記事ID138505のサムネイル画像

【DIYでも使いやすく便利でおすすめ】腰袋の人気ランキング10選

使いたい工具を手早くサッと取り出すことができる便利な腰袋。プロの職人さんだけでなく、DIYなどでも大活躍すること間違いなしのおすすめアイテムです。今回は、そんな便利な腰袋の選び方やおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介していきます。

腰袋は工具を手早く取り出せる便利なアイテム

プロの大工さんが腰から下げて工具を入れている袋のことを腰袋と言います。腰袋と呼ばれる以外にも「釘袋」と言われる場合もあります。皮革やナイロン素材を使ったものが多く、工具の種類や数によって大きさも様々です。 ベルトに通して手軽に腰に装着することができ、何より必要な工具を移動することなく手早くサッと取り出せることが腰袋の最大の魅力と言えます。 今回はそんな便利なグッズである腰袋についての選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。

腰袋の選び方

腰袋を選ぶ時にはどのようなことを基準に選べば良いのでしょうか。選ぶ時に気を付ける点などについてご紹介していきましょう。

形状の違いで選ぶ

作業に使用する工具の種類に適した腰袋を選ぶことをおすすめします。選ぶ際のポイントについてご紹介していきましょう。

あらゆる工具を収納できる形状のものを選ぶ

電気工事や大工作業など、作業の種類によって使用する工具も異なってきます。それぞれの作業に必要な全ての工具を収納することができる腰袋が理想的です。工具の種類に合った大きさや全て納めることができる収納力のある腰袋を選ぶことをおすすめします。

釘やビスなどの細かい物を入れておけるポケットが付いたタイプや、大型の工具を引掛けておくことができるタイプもあります。また、工具や部品を取り出しやすいことも大切なポイントです。

長さのある工具を収納できる形状のものを選ぶ

使用する工具が主に長さのある工具である場合は、腰袋の深さがあるものを選ぶことをおすすめします。浅いタイプの腰袋に長さのある工具を入れると不安定で落下してしまう事も考えられますので注意が必要です。

長い工具を収納する腰袋はある程度の深さのあるタイプを選ぶことをおすすめします。ただ、釘やビスなどの細かい物は深いポケットから取り出しにくいため、小物専用のポケットが付いたタイプであれば安心です。

シンプルな形状のものを選ぶ

DIYを楽しむ方も増えてきていますが、DIYを行う際には本格的な腰袋でなくても付属されているポケットが少ないシンプルなタイプの腰袋でも十分活用することができます。

ビスや釘を入れられるだけでも作業効率がグンとアップします。シンプルな腰袋でも作業に必要な工具を収納することができるため、DIYを行う時にとても便利でおすすめです。

工具に合わせた専用の形状のものを選ぶ

繰り返し作業を行う時には同じ工具を使用するという場合があります。そんな時には使用する工具に合わせた専用の腰袋を選べば使いやすく便利です。

具体的にはドライバー専用のものや電動工具専用のものなど工具の形状に合わせたポケットになっていますので取り出しやすく使いやすいのでおすすめです。

また、ドライバーなどのように先端が尖った形状をした工具を収納するには、先端までカバーされたポケットになっているタイプであれば、ケガの心配もなく安全でおすすめです。

素材の違いで選ぶ

多様な素材を用いた腰袋が多く展開されています。作業の内容や環境に合わせて最適な素材をチェックして選ぶことをおすすめします。

布素材のものを選ぶ

たくさんの工具を収納すると全体的に重量が重くなってしまいます。できるだけ強度のある耐久性が高い素材の腰袋を選ぶことをおすすめします。

布の中でも帆布等の強度の高いものであれば、重量のある工具を入れても破れにくく、丈夫で長持ちするのでおすすめです。

皮革素材のものを選ぶ

ドライバーやニッパーなどの先端が尖った工具などを収納すると穴が開いてしまう場合もあり、ケガをする恐れがありますので注意が必要です。皮革素材を使用したものであれば、穴が開きにくく耐久性に優れ、長く使えるのでおすすめです。

化繊素材のものを選ぶ

腰袋の中でも高密度ポリエステル素材など耐久性に優れた化繊素材が使用されているものがあります。化繊素材の腰袋は軽量ですので、多くの工具を入れて重くなりがちな腰袋全体の重量軽量の軽量化を図ることができるのが魅力です。

より破れにくく穴が開きにくいEVAなど新素材の化繊も開発されているので、チェックしてみましょう。

防水素材のものを選ぶ

屋外で作業を行う機会の多い方であれば防水性の高い素材を用いた腰袋を選ぶことをおすすめします。高密度ナイロン素材やターポリン素材を使用したものであれば、雨に濡れても中身が濡れずに安心して使用することができます。

屋外だけでなく水を使う作業の際にも防水性に優れた素材を用いた腰袋を選ぶことをおすすめします。

メーカーで選ぶ

腰袋は多様なメーカーで展開されています。おすすめの腰袋を展開しているメーカーをご紹介していきましょう。

フジ矢で選ぶ

ペンチなど数々の工具を扱っているメーカーです。工具をピッタリ収納することが可能な専用の腰袋をはじめ、さまざまなタイプのものが展開されています。

ホームセンターなどでも簡単に入手することができますので、自分の使用用途にピッタリ合った腰袋を手軽に探すことが出来るおすすめのメーカーです。

E-Valueで選ぶ

数多くの種類の工具が展開されているE-Value。E-Valueは、藤原産業のプライベートブランドの一つで、腰袋においても工具同様、さまざまなタイプのものが数多くラインナップされています。

ホームセンターでも多く取り扱っているので、実際に手に取って使い勝手を手軽に確認できるので自分に合った腰袋を見つけやすいおすすめのメーカーです。

KUNY’Sで選ぶ

皮革製品を製造販売しているカナダの老舗メーカーであるKUNY’Sは、厳選した皮革を使用した高品質な製品で定評があります。皮革製の腰袋は耐久性に優れ使い込むほどに味わい深くなるのが特徴です。オーソドックスな形状の腰袋が多く展開されています。

マキタで選ぶ

言わずと知れた多くの電動工具を展開している有名工具メーカーのマキタ。マキタが展開している腰袋は、インパクトドライバーなどの電動工具を収納できる専用の腰袋が多く展開されています。

インパクトドライバーやドリルなどが落下することなく安全に収めることができるのが特徴です。電動工具をよく使うという方にはおすすめのメーカーと言えます。

重さの違いで選ぶ

腰袋には重さの違うタイプのものがあります。重いもの軽いものの特徴についてご紹介していきましょう。

軽いものを選ぶ

腰袋の中でも軽量なタイプのものは、化繊素材を使用したものに多く見られます。さまざまな工具をたくさん収納すれば、それだけで重量が重くなりがちです。腰袋が軽量なものを選んでおけば、その分全体の重量を軽量化することができます。

軽量なタイプのものは動きやすく疲れにくいので特に力の少ない女性などにはおすすめの腰袋と言えます。

重いものを選ぶ

腰袋の中でも比較的重いタイプのものがあります。重いタイプの腰袋は皮革素材を使用したものなどで多く見られます。また、重たいタイプの腰袋は比較的耐久性の高いしっかりしたものが多く、長く愛用することが出来るのも魅力です。

ただ、長時間使用し続けると疲れやすいので、工具を入れた状態で全体的な重さを考慮して自分の体力に合った重さの腰袋を選ぶことをおすすめします。

補助具で選ぶ

腰袋を使用する際に補助具を併用すれば便利でより使いやすくなります。主な補助具についてご紹介していきましょう。

ワンタッチ式ベルトを選ぶ

ズボンのベルトに腰袋を直接取り付ける作業はなかなか時間がかかるものです。そんな時に腰袋にワンタッチ式のベルトを予め取り付けておくと便利で使いやすいのでおすすめです。

ワンタッチ式のベルトは比較的安価な価格のものが多く、自分のウエストサイズに合わせて調整することができます。

ただ、ワンタッチ式のベルトは留め具の部分がプラスチックで作られている場合が多く、この部分が折れてしまうと全部を買い替えなければいけない為、折れないように注意が必要です。

工具ホルダーを選ぶ

ドライバーやカッターなど頻繁に使う工具や腰袋に入り切らない工具などは工具ホルダーを併用すると便利で使いやすくなります。特によく使う工具は手前の位置に取り付けておくとサッと取り出しやすいので、便利です。

ドライバー専用の工具ホルダーや、インパクトドライバー専用の工具ホルダーなどさまざまなものがあります。小さなポケットになった工具ホルダーであれば釘やビスを入れておくのにピッタリです。自分の使いやすい形状の工具ホルダーをチェックして選んでみましょう。

腰ベルトサポーターを選ぶ

作業で使う全ての工具を収納すると、腰ベルト全体がかなりの重量になります。その場合、腰ベルトを取付ける細いベルトのみでは腰にかかる負担が大きくなるため疲れやすくなりがちです。

そんな時でも腰ベルトサポーターを併用すれば腰にかかる負担を軽減することができます。腰ベルトサポーターは、元々あるベルトに付け加えて取り付けて使用します。

クッション性のある素材を使用した腰ベルトサポーターもありますので好みに合わせて快適な太さのものを選ぶことをおすすめします。

腰袋の人気ランキング10選

第10位

SK11(エスケー11)

匠 釘袋 SC-10

価格:3,564円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロも納得の工夫された設計

こちらのSK11の「SC-10」は、プロの大工さんでも使えるように工夫されて設計されているおすすめのモデルです。34センチ×30センチという大きめのサイズになっているため収納力も抜群です。

さらに、工具用のポケットが6か所付いているため、長さのある金槌などの工具も安定して収納することができます。またサイドに付属されている大型のポケットには墨壺など直ぐに取り出したい工具も楽に収納しておくことが出来るので便利です。

また、コンペックスがサッと取り出しやすい形状のホルダーが付属されているのも魅力です。プロの方の使用にも支持されているおすすめの腰袋です。

サイズ幅340高さ300奥行180mm重量570g
第9位

ふくろ倶楽部

釘袋伝説四型 HB-034W

価格:4,793円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイブリッドレザーが魅力

ふくろ倶楽部の伝説四型「HB-034W」というモデルの腰袋です。「ふくろ倶楽部」というのは兵庫県にある腰袋専門のメーカーです。腰袋専門メーカーならではの厳選した皮革を使用しています。

独自の特殊加工を表面に施されたハイブリッドレザーと言われる素材を用いているため、肌触りが柔らかく、さらに傷が付きにくく耐久性に優れているのが特徴です。ベルトを通すホルダー部分にはリベットでさらに固定されているため安定して装着することが可能です。

重量のあるハンマーなども安心して収納することができます。またサイドに付属しているポケットには直ぐに取り出したい墨壺を入れておくこともできるので便利で使いやすいおすすめの腰袋です。

サイズ幅220×高さ310×奥行60mm 重量
第8位

マキタ(Makita)

ベルト付4点セット A-53855

価格:10,951円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホルダーが4点セットになって便利

電動工具の専門メーカーであるマキタの腰袋です。こちらの「A-53855」というモデルでは、スマホを収納しておくことができるホルダーとハンマー用のホルダー、インパクトドライバーホルダーなどがセットになっています。

マキタの電動工具はもちろん、その他の大型の工具も大量に入れておける抜群の収納力が魅力です。高い場所での作業など、頻繁に移動しにくい場所での使用に最適な腰袋です。

さらにベルトの部分にはリングホルダーが付属されているため、サスペンダーが取り付けやすい設計になっているのも魅力です。細かいところまで考えて作られている使いやすいおすすめの腰袋です。

サイズH340×L(ベルト長さ)1380mm重量
第7位

デンサン

電工キャンバスバック ND-860

価格:2,128円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で耐久性の高さが魅力

デンサンの電工キャンバスバック「ND-860」は、ジェフコム株式会社が展開しているオリジナルブランドであるデンサンのキャンバス生地で作られた腰袋です。摩耗に強いポリエステル素材を使用し、さらに強化縫製が施されているため、優れた耐久性が魅力の腰袋です。

丈夫で耐久性が高いため、長く使用し続ける事ができるのもおすすめのポイントです。2センチ×18.5センチと比較的コンパクトなサイズで、重さも約350gと軽量でありながら開口部が広く、見た目以上に収納力が高いのも魅力です。

ただ、長さのある工具を収納するのには安定性が悪くおすすめできませんが、ペンチやニッパーなど比較的短い長さの工具の収納にはおすすめの腰袋です。

サイズ幅185×高さ250×奥行120mm重量350g
第6位

マーベル(Marvel)

WAIST GEAR MDP-93AR

価格:2,428円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抜群の収納力と取り出しやすさが魅力

マーベルの腰袋三段タイプ「MDP-93AR」というモデルの腰袋です。電気工事用の工具を中心に展開しているメーカーであるマーベルは大阪に本社のある工具専門メーカーです。

こちらの「MDP-93AR」というモデルは、21センチ×20センチと比較的コンパクトなサイズでありながらも開口部分が広いため、収納力に優れ中の工具を取り出しやすいのが魅力です。

また3段ポケットが付いているためペンチやニッパーなどの工具を分別して収納しておけるので取り出しやすく便利な仕様になっています。様々なホルダーを取り付けることが可能なDリングが両サイドに付属されているため、さらに収納力を増やすことも可能です。

サイズ幅210×高さ200×奥行150mm重量
第5位

トラスコ中山(TRUSCO)

腰袋 2段 TWP2-R

価格:774円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超軽量コンパクトで女性にもおすすめ

トラスコ中山の「TWP2-R」は、「オレンジブック」でも知られる「トラスコ中山」が展開している腰袋です。15センチ×19センチと比較的コンパクトなサイズですが、見た目以上の収納力があります。

重さも216gと軽量ですのでDIYをされる方や女性にも手軽に使いやすいおすすめの腰袋です。また摩耗に強いポリエステル素材を使用しているため、破れにくく耐久性が高いのも魅力です。

またスマホを収納しておくことができるポケットが付属されているなど、トラスコ中山ならではの細部まで親切な設計がされており、便利で使いやすいのがおすすめのポイントです。

サイズ幅150×高さ190×奥行90mm重量約216g
第4位

HoRoPii

プロ職人 腰袋

価格:1,770円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高密度ポリエチレン600Dを使用

HoRoPiiの仕切り付きマルチ工具バッグは、12センチ×23.5センチのサイズで重さは約200gと軽量の腰袋です。超軽量ですので、工具をたくさん入れて重くなりがちな腰袋の軽量化を図ることができます。

内部には仕切りが付いているため、スパナやペンチなどの工具を分別して収納しておくことが可能ですのでサッと取り出しやすいのもおすすめのポイントです。

また、摩耗に強く耐水性に優れた高密度ポリエチレン600D素材を使用しているため、濡れても安心して使用することができます。耐久性に優れているため長く使い続けることができるおすすめの腰袋です。

サイズ幅120×高さ235×奥行60mm重量200g
第3位

イーバリュー(E-Value)

ビスカップ EBC-L

価格:594円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お使いの腰袋にもプラスすることも可能

藤原産業が展開しているブランドE-Valueのビスカップ「EBC-L」は、ビスカップと呼ばれていますが腰袋と同じようにウエスト部分のベルトに吊り下げて使います。

上部分にはカルビナが付属されており、12センチ×14センチのコンパクトサイズですので手軽にベルトから脱着することが可能です。既に腰袋をお持ちの方にもプラスして装着することもできるので、さらに収納性を高めたい方にはおすすめの腰袋です。

摩耗に強いナイロン素材を使用していますので擦り切れたり破れたりする心配もなく安心して使用することが出来るのも魅力です。

サイズ幅120×高さ140×奥行120mm重量
第2位

フジ矢(Fujiya)

布製電工バッグ WB-B

価格:3,940円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電設工事に必要な工具もスッキリ収納

フジ矢のウエストラインシリーズ「WB-B」は、ニッパーやペンチなど多くの工具を手掛けるフジ矢株式会社の腰袋です。

フジ矢株式会社は大阪にあるハンド工具を展開している会社で、こちらの「WB-B」のモデルもドライバーなどを収納できる仕様の腰袋になっています。全面部分には電気設備工事に必要なテスターを収納できるポケットも装備されています。

作業する側が使いやすいように細かいところまで工夫した仕様に設計されているのが魅力の腰袋です。また、底面の部分にはEVA樹脂素材を採用しているため、型崩れしにくく破れにくくなっているのもおすすめのポイントです。

サイズ幅230×高さ170×奥行160mm重量540g
第1位

イーバリュー(E-Value)

腰袋 EDK-3D GR

価格:1,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抜群の収納力で高所作業にも最適

人気のE-Valueの「EDK-3D GR」というモデルの腰袋です。ポケット部分が2段になっており、さらに外側部分にもドライバーなどの工具を分別して収納することが可能なホルダーが付いています。

丈夫なポリエステル素材を使用しているため、軽量で耐久性に優れたおすすめの腰袋です。擦れに強く丈夫な作りですので長く愛用することが出来るのも魅力です。

比較的深さのあるサイズですので、長さのあるハンマーなども落下する心配もなく安定感のある収納が可能です。見た目以上の多くの工具を収納できる抜群の収納力がありますので、移動しにくい高所での作業にも最適な使いやすい腰袋です。

サイズ幅230×高さ240×奥行130mm重量

腰袋のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5069473の画像

    イーバリュー(E-Value)

  • 2
    アイテムID:5069467の画像

    フジ矢(Fujiya)

  • 3
    アイテムID:5069462の画像

    イーバリュー(E-Value)

  • 4
    アイテムID:5069456の画像

    HoRoPii

  • 5
    アイテムID:5069455の画像

    トラスコ中山(TRUSCO)

  • 6
    アイテムID:5069454の画像

    マーベル(Marvel)

  • 7
    アイテムID:5069446の画像

    デンサン

  • 8
    アイテムID:5069437の画像

    マキタ(Makita)

  • 9
    アイテムID:5069428の画像

    ふくろ倶楽部

  • 10
    アイテムID:5069391の画像

    SK11(エスケー11)

  • 商品名
  • 腰袋 EDK-3D GR
  • 布製電工バッグ WB-B
  • ビスカップ EBC-L
  • プロ職人 腰袋
  • 腰袋 2段 TWP2-R
  • WAIST GEAR MDP-93AR
  • 電工キャンバスバック ND-860
  • ベルト付4点セット A-53855
  • 釘袋伝説四型 HB-034W
  • 匠 釘袋 SC-10
  • 特徴
  • 抜群の収納力で高所作業にも最適
  • 電設工事に必要な工具もスッキリ収納
  • お使いの腰袋にもプラスすることも可能
  • 高密度ポリエチレン600Dを使用
  • 超軽量コンパクトで女性にもおすすめ
  • 抜群の収納力と取り出しやすさが魅力
  • 軽量で耐久性の高さが魅力
  • ホルダーが4点セットになって便利
  • ハイブリッドレザーが魅力
  • プロも納得の工夫された設計
  • 価格
  • 1000円(税込)
  • 3940円(税込)
  • 594円(税込)
  • 1770円(税込)
  • 774円(税込)
  • 2428円(税込)
  • 2128円(税込)
  • 10951円(税込)
  • 4793円(税込)
  • 3564円(税込)
  • サイズ
  • 幅230×高さ240×奥行130mm
  • 幅230×高さ170×奥行160mm
  • 幅120×高さ140×奥行120mm
  • 幅120×高さ235×奥行60mm
  • 幅150×高さ190×奥行90mm
  • 幅210×高さ200×奥行150mm
  • 幅185×高さ250×奥行120mm
  • H340×L(ベルト長さ)1380mm
  • 幅220×高さ310×奥行60mm
  • 幅340高さ300奥行180mm
  • 重量
  • 540g
  • 200g
  • 約216g
  • 350g
  • 570g

自分に合った腰袋を!

腰袋の選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。作業の内容や自分の使い道にピッタリ合った使いやすい腰袋を見つけて、快適な作業に役立ててみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ