記事ID138495のサムネイル画像

【重要】ロードバイク用ホイールのおすすめ人気商品ランキング10選

ロードバイクを運転する際は、必ずホイールが必要になってきます。人の体重や自転車全体を支える重要なアイテムなので、しっかりとしたものを、選ぶようにしましょう。そこで今回は、おすすめのロードバイク用ホイールを、ご紹介していきます。

ロードバイク用ホイールは、慎重に選ぶことが重要となります。

ロードバイクに限らず、自転車全般にいえることですが、非常にホイールは重要な部分となってきます。特に、最短で長距離走行をこなしたい場合は、パフォーマンスを左右する重要なパーツの一つになります。このホイール次第では、スピードなども大きく変わります。

なので、しっかりと自分の実力を発揮するためにも、こだわって選びましょう。ただ、素材やサイズも商品によって、様々です。特に初めてロードバイクを乗る方にとっては、選び方が分かりませんよね。なので、是非この記事を参考にしながら、選んでみましょう。

そこで今回は、おすすめのロードバイク用ホイールをご紹介していきます。選び方を細かくご紹介していくので、チェックしてみてください。有名なメーカーからも、多数販売されているので、より選びやすいでしょう。ランキングを元に選んでみるのも、ポイントです。

ロードバイク用ホイールの選び方

ロードバイクを選ぶ際に、最も重要になってくるので、ホイールです。ホイール次第では、スピードなど、かなりパフォーマンスが左右されてしまうので、しっかりと選びましょう。

素材で選ぶ

まずはアルミ製のものから始めてみましょう。レースなど競技に出る場合は、カーボン製の方が、優れた性能を発揮してくれます。

アルミ製を選ぶ

ロードバイクを始めたての方や、できる限り安価で購入したい場合は、アルミ製を選ぶと良いでしょう。⾦型への押し出しで製造しているので、比較的リーズナブルな価格で、購入することができます。

 

さらに、錆びにくく熱に強いので、耐久性も抜群です。⾃転⾞のパーツに最も広く使われている素材の一つなので、まずはこの素材のものから、使ってみましょう。ただし、重いものも多数あるので、重さもチェックしながら、選ぶことがポイントです。

カーボン製を選ぶ

より良いホイールを使用した場合は、カーボン製のものが最適となっています。この素材のものは、アクリルを⾼温で加⼯しています。よって、⾛⾏性能に優れ、剛性が⾼い特徴があります。

 

さらに、重さも軽いので、より良い走行をすることが可能です。速さを競うロードバイクには、持ってこいの素材なので、チェックしておきましょう。

 

レースなど、本格的にロードバイクを乗る場合は、カーボン製を使うようにしましょう。ただし、職⼈の⼿による加⼯が必要になるので、ある程度お値段がかかります。

スペックで選ぶ

スペックが高いほど、よりパフォーマンスを高く発揮することができるので、レース目的の場合は、特に重視しておきましょう。

タイヤの幅で選ぶ

ロードバイクに使われるタイヤ幅は、基本的に、細めの23Cか25Cが⼀般的とされています。あらかじめ、両サイズに対応しているものを選んでおけば、手軽に使用できるので、便利でしょう。ただ、よりパフォーマンス力を高めたい場合は、それぞれの特徴を把握しておきましょう。

 

23Cの場合は、タイヤ幅が細いため、軽量性に優れ、よりスピードを重視した⾛りを行うことができます。一方25Cは、安定感があり、溝や段差でも、なめらかに⾛⾏することができます。自分がどのような走りを行いたいかによって、変わってきます。

 

なので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。また、最近ではワイドリムホイールが流⾏していることもあり、25Cのタイヤ幅が⼈気となっています。ただ、ワイドリムは23Cタイヤに対応していないことも多いので、しっかりとチェックしておきましょう。

リムハイトで選ぶ

フレームの外側となる輪の部分は、リムと呼ばれています。このリムの高さであるリムハイトによって、漕ぎやすさが変わってくるので、しっかりとチェックしておきましょう。リムの⾼さは低いほど、軽量となる傾向となっています。

 

ただ、⾼さがないものは、剛性に⽋けてしまうので注意しましょう。重さとと耐久性のバランスを考えたい場合は大体、30mm前後がおすすめとなっています。リムが⾼いと耐久性に優れ、⾼速⾛⾏時の空気抵抗を減らせます。よって、スピードに乗りやすくなります。

 

しかし、どうしても重さが出てしまいます。平坦では良いですが、上りだときつくなってしまうので、上手くギアを変えて使うようようにしましょう。レース目的以外であれば、バランス重視で選ぶと良いかと思います。

リム幅で選ぶ

ロードバイク⽤ホイールは、ワイドリムとナローリムの、2種類が最も多く使用されています。ワイドリムとは、リム幅が17cとなっています。一方ナローリムは、リム幅が15cとなっています。これによって、対応できるタイヤ幅も変わってくるので、注意しておきましょう。

 

例えば、平地が多い場所をツーリングしたい場合は、ワイドリムがおすすめとなっています。ただし、坂道が多い場所などでは、ナローリムのホイールの方が、より良い結果を出すことができます。

 

とはいっても、近年では25cのタイヤに対応した、ワイドリムが販売されています。人によって、乗り心地の好き好きが変わってくるので、快適な⾛りを追求したい場合は、ワイドリムを選ぶなど、自分に合ったものを選びましょう。

サイズ・重さで選ぶ

適したサイズや重さのものでないと、漕ぎにくかったり、スピードに乗れないことがあります。なので、ロコミなども参考にしながら、バランスの良いものを見つけましょう。

サイズで選ぶ

特にサイズは、重要な部分なので、間違えないようにしましょう。ロードバイクの場合、まず⾝⻑と股下に合わせて、⾞体となるフレームを決めます。ホイールサイズは、標準的な700cを選ぶのが⼀般的となっています。

 

なので、これを基準にしながら、選ぶと良いでしょう。ただし、フレームは、自由に調節することができません。なので、⼩柄な⽅は、サイズがひとまわり⼩さい、650cを選ぶようにしましょう。

 

⾃分に合ったホイールでないと、走行もスムーズに行えないので、しっかりとサイズはチェックしておきましょう。また、⾝⻑が160cmを下回る名合は、650cサイズのものの方が、最適かもしれません。

重さで選ぶ

よりスピードがあり、スムーズな走行を行いたい場合は、重さにも注目してみましょう。重さが、1700g程度のものであれば、よりスピードを強化することができます。ホイールのリム部分が軽いことによって、漕ぎ出してすぐにスピードに乗ることができます。

 

なので、軽ければ軽いほどスピードが出しやすいので、特にスプリンターの方は、重視しておきしょう。レースや競技にも有利的です。また、軽量であるほど、クライマーにとっても、とても便利です。

 

重さが苦にならないので、最高のパフォーマンスができます。疲れにくいので、長時間ロードバイクを走行するにも、おすすめとなっています。また、1700g程度のものは、比較的リーズナブルな価格で購入できるので、お求めやすいでしょう。

価格・メーカーで選ぶ

あらかじめ予算やメーカーを絞っておくことで、より自分に合ったものが、見つかりやすくなるかもしれないので、選び方のポイントに抑えておきましょう。

価格で選ぶ

ロードバイク用ホイールを選ぶ際は、価格にもこだわっておきましょう。選び方が分からない方でも、必ず価格はチェックしておくことが重要です。求めるスペックを満たしているホイールを、購入できるに越したことはありません。

 

ただ、予算を決めて購入しないと、かなり予算オーバーになってしまうこともあるので、注意しましょう。商品によって異なりますが、高いものであれば、30万円を超えることもあります。

 

ホイールは消耗品なので、ある程度使っていると、当然劣化してしまいます。なので、無理なく購入できるホイールを見つけ、長く続けられるかも、見極めておきましょう。

メーカーで選ぶ

いざ商品を選ぶとなっても、どこのメーカーのものが優れているのは、分からないですよね。その場合は、人気のメーカーの商品を、チャックしてみましょう。現在人気とされるメーカーは、シマノやカンパニョーロなどがあります。

 

ロードバイクを常に乗っている方にとっては、馴染みのある方も、多いのでないでしょうか。特にシマノは、多くのサイクリングアイテムを販売しているので、一度チェックしてみましょう。高品質でありながら、手軽に購入することができます。

 

もちろん、これ以外にも優れたメーカーのものが多いので、まずは気になるメーカーの商品から、チェックしてみましょう。

耐久性・種類で選ぶ

しっかりと耐久性があり、丈夫なものを選びましょう。また、種類も様々なので、見落とさないようにしましょう。

耐久性で選ぶ

ホイールは、全体の多さを支えるアイテムなので、耐久性に優れたものを、選ぶ必要があります。しっかりと支えれて、すぐに劣化しないものを、選ぶようにしましょう。とはいっても、ずっと使い続けていると、劣化してきます。

 

劣化したまま使用していると、上手く操作できないことにも繋がるので、ある程度使用したら、定期的に交換するようにしましょう。

 

日頃からメンテナンスをしてもらっていると、交換時期も分かりやすいので、より安全で快適な走行を行うことができます。

種類で選ぶ

ロードバイク用ホイールには、主にクリンチャーや、チューブラーといった種類が分かれています。クリンチャーとは、タイヤの内側にチューブを入れて、そのチューブに空気を入れて使用するタイヤとなっています。

 

また、チューブラーとは、中にチューブが縫い込まれた、ドーナツ状のタイヤをいいます。それぞれ、専用のホイールが必要になるので、間違えないようにしましょう。

ロードバイク用ホイールの人気ランキング10選

第10位

MAVIC

PRO CARBON EXALITH COSMIC 2017

価格:138,000円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

悪天候であっても、このフレームであれば安心です。

このロードバイク用ホイールは、軽量と路面からの抵抗値を抑え、乗り心地と速さの両方を兼ね揃えています。ハイスペックで、レースなどの競技にも、お使いいただけます。

 

また、正面からの低い空気抵抗と、横風からの安全性のバランスが取れているので、より水ムーズな走行が行えます。さらに、優れた制動効率と独特の外観を実現し、便利でおすすめの商品です。

 

非常に高いレベルの耐久性を誇り、ブレーキ性能をより、発揮するように改良されているので、悪天候でも安心して走行できます。

サイズ700c重さ1650g
素材マクスタル・カーボン リムハイト45mm
リム幅17c種類クリンチャー
第9位

A-CLASS

ロードバイクホイールセット ALX630

価格:105,073円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブレーキを安定させているので、より良いサポートをします。

重量バランスに優れていて、特にスピードを強化したい方に、おすすめとなっています。高速回転時においてブレが少なく、完全なバランスを保っています。

 

さらに、レーシングホイールに求められる、重量バランスを高品質溶接ジョイントで、実現しています。また、高い精度でリムサイドを切削加工することで、剛性に優れるとともに、ブレーキ性能も安定化させているので、かなりおすすめです。

 

このロードバイク用ホイールは、EXAアルミ合金製となっていて、優れたホイール性能を引き出してくれます。

サイズ700c重さ1430g
素材エアロスポークリムハイト23.7cm・26cm
リム幅17c種類クリンチャー
第8位

jklapin

自転車ホイールセット JK-2040

価格:11,800円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初めて使用する方にも、手軽にお楽しみいただけます。

無駄のない作りで、スピードを強化することができます。比較的リーズナブルな価格となっているので、初心者の方にもお使いいただけます。

 

また、19cを28cタイヤ、40mmダブルリムに適合させることが可能です。幅広く活躍し、デザインもシンプルなので、どんなテイストのロードバイクにも合いますよ。

サイズ700c重さ2150g
素材アルミリムハイト40mm
リム幅17c種類クリンチャー
第7位

スーパーチーム

クリンチャーロードホイール

価格:43,500円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性もあり、デザイン性にも優れています。

艶やかなデザインが印象的で、おしゃれでおすすめとなっています。しっかりと耐久性にも優れているので、快適に走行できます。また、付属品も備わっているので、初めて使用する方にも、おすすめです。

 

一番最高で、思った以上のクオリティーといった、ロコミが挙がっていました。より良いパフォーマンスを発揮できます。

サイズ700c重さ1575g
素材炭素繊維・東レT700 リムハイト-
リム幅17c種類クリンチャー
第6位

FULCRUM

ホイールセット RACING5

価格:34,600円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

より快適に走行したい方は、一度試してみましょう。

さらに強度を増していて、最新のモデルとなっています。重さもかなり軽量となっているので、スムーズな走行が行えます。

 

さらに、コストパフォーマンスにも優れていて、お値段以上の性能を発揮してくれます。特に、レースなど本格的にロードバイクを走行する方には、おすすめとなっています。

 

今までのものよりも、はるかに良いといった、ロコミが挙がっていました。本格的なホイールを、この機会に使ってみましょう。

サイズ170c重さ1650g
素材スチールリムハイト24.5mm・27.5mm
リム幅17c種類-
第5位

FULCRUM

クリンチャーホイール  0329860002

価格:108,000円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重さが気にならないので、特にクライマーに最適です。

数あるハイレベルなアルミ製ロード・ホイールの中でも、デファクト・スタンダードといえる商品となっています。品質が非常に優れているので、競技などにも役立ちますよ。

 

また、このロードバイク用ホイールは、アルミホイールの中でも定番ともいえる、RacingZeroを、ワイドリム化したものになります。

 

とにかく重さが軽いので、重さが邪魔しないといった、ロコミが挙がっていました。軽量のものをお探しの方にも、ぴったりです。

サイズ700c重さ-
素材アルミリムハイト-
リム幅17c種類クリンチャー
第4位

CAMPAGNOLO

シロッコ クリンチャーホイール

価格:51,840円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

よりスペックが高く、レベルアップしています。

このロードバイク用ホイールは、前後セットとなっているので、わざわざ一つづつ揃える必要がありません。また、35mmのプロファイルで、オールラウンドに使用できます。

 

よって、様々なシーンで、最高の走りを行えます。さらに、あらゆるコンディションで性能を発揮する万能し、シャマル・ウルトラやゾンダなど、大人気のホイールと同じように、バージョンアップしています。

 

見た目も良く、交換もしやすいといった、ロコミが挙がっていました。ワイドリムとなり、さらに空力性能の向上とワイドタイヤの恩恵を余すことなく、手軽にお使いいただけます。

サイズ700c重さ1654g
素材-リムハイト35mm
リム幅17c種類クリンチャー
第3位

jklapin

C6.0ロードバイク ウルトラライトシールベアリング

価格:12,990円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

このホイールにすると、走りが変わります。

フリーホイールのため、色々な用途でお使いいただけます。

 

このホイールにしてから、かなり走りが楽になったといった、ロコミが挙がっていました。頑丈な作りで、長くお使いいただけます。

サイズ700c重さ1900g
素材アルミリムハイト-
リム幅-種類チューブラー
第2位

ICAN

カーボンホイール CX-RAY

価格:53,223円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

付属品も充実し、かなりの高品質となっています。

100%カーボンファイバー東レT700を採用し、高品質となっています。重さも軽くなっているので、スピードを強化したい方に、おすすめとなっています。

 

また、専用のクイックリリースや、ブレーキシューも付属されているので、届いたその日に交換できます。

 

初めて使ったけれど、品質が非常に高いといった、ロコミが挙がっていました。耐久性にも優れ、安心して走行できます。

サイズ700c重さ-
素材カーボンファイバー東レT700リムハイト28mm
リム幅-種類クリンチャー
第1位

シマノ

ホイール WH-R501

価格:20,586円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高の走りを、リーズナブルな価格で行えます。

コストパフォーマンスに優れたモデルで、最高のパフォーマンスが行えます。ブラックカラーで、ロードバイクにもしっかりと馴染みます。

 

さらに、シマノホイールの高い技術が備わった商品を、リーズナブルな価格で、体験していただけます。特に、平坦道で大活躍します。

 

耐久性にも優れ、いつもこれを使っているといった、ロコミが挙がっていました。クイックリリース・リムテープ付属で、手軽にお使いいただけます

サイズ700c重さ1900g
素材アルミリムハイト24mm
リム幅15c種類クリンチャー

ロードバイク用ホイールのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5066808の画像

    シマノ

  • 2
    アイテムID:5066811の画像

    ICAN

  • 3
    アイテムID:5066817の画像

    jklapin

  • 4
    アイテムID:5066878の画像

    CAMPAGNOLO

  • 5
    アイテムID:5066875の画像

    FULCRUM

  • 6
    アイテムID:5066868の画像

    FULCRUM

  • 7
    アイテムID:5066830の画像

    スーパーチーム

  • 8
    アイテムID:5066866の画像

    jklapin

  • 9
    アイテムID:5066834の画像

    A-CLASS

  • 10
    アイテムID:5066820の画像

    MAVIC

  • 商品名
  • ホイール WH-R501
  • カーボンホイール CX-RAY
  • C6.0ロードバイク ウルトラライトシールベアリング
  • シロッコ クリンチャーホイール
  • クリンチャーホイール  0329860002
  • ホイールセット RACING5
  • クリンチャーロードホイール
  • 自転車ホイールセット JK-2040
  • ロードバイクホイールセット ALX630
  • PRO CARBON EXALITH COSMIC 2017
  • 特徴
  • 最高の走りを、リーズナブルな価格で行えます。
  • 付属品も充実し、かなりの高品質となっています。
  • このホイールにすると、走りが変わります。
  • よりスペックが高く、レベルアップしています。
  • 重さが気にならないので、特にクライマーに最適です。
  • より快適に走行したい方は、一度試してみましょう。
  • 耐久性もあり、デザイン性にも優れています。
  • 初めて使用する方にも、手軽にお楽しみいただけます。
  • ブレーキを安定させているので、より良いサポートをします。
  • 悪天候であっても、このフレームであれば安心です。
  • 価格
  • 20586円(税込)
  • 53223円(税込)
  • 12990円(税込)
  • 51840円(税込)
  • 108000円(税込)
  • 34600円(税込)
  • 43500円(税込)
  • 11800円(税込)
  • 105073円(税込)
  • 138000円(税込)
  • サイズ
  • 700c
  • 700c
  • 700c
  • 700c
  • 700c
  • 170c
  • 700c
  • 700c
  • 700c
  • 700c
  • 重さ
  • 1900g
  • -
  • 1900g
  • 1654g
  • -
  • 1650g
  • 1575g
  • 2150g
  • 1430g
  • 1650g
  • 素材
  • アルミ
  • カーボンファイバー東レT700
  • アルミ
  • -
  • アルミ
  • スチール
  • 炭素繊維・東レT700
  • アルミ
  • エアロスポーク
  • マクスタル・カーボン
  • リムハイト
  • 24mm
  • 28mm
  • -
  • 35mm
  • -
  • 24.5mm・27.5mm
  • -
  • 40mm
  • 23.7cm・26cm
  • 45mm
  • リム幅
  • 15c
  • -
  • -
  • 17c
  • 17c
  • 17c
  • 17c
  • 17c
  • 17c
  • 17c
  • 種類
  • クリンチャー
  • クリンチャー
  • チューブラー
  • クリンチャー
  • クリンチャー
  • -
  • クリンチャー
  • クリンチャー
  • クリンチャー
  • クリンチャー

まとめ

今回は、おすすめのロードバイク用ホイールをご紹介しましたが、お気に入りの商品は、見つかりましたでしょうか。ホイールに関しては、本当に安易で選んでしまうと、思ったパフォーマンスができないと、デメリットばかり出てしまうので、しっかりと慎重に選びましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ