記事ID138485のサムネイル画像

【お手軽通信】おすすめのトランシーバーの人気ランキング10選

携帯電話の電波の届かないところでも使用できるトランシーバーは登山やキャンプなどのアウトドアに重宝します。また、災害時に備えて一台持っておくと安心です。今回はそんなトランシーバーの人気のおすすめ商品をランキング形式で10選紹介します。

災害時にも活躍するトランシーバー

携帯電話の電波が届かないところでも通信が可能なトランシーバー。登山やサバイバルゲーム、スキー、キャンプなどのアウトドアには勿論、お手軽な通信機能を利用してイベント会場での使用や工事現場でも頻繁に使用されています。

 

また、災害などの緊急時に備えておくなどして、一家一台置いておいて損はありません。また、免許不要で購入後すぐに使える「特定小電力トランシーバー」と、デジタル簡易無線登録局に申請が必要な「デジタル簡易無線トランシーバー」の2種類があります。

 

今回はそんな魅力溢れるトランシーバーを、定番の製品からあまり知られていない知る人ぞ知るものまで、製品の特徴などともにおすすめの物を幅広く紹介していきます。自分にぴったりの製品の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

トランシーバーの選び方

トランシーバーは様々なモデルがありますが、ポイントを押さえた選び方をすれば、自分の求める製品を厳選しやすくなります。ここではトランシーバーの選び方をご紹介します。

タイプで選ぶ

トランシーバーには大きく分けて2つの種類があります。使用するためには総務省に登録が必要なタイプもあるため、自分の用途に合わせて選びましょう。

購入後すぐに使える「特定小電力タイプ」

登録や免許などが不要なため、購入後すぐに使うことができるのがこの「特定小電力タイプ」です。一般的に家庭用のトランシーバーとして購入する場合は、こちらのタイプがポピュラーです。

 

煩わしさがないため初心者の方も使いやすく、複雑な操作も少ないため機械が苦手なお子様などにも安心して使用できます。また、価格が安いため手に入れやすいのもポイントです。

 

その反面、送信出力10mWと弱く、製品によって差はありますが、大体市街地でも100~200m、見通しのよい屋外でも1kmほどの範囲でしか使用できないため、通信範囲の広い本格的な使用には適していません。

汎用性の高い「デジタル簡易無線タイプ」

特定小電力タイプと比較して、より本格的な使用が可能なのがこの「デジタル簡易無線タイプ」です。送信出力が最大5Wとおよそ特定小電力トランシーバーの500倍もあるため、市街地では500m、見通しのよい場所では数kmもの通話が可能です。

 

さらに、高性能アンテナを取り付けることで、さらに通話エリアの拡大が可能となっており、使い方の幅が非常に広く汎用性の高さも魅力。しかしその反面、デジタル簡易無線登録局に申請する必要があるため煩わしさがあります。

 

また、特定小電力タイプとは違い、1回の送信時間が最大5分に制限されていたり、価格も高い傾向にあるため注意が必要です。

通信距離で選ぶ

トランシーバーを選ぶ際の決め手の1つが通信距離です。使用用途によって必要な通信可能距離は様々であるため、目的に合わせて選びましょう。

キャンプなどには数100mあれば十分

ご家族でのキャンプなどの一般的なアウトドアにはそれほど大きな通信範囲は必要ないため、通信距離が数100mあれば十分です。そのため、煩わしい登録などが不要な特定小電力タイプの中から選んでも問題ありません。

 

また、屋外のレジャーの場合は電波を遮るものがほとんどないため、遠くまでの通信が可能であることも多いです。例外的にスカイダイビングの場合は航空用のチャンネルに対応していないと使えないため注意が必要です。

 

仲間たちとの海辺や川での釣り時などにも便利で、1セット持っているだけで安心できるためおすすめです。

広範囲での使用が想定される場合は1km以上のものを

ツーリングや災害時への備えなどの数km以上の距離があいてしまう可能性がある場合や、大規模フェスや国際会議、スポーツ大会など、業務用として使用する場合は1km以上の通信距離を備えたものがおすすめです。

 

そのため、場合によっては登録が必要なデジタル簡易無線タイプの中から選ぶ必要があります。道のアップダウンや山が電波を遮断してしまう高速道に乗る場合は余裕を持って通信可能距離が3km以上のものがおすすめです。

 

デジタル簡易無線タイプは、雑音が少なく音声もクリアで、長距離での通信も安定して使用できるため、送受信が広範囲を想定される場合は最低でも1km以上のものを選びましょう。

給電方式で選ぶ

トランシーバーの給電方式には「電池式」と「充電式」の大きく2種類に分かれています。まず電池式ですが、災害時や充電の間もない連続での使用など、充電できない状況が想定される場合はこちらのタイプがおすすめです。

 

また、使用頻度が低く、たまに短時間使う程度なら乾電池の方がリースナブルでお手軽です。次に「充電式」ですが、充電したバッテリーで動作するタイプなので、使用頻度が高めな方には、乾電池を使い続けなくていい分こちらの方が低コストです。

 

さらに、この電池式と充電式の両方を備えた優れたタイプもあるため、使用状況が限定的でない場合や今後増えることが想定される場合は、これらの兼用タイプもおすすめです。

耐久性を考えるなら防塵・防水性能に優れたものを

埃の多い場所や、屋外での雨天時などでの使用も考えられるトランシーバーはその防塵機能や防水機能も表記されている場合が多いのでチェックしておきましょう。一般的に「IP〇〇」という表記法で記載されています。

 

左側の数字が防塵機能で0~6の数字で表記され、右側の数字が防水機能で0~8で表されます。一般家庭での使用の場合はそこまで高くなくても問題ありませんが、耐久性を気にする場合は確認しておきましょう。

 

一般的に現在販売されている中で最高性能の防塵・防水性能を搭載したトランシーバーは、「IP67」で設計されています。使用頻度が高い方や、雨天時での使用が想定される方にはこれらの数値が高いものがおすすめです。

チャンネル数で選ぶ

トランシーバーは製品によって、いくつまでのチャンネル数を使えるかが決まっています。使用する人が同じチャンネルを揃えることで相互通信ができます。確実に使用したい場合は、同じ製品を足していくのがおすすめです。

 

他機種や他メーカーの製品でも使用できるものはありますが、互換性やチャンネル数によっては使えない場合もあるため注意が必要です。

 

ちなみに、特定小電力タイプとデジタル簡易無線タイプでは同じチャンネルを共有できないため、それら同士で会話をすることは不可能です。途中で特定小電力タイプからデジタル簡易無線タイプに買いかえる場合、全てを購入しなおす必要があるため要注意です。

技術基準適合証明があるものを選ぶ

国内で使用できるトランシーバーは、技術基準適合証明を受けていることが必要です。安価だからと言って海外製の技適を受けていないことも多いため、電源を入れると周りのテレビや携帯電話にノイズを入れてしまうなど様々なトラブルを引き起こす可能性があります。

 

そもそも、日本で技術基準適合証明を受けていないトランシーバーを使用すると、電波法の違反に問われてしまいます。心配な方は必ず技術基準適合証明マークがついているか確認してから購入しましょう。

 

マークには、平成7年4月以前とそれ以降でマークが異なっています。旧タイプのマークも有効なので、表記されていれば古いモデルでも安心して使うことができます。

トランシーバーの人気ランキング10選

第10位

F.R.C

FT-20Z

価格:5,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

付属品も充実したお手軽トランシーバー

2台でワンセットであるため、購入後すぐに送受信可能な特定小電力トランシーバーです。最大で20チャンネルまで交信可能で、互換性があれば他社製の特定小電力トランシーバー含め、9ch・11ch・20ch機種と交信可能となっています。

 

また、イヤホンマイク・ベルトクリップ各2個付きなど、付属品が充実しているのも魅力です。交信可能距離は、見通しの良い場所ではおよそ1kmまで通信できるため、アウトドアでの使用に最適です。

 

機能面も優れており、10種類のコールトーン搭載や、38グループモード機能、デュアルウォッチ機能やハンズフリー機能など、あると役立つ機能をこの価格で備えているためコストパフォーマンスに優れた製品です。

タイプ特定小電力タイプチャンネル20ch
給電方式電池式通信範囲市街地:約100~200m、郊外地:約1km
第9位

エフ・アール・シー

FIRSTEC FT-20W

価格:9,414円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ユニークな腕時計型トランシーバー

ユニークな腕時計の形状をしたトランシーバーです。実際に時刻が表示されるため、普段は腕時計として使用できるので実用性の高さが魅力です。また、腕時計感覚で身に付けれるため、自然な形でハンズフリーを実現します。

 

そのため、両手を自由に使えるので、サバゲーやサイクリングなどに最適の一台と言えます。時計や通信機として以外にも、ストップウォッチ、カウントダウンタイマー、アラームなど実用性の高い機能を多数搭載しています。

 

電池の残量が少なくなると、トランシーバーモードから自動的に時計モードに切り替わる「オートパワーオフ機能」も搭載しています。トランシーバーで片手が塞がりたくない方におすすめです。

タイプ特定小電力タイプチャンネル
給電方式充電式通信範囲市街地:約50~100m、郊外地:約500~1km
第8位

アイコム

IC-DPR3

価格:22,369円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デジタル簡易無線タイプでありながらお手頃価格

高価なデジタル簡易無線タイプのトランシーバーの中では、比較的低価格な製品です。デジタル簡易無線であるため、音がクリアで声が聞き取りやすく、特定小電力タイプより広大な通信範囲を安定して使用することができます。

 

しかし価格が安い分、出力はデジタル簡易無線タイプの中でも控えめの1Wとなっています。防塵・防水性能はIP57と十分な耐久性能を誇り、便利な複数チャンネルでの運用をサポートするスキャン機能も搭載しています。

 

また、約2時間程度でフル充電できる急速充電器を搭載しているため、頻繁に使用される方にとって魅力的な充電式トランシーバーです。

タイプデジタル簡易無線タイプチャンネル30ch
給電方式充電式通信範囲市街地:約0.5~1km、郊外地:約3km
第7位

ケンウッド

TPZ-D503

価格:57,013円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高機能を揃えた本格派トランシーバー

価格はやや高めですが、その分優れた性能で優秀な機能を多く取り揃えたトランシーバーです。米軍用規格の12項目に適合したタフ仕様で、過酷な現場にも耐えうることができるため本格的な通信使用にも最適です。

 

防塵・防水はなんとIP67と現在出回っているトランシーバーの中でもトップクラスの耐久性を誇り、リアケースとフロントパネルの間に液晶とスピーカーを挟み込む「二重構造パネル」を採用していることも耐久力を向上させています。

 

使用環境に合わせて細やかな音質調整が可能な通話音質調整機能がついているため、聞き取れない状況を極限まで減らすことができます。価格が気にならず、高性能なトランシーバーをお求めの方におすすめです。

 

タイプデジタル簡易無線タイプチャンネル30ch
給電方式充電式通信範囲市街地0.5~1㎞・郊外地1~4km
第6位

Motorola(モトローラ)

CL08

価格:9,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多彩な機能を搭載した特定小電力タイプ

特定小電力タイプでありながら多彩な機能を搭載したトランシーバーです。ワンタッチ音量変更機能をはじめ、受信専用モードコールバック機能やセルコール機能、自動チャンネル選択機能スキャン機能など他にも様々な機能を搭載しています。

 

コンパクトで誰の手にもフィットしやすく、重量も約112gと軽いため取り回しのしやすさも魅力です。また、液晶画面には緑色のバックライトを採用しているため視認性にも優れています。IPX4と防水性能が高いため、雨天時にも適しています。

 

特定小電力タイプの中ではやや価格は高めですが、それだけに実に多くの優れた機能・性能を搭載した逸品です。

 

 

タイプ特定小電力タイプチャンネル20ch
給電方式電池・充電式通信範囲市街地200~300m・郊外0.5~1km
第5位

F.R.C

ET-20X

価格:5,898円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者にもおすすめのコスパに優れた逸品

2台セットですぐに交信可能な口コミでも高評価のトランシーバーです。最大の魅力はそのコストパフォーマンスの高さです。1万円以内でありながら2台セットで優秀な機能を非常に多く搭載しています。

 

安価ながらビジネスシーンでも活躍できるほど安定した使用が可能であり、一般のご家庭でも携帯電話が圏外の場所などのアウトドアなどで非常に重宝します。特定小電力タイプでありながら、見通しの良い場所では最大約2kmまで交信可能であることも魅力。

 

38グループ機能や、ハンズフリー機能、オートパワーオフ機能、オートスキャン機能、ベルコール機能など、搭載されている機能も申し分なく、様々な状況に合わせて色々な使い方ができます。

タイプ特定小電力タイプチャンネル20ch
給電方式電池式通信範囲市街地100~200m・郊外1~2km
第4位

JVCケンウッド

UBZ-LP20Y

価格:8,061円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クリアな音質が魅力

トランシーバーでもお馴染みの「JVCケンウッド」製のベストセラーの特定小電力タイプです。低消費電力の高性能BTLアンプを搭載した聞き取りやすい400mW出力のスピーカーを搭載しているため、聞き取りやすいクリアな音質が魅力

 

電波状況が一目でわかる「電波メーター」を搭載し、バッテリーセーブ機能で最大で100時間もの連続使用が可能となっています。アンテナが不必要なときは本体に収納できる「回転式アンテナ」を採用しているため、コンパクトに収納できます。

 

防水・防塵性能もIP54と高めであるため、耐久性も問題ありません。カラーバリエーションも豊富で、全4色の中から選ぶことができます。

 

 

タイプ特定小電力タイプチャンネル
給電方式電池・充電式(充電池は別売り)通信範囲
第3位

八重洲無線(Yaesumusen)

VXD20

価格:29,109円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さいけれどパワフルな優れもの

特定小電力タイプに比べ、500倍の出力最大5Wで広いエリアをカバーするデジタル簡易無線トランシーバーです。防塵・防水性能は最高レベルのIP67であるため過酷な使用環境でも安定して使用できます。

 

急速充電器やバッテリー、ショートアンテナやベルトクリップ、ハンドストラップなど、便利な付属品が充実しています。珍しい機能として、その場で応答できない状況でも音声メモを残せる「メッセージ機能」を搭載しています。

 

また、5Wと1Wで出力の切り替えが可能となっているのもポイントで、広い通話エリアを必要としないときは、1W出力に切り替えることで、省電力でバッテリーを長持ちさせられます。

タイプデジタル簡易無線タイプチャンネル30ch
給電方式充電式通信範囲市街地1㎞・郊外地1~4km
第2位

アイコム(ICOM)

アイコム 特定小電力トランシーバー 47ch中継タイプ ブラック IC-4300

価格:6,950円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトな超軽量ボディ

重量わずか98gと、トランシーバーの中でもかなり軽量な特定小電力タイプです。また、非常に省エネであることも魅力で、単3電池1本の仕様で約33時間の使用が可能です。防塵・防水性能はIP55と高めであるため、ビジネスシーンでも使用可能です。

 

また、別売りのイヤホンが断線していることを検出できる「断線検出機能」や、雑音を軽減して明瞭な音声で通話できる「コンパンダ機能」など、他ではあまり見られない機能を搭載しています。

 

口コミでも「安価で操作もし易く小型である為持ち運びにも便利です」「趣味と、仕事用に購入。サイズもいい感じで邪魔になりません」など、使いやすさに関する高評価が目立ちます。

タイプ特定小電力タイプチャンネル20ch
給電方式電池・充電式通信範囲市街地100~200m・郊外1~2km
第1位

アイコム(ICOM)

ICDPR6

価格:29,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い品質・性能で圧倒的な汎用性

さて、今回最もおすすめしたい製品がこちらです。最大出力5Wのパワーで広大な通信可能エリアを持ったトランシーバーです。出力は1Wと切り替えることができるので、状況に合わせて省エネ電力にすることが可能です。

 

コンパクトでありながら700Wの大音量に対応し、相手に迅速にアラームを通知するエマージェンシー機能を搭載し、IP67の抜群の耐久性も持っています。アウトドアやビジネスシーン、災害時の備えなどにもおすすめです。

 

口コミにおいても「通信範囲4~5Kmはかるく飛びます。お陰でスムーズに使用できました」「コンパクトで持ちやすく感度もバッチリです」など絶賛されています。

タイプデジタル簡易無線タイプチャンネル30ch
給電方式充電式通信範囲市街地0.5~1㎞・郊外地1~4km

トランシーバーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5067634の画像

    アイコム(ICOM)

  • 2
    アイテムID:5067626の画像

    アイコム(ICOM)

  • 3
    アイテムID:5067620の画像

    八重洲無線(Yaesumusen)

  • 4
    アイテムID:5067610の画像

    JVCケンウッド

  • 5
    アイテムID:5067598の画像

    F.R.C

  • 6
    アイテムID:5067584の画像

    Motorola(モトローラ)

  • 7
    アイテムID:5067563の画像

    ケンウッド

  • 8
    アイテムID:5067547の画像

    アイコム

  • 9
    アイテムID:5067534の画像

    エフ・アール・シー

  • 10
    アイテムID:5067513の画像

    F.R.C

  • 商品名
  • ICDPR6
  • アイコム 特定小電力トランシーバー 47ch中継タイプ ブラック IC-4300
  • VXD20
  • UBZ-LP20Y
  • ET-20X
  • CL08
  • TPZ-D503
  • IC-DPR3
  • FIRSTEC FT-20W
  • FT-20Z
  • 特徴
  • 高い品質・性能で圧倒的な汎用性
  • コンパクトな超軽量ボディ
  • 小さいけれどパワフルな優れもの
  • クリアな音質が魅力
  • 初心者にもおすすめのコスパに優れた逸品
  • 多彩な機能を搭載した特定小電力タイプ
  • 高機能を揃えた本格派トランシーバー
  • デジタル簡易無線タイプでありながらお手頃価格
  • ユニークな腕時計型トランシーバー
  • 付属品も充実したお手軽トランシーバー
  • 価格
  • 29800円(税込)
  • 6950円(税込)
  • 29109円(税込)
  • 8061円(税込)
  • 5898円(税込)
  • 9900円(税込)
  • 57013円(税込)
  • 22369円(税込)
  • 9414円(税込)
  • 5580円(税込)
  • タイプ
  • デジタル簡易無線タイプ
  • 特定小電力タイプ
  • デジタル簡易無線タイプ
  • 特定小電力タイプ
  • 特定小電力タイプ
  • 特定小電力タイプ
  • デジタル簡易無線タイプ
  • デジタル簡易無線タイプ
  • 特定小電力タイプ
  • 特定小電力タイプ
  • チャンネル
  • 30ch
  • 20ch
  • 30ch
  • 20ch
  • 20ch
  • 30ch
  • 30ch
  • 20ch
  • 給電方式
  • 充電式
  • 電池・充電式
  • 充電式
  • 電池・充電式(充電池は別売り)
  • 電池式
  • 電池・充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 充電式
  • 電池式
  • 通信範囲
  • 市街地0.5~1㎞・郊外地1~4km
  • 市街地100~200m・郊外1~2km
  • 市街地1㎞・郊外地1~4km
  • 市街地100~200m・郊外1~2km
  • 市街地200~300m・郊外0.5~1km
  • 市街地0.5~1㎞・郊外地1~4km
  • 市街地:約0.5~1km、郊外地:約3km
  • 市街地:約50~100m、郊外地:約500~1km
  • 市街地:約100~200m、郊外地:約1km

まとめ

ここまでトランシーバーのおすすめランキング10選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。ここで紹介した製品はほんの一部で、他にもたくさんの種類のトランシーバーがあります。快適に通信ができるように自分にぴったりのトランシーバーに出会えるといいですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ