記事ID138437のサムネイル画像

【腰痛改善に】高反発マットレスのおすすめ人気ランキング10選

高反発のマットレスは適度な反発力で沈み込み過ぎないため、快適な睡眠がとれると人気を集めています。硬さや厚みなど、その種類は様々です。また、取扱うメーカーも多いため悩んでしまうことはありませんか。本記事で、高反発マットレスの選ぶポイントと人気商品を紹介します。

高反発マットレスは腰痛の改善にもつながる

高反発マットレスは快眠を得られるアイテムとして人気があります。その特性は高反発である点です。反発が強いため手で押した後もすぐに元へ戻ろうとします。つまり、それだけ沈み込みが少ないのです。

 

低反発マットレスも販売されており、その柔らかいクッション性がいいと評価を受けていますが、あまりにも沈み込みが強いと寝返りを打てないので、朝起きた時にカラダの疲れが抜けていないといった方もいます

 

もし、説明したように沈むクッション性の強いマットレスが合わない方は、高反発マットレスをおすすめします。沈み込みが少ないため同じ姿勢が続かず、肩こりや腰痛の解消にも一役買ってくれますよ。

高反発マットレスの選び方

高反発マットレスは自分にとって寝心地のいい素材や硬さ、厚みで選ぶようにしましょう。そうすることで、快眠につながります。

高反発マットレスの種類で選ぶ

高反発マットレスには、タイプが別れます。高反発ウレタンや、高反発ファイバー、コイルスプリングなど多数から選択することができます。自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

高い復元力のある高反発ウレタン

よく戻るウレタン素材の中では高反発のものお低反発のものが分けられます。マットレスに馴染みがなかったマットレスが、日本に普及するようになったのもウレタン素材のマットレスが登場しはじめたからです。

 

コンパクトで使い勝手がいいのも魅力です。1枚敷き、ベッドフレームに置き使いや重ね敷きなど使い方は様々です。ウレタンマットレスの1番の懸念される課題は通気性の悪さにあります。カビや湿気、寝汗などが抜けていかないので不衛生になりがちなのです。

 

しかし、高反発ウレタンマットレスは通気性の改良にも取り組んでおり、寝心地や耐久性、軽さ、価格などといった面で優れていると評価を受けています。高反発マットレス選びに欠かせない素材です。

体圧を分散してくれるコイルスプリング

ポケットコイルマットレスは1つ1つ独立してカラダを支えます。そのため、体圧分散性に優れておりマットレスがカラダとフィットする感覚は非常に良く、快適な寝心地を与えてくれます。

 

また、マットレス上で隣に眠る方がいる時にも寝返りでの振動を伝えづらいメリットも生まれます。大きめのベッドを使用して夫婦で一緒に寝ている方などには、こういった形の方がいいですね。

 

デメリットとしては、重量がある点です。コイルスプリングは重くシングルサイズでも15~25kgの重量があります。日々手入れをしたくてもなかなか億劫になってしまいがちです。処分にも困るので手放すときは廃棄方法も確認して行いたいですね。

通気性に優れる高反発ファイバー

比較的新しい素材の高反発ファイバーです。エア系マットレスはお手入れ面や通気性が非常によく夏場など寝汗をたくさんかくような季節にも非常に役立ちます。ダニアレルギーの方など体質を考えた購入も考えられますね。

 

また、アスリートのように新陳代謝が非常に高く熱量が多いため、涼しいベッド環境に整えたい方にも高反発ファイバー素材はおすすめです。洗ったり干したりするのも簡単に行えるので、お手入れ度は高いです。

 

ただし、それもそのファイバーマットレス1つ1つの品質に寄り切りです。体圧分散性と耐久性は商品の品質に大きく関わる部分であり、数か月使用しただけで腰周辺のへたりが目立つようになったという商品もありますので、しっかりと選ぶようにしましょう。

クッション材の密度と厚みで選ぶ

クッション材の厚み選びも重要です。薄すぎると底付き感が出てしまい使い勝手が悪く、厚すぎると生活の中で邪魔になってしまいます。敷布団、パッドなどを活用してある程度の調整はできますが限界があります。

 

マットレスの使い方も寝具との組み合わせで選びましょう。素材によって異なりますが、直接フローリングに敷いても寝心地がいいもので、毎朝上げ下げしても苦にならない厚さ8~10cmがベターです。

 

もし、ベッドの上でパッドと組み合わせて使用するなら10cm以上の圧型を敷布団上に敷いて使うなら8cm以下の薄型を選ぶと使いやすく相性がいいです。

マットレスの硬さで選ぶ

マットレスの硬さ選びも重要なポイントです。カラダが沈み込み過ぎてしまうと身動きが取れず、腰痛や肩こりの原因にもなってしまいます。硬さは沈み込み過ぎないものを選ぶのがポイントになるでしょう。

 

硬さの度合いを示すものとしてニュートン(N)で表されることが多く、反発力や硬さを判断する目安となります。数字が大きいほど硬くて、しっかりと体重を支えられることを示します。

 

硬いと言われるのは110N以上です。硬いマットレスを好む方や体格の大きい方は200Nくらいを目安に、小柄な方や硬いマットレスではない方がいいという方は110N程度を選ぶようにすると適切なマットレスに出会えそうです。

使いやすさで選ぶ

日常生活の中で必ず使用していると言っても過言ではないマットレスです。アフターケアも含めて使いやすいものを選んだ方が、長い目でみると得ですよ。

収納性を重視したタイプ

普段はベッドの上に置いておく定位置のあるものでも、持ち運びがなるべく便利なものを選ぶようにすると掃除などがしやすくて便利です。来客用として収納しておきたい方や、部屋の広さ関係で毎朝、片付けておきたい方におすすめです。

 

収納力のあるマットレスには、三つ折りなど折りたためるタイプのものと、くるくると巻いて収納できるタイプがおすすめです。腰痛のある方は、折りたためるタイプだと折り目が背骨にきてしまうと腰が痛みますのでくるくる巻くタイプの方が適当でしょう。

 

また、自分で上げ下げすることが多くなると思いますので重量が重すぎないものを選ぶことも大切なポイントです。余りに重すぎると腰痛の悪化や、負担が大きくなってしまいます

 

 

衛生面を考えたタイプ

衛生面を考えることも大切です。家族がいらっしゃるのなら、家族が不衛生な環境にずっといるというのは好ましくありません。長時間カラダに触れているものなので衛生的に使えるものを選びましょう

 

マットレスには皮脂や汗で汚れが付着しやすいので、洗濯や天日干しが行えることが非常に重要です。日光消毒が行えて菌の繁殖を防いでくれます。重量は軽い方が移動させるのが楽なのは間違いありません。 

 

また、どうしても素材と重量の関係で天日干しが難しい場合でも、洗濯のできる取り外しカバーのあるものや、抗菌加工や防ダニ加工がされたものなら定期ケアが省けるタイプにも目を向けてみましょう。

品質で選ぶ

品質を考える時に、何を基準にすればいいのうか迷うことはありませんか。そういった時には検査機関合格証のある高反発マットレスや耐久性のテストが完了したタイプを選ぶようにしましょう。

 

そうすることで、一定基準はクリアしていることを確認することができます。この基準は、国が定めた基準など様々ですが、条件としては良好なものばかりです。可能であれば、マークが確認できたら、どこの基準なのか確認するのもいいですね。

 

また、それでもよく分からない時もあるので、そういった時には有名な寝具メーカーのものを選ぶようにしましょう。そうすれば偽物でない限り、一定ラインをクリアした商品ばかりなので安心して使えます。

高反発マットレスのおすすめ人気ランキング10選

第10位

アイリスオーヤマ

エアリー HG90-S

価格:36,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納面など扱いやすく夏に快適な高反発マットレス

睡眠中にカラダが沈み込み過ぎてしまうのを抑えてくれる体圧を分散してくれるシステムがある高反発マットレスです。夏場に涼しいメッシュ面と、ニット面が対面に備わっており寝心地を自分で選ぶことができます。

 

使用しない時には、3つ折りにして収納することができるので非常に便利です。3つ折りタイプでありながらもクッション性と高い反発力を生み出してくれて機能面は充実した仕様になっています。

 

多方面からカラダが沈むのを防止してくれるようにサポートしてくれるので寝返りも行いやすく、朝起きた時の疲労回復効果が違います。また、丸洗い可能なので清潔さを保つこともできるのもポイントです。

タイプ厚さ9cm
サイズ幅95×長さ198(cm)硬さ
第9位

DEWEL

ポケットコイル マットレス

価格:14,179円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

密度が高く、通気性も良いポケットコイル式マットレス

こちらはポケットコイル式のマットレスで、反発の強いスポンジを465個のコイル内に詰めて作られた高反発マットレスです。コイルが1つ1つ独立しているので、カラダのラインに沿い支えてくれます。

 

しっかりとした硬さなので、寝返りをサポートしてくれてカラダへの負担を軽減してくれます。ポケットコイル式マットレスなので重量は24kgとありますが、サイドに取っ手があるので移動したい時には持ちやすいです。

 

また、コイルの隙間を空気が通り抜けやすい設計となっているため、立て掛けておけば乾燥させやすいので、衛生面も考慮された高反発マットレスと言えます。

タイプコイル(ポケットコイル)厚さ17㎝
サイズ97×長さ197(㎝)硬さ
第8位

TOKYO BEST SLEEP CENTER

TOBEST 【エアネストファイバー】

価格:9,480円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

通気性は抜群で夏場を快適にしてくれる

夏場には大活躍する高反発マットレスがこちらのエアネットファイバーです。厚さはそんなにありませんが、床に敷いて寝ても平気なくらいのクッション性です。高い質の睡眠をとることができるようになります。

 

メリットとしては、通気性の良さと、丸洗い可能なことです。夏場は汗や皮脂が寝ている時にも多く出ていますので、そのままマットレスを放置しておくのは衛生面でちょっと心配になってきます。その点を、解消してくれます。軽いので持ち運びにも便利です。

 

逆に、通気性の良さは冬場には寒く感じてしまうかもしれません。寒い冬にはこの高反発マットレスは眠らせておいて、夏場に使用するものとしておくのもいいかもしれません。収納も薄いので小さくまとめられます。

タイプ高反発ファイバー厚さ4cm
サイズ幅97×長さ195(cm)硬さ
第7位

アキレス

マットレス フローリングマット

価格:16,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フローリングでもそのまま敷ける

爽やかなブルーカラーが最初に目に入る高反発マットレスです。直接、フローリング床敷きもできるクッション性、硬さ、厚みです。マットレスとしてはやや硬めと仕様となっています。

 

3つ折りタイプで、収納面でも一役買ってくれて急な来客が来て泊まっていくことなっても、これがあれば閉まっておいたマットレスを出してきて対応できます。復元率も95%と高い数値を出しており、程よいクッション性が実現されます。

 

フローリングマットなので、床から近く、これまで布団で寝ていた方にもおすすめできます。3つ折りタイプの中でもかなりの厚みを誇る高反発マットレスであるので、寝心地のいいマットレスです。

タイプ高反発ウレタン厚さ12㎝
サイズ幅100×長さ201(cm)硬さ110N
第6位

Rise Tokyo

スリープオアシス

価格:32,285円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高反発ファイバーの上質な高反発マットレス

こちらの高反発マットレスはポリエチレン樹脂を網状に成形した高反発ファイバータイプのマットレスです。硬くて軽い仕様になっています。折りたたんで収納も行えるので、収納力も評価できます。

 

軽く扱いやすいのもメリットです。カバーはリバーシブル仕様となっており、温かく滑らかなミクロマイクロ面及びコットンニット面から使えるので季節に合わせた温度調整もできます。

 

洗濯も可能であり、大体は高反発マットレスのカバーだけしか洗えないというものが多いのですが、こちらは丸ごと洗うことが可能です。衛生管理面で安心して使用できますね。

タイプ高反発ファイバー厚さ5cm
サイズ幅100×長さ200(cm)硬さ
第5位

シモンズ

マットレス Golden Value Pillow

価格:172,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界の寝具「シモンズ」の高反発マットレス

世界的に知名度とその品質の良さで有名な「シモンズ」が高反発マットレスを販売しています。日本製のブランドで、その本社も東京の港区です。メイドインジャパン製品なので信頼度は高いです。

 

圧縮コイルを採用しており、弾性の高い仕様になっているのでボリューム感と心地の良い安定感を堪能することができます。

 

また、表面の生地には抗菌加工がなされています。衛生面にも気を遣う方には嬉しい部分ですね。しっかりとカラダ全体を支えてくれるので、上質な睡眠をとることが可能です。価格はその分、高価になりますがそれだけの品質は実感できるでしょう。

タイプコイル(ポケットコイル)厚さ約25.5cm
サイズ幅97×長さ195(cm)硬さ
第4位

ビックスリー

ポケットコイルマットレス シングル

価格:19,800円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高密度ウレタンが内蔵された高反発マットレス

体圧分散を計算してバランス良く設計されたポケットコイル式の高反発マットレスです。硬さも硬すぎず柔らかすぎずで全体的にバランスのとれた出来栄えになっています。

 

そこに高密度ウレタンを採用して作られているため耐久性がアップしていますので長期的に使用できます。表面部分には通気性を良くしてくれる3Dメッシュ生地が採用されていて肌触りが非常に良いです。

 

長く使っていきたいとおもっているならこちらの「ビッグスリー」のポケットコイル式マットレスはおすすめです。絶妙な硬さ具合に快適な睡眠を得られるはずです。

タイプコイル(ポケットコイル)厚さ
サイズ幅97×長さ195(cm)硬さ
第3位

タンスのゲン

男の高反発マットレス

価格:7,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

男の人が気になる体臭を吸収してくれる高反発マットレス

男性臭はどうしてもするものですが、竹炭が入ったウレタンがその気になる臭いを吸収してくれます。また、通気性も良くしてくれて、湿気も調整してくれるので、一石三鳥の役割を果たしてくれます。

 

男性が好むブラックカラーを採用しており、「男性」への特化したモデルであるとアピールしているようです。また、厚みもあるのでフローリングに直敷きしても、カラダが底につく感覚もありません

 

また、硬さも220Nと硬いので、大柄な男性が乗っても沈み込みはきつくなく使用できるでしょう。6.5kgの本体重量で持ち運びも不自由しないでしょう。

タイプ高反発ウレタン厚さ10㎝
サイズ幅97×長さ195㎝硬さ220N
第2位

フランスベッド

マットレス シングル

価格:34,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本人体型を考えて設計された高反発マットレス

フランスベッドは言わずと知れた有名寝具メーカーです。日本人体型や好みを分析し、日本人に合わせた固めのマットレスを作り出すことに成功しました。高密度スプリングマットレスを採用して、耐久性は向上、ヘタレにくくなっています

 

側面部には無数の通気孔が存在しており、この孔から湿気や熱気を逃がす役割を果たします。カビやダニなどの発生を防いでくれます。シングルサイズでありながらも、価格は3万円程度をかかっており、高価な購入にはなります。

 

しかしながら、日本人の体型や好みを熟知したフランスベッドだからこその研究と努力の結果が、こちらの高反発マットレスには反映しています。睡眠の質を向上させたい方は、こちらのベッドがおすすめです。

タイプコイル(ポケットコイル)厚さ約20㎝
サイズ幅195×長さ97(㎝)硬さ
第1位

MyeFoam

高反発健康マットレス

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バランスの取れた高反発マットレス

絶大な人気を誇り、Amazonレビューでも1000件を超えるレビュー数の中で☆4.3以上を得ている高反発マットレスです。そこには、しっかりとした理由があります。まずは価格です。コストをお値打ちに抑えられて1人暮らしにもピッタリです。

 

中国メーカーではありますが、背骨や腰への負担を軽減してくれて、快眠な環境を作り出してくれます。薄型なので敷布団と合わせやすいのも高ポイントです。また、クッション性も高いのでフローリングに直で敷いても使用できます

 

収納面でもくるくる巻いて首脳するタイプなので持ち運びにも便利で、本体重量も3kgとかなり少ないので非常に楽です。硬さは200Nと大柄な男性が乗っても問題なく堪能できるでしょう。

タイプ高反発ウレタン厚さ3㎝
サイズシングル幅100×長さ200㎝硬さ200N

高反発マットレスの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5066967の画像

    MyeFoam

  • 2
    アイテムID:5067043の画像

    フランスベッド

  • 3
    アイテムID:5066973の画像

    タンスのゲン

  • 4
    アイテムID:5067016の画像

    ビックスリー

  • 5
    アイテムID:5067084の画像

    シモンズ

  • 6
    アイテムID:5066987の画像

    Rise Tokyo

  • 7
    アイテムID:5067061の画像

    アキレス

  • 8
    アイテムID:5067089の画像

    TOKYO BEST SLEEP CENTER

  • 9
    アイテムID:5067010の画像

    DEWEL

  • 10
    アイテムID:5067072の画像

    アイリスオーヤマ

  • 商品名
  • 高反発健康マットレス
  • マットレス シングル
  • 男の高反発マットレス
  • ポケットコイルマットレス シングル
  • マットレス Golden Value Pillow
  • スリープオアシス
  • マットレス フローリングマット
  • TOBEST 【エアネストファイバー】
  • ポケットコイル マットレス
  • エアリー HG90-S
  • 特徴
  • バランスの取れた高反発マットレス
  • 日本人体型を考えて設計された高反発マットレス
  • 男の人が気になる体臭を吸収してくれる高反発マットレス
  • 高密度ウレタンが内蔵された高反発マットレス
  • 世界の寝具「シモンズ」の高反発マットレス
  • 高反発ファイバーの上質な高反発マットレス
  • フローリングでもそのまま敷ける
  • 通気性は抜群で夏場を快適にしてくれる
  • 密度が高く、通気性も良いポケットコイル式マットレス
  • 収納面など扱いやすく夏に快適な高反発マットレス
  • 価格
  • 5980円(税込)
  • 34990円(税込)
  • 7980円(税込)
  • 19800円(税込)
  • 172800円(税込)
  • 32285円(税込)
  • 16980円(税込)
  • 9480円(税込)
  • 14179円(税込)
  • 36000円(税込)
  • タイプ
  • 高反発ウレタン
  • コイル(ポケットコイル)
  • 高反発ウレタン
  • コイル(ポケットコイル)
  • コイル(ポケットコイル)
  • 高反発ファイバー
  • 高反発ウレタン
  • 高反発ファイバー
  • コイル(ポケットコイル)
  • 厚さ
  • 3㎝
  • 約20㎝
  • 10㎝
  • 約25.5cm
  • 5cm
  • 12㎝
  • 4cm
  • 17㎝
  • 9cm
  • サイズ
  • シングル幅100×長さ200㎝
  • 幅195×長さ97(㎝)
  • 幅97×長さ195㎝
  • 幅97×長さ195(cm)
  • 幅97×長さ195(cm)
  • 幅100×長さ200(cm)
  • 幅100×長さ201(cm)
  • 幅97×長さ195(cm)
  • 97×長さ197(㎝)
  • 幅95×長さ198(cm)
  • 硬さ
  • 200N
  • 220N
  • 110N

まとめ

高反発マットレスも千差万別です。価格帯によっても違いますし、硬さや素材、使い勝手の良さなどみなくてはいけない部分が多数あります。高反発マットレスの購入を考える時にどこに重点を置くのかしっかりとさせておくと、迷うことも少なくなるでしょう。自分に合ったものを選んで良質な睡眠をとれるようしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ