記事ID138469のサムネイル画像

    【大人の雰囲気】人気の万年筆インクおすすめランキング10選

    大人の雰囲気を出すことができると人気の文房具が万年筆です。手紙などを書くときにぜひ使ってみてはいかがですか。万年筆を使用する際に必要なのが万年筆インクです。今回は万年筆インクの選び方やおすすめの商品をご紹介していきます。

    万年筆を使うなら万年筆インクにもこだわって

    より文房具にこだわりたいという人や、大人の雰囲気を出したいという人はぜひ万年筆に挑戦してみてはいかがでしょうか。普通のペンとは違う書き心地でより書くという作業を楽しむことができますし普通のペンとは違う雰囲気を出すことができます。

     

    万年筆を使用するときに必要になるのが万年筆インクです。万年筆だけではなく万年筆インクにもこだわることでより書き心地や仕上がりが自分の理想に近づいていきます。万年筆を選ぶときにはぜひ一緒に万年筆インクをチェックしてみてください。

     

    万年筆インクは種類が豊富で、どの商品を使えばいいのか分からないという人もいらっしゃいますよね。今回は万年筆インクの選び方や、万年筆インクのおすすめの商品をご紹介していきます。万年筆を使ってみたいと考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

    万年筆インクの選び方

    万年筆インクをどのように選んだらいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。ここからは万年筆インクの選び方のポイントをご紹介していきますので、ぜひチェックして参考にしてみてください。

    種類で選ぶ

    万年筆インクには、いくつか種類があります。主に上げられるのが染料インクと顔料インクと没食子インクの3種類です。3種類の万年筆インクの特徴をチェックして自分に合う万年筆インクを選んでください。それぞれの万年筆インクの特徴をご紹介していきます。

    染料インク

    万年筆インクの中で最も一般的な種類が染料インクです。数ある商品の中から自分の好きな商品を選ぶことができますので、1つは持っておいてもいい種類ですし、初めて万年筆インクを選ぶという人にもおすすめの種類です。

     

    水に溶けやすいため、万年筆の先にインクが詰まってしまってもすぐに取り除くことができるのが魅力的なポイントです。しかし、水に溶けやすいということは、インクを使用して書いた文字が水に濡れたらすぐににじんでしまうということにもなります。

     

    また、劣化しやすいというのも特徴としてあげられますので、長く保管しなければいけない書類に使用したり、大切な手紙に使用するのはおすすめしません。一時的に保管するだけの書類や、すぐに処分するような文書のときに使用することをおすすめします。

    顔料インク

    長期保管をするような書類や、大切な手紙や文書を書くときに万年筆を使用したいという人はぜひ顔料インクを使ってみて下さい。劣化しにくく、長期保管ができるというのが魅力的な種類です。

     

    耐水性もありますので、水がかかってしまってもにじみにくいのも嬉しいポイントですよね。顔料インクは安心して使うことができるのも特徴です。

     

    しかし、水に溶けにくいということは、ペン先にインクが詰まってしまった場合に取り除くのが難しいという特徴も持っています。こまめに万年筆のメンテナンスを行うことで長く万年筆を使用できるようにしてくださいね。

    没食子インク

    昔ながらの万年筆の雰囲気を味わいたいという人は、ぜひ没食子インクを選んでみてはいかがでしょうか。発売されている数は少ないですが、独特な風合いを楽しむことができるインクです。

     

    紙にインクで文字を書いて、期間がたつとインクが参加することにより、色が黒に変化していくという特徴を持っています。経年変化を楽しみたいという人にもおすすめのインクですのでぜひ試してみてください。

     

    また、染料インクや顔料インクに比べて水や光に強く、長期保管する文書や書類に使用するのに向いているという魅力もあります。仕事で使用するのにもおすすめしたいインクです。

    色で選ぶ

    万年筆インクの特徴はカラーバリエーションが豊富なことです。用途によってふさわしい色は異なってきますので、ぜひ様々な色の万年筆インクを使い分けてくださいね。ここからは、万年筆インクの色の選び方についてご紹介していきます。

    インクの中で最も使う機会が多いのが黒ではないでしょうか。手紙や書類など、様々な場面で使用することができるため、1つはぜひ持っておいてみてはいかがですか。特に仕事で使用する場合には、黒のインクは欠かせません。

     

    初めて万年筆インクを選ぶという人にも、黒はおすすめです。どのような場面でもサッと使用することができるインクはとても便利ですよね。初めに黒を選んで、万年筆に慣れた後に自分が欲しい色を選んでみてはいかがでしょうか。

     

    また、黒といってもメーカーによって色合いが微妙に異なります。黒に他の色を混ぜて独特の雰囲気を出している色も存在しますので、ぜひ自分の好きな黒を見つけてみてくださいね。

    青のインクも、黒と同じように多くの人が使いやすい色です。そのため、多くの商品が発売されていますし、様々な場面で使用することができるのが特徴です。手紙などに使用すれば黒とは違う風合いを出すことができるためぜひ試してみてください。

     

    青にも様々な種類があり、明るめの青色や暗めの青色などバリエーションが豊富です。鮮やかな色もあれば落ち着いた雰囲気を出すこともできます。様々な青のインクから自分が使い勝手がいいと感じるインクを見つけてくださいね。

     

    暗めの青のインクを選ぶと、書類などにも使うことができるためおすすめです。黒と合わせて持っておいても使いやすい色なので様々な商品をチェックしてみてください。きれいな色を楽しむことができます。

    その他の色

    黒や青といった様々な場面で使用することができる色だけでなく、カラーバリエーションが豊富なのも万年筆インクの特徴です。ぜひ様々な色の万年筆インクが欲しいという人はチェックしてみてください。

     

    赤色も、黒や青で書かれた書類に訂正をしたり、チェックを入れたりするのに使うことができますよね。黒や青以外で手紙を書いても大人の雰囲気を出しつつおしゃれに書くことができるため、おすすめです。

     

    万年筆インクの楽しみ方としては、様々な色をそろえるというのもあります。ぜひその日の気分などによって万年筆インクの色を使分けてみてください。書類には難しいかもしれませんが、手紙を書くときには色を選ぶことで楽しく書くことができます。

    形で選ぶ

    使いやすい万年筆インクを選ぶためには、ぜひ形状もチェックしてください。主にボトルタイプとカートリッジタイプの2種類の形状に分けられます。それぞれの特徴をご紹介していきますので自分の使いやすい方を選んでくださいね。

    ボトルタイプ

    万年筆インクといえば、このボトルタイプを思い浮かべるという人も多いのではないでしょうか。コンバーターという部品を使用するのが特徴です。コンバーターとは万年筆のボトルの中のインクを吸い上げて万年筆に吸入するものです。

     

    一般的な万年筆インクのタイプはボトルタイプなので、様々な商品が発売されていますし、カラーバリエーションも豊富なのが魅力的です。自分の好きな色合いの万年筆インクを選んでください。

     

    ボトルはおしゃれなデザインの商品も多いため、目につく場所に置いておいてもインテリアとして楽しむことができます。実際に書くだけでなく目でも楽しむことができるのも嬉しいポイントです。

    カートリッジタイプ

    万年筆に直接セットするタイプがカートリッジタイプの特徴です。手を汚す心配をすることなくインクの補充をすることができるのが魅力的な点です。できる限り手軽に万年筆を使いたいという人はぜひカートリッジタイプを選んでみてください。

     

    カートリッジタイプの万年筆は、どのカートリッジと万年筆でも使用できるというわけではなく、互換性がある商品でないと使うことができないので注意が必要です。万年筆を選ぶ際にもカートリッジで万年筆インクが発売されている商品かどうかもチェックしてください。

     

    カートリッジタイプは、ボトルタイプと比べて商品が少ないのも特徴ですので選択肢が少なくなりますが、どこでも気軽に万年筆を使いたいという人におすすめです。外出先でも気軽に使うことができます。

    万年筆インクの人気ランキング10選

    第10位

    プラチナ万年筆

    SPSQ-400#1

    価格:294円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    特殊樹脂配合で書きやすい

    万年筆を外出先でも使用したいという人に便利なカートリッジタイプの万年筆インクです。染料インクですが特殊樹脂を配合しているのが特徴で、だれでもしっかりと書くことができるのが魅力です。

     

    一般的な染料インクは、水に弱く劣化しやすいという特徴を持っています。しかし、この万年筆インクは染料インクでありながら特殊樹脂が配合されているため耐水性と耐光性を持っているため長期間保存する書類などにも使用しやすいです。

     

    外出先でも水にぬれることを心配せずに使うことができるのは嬉しいポイントですよね。あらゆる場所でサッと使用することができる万年筆インクです。

    容量10本種類染料
    形状カートリッジ
    第9位

    プラチナ万年筆

    INKC-1500#1

    価格:1,424円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    保存する文書にもおすすめ

    劣化しにくい顔料インクのため、長期間保存するような文書や大切な手紙に使うのにおすすめする商品です。使いやすい黒色で仕事の時に活躍する万年筆インクですのでぜひチェックしてみてください。

     

    耐光性と耐水性に優れているため、水がかかってしまったという不意のトラブルがあっても安心して使用することができるのが嬉しいポイントですよね。仕事中は特にそういったトラブルがあると問題になることがあります。

     

    乾きやすいという特徴も持っているため、書いた後すぐに手が触れてしまってもかすれることなくはっきりとした文字のままなのも魅力的です。せっかく書いた文字をダメにすることなくきれいな状態を保ってくれます。

     

     

    容量60ml種類顔料
    形状ボトル
    第8位

    エルバン

    hb11518

    価格:702円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    少量タイプが嬉しい

    他の商品と比べて容量が少ないため、すぐに使いきることができるのが嬉しい商品です。日常的に万年筆を使用しないという人は、容量が多いインクよりも少量タイプの万年筆インクを選ぶことをおすすめします。

     

    カラーバリエーションが豊富なのも魅力的で、1つ1つのボトルが小さく低価格で手に入れることができるため、複数の色の商品を選んで使い分けることができるのが特徴です。様々な色を選びたいという人にもおすすめの商品です。

    容量10ml種類染料
    形状ボトル
    第7位

    セーラー万年筆

    13-2002-220

    価格:1,448円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    にじみにくく書きやすい

    にじみにくくなめらかに書くことができる商品です。色もシンプルな黒なので様々な場面で使用することができます。初めて万年筆インクを選ぶという人はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

     

    顔料インクはペン先が詰まってしまうこともあるのですが、この商品はペン先が詰まるというトラブルもなく安心して使用することができます。顔料インクの特徴である耐水性にも優れているため仕事でも使いやすいです。

     

    手紙でも、書類にも使用しやすい商品ですので、1つの万年筆インクをあらゆるシーンで使いたいという人にぜひおすすめしたい商品です。

    容量50ml種類顔料
    形状ボトル
    第6位

    プラチナ万年筆

    INK-1200#2

    価格:1,061円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    発色がきれい

    黒や青だけでなく、赤色のペンも仕事中に使用することが多いという人もたくさんいらっしゃいますよね。ぜひ赤色の万年筆インクを使用してみてはいかがでしょうか。黒や青とは違う雰囲気を出すことができます。

     

    特に大切にしたい部分や、チェックや訂正を追加したい部分はより目立たせたいですよね。そんな時に赤色のインクは役に立ちます。黒や青のインクと一緒に使うことでより仕事でも赤色の万年筆を使いやすくなります。

     

    青や黒と一緒に1つは持っておいて損のない色です。こちらの商品は発色がキレイと人気の商品ですので、ぜひ赤色の万年筆インクを使用したいという人はチェックしてみてください。

    容量60ml種類染料
    形状ボトル
    第5位

    Pelikan

    ボトルインク

    価格:743円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    耐水性、耐光性に優れている

    耐水性や耐光性に優れた没食子インクタイプの商品です。大切な手紙や書類にぜひ使ってみてはいかがでしょうか。低価格で購入することができるのも魅力でコストパフォーマンスが高いととても人気の商品です。

     

    色はブルーブラックという暗めの青色なので、手紙はもちろん書類などにも使用できる色ですので、あらゆる場面で気軽に使用することができるのも嬉しいポイントです。

     

    毎日A5ノート1枚から2枚分程度使用するという人であれば1回補充をすれば1週間程度持続するため、こまめに補充をしなくてもいいのも特徴です。外出先でもインク切れになる心配を防ぐことができます。

    容量62.5ml種類没食子
    形状ボトル
    第4位

    モンブラン

    MB109204

    価格:2,070円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    独特の形のボトルが印象的

    他の商品とは違う独特な形をしているボトルが特徴的な商品です。机の上に置いておいてもオブジェとして成立する靴型のボトルが魅力的です。変わったボトルの万年筆インクを選びたいという人はぜひチェックしてみてください。

     

    横長になっているため安定性にも優れているほか、インクを最後まで使用することができます。デザイン性だけでなく機能面でも優れている形のため、おしゃれに使いやすいボトルです。

     

    ミッドナイトブルーという暗めで深い青色なのでどのようなシーンでも使用しやすく、きれいな色合いの青を楽しむことができます。

    容量60ml種類染料
    形状ボトル
    第3位

    セーラー万年筆

    13-0604-120

    価格:381円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    微粒子の顔料インクで書きやすい

    粒子が細かい顔料インクを使用しているため、耐水性や耐光性に優れていながら紙の上でもさらさらとなめらかに書くことができます。書きやすさと保存しやすさを兼ね備えているのが魅力的な商品です。

     

    極黒タイプのインクは書道の墨のようなはっきりとした発色であり、伸びがよくきれいな文字を書くことができると人気のタイプです。書き心地にこだわって万年筆インクを選びたいという人はぜひチェックしてみてください。

    容量12本種類顔料
    形状カートリッジ
    第2位

    PARKER

    1950378

    価格:620円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    すぐに乾く

    優しい色合いで字が読みやすいと人気の万年筆インクです。細かく文字を書く機会が多いという人におすすめの商品です。

     

    乾くのが早いというのもこの商品の魅力的な点です。日常的に万年筆を使用したいという人は、インクが乾くのを待つ時間ももったいないですよね。そんな人でも使いやすい速乾タイプの万年筆で手早く書類や手紙を書くことができます。

     

    また、乾く過程で色が変化するのも特徴です。乾いていく中で青みがかった独特の色合いに変化していくため、この商品ならではの変化を楽しみたいという人にもおすすめしたい商品です。ぜひ楽しみながら万年筆を使用してください。

    容量57ml種類染料
    形状ボトル
    第1位

    LAMY

    LT52BK

    価格:745円(税込)

    Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

    ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

    シンプルなデザインが魅力

    ボトルがシンプルで無駄のないデザインが魅力の商品です。職場のデスクの上に置いておいても目立つことなく自然に溶け込みます。男性でも女性でも誰もが使いやすいため、プレゼントとして万年筆と一緒に渡すのもおすすめします。

     

    ボトルの中央部分の底が凹んでいることで、インクが少なくなっても最後まで使いきることができるのも嬉しいポイントです。せっかく選んだ万年筆インクはギリギリまで使いたいですよね。インクをできる限り無駄にしないデザインです。

     

    インク自体も発色がよくなめらかに書くことができるため、仕事でもストレスなく使用することができます。様々な場面でより使いやすいように考えられている商品なので老若男女問わずおすすめしたい商品です。

    容量50ml種類染料
    形状ボトル

    おすすめの万年筆インク商品比較一覧表

    • 商品画像
    • 1
      アイテムID:5067287の画像

      LAMY

    • 2
      アイテムID:5067271の画像

      PARKER

    • 3
      アイテムID:5067348の画像

      セーラー万年筆

    • 4
      アイテムID:5067352の画像

      モンブラン

    • 5
      アイテムID:5067245の画像

      Pelikan

    • 6
      アイテムID:5067300の画像

      プラチナ万年筆

    • 7
      アイテムID:5067283の画像

      セーラー万年筆

    • 8
      アイテムID:5067357の画像

      エルバン

    • 9
      アイテムID:5067324の画像

      プラチナ万年筆

    • 10
      アイテムID:5067308の画像

      プラチナ万年筆

    • 商品名
    • LT52BK
    • 1950378
    • 13-0604-120
    • MB109204
    • ボトルインク
    • INK-1200#2
    • 13-2002-220
    • hb11518
    • INKC-1500#1
    • SPSQ-400#1
    • 特徴
    • シンプルなデザインが魅力
    • すぐに乾く
    • 微粒子の顔料インクで書きやすい
    • 独特の形のボトルが印象的
    • 耐水性、耐光性に優れている
    • 発色がきれい
    • にじみにくく書きやすい
    • 少量タイプが嬉しい
    • 保存する文書にもおすすめ
    • 特殊樹脂配合で書きやすい
    • 価格
    • 745円(税込)
    • 620円(税込)
    • 381円(税込)
    • 2070円(税込)
    • 743円(税込)
    • 1061円(税込)
    • 1448円(税込)
    • 702円(税込)
    • 1424円(税込)
    • 294円(税込)
    • 容量
    • 50ml
    • 57ml
    • 12本
    • 60ml
    • 62.5ml
    • 60ml
    • 50ml
    • 10ml
    • 60ml
    • 10本
    • 種類
    • 染料
    • 染料
    • 顔料
    • 染料
    • 没食子
    • 染料
    • 顔料
    • 染料
    • 顔料
    • 染料
    • 形状
    • ボトル
    • ボトル
    • カートリッジ
    • ボトル
    • ボトル
    • ボトル
    • ボトル
    • ボトル
    • ボトル
    • カートリッジ

    まとめ

    今回は、おすすめの万年筆インクをご紹介してきました。万年筆を使用するうえで欠かせない万年筆インクにこだわることで、より万年筆が使いやすくなります。種類や色によって様々な特徴がありますので、ぜひ万年筆インクを選んで快適に万年筆を使ってくださいね。

    関連する記事

    この記事に関する記事

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気の記事

    本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

    TOPへ