記事ID138444のサムネイル画像

【2019年最新版】バックカメラのおすすめ人気ランキング10選

近年は車による交通事故が増加しています。そのためバックカメラの需要が増加しており、最近のものは広角・高画質で死角の増えるバック時でも安全に移動できるので心強いです。バックカメラはドライブレコーダーの役割も兼ねるものもあるので導入してみてはいかがでしょうか。

車両バックが苦手な方も安心できるバックカメラの存在

交通事故が多い世の中になっている今日この頃です。注意を払って運転をしていても事故は起きてしまうものです。そこで重要になってくるのはサポートしてくる「目」です。人の目を借りるというのも1つの手段ですが、1人で運転することもありますし限界があります。

 

モニター越しに後方の安全確認を行えるバックカメラは、死角が多くて事故の起こりやすいバック時に大きな手助けになってくれます。また、最近のバックカメラはモニター自体が小さくてコンパクトなものが多く邪魔になりません。

 

安全に車庫入れや後方へのバック走行時に役立つバックカメラは、これからの時代に適したアイテムです。様々な種類のバックカメラが販売されていますので1つ1つ特性を確認していきましょう。

バックカメラの選び方

バックカメラは色々なスペックを備えたものが販売されるようになりました。どういったポイントが重要になってくるのか見ていきましょう。

画質数で選ぶ

画質数は、内部モニターに映る映像の鮮明さを示すものです。画質で考えていく時に画質が良いのであればそれに越したことはありません。しかし、その分スペックが高いので価格にも反映してきます。そこまでコストをかけられない方は考えなくてはなりません。

 

中には、100万画素の高画質なバックカメラも販売されています。その反面で画質が悪くて悪天候時や夜間はあまり対応できないバックカメラまで、ピンからキリまで画質性能が違うのです。

 

基準を作るなら30万画素を1つの目安としてみていいでしょう。この画質であると、夜間利用しても十分に対応してくれます。どんなシチュエーションでも問題なく使用できるものも選びましょう。

夜間対策で選ぶ

夜間時の対策も重要です。なぜなら、視界が狭くなり事故が起こる確率が高くなる状況だからです。対策のしっかりしたバックカメラを選びましょう。主な夜間仕様として赤外線センサーで暗視できるもの、高感度カメラ付きのもの、LEDライト付きのものが挙げられます

 

赤外線センサーがあると暗闇の中でも映像が白黒でハッキリみえます。そういったタイプは特段こちら側で切り替えする必要もなく自動で切り替わります。高感度カメラは画素数が高く視認しやすいものです。暗くても細かい状況まで確認することができます。

 

その名がLEDライト付きというように、画像を映す先をLEDライトで照らしてくれるものです。LEDなので明るさも十分です。これら全てが揃っていなければいけないものではなくて、1つでもあれば夜間の視認性はグッとアップします。

レンズタイプで選ぶ

レンズにも2つの種類にわかれています。人によって、自分の車を使用した生活スタイルや、運転する人の運転技術も変わってくるのでレンズタイプも自分仕様で選びましょう。

標準タイプ

先ずはじめに標準タイプについてです。こちらのタイプですと、後方の状況をそのまま映し出してくれるので、自分で後ろにいて見ている感覚に近いです。すぐにしっくり感覚を理解できるようになるでしょう。

 

初心者やバックが苦手な方には、こちらの標準タイプの方がおすすめです。感覚は運転する時に重要なのでバックカメラもオーソドックスなタイプをおすすめします。

 

その分、見える視認範囲は狭いのでサイドミラーも併用して見るようにして、後方の状況確認はしっかりとするようにしましょう。あくまでもバックする際のサポートとしてバックカメラを利用することが重要です。

広角タイプ

広角タイプになると視野が大きく広がります。この広角タイプは「広角レンズ」と「魚眼レンズ」に更に枝分かれします。広角レンズタイプは画角は170度から180度が一般的で、更に広がることもできます

 

但しデメリット面として、正面の見え方は標準タイプと変化ないのですが、左右になると奥行気が感じとりづらく、不得意な方も出てくるかもしれません。慣れるまではバック時の運転に注意が必要です。

 

魚眼レンズタイプは、左右の広域部分は彎曲するため、見え方が普段と違うと感じるかもしれませんが視認範囲は広いです。特徴をしっかりと理解した上で使用するのであれば、安全性は標準タイプよりも更に高いでしょう。

メーカーで選ぶ

種類が多いので迷ってしまうバックカメラ販売メーカーですが、その中でも、ここで紹介するメーカーはバックカメラ販売の実績があり、信頼度の高いメーカーばかりです。

Kenwood

ケンウッドもバックカメラで人気のあるメーカーです。価格は安くはありませんが、品質の良さで評価を受けるメーカーです。この3メーカーは安定した機能を期待できるでしょう。

 

ケンウッドは音楽再生機器でも有名ですね。バックカメラで安定した商品を購入しようと考えているのであれば、外さずチェックしたいメーカーです。

Panasonic

スペックの安定性品質の良さが評価されるのはPanasonic製品です。日本製で耐久性の高くタフな造りが評価を得ています。メーカーの信頼度も非常に高いです。

 

バックカメラといえばPanasonicと呼ばれるくらい人気と評価が高いです。使っているユーザーの方からも、長く使用しても故障が少なく扱いやすく、作りも頑丈と高評価を受けています。

カロッツェリア

カロッツェリアは電化製品などを展開するパイオニアが母体としています。価格も抑えられて品質もいいと評判です。

 

低価格ながらも、品質の評価も高くてコストパフォーマンスに優れたバックカメラを数多く取り揃えています。バックカメラをはじめて取り付ける方にもおすすめしたいメーカーです。

ワイヤレス、ルームミラー、ドライブレコーダー機能など便利機能で選ぶ

後方確認するというのがバックカメラの基本的な機能ですが、その他のオプション機能でも優秀です。バックカメラにはつなぐケーブルが必要になってくるのがこれまでだったのですが、ワイヤレスでケーブル要らずのものも増えています。車内がきれいにまとめられます。

 

また、既存のカーナビとつないでちゃんと作動するのか不安な方も多いはずです。そういう方にはカーナビとセットで販売しているタイプもあります。これなら安心ですね。車の前方エリアをすっきりさせてくれるルームミラー型も販売されており多種多様に使用できます。

 

バックカメラの中に、多く取り入れられるようになったのが録画機能です。つまり、ドライブレコーダーとして交通事故などに遭遇した際にきちんとした証拠として記録に残すことができる利点も生まれたのです。

バックカメラのおすすめ人気ランキング10選

第10位

アルパイン

バックビューカメラ HCE-C1000D

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車種別に完全フィットしてくれるバックカメラ

こちらのバックカメラはアルパインというメーカーが出しています。アルパイン製のカーナビ専用となっており、ナビの画面にバック時の画像を映すことができるタイプなので、既存モニターで対応可能です。

 

特徴としては、バック時にカメラが直接光を浴びても、画面が白くならないようにハイダイナミックレンジを採用している点で、白飛びが発生しないのです。後方車両のヘッドライトを浴びて目くらましに合うこともありません。

 

また、防水・防塵規格のIP67の防塵・防水性能があり水や塵による被害を受けずに済みます。車種別のパーフェクトフィットが準備されているので、適応機種か確認も行いましょう。

画素数30万画素重量27g(コード含む)
レンズタイプサイズ幅23.6×高さ23.6×奥行24.0(mm)
第9位

パパゴ

ドライブレコーダー GoSafe M790S1

価格:21,955円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フルハイビジョンで後方車両のナンバーも読み取れる

こちらの特性としては200万画素の高画質な画像解析能力です。これにより、後ろの状況がハッキリと見ることができます。トライブレコーダー機能も搭載しているので、リアルな動画を記録することができます。

 

街中でも追突事故なども多い交通事情の中で、何かあった時に心強い味方です。また、ソニー製のCMOSセンサーを採用しており暗い場所でもしっかりと映し出してくれます。1920×1080pの高画質が魅力的なバックカメラです。

 

これだけ鮮明に残せるので、最近ニュースに取り沙汰されているあおり運転対策にもなるバックカメラとしても使用できるでしょう。

画素数200万画素重量340g
レンズタイプ広角レンズサイズ長さ50x幅21x高さ28(mm)
第8位

ケンウッド

リアカメラ CMOS-230

価格:7,760円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クリアな画像を映すバックカメラ

ケンウッドから販売されているCMOS-230です。こちらの商品は、画質が良質で夜間においても視認性が非常に良いと評価を受けています。また、バックカメラ業界の中でも防塵・防水性能が最高水準といわれており、高いスペックを備えています。

 

スミアノイズといって、太陽光などの光線を浴びると白い反射光が入り込んでしまうのですが、こちらのバックカメラはそれを強力遮断してくれます。

 

しかしその反面で、夜間にバックライトの赤色が強く映り出してしまう点です。しかしながら、設定でガイド機能を呼び起こして対応できるので安心してください。

画素数33万画素重量約21g
レンズタイプ広角レンズサイズ幅23.4×高さ23.4×奥行23.9(mm)
第7位

Artilee

バックカメラ

価格:1,699円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型ながら42万画素の画質を備えたバックカメラ

後方モニター確認時、日差しやライトが眩しくてもノイズが入り込まず安心して使用できるバックカメラです。視野角は広くありませんが、画質は後方確認には困らないレベルで問題なく使用できると評価しています。

 

視野角は狭いですが、障害物との距離感は掴みやすいと高評価です。価格が低価格なだけに、コストパフォーマンス面では十分なスペックを持っているといっていいでしょう。また、ACC電源につなげられて使用できるのもメリットです。

 

シンプルで安価なものでお探しなら、こちらのバックカメラも検討してみてください。女性でも簡単にセッティングできるのも嬉しいポイントですね。

画素数42万画素重量
レンズタイプ広角レンズサイズ幅21.4×高さ20×奥行21.4(mm)
第6位

TOGUARD

ドライブレコーダー

価格:4,373円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バックミラー型のバックカメラ

こちらの商品はバックミラー型で、高解像度を誇るCMOS Sensorを搭載している個性的なバックカメラです。手ぶれ補正機能を搭載もしているのもあって、映る画質は鮮明です。万が一事故に遭遇しても安心なドライブレコーダー機能も備わっています。

 

バックミラーをタッチパネルで操作できるのも、操作しやすいと評価が高く、そこに加えてフロントカメラも装備しているため前方及び後方確認をしっかりと行るメリットも生まれてきます。

 

バックカメラには、LEDライト付きとなっているため夜間バック時も安全に車庫入れなど行えます。デザイン性もよく、場所も取らないサイズ感と評価を引き上げるポイントが盛りだくさんです。

画素数重量762g
レンズタイプ広角レンズサイズ
第5位

イクリプス

バックアイカメラ BEC113

価格:8,061円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スミアノイズを出しにくいバックカメラ

CMOS Sensorを搭載しているおかげでスミアノイズと呼ばれる白ボケを防いでくれる小型バックカメラです。イクリプス専用として販売されているので、対応機種の確認はしっかりと行いましょう。

 

小型で目立たない設計なので、使い勝手のいいバックカメラです。そのコンパクトさでありながら画像は夜間帯でもしっかりと映し出してくれるので評価が非常に高く、魅力的な仕上がりになっています。

 

また、BE113は専用モデルになっていますが、BE113Gにあっては汎用タイプなので、もし対応していないけど、こちらのバックカメラが欲しい方には朗報ですね。

画素数31万画素重量358g
レンズタイプサイズ幅23×高さ23×奥行き27(mm)
第4位

AUTO-VOX

AUTO-VOX CMD 24 車載用バックカメラ

価格:2,850円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SUVから軽自動車まで交換性の高いバックカメラ

コンパクトなサイズで広角レンズを搭載したバックカメラです。ほとんどの車種に対応する汎用性が魅力です。取り付けも簡単で、穴をあけることがなくカメラブラケットをナンバープレートの後ろへの取り付けは非常に楽に行えます。

 

また、リアカメラとしてだけでなく、フロントカメラとしても利用できるので二重用途で使用することができるのも魅力です。取り付ける自由度が高く1BOX車などでは画角も広くて相性が良いです。セダン等では、逆に画角が狭くなる印象です。

 

コンパクトなので取り付けてみて目立つこともなく、画質も価格と比べても十分なので評価は上々です。格安といっていい価格帯なのに、これだけ使い勝手のいいバックカメラはなかなか見つからないでしょう。

画素数42万画素重量231g
レンズタイプ広角レンズサイズ18.3x9.8x7.9(mm)
第3位

Panasonic

バックカメラ CY-RC90KD

価格:8,889円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

メイドインジャパンの安定感のあるバックカメラ

Panasonicは言わずと知れた日本を代表する一流メーカーです。そのブランド力に負けない魅力あるバックカメラが販売されています。

 

高画質CMOS Sensorを搭載し、広角レンズを採用するスペックで、モニターに映る後方画像は鮮明で、広範囲を映し出してくれるので安心してバック駐車する際など、後方移動する際には活躍してくれるでしょう。

 

防塵・防水性能も搭載しており、タフな造りであるのとコンパクトサイズであるので取り付けても目立ちません。基本的なカメラ性能は高く、人気は非常に高いアイテムになっています。信頼あるメーカーのものなので価格帯は高めの定価になっています。

画素数31万画素重量85g(コード含む)
レンズタイプ広角レンズサイズ幅23×高さ23×奥行き22(mm)
第2位

ケンウッド

マルチビューリアカメラCMOS-C320

価格:17,397円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4つものビューモードを選べるバックカメラ

ケンウッドのカーナビを使用しているのであれば、こちらのバックカメラがおすすめです。やはり専用なので相性はよく、明るいレンズを採用しているため暗い場所でもしっかりと映し出してくれます

 

水平方向には195度の非常に広い範囲を見ることができるため、後方バックする運転時でも安全に安心して運転できます。選べるモードは4種類でコーナー・俯瞰・ワイド・ウルトラワイドにモード切替えすることが可能です。

 

俯瞰モードでは、真上から見る視点なので、そういったタイプを好む方や、場合によってはそちらの方が役立つこともあるので、その時々で選べるのが、こちらのバックカメラの強みです。ケンウッドのカーナビを搭載しているk谷おすすめしたいアイテムです。

画素数33万画素重量23g
レンズタイプサイズ幅23.4×高さ23.4×奥行26.1(mm)
第1位

カロッツェリア(Pioneer)

バックカメラユニット ND-BC8-2

価格:9,410円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自然な見え方なので逆に安心するバックカメラ

カロッツェリア(Pioneer)が販売するバックカメラです。汎用性のあるタイプで様々な車種に取り付けが可能です。サイバーナビと接続を行えば注駐車アシストラインの表示も可能になります。

 

標準レンズを採用しているモデルで、映し出す画面の左右の端などに出現しがちな歪みもありません。後方を自らの目で確認しているのと同じ感覚で視ることができるため、違和感なく自然なので初心者ドライバーにも扱えるようになります

 

夜間で外灯がないような場所でもくっきりとキレイに映し出してくれるので暗い駐車場などでも安心して停車することができるようになります。取付時はリアのナンバー灯のパネル位置地に取り付けられます。

画素数約31万画素重量304g
レンズタイプ標準レンズサイズ幅23.8×高さ23.8×奥行25.5(mm)

バックカメラの比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5070561の画像

    カロッツェリア(Pioneer)

  • 2
    アイテムID:5070571の画像

    ケンウッド

  • 3
    アイテムID:5070541の画像

    Panasonic

  • 4
    アイテムID:5070569の画像

    AUTO-VOX

  • 5
    アイテムID:5070575の画像

    イクリプス

  • 6
    アイテムID:5070565の画像

    TOGUARD

  • 7
    アイテムID:5070568の画像

    Artilee

  • 8
    アイテムID:5070564の画像

    ケンウッド

  • 9
    アイテムID:5070572の画像

    パパゴ

  • 10
    アイテムID:5070578の画像

    アルパイン

  • 商品名
  • バックカメラユニット ND-BC8-2
  • マルチビューリアカメラCMOS-C320
  • バックカメラ CY-RC90KD
  • AUTO-VOX CMD 24 車載用バックカメラ
  • バックアイカメラ BEC113
  • ドライブレコーダー
  • バックカメラ
  • リアカメラ CMOS-230
  • ドライブレコーダー GoSafe M790S1
  • バックビューカメラ HCE-C1000D
  • 特徴
  • 自然な見え方なので逆に安心するバックカメラ
  • 4つものビューモードを選べるバックカメラ
  • メイドインジャパンの安定感のあるバックカメラ
  • SUVから軽自動車まで交換性の高いバックカメラ
  • スミアノイズを出しにくいバックカメラ
  • バックミラー型のバックカメラ
  • 小型ながら42万画素の画質を備えたバックカメラ
  • クリアな画像を映すバックカメラ
  • フルハイビジョンで後方車両のナンバーも読み取れる
  • 車種別に完全フィットしてくれるバックカメラ
  • 価格
  • 9410円(税込)
  • 17397円(税込)
  • 8889円(税込)
  • 2850円(税込)
  • 8061円(税込)
  • 4373円(税込)
  • 1699円(税込)
  • 7760円(税込)
  • 21955円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 画素数
  • 約31万画素
  • 33万画素
  • 31万画素
  • 42万画素
  • 31万画素
  • 42万画素
  • 33万画素
  • 200万画素
  • 30万画素
  • 重量
  • 304g
  • 23g
  • 85g(コード含む)
  • 231g
  • 358g
  • 762g
  • 約21g
  • 340g
  • 27g(コード含む)
  • レンズタイプ
  • 標準レンズ
  • 広角レンズ
  • 広角レンズ
  • 広角レンズ
  • 広角レンズ
  • 広角レンズ
  • 広角レンズ
  • サイズ
  • 幅23.8×高さ23.8×奥行25.5(mm)
  • 幅23.4×高さ23.4×奥行26.1(mm)
  • 幅23×高さ23×奥行き22(mm)
  • 18.3x9.8x7.9(mm)
  • 幅23×高さ23×奥行き27(mm)
  • 幅21.4×高さ20×奥行21.4(mm)
  • 幅23.4×高さ23.4×奥行23.9(mm)
  • 長さ50x幅21x高さ28(mm)
  • 幅23.6×高さ23.6×奥行24.0(mm)

カーナビに対応するか確認しましょう

購入時には現在、車両に取り付けてあるカーナビの確認は必須です。なぜなら、こちらに映し出すことが多いからです。カーナビは純正のものなのか、社外品を使用しているのかを見て、購入したいバックカメラが対応しているのか確認しましょう。

 

また、カメラの入力については外部入力端子がどういったものなのかも、同時に確認しておきましょう。購入後、合っていないのが発覚したというケースも考えられます。それでは本末転倒ですよね。準備は怠ってはいけません。

 

そして、カーナビが取り付いていないタイプであったり、欲しいバックカメラと接続するカーナビではなかったとしても安心してください。カーナビとセットで販売されているものもあります。フロントミラー部へ取り付けできたり様々な形状なので十分対応してくれるでしょう。

まとめ

バックカメラは運転に自信のない方や、事故を未然に防止するために役立つアイテムです。また、録画することもできて事故が起こった際の立証にも使えて自分を守ることにもつながります。安全に安心して車に乗り続けられるためにも、バックカメラはおすすめです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ