださいね。

著者塔山郁長編/短編短編
シリーズ
第5位

集英社

慈雨

価格:821円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間ドラマが描かれる推理小説

ハードボイルドな作品が読みたいという人はぜひこちらの作品をおすすめします。事件の謎を解いていきながらも感動的なラストが待ち受けています。

 

主人公は、刑事を退職し妻とともに四国のお遍路をしている男、神場です。その道中に少女誘拐事件を知ることになります。その誘拐事件は以前自分が担当していた事件と酷似していました。時を経て明らかになっていく真相をぜひ楽しんでくださいね。

 

ただ事件の謎を明らかにしていくだけでなく、登場人物の人間ドラマも楽しむことができる作品です。ぜひ事件の謎にドキドキしながら人間ドラマを楽しみながら読んでみてくださいね。

著者柚木裕子長編/短編長編
シリーズ
第4位

講談社

13階段

価格:700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

死刑執行までの時間で事件を解明する

江戸川乱歩賞を受賞した作品です。階段がキーワードになっていて、死刑囚の死刑が執行される残り僅かな時間で事件の真相を暴いていくという物語です。

 

刑務官の南郷と前科がある青年の三上が、事件時刻の記憶を失っている死刑囚の冤罪を晴らすべく調査を始めます。死刑囚が思い出した階段のみを手掛かりとして少しずつ事件の真相に近づいていきます。

 

死刑の執行が刻々と迫っている緊迫感と、事件の真相がどうなっているのかというドキドキ感を味わうことができる作品です。

著者高野和明長編/短編長編
シリーズ
第3位

KADOKAWA

幻夏

価格:864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

12歳の記憶が事件を呼び起こす

少女の失踪事件が起こることによって、刑事である相馬の前に、23年前の、12歳のころのある記憶を呼び起こされます。23年前に不可解な言葉を残して消えてしまった親友の姿と重なることで、事件の真相が少しずつ明らかとなっていきます。

 

昭和の世界に浸ることができるどこか懐かしさも感じることができる作品です。23年前の出来事と現代の事件がどうつながっていくのか、広がりつつもつながっていく物語に引き込まれること間違いありません。

 

推理小説らしいドキドキ感と、昭和の情緒あふれる懐かしさを味わいたい人はぜひチェックしてみてください。

著者太田愛長編/短編長編
シリーズ
第2位

新潮社

満願

価格:724円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ドラマ化もされた短編集

人気作家である米澤穂信の山田周五郎賞を受賞した短編集です。独特の雰囲気と柔らかさを持った推理小説を読んだことがないという人でも読みやすい作品ですので、ぜひチェックしてみてください。

 

人を殺した女性が控訴を取りやめ、刑に服していたが、その後の驚きの真実が明らかになる表題作である満願や、ビジネスマンが主人公の万灯など、どの短編も独創的な設定を楽しむことができます。

 

短編集を多く手掛けている作家なので、この作品をチェックしてみて面白かったら他の作品もぜひ手に取ってみてくださいね。短い間でもサッと読むことができる作品で、通勤時間などの限られた時間の中で推理小説を楽しみたいという人にもおすすめの作品です。

 

 

著者米澤穂信長編/短編短編
シリーズ
第1位

文藝春秋

64(ロクヨン)

価格:691円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

王道の警察小説

王道の警察小説が読みたいという人は、ぜひこちらの作品を手に取ってみてはいかがでしょうか。著者の横山秀夫は警察小説を多く手掛けているので重厚でリアルな世界を楽しむことができます。

 

D県警の三上は広報室に異動することになり、広報室の改革や記者との関係改善に乗り出している最中、ひとり娘が突然失踪します。一方、たった7日しかない昭和64年に起こった事件の時効が残り1年となろうとしている中で警察が事件解決へと動き出します。

 

この作品は上下巻に分かれており長編の作品の中でもかなり内容が濃い作品となっています。じっくりと推理小説の世界を楽しみたい人におすすめの作品です。

著者横山秀夫長編/短編長編
シリーズ

おすすめの推理小説商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5069025の画像

    文藝春秋

  • 2
    アイテムID:5069076の画像

    新潮社

  • 3
    アイテムID:5069087の画像

    KADOKAWA

  • 4
    アイテムID:5069051の画像

    講談社

  • 5
    アイテムID:5069095の画像

    集英社

  • 6
    アイテムID:5069105の画像

    宝島社

  • 7
    アイテムID:5068738の画像

    東京創元社

  • 8
    アイテムID:5069112の画像

    講談社

  • 9
    アイテムID:5069091の画像

    宝島社

  • 10
    アイテムID:5068752の画像

    文藝春秋

  • 商品名
  • 64(ロクヨン)
  • 満願
  • 幻夏
  • 13階段
  • 慈雨
  • 薬も過ぎれば毒となる 薬剤師・毒島花織の名推理
  • 緋色の研究
  • リバース
  • さよならドビュッシー
  • 容疑者Xの献身
  • 特徴
  • 王道の警察小説
  • ドラマ化もされた短編集
  • 12歳の記憶が事件を呼び起こす
  • 死刑執行までの時間で事件を解明する
  • 人間ドラマが描かれる推理小説
  • 薬を通して謎を解き明かす
  • 大人気シリーズの第1弾
  • ドラマ化もされた人気作家の作品
  • ピアニストが事件の真相に迫る
  • 映画化もされた大人気作
  • 価格
  • 691円(税込)
  • 724円(税込)
  • 864円(税込)
  • 700円(税込)
  • 821円(税込)
  • 788円(税込)
  • 670円(税込)
  • 300円(税込)
  • 607円(税込)
  • 724円(税込)
  • 著者
  • 横山秀夫
  • 米澤穂信
  • 太田愛
  • 高野和明
  • 柚木裕子
  • 塔山郁
  • コナン・ドイル
  • 湊かなえ
  • 中山七里
  • 東野圭吾
  • 長編/短編
  • 長編
  • 短編
  • 長編
  • 長編
  • 長編
  • 短編
  • 長編
  • 長編
  • 長編
  • 長編
  • シリーズ

まとめ

人気の推理小説の中から、おすすめの作品をご紹介してきました。推理小説と言っても登場人物や舞台など様々な作品があります。様々な作品をチェックすることできっと自分の好みの作品が見つかりますので、ぜひたくさんの作品を読んでみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ