記事ID138512のサムネイル画像

【受賞作が多数】山田詠美の人気作品おすすめランキング10選

山田詠美は1985年にデビューした直木賞作家ですが、読みやい文体でおすすめできる作品が多いです。人気のある恋愛小説・青春小説のほか、エッセイも面白く独自の世界観が魅力です。今回は山田詠美の人気作品や新刊など、おすすめランキング10選にして紹介します。

恋愛小説・青春小説などに魅力的な作品が多い山田詠美

山田詠美は1985年に「ベッドタイムアイズ」で作家デビューしています。黒人男性との恋愛を描いた作品で話題になって、文藝賞を受賞し芥川賞候補にもなりました。その後も「ソウルミュージックラバーズオンリー」で直木賞を受賞しています。

 

青春小説が大ヒットした作家でもあります。高校生が主人公の小説で恋愛やいじめなど、大人に成長する時の世界観を描いて注目を集めました。人気小説化になったあとは、歯に衣着せぬ言葉でさらに人気が上がっていきました。

 

現在では芥川賞の審査員として作品を選ぶ側としての発言が注目されることもありますが、長編小説を書くなど、小説家としても活動しています。今回は、山田詠美の人気作品をおすすめのランキングにして紹介しています。

山田詠美の選び方

山田詠美は、短編小説の名手と言われることがありますが長編小説もあります。ちょっとした時間に読める短いエッセイや対談集などもありますので、気になるものから選んでみるのがおすすめです。

ジャンルで選ぶ

山田詠美の作品には小説とエッセイがあります。大ヒットした小説も多いのですがエッセイ集も沢山あります。山田詠美の考えを直接知りたい場合にはエッセイも読んでみると、より小説の理解が深まるかも知れません。

小説

山田詠美の小説は短編が読みやすいです。短編で面白いだけでなく内容が濃いので、何度も繰り返し読めるでしょう。長編小説にも面白いものが沢山あるので、ゆっくり時間をかけて読むのがおすすめになります。

 

デビューしたあとからしばらくの間は、黒人男性との恋愛に関する小説が多いでしょう。主人公が違う短編小説集になっていて、実はそれぞれの小説に登場する主人公が友達・仲間になっていたりと面白い設定のものもあります。

 

日本人の高校生を主人公にした青春小説が人気でしたが、最近は実際に起こった事件をテーマにした小説など作風が色々です。国語の教科書やセンター試験で山田詠美の作品を目にした人も多いでしょう。

 

エッセイ

山田詠美の小説には、スタイル抜群のかっこいいファッションをした女性や男性が沢山登場するのですが、エッセイでもファッションについてよく書かれています。女性ファッション雑誌にエッセイを連載していたこともあるようです。

 

山田詠美の文章には、「魅力的になるためには流行をおさえておくだけでは足りなくて、内面や知性を磨いておくことが大切」といった内容が多いです。人生を楽しむためには、内面を充実させておくのが大事という意味の文章もよくあるでしょう。

 

ファッションのことだけではなく、恋愛や家族のこと・料理やお酒のことなど生活の中で起きることが楽しく魅力的に語られています。編集者とのやり取りや仕事についての文章などもあり、面白いだけでなくためになるでしょう。

 

年代で選ぶ

山田詠美の作品は発表された年代によって特徴があります。1985年のデビュー作から現在まで沢山ありますが、初期は黒人男性との恋愛小説が多く、現在に近くなると日本人が主人公のストーリーが増えていきます。

1980年代

山田詠美が1980年代に発表した作品には、ヒットして話題になったものが多くあります。小説の新人賞を受賞して注目を浴びていたこともあり、普段は小説を読んだことがない人も山田詠美であれば読んだことがあるという人もいたでしょう。

 

初期の小説には黒人男性との恋愛をテーマにしたものが多いです。デビュー作のほかにも「ジェシーの背骨」「フリークショウ」「ハーレムワールド」などがあります。黒人男性との恋愛を描いていますが、日本文学に影響を受けている美しい文体と話題でした。

 

1990年代

1990年代は、都会的でかっこいい作品が多いです。ファッショナブルな外国人が登場する小説が沢山ありますが、現在からみるとLGBTの先駆けかもしれません。「トラッシュ」が女流文学賞を受賞、「アニマルロジック」では泉鏡花賞を受賞しています。

 

この時期は人気のエッセイも沢山出ています。「熱血ポンちゃん」シリーズは、小説の雰囲気とはまた違っていて、明るく元気でユーモラスな山田詠美が楽しめます。「嵐ケ熱血ポンちゃん! 」「熱血ポンちゃんは二度ベルを鳴らす」などタイトルも面白いです。

2000年以降

2000年代以降になると、小説の登場人物は日本人が多くなります。美しい文体で描かれている恋愛小説は、初期の作品とは別の魅力があるでしょう。「無銭優雅」「学問」「賢者の愛」など、タイトルの印象も初期とは違っています。

 

小説・エッセイのほかには対談本も豊富に出されています。14人の作家との対談集「メンアットワーク」、9人の著名人との対談が掲載された「内面のノンフィクション」、ほかにも「ファンダメンタルなふたり」「顰蹙文学カフェ」などがあります。

長さで選ぶ

山田詠美は短編小説が多いです。長編小説もあるのですが、恋愛小説の短編集が人気があるものが多くおすすめです。山田詠美の世界観をたっぷり見てみたい場合には、長編小説を読んでみると面白いでしょう。

短編・中編

山田詠美の作品では、ちょっとした時間に読める短編小説はおすすめです。名言のような印象的な文章が出てくるものが多いので、日常から少しだけ離れて時間を過ごしたい時にはぴったりでしょう。短い時間で読めるエッセイもおすすめです。

 

中編小説は読み終わるのに少し時間がかかりますが、短編小説よりも少し落ち着いて読めるでしょう。短編小説は濃度が高いので、短い文章の中に心にずしっとくるものがありますが、中編小説は読みやすいものも多いです。

長編

山田詠美は、長編作品にも賞を受賞しているものが沢山あります。短編・中編とは違って読み終わるまでかなり時間がかかりますが、山田詠美の小説は読みやすい文章で一気に読んでしまったという感想もあっておすすめでしょう。

 

人気がある長編小説には、4人の友情とも愛情ともつかない関係を描いた「学問」、現代版「痴人の愛(谷崎潤一郎)」と言われている「賢者の愛」、2019年最新刊の「つみびと」などがあります。

山田詠美の人気ランキング10選

第10位

文藝春秋

姫君

価格:500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

美しい文章で綴られた短編集

はっとするような文章の連続で読み進められます。「MENU」は、幼い年齢で母を自殺で亡くし、親戚に引き取られて家族同然に育てられた主人公が、義理の家族との密度が濃くなっていく毎に自由を奪われる感覚になるストーリーです。

 

本のタイトルになっている「姫君」は、仕事がない貧乏な姫子と売れないバンドマン摩周の恋愛ストーリーです。高飛車な姫子が摩周を支配するという同棲生活の中で、愛しいという気持ちについて考えます。

 

ほか、「検温」「フィエスタ」「シャンプー」があります。愛しい人がいるということは、同時に失ってしまう恐怖と裏表になっているというテーマがあるようです。kindle版は違いますが、ハードカバーの絵は闇金ウシジマくんの真鍋昌平が担当しています。

ページ数 261ページ出版社文藝春秋
発売日2004/5/10ジャンル小説
第9位

幻冬舎

120%coool

価格:494円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一癖ある恋愛小説の短編集

「唇から蝶」「ガリレオの餌」「DIET COKE」「雨の化石」など、全部で9編の短編小説が入っています。表紙がおしゃれでスタイリッシュなイメージがありますが、恋愛小説の切なさだけでなく、かっこ悪さや辛さなども描かれているでしょう。

 

恋愛小説といっても純粋無垢な女性の幸せな恋愛という内容ではなく、社会的には許されない恋愛も描かれています。スタンダードな恋愛小説ではなく一癖ある物語になっていて、これぞ山田詠美という感想を持った人も多いかも知れません。

 

ネーミングセンスの良さ・おしゃれな雰囲気・官能的な世界観などが注目されますが、自分に正直に生きていくことの、楽しさや厳しさが鋭く描かれている内容でもあるでしょう。映像が浮かびあがってくるような鮮やかな描写の小説になっています。

 

ページ数221ページ出版社幻冬舎
発売日1997/6/1ジャンル小説
第8位

中央公論新社

つみびと

価格:1,728円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

実際に起きた置き去り事件をモチーフにした小説

2010年に大阪で起きた実際の事件を元に作られている長編小説です。幼い子ども2人を置き去りにして餓死させた母として、死体遺棄容疑・殺人容疑で逮捕されニュースなどで報道されていた事件なので、記憶にある人もいるかも知れません。

 

娘が逮捕されたことで罪悪感を持っている母の「下田琴音」、2人の子供を放置して死なせてしまった「笹谷蓮音」など、登場人物が描かれる中で、本当に罪深いのは誰なのか問いかけている作品になっています。

 

山田詠美は恋愛小説や青春小説のイメージが強い作家ですが、2019年の新刊は実際に起きた事件を元にした作品です。下田琴音、笹谷蓮音、子供たちと視点をずらしながら、それぞれの登場人物が置かれていた環境が丁寧に描かれています。

ページ数376ページ出版社中央公論新社
発売日2019/5/21ジャンル小説
第7位

集英社

熱帯安楽椅子

価格:454円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バリ島の美しい風景描写が魅力

1987年に発売されている本のkindle版です。休養のためにバリ島に訪れた主人公が、現地での恋愛をするストーリーになっています。南国リゾートの雰囲気を味わいたい場合にもおすすめの本になるでしょう。美しい南国の風景が詩のような文体で描かれています。

 

南国での一時的な恋愛というだけでなく、美しいバリ島の風景・料理・祭りなども書かれていてエキゾチックです。山田詠美の世界に浸ってみたい場合には、都会での恋愛ストーリーに加えてこちらの本も読んでおいた方が良いです。

 

恋愛のストーリーですが、幸せな結末で終わるものではありません。現地で知り合った男性2人と恋愛関係になりますが結末は意外な展開なので、ハッピーで明るい恋愛ストーリーを読みたい場合には避けておいた方が良いかも知れません。

 

 

ページ数200ページ出版社集英社
発売日2014/6/25ジャンル小説
第6位

講談社

A2Z

価格:529円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

W不倫の恋愛ストーリー

出版社で編集者として働いている35歳の「森下夏美」が主人公です。同業者の夫「森下一浩」から女子大生と付き合っていることを告白され嫌悪感を抱きますが、続いて夏美のほうも10歳年下の郵便局員と恋愛関係になります。

 

ひとつひとつの章のタイトルには、AからZまでの頭文字が入っていておしゃれです。ストーリーの内容にはユーモアが含まれていて、自由な編集者としてお互いを尊敬しあっている夏美と一浩が描かれています。

 

表紙の絵のシャンパングラスは物語の重要な部分を意味しているでしょう。W不倫というと下品なイメージがあるかも知れませんが、こちらのストーリーはドライな雰囲気でユーモアもあって上品です。

ページ数256ページ出版社講談社
発売日2003/1/15ジャンル小説
第5位

新潮社

放課後の音符(キイノート)

価格:490円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

少女と大人のあいだにある微妙なバランスの恋愛

恋愛ストーリーの短編集で、女性ファッション雑誌に連載されていました。高校生の恋愛について描かれていますが、大人になって読むのもおすすめです。山田詠美の小説と言えばこちらの作品が一番先に思いうがぶ人もいるでしょう。

 

ひとつひとつの小説が短くて読みやすいのですが、テーマは軽くはありません。現実の世界で恋愛を楽しむためには、少女から魅力的な大人に成長することが大切というメッセージが含まれているようです。

 

山田詠美の恋愛小説には、ピリッとした香辛料のような辛い味や苦いお酒のような味わいが混ざっているのが特徴です。少女向けの作品と言っても、こちらの小説でも恋愛の苦さや切なさが描かれていておすすめです。

 

ページ数224ページ出版社新潮社
発売日1995/3/1ジャンル小説
第4位

新潮社

蝶々の纏足・風葬の教室

価格:562円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

女性の内面の複雑さをリリカルに描いた小説

「蝶々の纏足」「風葬の教室」「こぎつねこん」の3本が入っています。どの小説も女性の内面を描いていて、現実的で生々しい表現が魅力でしょう。こぎつねこんは、表紙のタイトルに含まれていませんが、子守歌のトラウマが残っている女性の孤独が描かれています。

 

蝶々の纏足は、美人でしっかり者の親友に劣等感を抱いている女子大生が主人公です。地味な自分を引き立て役にしている親友の支配から脱するために、恋愛をして大人になろうとします。

 

風葬の教室は、小学校のクラスで酷いいじめをうけている女の子が主人公です。陰口や孤立だけでなく、孤立蹴り飛ばされたり髪をむしられたり、教師も加担するほどのいじめを受けるなか、心の中でクラスメイトを殺していくようになります。

ページ数215ページ出版社新潮社
発売日1997/2/28ジャンル小説
第3位

文藝春秋

風味絶佳

価格:572円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

谷崎潤一郎賞を受賞した恋愛小説集

火葬場の職人、ごみ収集車の作業員など、職人・肉体労働系の登場人物が多く登場します。職人や労働者の持っている独特のオーラや、恋愛の様子を魅力的に描いています。疲れた身体が癒されるような風味絶佳のタイトルにぴったりでしょう。

 

1編づつ全く別のストーリーで読みやすく、味わいのある恋愛小説を読みたい場合にはおすすめです。黒人男性が多く登場する山田詠美初期の恋愛小説とはまた雰囲気が違っていて、日本の労働者や職人が沢山登場しますので身近に感じれるかも知れません。

 

表題作は「シュガー&スパイス」というタイトルで映画化されています。高校を卒業してガソリンスタンドで働いている史郎を柳楽優弥、新しくバイトに来た乃里を沢尻エリカ、70歳でアメ車を乗り回しているグランマを夏木マリが演じています。

 

ページ数259ページ出版社文藝春秋
発売日2008/5/9ジャンル小説
第2位

集英社

メイク・ミー・シック

価格:514円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東京とニューヨークの写真で構成されたエッセイ

こちらのエッセイが連載されていたのは、男性ファッション誌の「メンズノンノ」です。20年以上前の作品ですが、現在読んでも面白いと思える部分が沢山あるでしょう。男性読者へ向けられて書かれていますが、女性が読んでも魅力的なエッセイです。

 

エッセイは、「メンズ NON・NO の読者の若い男の子たち、ファッションにうんと気を使うのなら、中身も格好良くしなきゃ駄目だよ」から始まります。自分のスタイルを持つ・自分の基準を持つなど、生き方についての文章も書かれていておすすめです。

 

山田詠美の写真と一緒に、ニューヨークと東京の風景が沢山入っています。エッセイとしても当然面白いのですが、写真集のように楽しめる内容にもなっているでしょう。辻仁成のあとがきが好きという感想も多いです。

 

ページ数222ページ出版社集英社
発売日1994/1/20ジャンルエッセイ
第1位

新潮社

ぼくは勉強ができない

価格:464円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

退屈な大人にはなりたくない17歳の男子が主人公

母子家庭の家で育っている男子高生の「秀美」が主人公です。ショットバーで働いている年上の女性「桃子」と付き合っていて、学校に居心地の悪さを感じ窮屈に感じています。「(勉強ができても)でも、おまえ、女にもてないだろ。」という言葉が印象的です。

 

主人公の秀美は勉強ができないのですが、地頭は良く、退屈な大人になりたくないのであれば知性が必要ということを知っています。友達とのやり取りも面白いので、青春小説として楽しめるでしょう。

 

社会から押し付けられる奇妙なルールに疑問を持っていて、真っ向から本心をぶつけていく主人公の姿に共感を得る人もいるでしょう。理解のある祖父や母親とのやりとりも、ユニークで温かくて魅力的です。

ページ数288ページ出版社新潮社
発売日1996/3/1ジャンル小説

山田詠美のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5067871の画像

    新潮社

  • 2
    アイテムID:5067869の画像

    集英社

  • 3
    アイテムID:5067867の画像

    文藝春秋

  • 4
    アイテムID:5067861の画像

    新潮社

  • 5
    アイテムID:5067864の画像

    新潮社

  • 6
    アイテムID:5067870の画像

    講談社

  • 7
    アイテムID:5072228の画像

    集英社

  • 8
    アイテムID:5067852の画像

    中央公論新社

  • 9
    アイテムID:5067876の画像

    幻冬舎

  • 10
    アイテムID:5067879の画像

    文藝春秋

  • 商品名
  • ぼくは勉強ができない
  • メイク・ミー・シック
  • 風味絶佳
  • 蝶々の纏足・風葬の教室
  • 放課後の音符(キイノート)
  • A2Z
  • 熱帯安楽椅子
  • つみびと
  • 120%coool
  • 姫君
  • 特徴
  • 退屈な大人にはなりたくない17歳の男子が主人公
  • 東京とニューヨークの写真で構成されたエッセイ
  • 谷崎潤一郎賞を受賞した恋愛小説集
  • 女性の内面の複雑さをリリカルに描いた小説
  • 少女と大人のあいだにある微妙なバランスの恋愛
  • W不倫の恋愛ストーリー
  • バリ島の美しい風景描写が魅力
  • 実際に起きた置き去り事件をモチーフにした小説
  • 一癖ある恋愛小説の短編集
  • 美しい文章で綴られた短編集
  • 価格
  • 464円(税込)
  • 514円(税込)
  • 572円(税込)
  • 562円(税込)
  • 490円(税込)
  • 529円(税込)
  • 454円(税込)
  • 1728円(税込)
  • 494円(税込)
  • 500円(税込)
  • ページ数
  • 288ページ
  • 222ページ
  • 259ページ
  • 215ページ
  • 224ページ
  • 256ページ
  • 200ページ
  • 376ページ
  • 221ページ
  • 261ページ
  • 出版社
  • 新潮社
  • 集英社
  • 文藝春秋
  • 新潮社
  • 新潮社
  • 講談社
  • 集英社
  • 中央公論新社
  • 幻冬舎
  • 文藝春秋
  • 発売日
  • 1996/3/1
  • 1994/1/20
  • 2008/5/9
  • 1997/2/28
  • 1995/3/1
  • 2003/1/15
  • 2014/6/25
  • 2019/5/21
  • 1997/6/1
  • 2004/5/10
  • ジャンル
  • 小説
  • エッセイ
  • 小説
  • 小説
  • 小説
  • 小説
  • 小説
  • 小説
  • 小説
  • 小説

映像化作品を読んでみる

山田詠美の作品には映像化されているものがあります。「風味絶佳」からは表題作の「シュガー&スパイス」映画化ほか、若いゴミ収集車乗務員と駆け落ちする主婦のストーリー「夕餉」がアニメ化されています。

 

「賢者の愛」は2016年にドラマ化されています。中山美穂・高岡早紀などの出演で注目されていました。原作小説のほうは、谷崎潤一郎の「痴人の愛」を元に書かれていて、ドラマとの違いを見ながら読むとより面白いかも知れません。

 

まとめ

山田詠美は少し癖がある辛口の恋愛小説が多いイメージです。しかし実際には家族や友達をテーマにしたものなど作品は様々です。人気のエッセイなど、今読んでも面白いものが豊富なので、ぜひ山田詠美の作品を手に取って独自の世界観をのぞいてみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ