記事ID138477のサムネイル画像

    【戦略が勝利の鍵】おすすめファイアーエムブレム人気ランキング10選

    任天堂の人気ゲームシリーズであり、プレイヤーの操作1つで勝敗が左右されるゲームシステムが評価されている『ファイアーエムブレム』は、様々な種類が展開されています。今回は、数あるファイアーエムブレムシリーズの中からおすすめのソフトをランキング形式でご紹介します。

    プレイヤーの操作1つで戦況が変化する手強いシミュレーション

    「任天堂」が誇る人気ゲームシリーズの1つである『ファイアーエムブレム』は、1990年代に初めてリリースされてから、独自の戦闘スタイル・世界観・個性的なキャラクター達などが男女問わず幅広い年代に愛されています。

     

    「死んだ仲間は二度と復活しない」という、従来のゲームにはなかった斬新なゲームスタイルが特徴であり、プレイヤーの選択がキャラクターの命や国の存亡さえも左右するというシビアかつリアリティのある戦略シミュレーションを楽しむことができます。

     

    また、それまでのシミュレーションゲームでは1つの「駒」でしかなかったユニットごとに人生・信念などの要素が盛り込まれており、ユニット1人ひとりに愛着が湧いてくるのも『ファイアーエムブレム』ならではの魅力といえるでしょう。

    ファイアーエムブレムシリーズの選び方

    『ファイアーエムブレム』は、作品によって世界観はもちろん、戦闘・育成システムなどといった要素も大きく異なっているため、初めてプレイする人にとっては選び方に悩む人も少なくありません。そこでここでは、ファイアーエムブレムシリーズの選び方をご紹介します。

    プラットフォームで選ぶ

    『ファイアーエムブレム』シリーズは、その人気の高さから多彩なプラットフォームにて展開されており、各ゲーム機の容量・操作の特徴などを活かされているため、自分が良く遊ぶゲーム機で展開されている作品を選ぶことで、よりプレイしやすいソフトを選ぶことができます。

    ファミコン・スーパーファミコン

    「シリーズの原点を振り返りたい」「昔ながらのレトロな作風を楽しみたい」という人におすすめなのが「ファミコン・スーパーファミコン」で展開されている作品です。

     

    得意不得意が異なる様々なユニット・マスに合わせて行う進軍や戦闘・各パラメーターに変化が生じる多彩な戦闘マップなどといった、シリーズの基盤となる戦闘システムが確立しており、他のプラットフォームの作品に比べて育成・戦闘に関する制限が多いのが特徴です。

     

    以降のプラットフォームで展開されている作品に比べると、キャラクター同士の交流や恋愛などのユニークな要素が少ない分、シビアかつ純粋な戦略シミュレーションを楽しめるようになっているのが魅力的です。難しいシミュレーションゲームをプレイしたい人にもおすすめです。

    GBA

    「いつでも手軽に遊びたい」という人には「GBA(ゲームボーイアドバンス)」で展開されているファイアーエムブレム作品がおすすめです。

     

    シリーズ初となる携帯ゲーム機シリーズにあたるこちらのプラットフォームでは、ファミコン・スーパーファミコン作品にて好評だったシステムをよりコンパクトに集約するとともに、ストーリー全体が複数の主人公の視点で展開されていくという点が特徴的です。

     

    より軽快に展開される戦闘・育成システムはもちろん、ファイアーエムブレム初心者やシミュレーションゲームが苦手な人にも安心の「チュートリアル」「複数の難易度」などの要素も充実している作品が多いため、初めてプレイする人におすすめです。

    ゲームキューブ

    「より迫力のあるサウンド・映像でゲームを楽しみたい」という人におすすめなのが「ゲームキューブ」で展開されている作品です。

     

    ファミコンやGBAなどではメディアの容量によって、戦闘・育成システムだけでなく、グラフィック・シナリオにおける細かな表現ができなかったのに対し、こちらのプラットフォームでは、初の声優起用・3Dグラフィックなど後のシリーズにも影響を及ぼす要素を実現しています。

     

    新しいクラス・ユニットの大幅追加や、地形を利用した戦い方が可能な戦闘マップなどといった、リアリティかつ迫力のある戦略シミュレーションを楽しむことができます。難易度のバリエーションも増えているため、初心者・経験者問わずおすすめできます。

    Wii・WiiU

    「より軽快にプレイしたい」「シリーズ独特の世界観に浸りたい」という人には「Wii・WiiU」で展開されている作品がおすすめです。

     

    こちらのプラットフォームは、ゲーム機自体の性能がアップしているため、操作レスポンスが早くなっているうえ、チュートリアルや発動スキル・支援・能力などのガイドの充実といったような、シリーズ初心者に嬉しい要素が盛りだくさんであるのが魅力といえます。

     

    シナリオを彩るムービー・戦闘グラフィックなどもボリュームアップしているうえ、ゲームキューブ作品のデータ引き継ぎが可能となっている作品もあるため、初めてファイアーエムブレムをプレイする人はもちろん、シリーズ経験者にもおすすめできます。

    ニンテンドーDS・3DS

    「ボリュームのあるシナリオ・世界観を楽しみたい」という人には「ニンテンドーDS・3DS」で展開されている作品がおすすめです。

     

    こちらのプラットフォームでは、過去のプラットフォームで展開されたファイアーエムブレム作品のリメイクも多く、初心者・経験者問わず遊びやすいように、難易度調整・新シナリオの追加などが行われているのが特徴です。

     

    また3DS作品では、ダウンロードコンテンツを取り入れることで、新しい戦闘マップ・ストーリー展開を楽しむことができるなど、キャラクターの育成や戦闘だけでなく、シナリオにおいてもかなりこだわられているため、手ごたえ重視・ストーリー重視の人におすすめです。

    ニンテンドースイッチ

    「一風変わったファイアーエムブレムを楽しみたい」という人におすすめなのが「ニンテンドースイッチ」で展開されている作品です。

     

    こちらのプラットフォームでは、これまでのシリーズにおいて確立してきた「手強さ」はそのままに、新しいシステム・戦闘スタイルなどの導入をしているのが特徴です。

     

    また、ダウンロードコンテンツの更なる充実により、プレイヤーによって様々な遊び方・戦闘スタイルができるようになっているため、初心者はもちろん、シリーズ経験者にもおすすめできます。

    発売年代で選ぶ

    ファイアーエムブレムシリーズは、1990年代から長く幅広い年代に愛されてきたゲームの1つであり、発売年代によってもモチーフとしている作風・ゲームシステムなどに違いがあるため、世界観を重視したい人はぜひチェックしておきましょう。

    1990年代

    『ファイアーエムブレム』が誕生した1990年代の作品は、後のシリーズに繋がるゲームシステムの基礎の模索中であったこともあり、作品によって育成・シナリオ展開のされ方が大きく異なっているのが特徴です。

     

    ユニットのクラスの種類・マップなどがシンプルであるうえ、作品ごとの世界観は独立しているものが多いため、どの作品からプレイを始めても違和感がないというのも魅力的です。

     

    作風は主にギリシア・北欧・ケルトなどといった「神話」をモチーフとしており、ゲームシステムはもちろん、ストーリー自体もダークな一面を覗かせる箇所もあるため、シナリオにおけるリアリティを楽しみたい人にもおすすめです。

    2000年代

    2000年代の『ファイアーエムブレム』シリーズは、ゲーム機の発展に伴いシステムの改良・追加などが積極的に施されているのが特徴であり、複数の主人公・多彩な種族による重厚なストーリーが展開されているのが魅力的です。

     

    また「シビアなゲームシステム」というシリーズのコンセプトはそのままに「チュートリアル」「戦闘ガイド」「辞書」など、初心者やシミュレーションが苦手なプレイヤーへのサポート機能が充実しているのも特徴といえます。

     

    ゲームを選ぶ時にキャラクター性を重視する人や「様々なファイアーエムブレム作品に挑戦してみたい」という人におすすめです。

    2010年代

    2010年代の『ファイアーエムブレム』シリーズは、世界観のスケールがさらに広がっているとともに、他社とのコラボレーション作品も多くリリースされているのが特徴です。

     

    軽快な操作性・よりプレイヤーに近い目線で展開されていくストーリー展開はもちろん、複数のソフト・ダウンロードコンテンツを採用したことによるプレイスタイル・シナリオの多様化など、過去シリーズでは活用しきれなかった要素を積極的に採用しているのが魅力です。

    楽しみ方で選ぶ

    プレイヤーによって様々なスタイルの戦い方が楽しめる『ファイアーエムブレム』シリーズですが、シミュレーションゲームが好きな方にとっては作品によって簡単すぎると感じる場合もあります。そのため、より様々な楽しみ方ができる作品を選ぶと良いでしょう。

    出撃ユニットの制限

    『ファイアーエムブレム』シリーズの特徴ともいえるのが、一般的なシミュレーションゲームに比べて、戦うための駒(=ユニット)の種類が豊富であるという点ですが、より刺激のあるシミュレーションを楽しむなら「出撃ユニットの制限」をして楽しむのもおすすめです。

     

    ユニット屈指の攻撃力・移動範囲を持つ「ソシアルナイト」や、空中戦・魔法に強いが弓に弱い「ペガサスナイト」、高い防御力を持つ「アーマーナイト」などがあり、マップによってさらに強さが変化するため、それぞれの欠点をカバーできるように編成することが大切です。

    難易度調節システム

    初めて『ファイアーエムブレム』シリーズをプレイする人や、シミュレーションゲームが苦手な人は「イージーモード」「カジュアルモード」などで、様々な戦略・戦い方を試行錯誤するのがおすすめですが、慣れてきたら「難易度調整システム」難易度を上げてみましょう。

     

    作品によって少しずつ異なりますが、倒れた仲間が復活しない「クラシックモード」や、資金・出撃できる仲間の数などが制限されている「ハードモード」などが用意されているため、よりスリリングな戦い・戦略バトルを楽しめますよ。

     

    ゲームクリア後などには仲間の生存数・マップクリア時間・戦闘回数などが評価される作品も多いため、より良い成績を残せるようにチャレンジしてみましょう!

    難易度で選ぶ

    同じ『ファイアーエムブレム』シリーズとはいっても、ゲームシステムや戦闘スタイルの違いによって難しい、あるいは簡単すぎると感じる場合があります。そのため、自分のプレイスタイルや好みに合った難易度の作品を選ぶようにしましょう。

    初心者向け

    普段はあまりゲームをしない人やシミュレーションゲーム初心者の人には「初心者向け」と呼ばれている作品がおすすめです。

     

    こちらの作品では、シナリオ・戦略において困った時に便利な「ガイド」「チュートリアル」などが用意されているものが多く、中にはキャラクターの育成時に必要な経験値・お金などが簡単に入手できる施設・システムが用意されている作品もあります。

     

    また「死んだ仲間は復活しない」というゲームスタイルではありますが「イージーモード」「カジュアルモード」などといった、戦闘不能になった仲間が復活するというモードが用意されているものもあるため、初心者はこちらのモードがあるかどうかもチェックすると良いでしょう。

    経験者・上級者向け

    「手ごたえのあるゲームをプレイしたい」という人や、シリーズ経験者におすすめなのが「経験者・上級者向け」と呼ばれる作品です。

     

    こちらの作品では「初心者向け」と呼ばれるものに比べて、育成・戦闘における制限が多く設けられているものが多く、限られた資源・ユニットを駆使して戦場を戦い抜く必要があるため、よりスリリングな戦闘を楽しむことができるのが魅力的です。

     

    初心者向け作品における「ハード」「ルナティック」などの難易度に相当しており、仲間の数が極端に少ない・敵の戦闘能力が格段に上がっているなどといった、劣勢の状態からの挑戦になる場面も少なくないため、戦略に自信のある人にはおすすめです。

    ファイアーエムブレムシリーズの人気ランキング10選

    第10位

    任天堂

    ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王

    価格:3,180円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    『外伝』にて紡がれた伝説が3DSで再び蘇る

    1992年に発売された『ファイアーエムブレム外伝』のリメイク版にあたるこちらの作品は、複数のチームの並行操作・クラスチェンジシステムなどといった独自の戦闘・育成システムに更なるアレンジが加えられているのが特徴です。

     

    装備アイテム・クラスのバリエーションが増えたのはもちろん、能力パラメーターがさらに細分化されるなど、よりキャラクターの育成におけるやり込み要素が感じられるようになっているのも魅力的です。

     

    「スタジオカラー」が手掛けるフルボイスのアニメーションにより、リメイク前では表現しきれなかった一面・世界観などを含め、重厚なシナリオがより魅力的に再現されているため、初心者・経験者問わずおすすめできる作品といえます。

    発売年月日2017年4月30日プラットフォームニンテンドー3DS
    第9位

    任天堂

    ファイアーエムブレム 風花雪月

    価格:6,500円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    3つの学級に訪れる宿命と絆の物語

    2019年初リリースを飾ったこちらの作品は、従来の戦略性・手ごたえはそのままに、新しい戦闘・育成システムや士官学校編・戦争編という二部構成によるボリュームのあるシナリオが発売直後から高く評価されています。

     

    プレイヤーはこれまでのシリーズのような王族や軍師という立場ではなく、士官学校の教師として、出自の異なる個性豊かな3学級のうち1つの担任となり、戦闘・教育を通して生徒達と絆を深めていきます。

     

    選んだ学級によって、その後の展開が大きく変化するうえ、従来のシリーズにおいて好評だったキャラクター同士の交流がボリュームアップされているのが魅力的です。「一風変わったファイアーエムブレムを楽しみたい」というシリーズ経験者にもおすすめです。

    発売年月日2019年7月26日プラットフォームニンテンドーSwitch
    第8位

    任天堂

    ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~

    価格:5,980円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    英雄マルスの知られざるもう1つの物語

    1994年に発売されたスーパーファミコン版『ファイアーエムブレム紋章の謎』のリメイク作品にあたるこちらのソフトは、前作『暗黒竜と光の剣』において大陸に平和をもたらした英雄・マルスと、彼の近衛騎士となったプレイヤーの2つの視点で物語が展開されます。

     

    シリーズ初となるプレイヤーの分身「マイユニット」は、性別・見た目・プロフィールなどをプレイヤー自身が選択できるようになっており、よりファイアーエムブレムの世界観にのめり込むことができるのが魅力的です。

     

    また、特定の条件を満たすことでマイユニットを中心としたサイドストーリーも楽しめるため、初めて『ファイアーエムブレム』シリーズをプレイする人はもちろん、スーパーファミコン版をプレイしたことがある人にもおすすめできます。

    発売年月日2010年7月15日プラットフォームニンテンドーDS
    第7位

    コーエーテクモゲームス

    ファイアーエムブレム無双

    価格:5,247円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    シリーズ歴代の英雄達による爽快アクションが大人気

    『ファイアーエムブレム』シリーズと、コーエーテクモゲームスの人気タイトルである『無双』シリーズとのコラボレーション作品の1つであるこちらの作品は、歴代シリーズの人気キャラクターが特技・武器を駆使して戦場を駆け巡る爽快アクションゲームです。

     

    最大8人の英雄を選択・出撃し、敵将への攻撃や味方の防衛などを行うスタイルであり、戦場やキャラクターによって様々な制限・戦闘スタイル・グラフィックが用意されているため「爽快感・戦略性のバランスが良い」と口コミでも高く評価されています。

     

    オリジナルキャラクターであるシオン・リアンを中心とした「ストーリーモード」と歴代シリーズの名場面を再現したマップに挑戦する「ヒストリーモード」の2種類が用意されているため、初心者はもちろん、シリーズ経験者にもぜひおすすめしたい作品です。

    発売年月日2017年9月28日プラットフォームニンテンドーSwitch
    第6位

    任天堂

    ファイアーエムブレム 聖魔の光石

    価格:637円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    マギ・ヴァル大陸の危機に絆深き兄弟が立ち向かう

    2004年に発売されたシリーズ第8作目のバーチャルコンソール版であるこちらの作品は、聖石によって平和がもたらされたマギ・ヴァル大陸を舞台に、ルネス王国の王族である兄妹・エフラムとエイリークの2人の主人公の視点で展開していくシナリオが魅力的です。

     

    シナリオ展開の中心となるワールドマップに加え、何度でも戦闘・育成が可能な「エクストラマップ」も用意されているうえ「辞書」をはじめとした戦略シミュレーションが苦手な人にも取っつきやすいチュートリアル要素が多く用意されているのも特徴といえます。

     

    「手軽に楽しめるゲームが良い」という人や、初めて『ファイアーエムブレム』シリーズをプレイする人にもおすすめです。

    発売年月日2014年10月30日プラットフォームWiiU
    第5位

    任天堂

    ファイアーエムブレム 烈火の剣

    価格:637円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    『封印の剣』から20年前の世界を舞台に家族・仲間の絆を描く人気作

    『ファイアーエムブレム』シリーズ初のGBA版作品『封印の剣』の続編であり、前作の約20年前を舞台としたこちらの作品は、前作の主人公であるロイの父親・エリウッドが主人公となっており『封印の剣』との関連性が感じられる部分が多いのが特徴です。

     

    また、シリーズ初の女性主人公の登場や、これまでの作品におけるシナリオの中心となっていた「戦争」「抗争」をテーマとせず「友情」「家族の絆」をメインとしているなど、これまでの作風とは一風変わった雰囲気も魅力的です。

     

    リン・エリウッド・ヘクトルという3人の主人公それぞれにシナリオが存在しており、難易度もノーマルとハードの2種類が用意されているため、初めてプレイする人はもちろん、ゲームを選ぶ時にボリュームを重視するという人にもおすすめです。

    発売年月日2014年10月30日プラットフォームWiiU
    第4位

    任天堂

    ファイアーエムブレム 聖戦の系譜

    価格:7,213円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    親子2世代に渡る壮大な戦いの歴史を括目せよ

    『ファイアーエムブレム』シリーズ第4作目にあたるこちらの作品は、父・シグルドと息子のセリスという親子2世代で展開する二部構成のストーリーを採用しつつ、ユニットの再行動・恋愛システムなどの、後の作品にも影響を及ぼした新要素が特徴的です。

     

    「聖戦」の伝説が残るユグドラル大陸を舞台に、自国の平和・他国への侵略などといった様々な考え方を持つ国家・宗教組織が複雑に関わっており、これまでのゲームにありがちな「勧善懲悪」とはいかない悲劇的なシナリオもファンの間で高く評価されています。

     

    また、ゲームシステムはシリーズにおいて屈指の難易度の高さを誇っており、少数精鋭のユニットで挑む戦いや癖のある確率計算など、プレイヤーの戦略性が試される部分もあるため「やりごたえのあるゲームが良い」という人におすすめです。

    発売年月日1996年5月14日プラットフォームスーパーファミコン
    第3位

    任天堂

    ファイアーエムブレムif 白夜王国

    価格:5,380円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    プレイヤーの選択が2つの国の運命を左右する

    シリーズ第14作目にあたるこちらの作品は、シリーズ史上初めてプレイヤーキャラクターがメイン主人公となっており、タイトルに「if(もしも)」とあるように、本作品は主人公の選択によって白夜王国・暗夜王国の2つの国の人物として物語が展開されていきます。

     

    タイトルによってストーリーの方向性・難易度・登場キャラクターが異なっているのが特徴であり『白夜王国』は従来のシリーズに則ったスタイルで、白夜王国の仲間達とともに、敵である暗夜王国に立ち向かうシナリオとなっています。

     

    キャラクターの育成が自由かつ手軽に行えるうえ、3種類の難易度・倒れた仲間が復活する2つのモードなども用意されているため、シリーズ初心者にもプレイしやすいのが魅力的です。

    発売年月日2015年6月25日プラットフォームニンテンドー3DS
    第2位

    任天堂

    ファイアーエムブレム 覚醒

    価格:4,430円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    神竜・邪竜が司る世界で「現在」と「未来」が交わった時、新たな伝説が誕生する

    シリーズ初の3DSソフトであるこちらの作品は「シリーズの集大成」とも呼ばれており、過去作品で人気が高かったマイユニット・フリーマップシステムの採用・全シナリオにおける声優起用・ダウンロードコンテンツなど、多彩な要素が詰め込まれているのが特徴です。

     

    これまでの「戦争」や「仲間の絆」というテーマに加え、タイムトラベルのようなSF要素も含まれており、神竜・ナーガと邪竜・ギムレーが司る世界を舞台に、現在と未来が交わった重厚なシナリオを楽しむことができます。

     

    『ファイアーエムブレム』シリーズの出発点である『紋章の謎』との関連性を感じさせる部分や、新システム「デュアルアタック」などもファンの間では高く評価されており、初心者・シリーズ経験者問わずおすすめの作品です。

    発売年月日2012年4月19日プラットフォームニンテンドー3DS
    第1位

    任天堂

    ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡

    価格:17,300円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    システム・グラフィックともに圧倒的支持を得ているシリーズ15周年記念作品

    日本におけるシリーズ15周年記念作品であるこちらの作品は、初のゲームキューブソフトであり、大容量メディアが使用可能となったことで3Dグラフィック・ムービー・声優の起用など、過去シリーズでは実現できなかった要素を積極的に使用しているのが特徴です。

     

    基本システムはそのままに、高低差による攻撃の制限・落石による攻撃などといった3DSグラフィックを活用した独自の戦闘システムを取り入れているうえ、ユニットのスキル・固定成長方式などの充実した育成システムも魅力的です。

     

    主人公・アイクを中心とした重厚なシナリオをはじめ、システム・BGMのどれにおいてもシリーズ屈指の人気を誇っており、難易度もノーマル・ハードに加え、敵がさらに手強くなった「マニアック」の3種類から選択できるため、初心者・経験者問わずおすすめです。

    発売年月日2005年4月20日プラットフォームニンテンドーゲームキューブ

    ファイアーエムブレムシリーズのおすすめ商品比較一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5068811の画像

      任天堂

    • 2
      アイテムID:5068784の画像

      任天堂

    • 3
      アイテムID:5068780の画像

      任天堂

    • 4
      アイテムID:5068774の画像

      任天堂

    • 5
      アイテムID:5068767の画像

      任天堂

    • 6
      アイテムID:5068742の画像

      任天堂

    • 7
      アイテムID:5068728の画像

      コーエーテクモゲームス

    • 8
      アイテムID:5068711の画像

      任天堂

    • 9
      アイテムID:5068702の画像

      任天堂

    • 10
      アイテムID:5068694の画像

      任天堂

    • 商品名
    • ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡
    • ファイアーエムブレム 覚醒
    • ファイアーエムブレムif 白夜王国
    • ファイアーエムブレム 聖戦の系譜
    • ファイアーエムブレム 烈火の剣
    • ファイアーエムブレム 聖魔の光石
    • ファイアーエムブレム無双
    • ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~
    • ファイアーエムブレム 風花雪月
    • ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王
    • 特徴
    • システム・グラフィックともに圧倒的支持を得ているシリーズ15周年記念作品
    • 神竜・邪竜が司る世界で「現在」と「未来」が交わった時、新たな伝説が誕生する
    • プレイヤーの選択が2つの国の運命を左右する
    • 親子2世代に渡る壮大な戦いの歴史を括目せよ
    • 『封印の剣』から20年前の世界を舞台に家族・仲間の絆を描く人気作
    • マギ・ヴァル大陸の危機に絆深き兄弟が立ち向かう
    • シリーズ歴代の英雄達による爽快アクションが大人気
    • 英雄マルスの知られざるもう1つの物語
    • 3つの学級に訪れる宿命と絆の物語
    • 『外伝』にて紡がれた伝説が3DSで再び蘇る
    • 価格
    • 17300円(税込)
    • 4430円(税込)
    • 5380円(税込)
    • 7213円(税込)
    • 637円(税込)
    • 637円(税込)
    • 5247円(税込)
    • 5980円(税込)
    • 6500円(税込)
    • 3180円(税込)
    • 発売年月日
    • 2005年4月20日
    • 2012年4月19日
    • 2015年6月25日
    • 1996年5月14日
    • 2014年10月30日
    • 2014年10月30日
    • 2017年9月28日
    • 2010年7月15日
    • 2019年7月26日
    • 2017年4月30日
    • プラットフォーム
    • ニンテンドーゲームキューブ
    • ニンテンドー3DS
    • ニンテンドー3DS
    • スーパーファミコン
    • WiiU
    • WiiU
    • ニンテンドーSwitch
    • ニンテンドーDS
    • ニンテンドーSwitch
    • ニンテンドー3DS

    まとめ

    作品ごとに展開される世界観・ドラマが魅力的な『ファイアーエムブレム』シリーズは、今回ご紹介した作品の他にも独自の戦闘システム・魅力的なキャラクターが登場する作品が数多く存在します。ぜひ1度、高度な戦略シミュレーションに夢中になってみてはいかがでしょうか。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    TOPへ