記事ID138494のサムネイル画像

【姿勢が良くなり集中力UP】学習椅子のおすすめ人気ランキング10選

小学生などの子どもが正しい姿勢で集中して勉強するにはよい学習椅子を使うのがおすすめです。そこで回転椅子・木製椅子・バランスチェアなどの学習椅子の選び方を紹介し、中学受験に最適、おしゃれ、リビング学習向けなど、おすすめの学習椅子をランキング形式で紹介します。

よい学習椅子で子どもの成長・学習をサポート

よい学習椅子は、子どもの成長や学習効率を高めるためにとても大切です。人間の骨格は12~14歳までに決まるといわれています。学習椅子選びは一生の体の型を決める、といっても過言ではありません。

 

また、学習効率の面でも学習椅子は重要です。たとえば小さな子どもの場合、足置きに足を置いて体を安定できることが集中力を高めます。この記事では学習椅子のおすすめの選び方を解説した後、専門家や購入者から特に評価の高い人気の学習椅子を、ランキング形式で紹介します。

学習椅子の選び方

学習椅子を選ぶにあたっては、まず、回転椅子・木製椅子・バランスチェアのどのタイプにするかを選びましょう。そのうえで、高さ調整機能や表面素材など細かい部分を絞り込んでいけば、目的の学習椅子が見つけやすくなります。

学習椅子のタイプで選ぶ

学習椅子の主なタイプは「回転椅子」「木製椅子」「バランスチェア」の3つです。それぞれ特徴を解説します。

機能性の高さで選ぶなら「回転椅子」

回転椅子とは座面が回転するタイプの学習椅子のことです。メリットは回転するため本棚などから物を取れたり、椅子から方向を変えて立ち上がりやすいことです。回転椅子のほとんどは高さ調整機能がついており、子どもの体の成長に合わせて長く使えるのもメリットです。

 

逆にデメリットは、安定性に欠ける場合があります。小さな子どもの場合は椅子を回転させたり、貧乏ゆすりのようにしてしまうことがよくあるケースです。また、キャスター付きの場合はフローリングを傷つける場合があるのもデメリットです。

 

回転椅子の場合は、アームを付けるかどうか、背もたれの広さ、安定性のある足かどうかなどチェック項目がいろいろあります。また、値段の幅も広いです。実際に座ってみるのが一番ですが、できなければ、サイズや仕様をよくチェックしましょう。

安定性・省スペースで選ぶなら「木製椅子」

木製椅子は食卓用の椅子などと同じくコンパクトなタイプの椅子です。学習椅子としての木製椅子は、高さ調整がついていたり、足乗せが付いていたり、ランドセルを格納するための台などがついていたりするのが特徴です。金属製もありますが、あまり数はないため、木製椅子と呼ばれています。

 

メリットは安定性があることと、省スペースなことです。デスクとセットになっている木製椅子も多いですが、単品で購入もできます。たとえば、食卓で勉強する場合などには木製椅子がおすすめです。違和感のない木製椅子なら、食事用と学習用を兼用にすることもできるでしょう。

集中力・正しい姿勢で選ぶなら「バランスチェア」

バランスチェアは半分正座のような姿勢となり、お尻と膝あたりの部分で体重を支える姿勢が特徴の椅子です。自然と背骨が理想的なS字カーブを描くため、正しく姿勢になる効果があります。また、集中的に学習をするのにも向いている椅子です。

 

デメリットは長時間座るのには向いていないことです。慣れれば数時間は可能ですが、姿勢が一定なので、疲れやすいのは確かです。また、ゆったり読書をしたり、リラックスして絵を書いたりといった作業には向いていないといえます。

お手入れの仕方(表面素材)で選ぶ

子どもが使う学習椅子は何かと汚れてしまうものです。たとえばジュースがこぼれたり、泥やホコリがついたり、絵の具がついたり、などなど。学習椅子の多くはファブリック素材の表面素材が多いといえます。できれば、取り外して洗えるものがよいでしょう。

 

お手入れに最も適しているのは、合成革の素材です。ビニール素材が入っているので飲み物などをこぼしても拭きやすいメリットがあります。また、ファブリック素材では足やお尻で擦れることで長年使うと破けてしまうこともしばしばですが、合成革は比較的耐久性が高いといえます。

 

ただし、カバーやクッションを置けば、ある程度、お手入れのデメリットはカバーできます。逆にいうと、カバーやクッションが取り付けやすいかというポイントも学習椅子を購入する場合には検討しておきましょう。

回転椅子は各パーツの機能で選ぶ

回転椅子を選ぶ場合には、アーム、背もたれ、脚の幅をチェックしておきましょう。

アーム

学習椅子でアーム付きが良いとは一概にはいえません。確かに、オフィスチェアではアーム付のほうが長時間楽に作業ができるといえます。子どもの場合も読書をするなどの場合に、アームで肘を固定できると楽といえます。

 

しかし、アームがあるとそれなりに場所も取りますし、学習机の内側に入らない場合もあるので要注意です。また、アームは通常、高さが固定になっているので、小さな子どもの場合はかえって使いにくくなる場合が多いといえます。

背もたれはダブルアームがおすすめ

回転チェアの背もたれは、大きく分けるとシングルアームとダブルアームに分けられます。シングルアームは背中の真ん中あたりのみ背もたれ(アーム)があるタイプです。

 

一方、ダブルアームには、肩から背中の上部あたりまでをカバーする背もたれと、腰の少し上あたりをバンド状に支える背もたれの二つが付いています。

 

このうち、座り心地がよく、姿勢が安定しやすいのはダブルアームです。学習椅子を選ぶ際には、背面からも見て、シングルアームかダブルアームかチェックしましょう。

脚の幅は広い方が安定感がある

回転椅子の場合、脚がキャスターになっているタイプが多いといえます。このキャスターの幅にも注目しましょう。

 

椅子を横から眺めたとき、座面の広さより脚の幅が広いピラミッド型は安定感があります。ピラミッド型は特に小さい子どもが足置きなどを使い、座面を高く使う場合に安心です。

 

一方、座面の広さより脚の幅が狭いビル型は、安定感に欠けます。省スペースなのはメリットですが、使う人に合わせて選びましょう。なお、5本脚と6本脚のタイプでは幅が同じであれば6本脚のほうが安定感があります。

 

 

高さの調整機能で選ぶ

子どもは体がグングン大きくなっていくものです。高さの調整のしやすさでいえば、回転椅子のガス式高さ調整機能がある学習椅子がおすすめです。また、ねじ式であったとしても、回転椅子なら、それほど手間はかかりません。

 

一方、木製椅子やバランスチェアの場合、高さ調整がやや面倒なタイプが多いといえます。一人で使う分にはそれほど問題にはなりませんが、兄弟や大人と兼用で使ったり、学習机と食卓など場所が変わる場合には、頻繁に高さ調整が必要となります。

 

こうした場合は不便になることがあるので注意しましょう。

足置き(ステップ)の有無で選ぶ

小さな子どもが学習椅子に座る場合、足置きがあると体が安定します。足置きがないと足がぷらぷらしてしまい姿勢が定まらないうえに、集中力も落ちてしまいやすいといえます。

 

足置きはある程度面積が広いものがおすすめです。脚を動かすゆとりがあるので、長時間座っていてもつかれにくくなります。

 

姿勢にこだわるなら、足置きの高さが何段階に調整できるかどうかもチェックしておきましょう。この点では回転チェアのほうが段階数が多いことが多く、木製椅子では2~3段階程度が一般的です。

おしゃれな学習椅子を選ぶ

おしゃれな学習椅子を選ぶのもおすすめです。カラフルな色を選びたいなら、カラーバリエーションが豊富なファブリックの表面素材がおすすめです。また、北欧インテリアなど木材の暖かみがある部屋なら、木製の学習椅子を選ぶと統一感が出ておしゃれになります。

 

後ほど紹介するように、ハート形の背もたれをした学習椅子なども販売されています。お気に入りの学習椅子を探しましょう。

メーカーで選ぶ

おしゃれな学習椅子で人気のメーカーを紹介します。

ニトリ

ニトリの学習椅子の特徴はリーズナブルで高品質です。デザイン面では、誤解を恐れずにいうなら、他メーカーのヒット商品と似たようなデザインが多いといえます。

 

たとえば、イトーキのハート型背もたれのおしゃれな学習椅子とそっくりなタイプもリーズナブルな価格で提供されています。

コイズミ

学習椅子の大手のひとつがコイズミ。特に人気なのがステップチェアで、カラーバリエーションも豊富です。食卓や学習椅子の木材と色を合わせやすいので、インテリアにマッチします。

カリモク

高級メーカーカリモクは、学習机と学習椅子のセット販売が人気のメーカーです。特に、ベネッセとコラボした「学びデスク」は大人も欲しいと思わせるおしゃれなデザインでヒット商品となりました。

学習椅子の人気ランキング10選

第10位

イトーキ

KS3-9PP

価格:18,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハートの背もたれがかわいい

イトーキのKS3-9PPは、ハート型の背もたれがかわいいと人気の商品です。色は上の写真のパープルの他に、ピンクとブルーがあります。いずれもパステルカラーとなっており、軽やかで爽やかな印象です。

 

座面奥行調節や座面上下昇降、足置きリングと機能性も高く、ファブリックには抗菌防臭加工がされています。

 

また、回転を止めるためのストッパーがついているので、机に向かっているときに安定させることも可能です。厳しいJIS規格の耐久試験も合格しており、安心して長く使えそうです。

足置き高さ調整機能ガス式無段階
表面素材ファブリック
第9位

STOKKE

トリップトラップ

価格:29,700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子どもとともに成長する学習椅子

子どもとともに成長する学習椅子、をコンセプトに作られたのがSTOKKEのトリップトラップです。座面と座面の奥行、足載せなどが自由自在に組み合わせられるので、子どもの成長に合わせてセッティングができます。

 

現在は類似の商品がありますが、実は、赤ちゃんから大人まで使える椅子は、1972年にピーター・オプスヴィックがデザインしたこの学習椅子が元祖です。家族のそばで学び、成長できるように緻密に設計されたトリップトラップは、使い続けるほどに愛着が湧くはずです。

 

カラーバリエーションも豊富で、北欧家具ならではの温もりがあるのもおすすめのポイントです。

足置き高さ調整機能5段階
表面素材-
第8位

コイズミファニテック

CDY-507BKMB

価格:16,575円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「らくピタ」スライド

コイズミファニテックは「らくピタ」スライドという座面の奥行を最大11cm調整できる機能が付いた学習椅子です。

 

他の一部の学習椅子は、小さな子どもが足置きを使って座ると、背もたれ部分に届かなくなってしまいます。しかし、この学習椅子なら「らくピタ」スライドによって、ぴったり背中をサポート。小さな子どもも快適に座ることができるのです。

 

PVCレザーを使っているので、飲み物をこぼしてしまった場合にもさっと拭き取れます。耐久性も抜群なので、大学生以上までずっと使える学習椅子といえます。

足置き高さ調整機能ガス式無段階
表面素材PVCレザー
第7位

Hbada

オフィスチェア コンパクト

価格:14,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

包み込まれるような座り心地

Hbadaのオフィスチェア コンパクトは、座面のクッション性が抜群の学習椅子です。長時間机に向かうことが多い人におすすめといえます。

 

高反発素材のウレタンを、これでもかというほど肉厚に盛ったことで、お尻がまったく痛くありません。さらに、表面にはメッシュ素材を付けたため、ムレも起きにくいようになっています。

 

さらに、背もたれに背中をつけた状態でサイドのレバーを引くと、ロッキングさせることができ、最大30度まで傾けられます。ある程度体が大きくなった子どもが対象ですが、座り心地を重視する人におすすめな学習椅子です。

足置き×高さ調整機能ガス式無段階
表面素材メッシュ・ウレタン
第6位

ayur-chair

キャスタータイプ プレミアムモデル 01

価格:70,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

医師も推薦

アーユル・チェアーは、バランスチェアと同じように、座るだけで背筋が理想的なS字カーブになる学習椅子です。これは、独自の座面と背もたれの構造によって、「骨盤が立つ」ようになっているからです。

 

これは、禅僧などの美しい座り方を研究したことによって生まれた、アーユル・チェア独自の設計仕様のおかげです。外国人とは違う、日本人の平均的な骨盤に合わせて設計されているところもポイントです。

 

文教大学付属小学校や慶應義塾高等学校、大手の進学塾などでも採用されている実績を持つキャスタータイプ プレミアムモデル 01は、受験対策などの一環として学習椅子の購入を検討している人にもおすすめです。

足置き×高さ調整機能ガス式無段階
表面素材表皮一体成形発泡ウレタン
第5位

SD STORE

学習チェア

価格:2,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルな学習椅子

SD STOREの学習チェアは、安さが人気の学習椅子です。回転椅子の標準的な機能があって、3000円を切る価格は驚きです。

 

座面のクッション性がないのが欠点ともいえますが、これは別にクッションを用意すれば問題ありません。「シンプルイズベスト」「コストパフォーマンスがよい」など評価は上々です。

 

組み立ては誰でも簡単にできるので、この点も心配はいりません。

足置き×高さ調整機能ガス式無段階
表面素材メッシュ生地(ポリエステル)
第4位

イトーキ

トワイス KS7

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダブルアームが体をしっかりサポート

イトーキのトワイス KS7は、背もたれの部分が肩付近と腰上のダブルアーム構造になっていて、体をしっかりとサポートしてくれます。

 

通常、値段が安い学習椅子は背の真ん中あたりしか支えられていないシングルアームです。これでは、たとえば左右に体の重心がずれた場合には座り心地が悪くなりますし、姿勢が崩れる原因になってしまいます。

 

イトーキはオフィスチェアも数多く手掛けるメーカーだけに、人間工学も考えられた子ども用学習椅子も数多く手掛けています。実績があり評価が高い学習椅子を求めている人におすすめの学習椅子といえます。

足置き高さ調整機能4段階
表面素材PVCレザー
第3位

宮武製作所

プロポーションチェアキッズ

価格:8,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

背筋がピン

宮武製作所のプロポーションチェアキッズは、子どもに正しい姿勢で机に向かって欲しい人、猫背などの姿勢を矯正したい人におすすめの学習椅子です。座るだけで、自然と背筋がピンと伸び、理想のS字カーブを描くように設計されています。

 

バランスチェアは長時間座っていると、膝が痛くなってしまいやすいのが特徴です。宮武製作所は6cmのウレタンフォームを配置することによって、座り心地の良さを実現しました。

 

また、足置きはありませんが、マジックテープで膝部分の補助クッションをくっつければ、小さな子どもも座ることが可能です。バランスチェアのなかではリーズナブルな価格もおすすめです。

足置き-高さ調整機能2
表面素材アクリル・ウレタンフォーム
第2位

E-Toko

頭の良い子を目指す椅子

価格:20,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

きめ細かい高さ調整が可能

脇を自然に締めた状態で、デスクに肘をついたときに、100~110度の角度になるのが理想的な座り姿勢だといわれています。しかし、子どもの成長は早く、椅子が体に合わなくなってしまうもです。

 

リビング学習にも適した木製椅子は、高さ調整があまりできないのが欠点です。しかし、このE-Tokoの頭の良い子を目指す椅子ならば、8段階高さ調整と足置き調整により、子どもの体にぴったりの高さに合わせられます。

 

足置きをはずせば、そのまま大人用の椅子としても使えるので、いつまでも愛用できます。

足置き高さ調整機能8段階
表面素材ファブリック
第1位

大川家具

ステップ5

価格:6,699円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高バリュー学習椅子

大川家具のステップ5は、リーズナブルな価格、座り心地の良さ、耐久性の3拍子が揃った高バリューな学習椅子です。Amazonの学習椅子ジャンルにおいてベストセラーとしてトップクラスの人気があります。

 

座面下のノブの調整によって、背当ての部分を前後できるので体型に合わせた調整ができます。高さ調整ならばともかく、この価格で背当て部分の調整ができるものはあまりありません。

 

売れ筋だけにカラーバリエーションと表面素材の種類も豊富です。ファブリック6色、合成皮5色、チェックのファブリック2色とラインナップが豊富なので、子どもの好きな色やデザインを選べます。

足置き高さ調整機能ガス式無段階
表面素材合皮 ナイロン樹脂 ウレタンフォーム

学習椅子のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5069529の画像

    大川家具

  • 2
    アイテムID:5069547の画像

    E-Toko

  • 3
    アイテムID:5069514の画像

    宮武製作所

  • 4
    アイテムID:5069573の画像

    イトーキ

  • 5
    アイテムID:5069564の画像

    SD STORE

  • 6
    アイテムID:5069560の画像

    ayur-chair

  • 7
    アイテムID:5069570の画像

    Hbada

  • 8
    アイテムID:5069541の画像

    コイズミファニテック

  • 9
    アイテムID:5069536の画像

    STOKKE

  • 10
    アイテムID:5069552の画像

    イトーキ

  • 商品名
  • ステップ5
  • 頭の良い子を目指す椅子
  • プロポーションチェアキッズ
  • トワイス KS7
  • 学習チェア
  • キャスタータイプ プレミアムモデル 01
  • オフィスチェア コンパクト
  • CDY-507BKMB
  • トリップトラップ
  • KS3-9PP
  • 特徴
  • 高バリュー学習椅子
  • きめ細かい高さ調整が可能
  • 背筋がピン
  • ダブルアームが体をしっかりサポート
  • リーズナブルな学習椅子
  • 医師も推薦
  • 包み込まれるような座り心地
  • 「らくピタ」スライド
  • 子どもとともに成長する学習椅子
  • ハートの背もたれがかわいい
  • 価格
  • 6699円(税込)
  • 20480円(税込)
  • 8000円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 2880円(税込)
  • 70200円(税込)
  • 14980円(税込)
  • 16575円(税込)
  • 29700円(税込)
  • 18990円(税込)
  • 足置き
  • -
  • ×
  • ×
  • ×
  • 高さ調整機能
  • ガス式無段階
  • 8段階
  • 2
  • 4段階
  • ガス式無段階
  • ガス式無段階
  • ガス式無段階
  • ガス式無段階
  • 5段階
  • ガス式無段階
  • 表面素材
  • 合皮 ナイロン樹脂 ウレタンフォーム
  • ファブリック
  • アクリル・ウレタンフォーム
  • PVCレザー
  • メッシュ生地(ポリエステル)
  • 表皮一体成形発泡ウレタン
  • メッシュ・ウレタン
  • PVCレザー
  • -
  • ファブリック

お手入れで学習椅子を長く使おう

学習椅子はお手入れの手間はそれほどかかりませんが、長く愛用するためにも正しい方法でお手入れをしましょう。ファブリック・合成皮の部分は、日常的にはほこりをはたいたり、掃除機でごみを吸ったりする程度で十分です。

 

布部・合成レザー部以外のお手入れは、水拭きか中性洗剤を使うのが基本です。また、拭いた後に、乾拭きで水分を取っておきましょう。アルコールやシンナー系溶剤、酸・アルカリ製洗剤は変色、変形の原因となるため、基本的には使えません。

 

 

まとめ

子どもの健やかな健康はどの親も願うものです。それに加えて勉強に身を入れてくれたらとも思うでしょう。よい学習椅子はそのサポートをしてくれます。子どもの体や使う環境にぴったりの学習椅子を選びましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ