記事ID138436のサムネイル画像

【スポーツで必須になる】Fitbitのおすすめ人気ランキング10選

Fitbitというアイテムをご存知でしょうか。Fitbitは健康管理に是非取り入れていただきたいもので、身につけることで睡眠状態、運動強度、消費カロリー、移動距離、歩数などを知らせてくれます。私達の活動を分析するFitbitを活用して美ボディを手にしましょう。

Fitbitの効果的な使い方

Fitbitはウエアラブルデバイスとして有名になったアイテムです。身につけるという意味で、非常に使いやすくコンパクトなことで型です。メガネ型、ヘッドマウントディスプレイなどが該当してきます。

 

24時間身に付けることで、夜の睡眠時にどのような睡眠バランスがとられているのかをレム睡眠、ノンレム睡眠で表すこともできて把握することができます。また、バイタルサインと呼ばれる血圧や心拍数を血中酸素飽和度を測定することもできます。

 

これらはスマートフォンに連動させて楽しむことができますので、OSを確認して初期設定を行った後に、記録が取れるようにしましょう。しっかりと管理することでカラダに変化が生まれます。

Fitbitの選び方

Fitbitをこれから購入したい方達に伝えたいことは、自分の使いたいシーンをしっかりと考えておくことです。

用途で選ぶ

あなたはどういった使い方をしようと思っていますか。使い方次第で楽しみ方の幅が広がりますし、明確にしておくことがお気に入りのFitbitと出会える近道になるからです。

アウトドアやスイミング

Fitbitは、アウトドアなシーンにも適したアイテムです。デザインもスタイリッシュで防水性能のある機種も多数、取り揃えてあります。キャンプ場や登山の途中でも天気情報を受け取ることができて事前に準備しておくことができます。

 

また、スイミングなど水中での使用もできる防水性能の高い機種もあるので、そういった用途で使用する方も多くいます。スイミング中の運動量も把握できるので、自分の1日の運動量を把握したり、様々な情報を詳しく知ることができるようになります。

 

場所を選ばずに使い続けることができるので、一日の運動量やカラダの変化をより正確に知ることができるようになります。

ランニング

ランニングでFitbitを使用する方がもっとも多いのではないでしょうか。ランニング時のカラダの状況をしっかりと把握することができます。タイマー機能もあるので時間管理などでもFitbitを活かすことができます

 

カラダを動かす機会の多いランナーには、しっかりと管理を行って更に自身の記録を塗替えていくためのツールとして役立ちます。

 

また、走った走行距離や消費カロリー、走行ルートも自身のいる位置情報をアプリなどで連動させておけば、後になって把握できて、次のランニング時、参考にもできます。毎回同じルートを走行しているのであれば、タイムの集計にもなりますね。

室内トレーニングでも

室内でのトレーニングでも着用して、自分のフィットネスでカラダを動かした運動量を把握することができます。エクササイズアプリをスマートフォンにダウンロードすると、より効率的に分かりやすく理解することができます。

 

また、特定の運動を行っている際にエクササイズアプリが反応して記録してくれる機能のFitbitもあります。心拍数や消費したカロリー、リアルタイムなバイタルサインの変化をメモリーに残してくれます

 

そのようなスペックをSmart Track機能といい、水泳やランニング、サイクリング、ヨガ、ウオーキングなどがそれらに当てはまってきます。アクティビティの経過観察を行う時間は自分で調整できるので、自分オリジナルに調整しましょう。

普段の生活

普段の私達の生活でも活用することもできます。自分の健康は自分しか最終的には守ることはできません。ですので、こういったアイテムを活用してみるのは重要なことなのです。歳を重ねると皆、健康への意識が変わってきます

 

健康管理と一言でまとめていますが、運動の内容、運動レベル、睡眠の質であったり様々な部分が複合的に絡みあっています。色々な部分を網羅できる機種を選ぶ必要はあります。

 

普段の生活使用でも、単純な歩数を測るだけのものでなく、心拍数の変化から幅広く健康状態を管理できる機種を選び、どれくらい運動して、消費したカロリーはどれくらいかという基本的な部分だけでなく、睡眠時のレポートも確認できる機種を選びましょう。

タイプで選ぶ

Fitbitは2種類に別れます。種類によってそのデザインや特性が異なりますので、しっかりとチェックしておきましょう。

スマートウォッチタイプ

デザイン性も優れたものが多いスマートウォッチタイプです。スタイリッシュなものやキュートなデザインなど個性が別れる部分です。もちろん、機能面もある程度の水準は超えてこなければいけないですが、デザイン面も気に入ったものを選びたいですね。

 

スマートウォッチタイプの特徴として、ディスプレイから情報をたくさん受け取ることができる点が挙がってきます。その分、サイズ感は大きくなる傾向になります。

 

それでも、スマートウォッチをイメージしてもらえれば分かりやすいと思いますが腕時計サイズなので邪魔で仕方がないといったことはないでしょう。また、電子マネー決済が行えたり、音楽再生をできるといった多機能が備わっています

トラッカータイプ

トラッカータイプはシンプルなデザインで付けているのを忘れてしまうほどの着け心地です。もちろん、スマートウォッチタイプでもサイズ感は邪魔にならりませんが、より細く小さいのがポイントになります。

 

まるでリストバンドを付けているかのようです。長時間つけ続けていても、全く気にならないレベルです。価格帯としても安価な部類に入るものが多いです。

 

但し、機能は最小限に限られているモデルがほとんどです。それでも複合的に健康管理を行えるスペックはスマートウォッチタイプと何ら遜色のないレベルです。それ以外のスペックは不要という方にはおすすめのタイプです。

対応OSで選ぶ

基本的にデータ収集するにしても、スマートフォンとの連携が、ほぼ必須になってきます。つまり、OSを確認して対応しているのか確認をとらなければならないのです。使用機種によっては機能の一部が使用できないなんてこともあるので注意が必要です。

 

現在、あなたが使用しているスマートフォンの機種を確認してFitbitを選ぶようにしましょう。但し、Android OS5.0以降やiOS10以降、Window10 v1607以降であるならば、ほぼ網羅していると考えていいです。

 

もし、持っているスマートフォンが古い機種で、欲しいFitbitの機種がハッキリしている場合はメーカーの公式サイトで確認するようにしましょう。

予算で選ぶ

あなたがFitbitが欲しいと思っていてもきっと予算はこれくらいまでならといった様に、決めているはずです。価格である程度のモデルを選ぶのも1つの選択肢です。そして、自分の欲しいスペックを網羅しているFitbitを選ぶようにようにしましょう。

 

モデルによって僅かながらも価格に違いが生じてきます。機能面も考えると2万円以上からをおすすめしますが、Zipというモデルは価格も2万円以下でスペックもよくおすすめできる機種です。

 

基本的には安価な価格帯で販売されるのはシンプル機能のトラッカータイプとなります。スマートウォッチタイプとなると3万円位になると考えましょう。モデルによっての価格差は大きくないので、自分の好きなデザインやスペックで選ぶ柔軟性を持った方がよさそうです。

耐久性・耐水性で選ぶ

アクティブに活動するスポーツ時にもしっかりと自分のカラダの状態を把握したいと思った時に、雨天時やウオータースポーツなどで取り外してしまうのでは完全な管理には及びません。そうなると防水性を備えたFitbitが必要となります。

 

Fitbitのトラッカー及びウオッチには防水仕様が施されています。アクティブにトレーニングして大量の汗などでびしょびしょになったとしても平気です。一部のFitbitには着用したまま水中でのスイミングなどに対応する機種もあります。

 

また、活発な活動下で装着するものなので耐久性も確認しておくべきでしょう。Fitbitの中には、アルミニウム素材を採用したモデルも存在していますので耐久性を重視される方はチェックしましょう。

Fitbitのおすすめ人気ランキング10選

第10位

Fitbit

Ace FB411SRBU-CJK

価格:8,861円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子供と一緒にするのならこのFitbit

子供がいて、一緒に運動を励むのならこちらのAceがおすすめです。子供用の端末として作りもシンプルに使いやすい設計になっています。子供本人もどれくらいの運動量なのか把握もできますし、両親や指導者などの大人も把握することができるのが魅力です。

 

子供が習わせるスポーツでも、指導される方が選手に付けて、事細かな運動量やスピード、どれくらい走ったのかなどの1日で走った距離も把握することができます。トレーニングの質を向上させ、選手の能力アップに貢献してくれることでしょう。

 

また、シャワーにも耐えられる防水機能があり、雨天時などでも装着したまま計測してくれます。更に睡眠トラッキング機能も備わっており、しっかりとした睡眠がとれているのかチェックすることもできます。

サイズ手首周囲125-161(mm)OSBluetooth 4.0以上、iOS 10.0以上、Android5.0以上
タイプトラッカーバッテリー最長5日間
第9位

Fitbit

AltaHR FB408SBKL-CJK

価格:16,035円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Fitbit史上最軽量のトラッカー

付けていることを忘れてしまうくらいのスリムで軽量のボディが魅力のFitbitです。どのようなシチュエーションでもスタイリッシュに付けられて邪魔になることはありませんので、使用場面は何通りにでもなります。

 

アクセサリーバンドも数種類から選ぶこともできて、ファッション性もその日の洋服のコーディネートに合わせて変更することもできます。トラッカータイプはこの他にも出ていますが、特にコンパクトな設計です。機能性もコンパクトに集約したモデルとなっています。

 

GPS機能などは付いていません。ただ、心拍数や血中酸素飽和濃度などの基本的な健康管理目的のスペックは揃っているので安心です。使用する主の目的がスポーツ全般であればこのFitbitおすすめです。

サイズ手首周囲170-206(mm) Lサイズ/140-170(mm) SサイズOSBluetooth 4.0以上、iOS 10.0以上、Android5.0以上
タイプトラッカーバッテリー
第8位

Fitbit

Flex2 FB403BK-JPN

価格:7,798円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カスタマイズのしやすいトラッカータイプのFitbit

アレンジすることのできるシンプルな機能とデザインのFlex2です。初号機のFlexは機能が絞られており価格もコストを抑えられて販売されていました。万歩計替わりにもなりますしカラーバリエーションが豊富なのも魅力でした。

 

今回は、その魅力を引き継ぎながら、50m防水とSNSやメール、電話などを通知してくれる機能が備わりました。つまり、プールや海などでも利用可能となったり、スマートフォンをバッグやポケットから出さずに着信を確認できるようになったのです。

 

また、Flex2になったことによってカスタマイズできるアクセサリーが増えたおかげで、従来のスポーティーなデザインだけでなく、ラグジュアリーな雰囲気も味わえるようになりました。

サイズ170-206(mm)(Lサイズ)/140-170(mm)(Sサイズ)OS4.0以上、iOS 10.0以上、Android5.0以上
タイプトラッカーバッテリー最長5日間
第7位

Fitbit

Ionic FB503GYBK-CJK

価格:27,821円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音楽も楽しめるスマートウォッチタイプ

基本的な心拍数や運動機能に関わるデータを、より一層幅広く取れる分野を増やしたモデルです。水泳のデータにも50m耐水性能があるためラップカウント、消費したカロリーなど取得できます。

 

また、運動時のパフォーマンス管理だけでなく、スマートウォッチが持っている機能も充実、アクセサリーとしての魅力もあるFitbitです。音楽の再生もBlue toothヘッドオンに対応しているため行えるのが魅力です。

 

GPS機能もあることからスマートフォンが近くになくても単独でデータを取得することができます。それなのでランニング時にも活躍します。音楽を聴きながら走りたい方におすすめです。

サイズ手首周囲170-206(mm)(Lサイズ)/140-170(mm)(Sサイズ)OSBluetooth 4.0以上、iOS 10.0以上、Android5.0以上
タイプスマートウォッチバッテリー最大5日間
第6位

Fitbit

Surge FB501TAS-JPN

価格:14,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ランナーにおすすめのモデル

数あるFitbit商品の中でもランナーにおすすめしたいスマートウォッチモデルがこちらのSurgeです。こちらのFitbitには、サイクリングやランニングなどに役立つGPS機能が搭載されていて、常にトレーニングの道やタイムを記録することができるのです。

 

スマートフォンが例えなくても安心して走ることができますね。コースもランニングの最中にリアルタイムでチェックできるのは、とてもいいですね。走り終わった後に、より詳しい情報を知ることも行うことで、練習中と練習後でダブルチェック作業ができます。

 

また、音楽コントロール機能もあるのでランニングやサイクリング中に、危険のない範囲で音楽を楽しむことができます。

サイズ手首周囲140~160(mm)OS
タイプスマートウォッチバッテリー最大7日間※GPS使用時:最大10時間持続
第5位

Fitbit

Versa FB505GMBK-CJK

価格:25,389円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

OSは全てに対応しているFitbit

どの機種とも互換性の高いため複数のデバイスと共有できるのは魅力的です。細かい運動データを管理したい時にはPCを利用して詳しく分析して、普段、生活の中での管理や変化を把握するのはスマートフォンといった風に使い分けるのが大事です。

 

スマートフォンタイプのメリットはディスプレイ操作ができるです。タッチも簡単に行えて時計としても見やすいです。スマートフォンタイプの中ではコンパクトなサイズ感なので付けていて邪魔になることはありません

 

また、ウオッチフェイス機能があることで、自身の好みにカスタマイズも行えるので、お気に入りのディスプレイにチェンジできます。

サイズ手首周囲180-220(mm)(Lサイズ)/140-180(mm)(Sサイズ)OSBluetooth 4.0以上、iOS 10.0以上、Android5.0以上
タイプスマートウォッチバッテリー4日以上
第4位

Fitbit

Ace 2 FB414BKBU-FRCJK

価格:10,390円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

子供のためのFitbit最新機

子供向けFitbitとして人気の高い前作のAceの後継機として2019年に発売が開始された

Ace2です。子供のための機能が更にグレードアップしています。カラーは2種類から選べます。

 

対象年齢は6歳以上でアクティブに活動する子供たちの健康管理に役立つトラッカータイプです。歩数計としてや活動時間の把握、睡眠時間までに対応してくれます。バックライト付きのタッチスクリーンで記録データも見やすいのがポイントです。

 

防水性能が前機種より性能アップしており、水深50mまで対応します。水泳など水の影響のあるスポーツでも安心して使用できますね。但し、こちらの機種には心拍センサーは非搭載なので、そのスペックが欲しい方は注意してください。

サイズ手首周囲116-168(mm)(ワンサイズ・お子様向け)OSBluetooth 4.0以上、iOS 10.0以上、Android5.0以上
タイプトラッカーバッテリー最大5日間
第3位

Fitbit

Versa Lite Edition

価格:18,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自OS「Fitbit OS」を搭載したモデル

15種類以上のエクササイズに対応し、そのスポーツによってメニューを選択するサポート機能も搭載しています。通知機能もしっかりと管理でき、SNSやテキストメッセージや電話通知、メッセージやカレンダーからの通知をディスプレイと振動によって知らせてくれます

 

Android系のスマートフォンならメッセージへのクイック返信も可能となります。睡眠ステージの評価と、眠りに入る時間、起きる時間をチェックしてくれて、経時的な眠りの質を評価することもできます。

 

また、女性の排卵日の予測アラート機能や、数百種類のアプリを利用できるFitbitが管理するFitbit OSを新機種であるVersa Lite Editionは使えるのも魅力の1つです。

サイズ手首周囲180-220(mm)(Lサイズ)/140-180(mm)(Sサイズ)OSBluetooth 4.0以上、iOS 10.0以上、Android5.0以上
タイプスマートウォッチバッテリー4日以上
第2位

Fitbit

Charge3 FB410GMBK-CJK

価格:17,402円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

操作しやすいトラッカータイプ

トラッカーとしてスタイリッシュに着用できるフィットネストラッカーです。トラッカーとしてはディスプレイも大きめなので、画面が見やすい点も魅力の1つです。それに伴い操作性能も高まることでしょう。

 

防水性能も高くて、アウトドアシーンでも使いやすいです。また、アプリへの対応もしているため普段の生活の中でも利用しやすいです。デザインもスタイリッシュでシンプルなのでカジュアルなファッションでも着用できそうです。

 

睡眠ステージ機能や、心拍数をPluse心拍計から取れる機能などスペックも充実しています。バランスで選ぶならこちらの機種がおすすめです。

サイズ手首周囲180-220(mm)(Lサイズ)/140-180(mm)(Sサイズ)OSBluetooth 4.0以上、iOS 10.0以上、Android5.0以上
タイプトラッカーバッテリー最大7日間
第1位

Fitbit

InspireHR FB413BKBK-FRCJK

価格:17,939円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厳選された機能とデザイン性が光るFitbit

こちらは2019年に販売が発表された新機種の1つです。スリムで軽量なAlta HRの後継機となります。このサイズ感ながら心拍センサーが取り付けてあり、心拍数や心拍ゾーンを測定することができます

 

また、睡眠の質を分析もできて24時間を通してカラダの管理を行ってくれます。連携するスマートフォンのGPS機能を利用して、ランニング時の距離やペースがどれくらいだったのかも把握することもできます。

 

こちらのFitbitにも自動アクティビティ認識機能が搭載されており、活発な活動が起こり始めると自動でデータを取得するように動き出します。軽量な機種で最新のスペックを求めている方はこちらです。

サイズ手首周囲180-220(mm)(Lサイズ)/140-180(mm)(Sサイズ)OSBluetooth 4.0以上、iOS 10.0以上、Android5.0以上
タイプトラッカーバッテリー最大5日間

Fitbitの商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:5066316の画像

    Fitbit

  • 2
    アイテムID:5065484の画像

    Fitbit

  • 3
    アイテムID:5066323の画像

    Fitbit

  • 4
    アイテムID:5066342の画像

    Fitbit

  • 5
    アイテムID:5066242の画像

    Fitbit

  • 6
    アイテムID:5066250の画像

    Fitbit

  • 7
    アイテムID:5066239の画像

    Fitbit

  • 8
    アイテムID:5066303の画像

    Fitbit

  • 9
    アイテムID:5066245の画像

    Fitbit

  • 10
    アイテムID:5066263の画像

    Fitbit

  • 商品名
  • InspireHR FB413BKBK-FRCJK
  • Charge3 FB410GMBK-CJK
  • Versa Lite Edition
  • Ace 2 FB414BKBU-FRCJK
  • Versa FB505GMBK-CJK
  • Surge FB501TAS-JPN
  • Ionic FB503GYBK-CJK
  • Flex2 FB403BK-JPN
  • AltaHR FB408SBKL-CJK
  • Ace FB411SRBU-CJK
  • 特徴
  • 厳選された機能とデザイン性が光るFitbit
  • 操作しやすいトラッカータイプ
  • 独自OS「Fitbit OS」を搭載したモデル
  • 子供のためのFitbit最新機
  • OSは全てに対応しているFitbit
  • ランナーにおすすめのモデル
  • 音楽も楽しめるスマートウォッチタイプ
  • カスタマイズのしやすいトラッカータイプのFitbit
  • Fitbit史上最軽量のトラッカー
  • 子供と一緒にするのならこのFitbit
  • 価格
  • 17939円(税込)
  • 17402円(税込)
  • 18980円(税込)
  • 10390円(税込)
  • 25389円(税込)
  • 14800円(税込)
  • 27821円(税込)
  • 7798円(税込)
  • 16035円(税込)
  • 8861円(税込)
  • サイズ
  • 手首周囲180-220(mm)(Lサイズ)/140-180(mm)(Sサイズ)
  • 手首周囲180-220(mm)(Lサイズ)/140-180(mm)(Sサイズ)
  • 手首周囲180-220(mm)(Lサイズ)/140-180(mm)(Sサイズ)
  • 手首周囲116-168(mm)(ワンサイズ・お子様向け)
  • 手首周囲180-220(mm)(Lサイズ)/140-180(mm)(Sサイズ)
  • 手首周囲140~160(mm)
  • 手首周囲170-206(mm)(Lサイズ)/140-170(mm)(Sサイズ)
  • 170-206(mm)(Lサイズ)/140-170(mm)(Sサイズ)
  • 手首周囲170-206(mm) Lサイズ/140-170(mm) Sサイズ
  • 手首周囲125-161(mm)
  • OS
  • Bluetooth 4.0以上、iOS 10.0以上、Android5.0以上
  • Bluetooth 4.0以上、iOS 10.0以上、Android5.0以上
  • Bluetooth 4.0以上、iOS 10.0以上、Android5.0以上
  • Bluetooth 4.0以上、iOS 10.0以上、Android5.0以上
  • Bluetooth 4.0以上、iOS 10.0以上、Android5.0以上
  • Bluetooth 4.0以上、iOS 10.0以上、Android5.0以上
  • 4.0以上、iOS 10.0以上、Android5.0以上
  • Bluetooth 4.0以上、iOS 10.0以上、Android5.0以上
  • Bluetooth 4.0以上、iOS 10.0以上、Android5.0以上
  • タイプ
  • トラッカー
  • トラッカー
  • スマートウォッチ
  • トラッカー
  • スマートウォッチ
  • スマートウォッチ
  • スマートウォッチ
  • トラッカー
  • トラッカー
  • トラッカー
  • バッテリー
  • 最大5日間
  • 最大7日間
  • 4日以上
  • 最大5日間
  • 4日以上
  • 最大7日間※GPS使用時:最大10時間持続
  • 最大5日間
  • 最長5日間
  • 最長5日間

まとめ

Fitbitは私達の健康管理に今後、もっと貢献するアイテムです。より良い製品が続々と販売されていますので目が離せません。健康管理だけでなく、アスリート育成にも日々の小さな変化を逃さないFitbitは活用できるでしょう。自分のスタイル合わせて自分に合ったものを選んでみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ