記事ID138479のサムネイル画像

【水草を元気に育成する】ソイルの人気おすすめランキング10選

ソイルは水草や生体を育てるために必要なもです。ですが、ソイルにはいろんなタイプのものがあり、タイプによって特徴など変わってきますので初心者にとってはどのようなソイルを選べばいいか不安です。そこで今回は、ソイルの人気おすすめランキングを10選紹介していきます。

水槽におすすめのソイル

ソイルとは、丸く固めた形状の土を指します。水の中でも砂が舞い上がることなく、見た目にも衛生的にも美しさが保つことができます。

 

粒状になっていることで、ソイルの中に空気が含まれます。ソイルが持つ通水性の良さは、底床内に酸素を送り、好気性細菌を活動的にします。つまり、水槽内の水質を保全することに直結するのです。

 

初心者にとっては、ハードルを下げてくれる万能アイテムのソイル。一言にソイルといっても、いくつかのタイプがあるのです。自身に合うのはどのようなソイルなのか、ぜひ参考にしてくださいね。

ソイルの選び方

ソイルが不可欠なのは分かっているが、どれを選べばいいか分からないという人は多いはずです。ソイルを選ぶ際はソイルの特徴や粒の大きさなどをしっかり確認する必要があります。そのため、まず初めにソイルの選び方についてご説明します。

タイプで選ぶ

ソイルにはいろんなタイプのものがあります。「吸着タイプ」「栄養タイプ」「セラミックタイプ」と3つのタイプがあります。

 

例えば、吸着タイプは初心者でも扱いやすいなどソイルのタイプによってそれぞれ特徴があります。それから、メリット・デメリットもタイプによって変わってきます。

 

手入れの方法や何を育てたいかによっても適した底床材は異なるため、自分に合ったソイルを見つけるのが大事になってきます。ソイルにどのようなタイプがあるか1つずつ見ていきましょう。

吸着タイプ

吸着タイプとは、水槽の中に発生する有害物質を吸い寄せる能力に長けたソイルです。初めは空腹状態なので、アンモニアや亜硝酸などの有害物質を多く取り込みます。

 

注意したいのは、それが無限ではないということです。限界値は製品により異なりますが、満腹状態になると今取り込んでいる有害物質を吐き出し、水草の栄養素を取り込んでしまう可能性もあります。

 

吸着タイプでも多少の栄養素は含むため、充分な働きをしてくれるものもあります。水質が変化することを嫌う生物、エビ(シュリンプ)などの水槽におすすめのタイプです。

栄養タイプ

栄養タイプとは、その名の通りすでに栄養を多量に含んでいるソイルです。吸着タイプに比べ、水草を育成する能力に長けています。栄養素を多く含むため、苔の発生にも繋がります。

 

また豊富に含まれる有機物によってバクテリアが繁殖し、水が濁ってしまうという悩みもつきものです。しかし、水流の道を調整する、水を換える、フィルター装置を目の細かいものにするなどの正しい処置をすれば問題ありません。

 

栄養タイプは、水草アクアリウムを育成したい人におすすめのタイプです。それから、水質が安定しやすいので初心者にとてもおすすめになってます。

セラミックタイプ

セラミックタイプとは、ソイルを崩れないようにカチカチに固めたものを指します。ソイルの弱点である、粒の崩壊、使用期限、の2点を克服しています。しかし一方で、水草の育成(栄養素)に関して言えば他のタイプに劣ります。

 

通常ソイルが持つ栄養素は、水草が吸収しきれなければ苔の発生を招きます。初心者や、毎日の水換えが億劫な人には、このセラミックタイプがおすすめです。グッピー、ネオントラなど、綺麗な熱帯魚を飼育するのであれば、セラミックタイプで問題ありません。

 

こちらのタイプはソイルの交換頻度を減らしたいと考えている人にとても最適です。粒がつぶれない限りは半永久的に使用することができます。コスパも良いのでコスパや粒のつぶれにくいものを求める人はセラミックタイプを検討してみてください。

粒の大きさで選ぶ

やはり粒の大きさによっても、しっかり考える必要が入ります。使用用途や状況、生物に合わせて購入する必要があります。

ラージ

粒が大きいものほど、通気性が良いため多少苔が生えにくいという特徴があります。また価格の安さもメリットの1つです。

ノーマル

一般的に使用されるのがノーマルタイプのものになります。通水性がとてもよく底面フィルターとの併用にも最適です。

 

粒の大きさは商品によって変わりますが米粒くらいの多きさのものが一般的と言われています。

 

大きい粒子で崩れにくく長持ちするのが魅力です。また、底面をプロホースで掃除する時にソイルを吸いにくいのもメリットです。

 

特にこだわりがないのであれば、ノーマルタイプから始めてみるのがよいでしょう。適度に通気性があり、価格もお手頃です。大きめの水槽を考えている人におすすめのソイルです。

パウダー

パウダータイプは粒が細かいため抜けやすい水草などもしっかりとキャッチしてくれるのがメリットです。ですが、粒子が細かく、通気性が悪くなる傾向があります。

 

3cm以上、厚く土を敷くのであればおすすめはできません。底床部分の水質が悪くなってしまうこともあります。

 

しかし、1~2cmと薄敷であれば問題はありません。根の小さな水草を育成する場合や、見た目の美しさを求めるならパウダータイプが良いでしょう。水草をメインと考えてる人は迷わずにパウダータイプを選びましょう。

スノーパウダー

最も粒子の細かいタイプです。通水性がが悪いため、手入れには少し手がかかってしまうのがデメリットです。

 

中級者以上となると、ラージサイズやノーマルサイズと組み合わせて使用している人が多いようです。小さな水草や稚エビなど、土を薄く敷いて育成する水槽におすすめです。

色で選ぶ

ソイルの色は黒、こげ茶、赤茶色、などさまざまな種類があります。基本はこげ茶と言われています。

 

好みのカラーで選ぶと良いでしょう。また、色で選ぶのも大事ですが設置したい場所の雰囲気、部屋のインテリアの色味などを考えて選ぶのも良いです。

生体によって選ぶ

ソイルには水槽内のphを調整してくれる役割もあります。水槽に入れる生体に合うソイルを選んで生体へのストレスを軽減させれます。

 

ソイルに必要なphは一般的には中性~弱酸性と言われています。水草のみを育てるのであれば弱酸性一択で問題ありません。

 

ですが、グッピーなどの海水魚を育てるのであれば「弱アルカリ性」の水質維持が明記されたソイルを選びましょう。アルカリ性でも海水に使用できるかも確認する必要があります。

 

それから、塩と相性が悪いソイルを海水に使用してしまうと化学反応によって生体に悪影響が出てしまう可能性がありますので注意しましょう。

人気ソイルで選ぶ

人気のソウルの中から選べば失敗する可能性が低くなります。人気のソイルを見て参考にしましょう。

アマゾニア

ADAによるアマゾニアは栄養タイプソイルの王道と言われるほどに有名なソイルです。こちらのソイルはネイチャーアクアリウム界では特に人気が高いです。愛用者も多いです。

 

水草に必要な栄養素が多く含まれているため立ち上げる時の白濁が起こりやすいのがデメリットになってます。

 

このようなデメリットがありますが、毎日しっかりと水を変えて1週間くらい外部フィルターを回すと綺麗になります。

 

 

コントロソイル

コントロソイルは吸着タイプのソイルの中でも人気の高いソイルです。価格もとても安価のためお求めやすいのがメリットです。

 

大量にソイルが必要な大型水槽を使用している人にはとてもおすすめのソイルです。大型水槽を使っている人は是非検討してみると良いでしょう。

 

吸着タイプのソイルの中でも栄養素がしっかりと含まれているバランスの良いソイルです。粒が少々つぶれやすいのがデメリットです。

プラチナソイル

プラチナソイルは吸着タイプの中で特に愛用者が多いことで有名なソイルです。求めやすい価格なのもメリットです。

 

とても素晴らしい吸着性が特徴で立ち上げることによって透き通った綺麗な水にしてくれるのが嬉しい点です。

 

苔の発生も少なく初心者でも問題なく扱えることができます。

カスタイムソイル

カスタムソイルは吸着タイプですが、水草を育成するための栄養素もしっかり含んでいますのでバランスの良いソイルです。

 

カスタムソイルの粒は固めになっていますので、つぶれにくいのも嬉しい点です。粒が固めのものをお求めの人はおすすめです。

ピュアソイル

ピュアソイルは吸着タイプのソイルです。有害物質、不純物などの吸着能力に優れているソイルになってます。粒が固いのも特徴です。

 

ピュアソイルは栄養素が少ないのがデメリットです。そのため、固形肥料を併用することはおすすめできません。

水草一番サンド

水草一番サンドは商品面の通り水草を育成するために必要なリン、カリなどの栄養素が多く含まれたソイルです。

 

特に栄養が必要とされるパールグラスやグロッソスティグマなどの水草もしっかり元気に育てることができます。

 

栄養素が多く含まれている分、立ちあげる時に白濁を起こしやすいのがデメリットです。ですので、立ち上げ初めはエアレーションなどで対策しましょう。

ソイルのおすすめ10選

第10位

charm(チャーム)

水草とシュリンプの土

価格:1,004円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

栄養豊富

こちらのソイルは栄養豊富なのが特徴で水草を育成するためのソイルとして力を入れたものになっています。

 

一緒に水草を飼育することが多いシュリンプに配慮した設計になっていますので、このような組み合わせで水槽を作りたいと考えている人にはとても最適なソイルです。

 

それから、栄養タイプのソイルの特徴である立ち上げる時の白濁が少ないのもメリットです。粒もつぶれにくいしバランスも良いため使いやすいソイルになってます。

タイプ栄養タイプサイズ3.3kg
第9位

ニッソー

崩れない 焼成ソイル

価格:900円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水草が根を張りやすい

連続多孔質の構造になっており表面積が大きいためバクテリアが定着しやすくなっているのが特徴です。

 

セラミックソイルの扱いやすさや丈夫さはそのままで、ちゃんと重みもありますので水草が根を張りやすいのがメリットになってます。

 

栄養、吸着などにあまりこだわりがなく、バクテリアを繁殖させ自然に近くなるようにしたいという人におすすめのソイルです。

タイプセラミックタイプサイズ2.5㎏
第8位

ニッソー

カスタムソイル

価格:970円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

粒がつぶれにくい

つぶれにくい粒で水草も根が張りやすいので、水草の育成にも向いてるソイルになっています。

 

こちらのソイルはベンナイトを特殊配合しているため魚の健康維持にとても役の立つミネラル分を供給してくれるのがメリットです。ベンナイトというのは天然鉱物になってます。

 

色は真っ黒なブラックというよりは少々茶色がかっているブラックに近いです。そのため、水槽によく馴染んでくれるのも嬉しいです

タイプ吸着タイプサイズ3㎏
第7位

広瀬

超高機能性活性底床材 ブルカミアG

価格:4,953円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水替え必要なし

特殊な製法で土を焼き固めて作った丈夫さがメリットのソイルです。このソイルを使用した人は2年から3年ほど使えたという人も多くいます。

 

それから、こちらのソイルはコスパが良いのも魅力となってます。お手頃価格のソイルをお探しの人は是非こちらのソイルを検討してみると良いでしょう。

 

また、独自の構造でフンなどによる有害物質が無害に変えられ、空気中に放出されるので水を変える必要がありません。

 

そのため水を変える手間などをかけたくない人や面倒くさがりの人にはとてもおすすめのソイルです。

タイプ吸着タイプサイズ8㎏
第6位

JUN (ジュン)

プラチナソイル

価格:1,983円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

立ち上がりが早い

高い吸着力でアクや流木の色素など吸着してくれるのが特徴のソイルです。それから、初心者でも安心して使用することができます。

 

水質が思ったよりも早く安定し、濁りも取りやすかったという口コミもあります。また、コケが出にくいのもメリットです。

 

他のソイルではアクや濁りが取れなかったけど、このソイルに変更してから取れるようになったという報告も多数ありますので、アクや濁りで困っている人にはとてもおすすめのソイルとなってます。

 

細かい粒子のパウダータイプもあり、水草が植えにくい場合はこのソイルの購入を検討してみると良いでしょう。美しい見た目に仕上げたい人もおすすめです。

タイプ吸着タイプサイズ8L
第5位

JUN (ジュン)

マスターソイル

価格:1,740円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長年のリピーターを持つ、信頼性の高さ

1位にあげたプラチナソイルと同じメーカー、JUN(ジュン)から販売されています。発売されたのはプラチナソイルよりも古く、当時購入した人で今でも使い続けている人が多いようです。違うメーカーを使ったが、結局またマスターソイルに落ち着いたという人もいます。

 

粒の大きさも大きくもなく小さくもなく、扱いやすいサイズです。稚エビなどの飼育には、マスターソイルを底面に敷き、上からパウダータイプを組み合わせているとの声が多数ありました。

 

水質も落ち着くとあって、初心者からベテランまで幅広く愛用されているソイルです。

タイプ吸着タイプサイズ8L
第4位

ジェックス

水草一番サンド

価格:727円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

栄養豊富な吸着系

水草一番サンドは、吸着系ではありますが、ヨウリン酸と硫酸カリを多く含んでいます。ヨウリン酸は、水や土には栄養が逃げにくく、それでいて水草は吸収することができる優れもの。

 

しかし、気を付けたいのは土壌をアルカリ性へと導く性質があるということです。ph値を下げる効果は低いため、育成するものによってはチェックが不可欠となります。

 

硫酸カリは、カリウム肥料の一種です。水草にとって必要不可欠な栄養素なので、初心者の人には使いやすいソイルと言えるでしょう。

タイプ栄養タイプサイズ2㎏
第3位

寿工芸

ドクターソイル

価格:2,401円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フィルターとの相性抜群

水質を浄化する作用に優れています。ソイルが崩れにくく、水に入れたときも濁らない、一時的に濁ってもすぐにおさまると好評価です。

 

メーカー公式サイトでは、「底床ろ過」として紹介されています。ソイルなどの底床材を活用するタイプのろ過フィルターとは相性抜群です。底面ろ過フィルターの導入を検討しているなら、ドクターソイルがおすすめです。

タイプ吸着タイプサイズ8㎏
第2位

マーフィード

水質調整底床 コントロソイル

価格:1,991円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吸着系で最強コスパ

このソイルは、吸着系ソイルの中では栄養素も含まれていると評価が高いです。通常水草の育成には栄養系ソイルを用いる人が多いのですが、こちらのソイルでも順調に水草が育っているとの報告も上がっています。

 

またコスパがとても良いので、価格を安く抑えたい人、大きな水槽で一度に多くのソイルを使用する人におすすめです。

タイプ吸着タイプサイズ10L
第1位

JUN (ジュン)

プラチナソイル スーパーパウダー

価格:861円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

吸着系ソイルの代表

1Lの袋から販売されており、必要な分だけ購入できるのが特徴です。こちらは3Lの使いやすい分量のものです。

 

また吸着系ソイルは苔の発生も少なく、初心者でこちらのソイルからスタートされる人も多いようです。

 

実際使用された人の感想としては、「ph値が下がってしまうことがある」そうなので、定期的にチェックしたほうが良いかもしれません。

タイプ吸着タイプサイズ3L

ソイルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5071840の画像

    JUN (ジュン)

  • 2
    アイテムID:5071852の画像

    マーフィード

  • 3
    アイテムID:5071866の画像

    寿工芸

  • 4
    アイテムID:5071871の画像

    ジェックス

  • 5
    アイテムID:5071875の画像

    JUN (ジュン)

  • 6
    アイテムID:5071907の画像

    JUN (ジュン)

  • 7
    アイテムID:5071906の画像

    広瀬

  • 8
    アイテムID:5071905の画像

    ニッソー

  • 9
    アイテムID:5071903の画像

    ニッソー

  • 10
    アイテムID:5071904の画像

    charm(チャーム)

  • 商品名
  • プラチナソイル スーパーパウダー
  • 水質調整底床 コントロソイル
  • ドクターソイル
  • 水草一番サンド
  • マスターソイル
  • プラチナソイル
  • 超高機能性活性底床材 ブルカミアG
  • カスタムソイル
  • 崩れない 焼成ソイル
  • 水草とシュリンプの土
  • 特徴
  • 吸着系ソイルの代表
  • 吸着系で最強コスパ
  • フィルターとの相性抜群
  • 栄養豊富な吸着系
  • 長年のリピーターを持つ、信頼性の高さ
  • 立ち上がりが早い
  • 水替え必要なし
  • 粒がつぶれにくい
  • 水草が根を張りやすい
  • 栄養豊富
  • 価格
  • 861円(税込)
  • 1991円(税込)
  • 2401円(税込)
  • 727円(税込)
  • 1740円(税込)
  • 1983円(税込)
  • 4953円(税込)
  • 970円(税込)
  • 900円(税込)
  • 1004円(税込)
  • タイプ
  • 吸着タイプ
  • 吸着タイプ
  • 吸着タイプ
  • 栄養タイプ
  • 吸着タイプ
  • 吸着タイプ
  • 吸着タイプ
  • 吸着タイプ
  • セラミックタイプ
  • 栄養タイプ
  • サイズ
  • 3L
  • 10L
  • 8㎏
  • 2㎏
  • 8L
  • 8L
  • 8㎏
  • 3㎏
  • 2.5㎏
  • 3.3kg

ソイルの正しい扱い方

ソイルを購入したら大事なのが掃除や手入れです。アクアリウムを初めて始める人にはソイルをうまく扱えるか不安だと思います。

 

ですが、掃除や手入れは必要なものです。そのためソイルの立ち上げ、手入れなどのコツを紹介していきます。

生体の導入タイミング

ソイルを使用した水槽を立ち上げるためには水質が安定してから生体を導入することが最も大事だと言われています。

 

商品によっては~時間で立ち上げ可能と記載されているものもありますが、時間だけで簡単に判断するのはあまりおすすめできません。

 

水質チェッカーでしっかりとpH値を確認して立ち上げましょう。水質を安定させた後に貝殻やサンゴを入れないようにしましょう。

 

貝殻やサンゴなどには、pHを傾ける作用がありますので気をつけましょう。

ソイルの扱い方

ソイルを初めて使用する人にとってソイルの掃除は不安でしょう。そんなソイルの扱い方ですが、プロホースなどを使って優しくゴミをゴミを吸い出すようにすることが大事になってます。

 

優しく扱うことによってソイルが崩れるのを防ぐことができますし、ソイルが崩れるのを防ぐと自然と長持ちにも繋がります。

 

このようにソイルの扱い方のコツをおさえておくことによってソイルをうまく扱うことができます。コツさえおさえていればソイルの扱い方はそれほど難しいものではありませんので是非挑戦してみてください。

まとめ

ソイルの選び方とおすすめ商品をご紹介しましたがいかがでしたか。アクアリウムを始めようとしてる人は水槽を置く場所やソイルの特徴などを考えて購入しましょう。自分に合ったソイルを見つけてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ