記事ID138491のサムネイル画像

【快適に乗る】サイクルグローブのおすすめ人気商品ランキング10選

自転車に乗る時に、素手で運転していますか。実は、サイクルグローブといって、自転車に乗る際に、適したグローブが販売されているので、チェックしてみましょう。そこで今回は、おすすめのサイクルグローブをご紹介していきます。是非、参考にしてみましょう。

サイクルグローブがあれば、手への負担を軽減できます。

サイクルグローブとは、主に自転車に乗る際に、手へのクッションをする役割を、はたしれくれるアイテムになります。特にロードバイクやクロスバイクといって、長時間走行する際に、かなり手の負担を抑えることができるので、必ず用意しておくようにしましょう。

また、手のひら部分にクッション素材が付いているため、衝撃吸収の役割を果たしてくれます。よって、走行時の地面からくる振動が手へと伝わりにくく、快適なハンドル操作を行えるなど、色々なメリットがあります。安全性にも繋がるので、用意しておきましょう。

そこで今回は、おすすめのサイクルグローブをご紹介していきます。これから自転車を始める方にとっても、参考になるように、詳しくご紹介していきます。なので、色々な選び方を元に、自分に合った商品を見つけてみましょう。おしゃれなものも、ありますよ。

サイクルグローブの選び方

このアイテムを使用することによって、より快適な走行を行うことができます。また、怪我に繋がる振動なども、抑えることができるので、必ず装着して、運転するように心がけましょう。

タイプで選ぶ

夏用・冬用ではそれぞれ適した商品が異なるので、しっかりと季節に応じて、使い分けるようにしましょう。

夏用を選ぶ

夏場はとにかく汗をかくので、通気性が備わったものを、選ぶようにしましょう。メッシュ素材を使用しているものであれば、比較的通気性もよく、使い勝手も良いでしょう。

 

さらに、UVカット加工が施されているものであれば、日焼けなどからも、守ることができます。いつでも快適に使用できるように、汗を吸っても短時間で乾く素材を使用したものなど、素材にもこだわりながら、選びましょう。

 

速乾性に優れているものであれば、汗もサッと吸ってくれて、お手入れしても、乾きが早いので、いつでも清潔な状態で、使用することができます。

冬用を選ぶ

冬用のサイクルグローブは、非常に防寒性に優れたものが、多くなっています。しっかりと手首まで覆って、寒さから守ってくれるものもあるので、機能性にも注目してみましょう。ただ、冬場であっても、当然走行しているうちに、汗をかいてしまいます。

 

よって、ムレたりと、色々な肌トラブルを引き起こすこともあります。なので、もっと手軽に使用するためにも、手の甲側は防寒が強く、手の平側は透湿性が強いグローブを選ぶことが、重要になります。

 

ただ注意しなければならないのが、あまり厚みがあるものでは、かえってハンドルが握りにくくなります。なので、必ずロコミなども参考にしながら、しっかりとハンドルが握れるものを選びましょう。

機能性で選ぶ

機能性が高ければ高いほど、使いやすく、安全にも繋がるので、一番機能性を重視しながら、お気に入りの商品を見つけてみましょう。

クッション性で選ぶ

そもそも、サイクルグローブを使用する目的には、主に衝撃を吸収する役割があります。ロードバイクは、凸凹道でも走行することが多いので、地面からくる衝撃を、しっかりと守ることができなければ、意味がありません。

 

なので、クッション性に優れたものを、選ぶようにしましょう。特に、普段ロードバイクに乗っていて、衝撃が強いと感じる場合には、この機能性がポイントとなります。

 

ただ、クッション性に優れているからといって、あまりクッションが分厚すぎるグローブを買ってしまうと、使いづらくなってしまいます。なので、厚みなどバランスを考えながら、選ぶようにしましょう。

グリップ性で選ぶ

サイクルグローブには、手の平面に滑り止めが、備わっているものがあります。これがあることによって、グリップ力を高めてくれます。なので、普段滑りやすいとお悩みの場合は、この滑り止めが付いている商品を、選ぶようにしましょう。

 

また、手の平面のクッションがあまり厚すぎず、手にフィットするグローブの方が、グリップ力は高いといわれています。

 

ただし、普段から滑り止めが付いていないものを使用している場合は、滑り止めのせいで、使いづらくなることもあります。なので、いきなり長時間使用するのではなく、徐々に慣らしていきましょう。

通気性で選ぶ

特に夏場は、暑く汗をかく頻度が、多くなっています。なので、通気性にもこだわっておきましょう。汗でムレてしまうと、かなり不快になってしまい、グローブを装着するのが、嫌になってしまいます。

 

手の不快感が残ったまま使い続けつぃまうと、かなり気になりますよね。少しの気の緩みが、大事故に繋がることもあります。なので、あらかじめ通気性が備わったものを購入し、使うようにしましょう。

 

手の平側が、メッシュになっているような商品であれば、快適に使い続けることができます。特にフルフィンガーグローブの場合は、ムレやすい傾向になります。そのため、冬場に使う場合でも、ムレにくさを重視しながら、選ぶようにしておきましょう。

保湿性で選ぶ

冬場に使用する際は、保湿性が必要になります。手先が冷たくなってしまうと、手がかじかんでしまい、思うようにハンドル操作ができなくなってしまいます。その結果、事故に繋がることもあるので、あらかじめ保湿性にも注目しておきましょう。

 

しっかりと指先まで覆うことができ、冷えにくいかがポイントになります。なので、ロコミなども参考にしながら、できる限り冷えにくく、しっかりと機能性を果たすものを、選ぶ必要があります。

 

保湿性に優れたグローブを使用するだけでも、手の冷え具合が全然違ってきます。なので、冬用グローブを購入する際には、保湿性を重視するようにしましょう。

その他の機能で選ぶ

色々な機能性が備わった商品がありますが、安全性や伸縮性も重要となってきます。夜でも手軽に走行したい場合は、反射板が備わっているものを、選ぶようにしましょう。反射板とは、自転車にも備わっていて、反射するようになっています。

 

なので、車の運転手に居場所をいち早く知らせることができ、安全にも繋がります。また、伸縮性も重要です。程よい伸縮性がないと、窮屈で使いづらくなってしまうので、注意しましょう。

形状で選ぶ

それぞれ指先が空いているのか、指先まで覆うかで使い勝手が違ってくるので、しっかりと季節や使いやすさを考えながら、選ぶことがポイントとなります。

ハーフフィンガーを選ぶ

ハーフフィンガーとは、指先が出ているタイプの、サイクルグローブとなっています。このタイプであれば、主に夏の暑い時期に最適となっています、涼しさを感じながらも、サイクリングを楽しむことができるので、チェックしておきましょう。

 

多くの商品が、指の中間点あたりから、指先にかけて生地がカットされています。非常に、通気性に優れていて、暑い時期でもムレにくくなっているので、より快適に走行することができます。

 

地図を見ながら運転する際も、サッとスマートフォンなどを操作できるので、かなり便利でしょう。ただし、指先が出ていることで、万が一転倒した際に、怪我をしやすくなっています。なので、安全運転を心がけて、使用するようにしましょう。

フルフィンガーを選ぶ

フルフィンガーとは、手を全体覆うタイプとなっています。ハーフフィンガーのものであれば、指先には何もない状態ですが、このタイプであれば、指先まで覆うことができるので、より安全な運転を行うことができます。

 

夏場でも使用できる商品も多く、走行時に手首を日焼けから保護してくれるなど、色々なメリットを受けることができます。万が一に転倒した際も、しっかりと覆われているので、怪我をしにくいでしょう。

 

さらに、商品によっては、スマートフォンに対応しているものもあります。わざわざグローブを脱がなくても、スマートフォンを操作することができるので、色々な機能性にも注目していましょう。ただし、中にはスマートフォンに対応していないものもあるので、注意が必要です。

用途で選ぶ

機能性以外にも、以下の事柄にもこだわることで、より使いやすくなるでしょう。特にサイズは、重視しておくべき部分でもるので、しっかりと自分にあったものを選びましょう。

サイズで選ぶ

いざサイクルグローブを購入しても、手に合ったサイズを使用しなければ、意味がありません。サイズが大きくて、脱げやすかったりすると、事故に繋がります。反対に、サイズが小さすぎるものは、窮屈で使うのが苦になります。

 

なので、しっかりと手に合ったものを、選ぶようにしましょう。多くの商品は、フリーサイズ・S・M・Lのように、それぞれサイズが異なるものが、販売されています。

 

普段自分が選ぶサイズのものを選び、フィットするグローブを使うようにしましょう。もし不安な場合は、返品・返金できるものを、選ぶと安心してお選びいただけます。

デザインで選ぶ

せっかく購入する場合は、デザインにもこだわってみましょう。違和感なく使う場合は、ロードバイクと一緒のデザインのものを選ぶことで、より馴染むでしょう。

 

例えば、ロードバイクに多くホワイトカラーが使われている場合は、ホワイトを選んだりと、工夫しながら選びましょう。汚れが目立って嫌といった場合は、あらかじめブラックカラーを選ぶと、良いかと思います。

 

ただ、派手なカラーのものでも、それほど気にはならないので、好きなものを選びましょう。しかし、デザインに囚われてしまい、機能性を怠らないようにする必要があります。

価格で選ぶ

サイクルグローブは、それほど高いものではないので、手軽にお買い求めいただけるかと思います。ただ、あまりに安すぎるものでは、甘く作られていることもあるので、注意しましょう。ロコミなども参考にしながら、しっかりとした作りのものを選ぶようにしましょう。

 

大体1000円以上のものを選ぶことで、長くお使いいただけるかと思います。とはいっても、消耗品であるので、あまり高いものを購入してしまうと、すぐにダメになってしまうこともあるかと思います。なので、使用頻度も踏まえながら、選ぶようにしましょう。

サイクルグローブの人気ランキング10選

第10位

AYORI

サイクリンググローブ 夏用 2カラー

価格:999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

疲労も回復してくれるので、手に疲れが溜まりません。

サイクリング中に、ハンドルからの衝撃を有効的に吸収し、怪我を防止してくれる役割を発揮します。

 

さらに、疲労も軽減してくれるので、長時間の走行も、手軽に行えます。シリコンパッドで、滑り止め機能も抜群ですよ。

 

ロードバイクとの相性も良いといった、ロコミが挙がっていました。無数の穴があって空気流通がより良くなるので、夏でもムレません。

サイズM・Lタイプハーフフィンガー
機能性耐磨耗性・グリップ性・クッション性スマートフォン対応
素材ナイロン・繊維材
第9位

Morethan

サイクリンググローブ 夏・冬用 4カラー

価格:1,898円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

紫外線からも、大切な手を守り夏でも活躍します。

UVカット効果があるので、オールシーズン快適に使用できます。もちろん、スマートフォンの操作も、行えるので、地図を見ながら色々な場所に行けます。

 

かなり使い勝手が良く、夏でも活躍するといった、ロコミが挙がっていました。衝撃も吸収し、手の神経損傷を減らしてくれます。

サイズXS・S・M・L・XLタイプフルフィンガー
機能性UVカット・通気性・耐磨耗性スマートフォン対応
素材高弾性ライクラ
第8位

Lameda JP

サイクリンググローブ 夏用 4カラー

価格:2,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

夜でも、自分の存在を知らせてくれます。

人間工学に基づいたデザインで、フィット感にも優れています。また、親指のアッパー部分には汗を拭き取るために、タオル生地を使用しています。

 

このサイクルグローブには、衝撃吸収5mmのEVA材料を採用しているため、運動する時の衝撃を吸収してくれます。

 

振動が伝わりにくく、走行もスムーズに行えるといった、ロコミが挙がっていました。グローブの甲には、反射機能が備わっているので、夜にもお使いいただけます。

サイズM・L・XL・2XLタイプハーフフィンガー
機能性通気性・グリップ性スマートフォン対応
素材メッシュ・タオル生地
第7位

FREESE

サイクリンググローブ 冬用 3カラー

価格:3,786円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆる場面で、活躍します。

通気性が非常に高いので、ムレを防止します。良質なものだけを厳選し、高品質で、おすすめのサイクルグローブです。

 

手の平を保護し、万が一の際でも、怪我を防止してくれます。また、操作性の向上にも繋がるので、是非使ってみましょう。

 

コスパにも優れ、購入して損はないといった、ロコミが挙がっていました。サイクル用として以外にも、釣り・レジャースポーツなど、多様にお使いいただけます。

サイズM・L・XLタイプフルフィンガー
機能性通気性・速乾性・伸縮性スマートフォン非対応
素材ポリエステル・スパンデックス
第6位

FREESE

サイクリンググローブ 冬用 2カラー

価格:1,798円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汗も気にならず、よりハンドルが握りやすくなります。

腕や手へのダメージを和らげ、快適な走行が行えるように、サポートしてくれます。手の平には、滑り止めが備わっているので、滑ってケガする心配がありません。

 

また、高い装着感を誇り、手にしっかりとフィットしてくれます。肌触りも良く、毎日快適にお使いいただけます。

 

ハンドルがもっと握りやすくなったといった、ロコミが挙がっていました。親指の部分には、タオル生地を装着しているので、汗も気になりません。

サイズM・L・XLタイプフルフィンガー
機能性速乾性・伸縮性・グリップ性スマートフォン非対応
素材ポリエステル,・スパンデックス
第5位

HuwaiH

サイクルグローブ 夏用 3カラー

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汚れも拭き取りやすく、お手入れに手間がかかりません。

高弾性ライクラ生地と、高弾性ニットメッシュ生地を採用し、快適で通気性に優れています。汚れても、サッと簡単に汚れを拭き取れます。

 

このサイクルグローブは、グリップ性も高く、より快適な乗り心地を提供します。

 

コスパにも優れているので、リピートしているといった、ロコミが挙がっていました。厚く丈夫な生地で、使い勝手も抜群です。

サイズS・M・Lタイプハーフフィンガー
機能性通気性・グリップ性スマートフォン対応
素材綿,・ポリエステル
第4位

Anqier

サイクルグローブ 夏用 4カラー

価格:999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3D構造で、走行時の疲れを感じさせません。

掌の部分は3D立体構造となっていて、衝撃吸収SBRを採用しているため、サイクリング時のハンドルからの衝撃を吸収してくれます。

 

さらに、手首への疲労を軽減してくれるので、長時間でも快適な走行が行えます。また、通気性にも優れているので、グローブ内のムレを抑えてくれます。

 

文句なしの商品といった、ロコミが挙がっていました。走行時の負担をかけることなく、心地よくお使いいただけます。

サイズS・M・L・XLタイプハーフフィンガー
機能性通気性・速乾性 伸縮性スマートフォン対応
素材高弾性ライクラ・スエード・シリコン
第3位

HANDCREW

サイクリンググローブ 夏用 12カラー

価格:1,498円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

色々な機能性が高く、夏にぴったりです。

このサイクルグローブは、世界中累計出荷数が、なんと250000個も突破した、大人気商品となっています。通気性の良い素材と、人間工学に基づいたデザインで、手の保護と快適さの両方を兼ね揃えています。

 

また、ワンタッチで脱着できるので、手間がかかりません。

 

しっかりと手に馴染むので、操作しやすいといった、ロコミが挙がっていました。耐久性のある、しっかりとした作りで長く使用できます。

サイズS・M・L・XLタイプハーフフィンガー
機能性通気性・グリップ性スマートフォン対応
素材マイクロファイバー・ライクラ・メッシュ
第2位

F-TUBAME

サイクリンググローブ 11カラー

価格:1,190円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かっこよく、メッシュ素材でムレません。

ハンドルの反作用力を効果的に緩和し、手の平への衝撃を最小限に抑えてくれます。優れたデザイン性を持ち、おしゃれでおすすめですよ。

 

またグローブを取り外す時に、便利なフックが付いていることによって、装着・脱着も手軽に行えます。

 

使いやすさ抜群で、デザインもかっこいいといった、ロコミが挙がっていました。通気性抜群のメッシュ素材を採用し、ムレを抑えてくれます。

サイズM・L・XLタイプハーフフィンガー
機能性通気性・速乾性・ 耐磨耗性スマートフォン対応
素材ビスコース・レーヨンライクラ・マイクロファイバー
第1位

F-TUBAME

サイクルグローブ 7カラー

価格:1,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タッチパネルにも対応し、操作がスムーズにできます。

負担のかかる手の平には、5mm厚手の耐震シリコンパッドを採用しているので、しっかりと衝撃を和らげてくれます。

 

さらに、滑り止め加工を施しているので、冬場でも滑りにくく、快適に使用できます。親指・人差し指は、タッチパネル対応しているので、スマートフォンの操作が楽々行えます。

 

価格以上のクオリティーといった、ロコミが挙がっていました。防風・防雨などにも優れているので、手軽にお使いいただけます。

サイズM・L・XLタイプフルフィンガー
機能性グリップ性・保湿性・通気性・耐磨耗性スマートフォン対応
素材シリコン

サイクルグローブのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5066631の画像

    F-TUBAME

  • 2
    アイテムID:5066642の画像

    F-TUBAME

  • 3
    アイテムID:5066649の画像

    HANDCREW

  • 4
    アイテムID:5066657の画像

    Anqier

  • 5
    アイテムID:5066663の画像

    HuwaiH

  • 6
    アイテムID:5066680の画像

    FREESE

  • 7
    アイテムID:5066687の画像

    FREESE

  • 8
    アイテムID:5066690の画像

    Lameda JP

  • 9
    アイテムID:5066703の画像

    Morethan

  • 10
    アイテムID:5066709の画像

    AYORI

  • 商品名
  • サイクルグローブ 7カラー
  • サイクリンググローブ 11カラー
  • サイクリンググローブ 夏用 12カラー
  • サイクルグローブ 夏用 4カラー
  • サイクルグローブ 夏用 3カラー
  • サイクリンググローブ 冬用 2カラー
  • サイクリンググローブ 冬用 3カラー
  • サイクリンググローブ 夏用 4カラー
  • サイクリンググローブ 夏・冬用 4カラー
  • サイクリンググローブ 夏用 2カラー
  • 特徴
  • タッチパネルにも対応し、操作がスムーズにできます。
  • かっこよく、メッシュ素材でムレません。
  • 色々な機能性が高く、夏にぴったりです。
  • 3D構造で、走行時の疲れを感じさせません。
  • 汚れも拭き取りやすく、お手入れに手間がかかりません。
  • 汗も気にならず、よりハンドルが握りやすくなります。
  • あらゆる場面で、活躍します。
  • 夜でも、自分の存在を知らせてくれます。
  • 紫外線からも、大切な手を守り夏でも活躍します。
  • 疲労も回復してくれるので、手に疲れが溜まりません。
  • 価格
  • 1380円(税込)
  • 1190円(税込)
  • 1498円(税込)
  • 999円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 1798円(税込)
  • 3786円(税込)
  • 2580円(税込)
  • 1898円(税込)
  • 999円(税込)
  • サイズ
  • M・L・XL
  • M・L・XL
  • S・M・L・XL
  • S・M・L・XL
  • S・M・L
  • M・L・XL
  • M・L・XL
  • M・L・XL・2XL
  • XS・S・M・L・XL
  • M・L
  • タイプ
  • フルフィンガー
  • ハーフフィンガー
  • ハーフフィンガー
  • ハーフフィンガー
  • ハーフフィンガー
  • フルフィンガー
  • フルフィンガー
  • ハーフフィンガー
  • フルフィンガー
  • ハーフフィンガー
  • 機能性
  • グリップ性・保湿性・通気性・耐磨耗性
  • 通気性・速乾性・ 耐磨耗性
  • 通気性・グリップ性
  • 通気性・速乾性 伸縮性
  • 通気性・グリップ性
  • 速乾性・伸縮性・グリップ性
  • 通気性・速乾性・伸縮性
  • 通気性・グリップ性
  • UVカット・通気性・耐磨耗性
  • 耐磨耗性・グリップ性・クッション性
  • スマートフォン
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 非対応
  • 非対応
  • 対応
  • 対応
  • 対応
  • 素材
  • シリコン
  • ビスコース・レーヨンライクラ・マイクロファイバー
  • マイクロファイバー・ライクラ・メッシュ
  • 高弾性ライクラ・スエード・シリコン
  • 綿,・ポリエステル
  • ポリエステル,・スパンデックス
  • ポリエステル・スパンデックス
  • メッシュ・タオル生地
  • 高弾性ライクラ
  • ナイロン・繊維材

まとめ

今回は、おすすめのサイクルグローブをご紹介しましたが、お目当ての商品は、見つかりましたでしょうか。色々なメーカーから販売されているので、この先に自分に合うものを、探してみましょう。デザイン性に優れたものであれば、より快適に、手軽にお使いいただけます。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ