記事ID138511のサムネイル画像

【使える】Android用キーボードのおすすめ人気商品ランキング10選

普段Androidを使用されている方は、もっとスムーズにタイピングできたら良いのにと、お困りの方も、多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのAndroid用キーボードをご紹介していきます。かなり便利なアイテムなので、使ってみましょう。

Android用キーボードを使うことで、さらに楽に打つことができます。

Androidというと、スマートフォンやタブレットを浮かべる方が、多いかと思います。ただ、パソコンのキーボートで文字を打うとは違って、かなり小さい画面の上で、操作する必要がありますよね。また、現在タブレットなどを、ビジネス用としても使用する方が、増えています。

そこで便利なのが、Android用キーボードになります。直接スマートフォンやタブレットに連携することで、手軽にパソコンのように、使うことができます。また、このアイテムを使用することで、よりスムーズなタイピングが行えるので、今よりもっと便利に扱えます。

そこで今回は、おすすめのAndroid用キーボードをご紹介します。一度使ってみるだけでも、今よりもっとスピーディーに扱うことができるので、チェックしてみましょう。利便性に優れた商品も多く販売されているので、自分に合ったものを使って、手軽に操作しましょう。

Android用キーボードの選び方

このアイテムを使用することによって、もっと快適に、操作することができるでしょう。特に普段からデスクワークなどをされている方にとっては、このAndroid用キーボードを使うことで、よりスムーズにタイピングなどが行えるので、使ってみましょう。

スペックで選ぶ

しっかりとスペックはチェックしておかないと、いざ使うとなった時に、使えないことがあります。特にOSはしっかりと確認しろくべきポイントなので、忘れないようにしましょう。

接続方法で選ぶ

Android用キーボードは、接続する方法が、商品によって異なるので、注意しましょう。大きく分けて、有線接続と無線接続の、2タイプがあります。有線接続は、USBケーブルを使用したタイプとなっています。

 

USBに繋げることで、手軽に使用でき、価格もリーズナブルなものが多いので、お買い求めやすいでしょう。一方無線接続は、ケーブルを持ち運ばなくても、手軽に使用できます。

 

また、1度ペアリングしておけば、自動接続してくれるので、かなり便利でしょう。線が必要ないので、絡まったりしないなど、色々なメリットがあります。

OSで選ぶ

必ずチェックしておかなければいけないのが、OSになります。OSとは、Android・Windowsといったように、対応しているデバイスが異なります。Android用でないと、Androidに接続などができず、使えないので注意しましょう。

 

とはいっても、ほとんどの商品は、色々なデバイスに対応できるものもあるので、あまり気にする必要はありません。ただ、中には決まっているものもあるので、必ず購入前は、念のためにチェックしておきましょう。

 

また、普段からAndroid以外にも、Windowsを使用している方であれば、どちらも対応しているかを、確認してから、購入することが重要です。せっかく購入しても、使えないなんてならないように必ず確認し、使用しているデバイスに合わせて、選ぶようにしましょう。

使用方法で選ぶ

Android用のキーボードは、それぞれ乾電池式が必要だったり、充電をする必要があったりするので、注意しましょう。

 

乾電池式は、充電池式と比べて、電池が長持ちするので、頻繁に電池交換をする必要がありません。なので、長時間使用するといった場合は、このタイプを選ぶようにしましょう。一方、充電池式は、わざわざ電池を交換する必要がないので、かなり便利です。

 

ただし、当然使用する前には、きちんと充電する必要があるので、忘れないようにしましょう。コスパ重視で選ぶなら、充電式の方が、お財布には優しくなっています。

使いやすさで選ぶ

使いやすさを重視しておくと、デスクトップなどで操作するように、かなり手軽にタイピングなどを行えます。せっかく購入するのであれば、利便性にもこだわっておきましょう。

キー配列で選ぶ

商品によって、キーボードのキー配列が異なるので、チェックしておきましょう。現在販売されている商品は、大きく分けて2つの種類があります。企保的に、デスクトップパソコンに付属しているものや、元々ノートパソコンに搭載されているものは、日本語配列が一般的です。

 

日本語配列とは、かな文字の表記があるものをさし、エンターキーが大きいのが特徴です。一番見慣れていて、使い慣れているので、初心者の方は、このタイプを選びましょう。反対に、英語配列のキーボードは、かな文字の表記がありません。

 

また、エンターキーは小さめとなっています。それぞれ、キーの配置も少しずつ違うので、購入する際は注意しながら、使いやすいものを選ぶようにしましょう。

持ち運びのしやすさで選ぶ

Android用キーボードは、ご自宅で使用される方も多いかともいます。ただ、ビジネスシーンでも使用される方もいるので、持ち運びのしやすさも、重視しておきましょう。出先でも使用する場合は、できる限り邪魔にならず、重さが負担にならないものが、ベストでしょう。

 

キーボードによって、それぞれ重量や厚さは様々なので、きちんとチェックしておくことが大切です。重さはどれぐらいで、サイズはどのぐらいかを、必ず確認しておきましょう。

 

現在では、専用のケースが販売されているなど、持ち運びがスムーズに行えるアイテムも販売されているので、使ってみましょう。中には、折り畳んでスマートに収納できるものもあります。なので、使うシーンに合わせて、形状にもこだわりながら、選びましょう。

スタンドの有無で選ぶ

商品によっては、スタンドが付いているものがあります。このスタンドは、キーボードと一緒に、スマートフォンや、タブレットを立てて、使用することができます。

 

実際にキーボードを使うことを考えると、スタンドがあった方が、画面が見やすくなるケースもあるので、必要な場合は、チェックしておきましょう。

 

より便利に使いたい方も、こういった性能があるものを、選ぶ方がより便利かと思います。スタンドが備わっていても、使用後はコンパクトに収納できるので、邪魔にならず、手軽にお使いいただけます。

サイズ・重さで選ぶ

持ち運ぶことを考えるならば、サイズや重さは特に重要です。ご自宅で使用する際も、無理なく設置できるものなど、ストレスなく使えるものを探しましょう。

サイズで選ぶ

特に持ち運びを行う際は、サイズにも注目してみましょう。ご自宅で使用する場合も、必要以上にスペースを取ってしまわないように、サイズは重要なポイントです。バッグに入れて持ち運ぶ際は、大体幅30cm未満のものが、良いかと思います。

 

また、キーボード自体を折り畳めるものや、テンキーレスタイプのキーボードであれば、携帯性にも優れているので、より持ち運びやすいでしょう。ただし、キーボードのサイズが小さくなると、キーのピッチの幅が狭くなります。

 

よって、少し打ちにくさを感じてしまうことがあるので、それらを踏まえた上で、選ぶ必要があります。さらに、ご自宅で使用する場合も、サイズは重要です。あまり大きすぎると、圧迫してしまうので、無理なく設置できるものを選びましょう。

重さで選ぶ

重さも重要になるので、必ず確認しておきましょう。特に持ち運びする際は、重さが苦になって、持ち運びにくくなってしまいます。現在販売されているものは、比較的軽量設計になっているので、あまり重たいものは多くありません。

 

とはいっても、古いモデルのものは、特に重さがあるものが多いので、チェックしておきましょう。特にビジネスシーンなどで使用する際は、資料など荷物が多くなりがちです。そこに重たいAndroid用キーボードが加わってしまうと、かなり体にも負担がかかります。

 

ちょっとしたことでも、疲れが溜まっていると、ストレスになります。なので、あらかじめ軽量のものを選び、ストレスフリーで使えるものを、選ぶように心がけましょう。

デザイン・カバーの有無で選ぶ

デザインにもこだわることで、自分だけのオリジナルの組み合わせて、使用できます。また、保護のためにも、カバーの有無は要チェックです。

デザインで選ぶ

違和感なく使用する場合は、タブレットや、スマートフォンのデザインに合わせて、選ぶようにしましょう。例えば、パソコンもそうですが、本体がホワイトなのに、ブラックのキーボードを使用していると、違和感がありますよね。

 

なので、相性良く使用するのであれば、同じカラーで統一させた方が、よりマッチします。とはいっても、このカラーにすべきといった決まりはないので、好きなものを選びましょう。

 

反対に、全く違うデザインのものをチョイスすることで、アクセントにもあり、相性次第では、さらにおしゃれになります。自分のオリジナルで使うこともできるので、自分が気に入ったものを、選んで使いましょう。

カバーの有無で選ぶ

特に、タブレット向けのキーボードは、本体を保護するカバーや、ケースがセットになって販売されている商品があります。また、ケースが一体型になった、タイプもあります。

 

このように、しっかりと保護するカバーなどがあることで、綺麗に保つことができます。また、万が一落としてしまっても、衝撃を吸収してくれる役割も果たしてくれるので、チェックしておきましょう。

 

もし、付いていないタイプであれば、専用のケースを代用するなど、工夫して使用しましょう。工夫次第では、より長く綺麗に使えます。

Android用キーボードの人気ランキング10選

第10位

agenstar

コンパクトキーボード AGE-LED7MINIKEY-GD

価格:3,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

綺麗な7色が、光るので暗い場所でも使用可能です。

3段階に照度調整可能で、7色のバックライトを搭載し、綺麗に光ります。暗い場所でもタイプしやすく、手軽に使用できる商品です。

 

快適に使えて、出先でも役立つといった、ロコミが挙がっていました。見た目も楽しめる、デザイン性を兼ね揃えています。

サイズ13×0.4cm重さ249g
OSAndroid・Windows・iOS接続方法無線タイプ
使用方法充電式デザイン2カラー
第9位

SPRINGCOME

Bluetoothキーボード JBOX-094

価格:3,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1度充電すれば、かなりの時間連続で使えます。

超薄型・軽量で、持ち運びも手軽に行えます。1回の充電で、約40時間連続で使用できます。

 

さらに、内蔵スタンドが最適なアングルをキープし、見やすくしてくれます。リビングやオフィスなど、様々な場所で活躍しますよ。

 

とてもコンパクトで、デザインも良いといった、ロコミが挙がっていました。手触りの良いマットな仕上がりで、使い勝手も抜群です。

サイズ170×222×6mm重さ200g
OSAndroid・Windows・Mac・iOS接続方法無線タイプ
使用方法充電式デザイン4カラー
第8位

Logicool

ロジクール K380RD

価格:4,456円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれなカラーを取り入れて、自由に操作できます。

接続デバイス、ワンタッチで簡単に切り替えできます。初めて使用される方にも、おすすめとなっています。

 

さらに、接続したデバイスを自動で識別してくれるので、難しい操作は必要ありません。OS毎の独自キーやショートカットキーなどを、違和感なく使えます。

 

とても良く、初心者でも操作しやすいといった、ロコミが挙がっていました。おしゃれなカラーで、より楽しく使用できます。

サイズ12.4×1.6cm重さ399g
OSAndroid・Windows・Mac・iOS接続方法無線タイプ
使用方法電池式デザイン1カラー
第7位

エレコム

キーボード TK-FCP082BK

価格:7,657円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ミスをしにくくしているなど、工夫されています。

それぞれのOSに最適化した、入力モードを搭載しています。中央・左側・右側の3カ所には、ケーブル引き出し口を装備していて、お好みの方向にケーブルを引き出して、使用できます。

 

また、快適なタイピングができるように、配置にもこだわっています。タイプミスを軽減する、アイソレーション設計を採用しているなど、使い勝手にも優れています。

 

とにかく打ちやすいといった、ロコミが挙がっていました。ミスも減らせるので、かなり便利でおすすめのAndroid用キーボードです。

サイズ31.8×2.4cm重さ299g
OSAndroid・Windows・Mac・iOS接続方法有線タイプ
使用方法-デザイン1カラー
第6位

GOOJODOG

Bluetoothキーボード

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

素材にもこだわり、安っぽさがありません。

小さく感じず、扱いやすくなっています。タイピングがよりスムーズにできるので、作業がはかどりますよ。

 

さらに、色々なOSに対応し、様々な用途で使用できます。素材は、高品質のABS素材を採用していて、品質も高く便利なAndroid用キーボードです。

 

使いやすくて、ストレスなく使えるといった、ロコミが挙がっていました。調節可能なスタンドで、さらに優れた機能性を発揮します。

サイズ15×0.6cm重さ358g
OSAndroid・Windows・Mac・iOS接続方法無線タイプ
使用方法充電式デザイン9カラー
第5位

CY

Bluetoothキーボード EW-ZR050B

価格:3,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれな見た目で、質感も抜群です。

外装がレザー製になっていて、しっとり手触りが滑らかになっています。おしゃれで品質が高く、手軽にお使いいただけます。

 

このAndroid用キーボードは、防塵性と耐久性もあります。ちょっと濡れてしまっても、壊れることはないので、安心して使用できます。

 

スペックが高いといった、ロコミが挙がっていました。折り畳み式で、持ち運びがスムーズに行えます。

サイズ9.9×1.2cm重さ240g
OSAndroid・Windows・Mac・iOS接続方法無線タイプ
使用方法電池式デザイン2カラー
第4位

Logicool

ロジクール K480BK

価格:5,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタンドがかなり役立ち、見やすくなります。

ダイヤルを回すだけで、接続された3台のBluetooth対応デバイスを、簡単に切り替えすることが可能です。キーボード本体にはスタンド機能があり、スマートフォンなどと立てて使用できます。

 

また、スタンドには、溝が備わっているので、最適な角度でタイピングや画面上の文字を読むことができます。

 

機能性が高く、文句なく使えるといった、ロコミが挙がっていました。操作性も良く、手軽にお使いいただけます。

サイズ19.5×2cm重さ816g
OSAndroid・Windows・Mac・iOS・Chrome接続方法無線タイプ
使用方法電池式デザイン1カラー
第3位

Anker

ウルトラスリム ワイヤレスキーボード AK-A7726121

価格:2,199円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

省電力タイプとなっているので、長く活用できます。

ショートカットキーも使用でき、使い勝手にも優れています。大きさは、従来のキーボードの3分の2となっているので、手軽に出先でも使用できます。

 

また、素早く静かなタイピングが可能で、音も気になりません。手軽に、検索や音量調整も、簡単に行うことができます。

 

打ちやすいので、スムーズに操作ができるといった、ロコミが挙がっていました。この商品は、取替え可能な単4形電池と、省電力モードによって、長期間使用できます。

サイズ28.4×12.2×1.9cm重さ191g
OSAndroid・Windows・Mac・iOS接続方法無線タイプ
使用方法電池式デザイン1カラー
第2位

iClever

折りたたみ式Bluetoothキーボード IC-BK03

価格:3,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

線が不要なので、断線などの心配がありません。

軽く薄型のコンパクトタイプなので、バッグに入れてもかさばりません。さらに、ポケットにもすっきり収納できるので、ビジネスシーンでも活躍します。

 

このAndroid用キーボードは、スマートフォンなどでも使用でき、幅広く活躍します。程よいキーピッチと指先にぴったりと合うデザインで、心地良いタイピングが行えます。

 

質感も良く、使い勝手にも優れているといった、ロコミが挙がっていました。Bluetoothタイプで、線もなく断線などの心配がありません。

サイズ92.8×13.3×255mm重さ181g
OSAndroid・Windows・Mac接続方法無線タイプ
使用方法充電式デザイン3カラー
第1位

ノーブランド

7インチ専用 タブレットキーボード付ケース

価格:709円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折り畳んで使用でき、初めての方にもおすすめです。

サイズ調節機能が備わっているので、自由に調節が行えます。また、カバーとキーボードが一体化になっているので、しっかりと守り、万が一落としてしまっても、安心して使用できます。

 

さらに、折り畳んで使用することができるので、持ち運びもスムーズに行えます。また、シンプルなデザインなので、手軽にお使いいただけます。

 

手軽に扱えて、かなりリーズナブルなのに、性能が高いといった、ロコミが挙がっていました。キーボードもしっかりと反応するので、初めて使用される方にもおすすめです。

サイズ23×30.5cm重さ299g
OSAndroid接続方法有線タイプ
使用方法電池式デザイン1カラー

Android用キーボードのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5067724の画像

    ノーブランド

  • 2
    アイテムID:5067726の画像

    iClever

  • 3
    アイテムID:5067730の画像

    Anker

  • 4
    アイテムID:5067742の画像

    Logicool

  • 5
    アイテムID:5067749の画像

    CY

  • 6
    アイテムID:5067761の画像

    GOOJODOG

  • 7
    アイテムID:5067770の画像

    エレコム

  • 8
    アイテムID:5067777の画像

    Logicool

  • 9
    アイテムID:5067792の画像

    SPRINGCOME

  • 10
    アイテムID:5067797の画像

    agenstar

  • 商品名
  • 7インチ専用 タブレットキーボード付ケース
  • 折りたたみ式Bluetoothキーボード IC-BK03
  • ウルトラスリム ワイヤレスキーボード AK-A7726121
  • ロジクール K480BK
  • Bluetoothキーボード EW-ZR050B
  • Bluetoothキーボード
  • キーボード TK-FCP082BK
  • ロジクール K380RD
  • Bluetoothキーボード JBOX-094
  • コンパクトキーボード AGE-LED7MINIKEY-GD
  • 特徴
  • 折り畳んで使用でき、初めての方にもおすすめです。
  • 線が不要なので、断線などの心配がありません。
  • 省電力タイプとなっているので、長く活用できます。
  • スタンドがかなり役立ち、見やすくなります。
  • おしゃれな見た目で、質感も抜群です。
  • 素材にもこだわり、安っぽさがありません。
  • ミスをしにくくしているなど、工夫されています。
  • おしゃれなカラーを取り入れて、自由に操作できます。
  • 1度充電すれば、かなりの時間連続で使えます。
  • 綺麗な7色が、光るので暗い場所でも使用可能です。
  • 価格
  • 709円(税込)
  • 3699円(税込)
  • 2199円(税込)
  • 5400円(税込)
  • 3780円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 7657円(税込)
  • 4456円(税込)
  • 3480円(税込)
  • 3080円(税込)
  • サイズ
  • 23×30.5cm
  • 92.8×13.3×255mm
  • 28.4×12.2×1.9cm
  • 19.5×2cm
  • 9.9×1.2cm
  • 15×0.6cm
  • 31.8×2.4cm
  • 12.4×1.6cm
  • 170×222×6mm
  • 13×0.4cm
  • 重さ
  • 299g
  • 181g
  • 191g
  • 816g
  • 240g
  • 358g
  • 299g
  • 399g
  • 200g
  • 249g
  • OS
  • Android
  • Android・Windows・Mac
  • Android・Windows・Mac・iOS
  • Android・Windows・Mac・iOS・Chrome
  • Android・Windows・Mac・iOS
  • Android・Windows・Mac・iOS
  • Android・Windows・Mac・iOS
  • Android・Windows・Mac・iOS
  • Android・Windows・Mac・iOS
  • Android・Windows・iOS
  • 接続方法
  • 有線タイプ
  • 無線タイプ
  • 無線タイプ
  • 無線タイプ
  • 無線タイプ
  • 無線タイプ
  • 有線タイプ
  • 無線タイプ
  • 無線タイプ
  • 無線タイプ
  • 使用方法
  • 電池式
  • 充電式
  • 電池式
  • 電池式
  • 電池式
  • 充電式
  • -
  • 電池式
  • 充電式
  • 充電式
  • デザイン
  • 1カラー
  • 3カラー
  • 1カラー
  • 1カラー
  • 2カラー
  • 9カラー
  • 1カラー
  • 1カラー
  • 4カラー
  • 2カラー

まとめ

今回は、おすすめのAndroid用キーボードをご紹介しましたが、お目当ての商品は、見つかりましたでしょうか。色々なメーカーから、様々な商品が販売されているので、一度チェックしてみましょう。気に入ったものを使用することで、ビジネスシーンでも役立ちます。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ